自分にお土産

高校の修学旅行は奈良と京都。引越前の埼玉の中学校でも伺った地域でしたし、自分の爺さんが奈良で暮らしていたので、幼少期にも訪れていました。
高校時代の自分は古い日本史にほとんど興味なく、同級生達と如何に馬鹿な思い出を作るかばかり考えていて。
煙草の煙が蔓延のホテルの部屋にはウイスキーも持ち込まれ、そこへ理科の教師がやってきてどうなることやらとか。(教師はアルコールでかなり出来上がっていて、逆に介護が必要な状況)
酷い二日酔いの自分は観光バスの一番後ろの席で死んだふり。奈良の大仏さんはそんなワケで拝めず。

帰路の途中で上野に寄りました。自由時間は嘗て暮らしていた埼玉の川越方面へ。
単独行動は許されなかったのですが、こんな個人的な思い出の場所に友人を付き合わせるワケにも行かず。小学校でお世話になった先生や、街でたまたま見掛けた旧友に挨拶したり。
しかし、単独行動はバレていたようで、同じ班だった生徒会長に上手く助けられていたそうです。その生徒会長もかつて暮らしていた東京の某所を訪れていたそうで。
教師からの信頼度は自分と全く異なる生徒会長のH君、自分がそそのかした校則破りの仲間でもあり、いい奴だったなぁと。

集合場所に戻った友人達は、様々なお土産を手にしていました。本州に訪れる機会が少なかった連中はディズニーランドの袋だらけ。
親しかった連中は、ヘンテコなお土産が多かったです。「松茸が安かったからアメ横で買ってきたんだよ」とか。自分は松茸を食べた記憶が無く、匂いを嗅がせて頂きました。
案外、野性的な香りでした。

自分のお土産は、腕時計でした。当時、少しはお洒落に興味もあってホットドッグプレスやポパイでも紹介されていたような腕時計でした。
ポップとレトロがせめぎ合っていたいた時代、ちとレトロ気味なデザインや色合いに惹かれていて。
その後、革バンドが腐って野獣の香りをかもしたり、秒針が落下したりで幾度か修理していた腕時計、ここ二十年くらいは電池も切れたままオブジェです。
革バンドの件は、夏場に頬杖をつくと「何じゃこりゃ」の香りで、原因が分かるまでけっこう嫌な思い。春夏秋冬いつも肌に付けていたので、仕方なかったと思います。

その数年後に東京で学生生活を送っていた自分、渋谷のお洒落なお店のレジで同じ腕時計の女性バージョンを着用しているのに遭遇しました。何か一声掛けたかったものの、綺麗すぎて何も言えず。その革バンドも純正では無くて。
埃をかぶっていた腕時計、検索したところ当時を代表する作品だったそうです。電池交換、久し振りにしてみようかな。

2 thoughts on “自分にお土産

  1. アメ横で松茸買ったって、これ俺のことかなあ?それとも他にも買ったヤツいたのかな?
    修学旅行の土産で買えるぐらいだから、今にして思えば中国産かなんかだろうね。
    北海道じゃ入手しづらいモノだから、買って帰って両親に嗅がせてあげたい、といういじらしい理由での購入だった。

    • この件、別の友人でした。
      どうして松茸を選んだのか当時は不思議でしたが、現在ですと輸入物でもけっこう高価でしょうし、良い選択だったと思います。
      みんな吊られて買ってしまったのかな?
      自分は家族向けのお土産を買っていなかったと思います。皆さん、偉いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください