柴又は洪水に強いのか?

ここ数年、大雨による水害のニュースが暖かい季節に多く。自分が柴又に引越してきた五年前も、数十年に一度の水量が江戸川を襲っていました。
去年もけっこうな水量で、河川敷のグラウンドが水浸し。
結果的にどちらも決壊とはならなかったのですが、将来的にはどうなのかなぁ?と。

地名で云うと、柴又はかつて「嶋俣里」と呼ばれ、正倉院にもその資料が残っているそうです。川が溢れても島となって残った地域のようなイメージです(真偽不明ですが)。
江戸川から近い地域ではありますが、前方後円墳や柴又八幡神社、柴又帝釈天等の古い建物が残っているので、水害には元々強かったのかなぁと思っています。
弱ければこんなに重要なものを建てないと思われて。

ただ、江戸時代に治水工事が大々的にあったらしく、江戸川も利根川も元々の流れが変えられたそうで。当時は川が交通手段だったり物流手段だったり。
江戸川も十分に大きな川ですが、利根川の様な巨大な川の流れを変えたとは凄い事業規模です。
ですので、それ以前の水害の歴史とは単純に比較が出来ないのかも知れません。

この地域で現在でも有名な水害は1947年のカスリーン台風による被害です。当時の写真は色々と残っていますが、検索してみると柴又の被害な撮影は何故かほとんど残っていない様子です。文献で残っている程度で。
その後、治水工事が色々と進んだそうですが、どれだけ耐えられるかはその時が訪れてみないと分からないのかも知れません。
カスリーン台風については、柴又からかなり離れた利根川での決壊が引金だった様ですので、決壊現場から離れた地域からすると川の氾濫というよりも、陸から水が押し寄せてきた状況だったのかなぁとも。
こうなってしまうと、最寄り地域の治水対策だけでは対処不能なのかも知れません。
恐らく、江戸川がこの近辺で決壊する危険は無さそうにも思えます。
川から近いからとかいった問題では無さそうに思えてきました。

あと、カスリーン台風を教訓にしても足らない要素があるそうで。その後の高度成長期の地盤沈下で、土地が沈んだ地域が多いらしく。昔は二階の窓から近くの川が観えたのに、いつの間にか観えなくなった家庭とか地域によってあるらしく。
多くは工業用途の地下水くみ上げによる結果なのかなぁと思っています。柴又地域には大きな工場が無さそうですし、標高は当時と変わらないかと思っています。
ちゃんと調べていませんが、半世紀以上前はほとんどが畑だった柴又でして。
水害に弱い地域は過去の地名で分かりやすいといった話もよく聞きます。「谷、窪、沼」という地名は元々水の溜まりやすい地域だった等。ただ、それよりもこの半世紀で地盤沈下してしまった地域の方が恐ろしいかも知れません。前例が少ない分。

葛飾区による令和二年版のハザードマップを確認したところ、PDFの地図は拡大してもかなり読みやすかったです。
江戸川の堤防が決壊する二百年に一度の規模の大雨を想定した地図だそうです。自宅周辺は0.5~3.0mの浸水だそうです。
この幅が大雑把すぎます。0.5mですと自分のマンションは盛り土のお陰で無事かと思われるのですが、1.5mを超えたら床上くらいまではやられてしまいそうです。床置きにしているPCもNASも被害に遭うかと。
3.0mですと一階のこの部屋からの脱出も難しいかと思われます。寝てる間にやられたらかなり危なそうで。自分の部屋は引き戸な窓がキッチンにしか無いのですが、この小さな窓から脱出することになるのかな。押し戸は水圧で開かないかと。

話が飛ぶのですが、欧米の映画等で部屋に突入する場面ではドアが部屋側に開く作りが多いそうです。
逆に日本の住宅は外側に開くドアが普通で。洪水の時にこれだと水圧で開けられず、危ないよなぁと。車が水没した際もこれが原因でドアからの脱出は困難で。

〆の言葉がどうにも見つからず。
ともかく集合住宅の下の方のフロア暮らしでしたら、上のフロアで暮らす方々とは信頼関係が必要そうです。
真上のフロアで暮らすお婆ちゃんは、この時期我が家の庭のヒマワリの成長が楽しみらしく。花が咲いたら挨拶せねば。

Wikipediaの信頼性

ほとんど毎日の様に自分はWikipediaを利用しています。
ちょっと気になったことを調べるには便利ですし、ターゲットのページを読み進むと途中のキーワードがまた気になって枝葉を更に調べがちで。
何というか、90年代中盤に初めてインターネットに触れた時の様な情報のワクワク感というか。
自分は元々、子供の頃から図鑑とか百科事典が好きでした。将来は立派な百科事典を自宅に置いてみたいくらいに思っていました。
しかし、Wikipediaクラスの情報量を持った紙製の辞典って、どれくらいのボリュームになるのか見当がつきません。コンビニ一店舗分くらいのスペースが必要なのかな?
だいたい、紙製の辞典なんてボリュームがあるほど必要な情報に辿り着くまでが難儀そうです。それが電子情報でしたら、曖昧なキーワードでも辿り着けたりで。この違いは大きいかと思います。

そんなWikipediaも不正確な情報が含まれているんだろうなぁという心配もありました。何処まで鵜呑みに出来るのか心配も併せ持っていて。

Wikipediaの信頼性はどの程度のモノなのか検索してみたところ、ちょっと興味深い記事がありました。
Wikipediaで紹介されているご本人に尋ねてみる企画でした。その記事を読んでみたところ「全てが正しいわけでもない」という結論でした。
妙に詳しい紹介まであったりするそうですが、間違いも多かったそうで。

歴史上の既に他界した偉人についての紹介をWikipediaで調べる場面が自分は多いです。しかし、上記の例を考えるとやはり間違いの記載はそれなりにあるんだろうなぁと。だいたい、死人に口なしの如く今更本人に検証も出来ないですし。
ただ、これはWikipediaに限った問題では無さそうです。教科書で教わった「定説な歴史」でさえも覆される資料が突然発掘される場面が未だ多く。
多分、自分が子供の頃に教わった歴史も、現代では書き換えられている部分がそれなりにありそうです。

リアルタイムの情報でも、伝言ゲームの如く話が微妙に変わってしまう場面が実際に多く。下手すると、全く逆の話になっていたり。
結局のところ、本人に聴いてみない事には事実なんて分からんだろうなぁと。
ただ、本人についての評価や印象というのは第三者が決めるもので。本人が思っている自身の印象とはけっこう違いが大きかったり。
吉良上野介に至っては、敵側と味方側でかなり印象が異なる様ですし。まぁ、そういったのは両サイドの意見を綴るべきなのでしょうけれど。

以前にもちと綴った話だったと思うのですが、過去の仕事で知り合った面白い人について。
分析装置のサービスマンをしていた時代、官公庁の分析部門に出入りする機会が多くありました。
その中のお客さんの一人が、毎度同じ質問をしてくるオッサンで、口が上手いのもあって「仕方ないなぁ」と助けに訪れる場面も多く。「いまそこに居るんだったら、ついでに寄ってよ」みたいな誘い文句で。
まぁ、仕事はテキトーなオッサンでしたし、やる気の無さもぷんぷん漂っていて。
しかし、そのお客さんの担当営業曰く「裏の顔は凄い」んだそうで。担当営業も出鱈目な男だったのですが、両者ともに戦国時代の話題が大好きだったそうで。
オッサンは歴史系の書物を幾つも出版していたそうです。

何度目かの訪問時に自分もオッサンにその辺の話題を繰り出してみました。ちなみに、自分は戦国時代について全く疎く、当時少し話題になった戦国系の映画について切り出しました。
オッサン曰く「あれは出鱈目だ」との批評でした。出鱈目な人から出鱈目だと云われるからにはさぞや出鱈目なんだろうなぁと。
出版社側から「この人物について何か書いて」という依頼もあるそうなのですが、そんなのに限って参考になる資料がほとんど残っていないそうです。
酷いのになると当時の文献に一行登場しているだけだそうで。
こうなると、あとはイマジネーションだけで話を膨らますらしく。ただ、少しでも実態に近づけようと、必ず現地に赴くそうです。
そして笑ってしまったのが、分析装置の使い方でした。現代の分析装置の多くはパソコンと接続されているのが普通なのですが、そのパソコンに執筆中の作品が。
どうやら、仕事をしているフリで普段は黙々とパソコンに向かっている様子です。

このオッサンについては、自身の経験談もなかなか面白く。出身はど田舎で親は町医者だったそうです。
親からは息子も医者になるよう切望されていたそうなのですが、幼少期に観た親の仕事が壮絶で「自分には無理だ」と悟っていたそうです。
「何処かの工事現場で事故とかで担ぎ込まれる人がいるんだけど、身体半分が潰れちゃってたりして、こんなのどうやっても助かるワケないでしょって。あんなの観るだけでも嫌になっちゃうよ」。まぁトラウマになるだろうなぁと。
他にも、現在の表の仕事でクレーム案件があったりするそうですが、相手は法人ではなくて一般市民。相当ぶっ飛んでいる人も居るそうで。
そんな話が面白くて、何時頃からかその方面へ伺う際は呼ばれてもいないのに装置のメンテナンスに突然訪れることもしばしば。近くに来たついでという理由で勿論無料。

話を戻さねば。
そんなワケで、歴史小説というのはモノによって完全なフィクションも多い様子です。
Wikiについても、鵜呑みはやはり危なそうです。

Art Blakeyの功罪

80年代の中盤、当時高校生だった自分は60年代頃の古いJazzを聴き漁っていました。
当時の同級生達は現在進行形な流行りの洋楽を聴くのが普通で、自分のやっていたことは全く浮いていました。
当然、話に着いて行ける友人など周りにほとんどおらず。

Jazzのイメージは古いとか、年寄りが聴くジャンルだったと思います。
そのイメージを植え付けてしまった一人がArt Blakeyだったかなぁとも。
当時まだ現役だったArt Blakeyは親日家だったらしく、毎年のように来日してチケット販売のCMも見掛けがちでした。
その演奏がテレビ放映されたりでしたが、見た目も高齢者ながら、演奏しているその姿は口をパカッと開けたままで、まるで呆けてしまった老人で。
演奏していた曲目も誰もが耳にしたことがあるようなメジャーなのばかりで。
どうにも有難みを感じない演奏や存在でした。ベンチャーズなども似たようなものかと。

ただ、Art Blakeyの60年代頃の演奏をCDで聴いてみると、これがけっこうカッコ良く。
特にBlue Noteのライブ盤はかなり味わい深く。実は凄かったらしく。
演奏しているメンバーもとても豪華でした。Milesも若手の発掘に才能があったりでしたが、そのMilesが発掘するよりも前に採用されていたサイトメンがArt Blakeyのバンドに在籍していたり。

昨夜、何となくArt Blakeyについて検索してみたところ、興味深い記事がありました。
渡辺貞夫さんとの接点な話題でした。渡辺貞夫さんは高齢者ながら未だ現役ですが、Art Blakeyのような締まりの無さが無く、紳士的というか。
この方も知名度が抜群過ぎるせいか、自分はアルバムを一枚も所有しておらず。
というか、日本人のJazz系のアルバムを自分はほとんど所有していません。
大昔に日野照正さんがテレビ番組で語っていましたが「日本人がJazzをやっても本場(アメリカ)のアルバムを買っちゃうよネ」と。
「それを言っちゃおしめえよ」と思いつつも、それで喰っているプロなのに正直な意見だなぁと。

在宅七割

政府からテレワーク率70%の要請が出たそうです。
どれだけの企業が目標を達成できるのかなぁと考えてしまいました。

自分が過去に経験した仕事の多くは、販売した製品を出先で修理したり点検したりな場面が多かったです。
営業さんも、外へ出てなんぼな世界でした。事務職系の人は三割くらいでしたが、この方達も総務や購買業務等で出社しないと仕事にならなかったと思われます。
普通にやっていたのでは、在宅勤務が出来そうな立場の方は二割も居ないかなぁと。
ただ、特に重要でも無い場面で営業が客先に訪問するのは現時点で失礼に当たりそうですし、営業もテレワーク主体に移行可能なら全体で五割くらいはイケるかも知れません。

元々、黙っていても売れる製品であるなら、営業職なんて要らないくらいに自分は思っています。
このコロナ禍以降は、ひょっとしたら営業職の存在が問われてしまうのかなぁとも思えたりです。
法人では無く、個人相手の営業の電話とか訪問とかが時々あったりしましたが、ほとんどの場合は今必要としていないモノばかりでした。
過去の仕事でも法人相手の営業があったりしましたが、ほぼほとんどが「間に合っています」な回答ばかりでしたし。
必要だったら、こちらから問い合わせるのが普通かと思えてもいます。官公庁相手の入札くらいしか必要無いのかなぁとも。
求人票等で営業の業務内容を観ると、既存顧客の訪問が主体とかも多いですけれど、やはり新規顧客の開拓が無い限り、尻すぼみになりがちでしょうし。
そんなスタンスの自分なので、やはり営業には向いていないだろうなぁと。

勿論、営業を軽視しているワケではありません。売れる営業さんは凄いと思いますし、沢山の給料を頂くべきとも思っています。逆に売れない営業になってしまった場合は恐ろしいだろうなぁと。
ともかく、努力と成果がこれほど直結しない仕事も無さそうで。頑張っていてもちっとも売れない営業さんは何人も観てきましたから。
「出来る営業は、その辺に転がっている石でも売ってくる」なんて言葉も聴いたことがありますが、これなんて単なるイカサマ師の部類かと思えたりです。

テレワークに適していそうな職業を考えてみたところ、プログラマー等のソフトウエアの設計屋さんでしょうか。
開発ソフトとパソコンと通信環境さえあれば、何処でも仕事が出来てしまうでしょうから。
実際、職安の求人検索でも年中募集がかかっていますし、需要は未だ多い様子です。
自分も技術系ではあるのですが、プログラミングが専門では無かったので、ちょっと触れた程度です。
幾つかの言語もプライベートで触ったりしました。実際にWeb系のPerlやPHPでもBBSを作ってみたりしたことも。
ただ、PHPは途中のバージョンアップで仕様が全く変ったりして、その後は着いて行けず。これを職業にしていたら恐ろしいことになっただろうなぁと。
C言語はモノにならなかったです。組込向けのアセンブラは仕事で扱ったこともあり、ハードウエア寄りの言語でもあったので取っつき易かったです。しかし、そのCPU毎に仕様を理解する必要があり、汎用性の無い経験でしかなく。
COBOLとかの化石の様な言語は未だに需要が残っている様子です。将来性が無いとずっと言われていましたが、案外しぶとく。
新しい事を知るのは好きですけれど、何処まで柔軟性を持って着いていけるかが鍵なのかと。

話が更に飛んでしまいますが、某大手企業でお世話になっていた若かりし頃にセキュリティ系のシステムの打ち合わせで大手の金融企業に伺った際のことです。
打合せ室に向かう途中、ガラス張りの部屋の中が伺えました。自分よりも遥かに年上の方々が長い机でノートPCに向かって作業をしていました。横に一列向かい合わせで。
これが皆さん無表情で無機質というか。ただただコツコツと硬い表情で小さなノートPCと一体化していて。
金融系システムの開発者だったかと思われます。この仕事は自分に向いていないだろうなぁとも思いました。
野麦峠の女工達や、チャップリンのモダンタイムスの方が、まだ人間らしさがあったかも知れずでして。
クラフトワークの音楽も、案外有機的であったりで。

十年で生涯年収を獲得できるのなら、機械に魂を売っても良いのかなぁとも考えたりでしたが、あの方々もそれほどの高給取りでは無かった様子です。
人がソコソコ定義した要件を勝手にプログラミングしてくれる様な言語があれば素敵だなぁと思えたり。
あと、過去には職場で突然壊れてしまったプログラマーも何人か観てきたのも辛かったです。あぁなってしまうと、なだめも説得も既に効かず聴かずきかず。。
その後どうなったのかは誰も知らずで。

プログラマーで大儲けした人というのが、過去のテレビ番組で登場したりでした。
ビル・ゲイツさんとか売れたOSの開祖的な方が多かったです。
今世紀に入ってからですと、SNS系のサービスで長者になれた方が多いのかなぁとも。
結局のところ、アイデアを具現化出来ないと儲からなさそうで。二番煎じの方が成功した例も案外あったりで、先手必勝でも無いよなぁとか。

テレワークの話に戻します。
人生の半分を過ぎただろう自分に、そこまで儲けようという野心は既に少なく。
老後に困らないくらいソコソコの収入があったら十分だよなぁと。
気が向いたら近くの江戸川でボーっと出来れば、それだけでも十分な息抜きになりそうだよなぁと。
出来るものなら週末くらいは恋人と時々イチャイチャしたり、少し贅沢を楽しめたり。
そんなテレワークがあったらなぁと。

雨宿り

「雨宿り」。さだまさしさんの代表曲にもそんなのがあったなぁと。
例年、夏の小さな庭を楽しませてくれるヒマワリには開花時期に小さなカマキリも訪れがちでした。
花の蜜を狙う他の昆虫を狙っている様子ですが、花も咲いていない時期から待機中らしく。
そんな知恵とか能力とか、どうやって知るのだろう?と毎度不思議です。親から教わるワケでも無く。

ここしばらく続いた雨で、ヒマワリの開花は遅れています。例年ですととっくに咲いているよなぁと。
雨の中、ヒマワリの軒先で雨宿りなカマキリ。
自分よりよほど頭良さそうだよなぁと。

図書館へ

今日は午後も雨ではなかったので葛飾の中央図書館へ。
半年ぶりくらいの訪問です。
一時期はコロナの影響で閉館していた様子ですが、今日は思ったより来館者も多く。
借りたかった本についてはWeb経由で事前に目星をつけておきました。ただ、会員証はまだ未作成だったので、これもWebで事前登録。

この中央図書館は、なかなか立派で所蔵数も多く。税金の正しい使い方の手本というか。
借りたかった本はWebの情報通りの棚ですぐに見つかりました。その後の会員証の発行も事前登録のお陰で実にスムーズ。
本の貸し出しも会員証と本のバーコードを自動で読み取ってくれて、何も記載する必要が無く。
学生時代とは偉く変わったというか凄い進化です。
老眼が進んでいなければ、もっと沢山の本を読んでみたいのですが、視力の衰えはどうにかならんものかな。

しばし時間が出来たので有効活用したい地元の図書館です。

ありゃりゃ

退職に伴い、通勤定期の残り分を清算。
しかし、ドジを踏んでしまいました。

購入していた三ヵ月の定期はモバイルsuicaでした。残りの期間はひと月半。
一ヶ月分の定期代が戻る上に、差し引いた半月はまだ使えるかと勘違いしてオンライン申請したところ、即刻で使えなくなりました。
もしかしたらそうなってしまうのかな?と思いつつの操作でしたが、悪い方向に倒れてしまいました。
そうなると分かっていたなら、半月後に操作していたかと。一万円近くの損をしたようです。換算すると、まともな鰻を何杯か頂けたんだろうなぁとか。
駅の窓口での処理であれば、担当者がその場で教えてくれたんだろうなぁとも思います。オンラインの不親切な部分というか。

スマホを定期に出来る機能はなかなか便利でした。おサイフケータイも使い始めの頃はその便利さに感動さえ味わったりでした。
これを味わってしまうと、次に入手するスマホも必ずおサイフケータイ機能が必須になりそうです。
最近観たニュース記事では、個人IDや各種免許証といったカード類も一枚にまとめるとかスマホに機能を搭載するとかの案が政府から出ているそうで。こうなったら、本物のお財布を所持する必要が限りなく無くなってきそうです。

まぁ、あの忌まわしき三密な通勤電車から解放されて良かったとも(少し)思っています。
現代というかこのご時世が抱えている社会の矛盾そのものにも思えていました。
強制力があるワケでもなく、それで感染しても自己責任。
自己判断の世界ですけれど、通勤せねば務まらない立場の人は数多く。
個人的には、このご時世で再就職出来て、それもこれまでの経験を少しは活かせる技術職でしたので、社会復帰の現しでもある満員電車は大きな問題でも無かったです。
まぁ、社会人だったら仕方ないよなぁくらいにも思えていて。