若者と単車、運転の慣れとか

単車が売れないという状況は十年以上前から続いていて、未だ回復の目途はたっていないそうです。
特に若者が単車に興味を示さないらしく、現在の購入者の平均年齢は50歳を超えているとか。
若い人達は運転とか旅とか、単車そのものに何故魅力を感じなくなったのか、自分には理由が分からないです。

少なくとも自分の高校生時代、周りほとんどは単車に興味を持っていました。
まぁ、単車の全盛期で毎月のように新型車が登場していた1985年頃でした。
自分の通っていた高校は当時校則が緩く、人に迷惑を掛けない範囲では何でも許されていました。
ただ、単車だけは原則禁止でした。一期上の世代は途中まで許されていた様ですが、事故で片足を失ったり顔面を崩壊させてしまった女子生徒が居たらしくルールが変わった様です。
それでも、隠れて乗る生徒は居ましたし、問題を起こさない限りは見て見ぬふりをしていてくれたとも思います。
その中の一人も自分で。

アルバイトで貯めた費用で乗れるのは原付程度でした。
教習所に通わずペーパー試験だけで免許を取れるのと、中古の単車なら十万円未満で入手できたからです。
お金の問題より、親を説得する方が大変ではありましたが、迷惑は絶対に掛けないという約束で何とか許されました。

で、初めての単車はカワサキのAR50という2ストロークの空冷エンジン。それの中古を7.5万円で入手しました。
見た目はそれなりに綺麗でしたが、中はかなり傷んでいたようでした。まぁ比較対象が無かったので、当初はこんなものかな?と。
ともかく、単車屋さんで入手してから帰宅するまでは一苦労でした。
エンジンは掛かったものの、走り出そうとするとエンストの繰り返しでした。

元々ピーキーなエンジンで低回転ではトルクもスカスカだったと思うのですが、過去にピストンが焼き付いていたらしく、尚更下はスカスカで。
半クラッチの状態を上手くコントロールしながら、アクセルを上げていくタイミングがなかなか掴めず。
そんな状況で信号が青に変わる度にエンストしつつ、どうにか帰宅したものの、これを使いこなせるようになるのか心配は膨らみました。

それでも一週間ほどで、扱いには慣れてきました。自転車で行くには坂道も距離もキツかった湖(支笏湖)までこの単車で初めて伺えた時は、妙な達成感もあり。
また、自分で色々メンテナンスした結果、マフラー(2ストの場合はチャンバーと云うべきか)の芯のカーボン詰まりを除去した結果、エンジンもかなり元気を取り戻しました。
それでも、単車仲間の乗るRG50Γに比べると非力でピーキーなエンジンではありました。RG50Γは下からパワーが出ていて相当乗り易かったです。

夏休みには積丹半島の知人の家までツーリングに出掛けられたり、行動範囲というか世界を広げてくれた頼もしい道具なAR50でした。
当時はノーヘルでも運転が許されていたので、風呂上がりのドライヤー代わりに外を少し流してみたり。これが気持ち良くて。
あと、近くのスーパーで母親が買い物し過ぎた時は荷物運びに幾度も呼び出されたものでした。単車を許してもらえたお礼替わりでもありました。

北海道の束の間の暖かい季節は、高校のつまらない授業など勿体ない時間にしか思えず、午後の教科がどうでも良ければ抜け出して制服のまま支笏湖まで伺うこともしばしば。
支笏湖ではイモテン(ジャガイモの天ぷらの串刺し)を二本平らげ、煙草でイップク。
空気も美味いし湖は美しく。至高の時間でした。

自分の周りで原付に乗る仲間の半数はクラッチレスのスクーター所有者でした。
その連中は時々自分の単車を借りに来ていました。乗り比べも含めて妙な共同体、返却時はガソリンを満タンにするという暗黙のルールもあり。
最初からちゃんと走り出すのは難しいので、初めて乗る友人には路上でちょっとした教習から入りました。
また、他のちゃんとした単車に比べてタイヤもグリップしないしブレーキも効かないから、どうしても飛ばしたいなら走り慣れた直線だけにしてと。

そんな中、デカいの借りれたから乗ってみるか?と誘われることも。
駐車場で待っていたのはカワサキのザッパーという650cc。
同じカワサキの単車といえども、車体の大きさから何から全く別物でした。レーサーレプリカ全盛期の時代にかなり古さを感じた大型車でした。
実際、跨ってもデカく、いつものAR50の調子でアクセルを上げつつ半クラッチで走り出すと、
大きな車体は猛加速でいきなりウイリー!

アクセルを戻し前輪も着地させ、どうにか姿勢を保ち、ともかく倒す前に停めねば。
早く、二本の脚で地に立ちたい。地に戻りたい。
死ぬかと思いました。数秒の出来事でしたが、未だ鮮明な時間です。

貸してくれた友人から「おまえ危ないよ!」と怒られましたが、本当に危なかったです。
排気量とかパワーとか十倍も違うと全く別の乗り物でした。こんなに違うとは全く未経験で。車重も三倍くらい大きかったと思います。
自分でも危険を感じたので、これ以上乗ろうとは思いませんでした。
限定解除の免許は当然持っていませんでしたし、駐車場内の出来事でしたが、死ぬかと思った経験の一つとなりました。

昨日のニュース記事で「宮古島の17歳女子高生2人乗りの単車が事故で死傷」というのが目に付きました。それでこの記事を綴っています。
まずはお悔やみ申し上げます。
免許はちゃんと持っていたのか、タンデム(2人乗り)なら免許取得から1年は経っていたのか?といった部分は謎な記事でした。
そんなことよりも、先ずは十分に乗り慣れていたのか?が気になりました。
単車を乗り換えた時の扱いの差は大きいと思っていますし、タンデム走行では止まるのも曲がるのも相当な違いを感じます。
実際、タンデム走行では運転手の疲れ具合も3倍以上大きいと思っていますので、走行距離100km未満を自分は目安にしています。
ソロ(1人乗り)でも、周りの急な状況変化(突然の横風で流されるとか、前の車が急停止したとか)によっては突然危ない思いもしますし、そんなのを幾度か経験してからでないと、タンデムはともかく危険で。

自分は大学生時代に単車の中型免許を取り、その後も色々な単車に乗り、ヒヤッとする場面は幾度もありました。しかし、無駄な経験にしてこなかったのか、事故を起こしたことはほとんどありません。(1度だけガードレールと自動車の間に挟まれた程度:こちらの存在を気付かれない状態でウインカーも出さずに幅寄せを喰らいました)
悲惨な事故も幾つも観てきました。大体はカーブを曲がり切れずな場面でした。

この記事の締めに何綴るべきかちと浮かびません。
でも、綴っていて気付いたのですが、高校生でも手が伸びそうな単車らしい単車というのは、もう簡単に入手できない時代なんだなぁと思います。
50ccでクラッチ操作の必要な単車は、もう新車で入手出来ないでしょうし、程度の良い中古はかなり高価になっている様子です。
自分は良い時代を経験できたのかなぁとも思っています。
原付の免許取得から、もう34年も経つんだなぁ。

山本直純さん

三十路の頃からどうにも懐古調な部分が自分にありました。
というか、子供の頃から古い文学とか好きだったのですけれど、自分の経験してきた範囲でも当時を懐かしむ傾向が強くなってきています。

ここしばらく気になっているのが山本直純さんです。
「オーケストラがやってきた」という番組が昭和の終わり頃にありまして、毎週日曜の朝はその番組が楽しみでした。
Youtubeでも動画が幾つか残っていまして、久し振りに観たところ、やはり面白かったです。
もう、時代背景など関係ない世界。

Wikipediaで確認したところ、やはり天才だったのだなぁと。
触れる機会の少ないクラシック音楽を大衆にも親しませた功績は大きいと思っています。
ただ、当時から駄目な部分も話題になっていました。お酒にまつわるトラブルが多かったらしく。
自分の高校時代の音楽の先生も昼間から酒臭かったのですが、芸術家肌の人は社会人として大人として駄目な部分が多いのかも知れません。天才だから許される場面は近代ほど少なそうで。
この音楽の先生のことも、何かの機会に綴ってみたいです。

クラシックの世界で「現代音楽」と呼ばれるのは自分でも取っつきにくいのが実際多いです。これの何処がいいの?な。
しかし、山本直純さんの知られた曲は難解さが少なかったと思います。不協和音は効果音程度で。

ちと、懐かしい曲や場面を羅列。
すばらしい世界旅行
知られざる世界
ミユキ野球教室
SHEENA AND THE ROKKETSとの共演
さだまさしとの共演
日本船舶振興会のCM
オーケストラがやってきた(音声のみですが、トークがなかなか面白く)
・当然のことながら「男はつらいよ」のテーマソングも山本直純さんです。

と綴ってみたところ、週末に放映される番組で使われる傾向が高かったのかなぁとも思えます。
そういえば、自分の兄の声も山本直純さんに似ていたなぁ。

脱線な話題となりますが、亡くなってしまった方の兄は小学生の頃に地元の合唱団で活躍していました。川越少年少女合唱団だった記憶です。
現在はどうなのか存じませんが、70年代のその合唱団は市内の各小学校から才能ありそうな子供を集めていたそうで、川越市民会館でコンサートを幾度か自分も観ていて。
その繋がりで、クラシックのコンサートに触れる場面が自分は多かったです。自分が最後にオーケストラを観たのは大学時代で、今思うと幼少期はけっこう文化的というか贅沢してたんだなぁと。
日本フィルハーモニー交響楽団(新の方ではない)とのジョイントコンサートみたいなのも当時観ていました。(新の方は山本直純さんも関わっていたそうです)
その演奏終了後、舞台裏で楽団員の方々がしくしくと泣いていたと兄から聴いていました。
大の大人が揃ってどうして泣いていたのか不思議で、兄に尋ねてみると「スポンサーが居なくなってしまい、これが最後の演奏になってしまうかも」のような説明でした。
音楽で食っていくのは大変なんだなぁと気付いた最初の出来事でもありました。

近年の車の顔

近年の車の顔。怒っている系とかゴチャゴチャ系とかが多く、どうにも好きになれません。
街で見掛ける新しめの車種ですと、特にトヨタの意匠はその傾向が強い感です。巨大なフロントグリルにサイドまで切れ込んだヘッドライト。
あくまでの個人の好みなので、良い悪いの世界では無いのですが。
そんな流れで、特徴的だった過去の車の顔をWikipediaから拝借してみました。


いすゞのジェミニです。70年代によく見掛けました。ボンネットの先端がサメの鼻ように凸っていて、バンパーは機能するのか不思議な程でした。
70年代までの車は画一的なデザインより個性で攻めていたような感です。
2000年にヨーロッパへ出張した際は、現地でこれと同じ古いのを幾度も見掛けています。GMグループの世界戦略車だったらしく、ヨーロッパではオペルブランドで販売されていたようです。


80年代初頭頃の日産スカイラインです。スパッと落とした平坦な顔に四角いヘッドライト。狭い場所や道での旋回性とか、あとちょっとの隙間でコーナーが削れてしまいそうです。
この時代の流行はとにかく角張った車体だった感です。


トヨタの初代Vitz。当時、自分も乗っていました。それまではホンダのSMXというミニバン系に乗っていたのですが、長期出張で乗れない機会が増え、まして北海道の雪で屋外放置が辛く、自家用車を一時手放していました。
会社を辞めることになり、足替わりの車が必要ということで入手したのがVitzです。
この写真は商用モデルとかのグレードかと思われますが、自分が乗っていたのはバンパーまでちゃんと塗装されていました。それでも新車の乗り出し価格は百万円くらいだった記憶です。ちなみに、SMXもそれくらいの値段で売れた記憶です。
普通車の中でエコノミー性を究極に追求したようなモデル、運転してみても実際面白味はぜんぜん無く、パワー不足は全域で否めませんでした。特に慣らし運転中に支笏湖方面へ伺った際は、規定の回転数では山道の上りで30km/hくらいしか出せず、仕方なくぶん回す結果が悲しく。
高速のレーンチェンジ時も、直後のふら付きとか笑えるレベルで、二代前に乗っていたCivic SIRIIとは全く逆の性格な車でした。
ただ、その後引越した愛知とかでも気軽なドライブが楽しめたりで、下駄代わりには最適だったのかも知れません。乗れば乗るほどエンジンも回るようになった記憶です。現代の車ほどでは無いにしても、燃費も十分良くて。
あと、室内はリアシートも含めて狭さを感じさせないというより十分広かったです。
愛着は徐々に湧いた部類の自家用車でしたが、何故か写真を一枚も残していなくて。ちょっと可哀想なことをしたと思っています。
頭から話が逸れましたが、肝心のデザイン面については、今では何てことない部類かと思います。当時のレビューで記憶に残るのは「親がこの車を初めて見たときは、カッコ悪いの一言。特にヘッドライトが無駄にデカく深海魚のようだ」と。上手いこと言うなぁと思いました。


マツダのワンボックス。マツダの車は車名を覚える前に無くなってしまう傾向で、この車も車名を覚えていませんが現行車種のようです。
ヘッドライトの切れ込みも遂に運転席まで伸びたんだなぁと数年前に思いました。ただ、写真で見ると違和感はそれほど感じず、目が慣れてしまったのか、もっと凄いのがあったのか。


ホンダの軽ワンボックス。車体を大きく見せたいからなのかゴテゴテなフロントグリルとか張り出し感。
個人的にはこれが上品だと思えずなのです。

2000年くらいからはスポーツカー系の車が売れなくなり、ファミリーユースな車が流行りになり、機能性とかも重要な様です。シートのアレンジとか狭い場所で開閉の便利なスライドドアとか。
自分の場合、車は見た目で入ってしまう方です。仕事で色々な大衆車に乗っては「最近はこんな便利な機能があるんだなぁ」とかは思ったりします。
キーを差し込まなくてもエンジンが始動できるとか、リアシートを倒したらほとんどフルフラットのスペースになるとか。燃費についても凄い進歩だなぁとか。
最近のは安全装備で「ひやり」と思う場面が減っているとも。

自分が自家用車を持たなくなって、もう15年近く経ちます。都心暮らしの12年間は車が無くても移動に困る場面はほぼありませんでした。
北海道や愛知で暮らしていた頃は、それが無いと何処にも行けないレベルでしたし、通勤にも必須だったり。週末のレジャーの幅も大きく膨らみました。
駐車代の安い郊外で暮らすようになったらまた買おうとは思っていたのですが、実際に乗る機会が少なく維持費も馬鹿にならないので、現在は必要に迫られたらと思っています。
そんなワケで、買う予定が当面無いからか興味も薄く、新しい車の名前がサッパリ分かりません。

サンボ食べたい

写真は2009年の神田祭にてサンボさん前。
秋葉原の「かんだ食堂」も今月で暖簾をおろしてしまい、牛丼のサンボさんは益々貴重な存在になってしまいました。
あぁ、サンボ食べたい。

大使館ナンバーの車

大使館ナンバーと覚えていたのですが、正式には外交官車両だそうです。
大学で上京してから都心部では時々見掛けていた大使館ナンバーの車。特に千代田区暮らしの頃はよく見掛けました。
色々と特権があるそうで、交通違反をしても捕まらないとか。
その国を代表する人の車なので、王様扱いだとか。大使館関連の車が多いそうで。
上記はちゃんと調べずにうろ覚え綴っているので、根拠は乏しいです。
見掛ける車の多くは高級車をシックに乗りこなしているのですが、中には日本の古い大衆車に家族連れみたいなのもありました。

特権があるのだから乱暴な運転も中にはありそうですが、そういった事故等の噂はほとんど聞いたことがありません。
実際、街中でハンドルを握っていても、大使館ナンバーの車だからと言って無茶な運転は一度も見掛けておらず。ナンバーが違う以外普通の車でした。
勝手な想像になりますが、外交官として赴任する人はそれなりの教養や知識もあるでしょうし、その地域の文化やルールに従う心構えも持っていそうで。

海外に伺ってみると、国によって違いを感じたのは交通マナーの点にもありました。
流石に一方通行を逆走するような車は無かったので僅かな差なのですが、この僅かな差が大きく見えて。
同じタイランドでもプーケットといった長閑な地域では単車を借りてのんびり運転出来ましたが、首都バンコクの渋滞かつハイスピードな世界は恐ろしくてハンドルなど握れず(自分の目では相当強引な割込みも普通で)。
アメリカやヨーロッパは田舎でも都市でも日本と大差無かった感で、車を借りても右側通行に慣れる程度の苦労でした。

で、話が飛びます。昨夜読んだニュース記事がなかなか衝撃的でした。
某国の駐日大使館の公式Twitterが過激発言を連発している」という記事でした。
記事を読んだ後に「ほんまかいな?」と対象のTweetを確認したところ、本当に記事の通りでした。
日本語の悪い使い方に慣れているわりには二度見しても伝わらない文章だったりで。

駐日大使館の中にはちょっとしたジョークを交えた素敵なTweetもあったりするのですが、上記の記事関連のTweetは笑いの要素がほとんど無く。
世の中、外交レベルで挑発的な国は昔からあったとは思いますが、一部の国くらいに思っていました。
ここ数年はフィリピンや合衆国の新しい大統領がちと「やんちゃ」かなぁくらいに思っていました。
そんなのが世界規模で当たり前になってきているのでしょうか?(だとしたら嫌だなぁと)

以前の仕事で何人かのオランダ人技師と一緒に行動を取る機会がありました。
その内の一人は社会人になるまで日本語の経験が無く、仕事で数年日本に訪れる予定となり。
日本では当初の数ヵ月間、日本語学校に通ったそうです。しかし、実生活では言葉の壁に相当苦労したらしく。
日本語学校で習った日常会話は丁寧過ぎて、全く日常では役に立たない日本語だったそうで、何言ってるのかサッパリ分からん状況だったそうです。
しかし、本人の使う日本語は数年経った当時でもとても丁寧なままでした。
使おうと思えば、汚い日本語も使えたのだと思いますが、相手を立てるという日本文化を優先されていたのかと思います。

で、話を少し戻して。
某国の駐日大使館が過激なTweetを連発されている状況、これは逆効果でしか無いのでは?と思えて仕方なく。
何処で日本語を習得したのか、まるで2ちゃんねるに場慣れしてしまったような文体というか。

まぁ、ここに綴っても抗議されたら怖いのでこの辺で。
ちなみに、ジョークを交えた抗議が何処にあったか探したところ、これでした

頭のいい人

数日前にニュース番組を観ていて、ちと驚いた場面がありました。
財務省関連のニュースで、嘗てそこで働いていたらしい女性の経験談でした。
その女性も東大卒で相当な成績で国家公務員になられたそうで。
「上司も優秀な方ばかりで、私の上司は電話帳のような厚さの資料をパラパラと目を通した後、ここだけ間違っていると某国の人口について指摘された。直ぐ調べてみたら一桁少なかった」とのこと。
普段耳にしないような国名でしたが、速読で分厚いのをチェックして、何の参考資料も無しにマイナーな国の人口の間違いを指摘するなんて、超人の領域というか。

旧大蔵省のキャリア組は公務員の中でもトップクラスの成績で入省するそうですが、そもそもオツムの作りが違うというか。
自分は地方の高校出身で、当時は地元でソコソコの進学校でした。学年で何人かは地元の北大にも進学していて。
北大に行くレベルの同級生はどの教科も満遍なく良い成績を収めていました。ただ、自分の得意科目は自分と大差なかった記憶です。
その北大に現役で受かった友人は高校時代まで秀才で通っていましたが、大学では平凡な成績だったようで、学部卒業前に公務員の一種は落ちたとのこと。
そのまま大学院でコツコツ勉強し、東大の院を卒業後は国の研究機関を経由して現在は某国立大で助教をしている様子です。
生真面目な友人とは学生時代に「あれについてはどう思う?」と意見を出し合う場面が幾度もありました。本や音楽についての話題が多かったですが、単なる記憶力の達者な人ではなく独自の意見も持っていて。
あの友人でも落ちた一種試験、その中でもトップクラスしか旧大蔵省には入れなかったらしく。
先のニュースを観た感想としては、やはりオツムの作りが違うとしか。

映画「レインマン」で主人公の兄は精神的な病の持ち主。しかし、電話帳の膨大な名前と電話番号を一瞬で覚えられる能力があり、その能力を見込んだ弟はカジノのカードゲームでぼろ儲けという場面がありました。
あれは病の一例ではありましたが、その領域なのかなぁと。
コンピューターに関わってきた仕事をしていると、装置の記憶容量は意識すべき部分であったりします。
人間の脳の記憶容量がどの程度なのか分かりませんが、人によって容量は十倍も違わないハズで。
単なる記憶以外にも計算速度とか含めて、普通の人は使われていない部分がけっこうあるのかな?と思ってしまったりです。

まぁ、記憶能力や計算能力が優れているから「頭がいい」とは直結しないこともありますが。
レインマンの兄のように、足りない部分もあったりで。人間性とかも。

昨夜たまたま観た教育系の番組で、自然の破壊をテーマにした初老の男性の講義がありました。受講者は中学生くらいの若者達。
海外の番組でしたが、自分も知らなかった話題もあり興味深かったです。
モアイのイースター島で何故に文化や住民が滅びてしまったかとか、自然破壊は人間以外でもあったとか。
講師が最後に語った言葉が印象的でした。
「可能性は51%だと思って、希望を持って生きていきましょう」
これは頭のいい人の言葉だよなぁと思いました。
「馬鹿な奴だなぁ」と思うのは大体が「無理だ」とか物事を決めつけてしまったり、無駄に「絶対」とかいう表現を使いがちで。
分かっている人ほど例外を意識していて。かつ、可能性を意識していて。
50%や49%と51%は大きな違いで、モチベーションにも違いが生まれると思います。

新型 Forza

ホンダのForzaが新型になるようです。
自分の乗るForza siは昨年辺りに生産中止になっていました。
Forzaに限らず、昨年は生産中止になった車種が多かった様子です。
過去にもそのような時期があったのは排ガス規制等の理由があったからでしたが、今回もそうだったのかな。

日本では単車が売れなくなっていることもあり、二十五年前に比べると車種は相当減っています。
そんな中、Forzaは新型で復活するらしく。
写真だけ見る限り、新型のデザインはあまり好みではありません。特にフロント周りがゴチャゴチャしていて。更にフロントスクリーンも立ち過ぎている感で。
また、スマートキーといった自分には不要の装備も。
Forza siの良かった点は余計な装備を持たなかったお陰で、先代よりかなり安くなった部分にもありました。

ただ、自分のForza siも見慣れるまではフロント周りのデザインに違和感がありました。
PCX系の無駄にゴージャスな顔付というか。
見慣れたら新型もカッコ良く見える可能性は十分にありそうです。

あと、単車に限らずですが、特に排ガス規制が厳しくなった後のモデル程、パワーが落ちる傾向です。
70年代の四輪とかは、一時かなりつまらない状況になったとも聞いています。
環境への配慮で排ガス周りはこの二十年で四輪も単車も相当進歩したと思っています。騒音についても。
なのに、基準はどんどん厳しくなっている様子です。
個人的にはもう十分じゃないかなぁと思っています。実際、排気系の部品は高価になる一方でしょうし、パワーもダウンしたり燃費も悪化したり。
肝心の車体の値段についても上がる一方で。結果、ますます売れなくなる単車。

それよりも、街中で未だに酷い排ガスを吐きながら走行する整備不良のトラックを何とかすべきかと。
あんなのの後ろは走れたものではなく。二十五年前であれば、ディーゼルの四駆とかでよく見掛けた光景ですが、いまは整備不良のトラックくらいです。
見るからに汚いガス、規定より何桁も違反していそうですし、臭いも酷く
あんなのが一台でも走っていたら、大気の汚れは数十台分ありそうで。
交通違反の取り締まりも、そんなのを重点的に対応してほしく。

話が戻りますが、写真で見る限りは自分のForza siもまだ時代遅れなカタチでは無さそうで少しホッとしたりです。
まぁかなりの主観と依怙贔屓が入っているのは否定しません。 🙂