Steinberger XT-2を入手

かれこれ二十年以上気になっていたエレキベース「Steinberger XT-2」を先週土曜に入手しました。
90年代から気になっていたのですが、「今時そんなのベルボトムのジーンズを買うようなもの」とプロ志向のベーシストな友人に馬鹿にされたりで。
自分が今回入手したのはコピーモデルのSpritというブランドか何かで、これまでに幾度も店頭で試奏していました。毎度思うのは「ネックが太く、ボディと弦の隙間が狭く、弾きにくい」でした。おまけに音も単調で。
かれこれ三十年所有してきたFender JapanのJazz Bassはその辺がとても良く出来ていたのもあります。
ともかく、スタインバーガーのデザインが自分は好きで、いつか購入しようと思ってきたのでした。

本当は黒色が欲しかったものの、在庫を持つお店が無く、次候補の白を選びました。まぁこれも何かの縁ですし、手垢も目立たず。
帰宅して自宅のFender社Bassmanなアンプで鳴らしてみると、やはり弾きにくく残念な音です。ノイズも拾い気味。
早速電気回路周りを取り外し、ピックアップやサーキット周りの窪みに導電塗料を塗ることに。
塗料が乾いたところで外した部品を組み付けて音を確かめようとしたところ、アンプからは全く音が出ず。
ボリューム回りを外さずに導電塗料を塗ってしまった為、サーキットの何処かでショートしてしまった様子です。
最悪。

サーキット周りに付着した塗料をある程度落としたところ、アンプからも少しは音が出るようになりました。
どうにも漏電気味の様子です。
仕方ないので、秋葉原までボリュームを買いにいことに。ついでにチンケなコンデンサーも入手。

入手したパーツを交換してみると、アンプからもしっかり音が出ました。
しかし、ボリュームを固定する位置によって鳴らないことも。
パーツが収まる容量が小さすぎるので、組み付けが悪いとボディ側の導電塗料と端子が接触してしまうようでした。

あと、出力ジャックの組み付けが元々悪く、ジャックがガタついていました。
これは自分のせいではなく、設計ミスか加工ミスの様子。
これもトラブルの元になりそうなので、ジャックの反対面のボディを彫刻刀で削ることに。
ボディの木材はけっこう硬く、この作業は二時間ほどかかりました。ともかく接触面が水平でないもので、取り付け用のナットが浮いている状況を何とかしたく。
この件も何とか片付きました。

あと、定番の改造です。
ブリッジ部分にチューニング用のノブが四つ付いているヘッドレスなのですが、このノブがかなり硬く。テフロンのワッシャーをかますと改善するとのことで、ホームセンターにて使えそうなワッシャーを入手。
これで少しはマシになったようです。

最期はストリングアダプターの取り付け。
スタインバーガーはそのままの状態ですと一般的な弦が使えず、専用弦はけっこう高価。
三千円ほどのアダプターを付ければ、一般的な弦もそのまま使えるそうで。
ついでに、部屋に転がっていた新品のダダリオ弦に交換。

普段利用しているFenderのジャズベにも使っているこの弦、少し細めだからか交換後は弾きやすくなりました。
また、音もちょっと響きが良くなったような。
まぁ良い悪いのジャッジは難しく、倍音がちょっと豊かになった様子です。

しかし、やはり音質は単調です。厚みが薄いというか、密度が薄いというか。
改善するにはピックアップの交換くらいしか手は無さそうです。
定番のEMGはアクティブタイプだそう。これだと四角い電池を無理やり搭載する必要があったり。
上記の友人はMoonのアクティブタイプのベースを利用していたのですが、これもサーキット周りが窮屈で、時々断線な故障に見舞われていて。滅多に開くべきスペースではない作りというか。
音は良かったのですが、電池切れのリスクは面倒臭そうで、あまり良い印象が無く。

パッシブタイプで値段も含めて良さそうな製品があったら載せ替えてみたいところです。
出来れば、ボディを加工せずに載せられれば最高なのですけれど。

弾きにくさについては弦高調整等と少し慣れてきたからか、ちょっとはマシになった感です。
何より、安い楽器だから最初から大胆な真似が出来たり、手を加えた方が愛着も湧いたりです。

悪い夢

職場の同僚と車で移動中、ちょっと気になる話題が。
同僚曰く「最近、悪い夢ばかりみているんですよ」と。
そういえば、自分も最近悪い夢をよくみている感です。
「せめて夢くらい好きなのみたいですよねぇ」とか「好きな夢をみれる機械みたいなのがあったらいいですねぇ」とか自分。

これを綴っている先程も変な夢をみました。
早めに寝れたのに、それで起きてしまいまして。

同僚の夢はけっこうリアルで、仕事関連の嫌な夢が多いそうです。
実際、仕事上でも何か上手く行っていない様子。
この仕事を三十年近く続けている同僚に対して、入社後半年も経っていない畑違いの自分が良いアドバイスを出来るワケもなく。
「とりあえず、仕事以外の時間は趣味に没頭するとかどうでしょう?」と自分。
同僚はエレキギターを持っていて、音楽を聴くのが趣味だそうで。
どんなギターを持っているのか色々伺ってみると、エレキギターは持っているのにアンプを持っていないそう。
これはパソコンは持っているのにソフトを何も持っていないのに等しい状況かと。

そんなワケで、自宅で眠っていた小型アンプを貸してあげることに。
この小型アンプは購入してから十年間あまり利用していなかったモデルです。特にこの五年間はほとんどオブジェ。
ただ、代表的なエフェクターは色々と搭載されているので、お遊びには色々と使えそうです。
先週の木曜日辺りに貸してあげたのですが、その晩は久し振りにギターで遊べたとの翌日の報。

全然別の夢、みれるといいですネ。

どうしてそんなことしたの?

十数年前に乗っていたVespaを急遽手放す事態に陥った場面で投げかけられた言葉です。
都内にはVespaの専門店が幾つかあったのですが、時々利用していた専門店へ訪れると店員さんから自分の乗っていた車体を褒められる機会が多かったです。
中古で入手した当初から錆が目立っていたホイールは自家塗装でクラシカルな水色系にしていました。灰色がかった目立たぬ水色です。
店員さんからはそれも褒められたりしていて、ちょっと嬉しかったり。
古い部屋のDIY用に入手したスプレー缶、ホームセンターで安く売られていたのをまとめ買いしていて、それが結果的にホイールの塗装に転用された次第でした。

都内の路駐が突然厳しくなり、自宅前で突然切符を切られてから対策を考えたのですが、手放す以外に方法は無く。
仕方なく、大手の買い取りチェーン店で査定してもらったところ、恐ろしく安い金額。高価買取りを看板にしている店なのですが、クラシックな車体の価値を理解していないのか。
ヤフオク等に載せたら、その十倍でも売れたとは思います。しかし、時間が無く。
次に向かったのか上記の専門店。

大手チェーンよりはマシな金額を提示してくれました。しかし、開口一番「(そのホイール)どうしてそんなことしたの?」と。
錆びているよりはマシと言いかけたものの、先日の別の店員とは全く逆の表現に開いた口が塞がらず。
まぁ、買い叩きの手段だとは思いますが、そこを突っ込むか?と。だいたい、店が売るときは何倍にも値段を吊り上げるのでしょうし、予備を入れた三本のホイールの単価は六千円程度なのですし、交換も簡単で。
ちゃんとした工場も構えている店舗なので、錆びや塗装を簡単に落とせるブラスターとかも備えているのでしょうし。
Vespaにまた乗る機会があったとしても、この店はやめておこうと思いました。
何というか、最期に嫌な思いをしたというか。
自分だったら「機会があったら、また寄ってください」と言うでしょう。
こういった趣味性の高い道具や乗り物って、何年かしたらまた触れたくなるもので。

後日、その販売店で自分の乗っていたVespaの値段を確認したところ、けっこうな値段でした。それでもあっという間に売れてしまった様子。
今思えば、あのまま少し遠くの場所で保管しておくべきだったかなぁと。
ただ、全く乗らない状態で何年も保管していると、それだけで劣化は加速してしまうんですよね。

Forza siのミラー交換

自分、単車も四輪も基本はノン改造派です。
どノーマル派。
目立たない部分で使いやすくするのは好きです。

特に現在乗っている単車Forza siは所謂ビッグスクーター系で、十数年前はど派手な改造が流行していた分野。結果的に社会的評価も下がった感でした。
あれは大昔でいう族車に近い雰囲気だったというか。
江戸時代でいうカブキモノの現代版というか。
あれをカッコいいと思える人が居るのも自分にとっては不思議です。

なので、外装部品であるミラーの変更もしないスタンスだったのですが、先日購入したバイクカバーがやや小さく、車体に被せるとギリギリのパンパン状況。
特にミラー部分の凸りは無理があるらしく、可動部分が勝手に内側へ倒れてしまう状況でした。走行時に戻すのが面倒くさく、そのまま使用しているこの頃です。
横に張り出すハズのミラーが、耳の垂れたビーグル犬の様というか。
元々、オリジナルのミラーは視認性もイマイチだった感でもあり、これは交換した方が良いかな?と。

Amazonで検索したところ、安い値段で使い勝手の良さそうなミラーを発見しました。
見た目はカーボン調。勿論インチキですけれど。
ちゃんと比較したワケでは無いのですが、現在使用中のものより小ぶりにも思えます。
とりあずポチってしまいました。
昨夜の発注で、本日中に届くそうです。
ドレスアップのつもりは毛頭無いのですが、結果が気になる本日です。
違和感無いことを祈ります。

追記:
無名な中国製のミラー、届いたソレはかなりの粗悪品でした。
カーボン調ではなく、無塗装のプラスチック剥き出し。
その形成も雑でバリやら凹みやらが目立ち。純正の方が遥かに質感がありました。ミラーとしては機能しそうですけれど、安心して使えない雰囲気でした。
Amazonでの返品は殆ど初体験です。検品印はあったものの、何を検品しているのやら。

北の国から

俳優の田中邦衛さんが他界されたそうです。
自分がドラマ「北の国から」を観たのは再放送後でした。
初回放映も時々観たりしていたものの、子役だった純君(吉岡秀隆)と自分は年齢も近く、すぐに怒ったり暴力を振るったりする父親がどうにも好きになれず。
どうにも暗く重たい場面が多く。

進学で上京した頃から、単発なドラマスペシャルの方を観るようになり、そこに至るまでの初期の本作の流れが気になりだしました。
このドラマスペシャルはどの作品も泣けまして、同じく上京していた兄からも「どうせあれ観てまた泣いていたんだろう」と笑われる始末。
三人兄弟の末っ子だった自分は、泣ける場面で素直に泣けました。昔から。
兄は立場上、そうも行かなかったんだろうなぁと。

昔は春が近付く頃になると、北の国からの再放送が多かった記憶です。
三年程前だったか、そんな春が近付く時期に久し振りに全作品一挙放映がありました。
その放映に気付いたのが既に始まった途中だったもので、見逃したストーリーが多く。

やはり暗い場面が多く。
しかし、父親の気持ちも解らなくない心境でした。
フルハイビジョンではない縮まった映像でしたが、丁寧に作られた作品だなぁと。
登場人物の多くは何らかの過去を背負っていて、お互い様な間柄というか。
これは確かに子供にゃ解らんよなぁと。

続編がそろそろ登場しないかと期待していました。
ただ、田中邦衛さんが入院中らしく、撮影が難しいとの噂も。
倉本聰さんも最近のテレビ番組で見掛けて十分に高齢で。

純君も当時のお父さんと既に近い年齢だったと思います。
先週テレビ放映された「お帰り寅さん」で、久し振りに観掛けまして。
自分もあと四十年もしたら、とか考えてしまったりです。