青年は荒野をめざす

タイトルは高校時代に友人から「読め」と貸された五木寛之さんの小説です。
学園祭でラッパを吹いた後に手渡された作品です。
どんなものかと読み進めると、いままで読んだことのなかったジャンルでした。こんな世界もあるんだなぁと。第一、生活の中に当たり前のようにエロがあって。
高校時代は文系の人種とも付き合いが多かったので、好きな本を貸し合っては感想を楽しみにしたりでした。
その後に「青春の門」等も読んでいますが、自分が旅とか冒険とかに憧れてしまうキッカケは五木寛之さんの影響があったのかも知れません。

世界一寒いとされる冬のシベリアの地域にて日本の学生四人組が保護されたとのニュース記事を、昨夜たまたま観掛けました。
記事に対するコメントは散々な内容が目につきました。この批判的なコメントをする人達はどんな人生を歩んできたのかなぁ。
まぁ、記事の書き方も誤解を招きそうだったので、仕方ないかも知れません。装備は夏用のテント等々。

単なるノリだけの馬鹿集団だったのか気になり軽く検索したところ、関西の旧帝大の学生達の様子でした。
学業優秀な学生達だから馬鹿なマネはしないとはなりませんが、旅の計画はしっかり立てており、自分のような素人が見る分には十分な事前準備や訓練もされていたようです。
この計画が事実なら、ニュース記事はもう少し書きようがあったのになぁと思えてしまい。

十年以上前に中東の紛争地域で日本人の若者数人が拉致され、外務省経由で救出された事件がありました。
あまり表沙汰にはなっていないようですが、救出には相当な費用が掛かったと聴いています。
救出された若者達は会見で「また行きたい」くらいのことを話していて、当時の政府関係者に相当怒られた流れだった記憶です。
何らかのボランティア名目だったのかもしれませんが、万一の覚悟が何処まであったのかなぁと思っています。

自分も、アフリカの出張があった際は万一のことを考えました。
その暫く前には「アラブの春」もあり、アフリカも徐々に治安は悪化していて。
危険は感じていましたが、当時勤めていた会社の仕事でしたし国の技術支援名目でしたので、何かあったらちゃんと守ってもらえる安心感はありました。
ちなみに現時点では更に治安が悪化している状況だそうで、いま「行け」と言われても深く迷うと思います。
自分が伺った際も、外出時は基本的に現地スタッフが同行してくれましたし、危ない場面には幾度か遭遇しています。
そのスタッフの自宅にも伺いましたが、暮らしていたアパートメントの門は鉄格子で常に警備員が待機していました。

そんな流れでロシアに行くには幾らくらい掛かるものなんだろう?と軽く検索してみたところ、案外安いようです。
「青年は荒野をめざす」も船でロシアに渡っていて、気になるルートだったりです。

更に以前の仕事でヨーロッパを往復した際、飛行機から拝めたシベリア大陸になかなか考えさせられました。
夜の飛行、ひたすら雪で覆われた大地は青白く。灯りも人工物もほとんど見当たらず。
この地域の人達はどんな生活をしているんだろう?とか、万一不時着したら何時間生きていられるのだろう?とか。
アフリカ出張の際も上空から拝めたサハラ砂漠は何処までも砂地で、こんなところに取り残されたら生きて脱出出来ないだろうなぁとか。雪の大地も砂漠も、上空からではカメラのオートフォーカスが機能しませんでした。

若いうちに苦労しとけとか言われますが、それよりも若いうちに旅をしとけとは思っています。
それよりも、若いうちに本を読んでおけかな。

遅い人にペースを合わせる

平昌の冬季五輪で、ちと思い出してしまった場面がありました。
女子団体パシュートの競技で韓国のチームが後ろの選手を置き去りにしたニュースででした。
まぁ酷い話なのですが、似たような場面は実生活でもありそうで。

二十代の終わり頃、大きな会社の社内バンドで自分はピンチヒッター的にベースを弾いていました。
自分の演奏はそんなに上手いワケではありませんでしたが、元のメンバーは仕事が忙しいという理由で練習にも来れなく。
譜面も渡されずに向かったスタジオでの初回練習はコード進行も分からず、ほとんど弾けず。
その後はインターネットに出回っているmidiのソースから譜面を起こし、課題曲を猛練習。

バンドメンバーの演奏レベルはマチマチでした。プロでも通用しそうな人が何人か居ましたが、全く話にならない方もチラチラと。
ドラムを担当していた方は定年も近そうな男性でした。Jazz上がりの方で4ビートはノリノリでしたが、8ビートはかなり厳しい感で。
練習中もドラムはテンポのキープが甘く、ベースの自分は合わせてあげるべきかベース側が引っ張るべきか幾度も迷えて。
スタジオでの練習は三回程度だったので、もう少し練習の機会があれば良かったのかも知れません。

本番は会社のパーティーででした。海外の支社から集まった連中のパーティーには会社のトップから役員まで揃っていて。
その本番で、アップテンポ気味の曲をとんでもない勢いでドラムが叩き始めて。
えっ?と思いつつ、こちらも必死に着いていったのですが、ドラムは16小節も持たずにどんどん減速。
自分は元のテンポをキープしようとしていて、他の奏者はドラムに着くかべきかベースに着くべきか困った様子。
「責任持ってあんたが始めた最初のテンポ貫いてくれよ」くらいに思っていました。
演奏は無事に終了したのですが、どうにもスッキリしない本番となってしまいました。

後から考えたのですが、ドラムはお年寄りでしたし自分は若造でしたし、自分が合わせてあげるべきだったのかなぁと。
少なくとも、ドラムは途中から自分のテンポに着いてこれない状況だったのですし、リズムが崩れたバンド演奏はみっともなく。

あれ以来、気付く範囲では遅い人にペースを合わせるようにしています。
町歩きの撮影係だったときは、ご高齢の方が後ろで離れてしまうと、だいたい一緒に歩いていたなぁと。
そんなワケで、今回のオリンピックのニュースは何だか色々と思い出させてくれました。

同じ暖簾

自宅近辺でかなり美味しかったラーメン屋さんが変わってしまいました。
暖簾もメニューも同じなのですが、お店を賄っていたご夫婦が引退してしまったようです。
とても小さなお店、新しい二人が恐らく同じ食材を使っているものの、メニューも同じなものの別の味でした。

つけ麺が特に素晴らしかったんですよ。元々は。
つけ麺って、食べ始めと食べ終わりでスープが随分変わってしまうモノだと思っているのですが、ここのはそれがほとんど変化無くて。
どういう作り方だったのか分かりませんが、最初から最後まで全部美味しくて。
盛りも丁寧で、麺は見た目も触感も最後までツルツル。

多分、ご夫婦で営まれていたのだと思います。
辞めてしまうのなら、一声かけてほしかったなぁと。自分から世間話でもするべきだったのかなぁ。
営業時間はどんどん短くなっていましたが、お客さんは皆美味しく頂いていたと思うんです。

同じ暖簾なので、あと数回くらいは伺うつもりです。
ラーメンに愛情を込めてほしい新しい二人、頑張ってほしいです。

Azymuth:Brazilian soul

少し前から気になっていたアルバムをYoutube経由で視聴してみたところ、案外いい感じでした。
Azymuthのアルバムは廃盤なのが多く、これもその一枚でした。廃盤になるとWeb市場ではとんでもない値段になることも多く。

何故にまたYoutube経由で聴いているかというと、AmazonのFireTVでもアプリを入れればAppleTVのようにiPadやMacの画面や音声を飛ばせる機能(AirPlay)が実現出来るそうで、それを試したついででした。
FireTV上のAirReceiverという三百円の有料アプリを使用した感じは悪くないです。
これ、以前に使っていたオリジナルのAppleTVより値段含めて良いかもしれません。FireTVは発売当初のセールで二千円程度で入手した物でしたし。
AppleTVは一般的な日本人に無縁なスポーツなコンテンツとかばかりで、文化の違いを大いに感じたり。あれを使いこなしている日本人はどれだけいるのやら。

また、Youtube経由の音質は全く期待していなかったのですが、これも悪く無く。妙な偏見が自分にはあったようです。自宅のオーディオ環境で聴いてみたのは今回が初めてか。
しかし、これでは確かにCDが売れなくなるよなぁ。
大昔のエアチェックのようにFM番組で流れた楽曲をカセットテープに落としてノイズ混じりのを聴くのとは大違いで。
聴いてみて良かったら自腹で買う主義ですし、いつか買ってあげたい一枚です。

Android 8.0

一昨年の秋口から利用していたAndoroid端末で何の気なしにOSのアップデートをかけたところ、メジャーアップデートだったらしく。
8.0というバージョンになったのですが、一部のアプリが重くなったりバッテリーの減りが早まったり。

どんなOSにしても、メジャーバージョンアップをかけてしまうと古いバージョンの設定類が上手く引き継がれなかったりで不具合が多かった感です。WindowsもMacもLinuc(Debian)もそうでした。
色々な不具合の多くは、その後のクリーンインストールであっさり片付いたものでした。
そんなワケで、本日はスマホの初期化。

その後、最低限必要なアプリを幾つか入れて、大雑把に再設定。
動作はかなり軽くなりました。一部のアプリ(Facebook)はやはり重いままでしたので、これはアプリ側の問題かもしれません。
ほとんど使っていなかった余計なアプリも一気に消えたので、見た目もスッキリしました。

そのFacebookについては、しばらく前まで半年ほど休眠状況の自分でした。
再開してみたものの、やはり面白みに欠けるというか。新鮮味に欠けるというか。
SNS系はもう二十年以上経験しています。どのSNSも末期はそんな感じでした。結果的にアクセスする人も減り続けるパターンです。
そんな中でもFacebookは健闘している方だとは思います。Facebookが初めてのSNSという方も周りにはけっこう居そうですし。
しかし、仕事もプライベートも合体してしまう仕組みに自分は慣れ切れず。参加してからの数年間は実名で無くても構わなかったので、けっこう好き勝手なことが綴れたものでした。
次のメインストリームはどれになるんだろう?等と少し期待しつつ、新しいのはなかなか登場しないここ数年です。

登場当初に不思議だったTwitterは意外に使い勝手良かったりで。五七五じゃあるまいし、こんな文字数制限で誰が使うんだろう?と当初思っていました。
しかし、何処の誰だか分からないけれど貴重な情報を載せてくださる方はけっこう多く。ラーメン二郎のことしか綴らない方や、立ち食い蕎麦のことしか綴らない方とか、凄いポリシーを感じたりです。

話が逸れました。
久し振りにスマホの再設定をしてみて、設定も楽になったもんだなぁと思ったりでした。
最低限のアカウントを設定すれば、あとは数珠繋ぎで設定省略とか。それでいて、セキュリティも進化していて。
とりあえず、バッテリーの持ちが復活していることに期待します。

閉店情報

キッチン南海の閉店情報がしばらく前からTwitterで流れていました。
神田時代にお世話になった何人かは閉店を惜しみ、久し振りに来店していた様子でした。
自分も以前に伺ったことがありましたが、常連になるほどの何かは無かった感です。

今日になって某ニュース記事で閉店の噂はデマだったとの情報が。
ちゃんと店員さんに確認したらしい記事なので恐らくこの記事は本当なのかと思いますが、実際のところまだ分からんです。

自宅から近い金町の「そばっ子」さんも閉店情報が昨年から飛び交っていました。二月いっぱいで閉店ですが、現在の店舗近くで再開予定と店員さんから最近聞いています。
最終的にどうなるか謎ですが、変な噂流す人は店員さんにちゃんと聞いてからの方が良いかと思います。

Azymuth – Jazz Carnival

スマートスピーカーの導入後、Azymuthを聴く機会が増えています。
Azymuthを知ったきっかけは当時の80年代のFM番組のオープニングとエンディングで流れていた綺麗な曲からでした。
当時はインターネットなど無く、調べる手段は限られていて。
音楽の趣味が自分と合っていたイトコに何の気なしに聴いたところ「それはアジムスだよ」と。

あれ以来、気にしていたものの、所有しているアルバムは僅か三枚程度です。
もっと他の曲も聴いてみたいのですが、ジャケットが独特過ぎるデザインというか、大ハズレの危険が高そうで。
ブラジルのフュージョンバンド、見た目では計り知れない何かも潜んでいて。

amazonのechoを導入してからはプライム会員の特典で、そんな謎の曲を色々聴けています。
謎の曲の中で気になったのは、全盛期のBlue Noteレーベルより癖のあるジャケットだったりでした。

Azymuthの記事を綴るのは既に何回目かも知れません。十数年続けているBlogですと、いよいよワケ分からなくなってきました。
例えば、この曲とか映像とかにグッときたり。

そんな得体の知れぬバンドでもインターネットのお陰で少しは動向も判明して。
数年前にバンマスのキーボーディストが他界されたそうで。十分に高齢な三人組は解散と思いきや、新たなメンバーを入れて続行中らしく。
今夜ちょっと検索したところ、ここ数年のLive映像に触れられました。
代表曲の演奏はイマイチでしたが、使っている機材にニンマリでして。
キーボーディストの鍵盤が、どれも自分の所有していたモノとほぼ一緒でした。
コルグのKRONOSも小さな鍵盤のボコーダーも、嘗て所有していたRhodesピアノも。
小さな鍵盤は自分でも弾きにくいのですが、このライブでも実に弾きにくそうでリズムを外しているというか。
見た目に反して、音は存在感あるのですけれど。