PASMOの切替

一ヵ月近く前に申し込んだ京成カードとPASMOが数日前の週末にやっと届きました。
届くまでの間にGWを挟んでいたりで、公式ホームページに綴られていた一ヶ月通りの到着となりました。ちなみに、京成カードよりもPASMOの方が一日早い到着でした。
ちなみに、同じタイミングで申し込んだ楽天カードは二週間程度で到着していました。

新しいPASMOは記名式だそうです。細かいことは分かりませんが、PASMOの残額が減ると改札で自動チャージしてくれたりするそうです。京成カードのオリコなマスターカードから引き落とされるそうで。PASMOの裏面には署名欄がありました。
これまで使っていたPASMOの見た目は裏面に著名欄が無い程度の違いです。

早速、新しいPASMOに切り替えようと、その手順を検索したところ、使用中の定期からの切替は出来ないそうで。PASMOの公式ホームページに綴られていました。
何でも、現在利用中の定期を使い切るか、一旦払い戻ししてから新規に定期として登録する必要があるそうで。払い戻しの場合は一ヵ月単位でしか対応しないそうで、タイミングが悪いとかなり損をしてしまうそうで。
自分の定期は今月上旬に更新したばかりで、あと二ヵ月少々の残期間がありました。

色々検索してみると、裏技があるそうです。無記名のPASMOから一旦磁気式の定期に変更すれば、その後に記名式のPASMOに変更できるかも知れないそうで。
何だかややこしい話です。

自分としては新しいPASMOが手に入ったのに、使えるのは二ヵ月以上先というのが何だか悔しく。
本日の仕事帰りに乗換駅の定期売り場で「この古いPASMOから記名式のPASMOに切替できますか?」と聴いたところ「お時間が少々必要ですが大丈夫ですよ」と。
申請用紙に記入し、お願いしてみたところ記名式のPASMOにこれまでの定期の情報が移行出来ていました。何と素晴らしい。
どうやってそれが出来るのか作業を少し覗いていたのですが、上記の様に一時的に磁気式の定期に移していた様子でした。(そうじゃないのかも知れませんが)
窓口の女性はその辺のノウハウもお持ちだった様子で、対応も親切丁寧で助かりました。
また、古いPASMOはチャージ分の残りも含めて現金に換えてもらえて。

定期券を発行する窓口全てで対応して頂けるかは分かりませんが、駄目元でも聴いてみて良かったです。インターネットの情報だけが頼りになるというワケではないんだなぁと、久し振りに思えた帰り道でした。

水筒を入手

タイガーのサハラというモデルの600mlな水筒をしばらく前に入手しました。
屋外の仕事で水分補給に必要そうだったので、Web上で色々と検索した中で評価の高かった本製品を選びました。


結論から申しますと、凄く高性能でした。
何が凄いかというと、その保温性でした。少しの氷と冷やしておいたペットボトルのコーヒーを水筒に投入し、九時間後でも氷は残っていて、コーヒーはキンキンに冷えていて。
飲み干した後に自販機で入手した500mlのコーラを再び投入し、その三時間後でも氷は残っていて。
また、空っぽの重量がもの凄く軽く。更に構造も至ってシンプルで本体と蓋とパッキングしかありません。
届いた時にはそのシンプルさに驚いたくらいです。空のペットボトル並みな軽さでした。勿論空のペットボトルの方が軽いのでしょうけれど、十分に軽いと手は重さを感じないもので。

ただ、気になる点も幾つかありました。
まず、本体が思ったより細くて、洗うにも手が入らない点です。これは実物を観ずに入手した罰です。
あと、思ったより長くて、バックパックのサイドポケットに収めると安定感が無い点です。上記の細さを考慮すると、同じ容量でももう少し太く短くだったら更に良かったなぁと。
ついでに、最初知らずに気になった点ですが、空っぽの中身でも振るとシャカシャカ音がしまして。何か壊れているのかな?と心配になり検索したところ、薄い保温材が真空層に入っているそうで。
また、個人的な好みではあるのですが、塗装色の無いアルミ剥き出しの色が欲しかったです。選択肢に無かったので白いのにしました。

自分はガブ飲みしてしまいがちなので、この容量では夏場に一日持たないと思います。ガブ飲みはしばし控えた方が良いのかなぁとも。
投入しているアイスコーヒーはスーパーで販売されている1リットル百円程度の安い商品ですが、キンキンに冷えていると味の粗も分からず、なかなかいい感じです。
一日五十円の計算。インスタントコーヒーで作ったら更に安上がりなんだろうなぁ。

各種カードの件

所有している金融系のカードを今後整理するための備忘録。

まずはキャッシュカードから。

【三井住友銀行】
かれこれ三十年以上お世話になっているメインバンクです。都内在住時はずっとお世話になっています。例外的に北海道と愛知県で暮らしていた頃は近場に支店が無く、地銀のおせわになっていました。
当初お世話になっていた支店は御茶ノ水駅前にあった支店だったものの統廃合が続き、支店は二度代わっています。
これまでに何ら問題も無く利用してきた期間も長いので、これからもメインバンクとなりそうです。

【りそな銀行】
現在の住まいを購入する際に住宅ローンを借りた銀行です。当時の職場から一番近かった支店の対応が良く、また固定金利も一番安かったのでりそなさんにしました。
無駄に口座を増やしたくなかったので、出来れば三井住友銀行さんにしたかったのですが、まぁいいかという感じでした。
ローンの返済が終わったら、そのまま消えてしまう口座となりそうです。

【その他のキャッシュカード】
転職時に職場で指定された銀行口座が必要だったっりで三菱UFJさんや、北洋銀行さん等も嘗て利用していました。
しかし、特に理由も無く銀行口座を幾つも保有するのは無駄だと思いますし、放置しています。

続けて、クレジットカード系です。

【三井住友VISAカード】
三井住友銀行さんと同じくらい付き合いの長いカードで、やはり三十年選手。しかし、所有しているだけでほとんど利用していません。
キャッシュカードと一体化したクレジットカードなので、イザって時は役に立つかもしれません。
過去に合衆国を旅行した際、途中で寄ったマンハッタンにて現金のドルが足りなくなってしまい、キャッシュカードで現金をおろそうと思ったところ、海外では対応出来ず困ったのですが、このVISAカードではキャッシングが可能で救われました。
しかし、キャッシング機能など日本国内でも使ったことが無く、その暗証番号が思い出せず危ないところでした。二度続けて暗証番号を間違い、もう一度間違えたらこのカードは利用停止になるだろうなぁと。
最近、念のためまたその暗証番号を確認したところ、勝手に変わっていたので覚えやすい番号に変更しているところです。(恐らく、過去の暗証番号が身近な番号だったので更新時に書き換えられた様子)
何年もまともに使っていないカードですが、信用枠はかなり大きいし、上記のお世話になった件もあるので残しています。

【セゾンゴールドアメックスカード】
かれこれ五年ほど利用しているメインのクレジットカードです。見た目のデザインは本家のアメックスゴールドよりもイカしている感じながら、年会費は本家の1/3。ショッピングプロテクション等、インターネットでの商品購入では心強いサービスが充実しています。
しかし、そんなサービスにお世話になった機会は一度もありませんので、優良顧客なんだろうなぁと思います。
ほとんど見栄だけで使っているカードで、年会費一万円は勿体ないと思えてきたこの頃でしたが、スマホのアプリ「セゾンポータル」のセゾンクラッセというサービスで年会費が永年無料となってしまいました。これは素晴らしいです。
今後もメインで利用する予定です。

【楽天カードVISA】
電子マネーのEdyと合体したクレジットカードを使う目的で最近入手しました。GW期間中の申請でしたので、入手まで二週間ほど掛かりました。審査に要した時間は30分未満。
電子マネーのEdyは汎用性が高いそうで、楽天カードのポイント還元も比較的高いサービスだそうですが、所有してみたものの使う機会が少なく。
カードの加入だけで七千円分のポイントを頂けたのですが、自分は楽天市場をほとんど使っていませんでしたし、今後も利用頻度が少ないようでしたら数年後には解約となりそうです。
セゾンのアメックスがメインでなければ、利用度が高かったかも知れません。
でも、万人向けの無料カードだとは思います。

【京成カードのオリコのMaster】
使用している定期券が京成電鉄のみのPASMOで、それに対応する唯一のカードという事で現在申請中です。
それ以外の使い道は無さそうです。年に一度以上の利用で年会費は無料とのこと。
年間三十六万円の定期代ですと1%のポイントでも三千六百円になります。

【その他のクレジットカード】
アメックスゴールドは二十五歳の頃から二十年ほど利用していました。見栄だけでの入手でしたが、海外の旅行や出張で少しは威力を発揮した感です。東洋人だからとナメられないだろうと。
しかし、度重なる年会費のアップには閉口で、セゾンゴールドアメックスに乗り換えることに。乗り換え先でもサービス内容はほとんど変わらず。
プラチナのインビテーションが何度も届いたものの、年会費は七万円だったか。
自分には絶対元の取れない内容でした。

三井住友Masterカードは、三井住友Visaカードと同時に入会していました。年会費は千円くらいだったものの、三十年間一度も利用したことが無く、最近解約。
何だったんだコレは。

あと、クレジットカードのキャッシング機能についてです。
リボ払いも含めて、こんなの使うモノではありません。借りたら利率が高過ぎます。上記に綴った「海外での現地通貨の入手困難」とかの特殊な場面くらいでしが使わない方が良いです。
高利率のサラ金と変わりませんし、お金を借りるのは家を買う時くらいと自分は思っています。「現金で買えないモノは必要ないモノ」と思うべきです。
実際、クレジットカードを申請する際も、ローンの有無が審査対象だったりします。

続けて、電子マネー系です。

【iD】
自分はおサイフケータイ機能のあるスマホでiDを利用しています。セゾンゴールドアメックスと紐付けていて、ポイントもトータルで1%くらい付く様子です。
スマホを起動しなくてもスマホをリーダーにかざすだけで利用でき、チャージも不要な決済でかなり便利です。
万一のスマホ紛失時等はクレジットカード会社が保証してくれる様子ですし、遠隔で機能停止も出来る様子です。
短期間利用した感想としては、利用できる場面も多く、今後のメインの電子マネーになりそうな予感です。

【楽天Edy】
これをメインの電子マネーにするつもりでしたが、他に自分と相性の良いサービスがあったので、とりあえず持っているだけです。将来的には淘汰の対象かも知れません。

【ナナコ】
カード式のとスマホ式との違いが曖昧ですし、使える店舗が限られていたり派閥があったりで、導入したものの全く使っていません。

【メルペイ】
スマホのおサイフケータイが利用できるのであれば、持っていても良さそうなサービスです。時として70%ポイント還元というラディカルなサービスがあります(その時だけ利用)。
ごっつぁんです。

【WAONポイント】
これもナナコに似てカード式とスマホ式の違いが厄介だったり、店舗での利用がカード式だけだったり。
しかし、ほぼ毎日利用している「まいばすけっと」さんのポイントは捨てがたく、利用しています。

【ドトールのカード】
平日の朝食はほぼドトールですので、ポイント還元も高いこのカードを利用しています。スマホとの親和性も良いです。
実質10%以上の割引になっていそうです。しかし、一々アプリを起動してバーコードを表示させるのは面倒です。

【ヨドバシのゴールド】
このカードは二十年以上お世話になっています。仕事で入手する機材もこのカードの利用が許されたりしたので、申し訳なかったくらいです(職場の承諾は得ていました)。
しかし、全く利用していなかった期間もあったりで、過去に数万円のポイントを失っています。年に一度は使うべきサービスかと。
あと、対象地域であれば現状のAmazonの配送よりもヨドバシの配送の方が丁寧でかなり正確です。ポイントを含めた値段が一緒であれば、Amazonよりヨドバシ推奨です。

【PASMO】
現在利用している電子マネー系では汎用性が一番高いのかも知れませんが、普通に使う分にはチャージが少々厄介かも知れません。
またそれに対応するクレジットカードの汎用性が著しく低く限定的です。京成カードさんはもう少し色々頑張るべきかと。

【その他電子マネー】
ORIGAMIとPAYPAYはスマホに入れたものの、現状使い道無し。
よほどの還元ポイントなイベントでも無い限り使う機会が無さそうです。だいたい、一々アプリを起動してバーコードを表示させるのも面倒で。
マクドナルドのアプリはポイントが溜まればなぁと思いつつ、クーポン用途で時々利用しています。

この記事については続報を綴る予定です。

自分もそうだったら嫌だな

二週に渡って金曜日はシフト勤務でした。翌日の早朝には仕事が終わり、始発の電車を待っての帰宅となりました。
先週の土曜日の朝、そんなガラガラの始発で考えてしまった出来事がありました。
少し離れた席に座られた中年男性がかなりの煙草臭でした。長い髪の毛や髭に煙草の臭いが濃縮されていた様子。
この臭いが自分はかなり苦手なのです。鉄工所で息が詰まるのに似た生体反応が自分には起こり、苦痛でもあり。

自分も煙草を吸う立場なのですが、こんな状況に自分もなっていないのか心配になったり。
風呂上がりにそれまで来ていたシャツの臭いを嗅ぐと、やはり煙草臭はするものの、あそこまで酷くなっていることは無く、たぶん大丈夫だろうとは思っています。
ひょっとしたら自己評価が甘いだけかも知れませんが。

上記の電車での出来事に似た経験が十年くらい前にもありました。早朝の出張で青梅方面のガラガラの電車に乗った際です。
数メートル離れた席に座る方がやはり長い髪に髭姿。この方が凄い煙草臭でした。
今回の件も含めて、毛髪というのは煙草の臭いを吸収しやすいのかなぁと思えてしまい。
吸収しやすいにしても、毎日ちゃんとシャワーを浴びていたらあそこまで酷くなることは無さそうにも思います。
ただ、髪が長いと洗うのも乾かすのも大変なんだろうなぁとも。だったら、短くしてしまえば良いのになぁと。
そんなのもあって、自分は夏場に限って短めの髪形にしていることが多いです。仕事で汗をかいてしまったら頭だけ職場で洗ってしまうことも可能ですし、あのサッパリ感はたならなく。

世の中、煙草を吸える場所も減る一方ですし、煙草の値段も上がる一方ですし、臭いの処理も大変ですし、仕事中は吸ってる時間も勿体なくもあり。
そろそろ禁煙した方が良いのかなぁとも思える出来事の一つでした。

Moneytree

またしても電子マネー系の話題です。
幾つかの電子マネーを試している日々、個人的に使い勝手の良さを感じ始めているのがiDという電子マネーです。
事前にチャージの必要が無く、クレジットカードで後から引き落とされる仕組みだそうです。対応する自販機で缶コーヒーを買うにもスマホをかざすだけでアプリを立ち上げる必要もなく。
現金を投入したりお釣りを拾ったり、小銭をポケットに入れる必要が無く、とても便利です。多くのコンビニでも利用可能で。
利用時の還元ポイントもあるそうですが、まぁ1%程度でしょうしその点は無いよりマシ程度に思っています。実際、月五万円利用しても五百円程度のポイントで。
便利過ぎて怖いくらいですが、やはりスマホを紛失した時とかのリスクは恐ろしそうです。利用上限とか遠隔で機能停止とかの方法をまだ調べておらず。

それと、前回も少し綴ったお金の管理アプリの件ですが、ちょっと良さそうなのを導入してみました。
Moneytreeというアプリで、金融サービス(銀行の口座やクレジットカード、電子マネーやポイントカード)の登録をしておけば、現在の資産や今月の利用額等が大雑把に把握出来るサービスです。
今月分のお小遣いをお財布に入れておけば、その減り具合で使い過ぎかどうか分かったりでしたが、複数の電子マネーを使い分けているとその辺がサッパリ分からなくなり既に困っていました。
Moneytreeはその辺の問題を片付けてくれました。ただ、全ての金融サービスに対応しきれていないので大雑把な把握までです。まぁ無料でここまで使えるのは大したものです。
あと、心配していた信頼出来るサービスなのか?の部分も恐らく問題なさそうで。

Moneytreeの導入で驚いたのは住宅ローンの残額も表示された点でした。住宅ローン専用の銀行口座も持っているのですが、その銀行のHomepageを覗いても残額などパッと出てこなかったハズですし、それが表示されるのは妙に生々しく。
総資産の推移なグラフまで表示されるので、コツコツと貯金を続けるには励みにもなりそうです。
他にも月単位の支出がグラフ表示出来たり。もっと早く導入すべきだったかなぁと思えています。
電子マネーの管理目的以外でも十分に使えそうなMoneytreeでした。有料のアプリではもっと高機能なのがあるそうですが、自分はこれで十分そうです。

今週の散らかった文章

今日はシフト勤務の予定で、九時頃に目が覚めました。本当は昼頃まで寝て居たかったのですが、目が冴えてしまい。普段が五時起きなので充分に寝貯め出来たかな?
しかし、先週の金曜日も同じパターンでシフト勤務中の零時過ぎにはけっこうな睡魔でした。
現在の仕事は春と秋の週末に二週に渡ってシフト勤務が組まれているそうです。上手く説明出来ないのですが、年間に計四回のシフトがあるということです。
春のシフトは例年五月の上旬の週末らしく、この予定は神田祭と見事に重なる様子です。
ですので、先週の神田祭の金曜夜は仕事中でした。
自分がお世話になっていた町会は金曜日の夜から神輿を出していて、この夜は服装を含めて形式ばった内容では無く、地域のサラリーマンの方や小料理屋の常連さん等も参加出来たり、中には著名人の方も含まれていたり、個人的にはけっこう楽しみだったりでした。
ただ、祭りの準備は朝早くから続いていて、町会の担当者の方は忙しかった記憶です。
それを知っていると「行くからには準備や片付けも手伝わないと」という感覚になってしまい。

金曜夜の仕事が片付いた土曜の明け方にそのままお祭りに参加しようかと考えてもいたのですが、眠くて自宅直行でした。
体内時計が崩れたまま日曜のお昼頃にどうにかお祭りに伺えた次第でしたが、日曜のお昼頃というと宮入直後、中央通りでの担ぎが予定されている合間なので、来客をかまっている時間などほとんど無い状況。
かつての在住時、そのタイミングで集合写真を撮ろうとしたのですが、僅か数分でも時間が惜しい状況でした。
ともかく、現在の仕事はその時期にお祭りとバッティングしてしまうので、今後も参加は難しいなぁと。

このBlogも、ここのところ特に取り留めも無い文章が続いてしまっています。ハッキリしたテーマも無くダラダラ綴っていて。
個人的な備忘録と化しているのは自分も承知しています。まぁ何も残さないのでは続けている意味も無いなぁで。
そんなワケで、今週思ったことを続けて綴ってしまいます。別の記事にすべきだったかと思いつつ。

GWの始まり頃から続いていた電子マネーの各種申請についてです。過去に綴った記事と重複する内容です。
電子マネーは物理的なカードが前提で必要なタイプと、スマホの機能だけで完結できるタイプがあり、それぞれ申請やら登録が必要です。今回は十種類以上の電子マネーを導入しました。
更にその電子マネーに紐付けさせるクレジットカードも新たに二種類申請し。
電子マネーの中には紐付け対象がクレジットカードでは無く銀行口座なものもあったりでした。
結果的に所有するカード類がかなり増えてしまいました。自分の小さめな財布には収まり切らない状況で、鞄の中にはカードケースを常備するような状況。
スマホだけで全て完結できる形態が理想と思っていましたが、中には決済時に物理的なカードの読み取りが必要なモノも含まれていて。(WAONのポイントカードとか)
申請中だったカード類のほとんどは既に入手出来ていますが、京成電鉄のカードだけはまだ届いておらず。
この京成カードは定期券のPASMOと紐付け出来て、かつ高額な定期券の支払いにも唯一対応出来るカードだそうで、使い道はそれだけなのですが年間にするとけっこうな額を占めています。数日前にカードの審査が通過した連絡があったのですが、発行から到着まで更に十日ほど掛かるそうです。
複数のクレジットカードを同じ時期に申し込むと審査に落ちる危険性があるとの記事を幾つか読みましたが、結果は大丈夫だったようで一安心。

既に電子マネーの紐付けがワケ分からん状況に陥っており、全てが揃ったところでメモを残しておかないと恐ろしいなぁと。
万一スマホが壊れたとか紛失したとかした場合、対処方法を間違えると数万円分のポイント等が失われてしまう危険もあるそうです。実際、知人の一人はスマホの機種変更で事前対応を怠り三万円失ったらしく。
物理的なカードがある電子マネーなら上記のような事態でもPC側からリカバリー出来そうですが、そうでない場合はメモでも残しておかないと、打つ手が無さそうでもあり。

あと、キャッシュレスにはならなそうなお店も自分は幾つか利用しています。ラーメン二郎とか、小さな立ち食い蕎麦屋さんとか、地元の行きつけの喫茶店さんとか。
上記は週に一度程度の利用ですが、会社で注文している昼のお弁当もそうか。
それと、使ったお金のルートが散らばってしまったので、今月どれだけ消費したのかすぐには分からない状況にもなっています。
それぞれの電子マネーやクレジットカードや銀行に履歴が残るものの、一々全部確認しないと電子マネーの持ち合わせも使った金額も分からず。
スマホのアプリでそれらを管理してくれる部類もあるそうですけれど、信用に足るものなのかよく分からず。これも何か手を打っておかないと浪費に繋がりかねず。
現金決済のメリットは、お財布の中のお札の減り具合でどれだけ浪費したのか分かった点で。

ちょっと怖いので銀行口座を幾つか先程確認したところ、二月の再就職以降はとりあえず赤字になっておらず、貯金も僅かながら増えている様子でした。
元々、貯蓄には余裕を持たせていた方なので、支払いが滞るような心配は無く、どんぶり勘定派でした。一人暮らしが長いと「今月のお小遣い」という概念が消えてしまい。
ただ、支払いルートが複雑になると勘違いで恐ろしい事態になりかねず。それでブラックリストになんて載りたくも無く。
ともかく電子マネーに使い慣れたら、利用頻度の低いサービスは解約しておくのが一番かと思われます。出来れば五種類以下に抑えたく。

六年ぶりの神田祭

昨日は六年ぶりの神田祭へ。
町のお手伝いは六年以上していなかったもので、もう忘れられた存在だろうなぁと嘗て暮らしていた町会の神酒所へ挨拶に。
宮入が終わって、これから中央通りへ向かうちょっと前の時刻でした。
しかし、皆さん覚えていてくれて、ハグしてくれる方々まで。
何だか泣けてきました。

そうなんだよなぁ。喜怒哀楽共にした十数年だったんだよなぁと。
もっと沢山の方々とお会いしたかったのですが、感無量でした。