FT8環境のコピー

FT8環境を別のPCにコピーするのに必要な情報を軽く纏めました。
明日にでもローカル局さんの新しいPCで試す予定です。
運が良ければ細かい設定も引継ぎ出来るかも知れません。特にJTAlertの設定は気が遠い作業でして。

参考にさせて頂いた記事は「My first steps」さんの「WSJT-XとJTDXのログファイルの共有」になります。

WSJT-X :c:\users\%username%\AppData\Local\WSJT-X\
JTAlert :c:\users\%username%\AppData\Local\HamApps\

上記のディレクトリ以下のファイルを新しい環境に全て上書きすれば完了でした。(細かい設定は更にちょっと必要でしたが)

あとはLoTW(TQSL)周りの設定がちょっと思い出せず。
以前に取得した証明書が再利用出来るのか、それとも新たに証明書を取得すべきなのか。
更に、一枚の証明書が複数のPCで利用出来るのか。

追記:
検索したところ、TQSLの設定周りはこのサイトが詳しかったです。

更に追記:
上記の情報を元に、全て上手く行きました。勢いのあるうちに一気に片付けちゃいましょうと21時を回った時刻にローカル局さん宅へお邪魔しまして。
B4も細かい設定もWSJT-XもJTAlertでも引き継がれましたし、LoTWもすんなりと動作してくれました。
もっと面倒な作業になるかと思っていました。自宅でメインのデスクトップPCも一度クリーンインストールして快適さを取り戻そうかなと。
若しくは、Windows11にしてしまうか。ハードウエアが要件を満たしていない五年前のモデルですが、無償でアップデートが可能なのはあと数日だったかで。(←これは誤情報だったらしく、当面は無償だそうです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください