アマチュア無線でデジタルの届出(覚書)

自宅のアマチュア無線環境で、デジタル通信も試してみたく、パソコンに接続する機材も入手してみました。

自分が現役で無線をやっていた二十数年前は、SSTV(動画伝送)等は相当な設備を持たないと運用出来なかった記憶です。
現在では、カメラも動画処理も全てノートパソコン一台で準備出来てしまいます。

デジタル通信は、どんなことが出来るのかよく分かっていません。
相手局と接続してしまえば、パソコン同士で勝手に通信してくれるものなのか?(映画「未知との遭遇」の、コンピューターミュージックで異星人と対話が始まる場面を思い出しつつ)

無線機にパソコンを接続するには、インターフェースケーブルと、トランジスタ、抵抗、ブレッドボード等でちょっとした工作が必要です。(FT-817やFT-857のオーナーですと、共通のインターフェースケーブルが使えるようです)

パソコンにダイレクトに繋げられるUSBインターフェースでも市販されていれば楽なのですが、音声の入出力やシリアル通信が必要になるようです。技術面は、まぁ簡単な工作の範囲です。
それよりも、免許の申請が厄介そうです。

どんな手順で、何処にどんな内容のモノを送れば良いのかサッパリ分からず。
とりあえず、これまでに分かった点の覚書。

【現状の設備と免許】
送信機は全て技適で免許を頂いています。

【デジタル系の届出で、TSSへの申請は必要か?】
技適で免許を既に頂いていて、送信機の追加や改造が無いのであれば、TSSへの申請は不要の様子。
あくまでも、付属装置の追加なので。
ですので、届出先は通常の「電子申請・届出システム Lite」のみで大丈夫なようです。
しかし、この届出が上手く行くと、何故か技適から外れてしまうようです。

参考サイト:http://jp1qyo.sblo.jp/article/49113753.html

【届出内容】
以下は現在調査中です。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください