ドラマ「ムー」

BSでドラマ「ムー」の再放送が続いており、途中から毎度楽しみにしています。
自分が小学三年生時代の作品なのですが、いま観ても面白く。まぁドタバタな展開ばかりなのですけれど、所々に人間味を感じさせる場面があったりで。
四十年前の作品ですので、出演者も若いし故人も多く。そして、最近話題な昭和レトロがそのままなんですよネ。
黒電話とか、エアコンも無い部屋とか、小さなブラウン管のテレビとか、部屋の内装やポスターとか。
古い雑誌とかを読み返したら、広告の方が面白かったり、古い録画を観てみたらCMの方が懐かしかったりとか、それに近い感覚。

その「ムー」も来週で終了だそうで。Twitterで検索すると、多くの方々は続編の「ムー一族」を続けて観たがっていました。勿論自分もです。
ハチャメチャ度は更にパワーアップしていた記憶です。たこ八郎さんも出演されていて。
実は自分、たこ八郎さんのファンでもありまして。

たこ八郎さんの自伝「たこでーす。―オレが主役でいいのかなぁー」がなかなか面白かったもので。バックボーンを知らないと、単なる怪しいオッサンだとは思います。
この作品、自分の通っていた図書館の新書コーナーにあったんです。誰がこの作品を最初に読んだのか?閲覧者の一覧を確認したところ、真面目そうな若手の国語教師でした。(自分は二人目の閲覧者)
試しに読んでみると、なかなか面白く。プロボクサー時代は王者まで輝いたのですが、無茶な戦法でパンチドランカー。
その後は喜劇役者に弟子入りしたものの、壊れた身体では色々と不自由な場面に苦しめられたり。(大部屋で布団を汚してしまうことも多かったそう)
ただ、付き人としては頼りになる場面もあったらしく。車の運転中にチンピラに絡まれた際、やむを得ない状況では相手をコテンパンに叩きのめしてしまったり。
また、演技力の無さは自覚していたらしく、身体を張った演技をあえて試みていたそうで。「幸せの黄色いハンカチ」でチンピラ役をした際は、車のボンネットに頭を叩き付けられる場面があったのですが、本人から進んで頭を手加減なしにぶつけていたそうで。叩き付ける側だった高倉健さんも驚いたとか。
一般的な社会人としてはダメダメだったのだと思います。ただ、不器用そうでいても手土産は忘れない律義さがあり、それも置き忘れたように帰る恥ずかしがり屋でもあったそうで。
計算していたのか天然なのか分かりませんが、知っている人からは慕われたようで、たこさんの死はタモリさんとか赤塚不二夫さんもかなり悲しませたそうでした。

あと、プロデューサーの久世光彦さんも凄くて。作品のメリハリとか、当時の流行を上手く取り入れていたりとか、単なる軽薄な作品に仕上げていない奥深さとか。
人間的には不倫騒動等でちと問題もあったそうですが、残した作品上では凄い仕事をしたんだなぁと。
北の国からの倉本聰さんとか山田洋次監督に通じる部分があるんですよネ。
北の国からも当時の流行歌がキーワードになっていたり、男はつらいよも作品のオープニングな寸劇で当時の流行をパロっていたり。
ちなみに、この御三方は皆さん東大出身。関連性があるのか分かりませんが、優秀な大学卒ですと大衆演芸への貢献度も高いのか。
まぁ、どの作品も凄く計算されていると思いますし、時が経つと別の意味を持つような見事な時代背景を残している感です。文学も音楽も映画も、凄いなぁって思えるのは見事な設計で成り立っていたりで。
司馬遼太郎さんの作品もそうなのですが、ストーリーから脱線した話題とかの方が面白かったりするんですよネ。集約された展開のままですと、飽きやすいですし、インターネットの黎明期も文章中のリンクが更に面白くさせて着地点を見失ったりで。
悪く言ってしまうと、酔っぱらって熱く語っていたら、前置きが長過ぎて何を言おうとしたのか忘れてしまう流れに近くもあるのですが。(昔に比べて自分も増えています)

話が途中に戻りますが「ムー一族」は最初から観てみたいです。
ただ、当時の大物タレントもドサクサに紛れて出演していたり歌ったり。著作権関連で再放送は難しいとの噂もあります。
さて、どうなるでしょう。

ドリームガールズ

昨夜、BSで映画「ドリームガールズ」が放映されていました。評判の良い作品でしたが自分が観るのは初めて。
予備知識がほとんど無い状況で観てしまった為、日本語吹き替え版でありながら残念なことにストーリーに着いて行けなかった部分が多かったです。

ストーリー上で外せない人物が多いと、誰が誰だか分からなくなってしまうことが自分は多く。キーパーソンは最低限にするとか、見た目も個性的にしてくれたらなぁと。
本作は出演者のほとんどが黒人だったのも影響したのかも知れません。白人からしてみると「東洋人は皆同じ顔に観える」こともあるそうで、その逆というか。
あと、幾つものストーリーを同時進行させてしまっていて、この場面は何処と繋がっていたのか分からない展開でもありました。悪く言ってしまうと詰め込み過ぎで。

検索したところ、映画の題材はモータウンレコードの始まりをモチーフにしているそうです。モータウンという社名は地元デトロイトが車産業で繁栄していた名残もあったそう。(Motor town)
映画はミュージカル仕立てで、その点はストーリーに関係無く良く出来ていた感です。古いミュージカル映画は歌と踊りが突然始まったり終わったりで、その繋がりが不自然に思えるのもあったりですが、この作品についてはいつの間にか歌と踊りで自然な流れでした。
劇中で使われた曲なのですが、どれも自分の知らない曲ばかりでした。ここまで知らない曲だらけというのも初体験です。映画用に作られた曲なのかな?(元はブロードウェイ向けだったそうですが)
その曲の演奏がまた素晴らしく。バックバンドのリズム陣がとにかく上手い。ベースラインだけでも惚れ々々してしまいました。

録画も一応しておいたので、もう一度観直すべきかとも思えたりです。しかし、結末も含めて特に見所があったとも思えず。
ミュージカル仕立ての作品をこの時期に観るなら、ブルースブラザースの方がよっぽどスッキリ出来そうです。知ってる曲も名場面も多く。

ここ数日で観た映画

ほとんどメモがわりな記事です。

【オーケストラ!】
全く知らない作品でした。前半はドタバタだらけで、展開も今一つ面白みに欠け。
しかし、ロシアからフランスへ渡航の場面辺りから釘付けでした。
チャンスをネコババし三十年ぶりの演奏を迎えたオーケストラ、関係者も演奏者も上手く行くわけないと諦めていました。リハーサルさえもほとんどの楽団員にすっぽかされて。
演奏が始ると案の定最悪な音。聴衆からは嘲笑のどよめき。
しかし、一部の楽団員と指揮者は真剣でした。バイオリンのソロが始ると、雰囲気は一変。
その後は感動の展開に涙でした。
時間が惜しい人はクライマックスの30分辺りから観ると良いかも知れません。

【グレン・ミラー物語】
もう何度も観ている秀作です。
ジェントルのさり気なさとか、ユーモアとか、努力とか感じる作品です。
空爆にひるまぬ楽団。

【アメリカ交響楽】
ガーシュインの自伝的作品でした。存在さえ知らない作品でした。
終戦直後の白黒映画、ストーリーは詰め込み過ぎにも思えました。特に、ラプソディ・ブルーが誕生するまでの苦悩や無茶な本番はもう少しドラマティックであるべきかと。
しかし、ガーシュインが好きなら観ておいて損無し。当時の大衆曲含めて代表曲は網羅されていました。

【黒部の太陽】
石原裕次郎主演の佳作。まぁ当時はこんなものか。ブラタモリでも黒部ダムを扱っていたなぁと。
裕次郎を全面に押し出し過ぎにも思える作品、当時のヒーローでアイドルで憧れの存在ではあったと思います。しかし、ストーリーに意外さが少なく。三十二小節先まで読める展開というか。
ダム好き、日本の土木の栄光、裕次郎好きな方にはオススメ。
しかし、当時のアイドルであったと思われる裕次郎は美男子とは別次元に思えます。
安定したオッサン感な「太陽にほえろ」のボス役は、既にこの頃完成していたとも思える青年でした。

上記の作品は何れもAmazonプライムにて無料で観れました。今月下旬で解約予定のプライムですが、世に知られぬ佳作もけっこう埋もれているんだなぁと。
世に知られぬというより、自分が無知なだけかも知れませんし、元々観たかった作品は追加料金が必要なのばかりでこれまで不満を綴ってきたのですけれど、検索結果をもとにした推奨作品で評価が高いのは、意外に面白い作品が多かった感です。
こんな出会い方もあるんだなぁと。

Jekyll & Hyde.Together Again

映画「Jekyll & Hyde.Together Again」という作品について。
過去に観たおバカ系作品の中で、突出したバカ具合でした。「ジキルとハイド」のパロディ作品なのですが、オリジナルを自分は知らないので、何処をパロっているのかは謎でした。
自分が観たのは一度だけ、それも途中からで高校時代の深夜にテレビ放映されていたタイミングでした。

あまりの馬鹿馬鹿しさに最後まで観てしまったのですが、翌日の学校では友人も観ていたそうで「何じゃありゃ?」的な感想ばかり。
最初からもう一度観てみたかったりなものの、その機会は訪れず、作品名さえも覚えておらず。
数年前に検索して作品名は判明し、部分的にはYoutubeで公開されていて懐かしいなぁと。80年代テイストに溢れていまして。特にゲームセンターでのパックマンの効果音とか。
驚いたことに、制作された本国アメリカでもけっこうな評価を得ていたそうです。主演のMark Blankfieldさんは現地で人気番組を持つコメディアンだったそう。

「The Kentucky Fried Movie」は70年代を代表するコメディ映画、これも今観ると当時の流行や世相を感じ取れて面白かったりですが、作品は小道具含めてホンモノ感溢れていました。この作品の方が日本での知名度は圧倒的に高く。
特にこのショートが自分は好きでした。当時のコメディ系は実際、差別用語とか多かったり。また、当時はこんなアドベンチャー系ヒーロー番組があったよなぁと。

「Jekyll & Hyde.Together Again」については、作りがともかくチープで、そこがまた面白く。しかし、音楽等で妙に拘っている部分もあったり。このギャップがまた面白く。
この作品を覚えている日本人はかなり少なそうですし、日本語でのレビューもかなり少なく。合衆国からブルーレイを輸入したかったりですけれど、リージョンコードでまた苦労しそうなので控えておきます。

生きてこそ

昨日観たもう一本の作品は「生きてこそ」でした。十年位前だったかテレビ放映を途中から経験済みでした。
ウルグアイ空軍機571便遭難事故を題材にした作品、究極の選択を迫られる場面がしばしば。

二ヵ月に渡る雪山の遭難期間、途中で食料は尽き人肉を選択する流れ。特にキリスト教徒な遭難者達には究極の選択だったかと。(それ以外の宗教であってもそうでしょうけれど)
飛行機が墜落したのはアンデス山脈奥地の標高4200m地点。富士山の山頂よりも遥か上。
まぁ細かい紹介はWikiにて

十年前の記事にも綴ったのですが、テレビ放映で途中から観ると「何じゃこりゃ?」な作品です。あり得ない景色と場面の重ね合わせというか。
墜落時、山肌に持って行かれた尾翼や大気に吸い込まれる後部座席と乗客、主翼も激突して吹き飛び、機首と胴体のみ残った飛行機は芋虫。それがソリのように山肌を滑り落ち。

何とか生き残った人々も幾度かの絶望に追い込まれます。救助でやってきたと思われた飛行機に発見されたと大喜びし、残りの食糧を食べ尽くしてしまったり。
小型ラジオで受信した放送では「救助活動は終了」の一報であったり、無線機の電源に必要なバッテリーは遠くの山に落下した尾翼にあったり。
次に雪崩に巻き込まれて更に死人が出たり。

自分がその立場だったらどう振舞うんだろう?と思える場面もしばしばでした。しかし、日本ではそんなに高い山が無いですし、国土もそんなに広くは無いので発見までは早いだろうなぁと。
海外旅行では「あり得るよなぁ」と。過去の記事にも綴りましたが、ヨーロッパに向かう飛行機は広大なロシア大陸を長い時間飛ぶワケで。それにしてもあんな高山は無さそうですけれど。
映画の事故現場は、最悪の条件が重なったんだなぁと。
遭難者達の多くがラグビー部員だったのも、肉体的には恵まれていたのかも知れません。しかし、それよりも弱いのは精神面だったようです。

生き残るための最後の手段は、数名を下山させて救助を呼ぶという流れでした。
二ヵ月以上雪に囲まれた山しか無かった場面、幾つもの山や谷を超えて、緑と水の流れる麓に辿り着け。(あの山の向こうには人の営みがあるに違いないと幾度も裏切られ)
次に地元の人と接触するのかな?と思われる展開だったものの、その場面は無く、雪山に残された遭難者達に現れた2つのヘリコプターでした。
もう一度観ておきたい作品となりました。

追記:
救助を求める最後の遠征については、こちらの記事の12/12辺りからが詳しかったです。映画とほぼ同じ展開ですが、麓に降りてから地元の人と接触し、救助のヘリが訪れるまでの流れが分かります。これはこれで感動的でした。

坂道のアポロン(実写版)

今月下旬でAmazonプライム会員から脱出予定だったのですが、気になっていた作品の幾つかが(会員向け)無料公開されていて、この二日間で四本の作品を観てしまっています。
昨日観た二本の内の一つは「坂道のアポロン」でした。

アニメ版は五年くらい前だったかにYoutubeで全作観ています。Jazz好きな人にはかなりリアルな作品でした。
自分はアニメをあまり観ない派で、存在を否定するほどでは無いものの、一部の萌系オタクみたいなのがちと苦手で。特に秋葉原界隈で暮らしていた時は「何じゃこりゃ?」な方を幾度も観掛けて。
お祭りでお世話になっていた神田明神もその聖地とされているようで、時期によってはオタクが寄せ集まっていて。
まぁ、人様に迷惑かけているワケでも無く、皆幸せそうなので自分に害は無かったのですけれど。

坂道のアポロンの実写版は昨年公開された様でした。後から知ったのですが。予告編を観て、これはお金払ってまで観るものじゃ無いなぁと。
昨日、たまたまAmazonで無料なのを知り、試しに観ることに。試しというのも、期待してしまうと裏切られるからです。
幾つかの部分でアニメとは設定が異なりましたが、まぁまぁ頑張った佳作かなぁという印象でした。どうにも見比べてしまい。
一番駄目だなぁと思ったのが、小田和正の曲をエンディングに持ってきたことです。Jazzでも何でもない青春映画にしてしまった感でした。
小田和正が悪い訳ではなく、それを採用した誰かが悪いと思います。

教会で再会するラストシーンも、あの持って行き方よりはモーニンのオルガン演奏で引き寄せられるアニメ版の方が感動的でした。
「この日を待っていたぞ」と。

地獄の黙示録

この作品も昨夜観ました。30年以上前にテレビ放映で観て以来です。
ストーリーは何となく覚えていました。あと、この場面はこの作品だったかな所々。
ストーリーと云っても、大雑把な枠しか無いのかなぁとも思える作品。
敵地のずっと奥で戦争を放棄し小国を築いてしまった隊長、その隊長の暗殺を指示された主人公の物語。狂気な場面が続きます。

ベトナム戦争系の作品ですと、東洋人が未開の民族に扱われがちにも思えます。この作品でもそうでした。何考えているか分からない集団がジワジワ近寄ってくるというか。

今回観た作品は三時間を超える再編集版で、過去に観なかった場面も含まれていました。
特にフランス人が開拓した地域でのエピソードは印象的でした。見た目は同じ西洋人でも、歩んだ道が異なると考え方も全く異なるんだなぁと。

この作品が映画館で上映された当時のCMを何となく覚えています。サントリーが黒沢監督をCMに登場させていた時代と重なっていたような。
更に話が脱線しますが、高校時代の文化祭でクラスによる舞台発表が必ずあったのですが、まとまりの悪いクラスですと、他人任せな二人芸になりがちで。
クラスのほとんどが「面倒臭いから関わっていられない」という流れで、学級委員が抱え込んでしまった結果、何だかよく分からない芸を披露したりで。(自分のクラスは全員巻き込んで手の込んだ芸を披露するのが毎度楽しみでした)
その中で特にワケの分からなかったのがK君の一人芝居というか踊りでした。謎の創作ダンスを一人で披露。

あまりにも奇怪な内容でした。K君は軍事オタクでもあり、書道の達人でもあり、文学青年でもあり、学業成績も悪くなく。ただ、ちょっと変態でした。
文化祭の後にK君に聴いてみました。「あれは何を意味していたんだ?」と。

K君曰く「地獄の黙示に登場した踊りだったんだよ」と。しかし、そんなの知ってる奴なんて、あの会場に何人居たことだか。
仮に知っていたとしても、どうしてそれをあの場で披露する必要があったのだか。ともかく、K君はあの場であれをやりたかったのです。
地獄の黙示録という作品自体も「どうして?」という展開が幾度かあるのですが、「誰かがそうしたかった」としか説明つかない場面でもあり。その点で、K君の主張も「あの作品っぽいよなぁ」と。

昨夜、作品を部屋で観ながら「その踊り」らしき場面を意識していました。しかし、それらしき場面は一箇所程度だった様子でした。それも特に長いカットでは無く。
普通の人には印象に残らない踊りだと思えました。
しかし、K君には何か引っ掛かるモノがあったんだろうなぁと。