AIの怖い部分

昨夜観たドキュメンタリー番組で「AIの怖さ」みたいなのが紹介されていました。

しばらく前に、某就職サービスで「内定辞退者予測サービスを企業に提供していた」件が問題になったのですが、売られた情報はサービス利用者の学生の言動を調査して導かれた結果だったっそうです。
「過去の同レベルの学生が幾つもの企業から内定を頂いた場合、選ばれるのはこの企業」等の情報をストックし、本人の行動パターンから内定辞退を予測してしまうそうで、その情報によって企業から門前払いもあり得るそうで。
100%の保証は無い情報だと思いますし、好みというのは人それぞれなのですから「その他」な例外的な人も居ると思うんです。たぶん自分もその一人だと思いますし。
チャンスを取り上げてしまうようなサービスは、どうにも好きになれません。
企業にとっては採用の効率も大切なのでしょうけれど。

もう一つ気になる例が紹介されていました。
一部の就職サービスでは、本人のSNSアカウントを特定し普段の素行を調べられてしまうそうで。
裏アカウントもキーワードや交友関係で探し出し、そこの本音がけっこう重要だそう。
裏アカウントで綴られた言葉の中にネガティブなものが多いと、評価が下がるそうです。(ダークワードリストと一致する言葉がどれだけあったかとか)
膨大なデータの中から一瞬で結果が導かれるそうで、人間業ではとても敵いません。
就職サービスに限らず、例えば家のローンを借りる際とか婚活サイトとかでも使われてしまいそうな機能です。

人は誰でも表裏が多かれ少なかれあると思います。コンピューターとは違うのですし、それが全く無いのはそれこそコンピューターのような味気ない奴になってしまいそうです。
ただ、表裏があり過ぎるというのはやはり問題なんだろうなぁとも。
就職試験の中には適性試験というのもあるのですが、「正直に回答せよ」と言われても善人を装うことも出来てしまうワケで。普段の素行から正体見たり!は、案外理にかなっていますし、裏で悪い事をする人が減るキッカケにもなるのかな?
街中に監視カメラが溢れたり、車にはドライブレコーダーが搭載されて結果的に犯罪の抑制にも繋がっていますし。
お天道様はお見通しだよと。

しかし、「裏アカウントのダークワードに本性を観る」なんてことは、誰だって思い尽くし、鍵の掛かった日記を盗み見るようなもので。
AIの本質はもっと難解なブラックボックス経由で回答を導くイメージでした。どういったアルゴリズムで計算しているのか人間には分からないイメージでした。
去年辺りに観たAI関連のドキュメンタリー番組では「少子化を食い止めるヒント」みたいな計算結果で「どうしてこれが?」と思われるキーワードが幾つか導かれていました。
そうすると、今回の番組はAIとあまり関係無いのかな?とも思えてしまい。計算方法が人にも解りやす過ぎるからです。

昨日は似たようなニュース記事も観掛けていました。「クッキー情報収集、公取委規制へ」というタイトルでした。
ブラウザーの閲覧や検索履歴から、訪問先サイトの広告欄におすすめ商品が勝手に表示されるパターンとか。あぁいった現象は端末にクッキーと呼ばれる履歴が残っているせいで。
何処かのサーバーにはそれと紐づけた膨大な量のデータが残っていて。
こういった情報収集活動への規制が入るらしく。
まっとうに生きている人には関係無いのかなぁとも思えたりですけれど、人が勝手に点数化されているような部分はちょっと悔しくもあり。

しばらく前、水害にあったタワーマンションの情報を自分は検索していました。どんな被害になるのかなぁと。
しかし、その後は様々なサイトで高級マンションの広告がポコポコ表示されています。
あんなに高価なモノ、自分に勧めても全く無駄なのに。
現在の住居にも満足していますし。

冬の富士山で滑落事故

冬の富士山で滑落事故があったそうです。
事故自体は一昨日で、公に知られたのは昨日のニュースででした。
一部のネット民は一昨日の事故をリアルタイムで観ていた様子で、事故後の通報者も沢山居たらしく。
というのも、事故に遭った方は登山中の姿をネット中継していたので。

検索したところ、滑落中の映像まで公開されていました。そうなるまでの映像は真っ白な雪の世界と雲の上に広がる何処までも青い空。
ほとんど山頂付近の手すりが終わった先で、悲鳴と共に落下する本人。映像は雪面と空と本人の身体をゴロゴロ映しつつ、何処かで滑り止まった部分で終わっていました。
どれだけの距離を落下したのか分かりませんが、報道によると「警察が確認した結果、頂上から7合目付近にかけての静岡県側の斜面に人が滑落したような跡が見つかった」だそうです。標高差だけで1kmくらいになるのかな。

ネット上の情報では、事故に遭ったのは四十代の司法浪人さんだったそうです。
勝手な想像ですが、長いこと浪人生活だったのかなぁとか。多浪向けの受験制限みたいのがあったような気もするので、あくまでも勝手な想像です。
弁護士を目指す人は、そもそも学業優秀だった人が多いでしょうし、司法試験に受かるか否かで人生が大きく変わるでしょうし。一かゼロの世界。

高校を出て上京したばかりの頃の自分は、ボロアパート生活から始まりました。早稲田界隈のアパートだったので住民は現役の学生も多かったのですが、無精ひげにヨレヨレな姿のオッサンも何割か占めていて。
どうやら、これが司法浪人だったらしく。
自分のアパートはまだ部屋にトイレがあったものの、隣のアパートは集合トイレで、真冬など玄関からトイレに行くまで薄着で寒そうな住民を幾度も観掛けています。
贅沢も出来ない禁欲的な生活をあそこで何年も続けているんだなぁと。

優秀だった知人のお兄さんは凄かったです。現役で医科歯科大を卒業し医師の免許を取得、その後に公務員になったのですが、肌に合わない仕事だったそうで東大の法学部に進学。
在学中に司法試験もパスし、現在は弁護士だそうで。
この脳みその違いはいったい何なのか?

話が戻るのですが、事故に遭った方は本業で表舞台に立てない日々、富士山登山のネット中継を幾度かされていたそうです。結果こちらが表舞台に。
残念な終わり方ですが、やりたいことの一つくらいはやれたのかもなぁと。洞穴生活だけでは無かったのですから。

山での遭難」な記事で以前に綴りましたが、登山愛好家の一部はネットで自分の登山経験を公開するのが楽しみだそうです。
登山愛好家向けのSNSでは遭難した経験談を幾らでも読めます。これがけっこう読み応えありまして。
遭難しても無事だった方は記録を残せますし、幾度も遭難している強者も中には居たり。そして帰らぬ人となった方の記録は残されず。(第三者によって綴られたのはありますが)
今回の方もヤマレコを利用していたのか分かりませんが、ネット中継では沢山の視聴者が居たそうです。
遭難の原因の一つは「目立ちたい」という思いも、やはりありそうです。

ともかく、はやく救出されると良いですね。雪山での救出は相当危険らしく、二次災害も起こらぬよう。

レビュー機能

しばらく前に、Amazonのレビュー機能問題についてテレビ番組で紹介されていました。
ヤラセのレビューがあるのは使っていれば分かることでしたが、逆に競合製品に対する嫌がらせレビューもあるそうで。
これはちょっと驚きでした。足を引っ張ったり妨害したりまで、普通の日本人はやらなそうですし。
実際、そういったのは大陸系の組織ぐるみでの対応だったそうで、番組スタッフが現地で証拠を掴んでいて。

五つ星のランキング制ですと、自分は滅多に一を付けないのですけれど、大陸系の製品の中には救いようのないモノも実際含まれています。
主にスマホのアクセサリー関連です。特に酷かったのは画面の破損を防止するガラスシート関連でした。どうやっても四辺が浮いてしまう構造だったりで。
あれでは使っているうちに、浮いた部分から必ずゴミが付着してしまいます。

しかし、けっこうしっかりした日本語で高評価のレビューが当初多く。そういったレビュアーは多くの場合、他機種向けの類似商品にも似たようなレビューを幾つもしています。
個人ではあり得ない事です。同時期に複数種類のスマホを購入している前提になるのですから。
大陸からの出品では当たり前のように、こういった問題が発生しています。

Amazon側の対応にも自分は最近諦めが入ってきています。上記のパターンでは本来星一つとすべきだったのかもしれません。それをしなかったせいか、レビュアーランキングが突然ガタっと落ちました。
それまではランキングの三千番台あたりをうろちょろしていたのですけれど、ある日突然桁違いに落ちてしまい。
ヤマトさんが撤退後の配送状況も正直酷いもんですし、今後はヨドバシさんをメインに利用しようかと思っています。
ヨドバシさんですと、特に有料会員でなくても翌日配送が普通ですし、その配送もしっかりしています。(地域によるようですが)
そもそも怪しい商品はほとんど扱っていませんし。

来月はAmazonプライムの会費が発生予定です。忘れる前に退会しておかねば。
プライムビデオも観たい作品のほとんどは追加料金が発生する状況でしたし、年会費もけっこう上がってしまったし。

話題がちょっと戻りますが、最近ではYahoo!のコメント機能でも大陸系の方が出没している様子です。
これにもちょっと驚きました。大陸系に批判的なコメントに対して、けっこう流暢な日本語で反論してきたり、悪い評価を入れてきたり。(時々妙な日本語が含まれているのが特徴で)
Amazonは利害関係が働くので、そういったレビューが生まれてしまうのは分かるのですが、金銭面で全く利害関係の無いYahoo!のコメント機能で何故なのか不思議です。
そのコメントも個人によるものでは無さそうで。そもそも、個人がそこまで母国を信頼していると思えないですし。
ちょっと怖いなぁと思ったりでした。

意外に強かった江戸川

スーパー台風等のドキュメンタリー番組で、危険だとターゲットにされる葛飾区や江戸川区や足立区ではありますが、今回の台風19号で被害はほとんど無い様子でした。
これは偶然で無く、様々な治水対策があったからのようです。
地下宮殿であったり、スーパー堤防であったり、八ツ場ダムであったり。どれか一つ欠けても、危なかったのかも知れません。
特に千住地区が浸水すると、地下鉄千代田線ルートで都心まで浸水してしまう説もあるそうで、放っておけない問題だったのかなぁあとも。都心程地下街が発達していますし。

前回の記事にも綴ったのですが、都内でも多摩川方面は被害が大きかったらしく。江戸川方面を含んだ都内の東側より、ハイソなイメージの多摩川方面だったので、治水対策を含めたインフラもしっかりしているイメージだったのですが。
ちょっと意外な結果でした。

ただ、強力な台風が訪れる頻度は増えている様子ですし、都度強力になってもいる様子です。
これが温暖化の影響なのか分かりませんが、海水面も今後は上がる一方だそうですし、河川は海からの流入の対策も必要なんだろうなぁと。河川に限らずでしょうけれど。

随分前に数ヶ月暮らしたオランダは、オランダ国民が作った土地でした。遠浅の海を開拓し、徐々に領土を広げたそうで。
自分が暮らしていたオランダ南部の田舎町には海岸線より内側に幾つもの土手のような道が存在していました。これが過去の海岸線だったそうで、徐々に外側に広げてきたと。
気候の安定したオランダではありましたが、過去には大きな水害もあったそうです。それにより何らかの対策をしてきたそうで。
様々な面でオランダは昔から先進国でしたが、海からの治水対策でも学ぶべき点が多いのかな?と思えるこの頃でした。

地下の設備

今回の台風被害でも思ったのですが、どうして重要な設備を地下に置くような設計をしてしまうんだろうかと。
武蔵小杉の一部のタワーマンションで近くの多摩川が溢れ、地下の電気設備が浸水した結果停電に断水が発生したそうで。
一ヶ月間はエレベーターもトイレも水も電気も使えない状況だそうで、上層階は実質暮らせないらしく。

福島の原発事故も似たような感じでした。
311の津波により地下の電源設備が浸水し停電。原子炉の冷却が出来なくなり結果は爆発とメルトダウン。
浸水したら機能しなくなり最悪大事故に繋がるような設備を何故に地下に置いてしまうのか不思議でなりません。それも水害が十分に考えられる立地で。
海に浮かぶ関西空港でも水害で地下の電源設備が壊れた事故とかありました。
フェイルセーフな設計とはかけ離れている感です。

と、文句ばかり綴ってしまいましたが、取り返しつくうちに他の似たような環境は対策を取った方が良いのでは?と思っています。
恐らく、事故後の対応より事前の対応の方が十分に安くつくと思えますし。(それでも相当な出費でしょうけれど)
武蔵小杉のタワーマンションも、設備が復旧したところで構造が一緒だったらまた同じ被害の繰り返しでしょうし、そんなのが続けば結果が見えているでしょうし。

自分の暮らしているマンションは四階建て程度の高さなので、電気や水道が止まってもまだどうにか暮らせそうな範囲です。
過去の職場が高層ビル内だったことがあるのですが、試しに十階まで階段で上がってみたところ、それだけでけっこう草臥れました。
高層マンションの上層階で暮らすのに適している人って、本来は登山経験が豊富な人に限られるのかなぁと。

海沿いや川沿いに建物を造っちゃいけない。とは思っていません。
造ってもいいけれど、最悪の場面で最悪の結果に繋がらないような構造にすべきだよなぁと。というか、こういったパターンは設計ミスくらいに思っています。

あと、多摩川対岸の二子玉川関連のニュース記事で興味深いのがありました。
景観を優先した結果、川の堤防内に作られた高層マンションがあったそうなのですが、今回の台風で周りは浸水被害があったもののそのマンションは十分に安全対策を施した設計だったらしく、ほぼ被害が無かったそうです。
地上面の高さを十分に稼いだり、居住スペースは三階以上であったり。(上記の武蔵小杉のタワーマンションについては、上層階の居住者がトイレを使用した場合、下層階のトイレから下水が逆流してくる状況だそう)
こういった対策がされているか否かで、建物の将来的な評価が大きく分かれそうな気がします。地下の構造がどうなのかは謎ですが、記事はこちらです。

今回はオチの無い記事でした。

柴又のお祭り

大きな台風去りし本日、地元柴又でお祭りがありました。立ち直りの早さは大切です。
御神輿は三年に一度しか担がないと聴いていたのですが、今年は令和元年ということで渡御も。
なかなか見応えありました。

ノーベル賞

ノーベル賞の受賞候補に今年は日本人が含まれていなかった様子でした。しかし、ふたを開けたらそうでもなく。
棚から牡丹餅的な嬉しい今夜でした。まぁ自分が頑張ったワケでは無いのですけれど。

日本人で物理や化学、生物といった理系分野でノーベル賞を受賞される方は圧倒的に国公立大学を卒業されている方が多い感です。(ちゃんと調べていませんが)
国公立大の昔の受験は計七科目の試験が必要でした。理科系だけで二科目で社会系も二科目で。他に国語、英語、数学で。
勝手な解釈ですが、ノーベル賞の理系分野で受賞される方は物理も化学も強くないと突破できない内容が多い感で。生物と化学という組み合わせもあったり。
各科目の境界線辺りをくっ付けたような研究が大きな成果を上げたのかなぁと。

自分の場合、物理は得意科目の一つでしたが、化学は覚えることが多過ぎて受験前に捨てていました。なので、数学と英語と物理の三科目だけで受験できる私立を選んだワケで。
極端な話、漢字が全く書けない奴でも何とかなったワケです。
旧帝大出身者は、自分からすると万能の神の如く何でも知っているのが多かった感です。
実際、北大を卒業した自分の兄はそんな感じでしたし、東北大を卒業したかつての同僚もそんな感じでした。
早稲田の一文を卒業したもう一人の兄も、受験科目が少なかったから入れたと漏らしていましたし、同じ学部を卒業した堺雅人さんも不得意科目が極端に弱かったそうで。
じゃぁお前はどうなんだよ?な自分は、全く何の取柄も無く。

アインシュタインの場合は物理も化学も数学も凄まじい能力だったようです。そうでなければ、ニュートン力学を引っ繰り返すことなど出来なかったでしょうし、(良い悪いは別として)原子力関連も開発されなかったでしょうし。
しかし、二十一世紀の現在、科学方面の最先端な研究は複雑怪奇です。ノーベル賞の受賞内容にしても、それが何の役に立つの?系が多いようにも思えて。
自分の場合、二十世紀の相対性理論についても覚えた当初は難解に思えました。ただ、それを覚えない事には物理系で受験出来ず、十九世紀に生まれてきたら幸せだったなぁとか。
いま現在の受験生は、自分の時代より更に多くの知識を求められているのかな?

ともかく、リチウムイオン電池の登場は画期的でしたし、それが社会に十分普及した点だけでも今回の吉野さんの受賞は分かりやすくて素敵だと思います。