スノーデン

昨夜から本日にかけて観た映画の一つが「スノーデン」でした。
合衆国の諜報機関の裏事情を暴いた男のストーリーでした。2013年に世間を騒がせたニュースを題材にした実話らしき作品です。
映画作品なので、多かれ少なかれ着色はあるのでしょうけれど、まぁまぁ見応えのある内容でした。自分もIT業界の端くれに居たりもしたので。
政府の裏事情を知る立場で、それを暴露してしまうのはどんな人格だったのか?と世間を騒がせた当時から気にはなっていました。

主人公のスノーデンは、IT系の知識や能力は卓越していましたが、映画で扱われる本人の生活は至って普通の青年でした。人並みの恋愛も同僚との信頼関係も築けていて。
むしろ、特殊な環境での仕事で同僚との信頼関係は良かったくらいです。
名目上はテロ対策の情報収集を担う組織でしたが、実際のところは一般人のプライバシーにも容易にアクセス出来たり、それらを収集していたりで主人公や同僚達の良識を問われる日々でもあったようです。

ファーウェイの製品はバックドアがあってセキュリティ上危険。とのニュースや話題が多いこの頃ですが、実際に噂だけで具体的な実害はまだ自分も聴いていません。
しかし、本作品では合衆国を代表する数々のIT企業が国の諜報機関にバックドアを提供していて。グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、アップルもです。
情報の漏れた先が合衆国なら許されて、他国は許されないというのも妙な話に思えます。核の保有で許される国と許されない国に近いというか。
皮肉なことに、スノーデンは暴露後にロシアに亡命したような状況になっています。元々は合衆国の愛国心を持っていた主人公は、合衆国のお偉いさん相手に追われる立場となってしまい、結果的に敵国に守られた状況で。
まぁ合衆国を心から嫌いになったワケで無く、その国民に事実を知って頂いて判断してほしいという流れだったようです。同僚や上司の一部はその報道に喝采し、上司の一部は凍り付いた結果でもありました。
主人公は全てを捨てる覚悟があったのですが、恋人だけは失わずに済んだ様子でした。

自分も嘗ての仕事で社内の各種サーバーの管理もしていたので、時として見たくも無い情報に触れざろうえない場面がありました。中には酷い情報も含まれていました。
ただ、知らなかったフリが必要で。
情報系部門に限らず、事故処理的な仕事が含まれる部署では他言出来ない場面はあったりしますし。

そんな事を思い出したりの映画でした。主人公はこの後にどうやって食っていくのかなぁと思いつつ。
作家の景山民夫さんも暴露本を出版したりしていましたが、妙な終わり方をしていたよなぁと。

雨続きの天気予報

こんなときは単車のツーリングで気分晴らし。と決めたいところですが、これがしばらく雨続き。天気予報まで雨続き。
屋外の点検作業が多かった職場も、雨続きでは大変だろうなぁと思いつつ、既に過去の世界。

自動録画されていた自動車の番組を昨夜は楽しんでいました。ディスカバリーチャンネルで放映されている「クラシックカーディーラーズ」という番組なのですが、最近は無料枠の放送が他のチャンネルでもあるらしく。
ここ数ヶ月、録画した番組を観る機会が無く、ビデオのHDDは既にパンクしていました。「ゴールデンカムイ」というアイヌを題材にしたアニメを全話録画していたものの、これは後から観ることも無さそうで、まとめて消去。
どうにか六時間を超える録画の空き時間を確保。

クラシックカーディーラーズでレストアされる車は高価過ぎないのが常でしたが、昨夜観たのはランボルギーニのスポーツカー。今までとは少し異なる展開で、見応えありました。
八気筒のキャブレターの調整とか、大変なんだなぁとか。自分も250㏄の四気筒をレストアしていた際、似たような苦労を味わっていて。キャブレターが調整されたエンジンの音って、全く異なる調和感があって。それもアイドリングの時点で。
安く仕入れてレストアして売るという企画、作業中に交換した部品代とかのコストも考えられていて、最終的にこれだけの儲けがあったという〆なのですが、メカニックの作業賃がそこに含まれていないのが毎度不思議で。
メカニックは一流の方なので、その分の費用を考えたら毎度赤字になってしまいそうです。
しばらく前にメカニックは別の方に変わったのですが、それまで出演されていたエドさんは知識も豊富で真面目で、このまま出演してほしい存在でした。
何故降板されたのか以前に検索したところ、真偽不明ですが番組の制作スタンスに違和感を覚えたそうです。コストや時間の制約で手抜きを求められ、自分の考えと合わなかったそうで。
番組を観ていても、重要な部分の手間は面倒でも惜しまなかった様子でした。しかし、気になる部分を全て直したり交換したりしていたら、とんでもない売値になってしまうでしょうし、目をつむる点は何処かしらにあったんだろうなぁと。その基準も人それぞれでしょうし。
番組内ではそんなモメている場面がカットされてきたワケですが、逆にそこまで放映したらもっと面白い番組になれるのかもと思えたりでした。
「見た目が綺麗になってりゃ、そんなところ壊れたままでも視聴者にバレないよ!」なんて制作側の声まで入っていたら、更に面白そうで。
他業種の視聴者も学ぶべき様々な意見の調整方法とかあったろうなぁと。

近況

カクカクシカジカ近況報告となりますが、仕事を辞めました。
ここに至るまで書きたいことは色々とあったのですが、ちと特殊な環境だったのもあり具体的な事は一切綴れずです。なので、何処でもありそうな範囲まで。

最近の記事に綴った直属の上司が問題だった場合。これはどうにもならないパターンが多そうです。Webで対処法を検索しても、個人の努力だけでは解決が難しかったり、何らかの配置換えでも無ければ状況は変わらないかと。
部下が何らかの実績を積み上げて誰からも認められる状況を作り上げるという手段も、見習い期間が一年以上必要だったりする環境では無効な手段ですし。
「誰々のせいで」というのは自分の問題の置き換えでもあったりしますし「自分に問題が無かったのか?」から考えていました。しかし、前任者も含めて酷い対応をされていたなぁとしか思えず。
前任者も自分も全く問題が無かったワケではありませんが、前任者は他所への異動で助かりました。自分はその手を使わず退職を選択しました。
現在の仕事を全うしない状況での他所への異動は別の問題を生じかねず。

過去の転職でも時々見掛けましたが、立場の弱い方をいたぶって楽しむ様な人というのは、仕事以外で大きな問題を抱えていた様子です。
それが直属の上司ですと、配置すべき部下は職場内で既に認められた存在じゃないと務まらないのかも知れません。

数ヶ月の勤務期間でした。仕事以外ではちょっと助かったと思える部分がありました。
しばらく綴っていた電子マネーへの鞍替え関連です。電子マネーのサービスを利用するにも新たにクレジットカードを作る必要がありました。
結果的に自分は直近二ヶ月間に三枚もクレジットカードを作っていて。PASMOに自動チャージ可能な鉄道系のカードや、量販店のポイント還元率が高いカードや、万能そうなカードです。
それらの契約には勤務先の記入も必須で、場合によっては勤務先に在職確認の電話があったりします。
なので、しっかりした勤務先の社員は審査に有利だったりします。この点で今回は助かりました。まして短期間に複数のクレジットカードを作ると審査側は怪しむらしく。
Web経由の申し込みでは、だいたい30分以内に審査完了の連絡がありました。中には落とされる方もいらっしゃるそうです。
自分も無職だったら、そもそも申し込まなかったかも知れません。落とされた履歴も審査側で共有されてしまうらしく。
一部の店舗以外で、自分が現金を利用する場面はほとんど無くなりました。

話が戻りますが、その職場の全員が悪人だったとは勿論思っていません。その多くは善良な市民的であり、沈黙の羊さん達でした。
また、今回の縁を導いてくれたトップは、最後まで親身になって対応して下さり。身元保証人になって下さった方を含めて、この結果に自分は申し訳なく思っています。
そして、世の中にはこんな環境の仕事もあるんだなぁと、貴重な経験となりました。
頑張らなくちゃ。

劣等感

自分も若い頃少しは劣等感もありました。
顔が大きかったり運動が苦手だったり。まぁ悩む程の問題でも無く、今となっては何ら問題無く健康でいれるだけ幸せで。
しかし、劣等感むき出しの人は何人も観てきました。

高校時代の通学のバスで絡んでくる他校生は中学で隣のクラス。毎度嫌味ばかりの気の毒な男で、よく言われたのは「お前が引っ越してきたせいで、俺はお前の高校に入れなかった」と。
ホンマかいな?でした。奴の成績など自分も知りませんが、ギリギリの成績で自分の高校に入学した連中は赤点だらけで苦しんでいて。むしろ身の丈にあった高校に進んで良かったのでは?とも言えず。
奴は自分の高校の同級生にも同じ嫌味を投げていたそうで、学業以外に何か足りない部分があった様子です。

以前の職場で「大学に行きたかったのに」を口癖にしていた若者もいました。家庭や金銭的事情で大学進学を断念したらしいのですが、やりようが全く無かったとは思えず。
他の同僚にも同じ愚痴を垂れていて「だったら行けば良かったじゃん」と。確かにその通りです。
勉強の出来る奴なのかは分かりませんが、大人になっても後悔するのであれば、今からでも遅く無く。自分の進んだ夜間の大学には三十五歳の同級生も居ましたし、奴はまだ二十代前半。

ここしばらく身近な存在だった組織にも四十代だというのに劣等感の塊みたいなのが何人か。
当時、地元の進学校の生徒には嫌な思いをしてきたから、あの高校は許せんとか。大卒は大嫌いだからそれだけで虐めたくなるとか。
随分と情け無いオッサンに育ったものである。としか言いよう無く。その部下達も気の毒で。口にしなけりゃバレない劣等感だったのに。
状況的には孫請けの組織で、ずっと無理を強いられてきたそうですし、上の組織もその上の組織も過去の学業優秀者が多かったに違い無く。
だったら、そこに行けば良かったじゃんとも言えず。

行かなかったのを決めたのも当時の本人ですし、歳を重ねても本人に変り無く。選択肢が全く無かったワケでは無かったでしょうに。少し時間が経った後だったとしても。
自分がその立場じゃ無かったから分からないのかも知れません。
しかし、学歴が低くても身の丈に合った暮らしで幸せな人も居るんですし。

その人達は知らないでしょうが、逆のパターンもありました。
過去の仕事で採用側に立った場面ででした。中途採用の募集でしたが、超高学歴でも氷河期世代で浮かばれない転職を強いられた方々です。一時期は非正規の研究職だったらしく。
紹介文が面白かったので、自分は面接の機会を推したりでしたが、周りは許してくれませんでした。
うちみたいな理不尽も強いられる環境ではプライド捨てて謝るしか無かったり、それが出来るとは思えないと。学歴の低い方の意見でした。
分からなくは無いですが、一緒に働いてみないとそれこそ分からんのになぁと。

そんなこともあり、自分は学歴的にも丁度良い具合だったかとも。
大学院にも進めるオツムはあったつもりですし憧れもありました。しかし、無理に進んでいたら社会人になるのが数年遅れて、最初の就職の機会も厳しかったと思えています。
自分はバブル組の最後の世代でしたから、苦もなく最初から正社員でいれたり、それを職歴に活かせた恩恵はその後も大きかったです。
これはけっこう幸せかも知れません。

何処でもあること

ちと重たいネタです。
例えばブラック企業であっても、配属先の雰囲気が良ければ、案外快適な職場だったりします。仕事内容そのものがキツくても、同僚達の助け合いで乗り越えられたり。
むしろ、この部署で良かったと思えたりです。

どんなに大きな企業でも、部署単位で組織は細分化されていて、その所属先によって雰囲気もガラリと変わったりするものです。
普段、顔を合わせる相手が一緒な点では、大企業も中小企業も大差無いとも思えます。

もっと細分化すると、所属先の上司の人柄が良ければ、面倒な仕事でもスムースに物事が運んだり。これが逆ですと、不運としか思えない場面も多かったりです。
上司の人柄が悪い上に、教え方が下手だったり、指示が曖昧だったり、結果的にミスが発生したらネチネチとお説教が長かったり。悪循環の環境です。
安定した会社であっても、こんな不運は起こりえることです。転職であっても、社内の異動であっても。

環境によっては、過去の経験により短期間で実績を残せたり、その積み重ねで信頼や自信を勝ち取れたりもあります。立場も築けたり。
しかし、環境によってはまずその仕事のルールを熟知し、仕事に慣れて独り立ちまで一年以上掛かる部類もあります。その間は基本的に意見も出来ず。
ここで直属の上司の人柄がマズいと、二進も三進も(ニッチモサッチモ)行かなくなったり。
転職にしても異動にしても、入ってみないと分からないのは仕事内容そのものより、直属の上司の運かと。
勿論「人のせいで」は誰しも理由にしたくないハズですが、組織上は直属の上司に従うのが大前提。お堅い仕事ほど例外なく。

話が飛ぶのですが「馬鹿!」というセリフには二通りの解釈があるかと思っています。
「全くしょうがねーなー」な愛情の隠れた「馬鹿!」と、単なる突き放しの「馬鹿!」です。
表向き一緒でも意味合いは全く異なりますし、本当の馬鹿でなければその見分けはつくものでしょう。叱りが全てイジメのワケありません。

いわゆるイジメをしてしまう人は、本人も過去にイジメを受けていそうです。「昔はもっと酷かった」も併せて使われる言葉です。
そのイジメが度を越した長時間に渡るのは、暇な環境も手伝ったり、仕事以外に大きな問題を抱えていたりするようです。(そんなの部下にどうにも出来るワケなく)
と、だんだん救いようのない文章になってきました。

「まぁ運が悪かった」と、これ以上考えるだけ無駄だと開き直るのも大切。
無理して死ぬまで続けてしまった人も観てきましたし、無理して壊れてしまった人も観てきました。誰もそんなの望んでいなく。
「張り詰めた糸はいつか切れる」
世の中生き方は他に幾らでもあるワケで。
取り返し付かない状況ではまだ無いハズ。

話が飛びます。「誰しも板挟み状況なんだよなぁ」と思い出しました。
以前に読んだ周恩来さんの記事、過去にもこのBlogで綴っています。
文化大革命中には多くの人の命が奪われたそうで、特に出来る人ほど対象にされたそう。
その中で国のナンバー2の存在だった周恩来さんの存在は大きかったそうです。

この方が居なければ、更に多くの犠牲者が出ていたそうで。
トップである毛沢東が上司なワケで、周恩来さん本人は思ってもいないことを国民に伝えなくてはならなかったり。
国の上層部にも多くの犠牲者が出た中で、周恩来さんは何とか生き延びて。
周恩来さんの立場を知っていたからか、国民から信頼される人物だったそうです。国外からも信頼される人物で。
あの酷い状況下でそれが出来たのは、やはり凄いなぁと。

肝心なところが抜けている

ここ数ヶ月、様々なマニュアル書を読み通しています。
手順がそれなりに綴られているマニュアルなのですが、実際にその対象に触れてみないと何故?な部分が。
「そんなの常識」ベースで綴られているのが、どうやら問題なのかと思っています。
しかし、第三者が読んで理解に苦しむ部分が点在。読者の対象によっては通じるのだと思いますが、その通じる人達にそのマニュアルはそもそも不要そうで。
これでは対象の不明なマニュアルだよなぁと。

以前の仕事で関わった講演会の話を思い出しました。
料理の手順を例にした話です。小さな娘さんが母親に尋ねました。
「どうして、七面鳥の頭と尻尾を切る必要があるの?」
母親は答えられず、その母親に尋ねてみても曖昧な回答。更にその母親に尋ねて明確な回答が。
「そうしないと、うちの小さなオーブンには七面鳥が入らなかったから」

某企業の生産管理系の講演会で聴いた話題でしたが、検索したところかなり有名だったらしく。

同じ仕事を長く続けていたりすると、その肝心な部分の説明が抜けていたりします。
以前の仕事で、十年ぶりくらいに職場に戻ってくるらしい方の前評判は上々で、噂では女性に対しての誉め言葉が並んでいて。温和でおしとやかな女性のイメージでした。
その方の初出社で度肝を抜かれました。出社されたのは自分と同年代のまろやかそうなオッサン。

大笑いしながら総務の女性に近寄りました。
「自分、女性の方だと勝手に信じ込んでいたんですよ!」

その場に居た一同は大笑いでしたが、「女性」だという補足はそれまでの会話で一度も無く。
総務の女性は知性や教養のある方で、優しいフォローが。
「歴史上の人物でも当時は周知の事実だったから、何百年も経ったら男だったのか女だったのか分からないのが居るそうよ」と。

小野妹子については「男だった」と小学生の頃に習っていたので、その名前による誤解は無かったです。
高校時代に現代文で知った中原中也については、教科書に載っていた代表的な写真が中性的で「こいつはどっちだ?」と友人とも話題になったなぁと。

話がかなり飛びましたが、技術系のマニュアル書で肝心な部分が抜けているのは、致命的な問題を生んでしまうと思ったりです。

文章力の無い人

自分のことを棚に上げた記事です。
多分、自分がBlogに綴ってきた記事も突っ込みどころ満載かと思っています。最近は読み直しもロクにせず投稿している傾向で、老眼も手伝い誤字脱字は増える一方かと。

インターネットやSNSが広まったお陰で、誰でも自分の文章を公の場に載せられる時代。
この場面でも中には酷い文章なのが見受けられたりです。内容が酷いのではなく、文章そのものが酷く。
以前に読んだ文章の書き方についての参考書では「美文の評価は人それぞれだけれど、悪文は一目瞭然」といった表現がありました。
悪文とは主語がどれなのか分かり難かったり、修飾語がどの部分に対してなのか分かり難かったり。ともかく、読んでいても不愉快になる作りというか、何を伝えたいのか分かり難いというか。
メッセンジャーなアプリ等の短文では粗が出難かったっりですが、それさえも何を言おうとしているのかよく分からない方も居て。

仕事上でも酷い文章に遭遇する場面がたまにあります。
比較的教養のある方はまず大丈夫なのですが、教養も低く文章を読む機会も書く機会も少なかった一部の方の文章はかなり残念で。
この残念な方の場合、会話の内容自体知性の欠片さえ無かったり、当たり前の見解しか無かったり。「砂糖は甘い」「塩はしょっぱい」的な話を永遠に聞かされて楽しいワケ無く。
話題そのものが新鮮だったり、あまり知られていない事象であったり、ありきたりの話題でも独自の見解だったりが面白いハズで。ちょっとズレてるくらいの方が個人的には好みです。

高学歴の人が面白い文章を書くのか?といったら、必ずしもそうでも無いですし。単なる暗記力だけでやり過ごしてきた方も実際に居て。
世間的な低学歴でも凄い人は居ました。池波正太郎さんは小学校しか卒業していなく。ただ、池波正太郎さんは若い頃に沢山の文学や演劇や文化に触れてきて、才能を開花させるキッカケやそれに対する興味はあったんだろうなぁと。

自分は学生時代の国語の評価が周りより低い方でした。平均以下で足を引っ張る科目の一つでした。
現代文を読む速度がともかく遅くて。興味の無い話題の作品とか、それが読んでいてつまらないと絶望的な速度です。(漱石の「こころ」については前半がかなり厳しかったですが、後半はどうして?で一気に読めたり)
漢字を覚えるのも苦手で、読めるけれど書けないのは未だ続いています。パソコンが普及したお陰で、助かった部分の一つが漢字変換だったりです。
ただ、何故か作文では評価頂けた機会が幾度かありました。なので、書くこと自体は嫌いでは無く。

しかし、社会人になってから要求された文章力は別物で、大きな金額の購入稟議を初めて綴った際は上司からの徹底的な指導が入りました。二十代前半のことでした。
最初はボロカスに言われました。「こんなの日本語じゃない」とか。ただ、自分はかなり信頼を置いていた上司でしたし、厳しい中にも愛情の伝わる上司でした。
あの矯正された経験で、その後の仕事で恥をかく機会も少なく。

身の回りであったことなのですが、三十代手前の社会人の文章力がかなり足りていない状況です。それでこの記事を綴っています。
前途の悪い条件が全て当て嵌まるパターンで、何とかしてあげたいなぁと思いつつも人柄にも難点があり、自分が何かしたところで恐らく余計なお世話になるだろうなぁと。
誰が読んでも面白い短めの名作でも紹介してあげられたらなぁくらいには思っているのですが、恐らく興味もないだろうな。
その方は書類の書き直しを何度も迫られている状況なのですが、文章力の足りなさに恥ずかしさを感じているのかも分からないです。上司の指導による伸びしろがあるのかも分からないです。
周りの方とその話題になった際は「あの歳であの文章力はちょっとなぁ」となってしまい。

まぁ、未経験だったのだから仕方がない部分というのは色々とあるかと思います。
それでも、社会人としての文章力は二十代前半くらいに鍛えておくべきでしょうか。

やはり気付く機会があったかどうかでしょうか。名文に感動した機会があったか。
自分の場合は、とくに高校時代に仲の良かった友人達と本の貸し借りが多く。「おまえこれ読んどけ!」と渡された作品に発見が多く。
五木寛之さんの「青年は荒野をめざす」を紹介されたのは学校祭のステージでラッパを吹いた後でした。
五木寛之さんの作品に初めて触れたのがソレで、自分にはなかなか斬新でした。当時の自分は高校二年生。作品に登場した主人公はプロを目指すラッパ吹きで高校を卒業したばかり。
しかし、その主人公は自分よりもよほどマセていて独立心があって、たまたまの出逢いのエロな場面に身を任せ。
当時、女性を知らなかった自分には未経験の世界、海外の旅も含めて未知なる世界。好奇心が掻き立てられ。
そんな作品の感想を語り合うのも楽しく、放課後の高校の図書館は憩いの場でした。
恵まれた環境だったと思います。

また面白そうな作品を探したり、感銘を受けた作品を読み返したりしたいと思いつつ、進む老眼が手元の文字を遠ざけて。
若いっていいよなぁ。