Venovaの練習

Venovaを入手して二日目、昨夜は布団の中で上達方法に繋がりそうなサイトを色々と閲覧していました。
マウスピースを浅く「くわえる」と良いとの意見が特に目に付き、本日はソレも試してみたのですが、自分には合わない様でした。
自宅マンションの寝室で練習しているのが良くないのかも知れません。音を少しでも小さくしようと無理な力が入っているのかもで。
しかし、河川敷で練習するにはまだ時期尚早な感です。あまりにも酷い音で、クラリネットとかのリード奏者の下手な音そのものでして。音程は安定していないし、響きも怪しく。
恥かしい音そのものです。

15年ほど前に高島平方面で暮らしていた頃、当時初めて手にしたアルトサックスは、その辺かなり楽だった記憶です。音の出し方さえ掴めれば知っているフレーズを幾らでも吹けたので。
下倉楽器さんが販売していた台湾製のマルカートというブランドの安価な楽器でしたが、基本はしっかりしていた様子です。
荒川河川敷での練習も楽しかったです。覚えていたフレーズを適当に吹いていただけでしたが、一度だけ人に吹き方を教えてあげたことがありました。

いつもの様に河川敷で練習し始めて一時間くらい経った頃、そろそろ引き上げようとしていたところ、アメリカンのバイクを降りてサックスのケースを抱えた男性が駆け寄ってきました。「教えてください」と。
ケースを見ただけで、立派な楽器だと分かりました。セルマー製です。
「自分は我流で覚えたので、そんなのでも大丈夫ですか?」と伝えたところ、問題無いとのことで。

同世代と思われる男性は高価な楽器を入手したものの、音の出し方も分からないまま数年経ってしまったそうです。
先ずは同じように構えてもらって、音の出し方から。それまでは息の吹込み量が足りなかった様子でしたが、直ぐに音は出るようになりました。
次は、鳴った音が大き過ぎたので、ゆっくり力を抜いてもらって、何処まで力を抜いたら音が出なくなるか試してもらい。
更に、同じ指の動きを真似して頂いて、音階の練習。
一時間も経たずに、一オクターブは吹けるようになっていました。簡単な曲も一緒に吹いたりしました。

乗っていたバイクも本格的でしたし、楽器も本格的で、拘りのある方だったようです。
「ここまで吹けたら、後は一人で練習できますよ」と、お別れ。
その後どうされたか分かりませんが、最初はやはり演奏し慣れた人に教わるのが良いよなぁと。

今回のVenovaも、同じように最初はともかく音を出して、次に力を抜いて響きの良い辺りを探って。どの音階でも安定した音を出せるようにの手順で考えています。
どんな楽器でも、演奏が下手だなと思える人の何割かは力が入り過ぎていて。それでは直ぐに疲れてしまうのが目に見えていて。過去に自分が経験したトランペットも我流で、正しくこの悪い癖が抜けないままでした。(マウスピースを強く当ててしまう癖で、唇が短時間で痛さに耐えられなくなり)
一度ついてしまった癖を治すのは、楽器の初心者より苦労が多いとも思っています。

追記:
試しに河川敷にて。

Venovaを入手


どうにも気になる楽器だったもので、昨夜ポチってしまいました。
今時、一万円未満で充分に頑張っている楽器だと思います。それも世界のYAMAHA製で。

しかし、これが手強い。
過去にアルトサックスを少しは演っていたので、音階ぐらいは楽に出せるだろうとナメていました。
相当力んで吹いて音は鳴ったものの、かなりのカスレ音。かつ安定せず。ドシラソファ辺りはそれでも音階らしきを出せても、如何にもど素人の下手なリード吹き的な音。
音程もかなりブレ気味。
何だこれは。

力んでやっと出る音はけっこうな音量で、せっかく出た音を少しずつ小さくしようにも突然プスッと音は途切れて。
リード楽器が全く初めての方は、けっこう辛いかも知れません。
また、自分のような集合住宅の住民は練習する時間を選ばないと苦情になりかねない音量です。
綴りたいことは山ほどあるのですが、とりあえず夕飯の準備を。
明日は江戸川の河川敷で練習したいのですが、ここまで不安定な音ですと、かなり恥ずかしく。アルトサックスの頃は最初からある程度吹けたので、そんな心配は無かったのですけれど。

ジョギング始めました

昨日からジョギングを始めています。ちゃんと走るのは高校時代以来かも知れません。32年ぶりということか。
血圧が高めに出たので、体質改善の一環です。血圧高過ぎたりすると、運動制限もあったりするそうですので、選択肢があるだけまだ幸せかもしれません。

まぁ、三日坊主の恐れは十分にあるのでイニシャルコストは低めにしました。アディダスの一番安い靴は四千円。ワークマンのトレーニングウエアの上下はそれぞれ二千円ずつ。
他に、お財布やスマホが入れられるウエストバッグが千円。全部で一万円未満です。

自宅から徒歩三分くらいで江戸川の河川敷があり、ここは自転車乗りやランナーがいつも走っている状況で。
その河川敷で昨日初めて走ってみたのですが、寅さん記念館辺りでバテました。河川敷のスタートから僅か350mです。
こんなの、ジョギングとは呼べないのですが、それでも心臓バクバクですし、息は続かないし、足は痛いし。
それでも、続けているうちに少しは身体も慣れてくれると信じて、気軽な距離から始めてみようかと
昨日は350mの往復を走り、今日は350mを昼と夜にそれぞで片道のみ。
一月いっぱいは予定が空いているので、その間に身体を慣らしておきたいです。

まだ二日目ですが、身体の変化も少し感じています。むくみがちだった顔が少し締まった感です。あと、食事が少し美味しくなったり。(追記ですが他にもありました。目のかすみが少なくなったのと、目の下のクマが目立たなくなった)
食事については、ここ三日間全て自炊で、魚料理を基本にしています。シジミのインスタントお味噌汁は一日二杯。
これのお陰か、体重も1.5㎏くらい落ちました。
体重は元々標準範囲ではありましたが、この二年間で3㎏は増えていました。
現在の目標は、1km休むことなく走り切ること。

追記:
今宵は一ヵ月ぶりに銭湯へ。普段は自宅でシャワーのみ。
帰宅して血圧を測ったところ、一気に下がっていました。脈拍は上がっていましたが。
こうゆうものなのかな?
しばらくは週一くらいで銭湯に通ってみるべきか。

譜面の読み方

学生時代からの友人夫婦の娘さんは将来のハッキリした夢があるそうで、ダンスや音楽を習っているらしく。
その娘さん向けに譜面の読み方の問題集を購入したものの、回答が載っていないらしく、手伝ってほしいとの連絡がしばらく前にありました。
試しに送ってもらった頁の写真を観たところ、これなら自分でもサクサク答えられそうなので引き受けました。
しかし、いくら待っても問題集は送られてきません。出来れば、自分の時間に余裕があるうちに片付けたく。

仕方ないので昨日のことセカしてみたところ、本日の夕刻に問題集は届きました。ビール券と共に。
一時間半ほどで全問回答出来ましたが、細かな用語は自分もけっこう忘れていました。まぁ、用語など忘れても譜面は読めます。意味さえ分かっていればそれでよいので。
問題集はなかなか良く出来ていたのですが、一点だけ気になった設問が。設問自体が不適切と言うか。
リズムのカウントのしかたについての設問だったのですが、音の長さを減算する表記なんて自分は一度も観たことが無いです。
考え方の一つとしては意味があるのかも知れませんが、実践ではあり得ないだろうなぁと。


(上記の回答2についてですが、音符ではなく休符で答えるべきでした。恥ずかしい)

以前にも綴ったかも知れませんが、音楽のよく出来た教材は譜面に書かれているオタマジャクシにも深い意味があったりします。音階も何となく出鱈目に乗っているワケでは無いハズです。
単純な譜面でも、音に出したらどんな響きなのか発見があったり。けっこうメロディックだったり。(そんな教本ほど楽しいですし、意味があると思います)
なので、紙面上の回答だけでなく、実際にその音を出しながら教えたかったのが本音です。
生憎、その夫婦というか家族は横須賀方面で暮らしていて、まして共働きで週末もダンスのレッスンに付き合っているそうで、ここ何年か会えておらず。
某通信ソフトでは毎日のように冗談を飛ばし合ってはいるのですが。

夫婦の旦那さんの方は学生時代からドラムを叩いているので、娘さんにリズムを教えるのは容易いだろうなぁと思っています。
小学校の卒業もそろそろ近付いてきたかと思われる娘さん、その年頃ならクラシックよりもポピュラーな曲を弾いてみたくなるだろうなぁとか。
クラシックピアノがベースの教材では、ポピュラーで必須のコードの読み方や考え方がスッポリ抜けている感で。
その辺を教本とは別で軽く伝授したかったなぁとか。
しかし、最近流行りの曲の譜面なんて、自分が持っているワケなく。

血圧がやや高い

三日前に二年ぶりの健康診断を受けました。概ね良好の結果でしたが、一点だけ気になることが。
血圧が以前に比べて上がっていまして。一度目の測定ではけっこう高めで、二度目の測定でやや高めという結果でした。
一度目の測定は寒い外を1kmほど歩いて、到着してから10分も経たない内の測定だったので、高めに出たのかも知れません。集団健診の無い時期に早めに到着してしまったので、待ち時間はほとんど無く。

帰宅してから、2~5年前の健康診断の結果を確認したところ、その3年間の血圧は余裕で正常範囲でした。
どうして血圧が上がってしまったがの要因を考えてみたのですが、幾らでも思い当たる感でした。塩分の高いラーメン二郎等を好んで頂いているし、夜更かしも多いし、煙草は一日人箱吸うし、お酒も適度な範囲ながらほぼ毎日頂いていて。そして運動らしい運動をほとんどしていなくて。
ただ、この生活習慣のほとんどは三十代以降変わっていなく、50代に入ってツケが回ってきたのかな?という思いでもあります。
身体のキャパが足りない人であれば、十年前から高血圧の症状になっていてもおかしくなく。

お医者さんから頂いたアドバイスの一つに、自宅でも血圧を確認するようにと。これなら簡単に出来そうだと、通販で昨夜ポチってみました。
夜の十時過ぎの購入だったので、Amazonでは到着が明後日とのことで、ヨドバシをの通販サイトを覗いたところ、明日の午前中には到着で値段もAmazonより安く。
今日の十時くらいにヨドバシから血圧計が届いたのですが、配達員の方も良い笑顔で、梱包もしっかりしており、今後はヨドバシさん主体で通販を利用してみようかと思えた次第です。

で、実際に自宅で計ってみたところ、前回の健康診断の一度目と同じくらいの値が表示されました。これはけっこう高く。
部屋は暖房を入れていなくて、かなり寒い状態でもあったので、そのせいかな?と。しかし、室温がある程度上がってきても、値は僅かに下がった程度でした。
通販サイトの製品レビューを読みますと、手首で計るタイプは高めの数値が出がちだとか、病院の高価な血圧計と測り比べたところ、かなり高い数値が出たとか。
どんな測定器にしても誤差はありますし、今回入手したのは二千円程度の安価な製品ですので、あまり多くを望んではいけないのですが、実測値がどれだけズレているのか興味はありました。
しかし、これだけ見た目もしっかりした血圧計が僅か二千円で買えてしまうというのも、恐ろしい時代だなぁと。


Web検索してみたところ、隣駅に近い出張所に血圧計があるとの記事を発見。十年以上前の記事ですが、自分も以前に観掛けたような。
電車に揺られて一駅、その出張所へ伺ってみました。本日入手した小型の血圧計を持参で。
しかし、お目当ての高価な血圧計は見当たらず。係員の方に聴いてみたところ「壊れちゃって修理に出したんだけど古過ぎて修理不能で、撤去しちゃったんだよ」とのこと。
ああれれ。自分は何しに来たんだろう。
近くの他の公共施設に無いのか聴いてみたのですが、謎とのことでした。
自分もこうなるまで、血圧計を置いてある施設を意識したことが無くて。大きな病院の待合室とかには置いてあったような。ただ、それがどの病院だったかも思い出せず。
大体、自分は滅多に病院に行かないし、それを観たのは御茶ノ水方面で暮らしていた頃かも知れず。

自分に不都合な結果、それは間違いじゃないか?と思ってしまうこともあったりです。ただ、恐らくこの値は合っているんだろうなぁとも思えて。実際のところどうなんだろう。
ともかく、近いうちに正しそうな値を出してくれそうな血圧計と測り比べをしてみたいです。

血圧が上がってしまった要因のうち、改善出来そうな点は努力して対応してみたいです。
しかし、どれも決断が必要そうです。煙草やお酒を止めるつもりは無いので、控えるくらいしか出来そうもないなぁとか。食生活については、ラーメン二郎は月に一杯。
とりあえず、スポーツでしょうか。暖かい季節は毎日のように乗っていた自転車でしたが、自転車ばかりですと関節が弱るそうなので、ランニングをしてみようかと。
走りやすそうな靴をまずは入手かな。三十年ほど好んで選んでいたアディダスのカントリーは随分高価になってしまったようで、とりあえず安いのを選ぼうかと。
加齢による恥ずかしい記事となりましたが、健康関連の新しいカテゴリーでも設けた方が宜しいかもしれませんネ。

御茶ノ水へ


一週間ほど前にも伺ったばかりでしたが、本日も御茶ノ水へ。
税金の出費がまとめてやってくるかと思っていたら、自分は該当しないことが分かり、気になっていた製品の確認に伺った次第です。
ここしばらく、無駄な出費を抑えていたので、たまにはいいかな?と


YAMAHAのVenovaというプラスチック製のリード楽器がしばらく前から気になっていて。
随分前にXaphoonという似たような楽器を入手していたのですが、音出しがけっこう大変で本来鳴るハズの音域が出し切れず。音程も安定しないし。
その後、台湾製の安いアルトサックスも入手していました。こちらはXaphoonよりも遥かに鳴らしやすく、音も安定していて。しかし、アルトであってもけっこう重く、定期的なメンテナンスが面倒で。
都心暮らしの頃は部屋からの音漏れも酷く、前回の引越しの際に手放しています。河川敷やカラオケボックスで練習する機会は多かった記憶です。
数年前に登場したVenovaは一万円程度で入手できるそうで、そこそこな演奏感はあるようです。これを本日は試奏したかったのですが。

しかし、あれだけ楽器店を沢山抱えている御茶ノ水でも、Venovaは一台も在庫が無く。飛ぶように売れているワケでは無いそうですが。
楽器については試奏もせずに購入した試しがほとんど無く。自分で弾けない楽器であれば店員さんに弾いてもらって確かめたりでした。
今回は過去に経験のあるリード楽器系でしたし、キーもCらしく、いきなり吹けるかな?と目論んでいたのですが。
「変な楽器に手を出すのはどの楽器もまともに使いこなせなかった奴」という法則があるのですが、今回もその流れだったかも知れません。

結局楽器は入手出来ず、もう一つの目当てだった技術書を一冊入手。これは先週在庫を確認していた店舗で直ぐに手に入りました。
そこに伺う前に秋葉原のサンボさんで牛丼を頂くつもりが生憎閉店。日曜日の一番お客さんが集まるタイミングで閉店とは、何ともサンボらしく。
仕方なく、書店の後に駿河台のエチオピアさんでビーフカリーの大盛を。初めて入る店でしたが、予想外の盛具合でご飯を少し残してしまいました。(スミマセン)
更に、神田小川町の雪だるまフェアにも足を運び。これは数年ぶりに拝ませて頂きました。二日目の夕刻は、手の込んだ作品ほど残念な程にディテールが溶けてしまっていて。

帰宅してみると、Amazonで注文していたCDが。
買うべきか迷っていたEARL KLUGH / FINGER PAINTINGSです。まぁ三十年以上気になっていたメロディですし、買わない理由も無いかなと。
ほんと、耳にずっと残っていたフレーズなんですよ。特別好きとかではなく、とにかく耳さわりが良くて。実際はかなり高度な演奏のようですが、難しさを一切感じさせなくて。

結果的にソコソコ充実した一日となりました。
現在はPCに取り込んだCDの音をパソコンモニターの小さなスピーカー経由で聴いています。
後で、ちゃんとしたスピーカーで聴いてみたいです。
なんか、これが鳴っているだけで落ち着きます。エレベーターミュージックほど薄くなく、コテコテのジャズよりは耳が持って行かれず。

成田空港までツーリング

本日は午前中から単車で成田空港まで伺ってみました。往路は下道、帰路は高速でした。どちらも55㎞くらいの総距離です。
往路の264号は過去に松戸辺りから数㎞を幾度が使った経験がありました。これが毎度渋滞で、単車でのすり抜けもし難く、好きになれないルートです。
この264号がルートのほとんどを占めているのですが、最後までこんな調子じゃ嫌だなぁと。
しかし、新鎌ヶ谷辺りから状況は一変しました。北総線沿いのひたすら真っ直ぐなルートは信号もほとんどなく、結構な速度で距離にして25㎞続きました。これは素晴らしかったです。
北海道でもやたら長く飛ばせる直線があったりするのですが、この直線はほとんどの区間が谷間を走っていて、横風もあまり受けず運転そのものも楽でした。単車でソコソコのスピードでの横風は怖いものがあり。
しかし、成田エリアに突入してからはまた渋滞気味でした。特に成田の中心部がネックでした。

この渋滞の途中で横を観ると、サウンドハウスさんの名前が。
楽器類の通販で安くて品数も豊富なサウンドハウスさん、自分もこれまで幾度か利用していました。成田に本社があるのは知っていましたが、こんなところにと。思わず記念撮影。

そこから十五分程走り、やっと空港に到着したのですが、単車を停められそうな場所が無く。
無理すれば止められるのかも知れませんが、警備員らしき人が止められそうな場所に何人も居て。止めてしまったら通行の邪魔でしょうし。
だいたい、25年前に四輪で空港に来た際は、途中のゲートでかなり入念なチェックが待っていました。いつの間にかその風習は無くなったようですが、それでも危険人物に疑われたら面倒そうで。

結局、空港の最寄りでは記念撮影も出来ぬまま隣の芝山千代田駅のコンビニでイップク。その途中、以前にたまたま知った不思議な宿を通り過ぎ。滑走路のど真ん中にある宿なのですが、ここで下手に単車を停めるのも誤解を招きそうで、そのまま通過しました。
コンビニの缶コーヒーで暖まった後は、特にやることも無いので帰路へ。今度は高速の東関道です。

東関道の成田からしばらくは、暴風壁のほとんど無いルートだったので、横風がちと怖かったです。エンジンのパワー自体は余裕あったものの、90㎞/h未満の速度で安全運転でした。
Forza siはシートの前方部分で二―グリップに近いことが可能ですが、タンクをしっかり掴まえられるヨーロピアンタイプに比べると、やはり安定感が乏しく。
二十代の頃だったら「せっかく高速に乗ったのだから、飛ばせる範囲で飛ばそう」という気持ちでした。体力が衰えたというよりは、無謀な運転をしなくなった感です。
特に、それなりの速度を出していたところで突然大きな横風を喰らうと、Forza siは一車線分くらい横に流されそうで。
単車に乗り始めてから三十年以上、様々な事故を目撃していて。単車の事故はほとんどが飛ばせる道のカーブででしたが、横風で二車線流されたのも観たことがありました。

そんなことを考えながら80km/hくらいで左車線を流していたところ、真ん中の車線のBMWな単車がプラス20km/hで抜いていきました。並列二気筒のエンジン、安定感のある走りでいいなぁと。
BMWがそのまま200mくらい先に去った辺りで、合流車線から入ってきた四輪が左車線をロクに走らずそのまま中央車線に。
BMWの存在に気付いていなかったのか、四輪はあわやBMWに横から衝突する寸前でした。四輪は慌てて左車線に戻り、BMWはバランスを一瞬失いつつ倒れずに持ち直し。接近した幅は残り1mも無かった様子でした。

恐ろしや。
BMWのライダーは四輪に対して文句でも言うのかな?と思ったりでしたが、特にアクションはなくそのまま遠くに消えてしまいました。
BMW側は何も悪い事していませんが、あれは怒っても仕方ないだろうし、よく耐えたなぁと。
まぁ、乗っている車種で人柄もある程度伺える部分はあるかと思います。
BMWの古い水平対向二気筒に乗るヤンチャなライダーというのは考え難そうですし、大型の単車に乗る人の多くは自制心の塊な方が多いと思っています。

やはり、高速の単車は恐ろしいなぁと思いつつ、帰路の途中でラーメン二郎の松戸店さんへ。運良く昼の部の営業に滑り込みで間に合いました。
昨日は健康診断で初めて血圧に引っ掛かり。再検査の必要が無い範囲でしたが、ラーメン二郎の食べ過ぎがいよいよ影響し始めた様子です。
この二年間、多い時は週に二杯。普段は月に二杯くらい。月に一杯程度に抑えた方が良いかも知れません。
十年前は、神保町店さんで週に四杯頂いても問題無かったのに。いよいよツケが回ってきたのかなと。まぁ、逆にここまで問題が出なかった方が不思議でもあります。

肝心なことを書き忘れていました。
往路の下道ルートは約二時間、帰路の高速ルートでは約一時間でした。
十五年ほど前に中古の四気筒CBR250Rに乗っていた際は、メーターの最高時速に近い辺りでも車体は非常に安定していたので、乗る側のビビりよりも車体の高速安定性による違いが大きいのかなぁとも思えたり。
ともかく、恐ろしさという感覚を持つことは重要だとも思っています。痛みの感覚が無い体質ですと、思わぬ故障もあったりするワケで。ここらが限界と思えるのは大切かと。