ひまわりと隣人

今年入手したひまわりの種は百均で二袋百円な安物でした。それが理由か分かりませんが、開花の時期が相当ばらついています。
最初に咲いた花が終わって一ヵ月近く経っても、まだ開花していない株が幾つもあったりです。
出来るなら一斉に花を咲かせたい派なのですけれど。

そんなことはさて置いて、このひまわりを楽しまれる方はけっこういらっしゃる様子です。
隣接する歩道を歩く方がひまわりについて時々ささやいたり。真上の階で暮らすお婆ちゃんや向かいのアパートのお婆ちゃんが喜んでくれたり。
育て甲斐もあるってもんで。

一昨年のロシアヒマワリは相当な背丈まで成長したので、上の階に住むお婆ちゃんも大喜びされていました。
自分は週末に庭仕事している機会が多く、そのタイミングでベランダに出てきたお婆ちゃんが一声かけてくれたり。
会話は年に一度あるか無いかくらいの付き合いですけれど、たまに「携帯の使い方が分からないから教えてほしい」とか尋ねられたりも。
昨日は珍しくマンションの廊下でお会いしました。普段はあまり外出されていない様子で。
以前から気になっていたことを尋ねてみました。
 SUKIYAKI:ベランダで煙草、二階まで煙は届いていませんが?
 お婆ちゃん:あら、私もしばらく前まで吸ってたから気にしないで。
 SUKIYAKI:でも、届いていませんか?
 お婆ちゃん:目の前で吸われたら気になるかも知れないけど、いいのいいの。
 SUKIYAKI:吸ってるようにはぜんぜん観えなかったですよ。
 お婆ちゃん:息子が私より早く死んじゃってね、それで止めたのよ。
 SUKIYAKI:えっ?お幾つだったのですが?
 お婆ちゃん:還暦だったのよ。
 SUKIYAKI:そうでしたか。。

七十代くらいのお婆ちゃんなのかと思っていましたが、この会話ですと八十代くらいの様子。今日目の前で観た限りは背丈は低いものの十分元気そうな様子です。
時々、ヘルパーらしい若い女性との会話が庭まで響いてくるので孤独死みたいな場面はそれ程心配してはいないのですが、窓が締まりっきりの日が続くとちと心配だったりもしています。
久し振りに庭から観掛けると「しばらく入院していたの」とのことで、やはり心配ではあるのですが。
まぁともかく、付かず離れず干渉しない良い関係だとは思っています。

上京してからの自分はずっと集合住宅で独り暮らしです。外神田は十二年も暮らしましたが、それ以外は数年おきで引越しており、何故か近所付き合いが多くて。
その近所付き合いは多くが良い結果になっていて、この時代に有難くもあり。
珍しいのか当たり前なのか分かりませんが、隣人の命を人生で二度自分は救っていて。救急車を呼んでいて。

幼少期にお世話になっていた叔父さんの振る舞いが自分には影響している様なんです。
埼玉の川越で暮らしていた自分は母子家庭で、神奈川の大和で暮らす叔父さんの家に遊びに行く機会が時々あって。
当時の叔父さんは古い戸建ての賃貸に暮らしていて、隣接する道路はまだ未舗装で。それが自分が遊びに伺った日に丁度舗装の工事をしていて。
工事していたおとっつぁん達は叔父さんが車を停めている庭に繋がる傾斜まで「ついでに舗装しておきましょうか?」と。
道路から庭までの傾斜は綺麗に舗装され、叔父さんはセブンスターを1カートンお礼していました。
このやり取りが素敵だと思ったんです。だって、面倒な作業が増えるだけなのに気を配ってくれたり、それに対して煙草でお礼だなんて大人らしくて。
自分もいつかこんなやり取りが出来たらなぁと。「こうしろ」と教わったワケでは無くて、普段の行いで。

Wikiで以前に知ったのですが、神道の説明がそれに近くて。神道というとどうにもお堅い宗教のようにも観えてしまうのですが、自分にとっては日本の文化そのもので。震災も多い日本らしさ。
この下りが日本らしいよなぁと。「自然を感じ取り、そのもののままでは厳しい自然の中で、人間として文化的な生活を営むのにふさわしい環境と状態を、自然との調和に配慮しながらバランスを取り調節して行き、人民生活を見回って、生活する為の知恵や知識のヒントを与えたり、少し手伝ってあげたり、体や物を借りた時や何かやって貰った時などには少しお礼をしたり。それが、日本の「神(かみ)」が行っていた仕事の一つである。日本人にとって「神」は、とても身近な存在であった。日本の神は地域社会を守り、現世の人間に恩恵を与える穏やかな「守護神」であるが、天変地異を引き起こし、病や死を招き寄せる「祟る」性格も持っている」。
この「少し手伝ってあげたり、体や物を借りた時や何かやって貰った時などには少しお礼をしたり」の「少し」ってところが「出来る範囲」で素敵だと思うんです。
「助けて」何て言われる前に助けちゃったり、恩着せがましい前にお礼をしちゃったり。

外神田の下町で暮らしていた頃の自分は、近くの小さな神社の繋がりに色々とお世話になっていて、少しでも恩は返したいなぁと思っていて。
お祭りと云えば地元の大きな神社であった神田明神さんでしたが、大晦日や元旦は地元の小さな神社を守る町会の皆さんと、そこに集まってきてくれる近隣町会の皆さんがありがたくて。
漱石の三四郎が学生時代から自分の好きな古典でもあります。あの最後の下りも節目だったのか主要な登場人物が集まって。同様に、年越しという寒い寒い場面で地元の皆さんが集う場所、お祭りでは誰もが人一倍元気なのにしんみりと素敵で。
そういえば、叔父さんもお正月には和服を着て近くの小さな神社に初詣に連れて行ってくれたなぁと。
妙な時刻にこんな文章を綴っていますが、今日はお天道様が出てきたら近くの神社にでも行ってみようかな。

さくらももこさんの訃報

二十代の頃の自分は特にテレビを観ていない時代でしたが、ちびまる子ちゃんだけは時々覗いていました。(たまたまですけれど)
原作者の優しさが伝わるホンワカとしたストーリー、ドジとか含めて「こんな場面は自分にもあったなぁ」と。時代背景が自分の幼少期と重なっていて。
特に、お爺ちゃんがいい味出していた感です。たまには家族のためにな場面で想定外のドジを踏んだり。磯野家のお爺ちゃん(お父さんか?)のような威圧感な場面は無かった記憶です。
クレヨンしんちゃんも幾度か観たことありますが、大人を馬鹿にした展開がどうにも好きになれず、ちびまる子ちゃんのホッコリ感はやはり素敵でした。
ドラえもんのような必殺の道具も無く。

西城秀樹さんがまる子ちゃんのお姉さんの憧れだったとか、その西城秀樹さんもしばらく前に他界され。
原作者のさくらももこさんも、あっちの世界についていってしまったのかなあと。

難解なjazzばかり聴いていた当時の自分に周りと共通な話題は「まる子ちゃん」くらいだったかも知れず。
そんな面も含めて、感謝と残念感です。
原作者のさくらももこさんが他界されたのはしばらく前だったらしく、本日ではなかったんだなぁと。
本日が誕生日だった自分には一番大きなニュースでした。

ちなみに、Facebookでのお祝いメッセージはもう面倒くさくて、しばらく前に生年月日は非公開にしていました。どうにも表面的な付き合いばかりなのは苦手で。
それでも、ごく一部の身内からお祝いのメッセージを頂けました。
覚えていて頂けたことに感謝です。

Forza SiのLLCを交換

本日はForza SiのLLC(ロングライフクーラント)を交換してみました。
本来は二年に一度のペースで交換すべきらしいのですが、購入したお店に任せてしまうとネジの紛失が続いていた為、出来る範囲で自分でメンテの方針でして。
現時点で購入から二年半、走行距離は約七千kmです。長距離をあまり走らず街乗りが多い為、どうにも距離は伸びていません。
結論から申しますと、やはり二年目辺りで交換した方が良いかと思えました。何故かというと、それなりに汚れていたからです。以下の写真はLLCの廃液です。けっこう汚れていました。新品との比較画像が無いのですが、新品はもっと透き通っています。

写真を撮りつつ、アンダーカウルを外しつつの作業、途中でネジやワッシャーを落下させ救出しつつ、三時間の作業となってしまいました。もし今からやり直すにしても、一時間は掛かると思います。
日向での作業では無かったものの屋外は三十℃越えでしたので、相当汗をかきました。細かい説明は後日ということで、先ほどまでの作業の要所部分を写真だけでも残しておきます。

今回使用したLLCは四年持つといわれるスーパーLLCという呉工業さんの商品です。単車に収まっているLLCは二年しか持たないので、出来る限り廃液したいところでした。

点検校からリザーブタンクの容量を確認したところ、ほとんど残っていないのか汚れて見えないのか分からぬ状況

フロアマットをめくって、リザーブタンクの注入口にアクセス。

工具不要でここまで来れます。

注入口を覗くと、ほぼ空っぽ。正常な流れで減っているのか異常なルートで漏れているのか何だかよく分からないです。半年前はリザーブのゲージの範囲に収まっていました。

元々入っていたLLCをラジエター直下から抜くため、進行方向左側のアンダーカウルを外す。これはサービスマニュアルが無いとカウルの爪を折る危険性があるので、無理は禁物。力は無茶に掛けないこと。
先ずは左側のフロアマットをめくる。

続いて外した左側のアンダーカウル。

ラジエターには入り口と出口のホースが刺さっており、両方とも外して廃液。また、事前にラジエターキャップを外しておく。ラジエターキャップはフロントフォーク側の隙間から手が届きます。

外された二本のホース。二リットル以上収まる洗面器を事前に置いておくこと。

以下は廃液。

続いて、ウオーターポンプ下のドレインボルトから廃液。

続いて、シート下のサーモスタット辺りのエア抜きボルトを緩める。ここで注意が必要なのですが、本来はシーリングワッシャも交換すべきだそうです。自分は予備のワッシャが無かったので交換しませんでした。
そして大失敗を犯しました。ボルトもワッシャも外した際に落下させてしまい、手の届かない奥から救出するのに一時間を要しました。
交換しないのであれば、ボルトを緩めるだけで十分だったと思います。一旦外すと付けるのがけっこう厄介なポジションです。自分は落下させては救出の作業を三回繰り返してしまいました。

救出するのに使用したマグネットツール。ボルトはマグネットでくっ付きますが、ワッシャは銅製らしくマグネットで付きません。


新品のスーパーLLC。容器の底の方にしか残っていませんが透き通っています。この青色のLLCがあまり売られていないんです。赤とか緑よりは汚れが目立ちやすいかも知れません。別の色とミックスすると最初から濁った見た目になりそう。
自分はamazonで900円で購入しました。ホームセンターとかでは在庫があっても二割以上高かったです。

廃液後は外したチューブや緩めたエア抜き等を全て戻し、ラジエターキャップを外した注入行からスーパーLLCを補充。溢れたらキャップを締める。
更にリザーバータンクも満タンに。リザーバータンクもゲージの範囲に収めるべきでしたが、結果的に注入口ギリギリまで入れてしまいました(単なるうっかりミス)。ただ、オーバーフローホースもあるので、入れ過ぎた分はここから逃げるのかなぁと。
その後数分間アイドリングし、エンジンを停めたらラジエターキャップを外してエアー抜きとスーパーLLCの補充。それを数回繰り返し。水温系が動き出すくらいまではアイドリングした方が良いかと思います。
このラジエターキャップを外す際はエアーと共にLLCも吹き零れます。ですので、作業終了後は床を水洗いする園芸シャワーみたいなのを事前に準備すべきです。

ついでにプラグの清掃を。本来は金属ブラシを用いるべきですが、無かったので古い歯ブラシで。


妙に長い汎用性の乏しいプラグ。特殊過ぎるのか、イリジウムのタイプは未だに販売されておらず。歯ブラシでは大して汚れが落ちませんでしたが、ひどい汚れでも無かったので、まぁいいか。その後パーツクリーナーを軽く吹く。

で、カウル類等を元に戻し、先ずは近場を試走。
LLCの交換前まで、水温計はだいたい2:40くらいの位置までしか上がらなかったです。自宅周辺のブロックを試走した範囲ではそこまで水温が上がらず「よし大丈夫だろう」で江戸川河川敷の少し流れの良いルートを走ってみたところ、自宅から1km近く離れた金町浄水場辺りで水温がぐんぐん上がり出し。
水温計は2:00よりも上昇してきたので慌ててUターン。やばいと思い自宅へ向かい途中で水温は3:00まで下がったり2:30まで上がったりの繰り返し。
ともかく、水温計はレッドゾーンまで上昇することなくいつもの水温辺りで落ち着いたので、結果は大丈夫っぽいです。エアはまだ残っていたのかな?

現時点の走行距離は6963km。水温は2:40辺りで落ち着いたので、コンビニで発泡酒を入手。

この文章はエアコンの効いた寝室で綴っていました。発泡酒を頂きながら。
今日はもう乗らんし、触りたくも無く。
次回乗る際も万一に備えて近場の範囲にしておきます。

【その他注意点】
いつもはアウトドア用の膝の高さくらいの椅子を用意して作業するのですが、今回は下から眺めたりの作業が多く、腰掛けている場面が少なかったです。立ち上がると立ち眩みに近い暑さでもあり、途中で塩飴を頂いたり水分補給したり。
勿論、この作業は自己責任でお願いします。実際、オイル交換より遥かに手間の掛かる作業でした。

LLCの交換に必要だった工具は主に以下です。
・洗面器(廃液用)
・小さめな注ぎ口のある容器。(LLCの注ぎ用。百均で売られている調理用のを利用しましたが、狭い空間でLLCを注ぎ難くかなり溢しました)
・プラスのドライバー。(各所で使用)
・ラチェットレンチセット。(持っていて基本です)
・先っちょがマグネットのツール。(大き目な百均でも売られているかと:ボルトとか落下させた際かなり重要)
・マグライト。(ボルトを落下させた際にかなり重要)
・小さめのちゃんとしたモンキー。(エア抜きのボルトを緩めるのに必要な工具でした。かなりアクセス性が悪く)
・サービスマニュアル。(LLC交換以外のメンテ項目は読み飛ばしましたが、ほぼコレで手順が分かりますし、今ならヤフオクで一万円未満で入手可能かと)
・ボロ雑巾。ともかくLLCが飛び散ります。
・スマホかデジカメ。(特にホースを抜く前の撮影が重要。ホースを繋ぎ直す際に何処まで入れれば良いか?とかの確認に)
・水道と石鹸。(時々手や顔を洗ったり頭から水を被ったり)
・発泡酒類。(自分への御褒美用)
・肝心のクーラントは以下。2リットルで十分足ります。全部交換できれば1.35リットルの容量があるそうですが完全に抜けないと思います。

追記:
翌日、渋滞路や飛ばせる道を15km程走行してみましたが、特に問題はありませんでした。ちなみに外気温は36℃。
これまで水温計を注視した運転が無かったので比較になりませんが、信号待ち等で水温が上がっても2:00以上にはならず。レッドゾーンまで細かい目盛りで2つ余裕があるので恐らく問題無いと思います。
液漏れも無さそうです。四年持つらしきスーパーLLC、全入れ替えは出来ていないハズですので三年後くらいにまた入れ替えようかと。
走行性能に直接触れる部分では無いLLCなので、交換したら走りが良くなるようなことはありません。しかしトラブったら走れなくなりますし、劣化したままでは冷却系の痛みも早そうで。
あまり重要視されない部分ですが、トラブル少なく長く乗るには順調なうちの交換が宜しいかと思います。

オイルもそうですが、使い切れずに残った分は小さな物置で保管しています。やはり小さくても自宅に庭があるのは助かります。
以前の都心暮らしの頃は週末に路上でVespaの整備に励んだものでした。これが予想外に時間が掛かったり突然の雨に襲われると大変で。自宅の庭で作業できるのは色々と安心感があります。

世界残酷物語

アマゾンの奥地で未確認の部族が発見されたとのニュースを昨日見掛けました。
現代人にまだ染まっていない部族がまだ居るんだなぁと、少し感動しました。
そういえば、未開の地の部族のドキュメンタリー番組が自分の子供の頃に流行っていたなぁと。

飛行機を崇拝する未開の地の原住民みたいなのが居て、当時けっこうショッキングでした。
どうしてそうなってしまったのかは、Wikiのカーゴ・カルトにて詳しく解説されていました。
近代文明の届いていない土地に、軍用機がいきなり飛び交い始めたら原住民としたら何らかの理由付けとか原因とか必要なのかな。

自分が当時観たのは世界残酷物語という作品だったようです。
世界中の独特な文化を紹介していた作品の様ですが、「やらせ」もかなり混じっていた様子。
その後の川口浩探検隊とかも、この流れを組んでいたのかも知れません。当時の日本のドキュメンタリー番組は多かれ少なかれインチキ多かったでしょうけれど、幼かった頃の自分はドキドキしながら視聴したものでした(物心ついてからはやらせに気付いて観ていません)。
ツッコミ覚悟で現代版みたいなのを作ってくれたら、娯楽作としてこれはけっこう面白いんじゃないかな?と思えたりです。

その世界残酷物語で使われていた曲が有名だったそうです。どんな曲だったかな?と検索したところ、こんな曲(More)でした。
国際線の空港で流れていそうなBGMっぽいですよネ。自分も昔何処かで聴いています。
未知の土地に旅に出るっていう意では、案外合っている選曲かも知れません。

タイトルの映画についてですが、Youtubeでフルに観れるようです。

東京オリンピックの問題

某SNSで2020東京オリンピックの問題が取り上げられていました。
要約すると「トライアスロンの会場となるお台場は大雨になると未処理に近い(塩素処理はされている)下水が垂れ流されて、衛生面が心配」との内容。
この件が何だか引っ掛かり自分なりに考えてみました。まず「じゃぁどうしたら良いの?」な部分が抜けていて、単なる批判かなぁと。

その記事に対するコメントは下水処理に関する問題点の指摘もあったりでした。下水処理施設が大雨でキャパオーバーになると垂れ流す点等。
これは、ある面仕方がないかなぁと思っています。猛毒の汚水であれば別ですけれど。
更に大きな雨の災害に遭ったら住宅街でも浸水はあるワケで、汲み取り式のトイレだってオーバーフローしてしまうワケで。
こうなると、住宅街はウンコまみれなワケで。

上記の下水処理の問題と、選ばれた会場の問題は分けて考えた方が良いのかなぁと。
お台場の人工海岸は、都心暮らしだった頃に自分も単車でよく伺っていました。夏場の肌焼きな場面が多かったです。
晴れが続いた際の水質は、見た目でも十分泳げそうな雰囲気でした。ただ、基本は遊泳禁止だったハズです。
やはり、大雨後は水質が一気に劣化するそうで、それが問題だそうです。

選手村から近いという理由でお台場が選ばれたのかなぁと思います。
こういった問題を抱えた中で、他に相応しい場所は何処なのか考えてみたのですが、パッと浮かばないですネ。
都内に拘るなら奥多摩方面の方が良かったのかな。しかし、会場変更はもう間に合わないでしょうし。

綴っていてまた気付いた点があるのですが、工場とかの大雨対策ってどんなものなのでしょうか。
最近ですと、西日本豪雨のさ中に工場の爆発事故がありました。原因が何だったのか検索してみたところ、アルミを溶かす炉が浸水して水蒸気爆発が起こったらしく。
爆発の瞬間を動画で幾度か観ましたが、かなりの破壊力でした。平地だから安全というワケでも無さそうです。
と、スッキリしない記事を綴ってしまいました。

草むしりと梅の木の剪定

猛暑が一時的に去った本日は朝から涼しく「やるなら今だ」で自宅裏の歩道の草むしりと、裏庭の梅の木を剪定。
早朝から歩道をいつも清掃してくれている近所のオバチャンが既に草むしりをされていて、お礼も兼ねてポカリスエットを一本プレゼント。
今年は雑草も梅の木も成長が早かったです。二時間ほどの作業、涼しい中とはいえかなり汗をかきまして、途中で500mlのペットボトルを二本補給。
作業の前半は素手だったもので、やはり指に怪我をしてしまいました。親指からけっこうな出血。慌てて軍手を引っ張り出し。一年前にも同じ失態があったような。

作業前後の写真を見比べると、梅の木はだいぶスッキリした様子です。去年は農薬を使っていなかったのでアブラムシのベトベトが酷かったのですが、今年はその点全く問題なく助かりました。
伸びた枝によっては電線に触れそうな勢いだったので、やはり放置したら危なかったかもしれません。ただ、一年で想像以上に枝が伸びてしまうので、もっと大胆に剪定しても良かったのかも知れません。
その後のシャワーがとても気持ち良かったです。しばらく身体を動かしていなかったですし、体内の毒みたいなのも汗で放出されたような感覚です。