アイデアの盗用

横尾忠則さんが新作の「男はつらいよ」に対して怒っているとのニュース記事をしばらく前に観掛けました。真偽は謎ですが、呑み会で出したアイデアが監督に勝手に使われてしまったそうです。
横尾忠則さんについて、自分は詳しく無いのですが謎の多いアーティストでした。YMOのメンバーになりかけていたとか。楽器が出来る方なのか存じませんが、色々と斬新なアイデアは持っていそうでもあります。
また、最近BSで再放送されているドラマ「ムー」でも横尾忠則さんのイラストが採用されていて、これがまたドラマの異空間ぶりに合致していて。
ともかく、たぐい稀な発想力の持ち主なので、交友関係も凄いというか。

自分の学生時代はバンドブームの時代でもありました。アマチュアバンドのギタリストの中にはプロよりも上手いと思える方が居たりでしたが、全てはコピーの演奏で作曲は全く出来ない類も多かったです。
「だからプロにはなれない」と本人も理解していたり。プロであっても曲作りでスランプに陥ることは多いようで、生みの苦しみはさぞや辛いだろうなぁと。
コンスタントに良作を生める方は、やはり凄いと思います。元々、泉の様に湧き出るアイデアを小出しにでもしているのかなぁとも。Beatlesもメンバーによって作曲された数がかなり異なったり。
乾いた雑巾を絞っても、実際水一滴生まれずで。

過去の下町暮らしで自分は町の手伝いを色々と頑張っていました。地域や神社のHomepageを作ったりも。神社の縁起物を通販してみたり。
大体は地元の方と呑み屋で会話している時に生まれたアイデアでした。「こんなのあったら面白いよね」と。ほとんどは自分以外からの発案で、それを具体化するのが自分の役割で。
しかし、それを評価してもらえるようなタイミングはほとんど無かったです。Homepageのアクセス数を時々確認してニンマリする程度。たまに「いつも観ているわよ」と一声掛けて頂けることもあったのですが、社交辞令だろうなぁと。
ただ、一度だけ嬉しいこともありました。町の新年会にて町会長の挨拶でした。
神社の縁起物通販が軌道に乗った後、まとまった注文もあったりで年間の売り上げがけっこうな額になったそうです。町会長からのお褒めの言葉も気が利いていて、発案者の方とそのシステムを作った自分を褒めてくれて。
全て自分の手柄にするつもりは勿論無かったですし、凄い気配りだなぁと。東日本大震災で神社の屋根が崩落したりの年でもあり、修繕費の捻出とかも大変な時期でした。
どれもゼロから作ったモノで、生みの苦しみは勿論ありました。ただ、どうやったら実現できるかは経験済みでしたので、手間の問題でしか無く。
ともかく、アイデアが無ければ実現出来なかったことですし、追加の経費もほとんど掛かりませんでしたし、ゼロからであれば失敗しても失うものは無いだろうで。
自分はその町を離れてしまい他の方がシステムを担当しているのですが、通販は現在も機能しているそうです。

そんなことを思い出したりでしたので、横尾忠則が怒ってしまったのも仕方ないよなぁと思ったりです。
監督とは早く仲直りしてほしいです。

2 thoughts on “アイデアの盗用

  1. 前半の話で思い出したけど、日本ってプロアマ問わず上手いギタリストが多いらしく、そのほとんどが完コピの人たちなんだとか。
    俺なんかから見ると、凄いテクニックがあればオリジナル曲なんかバンバン創れそうなもんだが、何故かそうはならないらしい。
    不思議なもんだ。

    • 演奏専門のプロも居ますが、どうにも演奏と作曲は別次元なのかなぁと。
      コンスタントに曲を作れない人の中にも名曲はあるよなぁと思える一曲はAbbey RoadのSomething。あのアルバムで一番好きです。
      自分も過去に曲作りを試んだりでした。しかし、どれも何かに似ているなぁで。こうやって盗作が生まれてしまうのかとも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください