コロナな話題

三月頃はコロナの話題ばかり綴っていました。
身の回りでは感染者もおらず、そのまま半年経ちました。
確率的にはその程度だったまま秋が深まってきたこの頃です。

一時期はマスクがほとんど手に入らなかった状況もかなり改善されて、七枚入りの袋マスクなら何処でも売っていますし、以前と大差無い価格です。
箱マスクもちゃんとした製品が出回ってきていて、コンビニ等でもほぼ常時販売されています。値段については1.5倍くらいに上がってしまったものの、元々が安過ぎたとも思えます。

コロナの出所や対処法についてはハッキリしない部分が未だに多い様ですし、新薬の開発も目途が立っていない状況だそうです。
そんな中で最近目に付いたニュース記事で「ネアンデルタール人の遺伝子を持つ人はコロナで重症化しやすい」というのがありました。
真偽は不明ですが、この遺伝子を受け継ぐ人はその傾向があるそうです。ヨーロッパ系で16%の人が該当するそうで、日本人と韓国人にはほとんどいないそうです。
感染そのものに違いがあるのかは分かりませんが、感染後の違いは大きい様子で。
テレビ番組でもこの説が紹介されていました。出演者の言葉によると「ネアンデルタール人が滅びたのは他の人種との争いで負けたワケでは無く、当時の何かのウイルスに負けたのでは?」とも。

日本人に限っていえば、コロナで亡くなる人の割合よりも肺炎で亡くなる人の割合の方が未だ多い様子です。
であれば、経済再開にもっと力を入れても良いのではないか?と思えたりです。ただ、それで大問題になった時を考えると、誰も責任を取りたがらないだろうし、言い出し難いのかなぁとも。
ヨーロッパ方面では再流行が始まっているそうですが、相変わらずマスクをしない文化な面を引きずっていますし、仮に重症化が人種特有の弱さだったとしたら、一層の防御が必要と知るべきにも思えたりです。

海外の往来については、緩和が始まっているそうです。
しかし、上記の様な事情を考えてしまうと、やはりまだ怖いものがあります。地域によっては収束どころか第一波より勢いあるそうですし。ヨーロッパの場合はこれが余震じゃなくて本震なのかもしれず。
最近のニュースで紹介されていましたが、スーパーコンピューターで湿度と飛沫の到達度について解析したところ、乾燥している方が相当飛びやすいそうです。となると、秋からがやはり本番なのかな。夏にある程度落ち着いたのは人の努力よりも季節に恵まれただけだったのかも知れずで。

オリンピックについては、コロナの状況に関わらず来年開催とのIOCのスタンスだそうですけれど、お金とか利権とか既に投じた設備とかのしがらみが無かったら、こんな発言にはならなかったのかなぁとも。
南米だったか中米だったかの古い文化で、優秀な人を神に捧げる儀式があった記憶です。所謂生贄なのですが、これに近いイベントが現代でも開催されるというのは、何だかなぁとも思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください