ブルーライト対策

街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ。
という歌詞の唄が昔流行っていて、自分も何となく覚えています。
いしだあゆみさんが歌っていたのですネ。自分の世代ですと、北の国からのお母さん。
そんな話題では無くて、ブルーライトについてです。

ここのところ視力の低下が激しく、どうにもスマホの使い過ぎかと思われて。
何かの拍子にスマホを使えないタイミングがあると、それほど視力が低下していませんし、朝起きた直後も同様で。
加齢による部分も多々あるかと思っていたのですが、昨日読んだニュース記事では若年層でも視力の低下が顕著らしく。

対策は色々とあるようですが、どれも現実的ではなく。
その対策に使えそうなサイトを幾つか見て面白かったのが、某製薬会社。他のサイトでは無かったサプリを推奨していました。ちゃっかり商売上手というか。
問題に対しての対処法は色々とあると思うのですが、問題の根源を減らすのがベターかと思っています。影響が出てからの結果に対する対策というのは何かと無理がありそうで。
例えば、お酒の飲み過ぎで色々と不調になったとして、サプリで対策よりはお酒の量そのものを減らすのが当然だと思います。

ブルーライトを減らすには、ブルーライト対策された眼鏡を使うという手法もあるようで、デスクワークの長い仕事の際には自分も使っていました。これは結果的にナカナカ効果があった感でした。
ただ、デスクワークという限られた環境では眼鏡もかけやすく。元々眼鏡を使用していなかった自分にとって、眼鏡は邪魔ものでしかなく。
また、モニターから目を離すのも有効だそうです。ブルーライトの成分に限らず、エネルギーというものは距離の二乗か三乗で強かったりします。
デスクトップのモニターでしたらそれなりに距離を離せそうですが、スマホは近くなりがちです。まして、電車とかの移動中では対策眼鏡を使うのも面倒で。

こうなると、スマホの使用時間を減らすしか無さそうです。
これはかなりの難儀です。

スマホ暦は既に十年以上です。iPhoneの登場前から使っていましたが、当時に比べて相当便利で高機能になっています。
知りたい情報が即座に何処でも知れる恩恵は大きいです。特に無駄な閃きの多めな自分は。
とりあえず、部屋に居る時はスマホでなく、PCをなるべく使うようにしようと思っています。
しばらく前から意識していますが、これだけでもけっこう違いが出てきまして。

と、寝室のデスクトップPCで綴り終えたので、これから布団に入る予定ですが、枕元には相変わらず充電中のスマホが待機していまして。
これを何とかする方が重要なんだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください