Ron Carter

JazzベーシストのRon Carterさんについてです。
自分がJazzを聴くようになった高校生時代、サントリーのCMでも登場していたRonさんはJazzに詳しくない人にも人気があった様子でした。
大きなウッドベースにも負けない長身で、知性を感じる雰囲気で淡々と楽器を慣らし。

自分も当時、Ronさんの企画もののCDを一枚入手したのですが「あれ?」って感じでした。
何だか求めていたのとは異なる演奏ばかり収録されていて。それに音程がハッキリしないせいか、何だか気持ち悪く。
自分より二年早く東京に上京していた兄も、同じアルバムを持っていて、同じ感想でした。
(自分の聴いた範囲で、ベーシストが前面に出てきて上手く行ったのはスラップ奏法が生まれてからとか、Jaco Pastoriusのような天才が登場した70年代以降からなのかなぁと)

ただ、高校生時代に聴いていたMiles Davisの古いアルバムでリズム陣に撤するRonの演奏は見事な感でした。
特にMilesのバンドではサイドメンとして登場している演奏者が、かなり良い出来なのが多い感です。Wynton KellyもHank MobleyもMilesバンドでの録音が一番好きだったりです。

大学時代まで愛読していた月刊誌にJazz Lifeというのがありました。現在でも発行されているそうですけれど、もう何十年も読んでいなくて。
そのJazz Lifeには現役ミュージシャンのコラムも載っていたりで、過去に興味深い記事が。
日本人の著名なベーシストのコラムだったのですが、その記事は相当の怒りに満ちた文章でした。
「あいつ、またやりらがった!」な感で、屋外コンサートで自分の大切なベースが勝手に使われてしまったそうです。
どうして気が付いたかというと、ベースをケースに仕舞う際に指板を布で包むそうなのですが、その包み方が自分のやり方と違ったそうで。
どうして使われてしまったのかも察しがついたそうです。雨の屋外コンサートで奴は自分の高価な楽器を濡らしたくなかったから。
何でも、奴は年代物の貴重なベースを普段使用していて、水で濡らすようなマネは絶対にしなかったそうです。
奴は日本でも人気で過去には偉大なミュージシャンと歴史的名盤を録音していて。
どうにも日本人は格下に観られているのか、被害者は何人も居る。

そんな文章だった記憶です。
実名は避けられていたものの、思い当たるのはRon Carterしか居ませんでした。(自分の狭い知識で勘違いの危険性も十分にあるのですが)
人間性というものは、アーティストの力量とは全く別物なんだなぁと。
ともかく、専門誌の当事者じゃないと綴れない話題だと思いますし、これがメジャーな新聞紙でしたらボツになる記事だったんだろうと思います。

話が飛ぶのですが、Milesが1964年に日本公演で残したアルバム”Miles in Tokyo“が自分はけっこう好きです。
このアルバムくらいにしか参加しなかったサックス奏者Sam Riversの演奏をボロカスに言う方も居たりなのですけれど、そのソロも自分は好きだったりです。
Herbie Hancock等も参加していて、かなり豪華な顔触れでした。
いま、そのアルバムを聴きながら綴っていたところでした。

自分の声が嫌い

自分も自分の声が好きになれません。録音に残る自分の声を聴いたりすると、自分は普段からこんな声を相手に聴かせているのかと落胆に近い思い。
しかし、プロの歌い手さんでもそんな方が居るらしく。

Steely DanのDonald Fagenさんも自分の声が嫌いらしく。
確かにかなり個性的な声質ですし、あれを伴奏無しの歌だけで聴いたら、けっこう変かも知れません。
ただ、伴奏を伴うとバランスが良く取れている感です。他の歌唱力がある方が歌ったら全く別の雰囲気になってしまいそうで。

あと、Hi-Fi Setの山本潤子さんも自分の声が嫌いらしく。
これについては「何をおっしゃるウサギさん」レベルです。あれほど素敵な声質で歌唱力ある方など、なかなか居ないと思います。
難しいフレーズの曲でも安定した音程で丁寧に歌われていて。細かなリズムもかなり正確で。

大瀧詠一さんはどうだったのか存じませんが、歌っているときの自分の表情が大嫌いだったと以前に観たテレビ番組で紹介されていました。
歌っているときは相当な変顔になってしまうらしく、スタジオ録音時は卓のある部屋からも人を追い出して自分だけで録音していたとか。
自意識過剰かな?とも思えたのですが、相当拘りのある方だったとは思います。
A LONG VACATIONなんかは発売後に幾度も録り直したとか。実際、初期の頃に発売されたアルバムを兄がよく聞いていたのですが、十年後くらいに自分が入手したアルバムはかなり印象が異なっていました。
不思議なことにラストの一曲「さらばシベリア鉄道」が自分の入手したCDには収録されておらず。まぁ、あのアルバムで締めくくるにはFUN×4の方が似合っていたかも知れません。

大学に入学した当初にちと驚いた出来事がありました。
新入生歓迎パーティーみたいなのが大学の広場で開催されたのですが、そこで生演奏をしたバンドのレベルが異常に高くて。
特にベースとボーカルが際立っていて。この人達、プロでも十分喰っていけるよなぁと。
理工系の夜間学部で、どうしてこんな凄い人達がいるのかなぁと。
自分もその軽音楽部に入りたかったのですが、仕事と勉強で手一杯なのもあって部室へたまに遊びに行く程度でした。
後から聞いた話では、実際ベース担当もボーカル担当も筋金入りだったそうです。その二人とも何故か相当な進学高校出身らしく。
特にボーカルの方はボイストレーニングも受けていたらしく、ハイトーンまで余裕で歌えていて。
しかし、人によっては「あんなに余裕で歌っていると、熱を感じないんだよなぁ」と。
人それぞれ、聴く耳が違うもんだなぁと。

トイレの無い環境

ちとご縁があるかも知れない仕事の関係で、最近調べている話題です。
トイレの無い環境について。

自分はなんちゃってキャンパーでもあった時代があり、オフロードの単車にキャンプ道具を載せてツーリングに出掛けたこともありました。
それも夏の山奥とかで、環境的には暑くも寒くも無い楽にキャンプの出来るシーズンで。単車での移動でしたので天候が悪ければ中止としていて。
そのキャンプ先も洗い場やトイレが備わったところ限定で。
他にも会社のチームでヨットに乗っていた時代がありました。十人くらいは乗れる艇だったので小さいながらもトイレは備わっていて、今思えば助かっていたと思います。

過去の仕事でも訪問先がかなりの僻地だったことがありましたが、トイレは必ずありました。
移動中に用を足したい場面でも、コンビニとかサービスエリアが途中で必ずあったりで。
要は野糞の経験が自分に無いのです。

ご縁があるかも知れない仕事は技術系の知識を活かせる内容なのですが、山奥や離島に設置された分析装置を扱う内容らしく、移動中も移動先もトイレが無かったりするそうで。
恐らく慣れてしまえば何てこと無さそうですが、ちと気掛かりではあります。まぁ、まだご縁があるのかどうか分からないのですけれど。
そういった環境の仕事をされている方とかの経験談みたいなのを読んでみたいのですが、調べ切れておらず。

現代でもどんな方がそういった環境を経験しているのかちと想像してみました。
・インフラの整っていない環境での仕事に就いている方
・登山等の本格的なアウトドアが趣味の方や冒険家
・大災害直後の地元住民
これくらいでしょうか。

仕事にされている方で数日の宿泊が伴う方は食料とか含めて、どうされているのかなぁとか。車も入り込めない場所ですと荷物を背負ってでしょうし、持ち込める荷物の量とかにも限界があるでしょうし、保冷の必要な食材も基本的に持ち込めないでしょうし。同じものばかり食べていたら飽きてしまうでしょうし。
登山家の方もどんな世界観なのか。特に高山の頂上を目指している方が山頂に近い辺りで催したりしたとき、出来る場所は非常に限られるでしょうし、僅かな場所は既にウンコ山盛りなのかなぁとか(リアルな表現でスミマセン)。まだ、平地に近い僻地の方が野糞については選択肢が多そうなだけマシなのかなぁとも。
大災害については、場面がちと異なりますネ。我が家の場合は小さな庭があるので、そこをトイレにする予定です。

そもそも、野糞に対して何故に抵抗感が生じてしまうのかについても考えてみねば。基本は恥ずかしさなのだと思うのですが、ヨーロッパのトイレはドアがかなり小さく外から半見えの状況だったりそれも男女兼用だったりして驚いたこともありました。
職場で先にトイレを利用していたのが綺麗な女性だったりしたことも、慌てて外に戻りましたが、騒がれてしまうことも無く。

あと、出張で訪れたアフリカで自分の作業先は研究所のラボの中だけでした。しかし、日本から来る研究者の多くは山奥の湖で何泊もされていたそうです。当然トイレは無く、野糞が基本だった様子です。
また、食料の入手も楽では無かったそうで、動物性たんぱく質の補給には道路沿いで販売されている猿を食べたりしたとか(上記の写真は食用に販売されていた大蛇)。研究者の中には女性もいらっしゃったそうで。何とも逞しい。
野営中に金品を盗まれたこともあったそうで。一度味をしめられてしまうと、次回からは武装してやられてしまうかも知れないそうで、ボディーガードも雇ったとか。
そんな心配まで含めたら、野糞など大した問題では無いのだろうなぁと思えます。とりあえず、日本では車上荒らし程度で命までは狙われないだろうし。
もう少しちゃんと検索して、続編を綴ってみたいと思います。

追記:
追記というかほとんど脱線です。
二十年くらい前に後藤久美子さんが出演したアウトドア系の映画がありました。何かのトーク番組で撮影時の思い出を語ったのですが「お風呂に入れなくて臭かった」と。
普通そんなこと言わないよなぁとか、正直者だなぁと思った次第です。恐らく、アウトドアが趣味に向かない人だったのかな。(1995年に公開された「キャンプで逢いましょう」という作品だったようです)

あと、三十年以上前にテレビ放映されていた「なるほど!ザ・ワールド」もアウトドア要素がありました。
特にアフリカの取材が面白くて。レポーターの若い女性が芋虫を生で食べたり、これは自分にゃ真似出来んなぁと。生きるか死ぬかの究極の選択に近く。
いかりや長介さんもアフリカでのレポーター役だったり。何かのトーク番組でその後いかりやさんが言っていました。「現地の人達と仲良くなるには、まず出された食事をちゃんと食べること」と。
これは確かにそうだろうなぁと。食わず嫌いというのは別の意味でも損しがちですし。
どうでも良いのですが、いかりやさんがアフリカに行っても全く違和感が無く。あの方がEW&Fのメンバーだったとしても、不自然さが無いんですよネ。

ボジョレー・ヌーヴォー

ボジョレー・ヌーヴォーが今夜解禁になったとのニュース。
毎年この時期のこのニュース、自分には全く関係の無い世界です。

知人宅で高級ワインが出されても、勿体ないから止めてくれなのです。
どちらが高級ワインか?な飲み比べをやったとして、自分は当てられる自信が全くありません。
過去にオランダへ出張した際も、自社株の高騰で儲けた人々が何人か居て。高級車を乗りこなし、立派なおうちで暮らしていて。
遊びに行ったらだいたい高級ワインが登場します。数百ユーロもする品だそうで。
集まった皆さんは嬉しそうな表情なのですけれど、やはり勿体ないから自分は要らないよと。

自分が日本人だからそうなのか、日本人の中でも自分が珍しいのか分かりません。
ただ、自分が買うなら千円もしないワインで充分ですし、ワインを飲む習慣が無いので選ぶのはその店で一番安いのばかりです。
ワインっぽい味がしていればそれで充分ですし、サイゼリヤの百円ワインで充分幸せで。
飲酒運転が厳しくなかった時代は出先のサイゼリヤでよく頂いたものでした。(もう二十年以上前の話です。お酒にまつわる当時の話も色々綴ってみたいのですが、やはり許されないものなのかなぁ)

過去にバーボンばかり飲んでいた時代がありました。
バーボンも普通の銘柄ならだいたい三千円未満で、高級なのでも一万円もしなかった記憶です。
確かに、高級な銘柄は口当たりが良くて、自分でも違いが分かったりしたのですが、ワインはさっぱり分からずです。
じゃぁ、どっちが高級か?の飲み比べをやる自信もありません。

稀勢の里

サッカーも野球も相撲もぜんぜん詳しくないのですが、初日から三日連続で黒星の続く稀勢の里の本日の一番は気になっていました。
珍しく、一時間前からテレビをつけていて。相撲のルールも詳しくないのですが、大物の登場はだいたい終わりの頃で。
土俵にやっと登場した稀勢の里、観客席の応援は凄かったです。

稀勢の里は余計なことを言ったりしないし、言葉少な気なイメージです。実直に生きている人の様で。

ちょっと長かった四日目の取り組みは、やっと勝てたかな?と思えたのですが、ほとんど同時に倒れた中の再生スローモーションでは稀勢の里の肩が先についていて。
相手の方が先に外に出ていたのですが、厳しい判定結果でした。あれで稀勢の里を勝ちにしてしまうと、それはそれで問題になってしまったんだろうなぁ。
昔だったら、別の判定になったのかなぁとか考えてしまいました。
ビデオ判定の普及って、凄いよなぁとも。

特に稀勢の里を応援しているワケでもないのですけれど、本日は見守った感でした。
何だろう。この感覚は。
本人も辛いだろうなぁ。

ベアー・ハンター

ディアハンターをモジりました。熊ハンターについてです。
全くどうでも良い最近の話題です。

時々伺う最寄りのコンビニでは一ヶ月以上前からクマのプーさん関連のグッズがクジ引きで販売されています。
一等賞はプーさんのぬいぐるみ。サイズは30㎝くらいでしょうか。当初は三頭くらい飾られていた記憶です。(曖昧)
これが二頭になった頃にプーさんの存在を意識し始めました。
いま、どれくらいの確率で購入できるのであろうか?と。
レジの店員さんに聴いたところ、くじ引きは一回七百円くらいだそうです。
ついでに、現在の残りくじの数まで教えて頂けました。19枚くらいとの話でした。
うーん、もう少し様子見してみるかと。。

ちなみに、自分は元々クマのプーさん何てキャラクターも知らなかったんです。
四半世紀以上前の記憶に遡るのですが、山形からイトコの娘さんが上京してきまして、兄夫婦の部屋に泊まりに来ていて。
何でも、高校入学直前の春休みだったそうで。兄から職場に突然電話があり、お前も来いと。
数日後にディズニーランドへ行くらしく、お前もお供せよと。
そんなことを突然言われても、自分には予定がありました。当時はセキュリティー会社の現場で緊急対処員をしていて予定では数日間夜間勤務で。
ただ、この娘さんのことは赤ん坊の頃から存じていましたし、何よりもそのお父さん「和博おじさん」は当時母子家庭だった自分達三人兄弟にとって実の父親以上の存在でした。
和博おじさんにあれだけ世話になっておきながら、自分は何も出来ていなく、それは罪悪感に近く。

駄目元で、上司にスケジュールの変更を伺ってみました。当然、無理だとの回答。
しかし、二日ほど前になって許可を頂けてしまい。
ただ、直前は夜勤と日勤が続く状況で。休む間もない都心の緊急対処員の24時間勤務はかなりしんどく。
そんな生活を一年も続けていたので、自律神経も麻痺し始めていましたし、体内時計みたいなものも滅茶苦茶だったと思います。

24時間勤務を終えた自分は東京駅で兄夫婦と待ち合わせ。山形から新幹線経由でやってきた娘「チアキ」は、もうしっかり女の子してました。
母親似の綺麗さまで受け継いでいるなぁと、一安心。
兄夫婦の家ではまだ一応中学生だったチアキも交えて酒盛り。まぁ当時は緩かった時代ですし、陰で呑むより大人に付き合えって感じで。
その晩はゆっくり寝れました。

翌日のディズニーランドなのですが、溜まっていた疲れが全く抜けず。どのアトラクションも行列で、ちょっとベンチで寝かしてほしいと。
木陰のベンチを選んで、自分は午前中からひと眠り。戻ってきた兄達に起こされたのは夕刻も近かった頃でした。
「お前は何をしに来たんだよ!」と本気で兄に怒られる始末。「一目チアキに会いたかっただけ」とは答えられず、適当に謝った記憶です。
ここまでのところ、結局寝場所に選んだだけでした。

とりあえず、並ばずに済むアトラクションに着いていきました。
プリマハムが提供のカンカンダンスみたいな劇場、これがなかなか面白かったです。やはり、生の演劇というのは素晴らしいなぁと。
その後に観れたのは夜の仮装行列みたいなので。キラキラ華やかな行列とド派手な音楽と。
これだけを観にきた自分は実際馬鹿だったと思います。でも、チアキに会えたからいいんです。

チアキには冗談がほぼ通用せず、怒られてばかりでした。
何処かの家族連れのお父ちゃんが某芸人みたいな顔で「間寛平みたいな面してやがんなぁ」とボソっと漏らすと「そんなこと言っちゃダメ」と。
兄のお嫁さんにはえらくウケていたのですが。。
帰り際にお土産屋さんへ寄ったんです。

SUKIYAKI:おぅチアキ、好きなキャラクター教えてくれ。
チアキ:クマのプーさん。
SUKIYAKI:あの黄色い奴か?
チアキ:そう。

この黄色いクマの何処が良いのか自分は分からずでしたが、ボコボコしていて抱き心地は良さそうでした。
とりあえず、一番でかいぬいぐるみをレジに持って行こうとしたのですが、これは何故か売り物では無かったそうで。
売り物で無いものを売り場に置くのが理解できず、幾らなら売ってくれるのか?と聴いても売り物じゃないと。
自分にだって見栄はあるのです。「幾らでも構わないから買わせろ」とまで言ったところでチアキに止められました。
十万円未満なら痛くも痒くもなく、これはこれで良い思い出になるではないか。と心の中で思っていたのですが。

結局、二番目に大きな黄色い奴を入手。一万円もしなかった記憶です。(十頭くらい買っちまえば良かったと後から後悔したり)
それでも持って帰るのは大変そうだったので、宅急便で送ることに。
山形で待っていたアキコおばちゃんはその荷物に驚いたそうです。でも、嬉しかったとも。

話を戻します。コンビニのクマについてです。
最後の一頭はラストチャンスだとかで、最後のクジを引いた人向けらしいのです。セコい商売です。
こんなのクジじゃないじゃんかよ。
この一週間は、コンビニに伺う度に残りのクジの数を聴いているのですが、ほとんど減っていないそうです。
この段階で買うのは、確率以前にルールを分かっていない人かと。何も考えずにコレ欲しいで。
ともかく、しぶとくレジの横に並ぶ中途半端な大きさのクマよ。
あの時は十万円でも等身大に近いクマを求めようかと思ったが、こんな小さな奴に一万円以上出せるもんか。

iPhoneに魅力を感じなくなった

一時的な現象なのかも知れませんが、今日の日経平均下落はアメリカからの余波だそうで、アメリカでAppleの株価が下落したことに起因するそうです。
Appleの株価が下落した要因はiPhoneの販売が減速しているからとのニュース記事も観掛けました。

自分は二年以上前までiPhoneを二年置きに機種変更していて、それまで四世代のiPhone使いでもありました。
何故それを止めてしまったかというと、割高にしか感じなくなってしまったからです。
新機種のiPhoneは常に最高の性能とデザイン性を持っていましたが、高価になり過ぎたのとAndroidの安いスマホでも自分の求める性能が十分に発揮される時代になっていました。
魅力を感じなくなったとタイトルに綴りましたが、魅力自体はまだあるものの、コストパフォーマンスが悪くなり過ぎた感です。
大衆車の性能で十分な自分にとって、iPhoneは高価なロールスロイスの様な存在になってしまったというか。

iPhoneが日本で正式に発売されたのは丁度十年前だったようです。自分もすぐに飛びつきました。
他にスマホの選択肢がほぼ無かった時代でした。Android端末もそれ以降に登場したようですが、当初のソレはiPhoneの足元にも及ばない性能だった感です。
そんなAndroid端末も時の流れで十二分に商品力を掴んだ感でした。

この秋に登場した最新式のiPhoneも立派な性能だったようです。しかし、アップルが想定していた販売台数には達していないらしく、通常では増産される予定なのが見送りになったとか。
逆に一世代前のモデルが割安感で売れているそうで、増産の予定との報道も。
市場というか一般庶民はもう着いて行けなくなったんだろうなぁと思えています。

実際、十万も出せば相当高性能なPCが購入出来てしまいますし、ノートPCにしても。
ただ、現代の若者はPCを使わないし購入する機会も減っているとか。社会人になってExcelに初めて触れる人も居るとか。
なので、比較対象にPCというのは無いのかも知れません。
自分の世代ですと、スマホというのはあくまでも持ち出し可能なサブ端末程度の位置付けで。この考えは古いのかな。
だいたい、タブレット端末も含めて物理キーボードじゃないと自分は長文入力が面倒くさくて。このBlogの記事もほとんどはPCの物理キーボードで入力しています。
これをスマホとかタブレット端末でやれと言われたら、けっこうシンドイかと。

話を元に戻します。Appleの株価辺りに。
自分のイメージの中でAppleというと未だにコンピューターメーカーのままです。社名も元は「Apple computer」でしたし。何年か前に変わった記憶です。
実際、売り上げの構成比も現在はコンピューターよりモバイル端末の占める割合の方が高いのでしょうネ。
そこでiPhoneが売れなくなるというのはけっこうな打撃なのかなぁと。
一部富裕層向けのハイエンド機種で勝負するにしても、ここまで会社の規模が大きくなったAppleではやはり最低限の販売目標は見逃せないハズで。
高級車ロールスロイスが僅かな販売台数でも潰れないのは、会社の規模もそれに見合っているからだと思えますし。

自分がAppleの製品に熱狂していたのは90年代の始まり頃でした。当時も一部のマニアには熱烈なファンが多かった様子です。
ただ、経営方針等が右往左往して、一時期は会社の規模を相当縮小していました。Appleからジョブズさんが追い出された頃に等しいかな。
ジョブズさんがAppleに戻り、iMacの発売やらiPodの発売やら以降から好調なAppleが現在まで続いてきた様子です。
そのジョブズさんも数年前に亡くなり、目立って革新的な製品は未だ登場していない感です。

Apple Watchはその後の製品だと思うのですが、何故か食指が働かず。
自分の視力に老眼が加わり、あんな小さな表示では見えなくなってしまったのが大方の理由ですが、バッテリーの持ち時間の短さとか製品サイクルの早さとか考えると買ったら最後の製品になるのかなぁと。

と文句ばかり並べてしまいました。
ともかくジョブズさん亡き後のAppleは惰性路線かなぁと。最近登場したMacbook AirやMac miniにしても性能が上がっただけにしか思えず。そしてけっこう高価になってしまい。
進むべき方向まで誤ってはいないと思いますが、惰性のままでは多くのライバルに市場を食われてしまうだけに思えてしまい。
革新的な何らかの製品の登場が大切だと思います。