Forza siでプラグ交換

今日は久し振りの晴天で、先日入手したMotoDXプラグLMAR8ADX-9SをForza Siに着けてみました。
その前にガソリン添加剤を入れて、35kmくらい試走。ガソリンは満タン。
この試走時、外環道の下道を江戸川の交差点から国道4号の交差点辺りまで往復してみたのですが、燃費は久し振りの35km/lをマーク。
普段は30km/lを切っていました。添加剤のお陰というよりは流れの良かったルートと暖かい季節の影響の方が大きかったかと思われますが、実際のところ謎で。
アイドリングも加速もパーシャルもこの時点でスムーズでした。先日のオイル交換とエアクリーナーの清掃も影響あったのかも知れません。

帰宅後にプラグを交換。
作業は15分程度。5度目くらいのプラグ外しなので久し振りでも慣れたものです。先程までそれなりに飛ばした運転だったので、エンジン回りはまだ熱く。
焼き具合を確認したところ、丁度良い部類でしょうか。
新旧のプラグを並べたところ、電極周りの作りは全く別物でした。新しい方が圧倒的に細い電極なものの、耐久性は高いそうで。値段も倍まで違わないので、それだけでも費用対効果はありそうです。
何より着火性が良くなる触れ込み。

その後、試走してみました。
全般的に極端な違いは無かったです。毎度のことですが。
細かい違いを敢えて綴ると、エンジン始動時のキュルルルがキュルルに変わりました。ただ、エンジンそのものが暖まっていた影響もあるかと。
アイドリングについては各パルスのエッジが立ったような印象です。それまではサイン波に近かったのが、立ち上がりが鋭い波形になった様な。やや不整脈気味な場面が稀にあったのも全く無くなり。
加速については、回転上昇の途中で僅かに感じていたトルクの谷が少し解消された様でもあります。リニアに上がるようになった様な。
気付いたら、けっこうなスピードでした。
全般的にパワーアップしたのかなぁとも思えます。

加速を楽しんでしまったせいもあったのか、上記の35km/lの燃費は34km/lの燃費に微妙に落ちてしまいました。
本来は燃費の向上も狙っている製品らしいのですが。
まぁ250ccにしては十分な燃費ですし、今回の給油前には30km/lの燃費にも届いていなかったので無問題かと。
最近の四輪は標準で高性能なイリジウムプラグを採用しているパターンが多いそうです。なので、MotoDXプラグに交換しても違いに実感が湧かないパターンも多い様子で。
Forza Siについては標準プラグがごく一般的な性能なので、違いは分かりやすいかも知れません。
値段も大きな違いは無く単気筒なので1本で済み、耐久性も高い(倍になる?)らしいので、プラグ交換時にこれを選択するのはオススメとも思えます。

シリンダー内のカーボンを飛ばしたいので、近日中に少しは長めな距離のツーリングに出掛けたいところです。
あと、試走の途中でデロリアンを見掛けました。実走行する姿は初めて拝めたかもです。過去に観たのはLAのユニバーサルスタジオで展示されていた改造車くらいでして。

Forza siでプラグ交換予定

以前に検索した際は見当たらなかったForza si用のイリジウムプラグでしたが、高性能なプラグ「LMAR8ADX-9S」が発売されていたそうで、早速ポチリました。
純正品はかなり長い特殊形状で採用車種も少なく、派生品は出てこないだろうくらいに諦めていたのですが、いつの間に採用車種も増えていた様で。
あと、純正品の交換目安は5000kmでこの高性能版は1万km、イリジウムですと5000kmだったハズなので、耐久性も高そうです。
そして、純正品の値段も以前より安くなっている様子で、今回の高性能版が当時の純正版と同じくらいの価格。
過去に乗っていた車等でもイリジウムに交換後のエンジンは元気が良かったので、今回のもちょっと期待しています。特に単気筒ですと確実な着火は重要そうで、稀にですが自分のForzaはアイドリング時に失火している様な挙動もあったので。
以下は高性能版の方です。

ついでに燃料添加剤もポチリました。
説明では「バイクに使うな」と綴られているのですが、恐らくガソリンタンクの容量が四輪とは違い過ぎるので、調合ミスによるトラブルを避けたいだけなのかなぁと。
まともなメーカー製ですし、プラグ交換前に一度試してみたいなぁと。ただ、希釈率を間違えたら問題もありそうですし、タンクにそのまま入れるのも面倒でしょうから事前に小さめな容器を準備しておく必要がありそうです。
以前に乗っていたVespaは2サイクルの混合給油タイプで、あれに使っていたメスシリンダーが良さげなのですが、もう何処かに行ってしまったかと。

合計で2千円ちょっとの買い物でしたが、溜まっていたポイントでほぼ足りました。
自分は現在、Amazonプライム会員ではないので到着までに3日ほど掛かる様です。2千円以上の買い物ですと送料も無料らしく。
いつ試そうかなぁと天気予報を確認したところ、今週はずっと雨らしく。
まさか梅雨に入ってしまったのかな?

燃料添加剤

過去の仕事で乗っていた商用車ADバンを思い出しました。
年間2万kmほど走るオートマ車で、精密機器も運んだりだったので、急加速とかは一切せず。燃費も気にしていたので高回転を使うことも避けがちで。
結果的に回らないエンジンになってしまった様子でした。

そして、低グレードの車種だったのもあり、ロードノイズは大き目で。6万kmの走行距離を超えた辺りではエンジン音も気になりだし。
一年点検時にしかオイルを交換していないのも問題だったと思います。あと、回さないから燃焼室周りにもカーボンが溜まっているんだろうなぁと。
そこで試しに入れてみた燃料添加剤。ホームセンターのD2で500円もしない製品でした。
大して期待していなかったのですが、入れてみた途端にエンジン音も静かになり、加速から何からスムーズに。
カーボンがそんなに短時間で除去出来るハズは無いので、インジェクション周りの汚れが飛んだのかも知れません。
自分がメインで乗っていたのですが、他の社員がたまに運転した際にも違いを実感していましたので、気のせいでは無かったと思います。

Forza siの一昨日のオイル交換は単なるオイルの交換のみでしたが、効果は実感できたので、こいつにも燃料添加剤を入れてみようかなぁと。
Amazonで検索してみると、上記のD2ブランドの添加剤は既に廃盤の様です。代わりにカインズの添加剤が評判良い様ですが、これも何故か品切れ。
このテの製品、値段はピンキリで高価なものですと二千円くらいしたりです。WAKO’Sのフューエルワン辺りが定番なのですけれど、この値段で効果が無いとちと悲しく。

Forza siで落ち着いた運転をしていたら、ともかく高回転なんて使うことがありませんし、このオートマはどうやっても高回転に辿り着けないようなギア特性かと。
嘗ての住まいで、お向かいで暮らしていた方も古くからの単車乗り。元白バイ隊員で。
隊員向けの教育の中では意図的に回転数を上げて、燃焼系のカーボンを飛ばす指導もあったそうです。
まぁ、マニュアル車では可能ですし、車のオートマでもギアを落とす運転はどうにか出来たり。これがVベルトのオートマなスクーターですと、マニュアルモードでも付いていないと出来ないワケで。

燃焼室内の状況を知るには、プラグを外して焼け具合を確認するのが手っ取り早いのですけれど、過去にそれでプラグの碍子部分を壊してしまった経験があり。
Forza siのプラグは妙に長く、取付位置も奥まっていて。脱着でまた壊してしまったら面倒ですし、それをやるなら予備のプラグを一本持っていた方が良さそうで。万一に備えて。
このプラグを採用する車種は少ないのか、イリジウムプラグが未だに出回っていませんし、普通のプラグでも高価だったりで。
今日は生憎の雨で外出は更に控え目予定ですが、近いうちに何処かのホームセンターで安そうな添加剤があったら試してみようかと。

追記:
Forza si用の高性能プラグを検索してみたところ、ちと気になる製品がいつの間に販売されていました。耐久性も高いらしく、これは試してみたいです。型番はLMAR8ADX-9Sだそうです。次の記事に詳しく書いておきます。

近場のツーリング

オイル交換の後にエアフィルターの掃除も終えた昨日でした。既にお酒も入っていたので試走は当日出来ず。
固めるテンプルもどきは結局固まらず。油温が低かったからかと思われますが、再加熱する方法が無くボロ着に油を吸わせてゴミ箱へ。

本日は試走を兼ねたプチツーリングに。外環道の下道経由で市川港へ。
新型コロナの一部地域の自粛解除やら、ゴトウ日やら、金曜日なのもあって外環道下道は結構な渋滞でした。全国の自粛期間は下手な高速並みの流れだったのですが、本日は大型トラックとか物流系の車が多く。世の中動き出した様子にも思えて。
建築資材を積んだトラックとか、遅れた工期を取り戻すのも大変だろうなぁとも。
そんな中、私用で単車に乗る自分はちと申し訳なくもあり。

所々で飛ばせたりなツーリング、アイドリングも加速もスムーズで、特に加速時は普段未満のスロットルでも力強かった感です。背中から押してもらえているような。
本領を発揮できるのは、こういった道なんだよなぁと思いつつ。
オイル交換とエアフィルターの清掃は効果あった様子です。
これだったら事前にガソリン添加剤でカーボン除去もすべきだったのかもなぁと。それをやると落ちた汚れがオイルに移る傾向があるそうで。

普段は街中の道路しか走っていないので、駆動回りの違いが分かりにくかったりですが、100km/h以上の速度を出せる250ccクラスで中速域の違いは重要で。
余裕があると気持ちも楽というか。リッタークラスですと使い切れないパワーバンドがほとんどだと思いますし、125ccクラスですと使い切ってなんぼというか常用域でしょうし。

踏ん反り返って余裕で乗れるスクーターの現行車種が少ない中、コイツは大事にしてやらんとなぁな一日でした。攻めないで乗れるのが楽しい車種ですし。

Forza siのオイル交換(3)

前回のオイル交換からまたしても14ヶ月。本日は天候も良く、ちとやる気も出てきたのでForza siのオイル交換。
全走行距離は9140km。入手から4年を超えているのに1万kmも到達しておらず。ちなみに、前回のオイル交換から1444kmの走行距離。
どんな用途でこの単車に乗っているかというと、過半数はラーメン二郎の往復。松戸店か小岩店で。
そのどちらも片道10kmにも満たず、ハッキリ言って125㏄の小さめなスクーターの方が自分には合っていそうだよなぁと。
Forza SIは駐車場の出し入れ等、取り回しが面倒なビッグスクーターでして。
しかし、自分でメンテナンスをしていると愛着がわいてきますし、綺麗に大切に乗ってきたつもりです。

今回のオイル交換、廃油の処理に百均で入手した「固めるテンプル」系を使ってみました。過去の経験でフィルター交換を含まないオイル交換ですと1l缶一本で済みまして。
このテンプルもどきですと、箱の中の2袋が必要だそうで。
オイルをまず廃液してみたところ、思ったより汚れている様子でした。まぁこんなモノとも思えますが、しっかりした比較も出来ず。
ついでにオイルフィルターも交換すべきかなぁと思い、物置の中等を探したものの見当たらず。サードパーティーの安いフィルターをAmazonで以前入手していたハズなのですが。
まぁこれも何かの縁ということで、オイルのみ交換。1l缶で今回も丁度良かったです。

オイルフィルターの交換が無かった場合、本来は1.2lのオイルを入れるべき仕様なのですが、自分のForzaは何故か1lで丁度良く。毎度不思議です。
平地でセンタースタンドを立てて作業していますし、オイル抜きには30分以上時間を掛けて十分に抜いているハズなのですが。
試走後もオイルゲージの範囲内にやや低めですが収まっていますし。
他のオーナーさんのBlogを観ると1.2l入れている様子です。
オイルは入れ過ぎも良くないと何かで読んでいます。作業前の時点でもゲージを見る限り減りは認められなかったので、丁度1缶で使い切れるコレの方が好みでもあるのですが。

ついでにクーラントのリザーブタンクを確認したところ、ゲージの範囲に水色の液体が見当たらず。挿入口から覗いても見当たらず。
以前に交換したクーラントの残りを注ぐことに。
消えたクーラントはいったい何処に行ってしまうのだか。Forza siの過去のリコールではクーラントが漏れる系もあったような気がするのですが、自分のは対策後の車体だったハズで。
まぁこれくらいの消費は普通なのかと思われます。
エアークリーナー系の清掃も掃除機でしてみたかったのですが、ちと根気が続かず、とりあえず試走へ。

大きな変化は毎度感じられずでした。
逆に感じられる様ですと、ダメージに近い何かがあったのかも知れません。
プラシーボ系かも知れませんが、アイドリングも走行時も加速時も滑らかになった様な気もします。特に加速自は背中を押されるような。
ただ、ちゃんとした測定器で比較したワケではないので、実際のところは毎度謎。気持ちの問題かと。

これを綴っている上記から二時間後、テンプルもどきを投入したオイルは全く固まらず。
バスルームで使用しているタライにゴミ袋を被せ、そこにオイルを入れたのですけれど。
この袋、どうしたら良いのだろう?
過去に重宝していたエンジン用の廃油材を使った方が良かったのかな。

爽やかな夏空に近い中でのオイル交換作業、試走も終えて発泡酒を一本。
ここでシャワーでも浴びたいところですが、タライが持って行かれておりまして。

怪我の多い男

地方暮らしで、お正月の里帰り途中で我が家に寄ってくれる友人が居るのですが、今度は単車でコケて顔を二十針縫ったそうです。
Vespaと大型バイクを乗りこなす友人は以前の職場の同僚でもあり、気の合う友人。非常に口の悪い男なのですが、何故か自分とは話が合ってしまい。
意見が自分とは正反対の時もあるのですけれど、話せば分かるし、その豪快な発想が可笑しくて笑えたり。

その友人、数年前には登山中に滑落し脚を複雑骨折。このときはヘリで救助されたそうで「(ヘリがやって来た時は)頼もしかった」との弁。
同型のヘリは数ヵ月後の訓練中に墜落したり、去年は富士山を登山中の男性が滑落して死亡するまでを実況中継していたり。
その度に奴は強運の持ち主だったのかもなぁと。

今回の単車の事故、詳しい事は聴いていませんが「大丈夫か?」の返信は「もう五十を過ぎたから(顔の傷など)気にしない」との弁でした。
しかし、「そんな心構えでは悪役レスラーの様になっちまうぞ」と返したところ、素直に応じていました。
だいたい、奴もまだ結婚していないし大手企業勤めなので転勤も多く、見た目は少しくらい気にした方が良いかと。
詳しい話は次の正月にでも聴いてみたいところですが、前回の転勤で長州の領地(県名を忘れました)に飛ばされたそうで、次の里帰り自体難しいかもと話していて。

奴と一緒だった研究開発部門には同期が十名ほど居たのですが、単車の大型免許を所有していた割合が異常に高く。何かの偶然だったのか。
当時の免許制度では単車の大型免許は教習所で取得できず、試験場での一発免許で取るしか無くけっこう難関だったらしく。
同期達は大学時代に免許を取得して凄まじいパワーの単車に乗っていたそうで。レーサーレプリカな逆輸入車をフルパワーで走行しているとヘルメット越しの「視界が点になる」らしく。
東北大学出身の同期はV-MAXというこれまた凄まじい単車に学生時代から乗っていたものの、普段の移動は小さなモンキーで。
ある日、そのモンキーで夜道を走っていたところ、暴走族風な連中に囲まれたそうです。単車を奪い取られそうな流れだったのですが、奴は空手部所属で単車から降りてヘルメットを脱ぐとモヒカン刈り。そしてレスラー体型。
暴走族風の連中から何か宥めるような言葉が出てきて勝手に退散してしまったそうです。
何ともワイルド。

話が逸れたついでに。
自分も若い頃は大型バイクにちと興味ありました。ただ、車検が必要なので維持費が高く。何よりも路上に出るまでの取り回しが大きい単車ほど面倒臭く。
特に単車の路駐が厳罰化されてから、大きな車体ほど街中の置き場に困る状況で。
250㏄くらいが自分には丁度良く、そのクラスばかり乗り続けています。下道しか走らないのであれば100㏄のVespaが一番扱いやすかったですし、大型バイクに乗っていた連中ほど手放した後は単車とオサラバしてしまうパターンが多く。
大型バイクほど高速走行時の安定性は良いそうなのですけれど、歳や経験のせいかここ数年単車での高速走行自体、自分は怖くなってしまっていて。
大昔は最高速アタックみたいなことも平気でやっていたのですけれど、沢山の事故を観てきてしまうと「明日は我が身」な心境も濃くなってしまうのかな。単車の事故現場って、肉体が剥き出しなだけにけっこう悲惨で。

今回二十針縫った男は、ひょっとしたら体力とか精神力の衰えを自分で認められないのかもしれないなぁと、これを綴りつつ思ったりです。
他の人がそれを指摘しても奴は認めそうも無いだろうし、自分から言った方が良いかもしれないなぁと。
実際、奴に死なれたら自分もかなり辛いし。

たまには乗らねば単車もゴネる

昨日は久し振りにForza SIに乗りました。
寒い季節でも二週に一度は乗るように努力してはいるのですけれど。一ヶ月も乗らないとエンジンのピストン周りのオイルが落下してしまうという説もあり。
また、寒い季節ほどバッテリー上がりも過去の経験で多かったです。

例年、10月頃に実施していたオイル交換も今年はまだだったなぁと。物置には1リッター缶が一本あるのですが、本来今回はオイルフィルターの交換も必要なタイミング。オイル交換二回に一度のタイミングで必要だそうで、それをやると1リッターでは足らず。
ただ、年間2000㎞程度しか走っていないし、ぜんぜん回していないエンジンなので、通常のオイル交換でも十分かなぁとも思えています。オイルフィルターも既に二度交換していますし。
以前なら、Amazonで純正オイルのホンダE1が安く入手出来たものでした。しかし、随分と値上がりしてしまっていて。
ヨドバシですと千円もしなかったです。これを機に入手しておこうかな。

Forza SIを入手してからそろそろ四年を迎えようとしています。
この車体の重さによる取り回しの面倒さには、それなりに慣れました。特に駐車時の。
あと、下道の走行では125ccクラスのスクーターにばんばん抜かされるのも慣れました。こちらもスロットルを開ければ抜けるのかも知れませんが、いかんせん車重がそれなりにあるもので、どん臭い動きになりがちです。
抜かれてもどうせ次の信号でまた一緒になるのがほとんどで。だったら、肩ひじ張らずに自然に任せた方が気楽です。サーフィンは未経験ですが、ロングボードとショートボードの動きの違いに似ていそうでもあり。
コーナーで倒すような運転もほとんどしていないので、タイヤも中央付近ばかり減っている様です。ますます倒し難くなるようでもあり。
あと、高速道路を利用する機会が今年は特に少なかったです。三回程度だったかと。成田空港からの帰り道を楽したいとか、たまには高速を走らねば全く吹けないエンジンになりそうだとか。

結局のところ、少し距離のあるラーメン屋に行く足程度なForza SIです。これだったら、125クラスの方が自分には合っているのかなぁとも。過去に乗っていたVespa100辺りがベストだったよなぁとも。
しかし、小さいのに乗るとまた大きいのに乗りたくなったり。全く勝手なものです。だったら二台持てば?とも思いつつ。
しかし、そうなると小さいのばかり乗りがちで。

ただ、クルーザー的にふんぞり返って乗れるビッグスクーターは既にほとんど販売されていない様です。新車で入手したこの一台は案外貴重な存在になってしまいました。
とりあえず、大きな故障も無く大事にしてきた単車ですので、今後も大切にする予定です。