レバノンの爆発事故

レバノンの爆発事故、Twitter等に爆発の瞬間や被害状況の動画が投稿されていました。
これがなかなか凄まじく、現場から数キロ離れた場所で撮影されていた方も爆風で吹き飛ばされてしまったり。
一度目の爆発で事故に気付いた方が動画撮影をしていたら、二度目の大爆発で巻き込まれたパターンも多そうです。
自分がその近辺に居たとしたら「これだけ離れているから大丈夫だろう」と野次馬的に動画撮影していたと思います。

あと、理系出身ですと音速の計算「331.5+0.6t」を思い出してしまったり。
キノコ雲が立ち上がってから爆音が到達するまでのタイムラグです。
音速は時速に換算すると約1200km/h。とんでもない速度ですが、遠くから観るとちょっとゆっくりにも思えたり。

過去の仕事で化学系の分析装置を扱っていたのですが、お客さんも薬品の扱いを誤って爆発事故を起こしてしまうことがありました。既に十年前ですが、こんな事故も(学生が実験中に爆発を起こし、指が吹っ飛んだ)。
自分がその仕事に就いて、薬品の扱いにも少しは慣れてきた頃の出来事だったので、ちと怖かったです。手順さえ守れば問題無い作業も、それを疎かにしたら大怪我に繋がり兼ねないパターン。
よく分からない作業を初めてやる場合は、面倒でも熟練者に指導してもらうべきだなぁと。熟練者にとって当たり前過ぎることは、世間的には当たり前でなかったりですし。
実際、仕事で使っていた分析装置の前処理でも、手順を守らないと危ない内容がありましたし、ナトリウムと水だけでもけっこう危なく。

話を戻しまして、レバノンの事故。
事故後の現場を撮影した動画も公開されていました。英文で検索したところ幾つか登場した動画だったのですが、遺体が写っている場面も。
最初はマネキンなのかな?と。そうでは無かった様子です。
過去の海外のニュースを思い出しても、日本と海外では死者の尊厳に対する考え方が異なりそうです。

しばらく前に飲食店の爆発事故が話題になっていました。これもけっこうな破壊力で被害も大きかったらしく(レバノンの事故の規模に比べると何ともですが)。
改装工事直後の事故だったそうで、当初はその工事に問題があったのかと思ったりでした。続報によると、しばらく前にガス管の腐食が指摘されていたそうです。
こうなると、知りながら直ぐに対応しなかった管理責任を問われてしまいそうです。まぁ、まだハッキリした結論に至っていないのでしょうけれど。

直近の仕事をまた思い出してしまった次第です。
製品の問題を知りながら、放置してしまうのはやはり危険だよなぁと。それが人の命に繋がる製品ですと尚更。
「まさかそうなるとは思わなかった」という事後談の多くは「そうなる危険性」を認識しているかと。
そんな組織で責任技術者なんて、無理があります。事故の原因は責任技術者でなく、その意見を認めなかった組織の長なパターンもあるワケで。

レバノンの事故についても、原因は危険物の保管方法にあった等の憶測が既に飛び交っていますが、実際のところまだ謎。
ともかく、凄まじい爆発でした。

コンゴ

ワシントンDCとワシントンの違いも面倒臭いのですが、コンゴとコンゴ共和国という隣接した二つの国も紛らわしく。というか、先ほど知ったばかりです。
ギニアと赤道ギニアが別の国なのは既に存じていたのですが。

なんでも、コンゴでエボラ出血熱の流行が再発してしまったそうです。
新型コロナは目の前の話ですが、過去のSARSとかは日本でほぼ防げていた様ですし、それと同じくらいエボラは遠くの話で。更に遠い話かな。

日本語のニュースサイトや日本語による検索ではオブラードに包まれてしまいがちなのが、一部の病気の症例です。症例の見た目です。
これがなかなか残酷で。恐らく、誰でも亡骸は少しでも綺麗な姿でありたいと思います。
医療や福祉や行政がまだ整っていない地域では、見放された人の亡骸が転がっていることもあったりするそうです。

日本でも数十年前までは野良犬がそこら中に居て、車に轢かれてしまった亡骸を見掛ける機会が当時は幾度もありました。現在でも野良猫でそういったことがあるのですが、その機会が減っているので、昔よりは野良猫も少ないのかなぁと。
ただ、都会を少し離れると、タヌキとか謎の野生動物の亡骸を路上で見掛けることはありまして。
こういった対応が求められる保健所の方々は大変な職業だよなぁと。

話が飛びますが、高校時代の同級生で大学卒業後に地方の市役所に就職した友人が以前に語っていました。
北海道の某市で事務職だったのですが、新人ですとちょっとした力仕事が他の課から廻ってくるそうです。
用水路に野生の鹿が落っこちてモガいている場面があると、市民から通報があるそうで。そこで、緊急のチームが市役所で組まれて現場に向かうそうで。
作業で必要な道具を車に積んで現場に駆け付けると、どのタイミングなのか分かりませんが、溺れている鹿を引き上げる前に額の辺りを木づちでぶっ叩くそうです。
その儀式がなかなか辛いそうで。最初は。

何故にその儀式が必要かというと、人に対して最初にひるませないと、救助した途端に大きな角で襲われてしまうそうで。
助けてやったのにそれはないでしょ?の世界です。下手すると、人が大怪我をしてしまうそうで。
まぁ数十年前の話なので、いまでもこんな対応をしているのか存じませんが、こんな動画を現代のYoutubeとかで公開してしまったら、一部の人は騒ぐんだろうなぁと。
それにしても、まだ生きているほとんど無傷の動物の対応は少し楽な部分があるのかも知れません。見た目だけでも。

自分も八年前の今頃に技術支援でアフリカの某国に伺っていました。
比較的治安の良いと言われていた国でした。それでも、入国前には幾度か予防接種を受けまして。一度では効果が少ないらしく、何度も痛い注射をされて。
現地でも蚊に刺されては危ないらしく、常に長袖。
はっきりいってこれが暑いのです。しかし、仕方なく。自分が免疫を持っていない何かに感染してしまうと症状が思いそうで。

先程見掛けたコンゴのニュース記事ではエボラ以外にもコロナも収まっていないらしく。
マスク文化があるのか分からない土地ですし、多くの庶民はマスクを買える収入も無さそうで。
それを入手できたとしても、あんなに暑い土地でマスクなんてかなりキツいだろうなぁと。

何年か前に読んだ記事で、エボラの対応でUNだかWHOだかの医師団が現地を訪れて対応に頑張られたそうです。
しかし、見慣れない肌の色の奴等がこの病気を持ち込んだに違いないと勘違いされて、襲撃されてしまったり。
慈善活動というのは、ある程度の教育が普及していないと理解してもらえないのかなぁと。

昨年、中東で慈善活動をされていた日本人が亡くなられたニュースがありました。乾いた土地に水路を作る活動で、既に十分な成果をあげていたハズなのに襲撃されてしまい。
医師だった中村哲さん、何よりも水が大切だとこの活動に励んでいたそうで。衛生面でも、最初に水が必要だと思われたそうです。
全くその通りだと思うのですが、水よりも教養よりも道徳観みたいなのが無いと、リスクが高過ぎるのかなぁとも。

自分もアフリカの某国での出張では危ない思いもしています。出張手当もロクに無く、リスクだらけの仕事でした。
好奇心的に、一生に一度はアフリカに行ってみてもいいかなとか、それが自費で無いのならとかな妙な好奇心もありましたが。
ただ、ヨーロッパでの過去の仕事で自分は元アフリカ移民の方にお世話になっていて。妙な偏見は無かったんです。
ミスター・エクソン、家庭想いの優しくて冗談好きないい奴でした。

色々綴り過ぎてしまい、結びの言葉がまたしても見つからず。
合衆国でも、コロナが未だ終息していないのに人種問題でのデモや破壊が収まらない状況だそうです。
その土地で暮らしてきたのなら、その土地なりの教育や道徳も身についていただろうになぁと。
理不尽な事件が発端だったので、黒人の方々を責めるつもりはありません。もう少し平和な解決方法は無いのかなぁと思うばかりです。
って考え自体、自分は甘いのかなぁと思ってしまったり。

ヒール役

昨日気になったニュースの一つが女子プロレスラーの他界でした。
この事件を知るまで全く存じない方だったのですが、出演されていた実録系の同居番組ではヒール役だったそうで。
その番組の放映後は本人のSNSアカウントが叩かれる場面も多かったそうで、本人もそれを気にしていたそうで。
どんな番組のどんなシーンだったのか観てみたところ、かなりのヒール役な演出でした。

作られた演出なのか、偶然生まれた実録なのか分かりませんが、その場に居たくない嫌な雰囲気は十分に伝わり。
リアリティを追求した番組との触れ込み、何処までフィクションなのかノンフィクションなのか謎。そして、十分に悪役だとは思えました。

菅井きんさんが生前にバラエティ番組で漏らしていたのですが、意地悪なお婆さんがハマリ役になってしまい、本人は覚悟もあったそうなのですけれど、娘さんの結婚に悪影響がありそうで心配だったと。
人によっては、ドラマの役が本人そのものと映ってしまうようで。
気持ちは分からなくも無いのですが、それとこれとは別でしょうという感覚が麻痺している人は世の中に居るんだなぁと。
別の役者さんも、プライベートの出先でお年寄りから怒られてしまったことがあったりだそうで。人気ドラマの悪役で意地悪が過ぎるとのお叱りだったそうで。
まぁ、お年寄りだから仕方ないと思われたかと。

今回他界された女性はそこまでの覚悟があったのか分かりません。その役が嫌だったら命を落とす前に辞めてしまえば良かったのにと思えたり。
だって、まだ若いのですし、他の生き方は無限にありそうで。そもそも本業はプロレスラーなのですから。
SNSで彼女をしつこく叩いた人達はアカウントをその後消したりだそうです。現時点ではこの人達が叩かれるターゲットだそうで。
負の連鎖としか言いようが無く。

メディアでヒール役の人に対しては、実は良い人だった的なフォローがあるべきかと思っています。
ブッチャーにしても、そんな面が知られていたから人気が絶えなかった記憶です。
上記の番組を自分は一部分しか観ていなく、何らかのフォロー的な場面はあったのかなぁ。

最近もコロナ関連の偏向報道が話題になったりしていました。識者の意見が本人の伝えたかった内容と真逆に編集されていたり。
本来まじめに取り組むべき番組でも、これではメディアに良心を期待するのは難しいのかなぁ。
世の中、根っからの悪人というのは実際に存在しますが、それは極僅かかと思っています。偽善者みたいなのは多いとも思えていますが(自分も偽善な面が全く無いとは言い切れず)。
SNSで本人に「死ね」と綴っていた人達は、思い通りになった後にどんな心境なのか聴いてみたいです。

こういった実録系の番組、製作側というか編集側はかなりの気遣いが無いと危険かも知れません。そこに視聴率を意識しただけの作為的な編集が加わったら、出演者は餌食でしかなく。
自分は基本的に平和主義ですし、争いごとは苦手です。それでも稀に怒ってしまうことはあります。積もり積もった後の怒りもあれば、人の道を外した言動に反射的な怒りもあったり。
そんな場面だけをクローズアップされてしまったら、自分も悪役になりかねずです。
最後に怒ったのは何年前だったかなぁ。

検事長の件

黒川検事長が賭け麻雀で退職に追い込まれた件、色々と考えさせられました。
自分は子供の頃に養父から麻雀を教わり、家族でそれを楽しむ場面が多く。実家で暮らしていた小学校高学年の頃から高校卒業までの間でした。
高校時代、街中で暮らす友人宅でもたまに楽しむ場面がありました。両親が旅行に出ているから、この週末集まらないかと?
徹夜の麻雀大会なのですが、お金を掛けたことは無くせいぜいジュース一本とか。

その場では煙草を吸う友人も居たり、みんなでお酒を呑んだり。
勿論それが校則に違反していたり、法律上も問題あったのは承知でしたが、誰かに迷惑を掛けるワケでも無く、大人達が気付いていたも特に注意されることも無く。
たぶん、大人達だって若い頃は少し羽目を外すことをしていたかと。
人様に迷惑を掛けないとか、常識の範囲内であればある程度目をつぶっていてくれたのだと思います。

そういった場に集まるのは、自分の場合学業も優秀な奴が何故か多かったです。
成績が悪いと親からも教師からも厳しめの対応が実際多かった感です。停学を喰らう様な生徒も同級生には居たりでしたが、そもそも成績の悪い生徒がほとんどでしたし、何だかチンピラ紛いの性格だったりで付き合う気持ちになれず。
逆に、成績が良いとそれだけで何故か信頼感を獲られたりで。ルール違反をしてもちょっとは大目に観てもらえたり。
まぁ、やることやってるんだからいいでしょ?的な流れでしょうか。

自分も、両親が外泊している時は友人を自宅に招いたりしていました。綴っていて思い出したのですが、高校時代は色んな友人の家に泊まりに行ったなぁと。
泊まりに行く友人も特に親からそれを咎められることも無く。
一晩共にすると、普段出来ない話も登場したり。やはりお酒も入るワケですが、信頼関係みたいなのが生まれて、そういったルール違反をチクる様な奴はおらず。

今回の検事長のニュース、続報では数年前から同じ面子で徹夜麻雀を毎月繰り返していたそうです。それもマスメディアの連中と。
マスメディアの連中というのは口が軽いのかどうかよく分かりません。情報を売る商売、新鮮な話題に飢えているイメージはあります。
そこで仲間を裏切るのかどうかは人間性に関わりそうで。
今回のリーク元が直接集まった面子によるものなのか、それを送迎した運転手なのか分かりませんが、度を越したのかなぁと。
あれだけ何年も繰り返していたら、口が軽くなくても漏れていた情報でしょうし。
新型インフルで色々と自粛の期間、定年延長が社会問題になっていた期間、そこへ法を一番意識しなければならない立場の徹夜な賭け麻雀。
世の中、グレーゾーンは多いですし掛け麻雀をする人も多いかと。ただ、タイミングが悪過ぎた感。
悪さをする連中を敢えて泳がし、一番不味いタイミングで捕まえられたというか、豚は太らしてから食えの手本というか。B級ドラマの様でもあり。

あと、自分が麻雀を最後に打ったのは既に二十年前です。
職場の方達と温泉旅行に行った晩のことでした。それもかなり久し振りの麻雀でしたが、牌を積む手は動きを覚えているものだなぁと。考えずに勝手に動いてくれて。
しかし、徹夜麻雀については、個人的にあまり好きではありませんでした。というのもお酒も煙草も頂きながら何時間も集中力が必要で。
翌日は抜け殻状況で、温泉に浸かっても疲れは抜けず、逆に体調を悪くしに来たようなもので。
あんなのを毎週末のように繰り返す人達というのは基本的にタフなのだと思いますが、身体には悪そうです。

しかし、黒川さん達はその場でマスクしていたのかな?妙な悪仲間同士なので、たぶんしていないと思いますが。
会見で「マスクはしていました」何て言い訳をしたら、それはそれで面白そうですが。

それと、安倍さんについて。
最近特にズタボロの政権、安倍さんについては自分ももう頼りにしていない心境です。本人もストレスを相当感じていそうです(自分は本来保守系なのですが)。
ここ数年の安倍さんですが、様々な問題の多くは側近や奥さんが発端で。任命責任を積み重ねたら、とても現職で居れないだろうなぁと。
あれだけ無理してリスク覚悟で挑んだ定年延長問題も、こんな幕引きで。
そして、政策も全て裏目に出た感で。アベノミクスもオリンピック招致もインバウンドも全て裏目で、新型コロナの対応を鈍らせた原因にも思えて。
まさかオリンピックの年にこんな伝染病が蔓延るなんて誰も想像していなかったとは思います。よほど運の悪い人なのかなぁとも思えたり。百年周期の伝染病と数十年周期のオリンピックが同時に重なるなんて。
周りが問題を起こさず、新型コロナも無かったら全て上手く行っていていたのかも知れず。
ただ、有事に弱い人だったんだなぁと気付かされたこの頃でもあります。
まぁこのドタバタな世情でいきなり首相交代は、それはそれで問題ありそうです。

陽性率

東京都が新型コロナウイルスの陽性率を公表しまして、7.5%とのこと。
ニュース記事のコメントを観たところ、鋭い指摘が多く。最近は記事そのものよりコメントの方が参考になるパターンが多く。
下手をすると、記事を綴った記者よりも専門性が高いのに分かりやすい解説なコメントだったり。

陽性率の算出方法は自分も気になりました。
例えば、既に陽性反応が出ていて入院中の患者は退院までに幾度もPCR検査を受診するそうです。2回続けて陰性反応になるまでは退院できないとかだったかな?
この人達を陽性率に含めた場合は分子を跳ね上げてしまうと思います。かといって無視すべき分母なのかも分からず。
初回受診だけの陽性率なら比較的意味がありそうですが、VIPクラスの方ですと症状も無い陰性なのに何度も受診していそうで。ただ、その間に本当に感染してしまい、10回目の検査で陽性だった場合とかあり得そうです。
じゃぁこの間の10回は陽性率としてカウントすべきなのか?というのも良いのかどうか分からず。こんな人をサンプルに入れたら、陽性率を下げるばかりでしょうし。

明確な算出方法、何処かに載っているのかな。都道府県単位でこの考え方が異なったら、多いとか少ないとか比較にならないと思えますし。
となると、国が決めるべきだよなぁとも。

緊急事態宣言延長

緊急事態宣言が一ヶ月ほど延長される見込みだそうです。まぁ仕方がない一面はあります。
ただ、この自粛期間でも干上がってしまいそうな個人、店舗、企業は既にありますし、何らかの補償があったとしても対応が遅れては支給前にやられてしまうだろうなぁと。

自分はこの二十年程保守寄りの人間です。ネット右翼だとは思っていませんが、学校で教わってこなかった歴史をある程度知ってから、あまり自虚的な歴史観では無くなりました。
それと、この二十年少々で海外に触れる場面が幾度かあり、訪問先では日本人だからという事で良い思いをした場面が幾度もあり。
そこで先人達の善行に感謝する機会が増えました。先人が悪い事ばかりしていたら、日本人だと言うだけで怪しまれたのだと思います。

あと、日本の首相が短期間で入れ替わる期間が十年以上続き。これは外交面でデメリットが大きかったと思います。第一に名前も覚えてもらえないでしょうし。国のトップ同士での信頼関係なんて築けるワケもないでしょうし。
誰でもグレーな部分はあるという前提で、ある程度は許してあげるくらいの気持ちが無いと長期政権は難しいのかなぁと。
ただ、現在の安倍政権については「ダメダコリャ」に近い感覚になってきました。身の回りの保守系な人も同様の様子です。
特に今般のウイルス騒動では全くと言っていい程後手々々で。平時であれば誰がトップを務めていても何とかなってしまうものです。企業にしても。
これが国難に近い状況で、この体たらくぶりはある面凄く。

様々な問題を抱えている中で、極端に大きな問題が発生した場合、それを解決するには何か一つくらい捨てないと何も解決しないと自分は思っています。
今回のウイルス騒動の場合は、「経済停滞」と「ウイルスの拡大収束に伴う自粛」の相反する二つの要素がともに大きな問題で。
戦国時代の戦で資金が足りない場面、借金を気にして増強出来なければ負けてしまうし、勝てないことには命も危ういみたいなストーリーがあったなぁと。

先日のトーク番組で、橋下さんがこんな状況を「ナメクジみたいな政治」と批評していました。まさしくその通りだよなぁとなかなか痛快で。
橋下さんは大阪の財政を健全化させた実績もお持ちで、説得力があります。
しかし、人としてはちょっと怖いよなぁと。友達にしたくないタイプですし、同僚にもこんなのが居たくないタイプでもあり。
苦労して這い上がったのは少し存じていますが、どうして、そんなイメージになってしまったのか自分でもハッキリしておらず。
今朝たまたま見掛けたニュース記事が上手く要約されていました。

良く言ってしまうと、結果を残せる人材だとは思います。ただ、人柄としては難しいよなぁと。
女性というのはお金持ちや権力のある人を好む傾向があったりです。全ての女性がそういうワケではないのも分かってはいますが。
自分からするとホリエモンも橋下さんと似たようなイメージですが、一部の女性からはウケが良かったり。
過去にサリン事件を起こした宗教団体の看板となっていた方は弁が立ち、見た目も悪くなかったのでニュースキャスターの女性さえ色目使いで。
どれも一緒なのかなぁと。ただ、動物の本能としては強い男はモテるというのが普通かと思います。

話が飛ぶのですが、自分もリタイア後にお金に余裕があったのなら豪華客船で世界一周とかしてみたかったです。出来るものなら足腰立つうちに。
あまりにも高齢になってしまうと旅行そのものが苦痛でしょうし、それがシルバー世代前のリタイアだったらさぞや幸せだろうなぁと。
足腰立たなくなったら、介護ホームで安住な暮らしも良いなぁとか。

皮肉なことに、今回のウイルス騒動ではどちらも最悪な事態を招いています。
クルーズ船は逃げ場の無い密閉空間で、介護ホームは崩壊寸前で。サービスを提供するスタッフ含めて生きるか死ぬかの状況で差別まで受けてしまったり。
世間的な平凡な暮らしとか、少し貧しいくらいの生活の方が、こういった場面で強かったり逞しかったりしそうでもあります。ポツンと一軒家系などは最強かも知れず。

現在の自分は全く自慢にならない状況ですけれど、かつての同僚や同級生とはソコソコ仲良く縁が続いています。
特に、調子の良くないときほど声掛けてくれる有難い存在でもありまして。
それを思うと、案外幸せだよなぁと。
だって、上記の様な方がコケた時はチヤホヤしていた連中とか、何かにあやかりたい連中は皆サッと消えてしまうでしょうし。これも動物の本能なのでしょうが、人には知性とか情とか諸々あったりで。
最後に残るのは何であろうかと、自粛延長を考えたりです。

新型コロナのもやもや(2)

新型コロナで日本は陽性率が高いそうです。特に東京は検査した人の四割が陽性反応を示したそうで。
これは陽性者なのに検査を受けていない人が多い意味だそうで。実際に海外に比べて検査数はかなり少ないそうで。
日本での検査数の少なさについては、結果的に病院での感染を減らせた面もあったのかなぁとも思えたりですが、

逆に新型コロナの死亡率が日本は低いというデータもあるそうです。
この理由は何だかよく分かっていないみたいです。医療側が頑張っている面も勿論あるのでしょうけれど、似たような民族で似たような社会である韓国の方が10倍近く高いそうで。
日本が何か優れているワケでは無く、ともかく理由がよく分からないそうです。
様々な対策をしてきた韓国が日本の様な対応をしていたら、更に死亡率が上がってしまうのかな?と思ってしまったり。

思いついた違いをあげると、食生活、気候、(有事では無く)普段の衛生概念や習慣、過去の予防接種、遺伝子くらいでしょうか。
でも、どれに違いがあるのかサッパリ分かりません。韓国と日本にそれほどの違いがあるとも思えませんし(台所に便器があるというのは大きな違いですが)。

上記の陽性率が高い件について、テレビ番組の出演者が持論を出したところ司会者に怒られた場面があったそうです。もっと勉強しろと。
しかし、怒ることも無いと思います。
だいたい、報道番組とかで専門家の意見に「そうだったんですか」と誰もが知っているにも関わらずあえて知らなかったフリする役は多く。それも毎回々々(お前はこの前も聞いていたのにまだ覚えていないのか?と思う人は居るのかな?)。
これは無知とか馬鹿では無くて、相手を立てたり意見を際立てたりする効果があるハズで。
「知らなかったぶり」とでもいうか。「知ったかぶり」よりは余程偉い立場とも思えるのですが。
逆に「そんな話は私でも知ってます」などと出演者皆が言い出したら、専門家の立場もあったものじゃなく。
そこには知らないフリする役とか、ぶっ飛んだ意見を言う役とかが居るべきで。
それに対して、必要以上に失礼な攻撃を加えるのは虐めに近いというか。

まぁ出来るものなら誰も知らないような新鮮な話題を出してくれた方が良いとは思います。