味覚と嗅覚

新型コロナウイルスの自覚症状の一つに味覚と嗅覚が衰えるというのがあるそうで。
過去に自分もインフルエンザで似たような症状があったりでした。もっとも、高熱の方が辛かったですけれど。

そういえば、Stevie Wonderも一時期味覚と嗅覚が無かったと聞いています。
視力も無く、味覚も嗅覚も無い世界というのがどんなものなのか、想像もつかずです。
ただ、あの方の天才肌な音楽性はそういった障害があったから生まれたのかなぁとも思っていたりです(ちと語弊があるかも知れませんが)。
実際、視力の無い方の聴覚は凄い能力を発揮しているらしく。どっちの方向から音が鳴ったのかとか研ぎ澄まされるのか。

十年以上前に、Stevieは人口視力の手術を受けるとかの記事を何かで読んでいます。その後の続報を見掛けておらず、どうなったのかなぁとも気になっており。
某所にも最近綴ったのですが、Never in your sunという曲の歌詞が自分は大好きで。
ちょっと落ち込んでいる時に公園で見掛けた天使のような女性に励まされる歌詞、曲の終わりではそんな奴を見掛けたら同じように励ましてやれって流れで。
この歌詞の中で、天使の様な女性の姿がまた美しく形容されていて。眼が観えないのに、どうやってこの表現を?と。

新型コロナ、自覚症状が無いパターンもあるそうなのですが、この味覚と嗅覚の症状は分かり易くていいですよネ。
とりあえず自分は何でも美味しく食べられて幸せだなぁとそのニュースで思ったり。人間の欲求で食欲は外せませんし。
ここしばらく、自炊も美味しく出来ていて幸せです。

これまで、カレーを作るにしても隠し味とか色々試しがちだったのですが、最近はどんどんシンプルになってきていて。
結果的にその方が飽きない味付けに繋がったり、素材本来の美味しさが伝わったり。
食パンを焼いてバターを塗っただけなのに、こんなに美味しかったんだなぁと思えて、そこからシンプル路線になっています。
この週末の二日間、東京は外出自粛状況ですので、料理を楽しむのも悪く無さそうです。
今夜作ったカレー、明日には美味しくなっていそうですし、スパゲティ用のミートソースも作りかけな状況です。
テーブルも綺麗に片付けられたら更に演出出来そうなのですが、これが溜め込んだ食材で溢れていて。
明日はそこから片付けようかな。
何だかタイトルと掛け離れた話題になってしまいました。

志村けんさん

新型コロナに志村けんさんが感染していたそうで、ちと驚きでした。
自分が川越で暮らしていた小学生の頃、出来上がったばかりの所沢球場で幾度か志村さんをお見掛けしたことがありました。
西部ファンだったのかどうかは知りませんが、近くにお住まいだったのか球場に足を運ぶ機会が多かったようです。
自分は安い外野席で、志村さんはもっと上等なシートだったので取材を受ける姿を遠目に観ていました。うろ覚えなのですが、大きなスクリーンにその姿が映っていて、あの辺りに座っているのかな?と(大きなスクリーンがそんな昔にあったのか記憶違いもありそうですが)。

自分は高校受験の頃からほとんどテレビを観なくなってしまい、その後に登場した芸能人については恐ろしく疎いです。
志村さんについての情報も新聞記事とかでたまに知れた程度です。
朝日新聞の記事だったかで三十年くらい前に面白いのがありました。米軍基地で働く方々は日本語が分からない方も多いそうで、日本で人気のある北野武さんはトークベースだったので何が面白いのかよく分からないと。
それに対して志村さんは身体を張った芸が多かったので、それだけで面白かったそうです。基地の外国人の方々にとっても知名度抜群な日本人だったそうで。
志村さんが何処かで外国人の方とすれ違った際、その方から感激の握手を求められ、着ていた立派な革ジャンをプレゼントされたりもあったそうで。
自分からするとエディ・マーフィさんも似たような感じです。本来はトークが面白いらしいのですが英語では何を言っているのかサッパリ分からず。

映画「鉄道員」での志村さんの演技も印象に残っています。
暴れる飲んだくれ役で登場していたのですが、迫真に迫る演技で。俳優としても凄い実力を持っているんだなぁと。
妙な事件もあったなぁと。志村けんさんと同姓同名の訃報が以前にあったそうで、本人死亡説も一時期話題になり。
今回のコロナ感染は本当らしく、ともかく早く良くなってほしいところです。
自分も歳を食ってしまいましたが、あの方ももうあんな歳なんだなぁと思いつつ。

模範的回答

何かの資格試験や受験では別ですが、自分は敢えて模範的回答を避ける傾向があります。
だって、誰でも思いつくような回答よりも発想力を試したくもあり。
勿論、多くの場合は模範的回答も浮かぶのですが、たぶん周りは誰もそんなのを期待していないでしょうし。
勿論、天然ボケも多いのは認めますが。

本日、お昼頃に観ていたテレビ番組でちと不愉快になる場面がありました。
自分は坂上忍さんのキャラクターが苦手で、出演される番組はなるべく避けています。しかし、野々村真さんがたまたま出演されていたのでそのまま観ていたところ、以下の様なやり取りが。

やはり、観るんじゃ無かったと後悔。
過去にも政府は景気対策でお金を国民に支給したことがあったりでしたが、子供がいる家庭とか高齢者とかが対象だった記憶で。自分には何の恩恵も無く。
自分も何か頂いたのかも知れませんが、記憶に残らない程の少額だったのか。
今回も一万二千円とか噂されていますが自分が対象になるのかも分かりませんし、中途半端な額を頂くよりはマスクを頂けた方が幸せな現状です。
まぁ、何処にも無いという現実で支給したくても出来ないでしょうけれど。

いま一番足りていない物という点では「マスク」は大当たりな回答ですし、それに対して「ぶっ飛ばそうと思った」なんて酷い司会者だと思うんです。
どうにも子供の虐めの現場を目撃してしまった様な後味の悪さ。
Twitterでは野々村さんを馬鹿にする意見と、坂上さんを批難する意見に分かれていた感じです。

高校時代、現代社会の授業で教師が生徒に尋ねた場面がありました。
「社会を平和にするにはどうすれば良いでしょうか?」
これに対して自分がツボにハマった同級生の回答は「鳩を飛ばす」でした。それも真顔でボソっと。
人によっては「何それ?」な回答でしょうし、何が可笑しいのか分からないかも知れませんが、自分はかなりウケてしまい。

普段のお付き合い

出来の悪い奴でも、人柄が良ければイザって時に助けられたりするもので。
出来の良い奴でも、人柄が悪ければその逆もあったりで。
普段は喧嘩腰。それも何世代も前のイザコザを引き合いにだされてばかりで。その癖、イザとなったら助けを求めてきてばかり。
これが繰り返されていては、相手にされなくなっても無理無いかと思います。

上記は人に例えた話なのですが、現在の隣国の金融が救いようのない状況の様子です。
新型コロナの影響で、日本も含めた世界の国々が株安な状況です。しかし、通貨については国によって状況が異なる様です。
株については基本的に高ければ良いものとも思えます。ただ、通貨については高過ぎでも安過ぎでも問題が発生するらしく。
高過ぎると輸出で不利ですし、安過ぎると輸入で不利ですし。特に安過ぎるとドルや円といった国際通貨が足りなくなり、最悪国家破綻。その国の通貨が信用を失うことで。
現在の隣国はこの国際通貨が足りなくなり、為替のコントロールが出来なくなりつつある様子です。自国の通貨が紙切れになる恐れですと、庶民も国際通貨を求めたりで歯止めが掛からなくなるかもで。
株価の値動きが庶民の生活に直接影響することは自分の経験上少ないかと思っています。対して通貨の値動きは生活に直面しやすいかと。

普段の行いが良ければIMF(国際通貨基金)が助け舟を出してくれたりもあるようですが、過去に二度もそのお世話になっておきながら約束を守れなかったせいで、それすらも頼れない状況らしく(真偽不明ですが、これによりデフォルトも出来ない状況らしく。そもそも借りれないのだから債務不履行も存在しないということなのかな?)。
国際的な補償を得られないとなると、仲の良い国から外貨を貸してもらうしか無いのですけれど、日本からもアメリカからも既に見放されている状況だそうです。

過去に色々あったとしても、大人の関係が保たれるのは大切なのかなぁと。
日本と中国の間でも諸問題はありますが、互いの文化を尊重したり評価し合える点はしっかりありますし、新型コロナの初動では日本から大量のマスクを送ったり、ちゃんとしたお礼を頂けたりで、何らかの信頼関係はまだ失われていない様子でした。特に困ったときに助け合えて。
これに対して、もう一つの隣国は日本の国家危機でもあった大震災やそれに伴う原発事故で傷口に塩を塗るような対応ばかりで。
イザという場面で、本性が表れるってあるかと思います。

株価も為替も今後どうなるのかなんて、自分も分かりません。それを綴ってしまうと1/2の確率で外れるだけにも思っています。
ただ、隣国は切羽詰まっている様子です。どうなるんだろう。

日本と隣国では個人レベルの繋がりで信頼関係も勿論あったりです。全ての国民が信頼出来ないわけでは勿論無いと思います。あくまでも国の纏め役の問題かと思っています。

追記:
今夜のこと、FRBからまとまったドルを借りれたそうで、落ち着いた様子です(一時的なのかは謎)。
問題の先送りなだけとも思えますが、半年後にはコロナ騒動も落ち着いている可能性があるので、意味はありそうですネ。
ドルとウォンのFX取引が出来るのか存じませんが、これなら勝てそうで取引に乗るのはやはり恐ろしいなぁと。

株価下落

新型コロナ関連で、株価が急落しているそうです。日本だけでなく世界的に。
自分は株の世界からもう五年以上遠ざかっています。最後に取引したのはアベノミクスで株価が上昇している最中でした。
これが、年金機構の強力な売り圧力に屈しまして、結果的に損をしまして。
あの売り圧力は半端なく、最初はその原因が何なのか不明で。それを知って唖然としたというか。
日経平均の底値を支えたのも年金機構であったのですが、その後の大幅な上昇で保有資産の株が占める割合が上がり過ぎてしまったそうです。それを減らす為の売りだったそうで。
しかし、売り出した量が半端なく、一種の暴落を招いてしまい。
どうにも解せない理由でした。

いずれにしても、負けを認めない投資家はもっと大きな負けをすると思っているので、当面株取引はしないことに決めまして。
その後にビットコインでも痛い目に遭っています。数年経ってからの投資の一種でしたが、何だか自分にはもうセンスが無いのだろうで、投資の類はしばらくやらないことに決めました。
ただ、過去の投資ではけっこう儲けさせて頂けたので、トータルでは十分にプラスなのですけれど。
あれは、サラリーマンをやりながらですと値動きが気になって仕方が無いですし、もし今後再開するにしても、気にならない範囲の額な運用となりそうです。

現在の株価下落も凄まじい状況です。
新型コロナの影響で経済が下降路線らしく、それによる下落だそうです。年末年始には新年の景気予想みたいなのがテレビ番組でも多いですが、今回の新型コロナ要因は全く想定外だったでしょね。
新型コロナが長引く分だけ株価の下降が続くのか。だとしたら、早めの終息を願うばかりです。
しかし、こういったタイミングでマスクメーカーとかは特需だったりしそうです。試しにユニ・チャームと日経平均の株価推移を見比べたところ、二月のユニ・チャームは一時期上昇していた様子です。しかし、今回の全面安の展開に結果的に呑み込まれた様子です。

ライブドアショック等過去の経験でいうと、大暴落が始まっても比較的早い段階でリバウンドが待っていたものでした。結果論からいうと、そのタイミングが逃げ時で。
今回も大暴落の翌日に値を戻した一日がありました。今後、このまま下落路線が続くのかは分かりませんが、結果がどうなるのか見物だと思っています。

(売り圧力が強過ぎる)ストップ安続きで逃げるに逃げれないロック状態を自分は経験したことが無く。その前に逃げれたことは幾度かありました。
例えとして相応しく無いかもしれませんが、今回の新型コロナで街からマスクやトイレットペーパーが品切れになった際も、その直前に何とか入手出来ていて。
一度品切れになると奪い合いで、店頭に普段通りに商品が並ぶまでは時間が掛かるだろうなぁと。例え供給量が十分でも需要が強過ぎなので。
株式投資をしていたお陰で、そういった眼力が少し鍛えられたのはあったかも知れません。前触れに敏感になったというか。
特にトイレットペーパーは沢山ストックしても場所を取るだけなので備蓄量も(普通なら)高が知れていそうで。ただ、使い捨てマスクは場所を取らないので、人によっては今後とんでもない量をストックする人が出てきそうでもあり(転売目的でなかったとしても)。
今思えば、自分もマスクは一年分くらいストックしておくべきだったなぁと。

ともかく、このタイミングで投資をされている方は生活面や仕事面以外でも気苦労多そうです。休むも投資と思っています。

イタリアが大変そうだ

ここ数日のニュースを観る限り、新型コロナでイタリアが大変な状況らしく。
全土で移動制限、医療機関がパンク、医療の一部で年齢制限(?)、食料品等の買い溜め。
感染者数が跳ね上がっているというのは、新型コロナの検査が出来ているからという面もありそうですが、結果的に医療関係者も多数感染してしまったそうで。
感染者が分かったところで受け入れ先も無く。

ここまで、検査すらロクに出来ていなかった日本の体制を自分は批判的に思っていたのですが、日本政府なりのやり方も大間違いではなかったようだなぁと思い始めています。バランスを意識していた面はあったと思います。
PCR法という検査方法の精度は完璧では無いそうですし(ソースがハッキリしないのですが、良くて六割の精度とも)、重症でも無いのに手間暇かけて検査するほどでも無さそうらしく。
勿論、流行でも何でもない平時であれば重症化する前に受診すべきでしょうけれど、現時点でそれをやったら大変なことになるんだなぁと。イタリアがその例っぽく。

重傷者が大量に発生してしまった場合に、医療でも優先順位があるそうです。「トリアージ」だったか。ほぼ最悪の事態。
秋葉原の通り魔事件や津久井の障碍者施設での事件といった場面でも、トリアージな話題があったりでした。
一気に対応出来ない患者数に対しての優先順位、助かる見込みの無い人は優先順位が低くなったりもあるそうで。
「ミラノでは気管挿管は60歳以下を優先する」とのTweetも見掛けています。これは真偽不明の情報ですが、あり得ない話でも無く。若い方を優先するのは仕方なく。
最悪の場面で何処かで線引きは必要なのかも知れません。年齢にしても。自分は60までにあと10年切っているんだなぁとか。

イタリアでも地域封鎖が数日前にあったそうですが、結果的に感染率の高かった地域から脱出した方が多かったそうです。
なので、地域封鎖というのも結果的にウイルスを他地域にばら撒く流れに繋がったとも。
中途半端にやってしまうと、どうにも本末転倒になるのかなぁと。
ここら辺のことを綴ると無駄に長文になってしまいそうですので、話をちと逸らします。

お隣の一軒家のお婆ちゃんはとても物腰柔らかで、知的なのにいつもニコニコ親切で。自分が引っ越してきたときに図書券を持って挨拶に伺い、その年の暮れには庭で実った柚子を頂けたり。
時々ピアノの音も響いてくる一軒家、正しい演奏の先生風な演奏もあれば、何度もおぼつか無いフレーズが響いてきたり。
自分と同世代の娘さんが近くにお住まいで、その旦那さんはイタリアで仕事をしているらしく、年に幾度か数週間帰国していて。
大きな単車や一眼レフのカメラも趣味らしき旦那さん、この方はイタリアで無事にされているのか気になったり。

自分も嘗てVespaにハマっていたので、イタリアの工業製品には魅力を感じています。お金が有り余っているのでしたら、四輪のスポーツカーにも乗ってみたいくらいでした。
イタリアは工業製品に限らず、映画も美しかったり。
しかし、敗戦後のムッソリーニは逆さ吊りでさらされたり、ちと恐ろしい面もあったりで。
冷静さを失わないでほしいなぁと。

たまにはスパゲティでも茹でるかな。
挽肉が安かったら決まりです。トマト缶はまだあったハズ。

柴又からトイレットペーパーが消えた

新型コロナウイルス関連で、マスク不足の次の現象はトイレットペーパー不足でした。
昨日までは普通に販売されていました。いつも利用するスーパーの店員さんに聴いたところ、今日の午前中に一気に消えたそうです。
昨夜の政府による休校要請が響いたのかなぁとか。在宅率が上がると生活消耗品も減りが早く。しかし、そんなことよりも集団心理が働いているんだろうなぁと。

東京大空襲で街中が炎の渦だった場面、人々が逃げる方向が逆に最悪の結果を招いたりもあったそうです。
どっちに逃げれば良かったかは謎ですが、都心の川には沢山の遺体が浮いていたそうで。
下町暮らしの頃にお世話になっていたTさんの話では、湯島聖堂に逃げて助かったとも。

オイルショックでトイレットペーパー不足があったのは歴史でも学んだものの、当時幼過ぎた自分に記憶が無く。
何というか、自分が生きているうちに歴史の再来みたいなのがあると、不謹慎ながら感動さえ覚えてしまい。311(東日本大震災)でも似たような場面が幾度かあり。
「同じことが繰り返されるんだなぁ」と。

トイレットペーパー不足はデマとの情報も数日前から大手メディアで取り上げられたりでした。
国産品がほとんどなので足りているとの話でした。しかし、原因や理由がデマであっても、供給に対して需要が追い付かないと店頭から消えてしまいました。
店頭から消えてしまった現実はデマでは無く。理由なんてどうでも良く。

自宅には既に備蓄分があるので、個人的には問題ない状況です。まぁ出先のトイレで紙が無かったら大変だとは思っています。(鞄にはトイレットペーパーを忍ばせておいた方が良いのかな?)
一過性のものだとも思っていますが、どれくらいで元に戻るかは見当つきません。