Facebook

Facebookが騒がしいとのニュースが。
内部告発されたそうで「フェイスブックの製品は、子どもたちに害を与え、分断を助長し、私たちの民主主義を弱体化させている」との内容。
世代的に自分にあまり関係の無い話ではあります。

個人的にはあのシステムに馴染めず、ここ半年以上Profileは閉じたままです。
興味が無いというより、観たくもない情報に溢れていて。
以前にも綴りましたが、プライベートの繋がりと仕事の繋がりがごちゃ混ぜになるのも好きになれず。
ハンドルネームが実名に置き換わった頃から、特に苦手になっていました。
実際、仕事で関わったちょっと危ない方からも色々と観られていたらしく。薄気味悪いなぁと。
自分は馬鹿げた記事も載せがちでしたし、それを公開範囲限定にしてしまっては何のための公開なのか分からず。

Facobookは当初大学内の仲間内だけのSNSだったそうです。その範囲がどんどん広がり急成長。
ここまで巨大化するまでには身内の裏切りも少なくなかったそうで、それは映画化された作品の中でも描かれていたらしく。
まぁ、急成長したIT系では何処でも有りがちな現象だと思いますが。
サイト立ち上げの切っ掛けは、学内で気になる異性の情報をもっと知りたい的な流れだった記憶です。そもそもの生い立ちから言って動機不純というか。

旭川の女子中学生が虐めに遭い亡くなられた事件では色々と考えさせられました。
親しい友人の娘さんが丁度その年代で。赤ん坊の頃から知っている娘さんです。
あの事件でもSNSの悪用が不幸を招いていた様子で。
自分の学生時代はスマホどころかインターネットさえも無く。現代の子供は便利なモノを最初から手に入れているなぁくらいに思っていたのですが。
実際のところは、ネット上のコミュニケーションと実生活のコミュニケーションとどちらも上手く生きていく必要があるらしく。大人でもそうなのでしょうけれど、どうにも子供の方が悪用しやすいらしく。
こういった事件や犯罪に発展してしまうような事態、それ未満なのは幾らでも潜んでいるらしく。
逆に、そんなモノが無く実生活のみだった自分達の若い頃の方が、よほど幸せだったかも知れずで。中学生の娘さんを抱えた友人とも、そんな意見で一致したりでした。
自分にその世代の子供が居たら、どう対処するんだろうとも考えてしまい。使わせないという手段もあるのでしょうが、たぶん仲間外れなんだろうなぁとか。

SNSのサービスの問題というよりは、使う側の問題でしか無いのでしょうけれど、Facebookに限らずそういった場を提供している側に対策は求められがちなんだろうなと。
特に義務教育の期間は一般的な公立校に通っていると、生徒達の個性の幅が相当広い感です。学業面でも生活面でも。
自分は校内暴力世代だったので、度を越したワルみたいなのも少なくなく。
そういった世界から抜け出すには、それなりの学業成績でそれなりの高校に進むしか方法は無いくらいに思っています。
それなりではない高校に通ってしまうと、更に酷い世界が待っていたりで。(ワルが集まる高校の混沌とした日々はかなり凄いそうで)
旭川の事件に対しては、そんな中学校など通わなくとも卒業はさせてくれるだろうから、家でしっかり勉強してほしかったです。いまは時間稼ぎ出来るだけで十分だと。それを伝えられる大人は周りに居なかったのかな。

Facebookの文句を綴りすぎてしまったのですが、メリットも若干はありました。
音信不通になってしまった級友を何人か見つけられて。流石は会員数をこれだけ抱えたSNSだと。
それくらいでしょうか。
自分はTwitterの方が性に合っていそうです。互いに何処の誰だか分からない場の方が気楽でして。フォローし合うのは面識のある方だけにしていますが。
長ったらしいのはこっちに書けば良いのですし。

愛媛の事件

愛媛で三人が殺害された事件、またしても被害妄想な方による犯行だったらしく。
数年前に淡路島で五人が殺害された事件と流れは一緒で。
メンタルに問題を抱えて被害妄想、その後に見当違いな相手を加害者扱いして殺害という流れ。その間には十分に危険な予兆があったのに、行政も警察も形式的な対応しか取れず。

近年、そんな事件が多過ぎです。幾つもの煽り運転で捕まった犯人も「つけまわされている」との被害妄想だったりで。
本当に悪事を働いている相手であれば成敗したら情状酌量の余地もありそうなのですが、それよりもメンタルに問題を抱えて罪もない人を傷つける犯人の方が軽い刑というのは、何とも矛盾で。
江戸時代の仇討ちは、罪にならなかった例もあるようですし、気がふれて何しでかすか分からない人への対応も現代より迅速だったかもしれず。世の中複雑になりすぎたのか。

SNS上で被害妄想を抱える方の見分けはつきやすく、電磁波攻撃といった独特のキーワードを使いがちで。
攻撃を疑う相手への根拠も示しているのですが、普通の人にはその接点が理解不能というか、思い込みでしかなく。

被害妄想から被害に遭っている方の意見もSNS上で稀に。疑われてしまった方は、執拗な嫌がらせを受けてしまいがちで、簡単には解放されない傾向でした。
被害妄想側も警察に訴えに行くことは多いそうなのですが、説明が支離滅裂で途中から相手にされなくなるパターンが多いそうです。対して、被害妄想から被害に遭っている人は論理的な説明が出来ているので相手にはされるのですが、その場しのぎな対応がほとんどらしく。
「次に大きな事件があれば対応する」的な状況が続くそうで。冒頭の二つの事件は最悪の「次」という結果で。

家族が対応した残念な事件もあったりです。
元農水事務次官長男殺害事件」は次に何しでかすか分からない息子を親が殺めた事件で。周りに被害が及ぶ前に親が罪を背負い。
長女10年監禁死事件」は統合失調症の娘を監禁し続けた結果死に至った事件。家族として周りに迷惑を掛けたくない思いはあったのかと。最近判決が出た事件でして、ニュースのコメント欄では親が責められる意見が多かったです。
精神に問題があったとしても、攻撃性が乏しかったらこうならなかったのかと思います。後者の事件を検索したところ、昔は精神病院やそれに類する施設が無かったそうで、こういった障害を抱えた人は親が責任持って監禁する必要があり、逆にそれが出来ていないと罰せられたりも。
現代は核家族化も進み、家族の目が行き届かない場面で事件化してしまったり、家族の絆が薄く見放されてしまう例も。

最近、そういった障害者を見掛けなくなった気もします。見掛けるにしても攻撃性の無い方がほとんどで。
子供の頃はそれなりに見掛ました。思い出したのですが、毎日のようにデコチャリで爆走する年上らしき若者が。引っ越し先で遭遇したので、どうしてそうなったのか友人に聞いてみると、幼少期に高熱で脳に障害が残ったらしく。過去には彼をからかった子供が包丁を振り回し追いかけられた事件もあったそうです。
ご兄弟は学業優秀で、立派な大学に進んでいたとも聴いています。幼少期の不幸が無ければ色々と違ったんだろうなぁと。

次に大きな事件を起こさなければ具体的な対応が取れない警察や自治体が実際に多いそうで。人権が絡んでいたり、法律で減刑されやすい傾向が、後手々々な対応に拍車をかけているらしく。
こうなると、法律自体が変わらないと同様の事件が今後も続くばかりかと。

被害妄想の中でも、加害者扱いされるのは某宗教団体が圧倒的に多そうです。ストーカーの集団扱いだそうで。
しかし、加害者扱いされるのが個人や家族だった場合、今回の様な事件に繋がってしまう様で。
加害者扱いの明確な対象が無いパターンは通りすがりの人を襲うことも。
その宗教団体を擁護するつもりはありませんが、被害妄想からの誤解や恨みを一手に引き受けている様な状況で結果的に均衡も保たれてい様子で。この団体がもし存在しなかったら、どんな団体が次に疑われたのだか。

ちょっとタブーな話題ですので、公開すべきか数日迷えた記事でした。
こういった記事を綴ると、炎上する危険があるのも分かっているので、短期間で消すかも知れません。
被害妄想の方が本気でそう信じているのも分かっているのですが、ほとんどの場合は通院を極端に拒む傾向らしく。自然治癒はほとんど望めないのに。
その辺の垣根というか敷居というかが変わるだけでも、流れも結果も大きく変わるのかなぁと。
認知症の一部の方もそうなのですが、他人を疑う前に自分を疑うスタンスがあるだけで周囲の理解も得やすく、助けてくれる人も嫌な思いせずに済み。

見えない壁

東京の一人暮らし未婚男女の間に立ちふさがる「見えない万里の長城」という壁』という記事に目が留まる。
記事に掲載された写真は美女の背景に柴又駅でして。どんな壁なのかと。

記事を要約すると、お金持ちの独身女性は港区や世田谷区といった家賃の高い地域に多く、貧乏な独身男性は江戸川区や葛飾区といった家賃の安い地域に多いから、男女の出逢いの機会が少ないといった内容でした。
他にも、低年収の男性ほど、高年収の女性ほどそれぞれ未婚率が高いそうで。
なるほどなぁとは思えました。

逆説的には女性が江戸川区や葛飾区で暮らしたらモテる可能性も上がると思われます。
あと、記事では家賃ベースでの比較をしていますが、持ち家ベースでは別の意味も持ちそうです。
購入可能な家というのは現実面でけっこうシビアです。生涯賃貸生活ですと、収入や貯蓄の限られた老後は生活面で苦労しそうです。
その辺、家賃の安い地域は販売されている家も安く。高い家賃な地域で生涯暮らすよりも、安い家を買った方が得策とも思えるのですが。
中には背伸びして家賃の高い地域で暮らす人も少なくないかと。しかし、それでは貯蓄が増え難いかと。

自分は恐らくこの先も独身のままだろうと四十代で悟り、一人暮らしに十分な間取りの中古マンションを10年ローンで購入しています。一般的な定年退職前に完済出来るので、その後は楽も出来そうです。
子育てが終えた夫婦が突然離婚してしまい、残った広い家の処分に困る例もあったりで。慰謝料として女性が家を貰える例も少なくないのですが、持て余し気味で。
ちなみに、柴又周辺は緑も多く、ちょっとした観光地でもあり、週末を地元で過ごすには飽きの来ない地域でもあります。これは老後の楽しみでもあり。

しかし、表紙の写真は何が言いたかったんだろう。
葛飾区の象徴でもある柴又に美女が居ないワケでは無いのになぁ。

野菜が高い

ニュースでは知っていたものの、秋だというのに本当に野菜が高く。
まず、近くの八百屋さんで百円だったものの、茄子が二本で百円。スーパーは更に高く。
なんじゃこりゃ。

庶民向けの魚も高いし、残念極まりなく。
秋の味覚は安くて美味しいハズなのに。
どうゆうこっちゃ。

と、夏の天候が良くなかったのは存じております。
庭のヒマワリは今年も順調に咲いてくれていたというのに。

最近思い出した歌がありました。
夏の終わりの高校の学校祭で、二人組の女性がギターを携え歌ったフォークソング。
派手なバンド演奏が前後に多かった中、しんみりとしたステージ。これが妙に響いてしまい。
聴衆も感動してしまったのか「〇〇ちゃーん!」と間に声援も。普段あまり目立たなかった二人、高校最後の夏に何か伝えたかったんだろうなぁと。
サビの「いつまでも、変わらずにいてほしい」が今でも耳に残り。
検索したところ、南こうせつさんの「海と君と愛の唄」でした。
野菜も魚も変わらずにいてほしいで、ただいまBGM中です。

カップヌードル

昨夜の経済番組系なドキュメントで、カップヌードルやチキンラーメンを開発した会社が特集されていました。
現在の社長は自分よりも若い三代目。
そういえば、数年前の朝ドラで創業者が題材になっていたなぁと、Wikiの記事をちゃんと読んでみることに。

仕事も生活も激動の時代の荒波に揉まれた創業者。
どん底でも諦めない姿勢は、飽きられない商品を生んだアイデアマンとしても賞賛すべきでした。
しかし、晩年まで悩ませた過去の生活があったらしく。

妾(めかけ)という言葉は現代でほぼ死語だと思います。
夫である立場ながらも浮気相手の女性な立場とでもいうか。
土地取引の仕事に関わっていた頃、一回り以上離れた上司が「あれは妾の名義で」という表現を使っていました。現代でも妾という立場はまだ存在しているようですが、パートナーは基本的に大金持ちで。
しかし、昭和の終わり頃までは単なるスケベ心な普通の人でも、そんな関りはあったのかと。映画「鬼畜」辺りは、当時自分の暮らしていた地域が映像にも刻まれており、残念なストーリーであったものの他人事では無さそうで。
これを綴りつつ「鬼畜」の原作を調べたところ、作者は松本清張だと初めて知り。1957年に文芸春秋に掲載されたけっこう古い作品だったそうで。映画はその20年後の世情に併せたストーリーらしく。
映画の生活圏は小江戸川越近辺。都心からちょっと離れている環境や、古くからの文化や、小市民のちょっとした贅沢や羽目外しに相応しい立地というか。
映画の終盤に若い婦警役で登場した大竹しのぶさん、自分は大好きでした。なんて優しいお姉さんなのだか。聖母の域まで世を知らぬ若さながら、母性本能は持って生まれたものなのか。
結婚前の大竹しのぶさんが何かの番組で語っていましたが、ご本人の父親は優秀な大学を卒業していたものの、極貧生活を続けていたらしく。子供の頃は川越より更に奥まった毛呂山で生活していたとも。

台湾出身の創業者の隠し子が台湾で暮らしているそうです。
過去には幾度も創業者に無心を要求した娘さん。
当初は台湾国内でも同情を得ていたそうですが、寄生虫の様な生き方しか出来なかった晩年らしく、現在はホームレスだそうで。
創業者の葬儀にも遥々台湾から駆け付けたそうです。しかし、既に出入り禁止の立場。
警備員達に囲まれた中、参列は適ったそうなのですが。
詳しい記事は『「まんぷく」が描かなかった「台湾の娘」と詐欺師に狙われた1400万円の遺産相続』にて。なかなか考えさせられる劇画に近く。

月の裏側というのは宇宙船にでも乗らない限り拝められないもので。
実体験無き人が、知らない現実を語れる人というのは、相当な予備知識と社会への強いメッセージを抱いていそうです。

上記に登場した松本清張さんの作品で「砂の器」も考えさせられた映画でした。若かりし頃の森田健作さんが演じた刑事の純潔さとか熱意とか、テレビ放映の青春ドラマ以外でも伝わる作品で。
理由は不明ですが、「鬼畜」に登場した緒形拳さんがここではとても親切な駐在さん役だったり、「子育てごっこ」に登場した加藤剛さんが過去を捨てたい著名人役だったり、ハンセン病だった父親役も「子育てごっこ」で扱いに困る老人役の加藤嘉さんだったり。
見た目の雰囲気が醸し出す何かが、癖のある役を説明不要で語っていた部分はあるとも思えます。
松本清張さんの作品は推理系が多い様なのですが、文字をまともに読んだことがないので、生きているうちにちゃんと経験しておきたく。

現実はドラマより複雑な感。
どうしてそうなってしまったのか、なんて二時間枠では表現しきれずなのでしょうけれど。
まぁ、そんな面倒臭い現実よりも、コンビニで買った熱いカップヌードルと冷えたおむすびの相性は抜群だと時々思います。
寒い季節に単純明快な実体験です。

経歴詐称

皇室の結婚関連、相手の男性K氏にまたきな臭いニュース記事が。
NYCで就職予定だそうですが、何社かに送った履歴書で経歴詐称があったそうで。
新卒枠といった日本の就職事情と合衆国は色々と異なるものの、経歴詐称は特にお堅い仕事で問題になり得そうです。
弁護士試験の合格発表もまだですし、その前にこんな疑惑が出てしまっては合格出来たハズの成績で不合格とかあり得るのかな。

夫婦揃って合衆国に留学していた友人の話では、貧乏人でも向学心のある人は高卒後に仕事に就いてお金を貯めてから大学に入るパターンも多いそうです。また、途中で学費が捻出出来なくなると休学も少なくないそうで。
結果的に三十代の大学生も少なくないそうで。
過去に観たB級映画で、合衆国で医師を目指す学生達のドラマティックなストーリーがあったのですが、あの作品の中でもバックボーンの異なる学生達の奮闘が魅力的でした。中には結婚後の入学で妊娠中の女性も登場したり。
貧乏人はお金を借りて進学するのではなく、自分で稼いでから進学するパターンが向こうでは珍しくなさそうで。この辺の事情も日本とは大きく異なる様です。
上記の友人夫婦も仕事で稼いだお金をベースにした留学で、当時三十歳くらいでした。
自分は大学へ働きながら通ったクチでしたが、自力で何とかした自信は残りましたし、相手によってはそれを認めてくれたこともありました。

K氏については、その辺で借金だらけの様子です。
大学時代の親名義の借金は返済されずに問題になっていますし、現在の留学費についても元の勤務先からの借金だと今日のニュース記事で目にしています。(真偽不明ですが)
まして、NYC暮らしですとそれだけでもけっこうな生活費かと。北大を卒業後に東大の院経由で研究者になった友人は、国のお金でコロンビア大学に通わせてもらっていました。
コロンビア大学は世界トップクラスの頭脳が集まる学校だそうで、所在はNYC。後から知ってちょっと驚きでした。自分は無知だったので、合衆国の片田舎の大学かと誤解していまして。
ともかく、学力面は本人の能力としても、私費での留学は難しかったかと思います。
本当に優秀であれば、正々堂々とそういった国費での留学といったルートもあるのでしょうし、ともかく三十にもなろうというのに何も実績が無いのは残念です。普通の一般人なら別ですけれど。
優秀だった友人については高校時代から英語が武器で、大学院時代の研究テーマと成果が斬新だった様です。K氏についても英語は武器になったでしょうし、しっかりしたテーマを持った研究者にでもなっていたら、こんなことにならずに済んだのかなぁと。

今日の経歴詐称ニュースで思い出したのですが、ショーンKという人が嘗て居たなぁと。
小室K氏も似たようなもんで。
ショーンK氏については、テレビやラジオで能力を発揮出来る人でした。そういった仕事を掴む為の経歴詐称だったかと思われますが、何処かの時点で本人から告白していたら、結果は大きく異なったかとも思っています。既に十分な実績を残していたのですし。
きっと、本人もバレたときの不安を抱えていたと思います。炎上後にCMやテレビ出演は一切無くなり、ラジオ番組で最後に謝罪の放送を耳にしたのですが、偽りでは無さそうな懺悔を涙声で。
もう一人のK氏については、リアルタイムで新たな問題を起こしているらしきで、既に救いようが無いというか。上塗りが必要な嘘では無いのですし。
こんなの、一般人同士の結婚さえあり得ないと思えてしまい。

自分はどうかというと、転職歴がやたら多く逆にこれが全く自慢にならず。
はっきり言って、履歴書の行を割愛したいくらいです。
以前の職場でその話題になりました。「そんなのテキトーに書いちゃえばいいのに」とまで言われてしまい。
しかし、バレたら大変という臆病さがそれをさせずでして。
まぁ、こういった部分は残念であっても馬鹿正直くらいの方が良いと思っていますし、それを認めてくれる組織と縁を持ちたい気持ちもあります。

闘うオバちゃん

自宅の庭先には元々水路だった暗渠な歩道があります。
毎朝早くからこの歩道を箒で清掃してくれるオバちゃんが近くで暮らしています。
時々話し相手にもなってくれるオバちゃんは、いつも笑顔で健康的。
しかし、怒らせると怖いようです。

特に路上に犬の糞が放置されていた場合は手作りの抗議看板まで貼られたり。
そんな活動も功をなしてか、路上にそういったものが放置されるケースは少なく。
しかし、本日のこと巨大な犬の糞が歩道のポールの足元に。

これは猫には作れない大きさで、犬の仕業で間違いなさそうです。
そして、野良犬など居ない地域ですし、飼い主の責任放棄だろうなぁと。
糞の横にはチョークで抗議の文字が。
過去の流れも含めて、オバちゃんによる抗議だと思われます。

自分も犬や猫を飼ってみたいのですが、第一に一人暮らしでこの先の仕事によっては数日帰ってこれないことも考えられ。
他にも、最後まで面倒見切れる自信が無く。
あとは何より、犬の場合は散歩途中の糞の処理が面倒で。

自分の子供の頃は路上など犬の糞だらけでしたし、野良犬は何処にでも居ました。
誰の仕業だかわかるワケも無く、たまに踏んでは嫌な思いをしたものの、それは踏んだ側の注意力の無さくらいにしか思っていませんでした。
この四十年で世の中色々と変わった一つは、犬の糞害が劇的に減ったとか野良犬が居なくなったとか辺りかと。

また、当時は始末に困った子猫や子犬達が段ボール箱で軒先に置かれているのも珍しくなく。
これが可愛くて可愛くて、小学校の帰り道で幾度も拾って帰ってきてしまい。
連れ帰ると母には当然怒られて、兄達が元の場所に戻しに行く毎度の流れ。
辛い仕事を兄達にさせてしまい、物心ついてからは申し訳なかったと思っています。
全く馬鹿だなぁケースケは。

ちなみに、昨日のニュースで喋るカモの話題がちょっと面白かったです。
「お前はとんでもない馬鹿だ」と喋ったそうです。