Forza siのカウル交換

これで二度目の交換となります。前回は三年前。
今回は反対側のフロントカウルを交換。マンションの庭から道路まで単車を押していたところ、出したままだったサイドスタンドが斜面で床に引っ掛かり、その反動でなぎ倒してしまい、右側のカウルに傷とクラックが入りました。
カウルの傷は一枚だけだったのですが、部品代だけで約一万五千円。工賃が勿体無いしサービスマニュアルもあるので、自分で交換することに。

パーツについてはホンダ直営の販売店で注文したかったのですが、日曜は発注も時価も確認出来ないそうで。また、パーツ代も前払いらしく、平日に販売店に行くしか手は無いそうで。
仕方ないのでWebでパーツ番号を検索したところ、モノタロウでも注文出来るそうで。モノタロウは個人利用が出来ないかと思っていたら、そんなことも無いらしく。
自分はパーツカタログも持っていて、既に販売終了となったForza siのパーツはもう値上がりしているかと心配していましたが、まだパーツカタログの値段のままでした。
あと、モノタロウではそれなりの注文額ですと送料無料らしく。
パーツは発注したもののモノタロウでの在庫は無いらしく、品が届いたのは五日後くらいでした。まぁどの道、自分も週末しか単車を触れませんし。

本日はその交換作業。三年前に揃えた特殊系の工具二つは直ぐに思い出しました。ネジ回しの延長棒と短めのネジ回しです。
作業の写真を残しつつ、約三時間で交換終了。
バイク屋さんに修理を頼んだら工賃は一万円前後掛かりそうですし、過去に点検等で二度もネジの紛失を喰らっていて。(勿論お店によりますが)

次に乗る単車はもう少し重心が低いか、車体が軽いか、ノンカウルが良いかなぁと。
フルカウルのビッグスクーターは大体200㎏くらいの重さがあり、重心も高く、ひとコケ数万円コース。
高速道では風に流されやすいし、単車での高速も自分はビビるようになってきてしまい。
それとも四輪に移行すべきかとも思えたりですが、単車を手放すと春が近付く度に右手がスロットルを恋しがるのは分かっていて。

本日の作業内容はTwitterにて。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください