歩道の植え込み

自宅の庭に面している歩道の植え込みの件、これまでも幾度か綴ってきましたが、やっと草刈りが入りました。
区によるサービスだと思われるのですが、今年の夏期は一度も草刈りが入らず、雑草ボウボウでかなり荒れた状況になっていました。
自宅に面している部分だけ自分で幾度か草刈りを試みたものの、あまり綺麗には出来ず、雑草を無理に引っこ抜くとアスファルトごと剥がれてしまったり。
なので、鎌で刈ったりしたのですが、これではどうしても根元が残り。そんな中途半端な対応では一週間ほどで雑草はまた成長してしまう始末。

区によるサービスは夏期に数回入っていた記憶です。今年は何故かそれが無く。
ともかく、今日の草刈り後はえらく綺麗になっていました。流石プロの仕事だなぁと。
ただ、作業されていたのはかなりの年配者が数人程度でした。午前中には片付いた様子ですが、ともかく専門の人が対応してくれるとここまで綺麗になるんだなぁと。
コツみたいなのを聴いておくべきだったかなぁと、ちと後悔。

過去の記事とダブってしまうのですが、夏場に自分が中途半端に刈った雑草は植え込みの隅に束にしておいたんです。
その束が自然乾燥したらゴミ袋に入れて捨てる予定だったものの、九月からはひたすら雨が続き、乾くどころかそのまま腐ってしまったような状況でもありました。
そんな塊さえ今日は綺麗にして頂けて。ちと申し訳なかった感です。こんなんだったら自分は何もしない方が良かったのかなぁとも。
ただ、このサービスが何時入るのかさっぱり分からず。実は昨日も自分でやってしまおうか迷えてもいたんです。結果的にやらなくて良かったかと。

でも、数日前に何方かが歩道で会話している声も部屋に少し届いていました。この季節の日中は部屋の換気で窓を開けていて。
会話の相手は恐らく携帯電話だったのかなと。雑草が酷いから対応してほしいみたいな話でした。
別に聴き耳を立てていたワケでは無く、お年寄りの会話は基本的に音量が大きめでして。
地元の人が苦情とか要望を伝えたら区も動いてくれるのかも知れません。ただ、これが自分からというのは面倒で。
草刈りの対応には税金が掛かるのでしょうし、こういったものは本来地域の住民が行うべきなのかなぁとも迷えていて。

以前は、自分のマンションの住民達が予定を組んで草刈りをしていたともご近所さんから聞いています。
これは面白い試みだったとも思っています。どうしてそれを止めてしまったのか理由は分からないのですけれど、一緒に汗かいて結果も出せてお祭りのような一体感を味わえただろうに。
下町暮らし時代にお祭りや行事を幾度も経験してきた身としては、面倒が多くても一緒にやり遂げた地域の絆みたいなのはかなり意味があると思っていて。
他人任せで口先だけというのは公私共に良くないと思ってはいるのですが、いまの自分もそれに近いのかなぁと少し反省していたりも。
自分から企画するような勇気も無くて。月一くらいで定時に自分でやっていたら、そのうち手伝ってくれる人も増えてくるのかなぁ。

だいたい、自分から手伝ってとか助けてくれって言うのが苦手なんですよ。
人生でそのセリフを使った場面はほとんど無さそうで。自力で片付けるしか無かったというか、他人に迷惑掛けたくなかったというか。
これについては、また何かの機会に綴りたく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください