自宅サーバー沈没の顛末

自宅サーバーが三日間ほど倒れておりました。

理由は自分にあるワケですが、ちょいと言い訳のような文章を。

自宅サーバーにはDebianというLinuxの一種をインストールしておりまして、かれこれ十年近く利用しています。

その間、メジャーなバージョンアップを幾度か経験しておりますが、過去の設定等は全く問題なく引き継がれておりました。

今回は、それが根本的に崩れたようでした。

Lennyへのバージョンアップ、モガいているサーバー管理者さん、世界中に点在していそうな気がします。

今回のバージョンアップは今年の中旬まで遅れるかと思っていました。評価期間が足りなかったのか、期限厳守に走ったのか謎です。

ともかく、アップデートに失敗したThinkPadのサーバーはデータをバックアップし切れていないので、しばらく使っていなかったMac miniを、代替サーバーにしてしまいました。

デザインの変更は後日。ともかく、データの移管と動作確認中です。

ガァ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください