床と天井


[ 我が家の天井 ]
我が家は古い作りですが、狭いながらも片岡義男の小説に登場する米軍住宅のような内装がちとお気に入りです。
しかし、フローリングの床はガラクタが年中ゴロゴロ転がっており、足の踏み場も乏しく。
なので、重力に負けない天井を見ている方が心地良いです。
ゆらりゆらりなシーリングファンが心地良い季節でもあります。
ガァ

床と天井” への2件のコメント

  1. かっこいいですねぇ。男ですねぇ~
    お古い家とはお聞きしていましたが、確かに内装は綺麗ですね。
    うちも天井以外ガラクタが転がっています(笑

  2. bennicsさん
    次の週末には片付けたいなぁ、と思いつつ、毎度散らかっている床です。
    シーリングファンの羽の上は、埃が溜まっておりまして、そいつだけは定期的に清掃しております。
    ガァ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です