成田空港までツーリング

本日は午前中から単車で成田空港まで伺ってみました。往路は下道、帰路は高速でした。どちらも55㎞くらいの総距離です。
往路の264号は過去に松戸辺りから数㎞を幾度が使った経験がありました。これが毎度渋滞で、単車でのすり抜けもし難く、好きになれないルートです。
この264号がルートのほとんどを占めているのですが、最後までこんな調子じゃ嫌だなぁと。
しかし、新鎌ヶ谷辺りから状況は一変しました。北総線沿いのひたすら真っ直ぐなルートは信号もほとんどなく、結構な速度で距離にして25㎞続きました。これは素晴らしかったです。
北海道でもやたら長く飛ばせる直線があったりするのですが、この直線はほとんどの区間が谷間を走っていて、横風もあまり受けず運転そのものも楽でした。単車でソコソコのスピードでの横風は怖いものがあり。
しかし、成田エリアに突入してからはまた渋滞気味でした。特に成田の中心部がネックでした。

この渋滞の途中で横を観ると、サウンドハウスさんの名前が。
楽器類の通販で安くて品数も豊富なサウンドハウスさん、自分もこれまで幾度か利用していました。成田に本社があるのは知っていましたが、こんなところにと。思わず記念撮影。

そこから十五分程走り、やっと空港に到着したのですが、単車を停められそうな場所が無く。
無理すれば止められるのかも知れませんが、警備員らしき人が止められそうな場所に何人も居て。止めてしまったら通行の邪魔でしょうし。
だいたい、25年前に四輪で空港に来た際は、途中のゲートでかなり入念なチェックが待っていました。いつの間にかその風習は無くなったようですが、それでも危険人物に疑われたら面倒そうで。

結局、空港の最寄りでは記念撮影も出来ぬまま隣の芝山千代田駅のコンビニでイップク。その途中、以前にたまたま知った不思議な宿を通り過ぎ。滑走路のど真ん中にある宿なのですが、ここで下手に単車を停めるのも誤解を招きそうで、そのまま通過しました。
コンビニの缶コーヒーで暖まった後は、特にやることも無いので帰路へ。今度は高速の東関道です。

東関道の成田からしばらくは、暴風壁のほとんど無いルートだったので、横風がちと怖かったです。エンジンのパワー自体は余裕あったものの、90㎞/h未満の速度で安全運転でした。
Forza siはシートの前方部分で二―グリップに近いことが可能ですが、タンクをしっかり掴まえられるヨーロピアンタイプに比べると、やはり安定感が乏しく。
二十代の頃だったら「せっかく高速に乗ったのだから、飛ばせる範囲で飛ばそう」という気持ちでした。体力が衰えたというよりは、無謀な運転をしなくなった感です。
特に、それなりの速度を出していたところで突然大きな横風を喰らうと、Forza siは一車線分くらい横に流されそうで。
単車に乗り始めてから三十年以上、様々な事故を目撃していて。単車の事故はほとんどが飛ばせる道のカーブででしたが、横風で二車線流されたのも観たことがありました。

そんなことを考えながら80km/hくらいで左車線を流していたところ、真ん中の車線のBMWな単車がプラス20km/hで抜いていきました。並列二気筒のエンジン、安定感のある走りでいいなぁと。
BMWがそのまま200mくらい先に去った辺りで、合流車線から入ってきた四輪が左車線をロクに走らずそのまま中央車線に。
BMWの存在に気付いていなかったのか、四輪はあわやBMWに横から衝突する寸前でした。四輪は慌てて左車線に戻り、BMWはバランスを一瞬失いつつ倒れずに持ち直し。接近した幅は残り1mも無かった様子でした。

恐ろしや。
BMWのライダーは四輪に対して文句でも言うのかな?と思ったりでしたが、特にアクションはなくそのまま遠くに消えてしまいました。
BMW側は何も悪い事していませんが、あれは怒っても仕方ないだろうし、よく耐えたなぁと。
まぁ、乗っている車種で人柄もある程度伺える部分はあるかと思います。
BMWの古い水平対向二気筒に乗るヤンチャなライダーというのは考え難そうですし、大型の単車に乗る人の多くは自制心の塊な方が多いと思っています。

やはり、高速の単車は恐ろしいなぁと思いつつ、帰路の途中でラーメン二郎の松戸店さんへ。運良く昼の部の営業に滑り込みで間に合いました。
昨日は健康診断で初めて血圧に引っ掛かり。再検査の必要が無い範囲でしたが、ラーメン二郎の食べ過ぎがいよいよ影響し始めた様子です。
この二年間、多い時は週に二杯。普段は月に二杯くらい。月に一杯程度に抑えた方が良いかも知れません。
十年前は、神保町店さんで週に四杯頂いても問題無かったのに。いよいよツケが回ってきたのかなと。まぁ、逆にここまで問題が出なかった方が不思議でもあります。

肝心なことを書き忘れていました。
往路の下道ルートは約二時間、帰路の高速ルートでは約一時間でした。
十五年ほど前に中古の四気筒CBR250Rに乗っていた際は、メーターの最高時速に近い辺りでも車体は非常に安定していたので、乗る側のビビりよりも車体の高速安定性による違いが大きいのかなぁとも思えたり。
ともかく、恐ろしさという感覚を持つことは重要だとも思っています。痛みの感覚が無い体質ですと、思わぬ故障もあったりするワケで。ここらが限界と思えるのは大切かと。

Forza siのオイル交換(2)

本日は14ヶ月ぶりにForza siのオイルを交換しました。前回の自宅での交換から走行距離は約2500㎞でした。
もっと早く交換しようと思っていました。出来れば一年単位で。ただ、その作業を億劫にさせる理由が一つありまして。
オイルの交換量が1.2リットルという中途半端な値で、1リットルの缶の2本目を中途半端に余らせてしまうのが何だか嫌で。
結果として、何故か丁度1リットルで足りました。オイルの抜きが甘かったのでは?と思われそうですが、ドレインを開いて30分は放置しました。勿論、暖気後に。
これだったら、もっと早くやるべきだったかなぁとも。

しかし、交換後に江戸川河川敷を往復で5㎞ほど走っても、交換後の違いは分からず。まぁ違いを感じたらそれはそれで問題だったのかも知れません。
説明は後回しで、とりあえず作業中の写真を載せておきます。

全走行距離は7696㎞

使用した道具類。他には捨てて構わないボロ雑巾と軍手。オイルを入れる器については前回使用時のオイルが僅かに残っていて、ちょっと気持ち悪い状況でしたので、今回の使用後はかなりしっかり抜きました。
廃オイルを捨てられる箱、今回は上手く使いこなせました。前回は床の周辺にけっこう垂らしてしまい、しっかり拭いたものの雨の度に油跡があらわに。

交換前のオイルの汚れ。元の色がどうだったのか思い出せませんが、汚れてはいる様子。

毎度お世話になっているサービスマニュアル。読まなくても二度目なので出来そうでしたが、14ヶ月ぶりですと記憶も当てにならないのでサラッと確認。

投入前の新品オイル。思ったより濃い色でした。前回はG2というちょっと贅沢なオイルを選んでいましたが、今回は指定オイルのE1にしました。Amazonでは時々かなり安く売られています。

交換後のオイル量の確認。5㎞走行後は少し減りましたが、それでもゲージの範囲内でしたのでこのまま様子見。
あと、本来はドレンパッキングを新品に交換すべきなのですけれど、予備が物置の何処かに消えてしまったようで見つからず、再利用。しばらくは漏れが無いかも要確認です。

単車のオイル交換の目安は色々とあるようです。排気量や常用回転数によっても判断が分かれるようですが、オートマでレッドゾーンまで回るチャンスさえ無いビッグスクーターでしたら、余程無茶な使い方をしない限り、5000㎞か1年に一度の交換で十分かと思っています。
論外なのは購入してから一度もオイル交換をしてないとか、それに近い扱いで。

Forza siプラグ交換後

昨日のプラグ交換でアイドリングの不調が直ったForza siで夜明け前にひとっ走りしてみました。
アイドリングは1400回転辺りでピタッと安定し、加速もすこぶる良くなりました。
例えとしては極端ですが、ディーゼルエンジンが吹け上がりの良い2サイクルエンジンに載せ替わったような。失火は低回転以外でもあったのかと思われます。
夜明け前の走行は、江戸川沿いの国道から外環の道の駅いちかわ辺りまで。普段から流れが良いルートなのですが、この時刻ですとスカスカのサーキット状況。
特に出来立ての外環千葉区間は舗装の状態も良いので、調子の良い単車ではレールの上を走っているような安定感と穏やかさで。この感覚がかなり気持ち良く。

シングルのエンジンとかVツインのアメリカンに乗る人は独特の鼓動が好みだったりするようですが、やはりエンジンが不調の際の振動は嫌だと思います。
Forza siもシングルではありますが、鼓動を楽しむような部類では無いと思っています。スムーズでなんぼ。
昨日の記事でプラグを破壊してしまったのは前回のLLCの交換時と綴ったのですが、今回の交換で外す際だったのかも知れません。外すときの初動で「ボキッ」といった感覚もあって。
まぁどの時点で破壊したのか謎にしても、プラグの交換でかなり変わるものなんだなぁと。

14年前に4気筒のCBR250をオークションで入手した際は、やはりアイドリングが落ち着かず、加速もスムーズでは無く。
キャブレターの調整で改善する見込みでしたが、小型のエンジンを無理矢理4気筒にしたような設計だったので作業性は最悪でした。
仕方なく、オークションで見掛けたレース用のキャブレターを入手し乗せ換えたところ、素晴らしいコンディションに蘇り。
アイドリング時の安定した音から別物になりました。加速時の吹け上がりの音も官能的で。これぞ4発な。
スピードメーターではなくタコメーターを確認しながらの運転をしていたら、2度もスピード違反で切符を頂き。
コンディションの良いレーサーレプリカはスピード感がほとんど無くて。非常に馬鹿な捕まり方でした。
そんなこともあり、回さないと面白くない系の乗り物はもう手出ししない様にしています。

話が戻ります。
夜明け前の道の駅は単車乗りのグループが何台か。暴走族とかではなくて皆単車も綺麗にしていて、普通の青年達。
関東の少し離れた場所のナンバーも数台。少し寒い天候だったので、一休みしていた様子でした。
片岡義男の世界観なんですよ。自分にとっては。
全く生産性の無い行動なのですが、この感覚がいまでも好きです。

あと、プラグ交換時の距離もメモしておきたく、写真を貼っておきます。

Forza siのプラグを交換

ここ一ヶ月ほどアイドリングが不安定な状態で時々エンストしていたForza siですが、本日プラグを外してみたところ、碍子が割れていました。
一ヵ月前に、LLCを交換した際に自分で破壊していた様です。あぁ、情けない。
新品交換後はアイドリングも元通り安定し、エンストも当然しませんでした。


ついでに、交換前後のプラグを比較。しかし、碍子の部分も一般的なプラグより細いのでしょうか?本体が長過ぎてそう見えてしまうのかな。
AR50の時代から何台も単車に乗り継いできて、スパークプラグは数え切れないほどチェックしてきたのですが。
特に四気筒のCBR250なんて外すのも付けるのもえらく面倒だったのに、こんなドジ踏んだこと無くて。

ともかく、これで安心して遠出出来そうです。前回のオイル交換からそろそろ一年経つので、こいつも片付けねば。

プラグにグリスを塗るか等

スパークプラグでの話ですが、多くの技術書ではスパークプラグの交換時等にネジ山にグリスを塗るようなアドバイスが掛かれています。
自分も基本的にそうしていましたが、手元にグリスが無い時は未塗布で対応していました。
この件、賛否両論あるそうなのです。

「グリスを塗ってしまうと規定のトルクでは締め過ぎになりかねない」との意見も。
じゃぁ、何故グリスを塗るかというとシリンダー内の気密性の確保なのかなぁと思ったりですが、実際のところ謎です。
気密性の確保であった場合、熱等でグリスが飛んでしまったら圧縮不足になりそうですし。謎

Vespaを整備していた頃、特にエンジン割まで進んだ頃にアジア製の安いネジ類を入手していたんです。
これを使用する際にネジ山にグリスを塗って締め付けていたのですが、三割くらいの確率でネジ山が駄目になりました。
粗悪品だったのか、上記のような締め過ぎで弱いネジ山が崩れてしまったようで。

昨日の単車のアイドリング不調の件でスパークプラグの交換も考えていて、検索したところ上記の件に引っ掛かりました。
アイドリング不良の件については、順番に対応していこうかなぁと思っています。思い当たるところを一気に触ってしまうと、直ったところでどれが原因だったのか分からなくなってしまうからです。
時間の限られる修理作業で一度で仕留める路線であれば、思い当たるところを全て対応するのも勿論ありです。特にプロの方はこの傾向なのかと思います。原因ははっきりしないけれど、対応した幾つかの内のどれかが原因だったと説明するのですが。
自分も高価な分析装置の修理で、時々使っていた戦法でした。早く正常化させたいお客さんとか、部品代がそれほど高価で無いパターンとか、運悪く何度も再修理に迫られるのも逆にコスト高になってしまうので。修理箇所に辿り着くまで、恐ろしく面倒な分解が生じる場合もこの戦法です。
ただ、時間と手間が許されるなら、一つずつ解決していくのが賢明だと思っています。原因が特定できるので。

ちと順番を決めかねますが、以下の流れで考えています。
・バッテリーの電圧確認(最も手間が掛からないので)
・スパークプラグの清掃(金属ブラシが無いので入手が必要)
・ガソリン添加剤を入れて様子見
・場合によってはスパークプラグの交換(まだ使えそうで勿体ないのですが)

検索結果のサイトの情報によると、スパークプラグの劣化で変なところから火花が飛ぶこともあるらしく。通常は凸の尖った部分からなのに、それ以外から火花が飛ぶこともあるそうで。
最悪のパターンが燃料ポンプの故障なのですが、リコール対象のロットなのか謎ですし、有償修理になった場合はけっこう高額になりそうで。
FIの故障も恐ろしいなぁ。

Forza siでアイドリング不良

本日は夕刻からラーメン二郎の松戸店へ伺おうと久し振りに単車(Forza si)を引っ張り出し。
九月に入ってからは中途半端な雨が続き、単車はカバーを掛けたままでした。
十日間近く乗らなかったと思うのですが、そんなに長い間乗らなかったのは購入からの二年半で初めてだったかもしれません。

家の前まで引っ張り出し、エンジンスタート。特に問題なくいつも通りの一瞬でエンジンは安定した良い音。
30秒ほど暖機運転をして、走り出し500mほど先の柴又街道の交差点で赤信号。
普段のアイドリングは1500回転辺りでピタッと安定しているのですが、今日は違和感。
1500回転から時々ストンと200回転くらい落ちては直ぐ戻るの繰り返し。
それが5回ほど続いたところでエンスト。

慌ててエンジンのスタートボタンを押すと、ちゃんと掛かりました。こんなの初めてです。
水戸街道に出るまでに1kmほどあるのですが、その間に様子がおかしければ引き返す方か良いかな?と思いつつ。

松戸の二郎に到着するまで三ヵ所くらいで赤信号で停止したのですが、アイドリングは似たように落ち着かぬものの徐々には改善していたような。
とりあえず、停止しないようにスロットルは少しだけ上げ気味に。
生憎、松戸の二郎は30人以上の待ち行列で、単車からは下りずに次のお店へ。ここまで自宅から約7㎞。
次はラーメン横綱の松戸店です。ここから更に5キロほど離れた場所です。このエンジンの状況で更に遠くまで行くのがちょっと怖かったですが。

ラーメン横綱までの赤信号待ちは五ヵ所くらいでしたが、状況は大分改善してきた様子。
しかし、いつものアイドリングの安定感には戻らず。時々ストンと落ちかける回転数。
大盛のラーメンを平らげ、駐車場の単車に戻ったのは20分後くらい。

ここでまたエンジンをスタートさせてみたのですが、スターターのモーターは回るものの、エンジンがナカナカ掛からず。
あまり長くスターターを試みるとバッテリーが上がってしまうかもと小分けに三回目の挑戦でエンジン始動。
PCXでバッテリー上がり寸前の症状の時が、まさしくこの緊張感で。久し振りに当時を思い出しました。

自宅までは12㎞くらい。大丈夫かな?
走り出せば特に問題無かったのですが、途中途中の赤信号でアイドリングは相変わらず不安定気味。停止から発進時にスロットルを上げると一瞬エンストっぽい症状も。ボコボコというよりボコッという嫌な一瞬。
柴又エリアまで戻ってきたところで一旦コンビニに寄りました。発泡酒と煙草を入手。ついでにトイレもお借りして。
数分後に駐車場へ戻り、再びエンジンを始動。今度はアッサリ動いてくれました。
自宅までとりあえず問題なく走行。

原因は何だったんだろう。
走行中もずっとそればかり考えていました。

【考えられそうな原因】
・FIの不調
・燃料ポンプの不調または故障
・点火プラグの劣化
・エアクリーナーの詰まり
・バッテリーの劣化
・単にしばらく乗らなかったから
・季節の変わり目だから

FIの不調についてですが、以前に乗っていた2サイクルの古いVespaの際はキャブレターの分解清掃さえすれば、アイドリングの不良や吹け上がりの悪さはほぼ一発で直りました。二ヵ月に一度はやっていた記憶です。
電子式のFIの場合は基本的にメンテフリーだったハズなのですが、何かが詰まりかけていたら似たようなことは起こり得そうです。先月はガソリンの添加剤を二回ほど投入していたので、ガソリンの流路は綺麗なつもりなのですけれど、手に負えるのかな?
燃料ポンプの故障はForza siの初期ロットに多かったそうで、リコールもされていました。自分のロットは該当しないそうなのですが、最悪の場合交換しないと二度とエンジンが掛からなくなるそうです。
点火プラグの劣化は先日チェックしたばかりで、酷い摩耗では無いハズで。とりあえず新品は入手しているので、次回も似たような症状なら交換しようかな。
エアクリーナーについては半年前に清掃したばかりなので、これも考え難く。
バッテリーの劣化については、考えられなくも無いのですけれど、これまで一度も上がらしたことは無いですし、灯火類が暗くなるような症状も無く。これもちと考え難く。
単にしばらく乗らなかったからというのが一番当て嵌まりそうですが、これは原因解明の放棄みたいなもので。しかし、半世紀前のイタ車じゃないしなぁ。
電子式のFIが季節の変わり目で燃調に戸惑っている。何てことがあるとは思えず。

ともかく気持ち悪い症状です。駄目なら駄目でしっかり駄目になってくれた方が原因も特定しやすく。
明日も乗ってみて判断してみる予定です。

しかし、北海道の地震で実家が心配で一時的な帰省もしばらく考えていたんです。現地ではガソリン不足も続いていて地元のバスも止まっていたりで、フェリーに単車を載せての帰省で考えていました。
大洗で乗船前にガソリンを満タンにしておけば、リッターで30㎞くらい走る単車ですし一度の航続距離は300㎞くらい。現地でのツーリングを楽しまなければ無給油で本州に戻れるかもで。
現地で単車が壊れたら、救いようのない状況に陥ったかも知れず。
怖いこわい。

1/2mv^2=mgh

中学だったか高校だったかの理科で習った公式の一つが「1/2mv^2=mgh」。
高校時代は微分積分も習っていたので、なかなかマジカルというか感動もあった物理の式でした。
これは単車に乗る人にも必要な知識かと思っています。教習所の教本でも習ったりですが。

時速40km/hでの衝突は2階建てのビルの屋上から落下するのに等しく。
時速60km/hでの衝突は5階建てのビルの屋上から落下するのに等しく。
時速80km/hでの衝突は8階建てのビルの屋上から落下するのに等しく。

速度を高さに例えると、想像するだけで恐ろしく。
実際の事故というのは「危ない」と思った瞬間にブレーキを踏むかと思うので、少しは減速していると思います。
しかし、危ないという感覚の抜けている人や、タイミング悪い場面ですと、そのまま突っ込むことは十分にあり得ます。
更に、対向車と正面衝突ですと、相対的な速度は上記の倍だったりします。
四輪車ですと車体やエアバッグが守ってくれたりですが、単車は生身。助かる方が不思議だったりです。

しかし、こんな方程式もほとんど綺麗に忘れてしまいました。何時頃まで覚えていたのかも忘れてしまいました。
高校までの物理ですと、限られた条件下での設問が普通でした。具体的には「風圧等の空気抵抗は無視する」といった。
これは実際のところ現実的ではありません。最近の乗り物はインパネにリアルタイムで表示される燃費計も備えられていたりです。
自分の単車の場合ですと、時速70㎞/h辺りが一番良い燃費の様子。これが時速100㎞/hを越すと風圧も酷く更にスピードを上げると燃費も落ちてゆきますし、運転手も風との戦いです。
悪化する燃費は風圧というか、風との抵抗に持っていかれるだなぁと分かり易く。

話は更に進みます。
かなりマイナーな自転車の競技となりますが、オートバイの直後を追走する自転車の競技で「ドミフォン」というのがあります。
これは、前走するオートバイのお陰で後ろを走る自転車の空気抵抗が圧倒的に減る原理で、とんでもない速度が出せるようです。
ドミフォンの自転車をみると、ペダル周りにもう一つの車輪がくっ付いているようなギアー比です。→写真
リア周りにタイヤがもう一つ隠れているVespaのPシリーズに近い違和感があります。

燃費とか安全性とかを考えると、地上を走る乗り物の上限は時速80km/h辺りが妥当なのかなぁと個人的に勝手に思っています。
空気抵抗の低そうな形状の四輪でも、その少し上くらいな。
現代的な旅客機の巡航速度は850km/h辺りだそうです。短時間で遠くまで行けるのですけれど、人が一日に移動出来る距離も限りがあるのかなぁとも。
根拠は全然無いのですが、長距離のフライトですと、座席に半日座っているだけなのに目的地に着いただけでえらく疲労感を覚えたり。単なるエコノミー症候群なのかもしれませんが。
生物によっては地磁気を認識していそうな帰巣本能が働く渡り鳥も居たりですし、人間もそれに近い能力が少しは隠れているのかも知れず。
まぁそれよりも、国際線で呑み過ぎた二日酔いとか時差の方が影響あるのかもしれませんが。

数日前の奈良の事故の件がここ数日引っ掛かっておりまして、またしてもこんな記事でした。
物理や理科の知識が無いのであれば、ドジ踏みながら少しずつ経験するのも悪くないと思います。痛みを知っている分強さもあったり。
自分も若い頃は無茶な速度に挑戦したりが実際ありましたが、それでもなるべく迷惑の掛からない安全そうな場面を選んでいました。
見通しの良い直線とか、同乗者は居ないとか、自転車や歩行者は居ないとか、通行量も限られているとか。近くに安価なサーキットがあったなら、勿論そこを選んだとは思います。
なので、やはり同乗者が何人も居るような中での無謀な運転は論外だと思うんです。
それに気付いて後悔するのは、衝突してから亡くなるまでのごく僅かな時間かと。下手したら痛みも感じない一瞬。