ベールに包まれていた二郎

昨夜、ラーメン二郎の創業者である山田拓美さんのドキュメンタリーが放映されました。
メディアの取材をほとんど拒否してきた山田さん、テレビ放映の噂は暫く前にTwitterで知っていたのですが、関係者の証言程度で終わるものかと大した期待はしていませんでした。
しかし、それは全くの見当違いで、ホンモノのドキュメンタリーでした。
あの番組の放映までには、スタッフの努力も相当なものだったと思います。
しかし、何故か深夜枠の関東圏のみの放映。ラーメン二郎は既に関西から北海道まで展開していますし、関東圏以外でも観たい人は少なくなかったろうなぁと。
何より、他のラーメンとコンセプトというか作りが全く異なるラーメンだと自分は思っていますし、異端児の誕生から成功までの流れを創業者本人が語る僅かなチャンスは貴重でして。

自分がラーメン二郎を初めて頂いたのは二十年近く前。三田本店でした。
大食いの自分、普通の感覚で「大豚、全部マシ」を注文したところ、目の前に現れた丼に度肝を抜かれました。
柔道の組手で、握った瞬間に負けたと思える感覚で。
実際、半分ちょっと食べた時点で撃沈しまして。量も凄かったのですが、味がまた独特で。
二度目に伺った際は「小のにんにく」でしたが、これも完食ならずでした。(迷惑行為ですし、非常に恥でもあり)
自分には合わないラーメンと片付けました。

その後に引越し先から近かった神田神保町店を知り、何の期待も無く頂いたところ、これがとても美味しく。
量は三田本店よりも多いくらいだったのですが、最後まで美味しく頂けてしまい。
それからはドツボです。多い時は週に四杯頂いていました。
ただ、入店待ちの行列は毎度長く、一時間半の待ちなど当たり前で。
あれだけ繁盛していた店舗でしたので、自分のことなど覚えちゃくれないだろうと思ったのですが、これも数回伺った時点で自分のトッピングを店主は覚えていてくれて。
頭の良い店主だなぁと。

店主も助手さんも小型の単車で通勤していました。当時の自分は古いVespaに乗っていて、冗談も飛ばせる間柄になってから、助手さんの希望でVespaの鍵をお貸ししたりも。

その後は仕事の出先で、様々な二郎の店舗にも寄らせて頂きました。
店舗によって、けっこう味が違うものだなぁと。出先に同行してくれた女性社員とも一緒に頂いたり。
そして、久し振りに頂いた三田本店の味も、やっとちゃんと味わえたりで。これがオリジナルなのでしょうけれど、やはり癖が強かったんだなぁと。

昨夜のドキュメンタリーは、何となく作った構成では無かったです。山田さんの本音も随所に表れていました。
例えばインスパイア系というか亜流店への思いについても。
繁盛してから暖簾分けに至る話は初めて聴けましたし。

ここに至る前の経緯は、昭和の終わり頃の慶大生のインタビュー記事で存じていました。
学生さんはその後に立派なホテルの支配人になり、ホテルのホームページの片隅に、その記事をちゃっかり載せていたり。
コロナ禍の影響もあってか、残念ながらその立派なホテルは数年前に閉業しています。
あのインタビューは優秀な学生さん(齊藤滋久氏)だったから聴き出せて文字起しも出来た部分はあるんだろうなぁと思っていました。
しかし、二つの元号を跨いで更に歳を重ねた昨夜の山田さんの言葉を聴くと、山田さん本人も相当頭の良い人だと思いました。
優秀な学生さん達の言葉に耳を傾けられる人柄が無ければ、美味しいラーメンを提供出来ても、こうはならなかったんだろうなぁと。

ホテルは無くなり、記事も読めなくなったのですが、インターネットアーカイブ上では閲覧可能なので、ラーメン二郎が好きでしたら一読の価値はありそうです。
ちょっと長い記事ですが、平凡な口語体で一気に読めます。実に味わい深く。
二郎インタビュー

昨夜は寝ている間の録画だけのつもりだったものの、結局ビデオを経由する前に観てしまいまして。
Twitterでの反響も大きかったです。あれだけ反論の少ないTweetも珍しい感です。
丁寧なドキュメンタリー製作と、記録を残すまでのスタッフの努力に感謝します。

CQ誌を読んできた

今月号のCQ誌がFT8の特集だそうで、隣駅の本屋さんで内容が良ければ買ってみようと思って伺ったのですが、生憎の売切れ。
せっかく金町駅まで来たの、三浦家さんのラーメンを一杯。
その後に図書館へ寄ってみると、CQ誌はちゃんとありました。

10分未満の斜め読みの感想ですので、見落としは多そうですが。
これからFT8を始めてみようと思う方のイメージトレーイングにはなり得そうです。ただ、この一冊だけで挑戦するのはちょっと無理がありそうでした。
まぁ、自分の様にWebの情報だけで何とかなってしまう方も多いですし、細かいところはWebで検索が前提かも知れません。
あと、既にFT8を運用している方にとっては、特に真新しい情報は少なそうでした。応用編というよりは初歩編でしょうか。
悪く言ってしまうとどっちつかずというか。一番良いのは既に運用されているOMさんに設定からオペレーション方法まで教わるのかと。

ただ、実運用の例で幾つかのアンテナ設置例があり、これは参考になりました。
特に集合住宅といった限られた条件下でのHFのアンテナ設置はアイデアが色々と重要で。
短縮率の高いアンテナは使えるバンド幅が狭いものですが、FT8用と割り切れば無問題で。下手にATUでSWRを落とすよりは、チューニングされたアンテナの方が飛びは段違いで。
自分が参考になったアンテナは、一軒家の狭い庭にバーチカルアンテナを立てた例でした。やはり、カウンターポイズがキモだそうで。筆者の方も数十本広げているそうで。
また、コンディションによっては八木アンテナよりもこのバーチカルの方が耳が良かったりだそうで。これはちょっと意外でした。
ただ、自分の場合はアースを気にしなくて良い5バンドのダイポールアンテナが既に設置済みなので、あくまでも参考程度です。
将来的に実験してみたいとは思います。

これからFT8を始めてみたい、アンテナ設置条件の限られた方には都合の良い今月号なのかなと思いました。
今月号の特集については、ローカル局さんにも伝えていたのですが、ローカル局さんもFT8は既に十分使いこなしていて、立派なタワーもお持ちなので、図書館で斜め読み程度で良いのかも知れません。
しかし、昔は五百円で買えたのになぁと。当時は広告欄も多く、電話帳くらいの厚さがありました。

SR400とか

昨年絶版車となったヤマハのSR400が相当な人気だそうで、プレミア価格も。
まさかな単車ブームは旧車や絶版車にも及んでいるそうで。物価上昇も伴い新車もやたらと高価になっているのですが、それ以上に単車の人気で生産が追い付かないそうで。

SR500には大学生時代に少しだけ乗らせてもらったことがあります。ただ、自分は中型自動二輪しか免許を持っていないので、大学の敷地内での話です。(厳密にはこれも問題ありそうですが)
乗ってみた感想としては、ともかく振動が凄く、それはアイドリング時点でも。長距離ですと信号待ちの度に無駄に疲れてしまいそうです。
あとは、曲がらないこと。ともかく真っ直ぐ走ろうとする車体でした。
500ccシングルのトルクは太く、エンストはあり得ない感でしたが、高校生時代に乗ったザッパー(650cc)の様な感動も無く。あの時は原付免許しか所有しておらず、同じ感覚でクラッチを繋いだところ、車体はウイリーして死ぬかと思いました。(スーパーの駐車場での試乗でした)

見た目については今でも特別好みではありません。
ただ、当時の車両価格はSR400が丁度40万円程度で、その安さは魅力的でした。(なんと、現行の125ccなカブより安い)
また、当時のモデルは前後がドラムブレーキで、この造形がなかなか美しく。ひょっとしたら日本一ドラムブレーキが似合う単車かと思えるほど。
ともかく、自分で購入しようとは思えない単車で。
せっかく車検の必要なクラスに乗るのなら、もっとパワーがあって乗りやすいとか速いとかいったモデルを選んだかと。

その後にレーサーレプリカな流行りが廃れ、単車の評価基準が随分と変わった様です。カワサキがゼファーを発表した辺りから。
ゼファーは素直にカッコイイと思えました。これならアリかなと。
SRの良さは、鼓動感だとかデザインだとか語られていました。後のモデルで少しは何かが変わったのかな。

単車を複数台所有するなら、一台持っていても良いのかも知れませんが、どの単車も満遍なく乗るという選択はなかなか難しく。
自分の場合、初めて四輪を購入した後は単車に乗る機会が極端に減ってしまい。
四輪と単車でもこんな状況でしたから、単車の複数台所有など、かなり偏ってしまいそうです。
実際、大型バイクを購入したら大きく重い車体の取り回しが面倒で、小さなスクーターしか乗らなくなった人も少なくなく。
現在所有のビッグスクーターも図体はデカく重く、ハンドルの切れ角も浅く、取り回しには泣ける部分があります。
それでも、無理してでも二週間に一度は真冬でも乗る様にしています。それ以上の放置は劣化を早めてしまうので。

単車の大型免許が教習所で取得できるようになってから、400ccという日本独特のクラスは人気が薄れたそうです。
どうせ車検があるなら、もっと大きな単車をといった流れで。
実際、400ccクラスの単車は新車も随分減った感です。このクラスまで車検不要にでもしなければ、廃れてしまいそうでもあります。
ただ、車検をずっと通してきた車体は、古い単車でもコンディションが比較的良い傾向もある様です。車検の不要なクラスですと放置されたままで腐ったようなコンディションも少なくなく。

単車に限らずですが、四十年前に街角であれだけ見掛けた人気車種を最近は全く観掛けない感です。三十年前のでもレアで。
そこまでレアになる前は、タダの様な値段で取引されていたりで。それが、四輪も単車も旧車ブームだとかで、当時の大衆車さえとんでもない値段になっていたりです。
あのまま所有していたら、一儲け出来ただろうなぁと思える車体も。
EVへシフトしてゆく未来が近いのですが、化石燃料で走る乗り物は、その時にどんな扱いになっているのか、ちょっと興味深いです。

猫の面倒とか

同じマンションで暮らす少し年上の女性が、保護猫活動のボランティアをされています。
何のキッカケで話をするようになったのか思い出せないのですが、道端で会ったりすると、世間話が続きがちで。
これが新鮮な話題も多く、ちっとも苦にならず。
住宅街ですれ違ったついで、地域猫の出没地の巡回にも付き合ったことがあったりでした。この散歩がまた新鮮で。
他にも、未去勢の猫の捕獲に付き合ったり。これも偶々でした。

しかし、この頃見た目に変化があったのか、この女性に気付かないタイミングが多く。
コロナ禍のマスクのせいもあるのですが、相手から会釈されて「誰だったかな?」と。ちょっと間を置いて気付くこともあるのですが、女性曰く気付いていないことの方が多いらしく。
自分も呆けてしまったのであろうか。

二日前のこと、ベランダでイップクしていた際に、気付いていない件を歩道から指摘されてしまい。
何だかよく分からないのですが、思ったよりそこら中ですれ違っているらしく。
その後、久し振りに江戸川の河川敷へ気分転換に。夕暮れ時の土手の階段を上り切ったところで、これまたあの女生とバッタリ遭遇。
流石に笑えました。

SUKIYAKI:またしても。
女性:あはは。
SUKIYAKI:何やってるんですか?
女性;猫を観てきたの。
SUKIYAKI:自分も観てみたいので、もう一度参りませんか?

河川敷から、水辺の辺りまで五分程歩くと、ホームレスの小屋に辿り着きました。
この小屋で猫は暮らしているそうです。
居住者だった人は数年前の台風で別の場所に移動したそうで。
あの台風は土手の決壊も心配されるほど水かさが増していて。
なのに、何故建物が残っているのか聴いてみるべきでした。
基本的に防水シートで骨組みを覆っただけの建物なのですが、ドアは案外しっかりしていて。
元々建築関連の仕事でもしていた居住者だったのか。
小屋の周りには、鍋とかが幾つか散乱していて。スパゲティを茹でるのに丁度良さそうな深い鍋も転がっていて。
ちゃんと洗えば十分に使えそうでしたし、持って帰りたいくらいで。
天変地異が訪れたら、こういった生活の人が一番強そうですよねぇ、などと無責任な会話をしつつ。

帰り道にコロナの話題になりました。既に空は真っ暗で。
ワクチンを打ったのか聴かれました。
テレビのニュースでは接種率が結構高く、自分は少数派なので、相手によっては回答に躊躇してしまうかもなのですが。
まぁ世間話も楽しい方なのですし、そんなことを聴いてくる方は少ないので素直に答えました。

自分はまだ一度も接種しておらず。単なる無精も半分、あとは心配も半分で。仕事をしていて、会社がそれを強要するなら打ったとは思います。
女性は意図的に打っていないそうで。やはり心配だそうで。
どうして打たなかったの?と聴かれ。

間違った持論かも知れませんが、あんなに短期間で開発できると思えずだったり、過去の薬害エイズや、枯葉剤、化学薬品の被害がずっと後になってから判明したり。あと、サリドマイドも。
別に、自分だけ薬害に遭ったのならまだマシですが、生まれた子供に障害が出たら申し訳なくもあり。
これから子供を作ることは無いと思うのですが、出来てしまう能力はまだ十分に残っていて。

女性も同様の心配をしていました。
余計な解説になりますが、この女性は旦那さんも娘さんもいて、間違った関係にはなり得ない方です。

しばらく前まで通っていた歯医者さんの先生も、ワクチンについては懐疑的で、同様の質問をされて同様の回答をしたら喜ばれていました。
自分などよりも、薬品の知識は遥かに豊富で、その危険性もかなり意識している先生で。
大っぴらには活動出来ない立場の中で、さり気なく訴えている様子でした。

自分の場合は人体に直接触れる薬の知識など全くと言っていい程無く。ただ、工業製品の洗浄剤としてかなり効果のあった化学薬品が原因で、内臓の癌が多発した経緯を知っていて。
因果関係が判明したのは数十年後。仕事でたまたま知った次第です。あれは、匂いを嗅ぐだけで呼吸困難とか眩暈(メマイ)にしばらく陥る「ジクロロメタン」で(以前扱った題材ですが)。
印刷工場でインクの汚れ落としには、過去に多用されていたそうです。
化学製品の分析領域では、ターゲットの分離な前処理に未だ利用されていまして。
その危険性を知った上で使っているのならまだしも、研究や教える立場の方でも知らなかったりな場面もあり。
化学を専門としている方でも、有機か無機かで得意不得意はある様子です。分析装置の単なるサービスマンだった自分の方が、満遍なく知っている事もあった様子で。
ワクチンといった薬剤と、工業製品向けの薬品に違いはあれど、毒か否かの判定は数十年後に判る例が少なくなく。

まだよく分からない状況で、子孫を残せる世代に接種というのはリスキーだよなぁと。
恐らく、そんなことは無いと思ってもいるのですが、何らかの障害を持って生まれてくる子が増えてしまうような将来がちょっと心配です。
国は、それによる障害を保証しているそうですが、過去の経緯をみても、認定までに恐ろしく時間が掛かり。
予算が無尽蔵にあったのならそんなことは無かったのだと思いますが、原告がある程度少なくなった時点で認めるパターンが少なくなく。

だからといって、打つな!とは言いません。打たない方が短期的にリスク高いかも知れずで。自分が気になるのは長期的なリスク、世代に跨るリスクで。
自己判断の世界です。
ただ、過去の薬害はちゃんと知っておくべきだと思います。特に推奨する立場の人は説明が必要かと。
多くの人は、そこまで心配していないでしょうし。

Bohemian Rhapsody (3)

昨夜のこと映画Bohemian Rhapsodyがテレビ放映されていて、最後まで観てしまいました。
テレビ放映は今回が二度目だったのですが、初回はそれを知らずに、途中から観ています。まぁ、ライブエイドのラストシーンが観れただけでも良かったです。

自分は四年前にこの作品を映画館で観たのですが、複雑な思いが残りました。
期待し過ぎたから思ったほどでも無かった部分であったり、ソロデビューの場面はもっと手短でも良かったのではと思えたり、各地のツアーも最低限で代表的な場面だけで良かったのではと。

そして、オッサン同士のラブシーンがどうにも苦手で。フレディの場合はバイセクシャルでしたが、完全なゲイが女性を受け入れられない様に、自分の場合はセックスの対象として男性は受け入れられずで。
差別のつもりは無いのですけれど、受け入れられない対象が別なだけでして、それを好む人を否定まではしていません。
そんな場面も、リアルなキスシーンまで入れる必要があったと思えずです。別の表現方法は無かったのかな?と。

昨夜の放映はCM無しなのに結構な時間枠。恐らくノーカット放送だったと思えるのですが、映画館で観た自分の記憶とちょっと違っていました。
エイズで体力の衰えていくフレディな場面があった記憶なのですが。何か別のドキュメンタリーの場面と自分は勘違いしているっぽいです。
あと、劇場では気付かなかった場面や展開もチラホラ。一度観ただけじゃ分からない作品の一つの様です。
近年の映画の傾向なのですが、大事な場面の展開が早過ぎて、脳内処理が追い付かなかったり。特にアクション映画がこの傾向で。
「昔の600万ドルの男」みたいに、高速で走る場面を敢えてスローモーションで表現するくらいの気遣いがあったらなぁと。
Bohemian Rhapsodyについては勿論アクション映画では無いものの、展開の早過ぎる場面が幾つかありました。

そして、あのラブシーンは今回も苦手でした。
恋人と一緒に観るなら構わないのですが、親子ではキツい気がします。
ただ、あれが女性同士だったら許せてしまえそうなので、自分のエゴも入っているんだろうなぁと。
自分が映画館で観た際は、平日日中だったのもあり、お年寄りのお客さんが多く。シルバー割引みたいなのがあったからか。
あのお年寄り達は、どんな思いでこの場面を観ていたのか。

今回も文句ばかり綴ってしまいました。この映画についての記事はこれで三度目で。
ただ、当時のQueenをリアルに再現した秀作だとは思っています。
出来るのなら、特にスタジオの録音風景や名曲が誕生する経緯みたいな場面をもっと取り上げて欲しかったです。

Queenについては、兄が好きだったので全盛期を自分はリアルタイムで聴いています。新しいアルバムは自宅で必ず流れていて、ポスターも壁に貼られていて。
日本では当時から洋楽ファンの間で流行っていました。しかし、小中学生だった自分の周りで洋楽を聴く友人は少なく、一部のコアな連中しか知らない存在くらいに思っていました。

2000年の春頃に出張で訪れたヨーロッパでは、ユーロ2000というサッカー大会が現地で開催されていて、中継の映像ではBGMにQueenの代表曲が幾度も流れていて。
フレディが無くなってから何年も経っていたにも関わらず、ヨーロッパでもポピュラーな存在だったんだなぁと。
ともかく、あの時代には沢山のビッグネームなバンドが存在していて、そんな中に埋もれずいまも生き抜くQueenというバンドはやはり偉大な感です。
若いファンまで未だ獲得しているのも、あの楽曲の素晴らしさで頷ける次第です。

無知な領域

ウクライナ侵攻のニュースが続く毎日です。
展開によっては第三次世界大戦にもなり兼ねず、自分も気にはしています。
ただ、こういった紛争に素人が口出ししても、ボロが出がちなので発言はちょっと気を遣っています。

東京五輪の後に不動産価格は暴落するとか自信満々に訴えていた専門家は今どうしているんだろう。それに近い感覚です。
まして、国際紛争なんて利権等が複雑に絡み合っていますし、戦争の最中など戦略に影響が出てしまうので当事者も事実を隠しがちでしょうし。
太平洋戦争も、終戦から数十年経って明るみに出た当事者の証言もあったりですし。

某所で支離滅裂な訴えを繰り返す方がいまして、その方の発言をたまに読んでいます。
自宅に百回以上泥棒に入られたとか、所謂被害妄想系の方なのですが、誰かに間違いを指摘されても全く懲りずで。
学が元々足りなかった上に精神まで病んでしまったらしく、過去には近隣にも相当な迷惑を掛けていて。
その方がウクライナ侵攻に対して何故かロシア寄りの訴えを繰り返していまして。「さっさと降伏しろ」等。

そして、最近観掛けた訴えがかなり矛盾していました。
「日本は永世中立国になるべき」と言いながら「徴兵制反対!」だそうで。
永世中立国というのは徴兵制が前提で、これではコーラを推奨しつつ「炭酸は毒だ!」と訴えている様なもので。
普通なら、指摘されたら恥ずかしいと思うハズなのですが、この方は何も懲りずで。

義務教育の時代に勉強はサッパリ駄目なのにオカルト雑誌の最新ネタだけは妙に詳しい同級生が居たりしたのですが、そいつから「こんなことも知らないの?」と言われても。
知っていたところで何の役にも立たずな領域で。もっと知るべきことがあるだろうに。
あの方は被害妄想で見当違いな加害者探しや、一般人にはまるで関係の無い印暴論を持ち出しがちで、聴いたことも無い専門用語には強い様子。そして「こんなことも知らないの?」と。

話を戻しまして、自分も発言には注意しないといけないなと、一種の教訓にもなりました。
無知な領域を語っても、学の無さがバレやすく。

勿論、人間誰でも間違いや勘違いはあるのですが、後から間違いが判っても訂正やお詫びの一言も無く、何事も無かった様に振舞うのは駄目だと思います。

フィッシングメール

本日は怪しいメールが二通も届きました。
メインでは利用していないYahoo!メール宛てでした。
ちょっと珍しかったのは、普段なら怪しいメールは自動で迷惑メールのフォルダに振り分けられていまして、そのフィルターが二度も機能しなかった点です。
性能が落ちたのかな?

画像までは表示させなかったものの、試しに本文を診てみたところ、なかなか巧妙な見た目でした。
斜め読みしかしませんでしたが、老眼の目で見る限り日本語も不自然でなく。
ただ、Amazonを語りながら差出人のメアドがヨドバシだったりで。
あり得ない組合せで、これはギャグか?と。

プライム会員は何ヶ月も退会したままですし、五万円を超えるような買い物はAmazonで未経験ですし。
騙そうとするなら、もうちょっとあり得そうな釣りにしてほしいです。