殺虫剤で失敗

前回の記事で綴った「オルトランDXを入手した」系の記事についての続編です。
結論から申しますと、今後使用自粛予定です。
十年ほど前からニュース記事で「ミツバチが居なくなった」系の内容を見掛けていたのですが、殺虫剤に含まれているネオニコチノイドという成分が影響していたようで、ヨーロッパでは大きな規制が既に入っているそうです。
他にも赤とんぼが居なくなった原因や、まだハッキリしていませんが人体への影響も疑われているそうです。
このネオニコチノイドの成分がオルトランDXにも含まれているそうで。
既に一度使用してしまい、効果はそれなりに認められました。土の中で根を食い荒らす何かが減ったのか、成長中のヒマワリに元気が戻ってきて。

購入した経緯が今考えるとマヌケで、当初はダイアジノンという殺虫剤を購入予定で、事前に自宅で安全性について調べていたのですが、ホームセンターで結局別の製品(オルトランDX)を手にしてしまい。
店頭でスマホを用いて検索すれば良かったのですけれど、その場で目がかすれていて小さな文字を読むのが面倒で。
殺虫剤に限らず、薬系の製品に綴られる注意書きは極端に小さな文字も多く、あれをその場で読む気にもなれず。
危険な物質について、気を付けていた自分としては恥ずかしいです。

ネオニコチノイドの危険性についてはコチラのサイトが詳しいです。
薬害等の記事を知識の無い人が噂だけで綴っている方が世の中にはけっこう居たりするのですが、上記リンク先についてはしっかりされた団体の様子でした。
ネオニコチノイドを検索すると、ヨーロッパでは最近全面禁止になったとの記事も見受けられたり。(真偽は謎です)
いずれにしてもヨーロッパでは大きな規制が既に入っている様子です。

以前に某パンメーカーの製品に含まれる臭素酸カリウムの危険性(発がん性)について綴りました。個人的には水道法で許される含有量以下だから問題ない認識でした。
この件を大袈裟に綴っているサイトが多く、だいたいは含有量についての具体的な記載が無く。恐らく、その辺の知識がそもそも無いのかなぁと思えて。
今回のネオニコチノイドについても、安全範囲の含有量について調べてみたのですが、現時点では妥当な記事が見つからず。
そもそも、土に撒く殺虫剤がどれくらいの割合で花や実に吸収されるかなんて植物の種別によって異なりそうですし、その吸収された花や実をどれくらい接種したらどれだけの影響があるかなんて二次的な影響は、簡単に導けないかなぁと。
殺虫剤の濃度など使用者の手違いで大きく変わりそうですし、大きな実害が分かっていて因果関係も実証されているのなら使用中止が妥当かと思えます。
そして、またしても日本の対応が後手後手っぽく。

数日前のニュース記事で「カネミ油症」の件が綴られていました。そのコメントでサリドマイドの話題に目が留まりました。
自分の子供の頃はサリドマイド児の話題をテレビや新聞で見掛けたものでした。実際に被害に遭われた方も目にしていました。被害に遭われた方は自分より少し年配の方が多く。
サリドマイドについてもヨーロッパでは危険性が疑われた段階で全面使用禁止になっていたのですが、日本は対応が遅れたそうで、その間に被害者が増えたそうで。
その後の薬害エイズも似たような流れかも知れません。

一般人の防御方法については、自分で調べるしかなさそうです。良く分からない薬品を使う際は、Webで検索するくらいでしょうか。
農薬や殺虫剤に限らず、お医者さんで処方される薬も同類なのかも知れません。誰も知らなかったことでしたら仕方ないでしょうけれど、自分だけが知らなかったとか法規制までのタイムラグ期間とかでしたら何とも残念で。
少なくとも農薬や殺虫剤を購入する際は事前によく調べて、店頭では目移りしないことでしょうか。

ネオニコチノイド系殺虫剤の登場は1990年代だそうです。しかし、2000年代初頭には一部で使用規制が既に始まっていたそうです。
やはり、使用実績が半世紀くらいある成分が比較的安全なのかあなぁと改めて思ったりです。影響や問題点も出尽くしているでしょうし。

殺虫剤を購入予定

しばらく前の記事で「地面に吸い込まれたヒマワリ」を綴ったのですが、種を植え直したところまた同じ症状でやられてしまいました。
今度は双葉だけ残っていて、そこから下はかじられていまして。
症状を検索したところ、コガネムシの幼虫がどうやら悪さしているようでした。根や根の周りの茎を食べてしまうそうで。
そういえば、最初に種を撒く前に軽く耕したところ、何かの幼虫が居たのを放置していて。
それに、他のヒマワリも成長しているとはいえかなり元気が無く。根がかじられるとこうなるらしいです。

土の中の害虫にはダイアジノンという殺虫剤が効くらしく、早急に対応が必要そうです。
ただ、症状が出てしまってからでは手遅れのパターンもあるそうです。既に根が十分に弱っていたりするそうで。
農薬類は出来れば最低限の使用にしたかったです。しかし、植物が育たないことにはどうにもなりません。
色々検索したところ、植物を育てるには常備薬的な定番の農薬類があるそうで。他にも土から上の植物にはオルトランが有効だそうで。
その辺の知識が疎かったのもあります。これまでも色々な症状で植物類がやられていましたが、まだ運が良い方だったのかも知れません。

この部屋に引越してきたばかりの頃は、畑というか花壇は木が二種類ほど植えられていただけで他の植物は特になく、土地の表面は土だけでした。
その木を撤去した後は一から耕して、有機肥料類を撒いて耕したりでした。
当初は硬い土だったので、虫が土の中にはほとんど居なかったのかも知れません。餌になる植物の根も無かったですし。
なので、最初の年はそれなりに上手くいったのかなぁと。
ひょっとすると、芝生がほとんど枯れてしまったのも土の中の虫のせいだったかも知れず。
と、考えてみたら時系列で症状や現象が見えてきた感です。

一昨年にロシアヒマワリを育てた際はアブラムシの大量発生に泣かされました。あんなに大きな植物でなければ手作業でアブラムシを除去できたのかも知れませんけれど。
こんなに小さな花壇でも虫や病気との戦いは楽でなく、ましてそれなりの広さの畑で無農薬栽培というのは不可能に近いかと思えてきました。
もちろん農薬の過剰投入は良くないのでしょうけれど、最低限は使わないと話にならない感です。
花壇を耕していた時、何かの幼虫以外にミミズも居たのですが、全部ひっくるめて「土の中に虫が居るのは健康な土地の証拠」くらいに思っていました。
ただ、中には害虫もいて一概に全てが良い虫では無さそうです。それが土の中であっても。

高校や大学で園芸科とかあったりしますが、そこの学生はこういったことを教わっているのでしょうか?
自分の場合は座学からではなく、実践で学んでいる状況です。それも失敗からばかり。えらく効率が悪いです。そして失敗したら次のシーズンへの持ち越し(このスパンが痛い)。
まぁ、その方が結果的に理屈を深く理解出来て、良き長き趣味になれるのかも知れません(と自分に言い聞かす)。

追記:
結局オルトランDXをホームセンターで購入しました。Amazonの方が安かったのですが、速攻で入手したかったもので。コイツは土の中の幼虫にも地上のアブラムシにも効くそうです。
粒剤を恐る恐る撒いた後に水やりをしてみたところ、けっこう臭いますね。今年入手した種はどれも百円程度でしたが、コイツは店頭で千円ほど。効果に期待したいです。

追記:2018/06/17
更に追記です。オルトランDXは効果あった様子ですが、ミツバチが居なくなる症状の「ネオニコチノイド」が含まれている為、結局オススメしません。
他にも人体への害が疑われていたりするそうです。別記事に綴ってみました

地面に吸い込まれたヒマワリ

ちと説明のつかない現象を一昨日経験しました。地面の中で何かがあったようで。
双葉が開いたヒマワリは茎の長さは10㎝くらいだったのですが、不思議な症状で消えてしまいました。地面に吸い込まれるように。
1)12時頃、普通でした。
2)18時頃、枯れてしまった様に倒れていました。
3)23時頃、幹が吸い込まれました。双葉だけ地上に。(双葉を引っ張っても抜けない)
4)06時頃、跡形も無く消えていました。

七ケ所に種を撒き、六ケ所から発芽はしていたものの、これでは五ケ所しか育ちません。
直ぐに種を植えたものの、それから半日後に気になって双葉が消えた場所をほじくり返したところ、出てきたのは僅かに残った根っこだけでした。

ともかく、「土の中から双葉が何か引き摺り込まれ、食べられてしまった」ような流れです。モグラは生息していない庭ですし、そんな力を持った昆虫とかって居るのでしょうか?
この記事を読んで経験ある方とか答えを知っている方がいらっしゃいましたら、教えてほしいです。
検索しても出てこない症状でした。

謎の植物

上記の写真は2014年の8月下旬に撮影したのですが、この頃から自分は園芸おじさん化しておりました。
先住民達に放置された沢山のプランターや植木鉢が屋上で悲惨な状況になっていて、これを使ってヒマワリを育てられるかな?でハマり初めまして。
ヒマワリ自体は順調に育ったのですが、全てのプランター類を片付ける作業は毎週末頑張っても二ヵ月ほどかかった記憶です。
単に片付けるだけではなく、土を振るいにかけて粒の大きさ毎に袋分けしたり、殺菌目的で黒いビニール袋に入れたり。そんな細かい作業まで含めると半年くらい掛かったかも知れません。

ただ、土いじりは案外楽しくて、嫌々ながらな作業では決してありませんでした。ラジオを流しながらとかちょっとしたアウトドア気分で。
マンションの屋上でしたので、暖かい時期は日焼けを兼ねてパンツ一丁とかで。ただ、屋上には蛇口が無かったので、三階の自分の部屋から屋上まで毎日水を運ぶのはちと辛かったりでした。
それでも、育てている植物の成長が楽しみで、毎朝の起床もアラーム一発で、水を抱えて屋上まで様子見に行くのは素敵な作業でした。
ビルに囲まれた商業地では地上から空なんてほとんど拝められないのですが、屋上に出るとソコソコ視界も開けて、朝日も浴びられて。

で、その作業の途中で放置されたプランターの中からは時々謎の植物が登場したりでした。
半分腐ったような根菜類とか球根とか。そんな中でコブシ大の妙なのを発見してしまい。
白くて柔らかい物体で、観たことがない部類。それを試しに切断してみたところかなりの悪臭。酸っぱさも伴っていて。中身も白くブヨブヨ。
何じゃこりゃ?

そういったモノは生ゴミで処分してしまい、数ヶ月後に全ての土や小石類は分類完了していました。
分類した土は最終的に大き目なプランターに移して乾燥させたり。
その春頃に、小石類を収めたプランターの表面近くで上記の謎の白いのがまた登場しました。
先週の作業では見掛けなかったので、僅か一週間で一気にコブシ大まで成長した様子でした。
恐る々々切断してみると、またあの悪臭です。どうなってるんだろう?

気持ちの悪い植物だったのもあり、直ぐには調べることも無くあれから数年。
昨日のことその件を思い出し検索してみました。簡単には見つからなかったのですが、キーワードを色々試したところアレはどうやら「スッポンタケの卵」だった様子です。
キノコの一種だそうで、放置していたら傘が登場したのかも知れず。
しかし、生息域は一般的なキノコのように直射の当たらない湿気のありそうな森の中とからしく。
ソコソコ陽当たりの良い屋上で見つけたアレとはひょっとして別モノかも知れないのですが、特徴はほとんどそのまま。写真に残しておけば良かったなぁと後悔したりでしたが、気持ち悪いのって撮り難く。
コレを生のまま食べてしまう人も居るそうなのですが、あの臭いを嗅いでしまった自分としては絶対に真似出来ず。
自分はあのマンションから引越して既に三年近く経っています。ひょっとしたらあの屋上ではスッポンタケだらけになっているのかなぁと。
ちとオチも何も無い記事になってしまいましたが、昨日の発見でした。

農薬の話

またしても農薬の話題です。
ともかく悪いイメージの農薬ではありますが、これを使わないことには植物はまともに育たないという結論に至った園芸生活四年目です。
大昔から使われていた農薬は、恐らくそれほど危険ではないイメージです。元々自然界に存在していたモノの範囲に思われて。
怖そうなのは近代になって作られた化学合成農薬系かと思われます。使用後は時間とともに無害な物質に分解されると謳われる部類も、国によっては使用禁止だったりしている様子で。除草剤にはそんなモノも実際あります。

少し前の記事と重複しますが、その辺が比較的安全とされていた石灰硫黄合剤は家庭向けの少量で既に販売されていなかったりで。
代替品はどうにも化学合成系が一般的な様です。オーソサイド水和剤が特に現状で抱えている問題に効果がありそうでした。
現状の問題とは桃や梅の木の縮葉病です。桃の木は枝の上の方ほど枯れてきてしまった中、下の方から何とか伸びてきた枝だったのですが、その枝からせっかく生えてきた葉もヨレヨレの縮葉病で。
自分が引っ越してくる前から裏庭で育っていた梅の木がどうやら問題の発生源の様子で、この木は縮葉病以外もカイガラムシやアブラムシでテンテコ舞状況でした。
その梅の木は既に大きく成長していまして、この季節は大量の葉も付けており、今から何か対応しても無駄そうです。冬になって葉が落ちてからの対応が基本らしく。
他にも芝生の枯れとかも発生しています。これも日照不足だけの問題では無いのかも知れず。

化学的な点からも農薬について考えてみました。仕事で九年ほど無機化学の分析装置を扱っていたので、少しは知識もあります。
人が安全に口に入れているものであっても、過剰に取り入れるとそれは健康に悪影響があったりです。例えば水も塩も。
水だけがぶ飲みでも問題はあるそうで、塩の過剰摂取も当然問題があり。戦時中の自害方法の一つに醤油のがぶ飲みという手段もあったそうで。
何でも過剰接種が危険なのは明らかで。

で、心配される合成された物質についてです。
例えば、臭素酸です。臭素酸は発がん性が疑われており、水道法という基準の中でも許される含有量が定められています。
細かな単位を忘れてしまったのですが、10ppbとかの相当薄いレベル以下の含有量しか水道水には許されないそうで。
10ppbというのは1Lの水にターゲットの物質が0.01mg含まれるという濃度です。小さじ一杯の塩は約1g程度なので、それの一万分の一という極僅かな量です。
それを分析する装置は可能であれば0.1ppbくらい測れる精度が求められるのですが、装置のコンディションが維持されていないとけっこう厳しく。
某社の食パンに発がん性の臭素酸カリウムが含まれていたというのがWebで時々話題になっていたのですが、どれだけの量が含まれていたのか以前調べたところ、0.5ppbよりも小さいレベルだった記憶です。
高精度な専用の分析装置でも測れるか測れないかの限界な薄さです。仮にそれだけ含まれていたとしてもほぼ問題無いレベルかと思っています。
逆にそんな僅かなレベルでも公表していたメーカーの姿勢を評価すべきでは無いのかなぁと思ったりです。
数年前に検索した際に某社では既に臭素酸カリウムを使用していないと綴られていたのですが、いま再検索したところそれらしい文章は見当たりませんでした。
(上記の文章はうろ覚えの単位が含まれていますので、実際の値についてはご自身で検索してみてください)

参考になりそうな文献です。
臭素酸カリウムについてのQ&A

「百害あって一利無し」な物質でしたら、もちろん含まれていない方が良いですが、「十利あって一害」であれば定められた量の範囲内での使用は許されるくらいに自分は考えています。
農薬がまさしくその例なのかなぁと。
ただ、害の部分がよく分かっていない物質はやはり怖いです。ベトナム戦争で使用された枯葉剤も、遺伝子が破壊されて生まれてくる子供が奇形になる危険とか使用していた当時は分かっていなかったのかも知れず。
広島や長崎に落とされた原爆も、同様に遺伝子まで破壊されるレベルで。これも当初は分かっていなかったのか謎ですが、未だ保有国があるのはちと考え物というか。その時点だけの破壊だけでは済まされないので。
原発についても事故が発生してしまうと同様の危険が勿論考えられます。しかし、まともに稼働している範囲では一利くらい勿論あるので、まだマシなのかなぁと。事故が起きたら手に負えない部類なので、まぁデリケートな話題です。

と、話が大幅に脱線しました。
オーソサイド水和剤については既に半世紀以上前から世間で利用されており、使用方法さえ守れば害の部分はかなり小さいようです。
例えば果実の収穫から何日以内の使用は許されないとか。要はどれだけ残留しているかの部分です。
あとは野良猫とかが食べてしまわないような状況も無視できないです。

有機農法は善とされています。
それで上手くやっていけるのなら勿論良いとは思います。
過去に観た自然も扱うドラマでは有機農法(無農薬を含む)で失敗した例とか幾つかありました。
メジャーなところでは「北の国から」のスペシャルでしょうか。主人公の友人だった青年が有機農法を始めたのですが害虫だったか病気だったかが大発生してしまう場面でした。他の農場に飛び火しないよう、直ぐに処理が始まった場面に繋がりました。
他にも、数年前に観たドラマで僻地の町興しに有機農法を取り入れたものの、収穫間近に害虫が大量発生し農薬を陰で使ったところ、残留成分で何処かの検査機関にバレてしまい新聞沙汰になってしまったとか。
使った農薬が何なのか分かりませんが、収穫直前だったのも災いしたのかも知れません。基本的に、症状が出る前に使うべきとも自分は思っています。
結局のところ、無農薬は幾度か痛い思いしてからでないと気付かない部分があるのかなぁと。そして、農薬の使用はちゃんとスケジュールを組んだ中の比較的早い時期に実施すべきなのかなぁと。
昨日使用したオーソサイド水和剤についても、既に時遅しな状況でした。とりあえず、しばらくは食べられる系の園芸を予定していないので、まぁいいかで。
本来は冬の季節にしっかりとした対応が必要だそうで、次の冬に頑張らねばと。

遂に農薬を注文

2014年頃から植物を色々と育てていますが、どの植物も多かれ少なかれ病気や虫にやられていました。
農薬を使ってしまえば簡単に片付きそうではありましたが、極力それは避けたく。
しかし、引越し前の環境でも引越し後の環境でも事態は悪くなる一方。

農薬と言っても色々な種類があり、しばらく前の記事にも綴りましたが硫黄石灰合剤等はそもそも自然界に存在する物に近く、使用後も自然界に存在する物質に分解される割には病気や虫に対する効果も高く。
しかし、家庭向けの少量販売は十年前に頻発した事件で入手できなくなり、農家用の大容量なのは安いものの一生掛かっても使い切れない量。まして、余っても処分が面倒そうで。
合成された農薬は悪い噂も多く、それだけは避けたいなぁと。

硫黄石灰合剤の代わりになりそうな物を探したところ「オーソサイド水和剤」という製品が比較的近い性能の様子でした。
恐らく、合成された何かかとは思いますが、使用後も悪影響は少なめらしく。

これが家庭向けの50gで600円とかするそうで、250gで送料込みですと1200円くらいするそうで。
しかし、希釈倍率を800倍とかで使うそうですので、50gあれば40l分にはなるようです。そう考えると50gでも十分なのかなぁと。

陽当たりの悪さの可能性が高いですが、庭に一列に植えた芝生は一年で半分ほど枯れてしまい、これは病気にやられた可能性もあるそうでオーソサイドが効くそうです。
あとは、桃の葉や梅の葉の縮葉病もうちの庭は酷くて。これにも効果あるそうで。
他にもアブラムシの大発生等々。これにも効果が期待できそうで。
使い方をちゃんと守れば、食べられる植物への使用もまずは問題無い様子です。出所不明の野菜よりは安全なのかも知れません。
最低限の農薬使用であれば、メリットの方がやはり多いのかと思えてきました。

他にも、マリーゴールドの葉は途中で乾燥茶葉のような状態になりがちでした。虫に食べられているのか枯れてしまっているのかよく分からない症状でした。
これもちゃんと調べてみたところ、ナメクジ等に食べられる危険性が高いそうで。実際、自宅の庭には時期によってナメクジが多いです。
これも対策予定です。

追記:
届いた品を早速試してみました。
本来はもっと寒い季節で芽や若葉が出る前の使用が良いようです。


箱の中の粉末が入った袋に綴られた使用方法の説明はシンプルで分かりやすかったです。かなりのピンボケ写真、お許しの程。

庭の木の対策

一昨年入手した桃の苗木は残念なことに枝の上の方が枯れてしまい、かろうじて下の方だけ花を咲かせたこの春でした。
その花の周りには歯も生えてきたのですが、これがまた縮れていまして。
調べたところ、縮葉病のようでした。

そういえば、裏庭に元々あった梅の木も歯が縮んでいななぁと。
その梅の木は夏になるとアブラムシだらけ。
何とも残念な園芸状況です。
これでは枯らし名人で。

対策方法を調べると、石灰硫黄合剤というのが万能で効くそうです。
しかし、これが一般人には入手難。
以前は五百ミリリットルとかでも入手できたそうですが、現在は十リットルとかの大容量では入手可能なのですが、そんなに大量には要らなく、余ってしまったモノの処分も楽ではない性質かと思われて。

どうして入手困難になってしまったかというと、十年ほど前からしばらくの間に自害目的で入手された方が多かったそうで、販売の自主規制みたいな状況になったそうで。
硫化水素を発生させるのに利用されたそうでした。元々はムトウハップという入浴剤が利用されていたそうですが、上記の事件が増えて販売停止となり、ほとんど同じ成分の石灰硫黄合剤が利用されるようになったそうで。

農薬とか除草剤とかは成分によって危険なモノも多いようです。
短期間の利用で大きな効果があったりですが、その後も自然界では分解されない成分が含まれていたりだそうで。
ベトナム戦争の枯葉剤とかが分かり易い例です。食物連鎖で体内に吸収されて、本人には大きな影響が無くても生まれてきた子供に影響があったり。
化学的に分解されるというのはとても重要で、石灰硫黄合剤はちゃんと分解される部類らしく。
実際、梅も桃も育てたのを自分で美味しく頂きたいですし。

石灰硫黄合剤は七倍の希釈で使われる場面が多いそうです。(あまりちゃんと調べてはいませんが)
自宅の環境ですと、年に三百ミリリットルでも十分そうです。そんなのを十リットルも入手したら三十年でも使い切らないのでしょうし。
使い切る前に沈殿してしまったり組成も変わってしまいそうでもあり。

だいたい、そんな中途半端な規制をしたところで、焼け石に水かと思うのですが。
分解されるのか分かり難い農薬に頼るのは避けたく。