Abbey Road

自分はレコード派でなくCD派でした。手間は掛からないし劣化もノイズも少ないので、CDが普及し始めた高校時代からずっとCD派です。
人によってアナログレコードの方が高音質との意見もあります。録音条件や再生環境によってはそうなのかも知れませんが、そこまでの拘りは自分に無く。

その高校時代に入手困難だったのがBeatlesの作品群でした。著作権絡みだったかでなかなか発売されず。
Abbey Roadだけは一度発売されたことがあったそうですが、これは手違いでの発売で直ぐに回収されてしまったそうで。
この一枚を何とか入手出来無いか当時調べたものの、恐ろしいプレミア価格になっていました。

Beatlesのそんな作品群が普通に入手出来るようになったのは、自分が大学生になってからでした。
それまではエアチェックしたカセットの録音をずっと聴いていて。やはり音のクリアさが全く違いました。
Abbey Roadはアルバムの中でもかなりのお気に入りです。

以前にWings時代のポールの曲を耳コピーして色々と気付いたりでした。
ポールが弾くベースラインも天才的だよなぁと。何をもって天才かというと上手く表現できないのですが、ともかく絶対に自分じゃ浮かばないフレーズで。


最近、久し振りにAbbey Roadを聴いてみた際にベースラインを主体に耳で追ってみたのですが、やはり天才的。
Jacoの様な超絶技巧とかでは勿論無いのですけれど、見事なフレーズでした。
これは考えて生まれているのか、単なる手癖とも思えないし。

ジャジャムボとは何ぞや?

北海道の高校一年のクラスでは、変人度を競い合うような妙な流れがあり。
根性試し的な馬鹿げた真似も楽しかったのですが、得意分野の妙なモノを持ち寄る習慣がいつの間にか出来上がっていました。

「ナニソレ?」というリアクションを誰もが期待していたというか。
点取占いもその一つでしたが、アングラ系の漫画や斬新な映画や、放送禁止用語連発のコミックソングや。

そんな中、自分の所有していた「つボイノリオ」さんのカセットを昼の放送局で流せられないか?と部員へ手渡し。
まぁ、当然無理な話でした。関係者の誰かが停学になりかねず。
その替わりということで、戦後間もない頃の笠置シズ子さんの不思議な曲が流れたり。

どうしてそうなってしまったのか自分には理解できずでした。その接点は「変な曲」くらいで。
その曲調は前近代的というか間違った洋楽の解釈でもあり、上海バンスキング的和洋折衷。寄せ集め楽団的な演奏を背景に、妙に元気に踊り大口広げる女性ボーカル。
だいたい「ジャジャムボ」って何?

そんなことを思い出した今宵、「ジャジャムボ」の意味を検索したのですが、やはり謎。
それでも妙な収穫がありました。これが近年のアジア系でリバイバルヒットしているらしく。

アレンジの仕様に寄っては、案外エキゾチックで面白く。
しかし、ジャジャムボの意味を知るアジア人はどれだけいるのだか。
国籍不明のアジア系。

これは誰でも知っていそうなフレーズの「買い物ブギー」。

楽曲の後半は現在の放送禁止用語連発。
当時はコレで笑いを取れたのかも知れず。

戦後の混乱期に元気に歌う姿は庶民の味方でもあった様です。
現代で云う「シングルマザー」でありながら、その明るさに魅せられた女性達も多かったらしく。当時は生きる為にその立場になった女性も数知れず。
そんな中での「東京ブギウギ」。親しみやすく韻を踏んだフレーズ。

現状、コロナ禍で苦境に立たされる人は多いと思います。
コレくらいぶっ飛んでいる大衆歌がまた流行った方が良いのかな?とも。
八十年代のバブルにしても、七十年代の何だかよく分からない流行歌を老若男女誰しも歌えた延長だったかも知れず。

アナログ回帰

ちょっと驚いたニュース記事です。
「米国の音楽ファンは2020年上半期にCDよりもアナログレコードを多く購入 30年以上ぶり 全米レコード協会報告」とのタイトル。
合衆国での話ですが、アナログレコードがCDの売り上げを抜いたそうで。それも倍近く。
売り上げベースの話なので、枚数とはまた異なるかも知れませんが、それでも凄いなぁと。

音質についてはCDよりLPの方が良いという意見をよく見掛けるのですが、自分からするとヒスノイズが気になるし、聴き返しているうちに劣化するものですし、針も消耗しますし。
機材にお金を掛ければ違いが出てくるのかも知れませんけれど、そうでなければCDの方が普通に聴く分には音質が良いと思っています。

あと、記事の中ではアナログレコードやCDといった物理メディアを足した数と、ダウンロードの売り上げがどっこいとのこと。過半数の方は物理メディアに拘らない様子です。
更に、ストリーミングの売り上げが桁違いに多いそうです。
自分の場合、好きなアルバムはCDで入手して手元に置くようにしています。製作者側への謝礼でもあるのですが、本に比べて場所を取らないし、いつか自分が他界したときに誰かに聴いてもらえるかなぁと。
物理メディアではないデータだけの形式ですと、本人が亡くなったら何も残らなそうで。

まぁともかくCDというメディアが売れなくなったというのと、アナログ盤の趣味性が上回ったということなのでしょうか。
ただ、合衆国と日本とでは状況が異なるかと思うんです。合衆国ではタワーレコードといった販売店も倒れてしまったりですが、日本では売り上げそのものは落ちても、そこまで酷い状況では無さそうです。
まぁ、日本がそういった面でも合衆国を追従する流れだとは思うのですが。

Reminiscence

Reminiscence(レミニセンス)をWebで検索すると「レミニセンスとは記銘した直後よりも、一定時間が経ってからのほうがよく記憶を想起できることを表す」とのこと。
キザな雰囲気で自分は食わず嫌いだった山本達彦さんなのですが、社会人になったばかりの頃に仲良くなれた女性が山本達彦さん好きだったので、自分も聴くことに。
初期の代表アルバムの摩天楼ブルースや、当時発売されたばかりのライブ盤の演奏は案外良かったです。
そんな想い、自分もあるよなぁという歌詞や、大人っぽいジャズっぽくもある演奏。
その後、自分の車でも山本達彦さんの曲を流す機会は増えました。
ただ、自分には真似出来ないスマートさがちょっと自分らしくない雰囲気だなぁとも。憧れな振る舞いでもあるのですが。
話が飛ぶのですが、山本達彦さんは大学時代に安倍首相と同級生で、高校時代は渡辺香津美さんと同級生だったそうです。

それから十年ほど経った頃、全く別の職場で仲良くなれた女性と週末はドライブが楽しみでした。
名古屋のお嬢様大学を卒業した女性は文学部出身でした。自分より十歳も若い子だったものの、ジェネレーションギャップをあまり感じられず、逆にジェネレーションギャップを楽しめるくらいで。
冗談のセンスも似ていて、ちょっとした言葉遊びを楽しんだものでした。お嬢様大学出身なんて後から知った事ですし、そんな部分を自慢せず知性や知識を冗談に変換出来る振る舞いが素敵でした。

その女性、音楽にはあまり興味無かったのかも知れません。しかし、ある日車で流れるアルバムに「誰の曲?」と。
「山本達彦っていう昔流行った人。自分には真似出来なキザな唄ばかりなんだけど、共感出来る部分もあって」。
「このアルバム、貸して」。


君が空を飛ぶときは 僕は風になる
翼広げたら どこまでも連れて行くよ
僕が君の光なら 輝き続けて
寂しさに震えても 導いて行く

あの時、こう返したら良かったなぁなんて言葉があったりします。
あっけに取られて、咄嗟に返せなかった場面ばかりです。
そんなことより、あれはどういう意味だったのか?と気になったまま、十年後に理解したり。
今更、返しようも無く。呆れていた表情、仕方なかったと思います。

自分の誕生日も随分と近付いてきたなぁな昨夜、レミニセンスの意味を検索してしてしまい。

星野源さん

昨夜のこと、何となく点けていたテレビで星野源さんのライブ放映が。
何でも、ニューヨークで開催されたそうで。
星野源さんについては全然詳しくない自分ですが、普通な見た目なものの発言が面白かったり、楽曲も耳当たりの良い曲ばかりで。

そのライブでは代表的な曲が幾つも流れていました。どれも何処かで聴いたことがあるような雰囲気で。
しかし、何曲か聴いていてふと思いました。

どの曲も同じに聴こえてしまう。

勿論歌詞も違えばリズムも違うのですが、全部の曲が同じ流れというか。
自分の耳がどうにかしてしまったのかと検索を掛けたところ、Twitterでも同様の発言が散見されて。
曲調が全く異なっても、誰が弾いているのか直ぐに判るミュージシャンとか居ると思うんです。
曲調がほとんど同じというのは、何だか不思議だなぁと。

Art Blakeyの功罪

80年代の中盤、当時高校生だった自分は60年代頃の古いJazzを聴き漁っていました。
当時の同級生達は現在進行形な流行りの洋楽を聴くのが普通で、自分のやっていたことは全く浮いていました。
当然、話に着いて行ける友人など周りにほとんどおらず。

Jazzのイメージは古いとか、年寄りが聴くジャンルだったと思います。
そのイメージを植え付けてしまった一人がArt Blakeyだったかなぁとも。
当時まだ現役だったArt Blakeyは親日家だったらしく、毎年のように来日してチケット販売のCMも見掛けがちでした。
その演奏がテレビ放映されたりでしたが、見た目も高齢者ながら、演奏しているその姿は口をパカッと開けたままで、まるで呆けてしまった老人で。
演奏していた曲目も誰もが耳にしたことがあるようなメジャーなのばかりで。
どうにも有難みを感じない演奏や存在でした。ベンチャーズなども似たようなものかと。

ただ、Art Blakeyの60年代頃の演奏をCDで聴いてみると、これがけっこうカッコ良く。
特にBlue Noteのライブ盤はかなり味わい深く。実は凄かったらしく。
演奏しているメンバーもとても豪華でした。Milesも若手の発掘に才能があったりでしたが、そのMilesが発掘するよりも前に採用されていたサイトメンがArt Blakeyのバンドに在籍していたり。

昨夜、何となくArt Blakeyについて検索してみたところ、興味深い記事がありました。
渡辺貞夫さんとの接点な話題でした。渡辺貞夫さんは高齢者ながら未だ現役ですが、Art Blakeyのような締まりの無さが無く、紳士的というか。
この方も知名度が抜群過ぎるせいか、自分はアルバムを一枚も所有しておらず。
というか、日本人のJazz系のアルバムを自分はほとんど所有していません。
大昔に日野照正さんがテレビ番組で語っていましたが「日本人がJazzをやっても本場(アメリカ)のアルバムを買っちゃうよネ」と。
「それを言っちゃおしめえよ」と思いつつも、それで喰っているプロなのに正直な意見だなぁと。

初期のRock

Little Richardさんが他界されたそうです。87歳だったそうで。
この時代のRockというか初期の頃のRockは耳ざわりも良く(誤った表現かも知れませんが)、そのうち聴いてみようというか代表的なアルバムくらい手元に置いておこうとは思っていました。
しかし、何故かほとんど手を出さずなままです。エルビスとジェームス・ブラウンのベスト盤を所有している程度で。
演奏的にやっていることは単純そうなのですけれど、聴くとワクワクするものがありまして。

50年代の始まり頃にRockは誕生したそうで。その頃の演奏ですと自分はJazzばかり聴いていて。ジャンル的にJazzの方が誕生は圧倒的に早いのですが、演奏スタイルは大きく変化しているのでJazzという枠でも全く別物にも思えて。
Rockが始まった頃のJazzというと、まだモードも始まっていない時代でMilesも若々しく。大衆音楽としてはJazzの方が市民権を得ていたのかなぁとも(根拠無いイメージですが)。

映画Back to the Futureの一作目でタイムスリップする先は30年前の1955年だったそうで、ステージ演奏の場面も当時最先端の音楽だったらしく。
飛び入り参加した主人公のギター奏法が斬新過ぎて面白い場面でもありました。
主人公が暮らしていた1985年というのも、いまから引き算すると35年前。それがそんなに古い時代に観えない現在の自分は、歳を十分に喰ってしまったんだろうなぁと。
現代と大きく異なるのは、スマホやインターネットが無いくらいに思えてしまい。

いまでもそうなのか分からないですが、自分が学生時代にお世話になっていたドーナツ屋さんのチェーン店は内装も50年代っぽく、流れている音楽もその時代だった様な。
でも、映画American Graffitiの世代にも思えて。検索するとあの作品は1962年が題材だそうで。
50年代と60年代では別物なのでしょうけれど、Beach Boysが案外いいなぁと思えるようになったのは自分にとって最近で。若い頃は古臭い音にしか聴こえず。
どうにも自分はBeatles以降のRockしか聴いていない様子。
ピーター・バラカンさんのラジオ番組は、年代を問わない選曲が多い傾向なので、自分の偏った知識の助けになっている場面が多いです。ただ、ジャンル的には偏りがあるようです。ヘビーメタルな曲が掛かることはまず無さそうで。

逆にRockもJazzも80年代までにほぼ完成してしまったとも思っています。それ以降の曲で斬新に思えるのが少なく、どれも何かに似てるよなぁと。
これも自分の加齢による視野の狭さなのかなぁとも気付いているのですけれど。
ここ十年でオリジナリティを感じられたのはEsperanza Spaldingさんくらいでして。この方はRockもJazzも分け隔てなく表現出来るよなぁと。
取り留めも無い記事になってしまいました。ラジオからはレノンが流れていて、なかなか心地良いです。