人それぞれ

羽田空港を利用する航空機のルートが変更されるそうで、都心上空を通過するとのニュース記事。これに対しての反応が色々とあるようです。
今朝見掛けた記事は反対派らしき内容でした。黒い物体が落下するのを目撃した等。

記事の内容が何処まで本当なのか分かりませんが、記事の内容への批判なコメントが多く見受けられました。
特に伊丹空港や香港空港を引き合いに出されるコメントが目立っていて。
実際、航空機そのものが墜落した場合の被害は都心部ほど大きいのは分かりますが、前例はほとんど無さそうかと思っています。
自分の知る限りは調布飛行場で離陸直後のセスナ機が落下した事故くらいです。
個人的にその通りだよなぁと感心したコメントは「空港は都心から遠い方が落下での安全は確保しやすいけれど、今度はアクセスが悪いとの評判が立つばかりでトレードオフなのでは」という内容でした。
成田空港は都心から遠いものの、高速な鉄道のお陰でアクセスは随分と楽になった様です。ただ、昨年の台風では陸の孤島となった事例もあります。

自分の暮らす地域は以前から航空機の通過ルートで、自宅のベランダから真上を眺めていたら一時間に幾度でも航空機を拝められます。羽田発の便が普通に使っているルートらしく。
近くの江戸川に散歩に出かけると、土手沿いで寛いでいる地域住民も多く。
頭上を通過する航空機を指さした小さな子に母親が「何処に行くんだろうねぇ」と話しかけるほのぼのな場面もあったり。
人によって、意識や受け止め方がずいぶんと違うものだなぁと上記の記事を読んで感じた次第です。公共性を優先するのは大切だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください