I Love New York

以前にも似たような記事を綴ったのですが、Youtubeで公開作品が増えてきたので、古いのも含めてI Love New York。
CASIOPEAの中でも一番好きな曲、オリジナルはSteve Karmenさんです。
New Yorkというかマンハッタン、生きているうちにもう一度行ってみたいものの、日本円が弱過ぎたり海外の物価が高過ぎたり。
ここまで差が付く前に一度は行けて良かったです。

【CASIOPEA】
JALのCMで聴き惚れたボコーダー。

【Metropolis】
70年代によく流れていました。

【Steve Karmen】
オリジナルがこれなのかな。

【Broadway (1/5)】

【Broadway (2/5)】

【Broadway (3/5)】

【Broadway (4/5)】

【Broadway (5/5)】

うろ覚えなのでソースも無く、記憶違いかも知れませんが。
70年代のマンハッタンは荒廃して治安も最悪に近い犯罪都市。そこで明るい観光地にしようと行政とアーティストたちが立ち上がったI Love New Yorkキャンペーンだったそうです。
その一環であの有名なロゴが誕生したり、この曲も誕生したり。
オリジナルの曲は77年に書かれたそうで、CASIOPEAのあの作品がJALのCMに使われたのはその二年後。
オリジナルはマーチに近いダボダボ感があるものの、CASIOPEAの一曲は偉く洗練されていた感です。
当時の楽器屋さんでボコーダーが試奏出来たら、誰もがあのフレーズを試してしまいがちだったかと。

自分が訪れた1999年初旬のマンハッタンは、路地裏も含めて綺麗な街並みでした。
アムステルダムもパリもバンコクもそうなのですが、一歩細い道に入ると歩道はゴミだらけだったり異臭が酷かったり。
その辺、日本の都市は何処も小綺麗なもので。
まぁマンハッタンの場合は清掃局が頑張っているのでしょうし、日本の都市の場合はその地域に暮らす人や働く人がコツコツ頑張っていそうです。

以前に世界中の人が集う写真投稿サイトで何の気なしに投稿した地元の路地裏な一枚に、意外なコメントを頂けたり。
インドで暮らす綺麗な若い女性からのコメントだったのですが「道路がとても綺麗」との指摘で。
自分からしたら当たり前の風景というか日常の一場面でした。彼女の投稿していた地元の写真はカオスに近い路上が何枚か。
やはり、日本人はちょっと特殊なのかも知れません。

カーステレオから

葬儀の期間、移動手段は身内の車と運転ばかりでした。
その移動中、カーステレオから流れていた音楽がちょっと印象的でした。
イトコの高級セダンで流れていた曲が、Gil EvansとMiles Davisの音そのもので。
そのコンビのアルバムは何枚か所有しているものの、今回は初耳の曲ばかりでした。

幾度か空港へ親族の出迎えに向かう中で流れ続けていて、勘違い前提でイトコに聴いてみました。「これ、マイルス?」と。
当たっていたそうです。
かなり古い録音なのに偉くクリアな音で、Gil EvansもMiles Davisもとっくにあっちの世界の人だし、最近似たようなことしている人でもいるのかなぁと。
しかし、自分より下の世代でこれがMilesだと気付ける人はほとんど居ないだろうなぁと。

親族と会える最後の日、その運転は江別で暮らす叔父の車でした。
この車内でもジャジーな曲が流れていました。
自分はギターが主体のJazzなアルバムをほとんど保有していません。ただ、Django Reinhardtだけは、ネット経由で時々聴いていまして。
70年代以降のクロスオーバーなギタリストが嘗て綴った記事に「ジャンゴの音楽は絶望的な古さを感じたものだが、久し振りに耳にしたら案外良かった。自分がグッドリスナーになれたのかも知れない」と残していて。
それがどんな音楽なのか気になり、たまーに聴いていました。
実際、80年代にラジオで聴いた時はピンときませんでした。確かに古く、何だかノリだけで。
しかし、これがちょっと古めな洋食屋さんで流れていたなら、ちょっと味わい深く頂けそうだなぁと。存在が邪魔にならず、料理やお酒を美味しくしてくれる音楽というか。
そして、自分も四十代を迎えた辺りから、これもありだなぁと。

叔父の車で流れた曲、これもたまたま一曲だけそうだったワケではなく、次の曲もジャンゴっぽく。
叔父に思わず聴いてしまいました。「これはジャンゴ・ラインハルトですか?」。
またしてもほぼ正解だったそうです。ジャンゴを愛するギタリスト達のトリビュート盤だったそうで。
自分がJazzが好きなのを事前に知っていたのかな?
ちょっと試されている様で、面白い出来事でした。

ヴァンゲリス

Twitterのタイムラインで知ったのですが、ヴァンゲリスさんが他界していたそうで。
バブル全盛期の80年代終わり頃、乗りに乗った東京でJ-WAVEが開局し、週末の夕刻の番組でOPにヴァンゲリスの曲が採用されていました。
曲は映画「ブレードランナー」のテーマだったのですが、重たく響いていた記憶です。
あの映画はあの演奏が引き立てた部分も多々あったかと。

当時、自分もベスト盤のCDを入手し、その後も愛聴し続けた一枚となりました。
自分、鍵盤楽器を嗜むものの、シンセサイザーの音色に反応する機会はそれまで少なかったです。冨田勲さんくらいだったか。
それが、ヴァンゲリスさんの作品に登場するシンセサイザーはどれも神々しく。
ギリシャ出身の謎めいた奏者だったのもあり、育った環境も影響しているのかなぁと。

ヴァンゲリスさんを初めて知ったのは80年代初頭のベストヒットUSAにて。
映画「炎のランナー」のテーマがヒットし、それが何故かロックの番組で紹介され。
どうでも良いのですが「ブレードランナー」に「炎のランナー」。たまたまですがランナーが好きだったのかな?(そんなワケ無いのですが)

ご冥福をお祈りいたします。

指揮者の居ない第九

昨夜のこと、ちょっと面白い番組を観て楽しんでいました。
指揮者無しでベートーヴェンの第九を歌う企画な番組で。

演奏の途中で目まぐるしくテンポの変る曲の一つなのですが、かなり見事に演奏は纏まっていました。
ちゃんと粒が揃っていて。
そして、自分も一緒に謳ってしまいまして。
まさしく歓喜。この季節の第九もいいもんだなぁと。

つい最近、指揮者の話題を古い友人と出したばかりでもありました。
中学の合唱コンクールで難易度の高い曲を選択したのですが、練習の甲斐もあり上手く纏まって。
しかし、本番では大ドジが。指揮者は自分。
まさかそんなことになるとは想定外な、ピアノと歌唱がズレてしまい。
ピアノは舞台からちょっと離れた場所での演奏で、それが原因だったのか判りませんが、ともかく派手にズレてしまい、修正が困難。
途中のピアノソロ以降はピッタリ合ってくれたのでホッとしまして。
狙っていた金賞は、これでは無理だろうと自分は半ば諦めていました。
しかし、それでも金賞を取れてしまい、もう一度演奏させて頂き。
その演奏はこれまでにない程完璧でした。
ピアノを弾いていた女生と、その話題になったのは十日ほど前でした。

そもそも合奏で指揮者が必要な基準とは何なのか。ちょっと考えてみたのですが、謎でした。
クラシックでもジャズでも小編成であれば指揮者が居なかったり。やはり、大所帯になると纏め役として必要なのかな?
ピクニックコンサートで小澤征爾さんがガーシュインを上演した際も、オーケストラとジャズ畑出身のバンドは結構なズレがあったなぁと。

昨夜の第九の演奏は比較的小編成な構成でしたが、あそこまで纏まりがあれば、指揮者なんて居なくても良いのかな?と思えてしまったりでした。
まぁ居た方が纏まりやすい存在だとは思います。

買わなくて良かったのかも

大瀧詠一の好きな曲がCMで最近流れていました。
アルバム「A LONG VACATION」は発売当初から兄が聴いていて、自分も大好きです。
「NIAGARA TRIANGLE Vol.2」も同じくらい好きなアルバムで。
その後のアルバムも何枚か所有していますが、印象の薄い曲が多く売れた前作の惰性路線かなぁと。

それ以前の楽曲についてはあまり詳しくないのですが、たまにラジオで流れてぶっ飛んだりしていました。こんなの誰が聴くんだろう?と。
全く路線が異なりまして。それも何故か音頭に拘りが。

ピーター・バラカンはアルバム「LET’S ONDO AGAIN」がお好みらしく、番組内で「ハンド・クラッピング音頭」を取り上げたり。
この曲は何故か自分もちょっと好きだったりです。
Youtubeでは載ったり消されたりの曲ですが、久し振りに検索してみたところ、また載っていました。

しかし、「A LONG VACATION」の前作がコレだというのが相変わらず驚きです。
そして、ミリオンセラーなあのアルバムも登場から四十年以上経つんだなぁと。
若い人にもファンは多いそうなのですが、当時の星セント・ルイスなんて知らないだろうなぁと。

高校時代に発売された「NIAGARA BLACK VOX」については、買うべきかどうか当時けっこう迷えました。
あれを買っていたら、きっと変な方向に進んでしまったんだろうなぁと。
買わなくて良かったのかも。

カルメン

ビゼーの傑作「カルメン」が、幼少期から耳にこびり付いています。
兄が市の合唱団に所属していて、クラシックコンサートのチケットを入手しやすかったのもあり、当時は生演奏を聴ける機会が多く。
そんな中で、たまたま観たカルメンが衝撃的でした。

日本語訳で上映されたそれは、かなり無理のある歌詞で、大人の恋愛はこんなに露骨なセリフなのか?と驚いてしまったり。
特に「好きなの!」と何度も絶叫する辺りが。
トラウマとまでは言いませんが、なんじゃこりゃ?でした。
演じる方も聴く方も、コレの何処が面白いのか不思議でしょうがなく。

それから十年以上経ち、バブルの時代。
この頃のCMはドラマティックな映像が多かった感です。六本木のミツワ自動車のCMは特にインパクトありました。
当時はポルシェの正規代理店で、そのCMの映像は美しく、音楽はカルメン。
日本語訳されていないホンモノのカルメンは、なんとイカしたものかと。
ミツワ自動車のショールームに伺ったことがあったのですが、車の展示の仕方からいってセンスがありました。
車の後方下には大きな鏡が設置されていて「ここにエンジンがあるんだ」と主張していて。
他車では見たことの無い表現方法でした。ともかく、誰の真似でも無いオリジナル感でした。

更に十数年経ち、クラシック畑の歌い手さんとお話出来る機会がありました。
自分はオペラに詳しくなかったものの、幼少期のカルメンのエピソードを伝えてみたところ。
無理矢理日本語にした歌は、実際に無理なのが少なくなく、演ずる方も笑ってしまうことがあるそうで。
勿論、本番で笑ってしまう事は無いのでしょうけれど、プロでもそうなんだなぁと。

演奏に限らず、タイトルの邦題も無理がある作品は少なくなく。
フランク・ザッパの邦題については、相当イカれています。

Gary Brookerさん

Gary Brookerさんが亡くなられたそうです。
自分はこの曲しか知りません。バブル時に一世風靡したアートフォースなシルビアのCMです。

静かなのにインパクトあるCMでした。
クルマ自体もカッコ良かったのですが、あれは売れに売れ過ぎました。2ドアクーペの全盛期でした。
FR駆動だったのもあり、走り屋からも評価を受けていたそうです。86と共に酷使された車両が多いのか、最近めっきり観掛けなくなりましたが、既に三十年前の車体ですし、仕方がないのかも知れません。

曲の話に戻ります。
Gary Brookerという名前さえも覚えていなかったのですが、曲だけはよく覚えています。
しかし、他の曲を自分は全く知りません。いわゆる一発屋だったのかも謎で。
ただ、大昔に太田裕美さんのラジオ番組で紹介されていました。
太田裕美さんが中学か高校生だったかの頃、音楽の教室からこの曲が流れてきて、皆で聞き惚れていたそうで。
自分としても太田裕美さんは偉大なミュージシャンで、やはり若い頃から聴く耳持っていたんだろうなぁと。