避暑地

昨夜のこと北海道の叔母からメッセージが届きました。
叔母は母の世話で実家へ訪れていたのですが、母の容態が急に悪くなってしまったそうで。
昨年の認知症発覚後、癌も見付かった母の余命は半年と言われていたのが、昨日の時点であと数週間と診断されたそうで。
一度帰ってきてほしい旨の連絡でした。見舞いになるのか葬儀になるのか。

覚悟はしていましたが、予想より早く。
いまの自分は無職の身ですし、時間的には余裕があります。
再就職直後にこうなってしまうよりは、マシなタイミングです。
メッセージに気付いたのは深夜のことで、起してしまっては申し訳なく今朝返信しました。
数日程度になりますが、来週帰省することにしました。

これまでも少し話題に出していたのですが、コロナワクチンの三回目接種後に急に癌が見付かった身内とは、札幌で暮らす兄でした。
兄の癌もかなり進行しているらしく、来月初旬に四ヶ月の入院予定です。
こんなことが重なるとは。最悪、どっちが先に?と考えてしまったりでした。

既に他界した兄も札幌で暮らす兄も十年以上前に母とは縁を切っていて、今回対応出来るのは自分しかおらずです。
母については自分もかなり困らされた過去があるものの、三人の息子全員から縁を切られるのは気が引けました。
冷めた目で見つつも繋がりは残していました。
母子家庭で育った幼少期に見捨てられなかっただけでも、幸せかも知れないと思ったり。
ニュースで子供の虐待事件を見掛ける度に、まだ自分の方がマシだったんだよなぁと考えてしまいがちで。

叔母も体調は良くない状況なので、母の世話は数日の予定だったそうです。しかし、母の容態の急変で帰れなくなった心境で。
これまでも叔母には散々世話になってきた母、母は叔母にも迷惑ばかり掛けてきたのに。
最期までこうなってしまうとは。
逆の立場だったら、母は叔母を見捨てていたのだと思います。それくらい、自分のことしか考えていなかった晩年の母で。

悪い思い出ばかりでは無かったので、帰省前までには幾つか発掘しておかねば。
認知症であっても昔の思い出はしっかり覚えているそうなので。

やはり不味かったのか

ここ数年、特にコロナ禍では自炊の機会が増えていました。
自分はイオン系の「まいばすけっと」を利用しがちで。
モノによってはかなり安いのに十分美味しく。
しかし、どう調理してもそのままではとても頂けないレトルト食品もありました。
スパゲティのソース類やカレーです。

麺類については、やはり美味しくないモノもあったのですが、これは自分の茹で方の問題なのかと茹で時間を変えてみたり、シメ方を変えてみたり。
スパゲッティについては、これでかなり改善する場合もありました。
しかし、素麺だけは全くどうにもならず。

トップバリュの素麺は一食単位で束ねられており、大食いな自分は二束茹でるのですけれど、最初から美味しく無く中盤からは苦痛でしか無く。
結果的に残すこともしばしば。。

そして、今朝見たニュース記事では、同じ問題を扱っていました。
SNS上では「トップバリュの素麺をボロクソにこき下ろす」内容も少なく無いそうで。

たまたまなのですが、数日前に別のスーパーで安売りしていた素麺を普通に頂いてみたところ、これがなかなか美味しく。
今回がたまたま美味しかったのではなく、トップバリュのは不味過ぎた様子です。

また、トップバリュの製品でもランク付けで色分けされていたそうで。
これは考えたことも無かったです。
次回からはネットの評判をチェックした上で購入してみようかと。
冷凍の餃子も残念度高かったですし。

僅かの値段差で十分美味しい商品があるのでしたら、やはりソレを購入した方が幸せってもんで。
それでも外食するよりは全然安いのですし。
業務スーパーについても、チェックが必要そうです。

カレーについては、市販のルーを購入して普通に作った方が絶対に美味しいのですけれど、夏場に作り過ぎてしまうと衛生面がちょっと怖く。たぶん、三日も持たないかと。
シチューも同様なのですが。
しかし、トップバリューのルーについてはカレーもシチューも悪く無い感じです。
基本的に手間が掛かる料理の方が美味しいのでしょうネ。

エアコン点けっ放し

この三日間、エアコンを点けっ放しです。
まだ六月というのに、これで良いのか?と思いつつ。
しかし、停めてしまったら室温は30℃越えになりそうですし、やむなく。

こういった日は、昔なら近くの屋外プールに向かったものなのですが、この頃の屋外プールは何処もヌルく。
学生時代のそれはヒンヤリと冷たささえ感じて、気持ち良かったのですが。

最後に屋外プールへ伺ったのは一昨年でした。
コロナ禍の最初の夏だったものの、近くの公営なプールはちゃんとオープンしていて。
役所など、こういった場面でリスクを取らない傾向ですが頑張ってくれたなぁと。
しかし、やはりヌルいプール。まぁ文句は言ってられず。

仕方ないので、水シャワーを日中から浴びてみました。
これがやはり気持ち良く。
流石は真夏日だけあります。

水色のワゴン

ここ数年、昔の日本のシティーポップスが再注目されているそうです。
火付け役はアジア方面だったそうで。
当時自分も耳にした記憶があるものの、誰が歌っていたのか謎な曲も発掘されているらしく、宝の埋まっているYoutubeは改めて便利な存在なんだなぁと。

夏場に自分が聴きたくなる一曲はハイ・ファイ・セット「水色のワゴン」です。

メロディーもコーラスも詞も全部美しく。
古い仲間とは近くの海に行ったもんだよなぁと。

残念ながらこのコーラスグループの曲はYoutubeにアップロードされると短期間で消されてしまう傾向で。
グループ自体も、解散後に元メンバーの一人が強盗事件に関わってしまい、再結成は困難な状況に。更にその後メンバーの一人が他界。
バンドの解散後に仕事が無くなり大変な状況に陥ってしまうメンバーは世の中山の様に居るらしいのですが、かなり残念なケースというか。
ましてこんな健全な曲を残していたのに。

大学時代からの友人でその後に結婚した二人とは現在でも連絡を取り合っています。
特にコロナ禍で週に一度はメッセンジャーで生存確認状況。
話題が無ければ互いに「コマネチ!」の一言のみだったり。二人の娘さん達もコマネチは好みだそうで。

その奥さんであるMちゃんがコロナワクチンの二回目接種以降、体調が優れないそう。
副反応も相当酷かったそうなのですが、その後は倦怠感と不整脈。
最近は「もの忘れ」が辛いそうで。
そういえば、話が噛み合わない場面が最近幾度かあり。

検索してみたところ、ワクチンの後遺症の中に「もの忘れ」も含まれていました。
ちょっと心配になり、久し振りに電話してみることに。

会話の始まりは、上手く噛み合わなかったものの、その後はちゃんと会話になったので一安心。
何でも、完全に忘れてしまうワケでは無く、ヒントがあれば全部思い出せるそうで。
思い出の引き出しが開き切らない様で。

旦那さんの母親が認知症で大変だとも聴きました。
うちの母と同じ症状で、大昔のことはやたらと覚えているのに五分前の会話を綺麗サッパリ忘れていて。
うちの母の場合、会話が噛み合わなくなると怒り出してしまい、これがなかなか大変で。
自分は何歩も譲っているのですが、それでも怒ってしまい。
「自分が間違っているかも知れない」といったスタンスが全く無さそうです。これは今に始まった問題で無く。
やはり、日頃のスタンスは将来的にも大切なんだよなぁと。
相手より優位に立ちたいスタンスは生まれながらなのか、どうにも生涯抜けない気がします。
結果的に母に友人知人の類は一人も残っておらず。

Mちゃんに「もの忘れ」の件を指摘すべきかは、自分もちょっと迷えました。
相手によっては怒ってしまうかもで。ただ、お互い言い難いことを敢えて伝えられて助かった場面は過去に幾度もあり。
その辺は余計な心配でした。

娘さん達もあと数年で、当時自分達が知り合った歳にになるんだよなぁと。
良い友達を一人でも残してほしいです。沢山はいらないから。

集合住宅のアンテナ

昨夜のこと、21MHzと18MHzのFT8でジンバブエと交信しました。
それなりのパイル状況だったので、無駄かと思いつつ呼んでみたところ案外あっさりピックアップして頂けました。
そして、こちらの信号は意外に強く届いていました。アフリカはこれで三ヶ国目でしょうか。
コロナ禍に無職で楽しめる趣味に、FT8なアマチュア無線がかなり活躍してくれた半年少々です。

昨年の暮れ頃から始めたFT8、季節によって開ける時間帯が随分と変るものだなぁと最近思っています。
夏場の方が飛びやすいのかと思っていたら、それほどでも無かったり。
あと、上級免許しか出られない14MHzはもっと遠方が聴こえるものかと思っていたのですが、コンディション次第では21とか18MHzの方が聴こえてきたりで。
これでは上級資格の意味が無いよなぁと思えたりです。自分は3級の免許しか所有していいないのですが、これで十分に思えてしまい。
実際50W出力でも電波障害は若干ありまして、これ以上の出力は望んでもいませんし。

Twitterで他の局長さんの運用状況をチェックすると、タワーにビームアンテナを乗せられている方はやはり無敵に近い様子です。
自分のアンテナでは全く聴こえもしない海外の局と交信していたり。まぁこればかりは仕方が無いのですが。
ただ、マンション1階というロケーションの中では、自分のアンテナはかなり頑張っている方にも思えます。
バルコニーがある分、アンテナの長さだけはそれなりに伸ばせられるのと、限られた敷地内で目一杯長いアンテナを設計したのは結果的に意味があった様です。
バラン以外の部材はローカル局さんから頂けたものばかりですし、ほとんどお金が掛かっておらず。

以下はうちのダイポールで交信出来た地域や、その特性です。(全てFT8)

【7MHz】
アジア、オセアニア、北米、南米。
50MHzのエレメントの先にトラップコイルを付け、短縮率50%くらいのエレメント。冬場の夜はハイバンドが静かなので、そのタイミングではメインなバンド。国内交信だけで構わないのなら1Wの送信出力で全都道府県カバー出来ると思います。しかし、短縮率が高い為、使えるバンド幅はかなり狭いです。FT8だから許される仕様。雨が降ると中心周波数が大幅に下がり、手動のアンテナチューナーで合わせています。

【18MHz】
アジア、オセアニア、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ。
28MHzのエレメントの先にトラップコイルを付け、ほぼフルサイズに近いエレメント。
21MHzより開けている時間は長く、飛びは21MHzと大差無し。雨にも強し。

【21MHz】
アジア、オセアニア、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ。
フルサイズのエレメントで自分のメインなバンド。モノバンドで行くなら21MHz一択。18MHzよりエレメント長が僅かに短いので、それも集合住宅向けかと。
フルサイズですのでバンド幅はそれなりにあり、音声通信も可能です。

【28MHz】
アジア、オセアニア、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ。
フルサイズのエレメントでたまに利用するバンド。
季節によって癖があり冬場は静かですが、夏場は時間帯によって21MHzよりも元気。

【50MHz】
アジア、オセアニア。
夏場の開けている時間帯にはヨーロッパを呼ぶJAのパイルが見えますが、こちらからヨーロッパは全く見えず。タワーにビームが無いと難しそう。高層階なら何とかなるのかも。

元旦の深夜の雪でダイポールの調子が悪かった際、試しに使った5バンドのモービルホイップ、この7MHzで北米と繋がったのは驚きでした。

過去に幾度か綴りましたが、屋外型ATUは試した結果が残念でした。同調したアンテナには敵いません。下手をするとモービルホイップにも負けるかもです。
雑誌では特集されがちな魔法の箱ATU的な扱いなのですが、最後の最後の手段と考えた方が良さそうです。
リグからすればSWRが下がりますが、エレメント上では送信時にATUの有無は関係無いハズです。例えばATU無しでSWRが4の場合、エレメントから放出される電波は64%くらいかと。SWRが6ですと49%しか放出されません。
また、アースやカウンターポイズの扱いでハマる可能性も大です。

集合住宅の小さなベランダでアンテナを設置するのであれば、自分でしたら市販の多バンドなV型ダイポールを選びそうです。
短縮率が高いので調整はかなりクリティカルだと思いますが、NanoVNAがあればかなり楽に調整可能かと思います。

若しくは市販のバランを利用し、先ずはモノバンドのダイポールを製作するのが良いと思います。
短縮率50%の21MHzなダイポールでしたら、両エレメントで4m未満ですし、工夫すればベランダにも何とか収まるかと。
何れにしてもNanoVNAがあると、何かと重宝します。
しかし、こればかりはその環境で試してみない限り結果が分からなく。給電点やエレメントの末端が建物から少し離れるだけで、SWRだけでも結構違いが出たりで。

費用対効果で考えると、やはり自作ダイポールをNanoVNAで追い込むのがオススメです。
手間と知恵が必要ですが、やり甲斐はあります。

布団干しとシーツ洗濯と

久し振りの好天で、久し振りに布団干しとシーツの洗濯と。

皆知っていた歌

小学生の頃まで、同級生に悪いことが見つかってしまうと、必ずこの歌による応酬が待っていました。
「いーけないんだーいけないんだー 先生に言ってやろう♪」。
これを聴くと、初めてそこで「やらかした」と気付くもので。

大抵悪さをするのはアホな男の子で、これを歌い出すのはちょっと性格の悪い女の子達で。
実際、これを歌われた後はこっぴどく怒られたものでした。現行犯なので歌われた時点で、既に判決みたいなものです。
この歌について検索してみたところ、全国的に存在するそうで、地方毎にバリエーションもあったそうで。

中学の部活でも、幼馴染の近所の女の子からは幾度か歌われてしまったものです。
幼少期からの失態を握っている女の子だったもので、毎度立場が悪かったです。
まぁ悪いのは自分なのですが、待ってましたとばかりにそれを歌い出す奴等も意地悪なもんだなぁと。

しかし、あの歌はどうやって子供達の間で受け継がれたのだか。
公園の砂場で三輪車を引っ繰り返し「お芋屋さんゴッコ」をしたのも、地域色があったそうです。あれの何処がお芋屋さんだったのか、謎めいているのですが。
そういえば、最近どちらも見掛けないし聴かないなぁと。