クロスオーバー

クロスオーバーとフュージョンの違いは未だに謎ですが、どちらも好きなジャンルです。
その辺に目覚めたアルバムはHerb AlpertのRiseでした。
当時はMazdaのRX7のCMソングにも使われたり、アバンギャルドでエキゾチックな音で。
埼玉の中学生時代に先輩から借りたカセットで初めて聴いたその音はもの凄くクリアで。Wikiで最近検索したところ、A&Mレーベルで初のデジタル録音だったらしき記述も。

Rise以前の曲調はメキシカンな雰囲気を前提にしていて、突然変異的なRiseとも思っていましたが、いま聴いてみるとメキシカンさはやはり残っていたんだなぁと。
それまでのビター・スイート・サンバとかティファナ・タクシーとか、一度聴いたら忘れられないフレーズというか独自性というか。

アルバムの一曲目は1980。モスクワオリンピックが副題だったのですが、当時は東西冷戦の真っただ中で西側陣営はボイコットとなり、日の目を見る機会が一気に減った秀作だと思っています。
あとはRotationでしょうか。この曲のエキゾチックさも光っています。
そして、このアルバムに登場したAndy Armerさんが何者なのか昨年の大晦日に検索したところ、コツコツ頑張られている様子でした。

ここ数日、下町暮らしの頃のお祭りが気になりFacebookを覗いたりでした。当時お世話になっていた方にドアホなコメントを残したところ、以前から気になっていた方からもコメントを頂けて。
80~90年代の日本のフュージョン界をリードしたバンドのドラマーだった方なのですが、世間話が弾んでしまいフォロワー同士になれてしまいました。
しかし、メンバー入れ替え後のアルバムは一枚も持っていなく、恐縮中です。

Venovaの練習

Venovaを入手して二日目、昨夜は布団の中で上達方法に繋がりそうなサイトを色々と閲覧していました。
マウスピースを浅く「くわえる」と良いとの意見が特に目に付き、本日はソレも試してみたのですが、自分には合わない様でした。
自宅マンションの寝室で練習しているのが良くないのかも知れません。音を少しでも小さくしようと無理な力が入っているのかもで。
しかし、河川敷で練習するにはまだ時期尚早な感です。あまりにも酷い音で、クラリネットとかのリード奏者の下手な音そのものでして。音程は安定していないし、響きも怪しく。
恥かしい音そのものです。

15年ほど前に高島平方面で暮らしていた頃、当時初めて手にしたアルトサックスは、その辺かなり楽だった記憶です。音の出し方さえ掴めれば知っているフレーズを幾らでも吹けたので。
下倉楽器さんが販売していた台湾製のマルカートというブランドの安価な楽器でしたが、基本はしっかりしていた様子です。
荒川河川敷での練習も楽しかったです。覚えていたフレーズを適当に吹いていただけでしたが、一度だけ人に吹き方を教えてあげたことがありました。

いつもの様に河川敷で練習し始めて一時間くらい経った頃、そろそろ引き上げようとしていたところ、アメリカンのバイクを降りてサックスのケースを抱えた男性が駆け寄ってきました。「教えてください」と。
ケースを見ただけで、立派な楽器だと分かりました。セルマー製です。
「自分は我流で覚えたので、そんなのでも大丈夫ですか?」と伝えたところ、問題無いとのことで。

同世代と思われる男性は高価な楽器を入手したものの、音の出し方も分からないまま数年経ってしまったそうです。
先ずは同じように構えてもらって、音の出し方から。それまでは息の吹込み量が足りなかった様子でしたが、直ぐに音は出るようになりました。
次は、鳴った音が大き過ぎたので、ゆっくり力を抜いてもらって、何処まで力を抜いたら音が出なくなるか試してもらい。
更に、同じ指の動きを真似して頂いて、音階の練習。
一時間も経たずに、一オクターブは吹けるようになっていました。簡単な曲も一緒に吹いたりしました。

乗っていたバイクも本格的でしたし、楽器も本格的で、拘りのある方だったようです。
「ここまで吹けたら、後は一人で練習できますよ」と、お別れ。
その後どうされたか分かりませんが、最初はやはり演奏し慣れた人に教わるのが良いよなぁと。

今回のVenovaも、同じように最初はともかく音を出して、次に力を抜いて響きの良い辺りを探って。どの音階でも安定した音を出せるようにの手順で考えています。
どんな楽器でも、演奏が下手だなと思える人の何割かは力が入り過ぎていて。それでは直ぐに疲れてしまうのが目に見えていて。過去に自分が経験したトランペットも我流で、正しくこの悪い癖が抜けないままでした。(マウスピースを強く当ててしまう癖で、唇が短時間で痛さに耐えられなくなり)
一度ついてしまった癖を治すのは、楽器の初心者より苦労が多いとも思っています。

追記:
試しに河川敷にて。

Venovaを入手


どうにも気になる楽器だったもので、昨夜ポチってしまいました。
今時、一万円未満で充分に頑張っている楽器だと思います。それも世界のYAMAHA製で。

しかし、これが手強い。
過去にアルトサックスを少しは演っていたので、音階ぐらいは楽に出せるだろうとナメていました。
相当力んで吹いて音は鳴ったものの、かなりのカスレ音。かつ安定せず。ドシラソファ辺りはそれでも音階らしきを出せても、如何にもど素人の下手なリード吹き的な音。
音程もかなりブレ気味。
何だこれは。

力んでやっと出る音はけっこうな音量で、せっかく出た音を少しずつ小さくしようにも突然プスッと音は途切れて。
リード楽器が全く初めての方は、けっこう辛いかも知れません。
また、自分のような集合住宅の住民は練習する時間を選ばないと苦情になりかねない音量です。
綴りたいことは山ほどあるのですが、とりあえず夕飯の準備を。
明日は江戸川の河川敷で練習したいのですが、ここまで不安定な音ですと、かなり恥ずかしく。アルトサックスの頃は最初からある程度吹けたので、そんな心配は無かったのですけれど。

譜面の読み方

学生時代からの友人夫婦の娘さんは将来のハッキリした夢があるそうで、ダンスや音楽を習っているらしく。
その娘さん向けに譜面の読み方の問題集を購入したものの、回答が載っていないらしく、手伝ってほしいとの連絡がしばらく前にありました。
試しに送ってもらった頁の写真を観たところ、これなら自分でもサクサク答えられそうなので引き受けました。
しかし、いくら待っても問題集は送られてきません。出来れば、自分の時間に余裕があるうちに片付けたく。

仕方ないので昨日のことセカしてみたところ、本日の夕刻に問題集は届きました。ビール券と共に。
一時間半ほどで全問回答出来ましたが、細かな用語は自分もけっこう忘れていました。まぁ、用語など忘れても譜面は読めます。意味さえ分かっていればそれでよいので。
問題集はなかなか良く出来ていたのですが、一点だけ気になった設問が。設問自体が不適切と言うか。
リズムのカウントのしかたについての設問だったのですが、音の長さを減算する表記なんて自分は一度も観たことが無いです。
考え方の一つとしては意味があるのかも知れませんが、実践ではあり得ないだろうなぁと。


(上記の回答2についてですが、音符ではなく休符で答えるべきでした。恥ずかしい)

以前にも綴ったかも知れませんが、音楽のよく出来た教材は譜面に書かれているオタマジャクシにも深い意味があったりします。音階も何となく出鱈目に乗っているワケでは無いハズです。
単純な譜面でも、音に出したらどんな響きなのか発見があったり。けっこうメロディックだったり。(そんな教本ほど楽しいですし、意味があると思います)
なので、紙面上の回答だけでなく、実際にその音を出しながら教えたかったのが本音です。
生憎、その夫婦というか家族は横須賀方面で暮らしていて、まして共働きで週末もダンスのレッスンに付き合っているそうで、ここ何年か会えておらず。
某通信ソフトでは毎日のように冗談を飛ばし合ってはいるのですが。

夫婦の旦那さんの方は学生時代からドラムを叩いているので、娘さんにリズムを教えるのは容易いだろうなぁと思っています。
小学校の卒業もそろそろ近付いてきたかと思われる娘さん、その年頃ならクラシックよりもポピュラーな曲を弾いてみたくなるだろうなぁとか。
クラシックピアノがベースの教材では、ポピュラーで必須のコードの読み方や考え方がスッポリ抜けている感で。
その辺を教本とは別で軽く伝授したかったなぁとか。
しかし、最近流行りの曲の譜面なんて、自分が持っているワケなく。

御茶ノ水へ


一週間ほど前にも伺ったばかりでしたが、本日も御茶ノ水へ。
税金の出費がまとめてやってくるかと思っていたら、自分は該当しないことが分かり、気になっていた製品の確認に伺った次第です。
ここしばらく、無駄な出費を抑えていたので、たまにはいいかな?と


YAMAHAのVenovaというプラスチック製のリード楽器がしばらく前から気になっていて。
随分前にXaphoonという似たような楽器を入手していたのですが、音出しがけっこう大変で本来鳴るハズの音域が出し切れず。音程も安定しないし。
その後、台湾製の安いアルトサックスも入手していました。こちらはXaphoonよりも遥かに鳴らしやすく、音も安定していて。しかし、アルトであってもけっこう重く、定期的なメンテナンスが面倒で。
都心暮らしの頃は部屋からの音漏れも酷く、前回の引越しの際に手放しています。河川敷やカラオケボックスで練習する機会は多かった記憶です。
数年前に登場したVenovaは一万円程度で入手できるそうで、そこそこな演奏感はあるようです。これを本日は試奏したかったのですが。

しかし、あれだけ楽器店を沢山抱えている御茶ノ水でも、Venovaは一台も在庫が無く。飛ぶように売れているワケでは無いそうですが。
楽器については試奏もせずに購入した試しがほとんど無く。自分で弾けない楽器であれば店員さんに弾いてもらって確かめたりでした。
今回は過去に経験のあるリード楽器系でしたし、キーもCらしく、いきなり吹けるかな?と目論んでいたのですが。
「変な楽器に手を出すのはどの楽器もまともに使いこなせなかった奴」という法則があるのですが、今回もその流れだったかも知れません。

結局楽器は入手出来ず、もう一つの目当てだった技術書を一冊入手。これは先週在庫を確認していた店舗で直ぐに手に入りました。
そこに伺う前に秋葉原のサンボさんで牛丼を頂くつもりが生憎閉店。日曜日の一番お客さんが集まるタイミングで閉店とは、何ともサンボらしく。
仕方なく、書店の後に駿河台のエチオピアさんでビーフカリーの大盛を。初めて入る店でしたが、予想外の盛具合でご飯を少し残してしまいました。(スミマセン)
更に、神田小川町の雪だるまフェアにも足を運び。これは数年ぶりに拝ませて頂きました。二日目の夕刻は、手の込んだ作品ほど残念な程にディテールが溶けてしまっていて。

帰宅してみると、Amazonで注文していたCDが。
買うべきか迷っていたEARL KLUGH / FINGER PAINTINGSです。まぁ三十年以上気になっていたメロディですし、買わない理由も無いかなと。
ほんと、耳にずっと残っていたフレーズなんですよ。特別好きとかではなく、とにかく耳さわりが良くて。実際はかなり高度な演奏のようですが、難しさを一切感じさせなくて。

結果的にソコソコ充実した一日となりました。
現在はPCに取り込んだCDの音をパソコンモニターの小さなスピーカー経由で聴いています。
後で、ちゃんとしたスピーカーで聴いてみたいです。
なんか、これが鳴っているだけで落ち着きます。エレベーターミュージックほど薄くなく、コテコテのジャズよりは耳が持って行かれず。

Earl Klugh

今宵のこと、35年近く謎だった曲が判明しまして、これが嬉しく。その内の20年くらいはけっこう真剣に探していたんです。
誰かに助けを求めるのが自分は苦手で。それは迷惑にも繋がりかねず。なので、自分は気が付けば黙ってそっと助けるのが好きで。
ともかく、貴重なヒントとなるコメントを頂けた「通りすがり」さんに感謝しています。助けられました。

今年で平成が終わるワケで、1/7から1/8にかけての今宵は昭和から平成に変わった日でもありまして。まぁたまたまですが。
偶然にしても、何だか目出度いのが重なったというか。

Earl Klughについては名前だけは知っていました。フュージョン系のギターをやっていたことも。しかし、それ以上は知らなかっただけに、実はしっかり耳に残っていたんだなぁと。
Wikiで軽く調べたところ、音楽上でも自分と接点があったようです。何でも、ギターでBill Evansのピアノを目指していたそうで。
プロデビュー時はチック・コリアのバンドにも参加されていたらしく。

あと、やっと知れたアルバムの参加ミュージシャンも凄く。豪華すぎます。
B級のスタジオミュージシャンが奏でていたワケでは無かったんだなぁとか、そのミュージシャンらしい音を残していたんだなぁとか。
アルバム全体としてはこちらになります。耳に残っていたフレーズの曲はこちら(Cabo Frio)でした。
そのCabo Frioという名前も検索したところ、ブラジルの素敵な海岸が著名な地域らしく。
自分がAzymuthをその後好きになったのも、基本はブラジルにありそうで。

1977年のアルバムを1984年に聴いて耳にこびり付き、2019年に曲名が判明したとは。
当時気になっていた謎の何かの発掘は、なかなか面白く。

YMO / Solid State Survivor

本日、Amazonで注文していたYMOのSolid State Survivorが届きました。
改めて聴いてみた感想は、なかなか素敵。
特に代表曲とはならなかった合間々々に埋もれる曲に、色々と考えさせられて。

YMOのデビューと二作目のこのアルバムの時代、原田真二もシンセの音を利用していて、どちらが先だったのかな?とアルバムの発売日をWikiで確認してみたり。原田真二の方が先に演っていたのかも?と思えたりも。
原田真二も世界進出を企てていたハズなのですが、売り上げや知名度の結果は随分と異なってしまったなぁとも。音楽の完成度でいけば、原田真二も光っていたと思います。
しかし、いま聴いても斬新さ溢れる当時のYMOはやはり新しかったんだろうなぁと。

あと、ピーター・バラカンさんのラジオ番組では世界中の民族音楽を時々紹介していて。沖縄の音楽や、北海道のアイヌの音楽も登場したりで。
このYMOのアルバムでも二曲目に沖縄モードの曲が含まれていて。まぁテクノなのですが、沖縄臭な民謡風で、これは80年代中盤の太田裕美が演っていたテクノ・バンド「アッパレーズ」にも通じるなぁと。
バラカンさん自身もYMOの世界進出な場面でスタッフとして当時頑張られていたそうですし、何だかしっかり繋がっているなぁと。
目出度い新年です。