にわかファン

今回のサッカーワールドカップで日本は頑張ったと思いますし、ニュース記事でも連日話題になっています。
残念ながら決勝トーナメントの一戦目で敗れて帰国した日本のメンバー、成田空港では大歓声だった様です。
同時に西野監督の退任が決まったようなニュースも。

数週間前に急遽監督になった西野さん、十分な結果を残したのに何故退任なのかなぁと。
自分は「にわかファン」で、そう思ってしまいました。
ニュース記事のコメント欄を確認すると、自分と似たような質問に近いコメントをされる方も。
それに対する返信は「にわかファン」と馬鹿にするのも目立ったりして。

「にわか」ではないファンの意見としては「西野さんよりも前の監督の時代に下地は出来ていたのだから」とのこと。
まぁそれも一理あるかも知れません。ただ、最終的なゲーム運びを決めたのは西野さん本人でしょうし、前監督が同じような指示を出せたのかは分かりません。
前監督が続けていたなら、決勝トーナメントも勝ててベスト8に入れたのかも知れませんが、逆に予選リーグの突破も無かったのかもしれません。
どっちに転んだかは誰にも分からないかと。

また、経験豊富な選手を起用してくれたのは、新しい選手を全然知らない自分にとっては助かったというか。
これも「にわか」ではないファンからしたら「何故そんなオジサンを起用するのか?」だったみたいで。
単なるアンチではないか。

個人的には「にわかファン」でも良いと思うんです。
誰でも最初は「にわか」でしょうし、楽しむ人を嘲笑う火消のような存在は何だかなぁと。
今回の大きなイベント、皆で楽しめたのは意味があったと思います。まして、あれだけ酷かった下馬評に対しての良い結果でしたし。
同じ話題で老若男女が楽しめる機会って、昔ほど多くない感で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください