柴又の水路

自宅から柴又駅へ向かう際にルートが幾つかあるのですが、最近好んで利用しているルートがあります。
細い道なのですが、ある程度緑も残っていて夏場に少し涼しくて。

このルート沿いで柴又駅に到着すると、綺麗な水路が地上に現れます。
柴又駅から帝釈天に向かう参道は川魚の名店が並んでいたり。そこを横切る目立たぬ水路がなかなか綺麗な水でして。
鯉や金魚もその水路で泳いでいたり。そこそこの流れのある水路、何故にこんなに奇麗なのか謎多く。

今朝何となく検索したところ、2011年のブラタモリでも紹介されていたらしく、自宅のかなり近くまで取材されていたようです。
自分の歩いていたルートは、その水路の暗渠(あんきょ)だったようです。

はぴわんさんのBlogでブラタモリの記事が詳しく綴られていました。2011年の自分は外神田暮らしで、まさか柴又に引っ越すとは考えてもおらず。
また、暗渠ハンターさんのBlogでは柴又周辺の暗渠が地図で詳しく紹介されていました。

今朝、何となく駅まで往復した際の写真を以下に。偶然ですが、自宅目の前も暗渠でした。
駅前辺りから始まります







何処かで観た風景
このまま真っ直ぐ北総線の高架まで向かいます