隣国のこととか

仕事や旅行で過去に幾度か海外へ出掛けています。その際に隣国の方々の酷い振る舞いを幾度か経験しています。
Web上では嫌韓系の記事が溢れていますが、その多くは実体験でなく他の文章からの引用。悪く言ってしまうと噂の部類かも知れず。
ただ、実体験として何度も経験してしまうと、こういった記事は根も葉もない噂では無さそうだと思っています。

今日たまたま見掛けたニュース記事で、隣国の大統領が自国軍に対して苦言を漏らしたというのがありました。
隣国が自主開発した装備が無茶苦茶で、使い物にならないパターンが陸海空ともに多いような記事は過去にも読んでいます。
特に北朝鮮の軍事問題はここのところ半島内だけで済まされない状況で、国境に接した隣国がどうなっているのか軽く検索してみました。(親しい知人が米軍で働いているので、心配だったりもしています)

大戦後にあった近場の大きな戦争の一つは朝鮮戦争。隣国内では英雄伝説のような部類も多かった様子。
ただ、実態としては敵前逃亡が繰り返され、国連軍から支給された装備が敵の手に渡る場面が散見されたそうです。(詳しくはWikipediaの記事にて)
上記リンク先の記事は同盟国であるアメリカ側からの情報ですが、隣国側の証言も残っているようです。(詳しくは産経さんの記事にて)

この夏に個人的に気になったキーワードの一つが「インパール作戦」。第二次世界大戦で最も悲惨だった作戦に数えられるそうです。
某国営放送の平和なドラマでも登場した言葉でした。名前だけは知っていましたが、どんな作戦だったのかは謎で、そのしばらく後にドキュメンタリー番組が放映され、なかなか考えさせられる内容でした。
放映後に世間の感想がどんなものか検索したところ、右寄りの人と左寄りの人とで賛否両論。ただ、史実を元にしているのであれば、刻まれるべき歴史だと個人的には思っています。

そもそも「敵前逃亡」とは何なのかよく分っておらず、これも検索してみたところ「兵士などが軍事遂行命令を受け、戦闘継続可能な状態にもかかわらず、戦わずに逃亡すること」とのこと。
インパール作戦の佐藤幸徳さんは、人道的な方だと思っていますが、これも賛否両論あるようです。
武器や食料が圧倒的に足りないから撤退というのは戦闘継続可能な状態とはいえないので、敵前逃亡にはならないのかなと思われます。(考え甘いかな?)

隣国とは歴史の認識で未だ軋轢があるようです。その一つが歴史教科書であったり。
日本の教科書は都合の悪い部分も史実であればけっこうしっかり載せている印象です。(敗戦国故か)
隣国の教科書も日本で入手できるようですが、これがなかなか高価。Amazonのレビューで大体想像はつくようですけれど。

個人的な趣味でアマチュア無線を細々と続けています。1980年代の中学生時代が一番活発にしていた趣味でした。
当時は隣国と繋がる機会が多く、隣国のお年寄りは何故か日本語が流暢な方ばかりで不思議でした。自分が中学生なのもあってか隣国のお年寄り達は皆さん親切でした。恐縮してしまうくらい言葉遣いも丁寧で。
1980年代というのは、まだそれほど隣国との仲が悪く無かった記憶ですが、正直よく分らない近くの国の一つでした。(実際、情報が少なかったと思います)
後から考えると、昔は一緒の国で同じ言葉を使っていたんだなぁと。
あれから三十年以上経ち、もうあの方達は残って居なそうですけれど、あの世代は日本が嫌いな雰囲気では全然無さそうでした。

ウィッキーさんのワンポイント英会話


明け方にテレビをつけたところ「ウィッキーさんのワンポイント英会話」が24時間テレビ内で生中継されていました。
小学生時代の朝よく観ていた番組の1コーナーで、懐かしく。ウィッキーさんの明るい人柄、自分は大好きでした。
毎度通行人に英語で放し掛ける展開、ほとんどの人は逃げ出してしまい、まともに答えてくれる人は極稀。当時何かで読みましたが昭和天皇も好んで観ていたコーナーだったそうです。普通の庶民の自然な姿に触れられるとかで。
個人的にショッキングだったのが、マイクを向けた通行人のサラリーマンが「〇〇証券潰れてしまえ!」と叫んで走り去った場面でした。ウィッキーさん、それでも明るく振舞っていた記憶です。

あのテーマ曲は誰が演っているのかなぁと検索したところ、森園勝敏さんの”OUT OF BLUE”という曲でした。
YouTubeで曲を検索したところ、アマチュアバンドのコピーくらいしかヒットせず。更に検索したところ、Amazonのプライムミュージックで聴けました。
プライム会員ですと無料らしく。プライムビデオなら既にお世話になっていたのですが、なかなか素敵なサービスです。

聴けた曲についてですが、出だしにそれっぽいフレーズがありまして、エンディングで使われるかな?と思ったら出てきませんでした。これは別テイクなのか番組向けにアレンジした別録音なのか。謎

NTV系の当時の番組は耳に残るテーマ曲が多かった記憶です。〇曜スペシャルとかのUFO特集とかでショッキングな場面に流れるフレーズとか、ウイークエンダーで直々流れていたフレーズとか。
曲として好きだったのはウルトラクイズのテーマでした。あれはメイナード”・ファーガソンさんの”スタートレックのテーマ”でした。CDでも持っていますが、これまたアレンジが別物。
番組向けの別録音だとしたら、けっこうお金が掛かっていそうです。そして、インパクトある曲とかフレーズとかを採用していた音楽の担当者さん、偉いと思います。

ともかく、久し振りのウィッキーさんに朝から元気頂けた感です。ちょっとした誕生日プレゼントでした。

追記:
ワンポイント英会話の曲がまさかの国内バンドで、ホーンのファンクっぽさが気になり更に検索したところ、やはりホーンスペクトラムが担当していました。SPECTRUMのデビュー直前頃でしょうか。
SPECTRUMのテレビデビューは初回の24時間テレビだったハズなので、あの番組内で再結成してくれたらいいのになぁと思う一人です。ちゃんと新田さんも参加で。

MDR-V6ヘッドパッドの交換

MDR-V6というSONYのヘッドホンを十年程前から利用しています。
スタジオ録音の定番モデル(MDR-CD900ST)の折り畳み型みたいな位置付けで、音質も悪くなく折り畳めばコンパクトですし定番モデルよりも当時は随分安く。(偽物も多かったそうですが、自分のはサウンドハウスさんで入手した正規品)
それなりに重宝していましたが、耳を覆うモデルですので、夏場の屋外の使用は無理でした。逆に冬場は耳当て代わりでしたが。
あと、定番モデルより明らかに好みなのはプラグが小型な点です。変換プラグ無しにスマホ等にそのまま挿せます。大型のプラグに変換プラグ系で接続すると、その部分だけでけっこうな凸りになり。

これが、数年前からイヤーパッド部分の劣化が激しく、触る度に黒い破片がボロボロと零れ落ち。余程なことが無い限り、室内でも使用しなくなっていました。
純正のイヤーパッドは二千円くらいだそうです。本体の価格に対してちょっと高いかな?と思っていました。
先程何となく検索してみたところ、Amazonでは互換品が98円で売られていました。レビューを観ても案外悪くなく。細かい人ですとパッドの変更でも音質は変わるそうですが、個人的にはそこまで気にしていません。
失敗してもこれなら許せるでポチってしまいました。
近日中に到着予定だそうです。

お世話になっていた町

昨日、秋葉原方面に伺った際に当時暮らしていた地域も寄っておりました。
自分が引っ越してから二年経ちますが、その間にも地元の方が何人も町を離れていたらしく。
皆さん、献身的に町の行事やお祭りに参加されていて。お手伝いしていて。

誰だってイザコザやゴタゴタは嫌いですし、誰だってそんなもの程長引かせたくなく。

一癖ある人も、当時はそれをイイ味にしてしまう素敵さがあったんですよネ。相乗効果的。
普段生真面目な方も、ここぞとばかしに乗ってくれたり。
今日は上手く纏まって行こう!な。
それで帳消しだったり。

場を和ます流れって大切だよなぁと思います。
心に余裕が無いと難しいのかな。

秋葉原のPLACEさん



数か月前に秋葉原のPLACEさんがお店を畳まれるという噂を聴きました。
外神田在住中に幾度も寄らせて頂いた味わい深いお店でした。
昭和臭漂うお店は色々と自分好みで。
ただ、万人受けするお店ではないことも自分なりに理解していました。

このお店で大盛を注文するとかなりの分量で、大食いな自分でもしんどかったり、それでいてなかなか美味しかったり、そんなに高価で無かったり。
お店の内装は昭和後半の洋食屋さんそのもので、適度にやれた内装が身近さ感じさせて。
喫煙は常にOKで、隣のお客さんが何かを飲食していても気兼ねなしにイップク出来たり。

当時秋葉原駅を通勤ルートにしていた際は、毎朝お店の前で店員さんとすれ違ったものでした。
親しかった女性とお店に伺うと、女性は店員さんを「バービーちゃん」と名付けていました。
バービー人形のようなチャーミングさがあったからだそうです。
言われてみれば、そんな感じでした。

閉店前に一度は寄っておきたいと、本日は二年ぶりぐらいでPLACEさんに伺ってみました。
今日は一人で伺い、お店も振るわっていたのでカウンター席となりました。バービーちゃんも元気そう。
テーブル席の隅に置かれたパソコンの画面は競馬関連のHomepageが表示されたままでした。あの画面は他にも株式のオンライントレード画面も表示されていた記憶です。
何だか、何もかもそのままでした。

近場でまた再開してくれたら、また時々でも利用してみたいPLACEさんでした。

ジブラルタル

時間とお金と体力に余裕が合ったらいつか訪れてみたい土地の一つにジブラルタルがあります。
ヨーロッパとアフリカを隔てるジブラルタル海峡の片側。
地中海の入り口、海峡の最も狭い区間は僅か14km。

そんな土地柄、歴史も古く、最後の大戦でこの海峡を通過するのは至難の業だったとか。
文化的にもヨーロッパとアフリカの様々な面が融合されていそうで。
そこまで辿り着けたら、対岸にも勿論渡ってみたく。

Weather ReportというバンドのBlack MarketというアルバムにもGibralterという曲が入っています。
このアルバム自体、後作のHeavy Weatherに比べて地味目ですが、耳に残るフレーズが目白押しで。
しばらく前にYouTubeで観たLive演奏のGibralterは相当カッコ良かったです。
Live演奏はこちらにて

しかし、スペインも色々な事情で治安が宜しくない状況。
行くかどうか別として、ルート検索くらいはしておきたいです。

雨雨雨

八月に入ってからの東京は雨続き。
単車にも自転車にも乗らぬ日々です。

雨の単車は良いこと無しです。ヘルメットのシールド越しからの視界は悪いし、路上のマンホールでは滑るし、汚れるし濡れるし。
自転車も似たようなもので。自分の自転車には泥除けも無く。
半月も乗らずにいると、身体もなまってきます。

天気の長期予報では、今年は猛暑だったハズでした。しかし、現在の予報では九月以降も好天に恵まれないらしく。
予報が当たっていても間違っていても、気象庁のせいで天気が悪いワケではありませんが、当たっていたのなら前もって七月中に海や山へ単車で出掛けていたとは思います。

八月に入ってからはエアコン要らずの涼しさでもあるので、それだけはメリットだったのかも知れません。
炎天下の夏にスイカやメロンシャーベットを頂きたかったなぁとボヤきつつです。