地球の裏から命令された

今朝のこと、見ず知らずのペルー在住の女性から、突然E-mailが届きました。
“you must show us more of japanese traditional things,”
(あんた、もっとニッポンらしい写真を披露しなさい!)
TrekLens参加者だそうです。
痛いところを突かれました。
ガァ
とりあえず、遠く遥々からお便り頂けたことへのお礼と、来月は大きなお祭りがあるから、出来るだけ沢山撮りますとの返信を綴りました。「地球の反対側より」ってタイトルで。
自分は”must”なんて助動詞を使ったことがありません。”hope to”ばかりです。
逆に突然”must”なんて言われると、強烈なジョークに思えてしまい、笑えたりでした。
三波伸介さんの「びっくりしたなあ、もう」を真似しても、恐らく通じないでしょうし。
ガァ
D50の基本性能は、ある程度理解したつもりです。(自分には十分)
しかし、色々試し撮りしても、どうにもしっくりきません。
FM2で使っていた35mmのF2はMF専用で、露出が上手く機能してくれないみたいですし。
色々考えて、なるべく広角寄りの一番明るい50mmのF1.4をヨドバシさんへ観に行きました。
気がついたら手にしていました。(かっぱらってきたワケではありません)
normal0010.jpg
標準ズームで撮影。
normal0020.jpg
50mmのF1.4で撮影。
やはり、明るいレンズは自分好みです。


明るいレンズのメリット

  • フラッシュを焚かずに室内光や自然光で十分撮れる
  • 明るいからシャッター速度を稼げる(最強の手ブレ補正)
  • 見せたくない散らかった部屋の背景をボケさせることが可能
  • リンスが要らない
  • 試しに撮影した直後、ペルーからまたE-mailが届きました。(上の写真を公開する前のことです)
    今度は、丁寧な文章でした。
    文章の最後に”arigato”と。
    スティックスの影響であろうか?
    凄い世の中だ。
    ガァ

    5 thoughts on “地球の裏から命令された

    1. 株スパイダーさん
      趣味があると、また楽しみも広がりますよネ。<インターネット
      しかし、語学力が最大のネック状況です。
      ガァ

    2. やっぱり!
      単純に写真をもっと見たいという気持ちなんだと思うなぁ。きっと!いや、そうに違いない!

    3. 愛愛さんさん
      ありがとうございます。
      自己満足の世界なのですが、やってて面白いですし、言葉が不自由でも同じ媒体で楽しめています。
      趣味の世界だから、気楽なのもありますよネ。クリエイター系で一定品質のものを生み続けるって、大変なことだと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください