単車の事故

以前にも幾度か似たような記事を綴っていますが、最近あった芸能人さんの事故で再び思い返したりです。
この芸能人さんの事故はニュースで知りました。四輪で急なUターンをしたところ、二人乗りの単車と接触し、ぶつけられた二人は重軽症だったそうで。
ほとんどの人は「轢き逃げ」や「社会的制裁」に注目している様子ですが、四輪に比べると事故発生時の単車乗りはダメージが大きく、単車乗りの危険回避な点が気になりました。

単車に三十年以上乗っていた立場からすると、十分にあり得る事故だよなぁと。それでいて、一番恐れる場面の組合せだよなぁと。
まず、特にタクシーはお客さんを拾うのに急なUターンをしがちです。それで事故を起こす場合は単車が巻き込まれるパターンが多く。過去に観た事故ですと、暗い時刻が多かった記憶です。相手との距離感やスピード感が分かり難かったのかも知れません。
次に、二人乗りの単車の運転は一人乗りに比べると三倍以上疲れます。発進も停止も曲がるのも普段より気を遣い、全ての動作が邪魔される様な感覚で。そして、事故った時のダメージは後席に乗る人の方が遥かに大きく。
なので、自分は単車での二人乗りを極力避けています。二人乗りの単車は面倒臭い別の乗り物くらいに思っています。
あと、事故が恐ろしいので四輪の運転中に路上でUターンをした経験がほとんどありません。想像以上に死角は多そうで。

今回の事故、仮に単車側が二人乗りで無ければ、Uターンの四輪を避けられたかも知れませんし、転倒したにしても最小限のダメージで済んだのかも知れず。
事故は、一番悪い組み合わせとかタイミングで発生しがちで。こちら側に落ち度が無かったとしても。
怪我しない、死なない運転が単車では特に重要そうです。スキーにしても、最初に習うのは安全なコケ方だったりで。

三十年以上単車に乗り続けていると、事故現場を目撃する度に「明日は我が身」と慎重になりがちでした。下手な講習会よりよほど説得力があって。
あと、身体の衰えもあるのか、過去に普通に出来ていたことがそうも行かなくなったり。加齢は本来鈍感になりそうなイメージでしたが「怖い」と思える場面が増えたり。

ベテランライダーの方でも、貰い事故の内容によってはあっけなく他界してしまうパターンもあったりですが、単車の運転自体に不慣れな方がいきなり高性能車に乗るのは危険だと思っています。
中型免許の範囲でも初めての単車が高性能車で、納車から二週間で廃車な知人が何人も居ました。自分の場合は高校時代のマニュアルな50ccから順番にステップアップしています。結果的にそれで助かった部分も多かったかと。
特に、限定解除の免許が教習所で取得出来るようになってから、初めて所有する単車が大型車という方も多い様で。個人的には、距離や年数に応じたステップアップをされていった方が、安心出来る感です。航空機の操縦資格は、それに近い運用だったハズで。

パワーのある乗り物ほどスピードは出せますし、大きく重いモノほど慣性の法則で急なコントロールが困難で。最初は軽めで小ぶりでパワーもソコソコな車体で身体を慣らすのが良いかなぁと。
いきなり重量級ですと、取り回しだけでも面倒でコケてカウルを破損とかよくある話で。駐車場からの出し入れが面倒で結局乗らなくなるパターンもあったりです。
大排気量の高性能車が威力を発揮するのはひょっとすると長距離ツーリングくらいかも知れません。逆に街中では扱い難く、性能の極一部しか使えず。
個人的には100ccのかなり小さなVespaが街中で一番扱い易く、乗る機会も多かったです。

自分も、若い頃は高性能車に乗るとその車両の限界を試してみたくなる衝動に駆られがちでした。その気持ちは分かるのですが、経験を積むと「これ以上は無謀」な限界が観えてきたり、その限界が下にジワジワ下がってきたり。
ともかく、経験が想定の範囲を広げることはどんなジャンルでも多いかと思います。

あと、この三十年で四輪の安全性は格段に上がったと思います。自動的に危険回避してくれたり、衝突しても車体構造が守ってくれたり、エアバッグが守ってくれたり。
それに対して、単車はABSが着いた程度でほとんど変化が無く。騒音、排ガス、燃費といった環境性能は四輪同様に進化していますが、むしろ車体が重くなったり構造が複雑になるばかりで。

エンターテイメント個人

うろ覚えの記事です。
国内でインターネットが普及してから数年間の出来事なのですが、当時の検索エンジンはYahoo!Japanを頼りにする場面が多く。Yahoo!Japanさえ無い時代はYahoo!USAだったり。
そのYahoo!Japanの検索エンジンは現在の様なロボット検索でなく、人海戦術でした。
Yahoo!の「中の人」がターゲットのHomepageを実際に確認して、何処かのカテゴリーに登録する流れでした。この確認作業の前に個人による登録申請もあったりで。
世間にはHomepageを持つ人や企業が増えだして、この「中の人」の作業も大変だったと思います。

そんな中、押しやられた「どうでも良い」系のカテゴリーが「エンターテイメント個人」だった記憶です。
出来が悪かったり、ジャンルが曖昧だったり、つまらないHomepageがこのカテゴリーに押しやられるワケですが、全体の九割くらいがこのタコ部屋に入れられてしまった感です。中には面白いHomepageもあったのですけれど。
当時の自分のHomepageもこの中に埋もれていました。残念だなぁと思いつつでした。

個人のHomepageが従来のHTMLの記述からBlog形式に変わり出したのが2005年くらいだった記憶です。自分も試しに使ってみたところ、一々HTMLタグを使わずコンテンツ作成に集中できる点が楽だと思いました。
気が付いたら、Blog形式が主流になっていました。世のポータルサイトの多くもBlogサービスを始めたりで。

自分の場合、自宅サーバーとかレンタルサーバーとかを借りたり、ドメインの使用料を払ったり、維持やコストも掛かっています。
もし何かがあってその費用を滞納したら、このBlogも消えてしまいます。まぁ現在のところ年間五千円未満の出費なので、趣味の一つとしては安い方だと思っていますが。

この間、消えたHomepageとかBlogとかも結構多かったです。
本人の希望で削除したものは仕方ないとして、運営会社によるサービス終了はちょっと残念でした。ジオシティーとかYahoo!Blogとか。
利用者には事前に移住先のお知らせとかあった様子ですが、そのタイミングで止められた方も多く。中には結構マニアックで頼りにしていた情報源もあったのですけれど。
自分も、無駄な費用を掛けずに、大手の無料サービスにすべきかなぁと幾度も考えたものでした。しかし、結果的に無駄では無かったのかな?とも。

現在で云うSNSみたいなサービスも随分と淘汰されたなぁと。
NTTDATAのNexsiteとかホットワイヤードとか。当時はそのSNSの中でのコミュニケーションが面白くて、仲良くなった知人とちょっとした創作活動を楽しんだりしていました。
こういったサービスも、ある日突然終了してしまうもので。
mixiのコミュニティも既に十年以上前から廃墟化していたりですが、サービスを残してもらえているだけでも有難い場面があったりです。
TwitterやFacebookは半分社会インフラ的な存在になってしまったので、余程な事故でもなければ存続するのかなぁと思ってはいますが、十年後なんてどうなっているのか分からないもので。

国際通話の思い出

前回の記事に続き、ちょっと想定外だった思い出です。
事故関連でも想定外だったのがありましたが、そんな話題ばかり続くのもちょっと残念なので。

電話の国内通話は、通常ですと発信元が通話料を支払うものです。
世の中それが当たり前だと思っていたのですが、海外出張時に利用した国際通話が可能なレンタル携帯が恐ろしいシロモノでした。
出張前に会社が手配したレンタル携帯は、出国前にKDDの空港カウンターで渡されました。諸手続きは自分名義でクレジットカードの登録も自分名義で。

ヨーロッパでの出張中、ほとんどの通話は着信で日本からの技術的な問い合わせ。長電話になることもしばしば。
会社は輸入商社だったのですが、輸出元のメーカーの返信率が低かったり回答が曖昧だったりがそれまで普通でした。それが、自分の滞在中はかなり改善されまして。結果的にそのままヨーロッパに自分が残されそうな案も裏では動いていたそうです。
ビザを取得していない滞在でしたので、ともかく三ヵ月で帰国させてもらえて助かった次第です。あれほど和食が恋しくなる経験は初めてでした。

帰国後は会社で色々な清算がなかなか大変でした。二日ほど掛かったかも知れません。
その中で驚いたのがレンタル携帯の請求額。
何と、通話料が百万円を軽く超えていました。

着信でも課金される仕組みだったそうで。
そんなルールを知っている社員は一人もおらず、皆で驚きまして。
当然必要経費でしたので、会社は払ってくれましたが、そのしばらく後のクレジットカードの請求額はなかなかインパクトありました。
銀行口座にある程度まとまった額が入っていないと、人によってはパンクするだろうなぁと。一般的なクレジットカードですと、利用限度額が百万円に満たないのも多いかと。

その後も妙な出来事が。
クレジットカードで海外の支払いが続いた直後ですとあり得るらしいのですが、ヨドバシで買い物をした際にカードがその場で利用停止になってしまい。レジの後ろに並んでいたお客さん達の目が何かを疑っている様でちょっと怖かったです。
レジの電話でカード会社の窓口と話すことに。カード情報が盗まれたと疑われたらしく、更に利用額もここしばらく跳ね上がっていたので。
誤解は直ぐに解けたのですが、帰国後に続いた面倒は初体験なのが多く。

当時の自分はアメックスのゴールドカードを利用していました。これを持っていたお陰で、海外でもある程度信用された部分はありました。
しかし、セキュリティはけっこう厳しかった様子で、似たような場面はその後のアフリカ出張でも経験しています。またしても帰国後の利用停止でした。
年会費が高い割には毎度一々面倒臭いなぁで、結局数年前に解約しました。二十年分の年会費を合わせたら、けっこうな額でした。
ちなみに、現在の自分はセゾン系のゴールドなアメックスを利用しています。利用実績がそれなりに良ければ年会費が無料です。カードのデザインはむしろこちらの方が好みで。

話を戻します。
現在でも国際通話が可能なレンタル携帯がそんな課金方法なのか謎ですが、今後似たような場面に遭遇する方はお気をつけください。
まぁ、借りる前に心配して検索する人は少ないと思いますし、事後の出費の大きさに驚いて検索する人がほとんどでしょうけれど。
自分は2000年の春頃の経験でした。当時、同様のトラブルが無いのか検索したところ、けっこう多かった記憶です。
三ヵ月で百万円を超える通話料、こんなんだったら毎月ヨーロッパを往復した方が安上がりだったと思います。

現場

最近のニュースで思い出しました。
飛び降り自殺に巻き込まれて亡くなられた若い女性のニュースです。

大学に入学したばかりの頃だったと思うのですが。冷たい雨の夕刻、暗い歩道に横たわる若い男性と中年の男性。転がった傘と響くイビキ。
ちょっと非現実的な場面でした。二人してこんな場所で酔い潰れるなんてあるのかな?
校舎の隣の歩道、講義も始まる時間だったので気にせずに教室へ。ほとんどの通行人も気にせず通り過ぎ。

一時限目の講義が終わり、次の教室へ移動する途中で同級生の会話が。
「さっきそこで飛び降り自殺があったんだって」。
えっ?まさかあれがその現場?
どうやら飛び降り直後の現場を自分は通過していた様です。後日の噂では、二人とも亡くなられたそうで。
大学の校舎の窓から若者が飛び降り、歩道を歩いていたサラリーマンが巻き添いに遭ったそうですが、その若者は大学の学生でも関係者でも無かったらしく。
傘をさしていたのでは、頭上の異変にも気付かなかったんだろうなぁと。

こういった唐突の現場は、自分が何かヌケているのかどうにも実感がわかず。
直ぐに気付いて介抱してあげたら助かったのかなぁと少し罪悪感が残り。
しかし、どう介抱したら良いのか分からなかっただろうし。
あのイビキの理由も後から知りました。脳震盪や脳卒中で脳にダメージがあると、イビキを発することがあるそうで。二人のどちらかが頭部を強打したのかと。
校舎の四階だったかの窓越しの廊下には靴が揃っていたそうで、倒れていた若者の方は靴を履いていなかったんだろうなぁと。
そこまで機転が回りませんでした。

ちょっと不謹慎な話題となりましたが、タイミングが少しズレていたら自分が巻き添いに遭っていたんだろうなぁと。
まだ十八歳だった当時の自分、今思うとやりたいことの一割も達成出来ていない歳だったので、運が良かったのかもなぁと。

安いコシヒカリ

イオン系列の「まいばすけっと」さんにて数日前から山積みされているコシヒカリ。5kgで1480円。
これが気になっているのですが、以前に同様のオーストラリア米で痛い目に遭っておりまして。

2kgなら試し買いしても良いかと思っています。不味くても何とか消費できそうですから。
前回のオーストラリア米は全く食べられない程酷いワケでも無かったのですが、普通に炊いたらかなりしんどく。
基本パサパサで、お米をうるかす時間を長めにしたり、水を少し多めにしたりでたまに美味しく炊けるものの、保温していたらあっという間にパサパサ。
美味しく炊けるスイートスポットというか調整の範囲が非常に狭く。圧力鍋で炊いても同様でした。

「もう安いお米は買うまい」と思っていたのですが、一応コシヒカリらしく、どうにも気になり。
裏の生産者ラベルまでは一応確認。これがよく分からないブレンド米っぽく。
Twitter等で検索してみても、購入したまでの報告は幾つかありました。しかし、その後のレビューは見当たらず。

人柱でまた失敗したら残念過ぎますし、何方かのレビューを期待する本日です。
ただ、美味しい不味いの感覚は人それぞれで必ずしも自分に当てはまるかは別だったりで。
こういった特売系のお米は、山積みでの販売が多かった記憶です。しかし、短期間で無くなってしまうので、もし美味しくてもリピート買いは無理そうでもあります。
そこまで考えると、パスするのがやはり良いのかな。

古い大衆車の現存率

昨日観掛けたニュース記事で思い返したりでした。
30年前とか40年前の四輪をたまに見掛けるのですけれど、当時から高級車だったのばかりだなぁと。
一世を風靡した大衆車は、当時あれだけ溢れていたのにほとんど残っておらず。例えば80年代初頭のファミリアやシビックです。
当時としては性能も良かったそうで、デザインも優れていて安価だったので、カローラよりも一時的に売れたくらいで。
カローラが指標だった時代はとても長く。

現代の車に比べて使っていた金属の質も劣っていたらしく、錆でボロボロになって廃車になったり、高性能だった故に中古車が若者に酷使されて廃車になったりだそうで。
現在の中古車市場にも極僅かに出回っているそうですが、これがけっこう立派な値段。
それなりのレストアがされていたら当然の値段だとは思いますが、よほど好きじゃないと貰い手は居ないだろうなぁと。
80年代を再現した映画やドラマの道具を入手する事情でもなければ、余程の思い入れが必要そうです。

数日前のこと、自宅近くのコンビニ駐車場で古いVespaを見掛けました。
エンジンがなかなか掛からず、何度もキックしていて。
自分も嘗て兄弟車種を所有していたので、気になって話し掛けてみることに。

既に十五年乗り続けているとのオーナーさんでした。
でしたら、癖は十分に判っているだろうし、余計なアドバイスはしないことに。
ともかく小さな故障が多かったそうで、それは自分も同じでした。レストア代や修理代で既に百万円以上の維持費が掛かっていたそうです。
自分の場合は自分で直していたので、そこまでお金は掛からなかったものの、十五年も所有していたらそれくらい掛かっていたのかなぁ?とも。
見た目はテールランプが標準で無かったり、マフラーというかチャンバーがスポーツタイプに変更されていたりの車体でした。
しかし、ナンバーも車体も50ccのまま。

50ccの車体は30km/hの規制とか二段階右折とか面倒でしかない存在です。
あいにく原付の免許しか所有されていないらしく。小型自動二輪の免許を取得したら、かなり楽になるのにといった会話になりました。
車体はそのままでも、奥の手はあるのになぁと。
チャンバーは既に交換済みですし、メインジェットの交換も既にされているかと。それだけで、全くパワーが異なる嘗ての2サイクル。
一般道の四輪の流れに迷惑掛けない走りは既にあったと思います。

当時の古いVespaは、動く芸術品くらいの何かを持っていて。
路上駐車の規制が突然厳しくならなければ、都心暮らしだった自分も手放さなかっただろうなぁと。
当時の自分は古いマンションな自宅前にVespaを停めていました。それで突然のルール変更で切符を切られ。
まぁ、無くても生きて行けるサラリーマンで、半分は趣味の乗り物でした。山手線の内側を移動する分には縦横無尽な小道具でもあって。
自分よりも気の毒だったのは、歴史ある老舗のスーパーカブとかも切符を切られてしまった点でした。自分と違って、商売道具の一つだったのに。
路地裏系の下町だったので、ほとんど迷惑掛けていなかったハズでした。一種の懐かしい風景だったのかもなぁと。
そんな方々まで一律のルールで単車を手放してしまうことに。ちょっとした死活問題であったと思います。
自分もこれでは維持できぬで手放してしまい。

現在自分が所有している単車は250ccのスクーター。国内ブランドの新車なので、最低限のメンテナンスさえしていればこの通り故障も無く。故障したのは自分の整備の失敗程度でした。
この優秀さと安心感は捨てがたいモノがあるのですが、あの手間の掛かり続けた古いVespaが未だ恋しくもあり。
それでも乗り続けているオーナーさんに、敬意です。

既得権

頭からうろ覚えの話になります。平成の途中くらいまでの記憶なので、現在がどうなのかは自分も知りません。
特定郵便局というのがありました。地域の小さな郵便局の多くがそれです。それに対して普通郵便局というのがあります。
普通郵便局はかなり大きな郵便局で、郵便物の配達向けにスーパーカブとかが沢山揃っていたり。そこで働く職員達は公務員に近い存在でした。

日本で郵便制度が始まったのは明治の初期で、この社会インフラが全国に一気に整ったのは各地域の庄屋が特定郵便局として参加したお陰もあり。当初はボランティア色が濃かったそう。
庄屋そのものは世襲制の地域の有力者が多く、特定郵便局の局長は結果的にその地域で大きな力を持っていた様です。
当初はそれで上手く行っていたと思われるのですが、所謂既得権の様な状況が続いてしまったらしく。

地域によっては大きな普通郵便局の局長よりも、小さな特定郵便局の局長の方が遥かに強い立場。場合によっては地元の議員さんよりも強い立場だそうで。
世襲制なので、次に引き継ぐ局長は特に努力も無く利権も引き継げることが可能だったそう。
過去の仕事でたまたま知ったこの制度、凄い世界があったもんだなぁと。

上記に限らず、煙草の販売も既得権があったなぁと。
半径数十メートル以内には新たに煙草の販売店を設けられないとか。現在がどうなのか存じませんが。

他にも、日本の商習慣で暗黙の了解的な既得権はありそうです。ライバル店の近くの出店はなるべく避けるといった。
実際、それでトラブった例を下町暮らしの頃に観ていました。
地元の小さな食料品店がお酒を扱いだしたところ、二軒隣りの小さな酒屋さんと揉めてしまったそうです。互いに地元で何世代も暮らしている方でした。江戸時代から続く商標もあったり。
お酒の販売の法律が変わったのかも知れませんが、気の毒だったので自分は酒屋さんをなるべく利用することに。
しかし、酒屋さんはしばらく後に廃業されてしまいました。更にしばらく経ち、近くに立派なスーパーが進出することに。
食料品店の店主さんはスーパーに文句を伝えたそうですが、意見は通らず、結果的に食料品店も廃業。
仮に、食料品店と酒屋さんの協定みたいなのが上手く機能していたとしても、結果的に二軒とも廃業の道だったのかなぁと。
残念なことに、残ったのは歪なご近所関係だけでした。

帝釈天の参道みたいに同業者が幾つ並んでも相乗効果的な景観に繋がれば理想に思えたりです。合羽橋に行けば調理器具が何でも揃うとか。昔の秋葉原の電気街も(最期は何屋だか分からない品揃えな店も多く)。
ただ、食料品に類するモノだと難しいのかも知れません。余程の特色でも無ければその地域だけの消費でしょうし、同業者が増えても潰し合いになりかねず。

元々、都心の下町は人口流出が激しく、スーパーが進出してもそれだけの需要を見込めなかったらしく。それが大型マンション等の建設ラッシュで需要が十分見込めるようになったそうで。
ただ、上記の立派なスーパーも苦戦していました。都心だからと高級路線の品揃えで、客足は伸びず。大昔は大きな青果市場が近くにあった下町エリアの客層に受け入れられなかった感で。客層を見誤った様子。
結局、適正価格な品揃えに路線変更して自分も利用するようになりました。
自分がその下町に引越してきた当初は、徒歩圏にスーパーが全く無く、炊事自体を諦めていました。それが、十年後くらいにはスーパーだけでも三軒ほどに。

地方の商店街が大型スーパーの進出でシャッター通りになってしまうパターンは、何処でもあった様ですし。
過去の商習慣な既得権みたいなのは、どんどん無くなっているんだなぁと。
ある面、公平なことだとは思えたり。

最近身近にあった出来事がキッカケで、ちょっと頭の整理をしてみた記事でした。
どうにも自分の頭は古いのか、暗黙の既得権みたいなのを支持していた感で。既得権そのものは好きでも無かったのに。
大企業であっても、ライバルの出現で倒れてしまうパターンは多いです。二番手三番手の方が何かに優れていることも。
他にも、技術革新で扱っていた製品自体が不要になったり。何らかのボランティア活動が広がり、本業の方が利益を出せなくなることも。当時の自分は地域のHomepageを幾つか任されていたものの、ネット難民な高齢者は閲覧する手段が無かったので、お古のPCを持ち寄ってサポート出来ないかと企画しかけたこともあって。
今後も需要が見込まれる何かを扱っていても、一工夫するとか、サービスを良くするとか、価格を見直すとか等の努力が無いと、競争には勝てないんだろうなぁと。
ネットで最安値を探す場面も増えました。実店舗でサイズ確認だけしてネットで購入といったことも。酷い客だと思うので、たまには実店舗での購入もしています。
ただ、お気に入りの実店舗だけは別格でした。何とか生き残ってほしいお店は幾つもあって。