万引き家族

今宵の事、気になっていた映画「万引き家族」をやっと観れました。
感想としては、記憶に刻まれる作品だったなぁと。素直に良い映画だったと。

誰しも起こりえる環境下でのストーリーだと思えました。あのボロ家とか、散らかった部屋とか、見捨てられた子犬を拾うように小さな子供を拾ってきてしまう家庭とか。
老若男女、家族全員が痛みを知っていて、いま一番困っている人を観掛けたら迷いつつも素通り出来ず。

リリー・フランキーさん。この方の名前は存じていたのですが、主演がこの方だったとは。
作品上は、もう何処にでも転がっていそうな小汚いオッサンでした。いつ風呂に入っているのかも分からないような体臭まで漂ってきそうな。
安藤サクラさん。名前も全く存じておりませんでした。飾りっけなんて二の次で生活臭漂うおばちゃんでしかないのは前半まで。少し化粧するだけでこんなに綺麗なのに。いつもやる気無さそうな雰囲気なのですが、土壇場では覚悟のセリフが。
樹木希林さんについては説明無用で、もうあのままです。完璧です。
二人の子役も頑張っていました。特にラストシーンの女の子が「また連れてってくれないかな」と。
あと、若手の女性。さめた目で世の中みているようですが、案外そうでも無く。

撮影のテクニックとかに疎いのですが、亡くなったお婆ちゃんの髪しか映さなかったり、夜逃げに失敗し捕まる場面が車のヘッドライトで照らされるだけとか、この間接的な表現がまた優しさあって。

十年位前に神保町の救世軍でシスターと少しお話する機会がありました。年末の社会鍋の季節でした。「エリートだった人ほど、上手く行かなくなったら大変なのよ」と。
人のぬくもりとか優しさとかを尊重できるこの作品の家庭の方が、よほど幸せなんだろうなぁと。
自分が若い頃にこの作品を観ていたら、ちょっと貧乏でも素敵な家庭を持つべきと思えたのかも知れず。

無宿

時間を持て余し、スマホでテレビの番組表を確認したところ、ちと気になる作品が既に放映されていました。
残り一時間くらいをみたのは「無宿」という高倉健さんと勝新太郎さんの共演作。
何でも、アランドロンが出演した冒険者たちに触発されて作られた作品らしく。
海辺で勝新太郎さんがボロボロの漁船を手に入れる場面から観たのですが、セリフがやけに少なく。
しかし、演技は理解しやすく。

しばらく待っていると、高倉健さんが登場したのですが、更にセリフが少なく。しかし、演技は理解しやすく。
まだ続くかな?と思ったところで、二人ともあっさり遣られてしまい。しかし、構図は美しく、1974年の作品でしたが映像も美しく。
ちと不思議な作品でしたが、耳を立ててセリフを確認する必要無く情景に溶け込める流れに好感が持てました。
最初から観ておけば良かったです。次に観る機会はもう無さそうにも思えます。

オリジナルの「冒険者たち」も自分は大好きな映画でした。この作品は幾度か観ていますが、初めて観たのは小学校の低学年の頃でした。
ただ、記憶がもう曖昧です。自動車のスクラップ置き場とプロペラの飛行機と寂しい滑走路と、海と小島と。音楽はその後にHONDAのCMでも利用された口笛の曲。
あの作品の終わりの辺りは悪い奴等にコロシアムの遺跡のような場所で狙われてしまうのですが、これがブルースリーの作品とダブっていて、曖昧度が半端なく。
登場した乗り物は恐らくどれもポンコツの再生品だったと思うのですが、それで色々と冒険してみる辺りは、その後の自分のVespaにも繋がったのかなぁとも。
アランドロンについては「太陽がいっぱい」も大好きな作品でした。サインの持つ意味とか、海辺を滑るヨットとか。全て順調に進んだハズの悪事の末路とか。

綴っていたら、Milesが音楽を担当した「死刑台のエレベーター」を更に思い出したり。あれも映像が美しかった記憶です。
しかし、これもストーリーをほとんど忘れていて。縄梯子を残してしまったのが致命的な問題に繋がったのかな。あと、古いランブレッタらしきスクーターが快走する場面。
この白黒作品もセリフは少なかったような。

どうにも、チャップリン的な音声の無いような作品が自分は好みの様です。

スノーデン

昨夜から本日にかけて観た映画の一つが「スノーデン」でした。
合衆国の諜報機関の裏事情を暴いた男のストーリーでした。2013年に世間を騒がせたニュースを題材にした実話らしき作品です。
映画作品なので、多かれ少なかれ着色はあるのでしょうけれど、まぁまぁ見応えのある内容でした。自分もIT業界の端くれに居たりもしたので。
政府の裏事情を知る立場で、それを暴露してしまうのはどんな人格だったのか?と世間を騒がせた当時から気にはなっていました。

主人公のスノーデンは、IT系の知識や能力は卓越していましたが、映画で扱われる本人の生活は至って普通の青年でした。人並みの恋愛も同僚との信頼関係も築けていて。
むしろ、特殊な環境での仕事で同僚との信頼関係は良かったくらいです。
名目上はテロ対策の情報収集を担う組織でしたが、実際のところは一般人のプライバシーにも容易にアクセス出来たり、それらを収集していたりで主人公や同僚達の良識を問われる日々でもあったようです。

ファーウェイの製品はバックドアがあってセキュリティ上危険。とのニュースや話題が多いこの頃ですが、実際に噂だけで具体的な実害はまだ自分も聴いていません。
しかし、本作品では合衆国を代表する数々のIT企業が国の諜報機関にバックドアを提供していて。グーグル、フェイスブック、マイクロソフト、アップルもです。
情報の漏れた先が合衆国なら許されて、他国は許されないというのも妙な話に思えます。核の保有で許される国と許されない国に近いというか。
皮肉なことに、スノーデンは暴露後にロシアに亡命したような状況になっています。元々は合衆国の愛国心を持っていた主人公は、合衆国のお偉いさん相手に追われる立場となってしまい、結果的に敵国に守られた状況で。
まぁ合衆国を心から嫌いになったワケで無く、その国民に事実を知って頂いて判断してほしいという流れだったようです。同僚や上司の一部はその報道に喝采し、上司の一部は凍り付いた結果でもありました。
主人公は全てを捨てる覚悟があったのですが、恋人だけは失わずに済んだ様子でした。

自分も嘗ての仕事で社内の各種サーバーの管理もしていたので、時として見たくも無い情報に触れざろうえない場面がありました。中には酷い情報も含まれていました。
ただ、知らなかったフリが必要で。
情報系部門に限らず、事故処理的な仕事が含まれる部署では他言出来ない場面はあったりしますし。

そんな事を思い出したりの映画でした。主人公はこの後にどうやって食っていくのかなぁと思いつつ。
作家の景山民夫さんも暴露本を出版したりしていましたが、妙な終わり方をしていたよなぁと。

セッション

一昨日の夜にたまたま観た映画がソコソコ面白かったです。
セッション」というタイトルの作品、Jazz系の音楽学校でのストーリーなのですが、ここに登場する講師がともかくスパルタン。
自分は学生時代からJazzを聴いていたし、楽器にも触れてきたので、場面々々のバックボーンとか少しは理解も出来ました。
まぁ、Jazzに詳しく無い人でもソコソコ楽しめる内容だったとは思います。
しかし、アカデミックな世界でも現代のアメリカではここまで「Fuck」という単語を連発するものなのでしょうか。
怒りを表現する言葉の多くにFuckが登場し、まるでFuckの活用形で言語が成立しているようでもあり。バリエーションが多過ぎで、字幕の日本語訳も大変だったと思います。

自分の高校時代の音楽教師もかなりスパルタンだったなぁと思い出しました。
普通科の高校の一科目でしか無かった音楽ですが、高校入学時に生徒が選択できる芸術系科目の中で音楽は何故か人気があり。他には書道や美術も選べられました。
どの科目も偏りが無いように定員は決まっていて、お試し授業の段階で音楽のN先生は「俺の授業は厳しいぞ」と念押しをしていて。
そんなこと言わなくても、噂だけで充分伝わっていました。

自分は過去にクラシックピアノを習っていたので、少しは楽できるかな?何て思っていたものの、自分にとっても厳しい授業が多かった記憶です。
鉛筆で机を叩き、三連符混じりの曲のリズムを刻まされたり、曲を書かされたり、コード理論の基礎を叩き込まれたり、譜面のフラットやシャープの数で曲の調を当てさせたり。
フラットはファ、シャープはシ」の法則とか、今でも役に立ってはいますが、クラシックの音大でもそこまで教わらないのではないか?と未だ思っていたりです。
実際、音大のピアノ科を卒業した知人とか、ポピュラーのコード譜が全く読めないとかはザラでしたから。
あまりにも実践的な講義、その後に恩恵を感じた生徒はどれだけ居たことやら。

自分は高校時代の短期間だけ、その先生が担当するブラスバンドにも属していました。
この部活は更に内容が厳しく、土日も練習と聴いていたので入部するつもりは無かったのですが、成り行きで一時期参加していて。(綴ると更に話が長くなってしまうので、経緯はそのうち)
まぁ、凄いレッスンでした。先生はチューニングのズレが大嫌いで、測定器のような古いチューナーをよく持ち出していて。(大抵は耳だけでカバー出来ていました)
リズムにも厳しく、打楽器を担当する生徒は毎度ボロカスに叩かれていて。一期上の女性が打楽器の担当でしたが、涙を流している姿は幾度もありました。
ブラスバンドに所属する生徒達の雰囲気も毎度どんよりしてるし、拘束時間も長いし、多感期の重要な時期に「こんなことやってられるか!」で自分は退部しています。
当時の自分は大学進学など考えていなかったですし、最後になるかも知れない学生期間にこんな思い出しか残らないのは非常に馬鹿げていると思えていて。
もっと沢山の経験をしたかったんです。

ただ、学校祭ではピンチヒッターでラッパを吹くような場面もあったりでした。
音楽の授業は高校二年まで続きました。その二学年の春頃に「今年の暮れは市民でベートーベンの第九を歌う機会がある。滅多に無い機会だから興味ある生徒は私のところまで」との先生からのアナウンス。
自分は歌が下手だし、授業でも先生からボロカスに言われていましたが、第九は好きだし本物のオーケストラをバックに(実際はオケが手前ですが)歌える機会など滅多に無いのは気付いていました。
週に一度水曜の夜だけの練習であれば付き合っても良いかな?で同期二人を誘って。
これは良い経験になりました。練習場所であった文化センターに集まるのはほとんどが大人達でしたし、そんなスパルタンな内容でも無く笑いも絶えず。
当時の自分といえば、煙草もお酒もやっていて練習会場には単車で乗り付けて。そんなのが第九をというのは妙だったとも思われます。しかし、どれも経験しておきたかっただけでした。
ズルい確信犯でもあったのですが、あの高校の学生服を着ていれば大体許された様子でしたし。
これを綴っている今もたまたま年末ですが、第九の本番は実に見事にキマり、いまでも大晦日の夜はテレビ放映の第九を一緒になって歌いがちです。

高校三年になると音楽の授業はもう無く、学校祭のクラス発表くらいでしか楽器に触れる場面は無く。
あの先生にはずっと怒られてばかりだったものの、音楽の成績はそれほど悪くなかった記憶です。ペーパー試験の対策をもう少しちゃんとやっていたら、もっと良い成績だったのかも知れませんが、丸暗記系はどうにも苦手で。

夏の学校祭の後は大学受験の勉強にけっこう必死でした。年末まではどうにも空回り気味だったものの、年明けからはラストスパートに火がついて。
希望の大学の合格通知を何とか掴み、久し振りの高校で職員室に報告へ。そこに向かう廊下には大学合格者達の名前が既に貼られていて、自分の名前も。
自分は夜学部の合格でしたが、何故か大学名と学部くらいしか綴られていなくて。(後からそれを指摘したのですが、何か気を遣ってくれたそうです。ただ、地元の新聞の合格者一覧を観たところ夜学部であっても知られた進学校の生徒だけでした)
職員室のドアを開けると、誰よりも先に音楽のN先生がニコニコ笑顔でやってきました。両手を掴み「良くやった良くやった」と。
自分も嬉しかったですが、かなり意外でもありました。生徒のことなんて全く無関心かと思っていたN先生でしたし、こんな笑顔は観たことが無くて。
国立大学の合格発表は少し後でした。第九に一緒に参加したH君は生徒会長もやっていて忙しい立場でもあったのですが、無事に現役で北大に合格していました。
H君はN先生とその後会えたのか分かりませんが、きっともっと喜んでいたんだろうなぁと。

そういえば、自分は一度だけ嘘をついていたなぁと。
ブラスバンドを辞める際「こんなに拘束がきついと、受験勉強もやってられない」と。実際はそれからアルバイト三昧だったのですが。
途中はどうであれ最後にツジツマは合ったから、まぁいいか。

N先生については授業のある昼間からお酒臭かったり、大人としては問題あったのかも知れません。第九の裏方で頑張られていた市の職員の方も、その辺で苦労が多かったとも聴いていて。
市の文化センターは当時建てられたばかりで、大ホールに置かれたピアノが存在感ありました。高級ピアノの代名詞でもあるスタインウェイ。それも奥行きの長いコンサートピアノです。
当時でも千五百万円はしたらしく相当無茶な買い物だったそうです。誰がそれを押したかというと、そのN先生だったそうで。
自分は第九の練習日は早めに会場に入り、そのスタインウェイを勝手に弾かせてもらっていました。実際、あの鍵盤のタッチは素晴らしかったですし、音の響きも完璧でした。
いま買おうとしたら幾らになるのか分かりません。しかし、千歳市所有の立派な財産になっていそうです。

映画の話からかなり逸れてしまいました。
本気で音楽の演奏をマスターしようとしたら、あれくらいのスパルタンさが必要なのかなぁとも少し思っていたりです。
実際、アマチュアのロックバンドでもスタジオ録音を初めて経験した友人は僅かなミスタッチに相当気を配ったそうで、コテンパンに矯正を強いられたそうで。
プロの演奏家であっても、メンバーの中にジャコ・パストリアスのような天才肌が居ると緊張感も半端なかったとか。伝記等を読むと、僅かなリズムのズレも容赦しなかったそうで。
音楽は、なかなか大変な世界だと思います。

黄金の指:HARRY IN YOUR POCKET

子供の頃に観た映画で、タイトルの分からぬままずっと気になっていた作品が昨夜一つ解決しました。「黄金の指:HARRY IN YOUR POCKET」というタイトルでした。
小学校の低学年の頃にテレビ放映で観た映画でしたが、ストーリーが面白かったのとショッキングな結末で。
スリの一味を題材にした作品なので、現代の地上波では扱い難い内容なのかもしれません。
スリといったらまぁ反社会的でしょうし、カンニングを題材にした漫画「試験あらし」の再販も難しいのと似ているのかなぁと。

そのスリの映画、細かいストーリーは自分もけっこう忘れていて。
記憶の断片になりますが、とても紳士的なスリの一味に弟子入りした若者がそのテクニックを鍛えようとするのですが、なかなか上手く行かず。
胸ポケットに小さな鈴を下げて、それが鳴らないようにジャケットの内ポケットから財布を抜く訓練が僅かに記憶に残っていて。
その一味は分業制で、被害者の気を逸らす美女役と、財布をポケットから抜き取る役と、その財布をすれ違いざまに渡される役のような流れでした。

財布を抜き取る役が終始紳士的な男性だった記憶で、ラストシーンでは抜き取った直後に異変を察知。目の前からすれ違おうとしている「渡され役」の若者の背後には私服警官らしい男。
普段ならここでさり気なく財布を渡すところを渡さず、紳士はマークされていた数人の私服警官に逮捕され。財布を若者に渡してしまっては共倒れ、一人で罪を被ったのです。
連行される紳士の姿を少し離れた場所から見守る美女と若者。紳士はその二人に気付きつつも何もアクションをせずに通り過ぎ。

この犠牲心というか、仲間を守る結末に幼少期の自分は涙ポロポロで。
世の中、土壇場で往生際の悪い奴というのが居るではないですか。この作品の美しさと悲しさはこのラストシーンにあったんだよなぁと。
三人兄弟三男坊の自分は、弟が居るワケでもないので、悲しい場面では恥かしげも無く泣ける立場でもあったんだよなぁと思い返しつつ。

何となく検索してみたところ、あっさりと作品名は分かりました。キーワードとしては「スリ 紳士 鈴」でした。
邦題では動画がみつかりませんでしたが、オリジナルのHARRY IN YOUR POCKETでは動画が見つかりました。あの紳士はジェームズ・コバーンさんが演じていました。カッコ良かったです。
夜も更けた時間に観た動画なので最後の数分間だけでしたが、紳士が手錠を掛けられる場面で私服警官から言われた英語「you’re under arrest」は自分の耳でも確認できました。
Miles Davisの80年代のアルバム名が同じタイトルなんです。「お前を逮捕する」の場面で本当に使われるセリフ何だなぁと。
Miles自身、麻薬を扱った罪で幾度か逮捕されていたハズで。

とりあえず、映画のラストシーンはこちらです。
動画や歌の英語は自分も一部分しか聴き取れないのですけれど、近いうちに作品を最初から観ておきたいです。

中国の進化

中国の進化が凄いらしく。EV自動車の開発を手掛けている知人が中国の展示会にここ数年毎年伺っているそうなのですが、地域によっては既に日本のインフラより進化しているそうです。
例えるなら、大正と昭和を飛び越して明治から平成になったような流れの様で。
キャッシュレスは既に数年前から当たり前だったそうです。それもクレジット会社という手段を使っていないそうで。イメージが良くわかないのですが、スマホをかざすだけで売買が成立するそうで。
銀行から自動で引き落とされるのとも異なるような話だったような。チャージされたSUICAで何ても買えるようなイメージだったような。日本でもその手のサービスはありますが、まだまだ現金の扱いが主流です。
あと、EV自動車の普及率も凄いそうです。安全性や耐久性には疑問が残るものの、リスクあっても政府主導で推し進めているそうで。

アフリカへ出張した六年前に運転手をしていた現地の方に聴いたところ、日本車はエクセレントだとの最上級の誉め言葉でした。ともかく故障知らずで古い車でも頑丈だとのこと。修理代も安く。
対して、中国車は価格以外の部分でゴミ扱いの評価でした。まぁ六年前の話で、現在がどうなのか知りません。
しかし、ガソリンエンジンといった機構的に複雑な工業製品は長い時間を掛けて信頼性が上がるものなのかなぁと思っています。日本の自動車メーカーにしても当初は故障との戦いだったハズで。
これが、ひょっとしたらEVで一気に巻き返されるのかも知れず。
たぶん、その辺の事情を知らない人は中国の自動車何てB級どころかC級品と思われているかと。しかし、中国にとっての海外メーカーは中国生産で製造ノウハウは既に十分掴んでいてもおかしくなく。
スマートホンといった電子機器も同じ流れで、既に品質も十分で、それでいて安く。
これでブランド力まで身に付けたら凄いことになるんだろうなぁと。

日本の場合は新しい乗り物が生まれたにしても、現行の法律で公道では走れない乗り物も実際多く。セグウェイ辺りが良い例かと思います。
セグウェイが公道走行を許されたら、世の中色々と便利になると思っているのですが。安全面で心配が残るのも確かですけれど、どうにも勿体ない法律の壁を感じてしまいます。
実際、リスクを取って法的に許されるようになっても、事故が起こったら「それみたことか」な風潮はあるのかなぁと。
しかし、その辺はある程度柔軟に対応していかないと、日本の環境や技術は周回遅れにもなりかねないかなぁと思うこの頃でもあります。

日本に限らずですが、同業種で既に巨大な会社が幾つかあると、画期的な商品をぶら下げた新会社が叩かれたりします。映画「タッカー」なんかもビッグスリーから徹底的に嫌がらせを受けたり。理工系の人材は観ておくべき素敵な映画なのですが。(映画の概要だけでも読んでおいて損は無いです)
この作品も久し振りに観てみたくなり検索したところ、日本では何故かDVD化されておらず。ここまで圧力が?とは思っていませんけれど、勿体ないなぁと。
自分がこの作品を観れたのも、偶然でした。学生時代に講義で使われたらしいVHSテープが夕刻の教室にポツンと置き忘れられていて、気になっていた作品だったのでその晩だけお借りしました。
本来は直ぐに学生課にでも届けるべきだったんですけれど、観れたお陰で技術屋の面白さに開眼した部分がありました。(勿論ちゃんと返却しています)
「中国の進化」というタイトルに対して妙な終わり方の記事ですけれど、最終的にヘリコプターのエンジンを載せて完成したタッカーも、それまでの仕来りに囚われない凄さがあったなぁと。