HUAWEI nova lite 2

ZenFone3のカメラ故障で機種変更となったHUAWEI nova lite 2(以降Nova)が昨日届きました。
「Nova」という単語、高校生くらいの頃から知っていたのですが、意味は知らないまま。
「新星」という意味だそうです。BlueNoteのアルバムでSuper Novaというのがあったなぁと。

届いたNovaを早速開封してみたところ、最初から液晶の保護フィルムが綺麗に貼られていました。また、硬質の保護カバーも一緒に収まっており。
この二点は自分も必ず最初から付ける派なので、痒い所に手が届くメーカーだなぁと感心しました。
製品の見た目というか質感も悪くありません。iPhoneと並べて見比べたら勿論劣るのでしょうけれど、遠目で観る分には違いは分からんレベルかと。
背面の一部プラスチックの部分も言われなければ分からない程度で、カバーをしてしまったら全く無問題で。

それまで使用していたスマホからSDカードとマイクロsimを入れ替え、電源に繋ぎON。
先ず、USBケーブルがイケていません。これは買う前から分かっていたことですが、今時microUSBのコネクタを使用しているとは。
手持ちのUSBケーブルは全てtypeCにしてしまいたかったのですけれど。

初回起動時のバッテリーの残量は50%くらいでした。USBチャージャーは大容量のを所有していたのでそれを使用してみました。
付属のは容量が小さいそうで、急速充電に対応していないらしく。尚、本体は急速充電に対応しているとのこと。
しかし、フル充電になるまでも数時間掛かりました。原因は不明です。

AndroidのOSが立ち上がると、Wi-Fiの設定から始まりました。この辺はどの機種でも一緒かと。
途中でキャリアの設定があり。自分の使用するFreeTelのsimはキャリアの一覧に無く、手動で設定することに。
FreeTelはそもそもマイナーな存在で、既に楽天に吸収されてしまったので、益々マイナーになってしまうんだろうなぁ。
ただ、音声通話をほとんど使用しないし出先では通信料を意識した使い方をしている自分に毎月1200円程度の通信費は有難く。
iPhoneの時代は本体の月賦料金も入っていたにしても毎月8000円でしたから。この違いは大きく。

更にOSのアップデートを通過して、LINEのインストールと設定等。アカウントは引き継げたのですが、会話はほぼリセットされました。
これまで使用頻度の高かったアプリ類も入れて、通知設定も最小限にして。
この通知設定は基本的にOS側で可能なハズなのですが、アプリ側で必要なのもけっこう多かったです。まぁ、この機種に限った問題では無いのですが。

試しにカメラも使ったところ、十分まともな写りでした。背面カメラは2つのレンズを積んでいるそうですが、前機種はカメラの故障だったので故障原因が倍になるようなのは嫌だなぁとか思いつつ。
写りが良くて壊れやすいより、ソコソコの写りで長持ちしてくれた方が有難く。
ちなみに上位機種ですとLeicaのレンズを積んでるそうで、かなりの表現力を持っているそうです。

で、色々使ってみた感想です。
ZenFone3とNovaではベンチマークテストでも二割くらい良いそうなのですが、体感的には更に速い感じでした。
二年ぶりの買い替えで遅くなるのは避けたかったですし、これは良かったです。ZenFone3でも遅いと思った場面がありませんでしたし。
いまのところ、期待以上の製品な感です。

HUAWEIという中国のメーカーについてですが、世界的にはかなりのシェアを持っているそうで日本での知名度が低過ぎというか。
安いけれど作りはしっかりしていて評価も高く、ここまで成長してきたらしいです。
スマートフォンの牽引役は当初からAppleのままですけれど、如何せん高価になり過ぎた感です。過当競争にAppleだけ参戦していない状況というか。
もちろんiPhoneの性能やデザインは素晴らしいと思うのですけれど、価格差六倍で十分使える安いのがあるワケで。
過去に自分が使用してきた四世代のiPhoneはどれも二年で重くなり過ぎでした。(最近のはかなりマシになったそうですが)

また、中国メーカーだからセキュリティが心配との意識は自分も僅かながら持っているものの、GoogleやAppleだって個人情報を何に使っているのか分からんですし。
一般の人が普通に使う分には、知られて困る情報などほとんど無いでしょうし。注意が必要なのは闇社会で生きている人とか国家機密でも握っている人くらいでしょうか。
自分にゃ関係ない世界です。

バッテリーの持ちについては未知数ですけれど、幾つかのレビューを観る限りは特に良し悪し無い様です。
二年少々使い倒してきた前機種よりは持ってくれそうかと。
ともかく、ハード的な故障が無いことを願っております。出来れば三年くらい。

最初に触れたNovaの意味ですが、新星に相応しい名前の製品だと思います。この値段でこの性能と品質。
しばらく前まで二万五千円くらいで販売されていた様子ですが、現時点で一万七千円。これはかなりのコストパフォーマンスかと。

ZenFone3

ZenFone3のカメラがイカレてしまってから二ヵ月少々。ピントがどうやっても会わず。クリーンインストールを試したところ一時的に問題は解決したものの、直ぐに症状再発。

仕方ないので撮影についてはコンデジも持参で頑張っていたのですが、QRコードがスマホで取り込めないのは致命的。
画質なんてどうでも良いので、とりあえずメモを取りたい場面でも致命的。

ZenFone3の性能については上記の不具合さえ無ければ未だ全く問題無しでした。OSのアップデートでどんどん重くなるiPhone系とは大違いで。
ともかく、撮影が個人的な趣味でもある自分にとって、必要な機能を一纏めにしたいスマホには大きな問題です。
購入から二年少々経ち、バッテリーの持ちも衰えていたところでした。とりあえず、一万円台で使えそうなスマホを検索してみました。

最低限路線で行くと、こちらの製品でした。(先程の時点で13.5K円くらい)


しかし、筐体がプラスチックであったり、ベンチマークがZenFone3よりも落ちたり、画素数も落ちたり。
更に検索したところ、こちらの商品が気になりました。(先程の時点で17.5Kくらい)


上記の問題もほぼ片付くスペックで、レビューも申し分なく。僅か四千円のアップでこの違いは大きく。
携帯系で自分は画素数をそれほど欲張ってはいないですし。無駄にカタログスペックを上げてもノイズが増えるばかりですから。
特に美しいと思える筐体では無いですが、まぁ少し前のiPhoneクローンなデザインで無難にまとまっている感です。
あと、USBのコネクター形式も何を今更?な「micro USB」でもありましたが、実質問題無いかと。

お前、iPhone派じゃなかったの?と突っ込まれる記事でもあります。あれは確かに素晴らしいですが既にコスパ悪過ぎです。最近の製品紹介もリアルタイムの英語でストリーミングを観ましたが、そんなに革新的でもないのに説明毎に歓声と拍手なのがどうにも頂けず。勿論熱狂的なファンは居るのでしょうけれど、如何にも海外のプレゼンで。
二年単位で十万以上投資するなんて、デスクトップPCでもノートPCでも相当なスペックのが入手可能ですし、そんな短期間で買うのは筋金入りの変態くらいかと。(変態が悪いとは思いませんけれど勿体ないよ)

使えそうな防災グッズ

今回の北海道の震災で、久し振りに防災袋の中身を確認してみました。袋の中から拝借したまま戻してなかった道具とかけっこうあったり、充電器はあってもそれに接続するケーブルが無かったり。
中身の確認はたまにでも大切そうです。
で、イザという時に使えそうな製品を紹介してみます。宣伝のつもりはありません。(カッコ内の数字は五段階評価)

・発電機付の防災ラジオ(5)
・USBバッテリー(5)
・iPad(4)
・ソーラーバッテリー(4)
・アウトドア系浄水器(4)
・カセットガスが使える小型ガスコンロ(4)
・アウトドア用のクッカー(4)
・アウトドア用のスプーンセット(4)
・マグライト(4)
・水の要らないシャンプー(3)
・単三のエネループと充電器(3)

上記は写真に残した通りです。
特に、停電で携帯電話やスマホが充電出来ずに身内と連絡取れなくなる場面が今回の災害で多かった様子です。
ですので、そういった製品を充電できるツールは大切そうでした。発電機付の防災ラジオは特に重要そうです。
USBバッテリーも持っていて当然かと思いますし、これは普段使用でも便利です。
iPadを何故紹介しているかというと、バッテリーの持ちが驚異的だからです。バッテリー消費を意識していたら充電しなくても数日間利用可能ですし、本来は無料でない通信会社のWi-Fiも災害時は無料で開放してくれたりですので、安いWi-Fiモデルでも持っていると心強いです。
ソーラーバッテリーについては、晴天の日中くらいしか使い物にならなかったりですけれど、それ未満の場面でも発電してくれそうです。実際、ソーラーバッテリーで助けられた方も今回いらっしゃいました。
アウトドア系浄水器については、小便さえも飲料水にしてくれる性能があったりです。特にフィルターを逆洗出来る製品はとんでもない交換容量を誇っています。水道は生きていても震災後は異物が混じっていることも多いので、あった方が良いかと。
カセットガスが使える小型コンロについては、畳むとともかく小型でコブシ大、かなりイケています。また、コンロを囲める折り畳み式の囲いも熱効率が一気に上昇するので必須かと。
アウトドア用のクッカーやスプーンも、上記と一緒にあると良さそうです。
マグライトはトップを外せばランタン替わりにもなります。
水の要らないシャンプーは頭の痒さから解放してくれます。
単三のエネループと充電器はそれに対応したラジオやマグライトの使用に重要だったっりです。

最低限の衣類や寝袋、食料、ナイフ、ティッシュ等は勿論必要ですし、備わっていて当然ですが、上記の品は震災直後に品薄になったり高額になったりです。
また、全く無名のメーカーの製品はなんちゃって系も実際多いので、ある程度名の通ったメーカー製の、レビューもしっかりした製品をオススメします。
実際、上記を全て揃えると数万円掛かってしまいますが、所有していることでの安心感はあります。
自分は下駄箱の上にトートバッグを置き、その中に全て入れています。
震災後に自宅を利用できるにしても、公共施設へ避難できるにしても、野宿を強いられるにしても、あったら助かる系かと。

以下に商品のリンクを貼っておきます。





















上記のほぼ全ては自分もAmazonで購入しています。
上記の製品の合計額は暗算で平時六万円くらいでした。

2006年の秋葉原中央通り界隈

2006年に新調したデジタル一眼レフはNikonの普及機D50というモデルでした。本体は六万円程度だった記憶です。
純正の標準ズーム(AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G ED)を併せて入手したのですが、商品レビューのような説得力ある写真が撮れず、Tamronの評判の良い広角寄りズームレンズ(SP AF 17-50mm F/2.8)を入手したところかなり化けました。
続けてNikonの単焦点(ズームでは無い)レンズAi AF Nikkor 50mm f/1.4Dというのを入手したところ、あまりの性能に驚きを感じました。

D50は安い製品だったものの、基本をおさえた真面目な作りだったようで、プロの方のレビューでも「何も期待していなかったが自腹で購入したくなった一台」的な最大限の評価をされていました。比較対象の無かった自分でもレンズを換えるだけで「ここまで表現力が変わるんだ」と感心した一台でした。
それまで使用していたコンデジ類とは大違いというか。有効画素数については約600万画素で、現代のスマホのカメラより貧弱ですけれど、普通に使う分には当時としては問題なかったです。悪いカメラですと画素数が豊富でもノイズが増えるばかりで。D50は良いレンズでちゃんと撮れば等倍で観ても粗がほとんど目立たずで。
標準ズームについては何も良い思い出がありません。こんなものか程度で。
続けて、Tamronのズームについては一気に表現幅が広がった感でした。サードパーティーのレンズを使うのが生まれて初めてだったものの、メーカー純正の半額以下でこれだけの性能は実にありがたく。当時の地元の行事やお祭りではほとんどの場面がこのレンズの出番でした。単焦点に比べればもちろん描画力が落ちるものの、ズームの恩恵で撮り直しの効かないタイミングや場所では構図を決めやすく。
単焦点の50㎜は表現力が凄まじかったです。絞りを少し変えるだけで暴れ馬の如く表現が変わり、色々と試し撮りをしたものでした。あのキレとボケの対比が面白かったです。

撮影の本番は地元の行事やお祭りでしたが、ともかく失敗の許されぬ場面が多かったので、機材を入手した後は近場での撮影に毎週末励んだものでした。自宅から徒歩5分で秋葉原の中央通りがあり、当時平和の象徴でもあった歩行者天国は撮影練習に丁度良い空間でもありました。
何を撮っていたかというと、普通のカメラ小僧とは視点が異なっていて。なるべく全体の雰囲気を伝えたいなぁと。普通の人はコスプレそのものを撮るのでしょうけれど、自分の場合は撮影者の集団を撮っていたんです。
自分の本番は御神輿と担ぎ手という沢山の人や集合写真ですし、他にも運動会であったり、餅つき大会であったり、盆踊りであったり。ポートレートのような一人だけを写す場面は極端に少なく。
その当時の撮影分を昨日久し振りに確認したところ、いまでは撮れないような場面が何枚か残っていたので、せっかくだからこちらにも載せてしまおうと思った次第です。全て2006年の撮影分です。
2008年の秋葉原の事件まではこんな風景が当たり前でしたし、事件に近付く日までは露出度や過激度は実際上がっていた感でした。

当時はまだスマホが無く、中にはレンズ付きフィルムも。

路上販売は当時から反則だった様子です。

このウッドデッキは自分も好きでした。

小道具等(掃除機?)に凝った女装者は何故か人気が乏しく直ぐにポーズ。

気が向いたら、2007年から後のも載せてみようかと思っています。

帰国してからの方が危ない


海外でハンドルを握ると現地でしくじるのはウインカーの出し方。
ハンドル周りのレバーはウインカーとワイパーが逆で、ウインカーを出そうとする度にワイパーが動き出し。
数時間で慣れるのですが、気をつけていないと直ぐに戻り。

西海岸では配車ミスにより破格の安さでオープンカーを借りれたのですが、これは晴れ続きの土地で快適でした。
しかし、一方通行で逆走してしまった際は正面衝突しそうな場面があり、互いの急ブレーキで発生したタイヤのゴムの香りがモロに漂ってきました。オープンカーならではでした。
でも、死ぬかと思った。

そして、帰国。
我が祖国。
もう大丈夫だ。

三ヵ月のヨーロッパから戻り、空港近くのパーキングに預けていた愛車をスタートし、大きな幹線道路から自宅へ戻ろうと。
何も考えずにウインカーは右に出せた。上出来だ。
走り出すところで、死ぬかと思った。

「やばい逆走だ」

解説:
駐車場から大きな幹線道路に出る際、多くの場合その国の通行方向しか曲がれません。左側通行の日本なら左で欧米の多くは右です。
帰国直後など緊張感の欠片も残っちゃいません。
写真は1999年に現地で借りたムスタングのコンバーチブル。幸か不幸か予約していた安い車がロサンジェルスの大停電で配車されませんでした。

Bluetoothキーボードの接続にハマる

これまで十数年HHKBという小型のUSBキーボードを利用していました。自宅でも職場でもWindows端末はコレが基本でした。
自宅で使用していた方が最近不調で、キー入力時の引っ掛かりが激しくなっていました。
十分元は取りましたし、いよいよ寿命の様です。

しばらく前にiPad用に入手したBluetoothキーボードがあったなぁと思い出し、これを接続しようとしたところ全く上手く行かず、一時間以上ハマりました。
パスコードというものを入力する必要があったのですが、入力を数回ミスると表示されなくなり。
仕方なく、Webで検索して色々試したのですが、何をやっても駄目でした。

最終的に上手く行った方法は以下でした。

1)コントロールパネルを開く
2)画面右上の表示方法で「大きいアイコン」を選択する
3)「デバイスとプリンター」をアイコンから開く
4)「デバイスの追加」を開く
5)該当のキーボードが表示されたら、それをダブルクリックする
6)まだ試していないパスコードを四桁くらいでUSBキーボードから入力しEnter(既に使用済の四桁は駄目)
7)デバイスの検索中状況でBluetoothキーボードから上記のパスコードを入力しEnter(このタイミングが重要)

これで上手く行きました、重要なのは上の5と6です。既に試したテキトーな四桁では駄目で、新しいテキトーな四桁が必要なのと、デバイス検索中の状況下でBluetoothキーボードから同じのを入力し、Enterキーまで押す必要がありました。
使用中のOSやドライバ、ハードウエアの組み合わせ等によって挙動は異なるようで、自分の場合はこれで上手く行きました。

ちなみに自分の環境は以下です。
・Windows10
・Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード


接続後のキーボードでこの記事を綴っているところですが、ミスタッチの連発です。非常に効率悪いです。慣れが必要です。
また、日本語入力の切り替えが左上の”~”キーであったり、キートップの刻印と実際の入力が異なっていたり、設定の変更が色々と必要そうです。そもそもこの機種は英語キーなので。
海外の出張ではノートPC持参が基本でしたが、時としてインタアーネットカフェを利用することもあり、英語キーの配列は使っているうちに慣れたものでした。特に@キーの位置とか。
現状は英語キーなのに日本語キーとして認識されているようで、この辺から再設定が必要そうです。

あと、キータッチについてです。HHKBは筐体の高さもあり、それが使いやすかったです。これも慣れただけかもしれませんけれど。
あと、HHKBのキー入力中の音はガチャガチャと大きめでした。職場では周りに迷惑掛けていたかもしれないレベルでした。これが新しい方はカタカタと可愛い範囲かと。タッチは悪くないです。

追記;
設定変更後は英語キーボードとして無事に認識出来ました。日本語入力の切り替えはAltキー”`”の同時押しが必要となりました。このままこのキー配列で慣れるべきかまだ悩めてはいます。
ブラインドタッチに慣れてしまうと、他のキーボードで効率落ちてしまいそうで。
あと、OSの再起動後もキーボードは問題なく即座に認識されていますので、OSのログイン時のバスワード入力も全く問題ないです。
怖いのはセーフモード起動時等のワイヤレス接続出来ない場面です。滅多にあることでは無いのですが、古いキーボードは押し入れの分かり易い場所に残しておくべきでしょうね。

Azymuth:Brazilian soul

少し前から気になっていたアルバムをYoutube経由で視聴してみたところ、案外いい感じでした。
Azymuthのアルバムは廃盤なのが多く、これもその一枚でした。廃盤になるとWeb市場ではとんでもない値段になることも多く。

何故にまたYoutube経由で聴いているかというと、AmazonのFireTVでもアプリを入れればAppleTVのようにiPadやMacの画面や音声を飛ばせる機能(AirPlay)が実現出来るそうで、それを試したついででした。
FireTV上のAirReceiverという三百円の有料アプリを使用した感じは悪くないです。
これ、以前に使っていたオリジナルのAppleTVより値段含めて良いかもしれません。FireTVは発売当初のセールで二千円程度で入手した物でしたし。
AppleTVは一般的な日本人に無縁なスポーツなコンテンツとかばかりで、文化の違いを大いに感じたり。あれを使いこなしている日本人はどれだけいるのやら。

また、Youtube経由の音質は全く期待していなかったのですが、これも悪く無く。妙な偏見が自分にはあったようです。自宅のオーディオ環境で聴いてみたのは今回が初めてか。
しかし、これでは確かにCDが売れなくなるよなぁ。
大昔のエアチェックのようにFM番組で流れた楽曲をカセットテープに落としてノイズ混じりのを聴くのとは大違いで。
聴いてみて良かったら自腹で買う主義ですし、いつか買ってあげたい一枚です。