TOKYOBIKE 9Sのメンテナンス

六年間乗ってきたTOKYOBIKE 9Sのメンテナンスをしました。
作業内容は主に以下です。
・タイヤ交換
・チューブ交換
・チェーン交換
・ハブ交換

今回の作業は発注ミスが重なり、自分の「どあほ」さを思い知らされる展開に。
交換に必要な部品の多くはAmazonで調べたものの、実際の発注はヨドバシ。ヨドバシで該当の製品が無い場合は類似品の候補が一覧で表示されるのですが、そこで互換性の無い製品を選んでしまい。
具体的には650Cのチューブを選んだつもりが700Cであったり、9速用のチェーンを選ぶべきなのに8速用でも使えるだろうとテキトーに選んでしまったり。
チューブについては全くサイズが合わず、仕方なく地元の自転車店で26インチ用のを買い直したりでした。26インチ用のチューブが本当に使って良いものなのか謎ですが、結果的に一週間問題無く使えています。
チェーンについては6~8速のギアが安定せずでした。

普段よく使うギアレンジは消耗が激しいらしく、チェーン交換時にこういった症状も出やすいそうです。ただ、規格より幅広のチェーンですとターゲットのギアを掴みにくいかも知れず。チェーンの外側が隣のギアに干渉する恐れもあり。
仕方ないので、9S用のチェーンとハブも購入することに。

あと工具です。
チェーンカッターとタイヤ外しは事前に購入していました。
しかし、ハブを外す道具は持っておらず、結果的に自転車の工具セットも購入することに。買ったばかりのチェーンカッターとタイヤ外しはダブる結果に。全く、計画性の無さが生んだ無駄です。
この工具セットについてはAmazonで四千円程度の商品でしたが、評判はそれほど悪くなく、実際に十分に使えるレベルでした。
ただ、DURA-ACEクラスの立派な部品を利用されている方は勿論もっと高価な工具を揃えるべきでしょうね。自分のはシマノのSORAレベルの部品なので、まぁいいっかと。

結果的に作業は無事に終了しました。
工具類を含めると全部で二万円ほどの出費になりました。ダブりや失敗がなければもっと安く済んだかと。
あと、数年前に前輪のスポークに鞄が挟まり宙を舞って転倒した際のトラブルも解消させました。結果的に前輪が左右にブレていてブレーキに干渉しがちだったのを、スポークの調整でかなりマシな状態に戻しました。
これらの効能もあってか、作業後の乗り心地は随分と良くなりました。細かいことを云うと一部のギアの入りはまだ煮詰める必要がありそうですが、とりあえず使えています。

作業中にハマった部分の一つがスプロケット外しでした。
固着していたもので、専用工具を利用してもなかなか外れず。Webで検索し、コツを掴んで何とかなりました。
二種類の工具をそれぞれの手で握る必要があるのですが、この際にそれぞれの工具は180度くらいの開きで力が入りやすいと。

TOKYOBIKEの9Sは見た目がちょっとお洒落で、ソコソコのパーツで組まれている自転車です。ママチャリとスポーツタイプの中間な位置づけというか。悪くいってしまうとどっちつかず。
直してまで乗る必要があるのか?が悩みの種でもありました。だって、修理代の二万円も払えば、安物の自転車が新品で購入できるワケで。それもどの部品も心配不要で。
まぁ、あと五年くらい乗れれば良いかなぁと思っています。十年も乗れれば元が取れるかなぁと。その間に、せっかく手に入れた工具セットで他の部品もバラシてグリスアップ等に励もうかと。

あと、同車種を所有の方は気を付けるべきだと思うのですが、他のサイトを参考するにしてもTOKYOBIKE 9Sの情報をしっかり掴むべきです。9S以外の車種ですと自分のような失敗を犯しがちかと思います。タイヤもギア回りも別物ですから。チェーンも8速用と9速用で値段がかなり変わったりです。
自分の場合は元々8速な9Sじゃない車体の方を選ぶべきだったのかなぁとも思っています。その方がタイヤも太いし安い消耗品で済む部分も多かったかと。細いタイヤは何かと気を遣いますし、自分はそんなに飛ばしませんし。
上記の宙を舞った事故以降、飛ばすのも怖くなってしまい。

PCの諸問題

三週間ほど前に入手したノートPCで、ちょっとした問題がありました。
Photoshop ElementsとPremiere Elementsをインストールしたのですが、どちらもライセンス認証で弾かれまして。バージョンはどちらも14で数年前にヨドバシで入手した正規品です。
二台のPCまで入れられるライセンスで、実際に自宅のデスクトップPCとこのノートでした使用しておらず。
恐らく、過去に他のPCで入れたライセンスとバッティングしたのだろうなぁと。特に、デスクトップPCは数年前に買い替えていて、古い方のPCでライセンスを抜かなかった記憶です。

Adobeのサイトでその辺を確認したのですが、過去の紐付けを解く方法は見つからずでしたし、製品のサポート期間もとっくに切れていました。
Web上で検索したところ、メーカーに直接連絡したら何とかなったとのレポートが幾つか。
面倒くさかったのですが、これを自分も試してみました。

しかし、平日の日中しか連絡が付かないAdobeのサポート。仕事のお昼休みに連絡を取ってみることに。
チャットでの対応でしたが、20分ほどのやり取りで過去の紐付けを解いてもらえました。
ありがたや。

昨日、このノートPCのSSDを交換した際は、上記どちらのソフトともライセンス認証を事前に外しました。
そのお陰で、再インストール時は全く問題なくライセンス認証を通りました。
同じトラブルを抱えている方は、それなりに居るかと思います。

あと、職場でたまに使用しているノートPCが非常に重く。
一年少々前に会社が購入したDynabookなのですが、特に起動が遅く、使っている最中も異常に重くなったり。
タスクマネージャーで確認したところ、ディスクアクセスが100%でへばり付いた状況が長い様子でした。CPUもRAMも貧弱なものの、使用率はそれほど高くなく。
色々と試してみました。起動時に読み込まれる機能を減らしたり、速度優先の設定に変更したり、余計なサービスを停止したり。
ある程度の効果はあったのですけれど、それにしても遅く。

残された問題はNortonのセキュリティソフトが邪魔をしているか、メモリーの増設か。4GBのメモリーしか積んでいなかったもので。
昨日は秋葉原でプライベートなノートPCのSSDを入手したついでに、会社のノートPC用のRAMも入手。4GBで2300円程度でしたし、仕事の効率化には安い買い物かと。
しかし、結果的にRAMの増設でもそれほど改善はしませんでした。

残る手はNortonのアンインストール。
社内でこれまでシステム管理を担当されていた方はNorton推奨派でした。自分もセキュリティ系のソフトの中ではNorton信者です。
しかし、Windowsが標準で持っているセキュリティ機能だけでここ数年は全く問題が無かったです。サードパーティーのセキュリティソフトを入れても重くなるだけですし、Windows標準のセキュリティ機能で自分は大丈夫だと思っています。Windowsのサポート期間内でしたら無料で使えますし、管理も楽ですし。

Nortonをアンインストールしたい自分なのですが、会社のPCで勝手にそれをしてしまっては問題になってしまうリスクもあり。
実際、それをやった後にウイルスに感染とでもなったら、全部自分の責任でしょうし。
とりあえず、短期間だけでもアンインストールを試してみたく、週明けに担当者に同意してもらえたらなぁと。

少し話が逸れますが、この重さ対策で数週間前にWindowsのアップデートを掛けたところ、ダウンロードやインストールで八時間ほど拘束されました。
週末に自宅に持ち帰っての作業でしたが、これを職場でやっていたら、ネット回線も細いので恐ろしいことになっていただろうなぁと。恐らく、二日間ぐらいは掛ったかと。
このPC、同時期に会社がもう一台購入していて、症状は全く同じでした。
ともかく、コンピューターの方が人より遅い動作で人が待たされるなんて、何か矛盾していると思いますし、時間の無駄でしかなく。
さっさと片付けたい問題の一つです。

INSPIRON5405のSSDを入れ替え

先日入手したINSPIRONのSSDを入れ替えました。
標準構成の256GBも積んでいれば大丈夫かな?と思っていたのですが、音楽制作ソフトのSTUDIO ONEを推奨インストールしたところ、100GBほどCドライブを喰ってしまいまして。他にもOfficeやPhotoshop等を入れていたのですけれど。
256GBの全容量もバックアップ等で使える領域は200GBちょっとだったので、最初からSSDの残り領域は半分程度しかなく。
SSDは残容量が半分以下になると速度が遅くなったり、劣化が早まったりという説もあるそうで、今後も気持ちよく使いたいなぁで1TBのSSDを入手することに。

どのSSDを購入すべきかでけっこう悩めました。
価格や性能上ではWD社のSN550 NVMe WDS100T2B0Cというモデルが素敵でした。実際、価格コム上でも売れ筋ナンバーワンで。
しかし、INSPIRON5405では相性問題が発生しているそうで、せっかく買ったのに使えなかった人も居るそうで。
12800円も出して使えないのは恐ろしく、他の候補を幾つかあげた状況で昨日は秋葉原に。

土曜日の秋葉原はけっこうな人出でした。外出自粛も何のその。自分もその中の一人なのかもなぁと。
特に、タバコ屋さんを併設した喫煙所は超過密状況。二口吸って逃げ出しました。
その秋葉原で候補のSSDを探したのですが、どこも売り切れ。売れ筋の商品は現状品不足の様子でした。実際、価格コムでもメジャーな店舗が商品のリスト上に載っていなかったですし。本当に在庫が無いんだなぁと。
そこで、候補にも考えていなかったSSDが目に留まりました。インテルの665p SSDPEKNW010T9X1というモデルです。
性能上のどの部分もWD社の製品より劣り、かつ値段は一緒なのですけれど、ソコソコ速く発熱も抑え気味で寿命も悪くなさそうで。
メジャーなCPUメーカーな安心感もありましたし、コントローラー部分に小さな放熱板も付いていたのでコレを購入することに。
あと、一緒にシリコン素材の熱伝導シートも入手。店員さんの話では、放熱板が付いている製品ですと冷却効率も高いそうで相性も良いとのこと。

帰宅後に早速、SSDの交換作業。
先ずはOSのクリーンインストール用のUSBメモリーを作成。MS社からインストーラーのダウンロードをしたのですが、思ったより時間が掛かりました。30分くらいかな。
その間に新しいSSDに熱伝導シートを張り付けたり。シートは自分で切ってサイズ合わせして使うそうです。
あと、このシートは三種類の厚さが販売されていて、自分は中間の厚さの1mmのを入手しています。あまり厚いと筐体と干渉してしまいそうですし、このPCの裏蓋はプラスチックなので変形も怖く。逆に薄すぎると冷却効果も落ちるかなぁと。
このシートを指で触れると湿布の様なヒンヤリ感がありました。柔らかさも湿布に近く。確かに熱伝導率は高いのかもです。
裏蓋を開けるのは今回が二度目になります。前回はRAMの増設時でした。幾つかのネジを外すのですが、モニターのヒンジ辺りの二つのネジは完全に外れない仕様です。前回開けた際は、この外れないハズのネジの一個が外れてしまいまして。
ネジを固定しているC型の小さなリングが筐体内に転がっていました。これがCPUファンにでもぶつかったら恐ろしいことになるなぁで、あの手この手で何とか直し。老眼も手伝って、この細かな作業には一時間近く掛かってしまいました。
今回はそのネジ部分も問題なく機能していました。

M.2のSSDを触るのは今回が初めてでした。こんな小さいのにけっこうな容量でかつ高速だそうで。SATAよりも数倍速い規格というのも最近知ったことでした。サイズ的にはノートPCに最適なのですけれど、ともかく高速化による放熱が凄いそうで、ある面デスクトップ向きなのかなぁと。
SSDの交換作業自体は楽なものでした。SSDの取り付け金具の位置をズラす作業も含まれましたが、見ての通りで。
ちょっと気を付けるべきだった点は、SSDの横に流れている細いケーブルを取り付け時に噛む恐れがあることくらいでした。

その後筐体を元に戻し、OSのクリーンインストール。この作業はあっという間でした。
新しいSSDも全く問題なく認識されていました。
あと、人によっては元々付いていた小型のSSDをスピーカー横のソケットに付けて交換ではなく増設されている方もいる様です。
ただ、熱源が増えたり消費電力が上がってしまったりかと思えるので、自分は真似しないことに。
だいたい、自宅のデスクトップPCも500GBのSSDで余裕ある状況ですし、1Tも積んでいるノートPCでしたらこれ以上使うことは無さそうで。
自分が初めて入手したSSDは十年位前だったか。当時は128GBのSSDでも一万円以上した記憶です。

SSDを載せ替えたINSPIRONですが、全く問題なく動作しています。
ベンチマーク系のソフトで性能を試してみたい気もするのですけれど、それは気が向いた時にでも。
無駄に負荷を掛けたくないですし、十二分にサクサク動作してくれているので。
SSDの温度だけは早めに確認したいところですが。

このPCのレビューをちゃんと綴っていませんでした。
見た目は近年のAppleのノートに近い質感です。蓋を開けた状態でも閉じた状態でも。
安っぽさは感じません。あと、キーボードの触り心地も素敵です。キータッチ時に筐体が押し込まれる様な感覚も全くなく。(自分、この押し込まれる感覚が大の苦手でして)
あと、タッチパッドが自分は苦手でして、マウスを使っています。この機種に限らずタッチパッドの操作感が何故か馴染めず。
キーボードの隙間にゴミ等が入らないようにキーボードカバーを付けての利用なのですが、このフィルム状のカバーは自分でカットして貼り付ける仕様で。その際に勿体ないからとタッチパッド周りまでカバーしてしまい。
これは大失敗でした。タッチパッドの滑りがとても悪く。
OSのクリーンインストール直後等ですと、外付けマウスがまだ認識されておらず、使いたくもないタッチパッドを使う場面があります。
こういったときに、全く滑らないタッチパッドが最悪でした。
まぁ、これは製品の問題でなく、ケチなカットをしてしまった自分の問題なのですけれど。

あと、ちゃんとしたノートPCの購入は十五年ぶりくらいです。前回はThinkPadのT60というモデルでした。
このT60はCoreDuoという化石CPUを積んでいるモデルなものの、Windows10もどうにか動作してくれています。しかし、Chromeブラウザを立ち上げてサイトを観るだけでもCPUの使用率は100%にへばり付き。
その古いノートと比べても仕方ないのですが、このINSPIRONは画面も美しく、音も意外に良く鳴ってくれています。
細かいことをいうと、十年位前にMacbookAirも入手していましたが、数年でバッテリーが駄目になり手放していました。あれは使い勝手も良かったので延命したかったのですけれど、サードパーティー製のバッテリーが火を噴いたりで市場に出回らなくなった時期でした。
Appleにバッテリー交換を依頼したら数万円掛かるそうで、それだけの価値も認められずでした。
今回のINSPIRONはあのMacbookAirの使い心地に近いです。見た目もそうなのですが、触り心地もそんな感じでした。

出来れば十年くらい使い倒したいです。途中でバッテリーの交換もあり得るんだろうなあと。ただ、筐体の中を見る限り、そんなに難しくない交換箇所でした。

ここまでで、このINSPIRON向けに入手したパーツは主に以下です。

追記:
SSDの健康状態を確認できるフリーなソフト「CrystalDiskInfo」を見つけたので、試してみました。
アイドル時は34℃だそうです。体温よりちょっと低いくらいですネ。
高負荷時はどんなものなのか気になりますが、無理はしないでおきます。

自転車のタイヤ交換

かれこれ五年以上前に入手した自転車TOKYO BIKEのスポーツモデル。
このタイヤが一年ほど前から空気の抜けが早く。
そして、昨年末頃からは空気を入れても五分と経たぬうちに抜けてしまう始末。
何かに当たってパンクというよりは、チューブの寿命っぽく。冬の寒さでチューブも組成が変わってしまったのかな?

いずれにしても症状はパンクそのもので、逆にこれまで一度もパンクしたことは無かったので、五年以上よく耐えてくれた感です。
タイヤの表面も怪しい状況になっていたため、とりあえず通販で購入してみることに。
前後のタイヤとチューブの合計額は八千円ほどでした。タイヤ外し用のレバーの値段も含まれるのですが、けっこう高額なんだなぁと。

それと、TOKYO BIKEのスポーツモデルに純正で採用されているタイヤは650x23Cという規格で、選択肢も少なく。
自分はそれほど飛ばさない運転ですし、少しでも空気入れの手間も省きたく、乗り心地を重視したかったので一回り太めの650x25Cというのを今回は選択してみました。
人によっては650x28Cという更に太い変更もされているそうですので、リムには無理なくはまってくれるかと。

アマゾンさんで昨夜品定めをして、ヨドバシさんで注文したのですが、これが一部在庫無しだった様子です。
チューブが一本足りない様子で。
あと、錆々だったチェーンの発注を少し後に注文していて、こちらの方が早く到着しました。タイヤ周りはまだ届いておらず。
チェーンは届いたものの、チェーン外しの工具が手元に無いもので、こちらも交換が出来ない状況。
タイヤ交換も前後一気に片付けたく。
ともかく、どちらも中途半端な日曜の昼下がりです。
外に出掛けたいところですが、その間に配達されてしまっても申し訳なく。
チェーンは郵便ポストに勝手に入っていましたが、タイヤはサイズ的にも手渡しになりそうです。

仕方ないので、昨年伐採した裏庭の木や枝を片付けつつ。
枝に生い茂っていた葉は全て枯れ落ちていました。容積的には二回り縮んだ感じで、壁の隅に一纏めに。
久し振りの庭仕事、最近お会い出来なかったご近所さんと世間話も挟んだり。
仕事に就いてから三か月、見掛けなくなった自分を心配してくれていたそうです。
ありがたやありがたや。

久し振りの地震

東日本大震災からもうそろそろ十年経つんだなぁと思っていたこの頃でしたが、あれ以来の大き目な地震が今夜訪れました。
あれほど大きな地震では無かったものの、自宅もそこそこ揺れまして。
丁度、ニュース番組を観ていたところで緊急の警報画面が。正確にはCMの途中だったのですが。

「東北方面で地震」との警報、「どうせまたこっちには影響無いだろう」くらいに構えていたところ、体感できる揺れがジワジワ大きくなって、これが案外長く。
CMからニュースの画面に戻ると、アナウンサーは防災ヘルメットを被っていました。
こういった生番組は、防災の小道具もちゃんと備えているんだなぁと。

その後、職場がちょっと気になり様子見に。
半世紀以上前に建てられた木造の職場、東日本大震災でもそれなりのダメージはあったらしく。
自宅から徒歩三分の距離なので、ともかく行ってみることに。
職場は外から見る限り取り敢えず問題無さそうでした。

その後のニュースを確認したところ、市川市や船橋市で広域の停電が発生しているそうでした。
市川というと、江戸川を挟んで直線距離で数キロメートル。
運が悪ければ自宅も停電だったのかなぁと。他人事では無いなぁと。
とりあえず、しばらく使っていなかったモバイルバッテリーを充電したり。
バスタブに水を張るべきかちょっと迷いつつ、そこまでは不要かと。

しばらく更新していなかったこちらのBlogでした。
書きたかったことは色々とあったのですが、ストレートに綴ってしまうとネガティブな話になってしまいそうな話題ばかりで。
身近なことも世間の話題も、ちょっと残念な内容ばかりで。
一つだけ取り上げてみると。

オリンピック関連の森さんの話題なのですが、あの世代の男性ですと、あぁいった意見を平気で言ってしまう方が少なくないと思います。
まぁ生きてきた時代が違うのだから仕方ないと自分は思えていたりで。
自分の世代ですと、男は家族を養って女房は家を守る的な風潮がまだ色濃かったです。
自分より上の世代ですと、共働きは男の恥でもあったりでして。
子供の頃に裕福では無かった家庭で育った自分としては、結婚というのは「家族に貧しい思いをさせてはいけないこと」と。
自信を持てるまで、自分は結婚すべきではないとも思っていて。
まぁ、考え過ぎだったのかも知れないと思うこの頃でもありますし、時代はとっくに共稼ぎが当たり前でもありまして。
ただ、少子化の時代であっても大学の進学率は五割を超えたとか、せめて学費ぐらいは親が払うべきだとか考えがちな自分でして。
基礎的な学力も無いのに入れる大学もあったりな時代です。そこで余程やりたいことがあるのなら別ですが、単に学歴が欲しいだけの人も多そうで。周りがそうだからといった。

奨学金を借りてまで大学に行くというのは無理があると思っています。
返済額が半端ないです。

卒業と同時に返済が待っていますし、それを返済できる保証など何処にもありません。
コロナ禍前までは売り手市場でしたが、またしても氷河期が訪れかねない現状です。
安定収入を望めるかなど、明日には分からないです。
自分の場合は学費の安い夜間大学に通い、生活費も学費もリアルタイムで稼いでいました。卒業時には周りと同じスタートラインに立ちたく、借金など背負いたくも無く。
自分の卒業時は幸いにバブル時代の尻尾に引っ掛かっていたので、夜間大学出身でも誰もが第一志望の企業に入社出来たりで。
これはかなりの幸運でした。その翌年からは全く別世界でしたから。

話を戻すのですが、過半数の男性も女性も大学に通う現役世代です。
奨学金を借りてまで、そこを目指す学生が多い様子です。
時代はとっくに共働きが当たり前。
まともな仕事上では性差に能力の差など無いと思っています。

話を戻しまして。
森さんについては現役の総理時代も問題発言が多かった記憶です。
悪く言ってしまうと、体育会系の昔ながらの傲慢なオッサン。
良く言うと、義理人情を立てるあの世代の正直者。

突然のコロナ禍は誰しも予測出来なかったと思います。
インバウンドの増強やオリンピックの招致等、何年もかけた国策がこのタイミングで全て裏目に出た去年でした。
一年延長したオリンピックも過半数の国民は無理があると思っているかと。

しかし、「オリンピック辞退」という言葉を発すると違約金が半端無さそうです。
IOCも同様かと。中止を誰が言い出すかのたらい回しな数ヶ月かと。誰も言い出しっぺになりたくなく。
そこで、森さんが悪役を一手に引き受けて「誰も参加しない」となっていたら、歴史に残る偉人になれたかもなぁと。
たぶん、森さんはそこまで考えていなかったと思いますが。