ラズパイに興味はあれど

ラズパイことRaspberry Piが人気だそうです。
自分は初期型を3台ほど所有していますが、既に押入の奥深くです。
丁度十年前に入手した初期型は非力でした。そのくせ、発熱量はけっこうあり。
用途はMPDサーバーで、これは小型のジュークボックスの様なモノでした。X(GUI)で動作は出来たものの、お世辞にも速いコンピューターではなく、Xは入れずにともかくサーバー用途でしかなく。こんな感じで使っていました。
ただ、MPDとしてはなかなか優秀で、一年半ほど愛用していました。
しかし、別れは突然でした。ラズパイの問題では無く、SDカードが先に壊れてしまいました。無理もありません、24時間稼働し続け、熱も多かったので。

現行のラズパイは非常に高性能で、FT8(アマチュア無線のデジタル通信の一種)も利用出来る程だそうです。
その点に自分も注目したのですが、現在はコロナの巣ごもり需要や半導体不足で入手難らしく。
また、しばらく前の世代の製品からSDカードではなくSSDといった外付けデバイスからもブート出来るようになったそうで。
値段は一万円ほどしますが、初代のモデルが玩具に思える程の高性能化だそうで。

自分もFT8のフィールド運用用途で現行のラズパイの入手も考えたりでした。
ただ、キーボードやそれなりの大きさのモニターはどうしても必要で。その辺はiPadで代用出来るそうなのですが、だったら最初からノートPCの方が接続から何からスッキリしそうです。
そんなワケで、ラズパイの入手は諦めました。

ラズパイは他の用途でもけっこう持てはやされているらしく。実質普通のPCと変わらぬ性能が一万円程度ですから。
供給体制が落ち着いたら入手してみたいです。しかし、発熱量や消費電力は抑えてほしいなぁと。性能が少し落ちても構わないので。

FT-817でFT8の準備

FT-817でFT8をフィールド運用する準備を昨日のこと。
CAT制御用のUSBケーブルは一週間ほど前にAmazonで注文していました。
大容量のモバイルバッテリーは数ヵ月前に入手。
あと足りないのはDATAケーブル。これは自作するしか無く。

DATAケーブルのリグ側はmini DINの6Pタイプで、昔のマウスで使われていたコネクターなのですが、自宅に使えそうな部材が無く。昔は幾つも所有していた旧規格のマウスやキーボードは、とっくに処分していて。
秋月電子さんの八潮店でも在庫は無く、先ずはそれの入手に秋葉原へ伺った昨日でした。
あと、ノートPC側はミニステレオプラグの4極タイプになります。これは既に秋月電子さんで入手していました。

部材が揃ったところでいざ製作を始めたのですが、2点不明点が。
4極のミニステレオプラグは2種類あるそうです。アースとマイクのピン配置が逆になっているパターンがあるそうで。
しかし、近年のモデルはほぼ統一されているらしく。一番根元側がアースだと思っていたのですが、マイク用でした。
もう一つの不明点がmini DIN 6Pのピン配置が左右どちら向きなのか不明で。ピンの位置が左右対称な形状なので、真逆の接続に成り兼ねず。
この問題は8Pのピン配置が左右非対称だったので、それと比較して解決しました。

製作自体もけっこう大変でした。小さく細かく、半だがブリッジしかけたりで。第一、老眼鏡を使っても見え難く。
何とか完成し、テスターで導通も確認したところ、物理的には問題無し。
6Pのコネクターは熱で少々溶けてしまったのですが、手直しで問題無さそうです。

そして、先ずは既に動作中のFT-857のDATA端子にノートPCを今回のケーブルで接続してみたのですが、信号を全く拾わず。
これにはかなりハマりました。
結論から言うと、INSPIRON5405のヘッドセットな端子には癖があり、スタートアップからオーディオ関連のサービスを除外しているとマイク入力を認識出来ないそうで。
自分はPCの負荷を下げたいがために、余計なサービスはスタートアップからとことん外す派でして、それが原因でした。
オーディオ系の2つのサービスを復活させたところ、マイク入力が認識されました。
PC側から見た場合のマイク入力が、トーン信号の入力になるので、これが認識されなければデコード以前の話で。
詳細はこちらのサイトが詳しいです。

デコードは無事に出来て、ノイズも思ったより少なめでした。
しかし、PTTの信号はCATからになるのでまだ試せず。VOXでという手段もあるのですが、リグ側の設定が面倒でやめておきました。
早ければ本日中にCATのケーブルも届きそうです。ちなみにFT-857で利用中のCATケーブルはUSB接続じゃないので、そのままでは利用できずです。

FT-817でも同様に受信を試したところ、無事にデコード出来ました。
やはり、リグにUSB端子が備わっていて、それ一本でCATもDATAも処理できる環境は楽なんだなぁと。ローカル局のFT-991がこのパターンで。

心配性

時として大胆な真似をする癖に、自分は心配性だったりです。
数日前のこと、某ニュースサイトのコメント欄で上位にあった書込みに少し考えさせられました。

ウクライナ方面でのロシアの軍事演習は毎年のことで、今回に限って何故そんなに騒ぎ立てるのか。どうせ何も無く、一部の利権がはやし立てているだけだろう。
そんな書込みでした。
そんなものなのかなぁと、冷めた感覚を取り戻すべきなのかなぁと。

実際にこの後どうなるのか自分にも分からず。だいたい、例年そんな軍事演習をやっていたことなど全く知らずでしたし。
詳しい人も居たもんだと。

しかし、昨日のこと遂に開戦。
自分の心配の方が当たっていた感です。あのコメントを綴った人は、どんな気持ちなのだか。
東京オリンピックの終了後にマンションの価格が暴落すると断言していたアナリストの次くらいに、恥ずかしいよなぁと。

アマチュア無線のデジタル通信で、ここしばらくの間、ウクライナの局が目立っていた感です。
見掛けたら応答するようにしていました。こんな状況で大変だろうなぁと。
そして、昨日のこと緊急事態宣言が発令され、ウクライナでのアマチュア無線は禁止されてしまいました。
それを予期しての最後の何かだったのかも知れません。
こんなこともあるんだなぁと。

ウクライナについては技術立国でもあり、アマチュア無線が盛んな様子です。
実際、自分もウクライナ製の電鍵というかマニピュレーターを一つ所有しています。
見た目がとても美しく、性能も良いのに案外安価で十年前に入手していまして。

この後がどうなるかも自分には分かりません。
ともかく、一般市民が早く平常の生活に戻れることを願っています。

二桁コール

FT8をやっていると、遠くの様々な局の信号が届き、珍しいコールサインが聴こえてきたら反応しがちです。
逆に、いつでも繋がってしまうような近隣諸国のCQに自分から応答する機会はほとんど無くなってしまいました。
勿論、相手から呼ばれたら必ず応えるようにはしていますが。

しかし、国内でも別格のコールサインがあります。
JAの二桁コールです。戦後の混乱期辺りに発行された古いコールサインで、その後に再割り当て対象にもなっていない、疑いようのない超OMさんです。
コールサインの付与方法については、アイコムさんのサイトで詳しく説明されていました。
昭和27年から現在でも通用する方式になったそうです。西暦にして1952年。敗戦の七年後ですから、相当昔のことです。
仮に、その年にコールサインを頂いて、当時ハタチだったとしても70年前のことですから既に90歳。
数年間は二桁コールが発行されていたのかと思われますが、ともかく敬意を表するべきコールサイン。

そんな高齢の方が、最新のパソコンとソフトウエアを駆使してFT8で電波を出されているのが更に凄く。
普通の人ですと高齢になると進歩どころか退化してしまう方も少なくない中で、進歩的なままというのは素晴らしく。

うちの母は八十代前半にして認知症になってしまったのですが、そこに至る数年間は自分の脚で歩く機会も減り、様々な刺激も少なく、考える機会も減っていた様子です。
やはり、好奇心があれば人間は身体も脳も使うのかも知れません。好奇心が原動力で。

そんなワケで、二桁コールのOMさんを見掛けると、ついつい応答しがちです。
どんなバックボーンを抱えた人なんだろう?と検索もしがちです。

しかし、自分も考えてみたら最初のコールサインの取得から既に40年経っていました。
当時はアマチュア無線がちょっとしたブームでしたので、中学高校生のうちに免許を取得した方は少なく無かったです。
ただ、当時のコールサインをそのまま所有している人は、かなり少ないだろうなぁと。
二桁コールを守り続けてきた方は、やはり偉大だなぁと。

Gary Brookerさん

Gary Brookerさんが亡くなられたそうです。
自分はこの曲しか知りません。バブル時に一世風靡したアートフォースなシルビアのCMです。

静かなのにインパクトあるCMでした。
クルマ自体もカッコ良かったのですが、あれは売れに売れ過ぎました。2ドアクーペの全盛期でした。
FR駆動だったのもあり、走り屋からも評価を受けていたそうです。86と共に酷使された車両が多いのか、最近めっきり観掛けなくなりましたが、既に三十年前の車体ですし、仕方がないのかも知れません。

曲の話に戻ります。
Gary Brookerという名前さえも覚えていなかったのですが、曲だけはよく覚えています。
しかし、他の曲を自分は全く知りません。いわゆる一発屋だったのかも謎で。
ただ、大昔に太田裕美さんのラジオ番組で紹介されていました。
太田裕美さんが中学か高校生だったかの頃、音楽の教室からこの曲が流れてきて、皆で聞き惚れていたそうで。
自分としても太田裕美さんは偉大なミュージシャンで、やはり若い頃から聴く耳持っていたんだろうなぁと。

7MHzでQRP

7MHzで国内のFT8、これが昼間は日本中の信号が溢れていまして。
恐らく、相当な出力の局も少なくない様子です。
混みあっているので仕方ないのかも知れませんが、出力を無駄に上げると帯域も無駄に占領するだけでして。
Twitterの書込みでは、一年半前くらいまではこんなこと無かったとの報告も。

自分の免許もリグも50Wまで出せるのですが、20Wに落としてもCQを出すとパイルアップ気味でした。これが恐ろしくて、CQを出す機会がほとんど無くなってしまい。
試しに5Wに落として強いCQを出す局に応答してみたところ、一発で拾って頂き。
その後も数珠繋ぎでコールを頂いてしまい、結果的に5Wでも何ら問題無く運用出来てしまい。

本日は更に下のパワーを試してみました。
リグの設定上は5Wまでしか出力が抑えられないのですが、トーン信号のレベルを落としたところ、出力計は2.5Wに。
その状態で久し振りにCQを出してみたところ、一発で応答が。そしてまたしても数珠繋ぎでコールが。
流石にシグナルレポートは低かったものの、十分に使い物になっていました。

我が家の7MHzのアンテナは地上高2.5mの短縮ダイポール。決して恵まれた環境では無いのですが、それでも2.5Wで国内のQSOは問題無く。
出来るものなら、周りの局もQRPに励んでほしいところです。
逆に、ハイパワーでやるより面白味を感じたりです。

CT-62を購入

YAESUのトランシーバーでCAT制御に必要なUSBケーブルをしばらく前に購入しました。
純正品では無いのですが、僅か1200円程度でレビューを観た限り問題無さそうで。
中国からの発送で、EMSなので一週間ほどで届く予定です。しかし、この四日間荷物の追跡が途絶えたまま。早くこいこい。

CT-62は既に所有しているのですが、これがUSBではなくRS-232Cでの接続で、デスクトップPC上では問題無かったものの、ノートPCでは接続出来ずで。
RS-232CとUSBを変換するアダプタが色々と販売されていますが、これ単体で千円くらいが相場です。であれば、CT-62のUSB版を購入した方が手っ取り早いなと。
可能であれば、ノートPCにFT-817を接続させてフィールド運用を楽しみたいところです。勿論FT8が主な用途で。

ノートPCにオーディオインターフェース経由でFT-857を接続し、トーンのデコードを試したのですが、これが全く駄目でした。
二度試して二度とも。
何が駄目だったかというと、ノイズが大き過ぎて信号上のトーンを全く認識しない様子でした。
多少のノイズは乗るだろうと思ってはいましたが、まさかここまで大きいノイズだとは。
それも既にパッチンコア等でノイズ対策されたケーブル類を利用したのにです。
先ずはこの問題を片付けねば話にならないのですが。

あと、上記の接続を試した際に、面白い現象が。
一時的にトーン信号の入力設定がノートPC側で切り替わり、デコード出来てしまった場面がありました。
ちょっと嬉しかったのですが、これが何と、リグのスピーカーから届くトーン信号をノートPCの内蔵マイクが拾ってデコードしていまして。
こんなのでも動作してしまうんだなぁと。
恐らく、この方法でも使えるのでしょうけれど、弱い信号は拾えないでしょうし、室内ノイズも十分に邪魔をしそうです。
まして、フィールド運用では話にならないだろうなぁと。
まぁ最後の手段としてはアリなのかも知れませんが。

電気楽器の世界では、例えばエレキギターでも直接PAに接続などせず、一旦アンプに繋いでその音を更にマイクで拾ってPAに繋げるのが一般的なのですが。
アンプを一種のエフェクターとして考えているのかな。
ただ、デジタル通信の世界でそれは無いよなぁと。原音を劣化させるだけかと。

しかし、ノートPCで接続した場合のノイズ問題、これがサッパリ謎です。
オーディオインターフェース経由での接続が相性悪いのかも知れません。
ノートPCのオーディオ入出力も試してみたいところですが、これが1ピンでマイクも扱う4極仕様なもので、これまた変換が必要で。
何かと素直にゆかないこの頃です。

追記:
その後に色々と試したところ、普段使っていない方のオーディオインターフェース経由からはデコード出来るようになりました。
駄目だったインターフェースはUR44で、上手く行ったのはUA-3でした。原因は全く不明です。
しかし、デコードは出来てもノイズレベルは相当高かったです。
普段利用しているデスクトップPCは四年前のモデルで、今回試したノートPCは昨年モデル。ノートの処理速度はデスクトップの倍以上で、けっこうな性能なのですが。
ノイズ対策したケーブル類で接続してもこの有様なので、やはりノートPC内蔵のサウンドカードで試す価値は十分にありそうです。