山本直純さん

三十路の頃からどうにも懐古調な部分が自分にありました。
というか、子供の頃から古い文学とか好きだったのですけれど、自分の経験してきた範囲でも当時を懐かしむ傾向が強くなってきています。

ここしばらく気になっているのが山本直純さんです。
「オーケストラがやってきた」という番組が昭和の終わり頃にありまして、毎週日曜の朝はその番組が楽しみでした。
Youtubeでも動画が幾つか残っていまして、久し振りに観たところ、やはり面白かったです。
もう、時代背景など関係ない世界。

Wikipediaで確認したところ、やはり天才だったのだなぁと。
触れる機会の少ないクラシック音楽を大衆にも親しませた功績は大きいと思っています。
ただ、当時から駄目な部分も話題になっていました。お酒にまつわるトラブルが多かったらしく。
自分の高校時代の音楽の先生も昼間から酒臭かったのですが、芸術家肌の人は社会人として大人として駄目な部分が多いのかも知れません。天才だから許される場面は近代ほど少なそうで。
この音楽の先生のことも、何かの機会に綴ってみたいです。

クラシックの世界で「現代音楽」と呼ばれるのは自分でも取っつきにくいのが実際多いです。これの何処がいいの?な。
しかし、山本直純さんの知られた曲は難解さが少なかったと思います。不協和音は効果音程度で。

ちと、懐かしい曲や場面を羅列。
すばらしい世界旅行
知られざる世界
ミユキ野球教室
SHEENA AND THE ROKKETSとの共演
さだまさしとの共演
日本船舶振興会のCM
オーケストラがやってきた(音声のみですが、トークがなかなか面白く)
・当然のことながら「男はつらいよ」のテーマソングも山本直純さんです。

と綴ってみたところ、週末に放映される番組で使われる傾向が高かったのかなぁとも思えます。
そういえば、自分の兄の声も山本直純さんに似ていたなぁ。

脱線な話題となりますが、亡くなってしまった方の兄は小学生の頃に地元の合唱団で活躍していました。川越少年少女合唱団だった記憶です。
現在はどうなのか存じませんが、70年代のその合唱団は市内の各小学校から才能ありそうな子供を集めていたそうで、川越市民会館でコンサートを幾度か自分も観ていて。
その繋がりで、クラシックのコンサートに触れる場面が自分は多かったです。自分が最後にオーケストラを観たのは大学時代で、今思うと幼少期はけっこう文化的というか贅沢してたんだなぁと。
日本フィルハーモニー交響楽団(新の方ではない)とのジョイントコンサートみたいなのも当時観ていました。(新の方は山本直純さんも関わっていたそうです)
その演奏終了後、舞台裏で楽団員の方々がしくしくと泣いていたと兄から聴いていました。
大の大人が揃ってどうして泣いていたのか不思議で、兄に尋ねてみると「スポンサーが居なくなってしまい、これが最後の演奏になってしまうかも」のような説明でした。
音楽で食っていくのは大変なんだなぁと気付いた最初の出来事でもありました。

マイムマイム

幼稚園で踊らされた曲「マイムマイム」がインパクトあるメロディーで、ずっと耳に残っています。
国籍不明感を漂わせていまして。日本の音階とも西洋の音階とも異なる感で。
アラビアンなモードのJazzにも似たような響きなのがあって。

Googleのchromemusiclabで打ち込んでみようと自分の知っているオリジナル音源らしき動画を確認したところ、踊りの振り付け自体はロシア風にも思えました。
で、ベースラインを聴き取ると、やはり妙な進行で。当てはまるコードに少し苦労。

で、テキトーに打ち込んだのか以下です。


何か、伴奏が違うんじゃないの?と思いつつ、聴き終わるとそれなりにまとまっていて。
聴いている途中で「その音、違うんじゃないの?」が実は意味があったりって、時々あります。

この曲のルーツが何なのかWikiで調べたところ、「開拓地で水を掘り当てて人々が喜ぶさまを歌ったイスラエルの楽曲」とのこと。アラビアンなのも納得しました。
その記事を読み進むと、原曲があるそうで作曲者はポーランドで生まれてイスラエルで亡くなられた方だそうです。他の曲もエキゾチックなメロディーなのか気になるところです。

Wikiによると「昭和50年代の学習指導要領でフォークダンスの学習が義務化から外れた」らしき記述もありました。なので自分の場合は幼稚園の頃に踊ったのが最後かも知れず。
輪になって踊るのも、掘り当てた井戸を囲んで喜ぶ様だそうです。戦後のGHQ支配下で合衆国から伝わったとも。あえて何故にこの曲を伝えたのか謎ですが、伝えたかった方もインパクトを感じていたのかも知れず。「世界にはこんな音楽もあるんだぞ」的な。
高校の学校祭で最後の夜は後夜祭というのがあって、懐かしいフォークソングで皆馬鹿騒ぎ的な踊りをしたのですが、もしかしたらあの時に踊っていたのかな?
しかし、振り付けなんてとうに忘れていただろうになぁ。
自分より一回り下の世代だと、全く知らない曲なのかも。

自分の好きなポピュラー音楽の名盤系は1975年以降の作品が多いです。しかし、1975年って自分が小学校に入学した頃。
そんな曲達、自分は何処で初めて耳にしたのか覚えていませんが、かなり幼かった頃だったんだなぁと今更ながら気付いたりでした。
しかし、マイムマイムを幼稚園の庭で踊ったのは覚えています。

chromemusiclab

Googleの新サービスでオルゴールのような小曲を打ち込む日々です。
前回の記事でも触れたのですが、取っつき易さから機能もかなり単純な為、作れる曲も限られます。
3オクターブの中にどうやっても押し込めないパターンとか、何小節も入れた途中で行き詰るパターンとか。後者はけっこう痛いです。
せめて、フレーズのコピーペースト機能でもあったら楽なのですが。

自分は好きな曲とか印象深いフレーズをターゲットにしているのですが「Silly Love Songs / Paul McCartney & Wings」は特に好きで。
耳コピーして気付いた部分がありました。Poulは親しみやすい単純なメロディーラインでも、ベースラインはけっこうトリッキーなんだなぁと。
ベースを弾きながら歌っているのもありますが、やはり天才なんだなぁと。自分では絶対に浮かばないベースラインです。

既に十曲以上公開しています。
大反響とはゆかないにしてもアクセス数はけっこうなもので、僅かながら「いいね」も頂けていて。これが、身内からとかでは無く、海外のぜんぜん知らない人からだったりで。
ちょっと驚いたのが、このサービスの開発者の方々からも「いいね」を頂けた点でした。
NY在住のchromemusiclabの研究員とか、ズバ抜けた思考力の持ち主なんだろうなぁと。
自分達の作ったサービスが、どんな風に利用されているのか気になるんだろうなぁ。

あと、このオルゴールでメロディックな曲を公開されている方も世界中にチラホラ居ました。
ご自身でも作曲とかしていないと「こうは上手くまとめられないよなぁ」とProfileを確認すると音大の学生さんだったり。
海外の音大は分からないですが、日本の音大卒の方はポピュラーミュージックのコード進行とかの知識に疎いのがけっこういて。
卒業後にクラシックだけで生きてゆく何て、凄い競争率とかズバ抜けた表現力が必要そうですし、ポピュラー分野の知識や経験を学生時代に積んでおくのは意味があると思っています。実際、音楽とは全く関係のないジャンルに進む方が周りで多かったです。

と、どんどん話題が逸れてしまうのですが、プロのミュージシャンを目指した友人が自分の周りに何人か居ました。勿論ほとんどは二十代の内に全く別の仕事に就いています。
しかし、それでもプロになったのが何人か居ました。これが、クラシック系もロック系も音大なんて卒業していなくて。
ただ、どちらも若いうちからかなりセンスがあった感でした。

職業としてのミュージシャン、新しい曲を覚えたり自分で新曲を作ったり。
これをコンスタントに続けられるって、やはり凄いと思います。
自分は趣味の一部くらいが丁度よいです。

進化し過ぎたDAW

自宅には音楽系の機材がゴロゴロ転がっているのですが、勿体ないことにたまにしか触れておらず。
やりたい曲の難易度が高過ぎたり、録音や作曲系の機材が高度過ぎまして..。

二十年くらい前のDAWソフトというかMIDIの作曲系のソフトは機能が単純で初心者でも取っつき易かったんです。
これが、最近のは宅録でもプロレベルの仕上がりが出来てしまうシロモノばかりで。
まぁ、世に出せる状態の曲というのは相当な手間暇掛けていると思います。
70年代のフォークソング全盛期とか、マイク一本で一発録りとか、羨ましい世代だったりです。一発勝負で聴ける音というか。

そんな中、Googleがブラウザー上で簡単に曲を作れるツールを発表してくれました。
はっきり言って、8bitゲームの世界の音色や機能ですが、これが手軽に使えてなかなか面白く。一種のオルゴール。
試したところ、じわじわハマっています。といか、この週末はそればかりイジっていました。


70年代のバラエティー番組でコミカルな場面によく使われていたフレーズです。ポップコーンという曲名を知ったのは最近でしたが、テクノミュージックの元祖とされているそうです。

マイナーな曲が多いですね..。
あと1オクターブ欲しかったり、音の長さを調節出来たらもっとソレっぽくなりそうですが、やはり細かな設定が出来てしまうと敷居が高くなってしまうんだろうなぁ。
Take Fiveの5拍子等、変則的なリズムにも対応できるのはナカナカだと思います。

【追記】
やはり、3オクターブの中に無理矢理押し込むのはナカナカ大変です。音の長さも固定なので、スローなナンバーは粗が出やすく。
しかし、自分の声域なんて3オクターブもあるわけ無いし、贅沢を言ってはイケないのかな。
Twitterで公開されている曲の多くは、ちょっと試した系ばかりですが、中には凄いなぁと思えるのもチラホラ。
海外の方々も楽しんでいる様子ですが、やはり日本人の利用者が多い様子です。
限られた仕様の中に工夫を凝らす軽自動車の国らしいとも思えます。

Azymuth:Brazilian soul

少し前から気になっていたアルバムをYoutube経由で視聴してみたところ、案外いい感じでした。
Azymuthのアルバムは廃盤なのが多く、これもその一枚でした。廃盤になるとWeb市場ではとんでもない値段になることも多く。

何故にまたYoutube経由で聴いているかというと、AmazonのFireTVでもアプリを入れればAppleTVのようにiPadやMacの画面や音声を飛ばせる機能(AirPlay)が実現出来るそうで、それを試したついででした。
FireTV上のAirReceiverという三百円の有料アプリを使用した感じは悪くないです。
これ、以前に使っていたオリジナルのAppleTVより値段含めて良いかもしれません。FireTVは発売当初のセールで二千円程度で入手した物でしたし。
AppleTVは一般的な日本人に無縁なスポーツなコンテンツとかばかりで、文化の違いを大いに感じたり。あれを使いこなしている日本人はどれだけいるのやら。

また、Youtube経由の音質は全く期待していなかったのですが、これも悪く無く。妙な偏見が自分にはあったようです。自宅のオーディオ環境で聴いてみたのは今回が初めてか。
しかし、これでは確かにCDが売れなくなるよなぁ。
大昔のエアチェックのようにFM番組で流れた楽曲をカセットテープに落としてノイズ混じりのを聴くのとは大違いで。
聴いてみて良かったら自腹で買う主義ですし、いつか買ってあげたい一枚です。

Azymuth – Jazz Carnival

スマートスピーカーの導入後、Azymuthを聴く機会が増えています。
Azymuthを知ったきっかけは当時の80年代のFM番組のオープニングとエンディングで流れていた綺麗な曲からでした。
当時はインターネットなど無く、調べる手段は限られていて。
音楽の趣味が自分と合っていたイトコに何の気なしに聴いたところ「それはアジムスだよ」と。

あれ以来、気にしていたものの、所有しているアルバムは僅か三枚程度です。
もっと他の曲も聴いてみたいのですが、ジャケットが独特過ぎるデザインというか、大ハズレの危険が高そうで。
ブラジルのフュージョンバンド、見た目では計り知れない何かも潜んでいて。

amazonのechoを導入してからはプライム会員の特典で、そんな謎の曲を色々聴けています。
謎の曲の中で気になったのは、全盛期のBlue Noteレーベルより癖のあるジャケットだったりでした。

Azymuthの記事を綴るのは既に何回目かも知れません。十数年続けているBlogですと、いよいよワケ分からなくなってきました。
例えば、この曲とか映像とかにグッときたり。

そんな得体の知れぬバンドでもインターネットのお陰で少しは動向も判明して。
数年前にバンマスのキーボーディストが他界されたそうで。十分に高齢な三人組は解散と思いきや、新たなメンバーを入れて続行中らしく。
今夜ちょっと検索したところ、ここ数年のLive映像に触れられました。
代表曲の演奏はイマイチでしたが、使っている機材にニンマリでして。
キーボーディストの鍵盤が、どれも自分の所有していたモノとほぼ一緒でした。
コルグのKRONOSも小さな鍵盤のボコーダーも、嘗て所有していたRhodesピアノも。
小さな鍵盤は自分でも弾きにくいのですが、このライブでも実に弾きにくそうでリズムを外しているというか。
見た目に反して、音は存在感あるのですけれど。

雨のウェンズデイ

iTunesで大瀧詠一さん絡みのアルバムを取り込んでいる最中に、ちょっと思い出した出来事がありました。
自分が高校生くらいの頃だったと思うのですが、裁判沙汰の新聞記事でした。
しかし、その件をWebで検索してもほとんどヒットせず。数年前まではWikiでも扱われていた話題だったハズなのですが。
(ここに綴ってしまって問題あるようでしたら消す予定です)

自分の高校生時代なので、三十年近く前の話です。
「大瀧さんがDJを務めるラジオ番組ではアマチュアミュージシャンの自作曲を募集し、良さそうな作品は番組内で放送。しかし、大瀧さんは製作者に断りもなく自身の新作でその音源をパクッて裁判になった」という様な内容でした。うろ覚えも入っています。
当時、アマチュアバンドで頑張っていた友人は、このニュースにかなり怒っていました。「アマチュアミュージシャンを敵に回した」と。
数人から訴えられたような記憶なのですが、インターネットも無かった時代に被害者を集めたのは凄いなぁと思ったり。
数ヵ月後だったか、気になっていたその裁判は和解したような小さな記事も新聞で観掛けています。

大瀧さんの一部の作品は自分も好きで、80年代からずっと聴いています。車を所有していた頃はいつでも流せられる状況にしていましたし、iPhoneを初めて購入した時から代表的なアルバムをいつも持ち歩いていました。
大昔に流行ったオールディーズ系の曲をモチーフにした作品が大瀧さんの特徴で、それをキッカケに元となった作品を知れたり、幾つかの曲を合体させたような作品でも自然で無理が無かったり、感心したものでした。
いつ頃からか「オマージュ」という便利な言葉も使われ始め、「パクり」よりは随分と響きも良くなったものだなぁと。

しかし、アマチュアの作品を勝手にパクるのは流石に許されたモノでは無さそうです。
自分がそれをやられたら怒るでしょうし、大物に採用してもらえたと喜ぶアホはそうそう居ないかと。(勿論、事前に話があれば別ですが)
人間性は別として、それでも大瀧さんの楽曲は今でも好きです。
今日は雨の水曜日か。

追記:
大学時代に音楽仲間からの誘いで伺ったコンサートが今思うと貴重でした。
三越でアルバイトしていた友達の友達からの依頼で「今夜のチケットが大量に余っちゃったから来れる人は来てくれ」と。
伺った先は三越劇場の立派な会場でした。出演者はJazzの松本英彦さん。
当時、Jazzを聞く仲間はほとんど居なく、一緒に伺ったのもRock系のメンバーだらけでした。
Jazzを聴く自分でも国内ミュージシャンのアルバムはほとんど持っていません。ずいぶん昔にラジオで日野照正さんも言っていましたが「同じ曲を聴くなら、本場アメリカ人のを買うでしょ」と。
このコンサートが実に素晴らしかったのです。ドラムもピアノも恐ろしく正確なリズムで美しく。数世代前の方々の懐メロ的な演奏なのかと何の期待もしていなかった中で、衝撃的でした。
途中、ピアノの方によるリクエストコーナーがあり、自分は手をあげ「モリタート!」これが運よく採用されまして。
帰宅してから調べたら、あのやたらと上手いピアノは前田憲男さんでした。(当時は名前もよく知らず)
独学でピアノも作曲もマスターした天才らしく、大瀧さんの「A LONG VACATION」にもクレジットで入っていた名前でした。