漂流兄妹4

漂流兄妹の4作目を先ほど観ました。
3作目に続き、相変わらず元気になれる作品でした。

今回はクルミの殻の割り方と、クルミから油を絞り取る方法と。
夏前にチューリップの球根を大量に分けて頂いた方からは、クルミも大量に頂いていまして。
しかし、クルミ割り機を持っていないのでどうしたら良いか、そのまま放置していまして。
一晩水に漬けた後に軽く炒めると殻に割れ目が入るとの話、自分も今度試してみます。

あと、クルミから油を絞り取るのも興味深かったです。やはり大した量は取れなかったのですが、サバイバルな環境では役立つ知識かと。
以前から不思議だったのですが、サラダ油のボトル一本分の植物を育てるにはどれだけの面積が必要なんだろうとか。
ヒマワリにしても菜種にしてもゴマにしても、一つの植物から取れる量はかなり僅かでしょうし。
同様に、お茶碗一杯分のお米を育てるには、どれだけの面積で稲を育てる必要があるのかとか。一平方メートルくらいは必要そうな気もします。

更に、拾ったラジオに電池が入っておらず、電池を自作してみようという実験。
これもなかなか面白かったです。
続いて拾ってきた脱臭剤の活性炭とアルミ箔と海水、布での製作でした。
一層だけの構造では電圧が足りなかった様で、三層にしてラジオがようやく起動でき。

自分は電気工学科卒なのですが、こんなに単純な構造で電池が作れると思っていませんでした。
私立の理工系の入試は三科目なのですが、電気工学科に進む学生の多くは化学で無く物理で受験するのが普通で。
電池というのは材料工学というか、化学の知識も求められる分野なので、意外に自分もよく解っておらず。
まして自分は仕事で化学系の分析装置であるイオンクロマトグラフというのを扱っていたのですが、使用目的は電池と直接関係無く。
今回の電池の作成については、イオン化による電子の流れを利用した構造だそうで。

大学の卒論は必須で無かったものの、当初は取得するつもりでした。
試しに入った研究室は物性を扱っていました。しかし、半導体の動作原理も自分は卓上論でしか理解し切れていません。(とっくに忘れましたが)
薄膜とか針の芯の様なデリケートな製造工程らしく、大昔のSONYもトランジスタラジオで必要な高周波向けトランジスタの製造には相当苦労したそうです。
歩留まりが当初は相当に悪かったそうで、製造コストが跳ね上がってしまい。

こういったイオン化の原理は普段の生活でも珍しくは無いらしく。
自動車のレストアで以前によく観ていた「名車再生」シリーズでも、一部の車種でトランク周りに錆が発生しやすいのは二種類の金属が悪さをしている様な話でした。
異種の金属が隣り合わせですとイオン化の化学反応が起こりやすいそうで、それが結果的に錆になってしまうそうで。電池と同じ原理で。

番組に登場したラジオは液晶表示まで付いていたので、ICといった集積回路が幾つか使われていたのだと思います。
ICは駆動電圧の下限がけっこう厳しく、それなりの電圧を掛けないと音もならないかと。
拾ってきたラジオが古典的なトランジスタラジオでしたら、もう少し下の電圧でも音を鳴らせたのかも知れません。

我が家にも防災ラジオがあるのですが、手回し充電とソーラーパネルも付いています。恐らく現時点では最強かと。
増幅機能は無かったものの、以前にゲルマニウムラジオを自作して失敗したなぁと。

毎度の脱線気味な記事になってしまいました。
次回の漂流兄妹は12月頃の予定だそうです。
井上咲楽さん、次回もいっぱい叫んでくださいネ。
楽しみにしております。

口座の解約

亡くなった母の資産管理や後処理は叔母に全て任せていたのですが、内容によっては一親等の自分がやった方が単純だったそうで。
しばらく前に母の年金の停止処理で、戸籍謄本の取り寄せ等、叔母は苦労していました。
片付いたと思っていた郵便口座も、入出金は最近まで続いていたそうです。
そして、この口座を解約するのはこれまた厄介な作業らしく。
残額は数万円程度でした。

叔母がこの解約手続きをするには母と叔母それぞれの戸籍謄本が必要だったり、相続権を持つ一覧を記入したりで。
母とは一親等の自分が手続した方が手っ取り早いという結論になり、本日郵便局へ伺いました。
母の通帳やカードは日曜日だった昨日、書留で自宅に届いていまして。

ネットで検索したところ、自分が申請する場合でも自分の戸籍謄本が必要だそうで。自分が母の息子なのか確認する証明になるそうで。
自分の戸籍は今月上旬に自宅住所へ移していたので、これは良い方向に働きました。そうしていなければ当日中の入手など出来ずで。(単車を過去の本籍地まで飛ばせば別ですが)

近くの小さな郵便局へ伺い、口座解約の事情を軽く説明して必要書類の記入へ。
これがなかなか面倒臭く。特に二番目の兄は既に他界しているので、相続権の関連で四人の子供達の名前まで記入する必要が。
他に事前準備が必要だったのは自分の戸籍謄本と母の死亡届でした。あとは本人証明が出来る免許証とか。
記入や窓口での確認も含めて、30分以上掛かったのですが、口座は無事に解約出来ました。
自分が受け取るつもりはなかった数万円と通帳は、母の形見な自画像の油絵の隣りにしばらく備えておこうかと。

帰り道、ふと思い出したことが。
今日はハロウィンだし、カボチャくらい頂いてみるかと。
煮物も好物になってしまった年齢の自分ですが、カボチャを購入するのは生まれて初めてで。
レシピは昨夜検索していました。
あれは砂糖を入れないと、あんなに甘くならないのかな?
スーパーで流れていたBGMは古いスタンダードナンバー「降っても晴れても」。
アート・ブレイキーの演奏の方がエヴァンスより何故か好きだったなぁと。
B級映画のエンドロールで流れたら丁度良さそうな一曲です。

技術的な質問

過去にハマったことはなるべくBlogの記事に残してきました。
LinuxのWebサーバーや、単車の修理やちょっとした改造等。
結構古い記事でも、アクセス数は未だに多かったりです。

自分自身も他の方の記事を読んで解決した問題が多かったので、なるべく記事に残すようにしています。
しかし、幾ら検索しても謎のままの問題が幾つかあったりです。自分で考えてもよく解らずで。
そういった場面で、旧2chの専門スレッドで尋ねることも過去に幾度かあり。
これが結構頼りになりまして。

とても優しく教えてくれる人も中には居るのですが、全く上から目線で教えてくれる人が多く。
まぁ言葉遣いが悪くても教えてくれるだけ親切ってもんで。
しかし、全盛期の2chに比べたら随分と寂れてしまった感です。

それより以前ですと、インターネットのニュースグループを利用していました。
ここはアカデミックな方が多く、礼儀作法にも厳しかった記憶です。昔のパソコン通信に近いというか。
技術系の質問については、社名まで判る大手企業の方からの回答も多かったりで。
しかし、ニュースグループ自体が既にほぼ消えてしまったらしく。
昔は、プロバイダーの各種設定一覧で、ニュースグループ関連も含まれていたのですが、何時の間に見掛けなくなり。

メジャーなBlogサービスや無料のホームページサービス上で貴重な記事を綴り続けてきた方も多かったのですが、そういったサービス自体突然終わってしまう事もしばしばで。
嘗てのYahoo!Blogやジオシティー等です。
勿論、中には移転先を見つけてコンテンツを継続する人も居るのですが、それを理由に辞めてしまう人も多く。
あとは、貴重な記事を沢山残していたものの何故か途中で更新が停まり、サービス終了も気付かぬまま消えてしまったり。

自分の場合は生きている限り独自ドメインでBlogを続けるつもりです。
Blogを採用する前の古典的なHTMLのホームページはほとんど封印してしまっていますが。
亡くなってしまった後はレンタルサーバーのデータごと消えてしまうのだと思います。
ただ、それは自然の理に叶っていそうですし。
その後にどうしても読み返したい人は、Internet Archiveに少しは残っているらしく。
と、自分もアーカイブを改めて確認したのですが、二十年前のとか読み返すと絶望的に恥かしく。
まぁ、若かったから許してと。

ハロウィンの事故

韓国で昨日発生したハロウィンの事故。これはちょっと怖かったです。
二十年ほど前に国内でも同様の事故が花火大会であり、あれ以来自分も気をつけていました。
特に幅の狭い道路で群衆に逃げ場が無い場合、危ない様子で。
そういった場合は近寄らない様に心掛けていて。
東日本大震災翌日の上野駅は外から眺めただけでも酷い群衆で。復旧するかどうか解らない電車、構内に入ったら危なそうだなぁと。

あと、嘗て暮らした都心の下町では毎年大きな祭があり、特に大神輿の宮入場面はかなりの群衆で。(本祭りは二年に一度でしたが、大神輿は例年登場)
街の撮影係だった自分はそんな場面に参加する必要があったのですが、境内での撮影場所は狛犬の真横と決めていました。
境内は広いので何処かしら逃げ場はありそうですが、どうしようもなくなった場合は狛犬を登れば助かるかと。
あまり距離を取っても迫力ある写真は撮れないし、どこら辺で妥協するかが迷いどころでした。

もうちょっと良い写真があったと思うのですが、探すのが面倒で。
当時の地元のお祭りは運営側の統制がしっかりしていたのでまだ安全安心な方でした。
少し離れた地域のお祭りは、前回の果し合い的な争いもあったりで、観に行くのも恐ろしく。
その辺の事情を知らずに担ぎに行ったり観に行ったりは、結構危険に思えます。
参道周辺がバリケードで囲まれているお祭りは、ちょっと危険かも知れません。

ハロウィンについては自分の若い頃に知名度の薄い行事で、自分は関わった機会がほとんど無く。
バブルの終わり頃に初めて就いた仕事がセキュリティ会社の緊急対処員、都心の支社に配属されて六本木の街中で初めてハロウィンらしきに遭遇しています。
深夜に裏通りへ入ったところ、道はちょっと渋滞気味で。猫の仮装をした白人女性の二人組が自分の車に寄ってきたので窓を開けたところ、頬にいきなりキスをされてしまい。
体格の良い黒人男性がその先の路上でノックアウトされたのか倒れていたり。
何だか不思議な体験でした。
当時はまだ六本木くらいでしか、そんなお祭りは無かったと思います。

話が少し逸れます。
電車の事故で復旧が何時になるのか解らない混雑とかも、恐ろしいものがありました。
95年頃の記憶なのですが、冬に突然の大雪があり、帰りのルートで迷ったことが。
当時、稲城の寮で暮らしていた自分は新宿の本社勤務で。仕事の忙しい時期だったものの、その日は定時で帰る社員が多く。
もうその時刻に雪は降っていて。

少し残業をして帰路に着いた自分はいつもの小田急線に乗ろうと思ったものの、既に電車もホームも大混雑。遅れも酷かったそうで。
何となく危なそうだと、京王線を使うことにしました。これは大正解で電車は通常運転でホームも車内も空いているくらい。座って最寄り駅まで移動出来ました。

翌日に知ったのですが、あの晩に小田急線に乗った人達は地獄を観たそうです。乗車中に何時間も鮨詰め状況が続き、大雪の深夜に途中駅で降ろされたそうで。
同じ寮で暮らしていた同期も被害に遭っていて、何時間も雪道を歩いて帰宅したそうで。
職場の上司も帰宅まで九時間掛かったそうで。電車に乗れ際は運が良いと思ったそうです。
何処かの駅では駅員が客に殴られたとか、ニュースになっていました。
ただ、今回の事故の様な死者が出ていないだけマシだったとは思います。

犬の散歩

気晴らしに江戸川の土手でも散歩に出掛けようかと家を出たところ、交差点で近所のお婆ちゃんと鉢合わせ。
斜め向かいの一軒家で暮らすお婆ちゃんは犬の散歩の途中で、目的地は同じらしく一緒に散歩することに。
壁に飾られた大きな絵画を外してほしいと以前に頼まれ、ご自宅に上がったことがあったりで、時々冗談も言い合える仲です。
小さなワンちゃんの犬種は謎なのですが、吠える場面は一度も見たことが無く自分が居ると足元まで寄ってきてクンクンと。

今日は小さなワンちゃんをもう一匹引き連れていました。娘さんが泊まりで遊びに来ているそうで、その娘さんのワンちゃんだそうで。
このワンちゃんはちょっと臆病なのか、すれ違う他のワンちゃんに対して一々吠えないと気が済まない様で。
二匹とも見た目はとても似ているのですが、どうしてここまで性格が違うのかちょっと不思議でした。

お婆ちゃんとも世間話を。
なんでも、役所から最近問い合わせがあったらしく。
遠い親戚が亡くなられて、残された不動産の所有者になってもらえないかとの話だったそうで。
固定資産税等の滞納は無かったそうで、資産価値もそれなりにはあるらしいのですが、譲り受けるにも親族との話し合いが必要だし、譲渡されたら税金も面倒そうらしく。
たまたま娘さんが訪れていたタイミングだったので、難しい話は娘さんにお願いしたそうで。

自分も七月に母を亡くしたばかりで、介護や葬儀までのドタバタや、その後の処理がまだ続いている件を伝えたりで。自分の場合は叔母に任せっきりなのですが。
一緒に散歩中のお婆ちゃんも母と同じくらいの歳だと思われるものの、日に何度も犬の散歩に出掛けているので足腰は丈夫そうですし、呆けてもおらず。
お婆ちゃんも数々の葬儀にこれまで参加されたものの、遺族の後処理は同じような流れが少なく、毎回大変だそうで。
二日前に気付いた住宅街の小さな墓地、その墓石に刻まれていた苗字がこのお婆ちゃんと同じだったので尋ねてみたところ、ご先祖さんのだそうで。
お婆ちゃんがここへ嫁いで来た時は、周辺は田んぼだらけだったそうです。
また、姑さんが古い人で「嫁は玄関から出入するな」と怒られがちだったと。
うちの母も兄嫁達には余計な真似をしてきたものの、更に古い世代は「おしん」もびっくりで。

結局、江戸川の土手まで上がらぬ平地コースを三十分ほどかけて。
近隣で幸せそうに暮らしている高齢者の方々も、色々と苦労を重ねてきたそうです。
一人暮らしのお婆ちゃんの割合が多いのですが、あんな大きな一軒家で暮らすのは大変だろうなぁと。
うちの母も、住み慣れた家からは最期まで離れたくなかったし、そういうものなのかな。

自分はこの土地に引越してきてまだ十年も経っておらず。
以前暮らしていた都心の下町の様に、地域活動を頑張っている訳でも無く。
なのに、近隣の皆さんからは親切にされています。
今時、こんな繋がりは少ないんだろうなぁと。
集合住宅暮らしの自分ですが、たまたま一階の小さな庭付きな部屋で、ヘンテコな園芸に失敗してばかりで。
周りも黙って観ていられないのかな。
ともかく、引越し先がここで良かったと今宵も思っています。

君は誰?

六日前の日曜日に蒔いた菜の花の種なのですが、普通であれば3~4日で発芽するそうです。
しかし、うちのは未だ発芽せずで。
今日はお昼時にそれらしきを発見し、写真に残そうと思ったもののマクロ撮影が得意なコンデジのバッテリーが上がっていました。
充電器も見当たらず、かなり小さなコネクターのUSBケーブルも何処へ行ったものか。

仕方ないのでスマホのマクロレンズで撮影したのですが、マクロ撮影ではAFが効かないらしく失敗作の量産状態。
被写体との距離が数センチに固定されていないとピントが合わない仕様らしく。
やっと使えそうな一枚をTwitterに。

しかし、投稿後にGoogleで菜の花の発芽画像を検索したところ、葉の形状が明らかに異なり
自分が菜の花だと思った小さい葉は恐らく別物っぽく。
君は誰?

ここ数年、ヒマワリくらいしか育ててこなかったので、今回の種蒔きは後から考えると出鱈目なものでした。
だいたい、ヒマワリの発芽はとても分かりやすく。縞々の殻を被ったまま土から顔を出すので間違いようが無く。

後から調べたところ、菜の花の種は土を僅かに掛かる程度で良いそうで。自分は5cmくらい植えてしまっていて。
要は最初から間違っていました。
小さな種はまだ沢山余っているので、もう一度撒き直した方が良いのかな?
発芽には20℃くらいの気温が必要そうです。今からならまだ間に合うかも知れず。

自分はどうしてこんなことにムキになっているのか、自分でも可笑しかったりなのですが、種蒔きから開花までの成長を見守るのは、楽しいもので。
育てている本人の生活習慣も正される感でして。
引越前のマンション屋上で育てたヒマワリは、けっこう手間が掛かりました。あの屋上に蛇口は無く、毎朝毎晩数リットルの水を階段から運ぶ必要があり。
傍から見たらとても馬鹿げた日々なのですが、本人からするとこれが結構面白く。
物理系の自分としたら、物を作るのは最期まで人の労力が必要なものの、植物については途中から自力で何とか上手く行ってしまう傾向で。人が少し手助けする程度というか人なんて伴走車みないなもので。

追記:
結局、一からやり直しとしました。

記憶違い

FT8の申請から開通まで、記憶違いがあった様です。
自分は昨年の11月から運用していたつもりだったのですが、Blogを読み返したところ。
・2021/11/22 電子申請(デジタルの追加)
・2021/12/10 電子申請が通過
・2021/12/10 何故か3.5MHzで初交信
・2021/12/13 eQSLをオリジナルデザインに変更
・2021/12/18 北米と初交信

こんな流れでした。
FT8の運用開始時は21/50MHzのダイポールアンテナを利用していたものの、給電点が壁から近かったり、地上高も低過ぎたりで性能を発揮し切れなかった様です。
その辺が落ち着くまで右往左往でしたが、ローカル局に資材を頂いたり給電点の改善向けなポールを自作して頂いたりで、かなり使えるアンテナになりました。

実際、よほどコンディションが悪く無ければ、時間帯さえ合っていれば毎日の様に北米もヨーロッパも交信可能な環境になりました。
初めてイタリアやアルゼンチンと繋がった時は、かなり感動したものでした。うちのこんな貧弱な設備でもこんなに飛んでくれるんだなぁと。それも50W程度で。
一生無理かと思っていたアフリカも数局と交信出来ましたし。
南極はあと一歩まで近付けたのですが、よほどコンディションが整わない限り難しそうです。パイルでは必ず負けてしまいますし。
このマンションの隣りにあるローカル局のタワーとアンテナを観てしまうと、うちの小さな庭のアンテナは玩具程度にしか観えないのですが、見た目以上には頑張ってくれています。

QRZ.com上の交信国は現在97ヶ国、LoTW上のDXCCは現在87ヶ国です。
FT8を始めるまでQRZ.com上では10ヶ国も交信出来ていなかったと思います。海外はSSBの音声で英語の遣り取りでしたし、面倒臭く下手な発音も恥かしく。

PSKreportでローカル局の交信状況を確認したところ、ここ数日ほとんど電波を出していない様子。
生存確認を兼ねて、いつものチャンネルで呼んでみたところ、ちゃんと応答がありました。
なんでも、先日のジャンク市で入手した何かで色々と製作しているとのことでした。
まぁお空のコンディションもあまり良くないので、正解です。
ローカル局は自分より数週間遅れでFT8を始めたものの、既にDXCCも余裕で100ヶ国を超えています。やはりアンテナの差は大きい様子です。

それにしても、無職期間に入る前に無線設備を揃えていて助かったとも思っています。
勿論、仕事も並行して探してはいるのですが、何か趣味でも無ければ毎日時間の潰しようも無く。
いま利用している設備もゼロから揃えようとしたら二十万円以上のイニシャルコストが掛かってしまいますし、これを揃えた十年少々前でしたら半額くらいで済みました。
FT8を始めなければオブジェと化したままでしたし、試しに始めてここまでハマると思ってもおらずで。
まさかHFにSSBの変調で海外がここまで身近になるとは思ってもいませんでしたし。
自分の場合は仕事やプライベートで結構色々な国に行けていたので、人が移動するにはあれだけの時間が掛かったのに、電波ではほぼリアルタイムなんだなぁと。
インターネット経由の通信でしたら、何てことの無い当たり前で確実にコミュニケーションが取れるのですけれど、途中何の機材も介在せず電波でダイレクトに繋がるのは、やはり面白味を感じまして。

科学者というよりは実験者だったマルコーニも海洋上でHF帯の電波を色々と試し、まさかここまで届くとはと驚いたそうで。
何処まで距離を延ばせるか試しても、幾らでも飛んでしまったらしく、途中で船を引き返したそうで。
そんな経験が元になり、船舶通信の会社を立てて一儲け出来たそうで。
その航海の気分、自分も何だか解る気がします。