お父ちゃんの貫禄

昨年の餅つきにて

昨年の餅つきにて

ここのところ仕事が混雑気味で、つまらぬミスが更に混雑を生んでいる日々です。
自己フォロー出来る時間があれば良いのですが、それもタイト。

昨夜は帰宅後に大盛のスパゲティを茹で、満腹になったところでバタンと寝てしまいました。
中途半端な地震が明け方にあり、目を覚ますと新着メール。
町会のIさんが亡くなられたそうでした。

Iさんご本人からは、Iさんは自分より一歳年上だと伺っていました。
Iさんと初めて会ったのは六年くらい前の神田祭でした。
神酒所で帯の締め方について「子供のようだ」と婦人部の方に指差されて笑われてしまい、近くの小さな居酒屋さんに連れ込まれたときでした。(そこで着付けを教わりました

 SUKIYAKI: 帯の締め方が子供みたいだって笑われちゃいましたよ
 Iさん: 俺も前回のお祭りから参加するようになったばかりで、よく分かっていないんだよ
 SUKIYAKI: 上で締めた方が、脚が長く見えそうなんですけどねぇ
 Iさん: まぁ、言われたとおりにやっときゃ、間違い無いよ
 SUKIYAKI: あと、このズボンみたいなの、さっきから落っこちてきちゃって困るんです
 Iさん: もうちょっと太った方がいいんじゃない?

そんな会話からでした。
いつもニコニコ、暖かな兄貴分でした。
それから自分は「いーづかちゃん!」って呼ばれていました。

昔は秋葉原に大きな市場があって、現在でもその関係者の方がこの界隈で暮らしています。
Iさんもその一人でした。
細かな駆け引きなど無く、実直な人柄だった故に、モメてしまう場面も幾度かありましたが、そんな部分も自分は好きでした。(人としての魅力は不器用さだったり、損得勘定とは反比例かもしれなく)
朝早くからの仕事で、町の行事や催しの参加も大変だった様子でした。
それでも、いつもニコニコ笑顔でした。

思い起こしたところ、町の行事でここ半年程、Iさんを観掛けていませんでした。
最後に観掛けたのは昨年の後半だったか。
湯島方面から自宅へ帰る夕暮れ時、小さな娘さんと道を歩いているところでした。
ちょっと驚かしてやろうと、後ろから大きな足音を立てて、追い抜いたんです。
Iさんは娘さんをそっと抱き寄せていました。

 SUKIYAKI: こんばんは!
 Iさん: びっくりしたじゃん!
 SUKIYAKI: そりゃ、びっくりさせようと思ったから
 Iさん: 最近、変な人が多いから子供が心配でさぁ
 SUKIYAKI: あらら、すみません
 Iさん: いーづかちゃん、元気にしてた?

俺んとこ、頭悪いからさぁ、元気だけがトリエだからさぁ。
こんど、インターネットの繋ぎ方教えてネ。
そんな挨拶も多かった数年間でした。

小さな娘さんは、いつもお父ちゃんを見上げていました。
手を繋いだお父ちゃんは、いつも笑顔でした。
ご冥福、祈っております..。

うずまきレースの一件とか、いまでも面白くて。
ガァ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください