農薬の話

またしても農薬の話題です。
ともかく悪いイメージの農薬ではありますが、これを使わないことには植物はまともに育たないという結論に至った園芸生活四年目です。
大昔から使われていた農薬は、恐らくそれほど危険ではないイメージです。元々自然界に存在していたモノの範囲に思われて。
怖そうなのは近代になって作られた化学合成農薬系かと思われます。使用後は時間とともに無害な物質に分解されると謳われる部類も、国によっては使用禁止だったりしている様子で。除草剤にはそんなモノも実際あります。

少し前の記事と重複しますが、その辺が比較的安全とされていた石灰硫黄合剤は家庭向けの少量で既に販売されていなかったりで。
代替品はどうにも化学合成系が一般的な様です。オーソサイド水和剤が特に現状で抱えている問題に効果がありそうでした。
現状の問題とは桃や梅の木の縮葉病です。桃の木は枝の上の方ほど枯れてきてしまった中、下の方から何とか伸びてきた枝だったのですが、その枝からせっかく生えてきた葉もヨレヨレの縮葉病で。
自分が引っ越してくる前から裏庭で育っていた梅の木がどうやら問題の発生源の様子で、この木は縮葉病以外もカイガラムシやアブラムシでテンテコ舞状況でした。
その梅の木は既に大きく成長していまして、この季節は大量の葉も付けており、今から何か対応しても無駄そうです。冬になって葉が落ちてからの対応が基本らしく。
他にも芝生の枯れとかも発生しています。これも日照不足だけの問題では無いのかも知れず。

化学的な点からも農薬について考えてみました。仕事で九年ほど無機化学の分析装置を扱っていたので、少しは知識もあります。
人が安全に口に入れているものであっても、過剰に取り入れるとそれは健康に悪影響があったりです。例えば水も塩も。
水だけがぶ飲みでも問題はあるそうで、塩の過剰摂取も当然問題があり。戦時中の自害方法の一つに醤油のがぶ飲みという手段もあったそうで。
何でも過剰接種が危険なのは明らかで。

で、心配される合成された物質についてです。
例えば、臭素酸です。臭素酸は発がん性が疑われており、水道法という基準の中でも許される含有量が定められています。
細かな単位を忘れてしまったのですが、10ppbとかの相当薄いレベル以下の含有量しか水道水には許されないそうで。
10ppbというのは1Lの水にターゲットの物質が0.01mg含まれるという濃度です。小さじ一杯の塩は約1g程度なので、それの一万分の一という極僅かな量です。
それを分析する装置は可能であれば0.1ppbくらい測れる精度が求められるのですが、装置のコンディションが維持されていないとけっこう厳しく。
某社の食パンに発がん性の臭素酸カリウムが含まれていたというのがWebで時々話題になっていたのですが、どれだけの量が含まれていたのか以前調べたところ、0.5ppbよりも小さいレベルだった記憶です。
高精度な専用の分析装置でも測れるか測れないかの限界な薄さです。仮にそれだけ含まれていたとしてもほぼ問題無いレベルかと思っています。
逆にそんな僅かなレベルでも公表していたメーカーの姿勢を評価すべきでは無いのかなぁと思ったりです。
数年前に検索した際に某社では既に臭素酸カリウムを使用していないと綴られていたのですが、いま再検索したところそれらしい文章は見当たりませんでした。
(上記の文章はうろ覚えの単位が含まれていますので、実際の値についてはご自身で検索してみてください)

参考になりそうな文献です。
臭素酸カリウムについてのQ&A

「百害あって一利無し」な物質でしたら、もちろん含まれていない方が良いですが、「十利あって一害」であれば定められた量の範囲内での使用は許されるくらいに自分は考えています。
農薬がまさしくその例なのかなぁと。
ただ、害の部分がよく分かっていない物質はやはり怖いです。ベトナム戦争で使用された枯葉剤も、遺伝子が破壊されて生まれてくる子供が奇形になる危険とか使用していた当時は分かっていなかったのかも知れず。
広島や長崎に落とされた原爆も、同様に遺伝子まで破壊されるレベルで。これも当初は分かっていなかったのか謎ですが、未だ保有国があるのはちと考え物というか。その時点だけの破壊だけでは済まされないので。
原発についても事故が発生してしまうと同様の危険が勿論考えられます。しかし、まともに稼働している範囲では一利くらい勿論あるので、まだマシなのかなぁと。事故が起きたら手に負えない部類なので、まぁデリケートな話題です。

と、話が大幅に脱線しました。
オーソサイド水和剤については既に半世紀以上前から世間で利用されており、使用方法さえ守れば害の部分はかなり小さいようです。
例えば果実の収穫から何日以内の使用は許されないとか。要はどれだけ残留しているかの部分です。
あとは野良猫とかが食べてしまわないような状況も無視できないです。

有機農法は善とされています。
それで上手くやっていけるのなら勿論良いとは思います。
過去に観た自然も扱うドラマでは有機農法(無農薬を含む)で失敗した例とか幾つかありました。
メジャーなところでは「北の国から」のスペシャルでしょうか。主人公の友人だった青年が有機農法を始めたのですが害虫だったか病気だったかが大発生してしまう場面でした。他の農場に飛び火しないよう、直ぐに処理が始まった場面に繋がりました。
他にも、数年前に観たドラマで僻地の町興しに有機農法を取り入れたものの、収穫間近に害虫が大量発生し農薬を陰で使ったところ、残留成分で何処かの検査機関にバレてしまい新聞沙汰になってしまったとか。
使った農薬が何なのか分かりませんが、収穫直前だったのも災いしたのかも知れません。基本的に、症状が出る前に使うべきとも自分は思っています。
結局のところ、無農薬は幾度か痛い思いしてからでないと気付かない部分があるのかなぁと。そして、農薬の使用はちゃんとスケジュールを組んだ中の比較的早い時期に実施すべきなのかなぁと。
昨日使用したオーソサイド水和剤についても、既に時遅しな状況でした。とりあえず、しばらくは食べられる系の園芸を予定していないので、まぁいいかで。
本来は冬の季節にしっかりとした対応が必要だそうで、次の冬に頑張らねばと。

遂に農薬を注文

2014年頃から植物を色々と育てていますが、どの植物も多かれ少なかれ病気や虫にやられていました。
農薬を使ってしまえば簡単に片付きそうではありましたが、極力それは避けたく。
しかし、引越し前の環境でも引越し後の環境でも事態は悪くなる一方。

農薬と言っても色々な種類があり、しばらく前の記事にも綴りましたが硫黄石灰合剤等はそもそも自然界に存在する物に近く、使用後も自然界に存在する物質に分解される割には病気や虫に対する効果も高く。
しかし、家庭向けの少量販売は十年前に頻発した事件で入手できなくなり、農家用の大容量なのは安いものの一生掛かっても使い切れない量。まして、余っても処分が面倒そうで。
合成された農薬は悪い噂も多く、それだけは避けたいなぁと。

硫黄石灰合剤の代わりになりそうな物を探したところ「オーソサイド水和剤」という製品が比較的近い性能の様子でした。
恐らく、合成された何かかとは思いますが、使用後も悪影響は少なめらしく。

これが家庭向けの50gで600円とかするそうで、250gで送料込みですと1200円くらいするそうで。
しかし、希釈倍率を800倍とかで使うそうですので、50gあれば40l分にはなるようです。そう考えると50gでも十分なのかなぁと。

陽当たりの悪さの可能性が高いですが、庭に一列に植えた芝生は一年で半分ほど枯れてしまい、これは病気にやられた可能性もあるそうでオーソサイドが効くそうです。
あとは、桃の葉や梅の葉の縮葉病もうちの庭は酷くて。これにも効果あるそうで。
他にもアブラムシの大発生等々。これにも効果が期待できそうで。
使い方をちゃんと守れば、食べられる植物への使用もまずは問題無い様子です。出所不明の野菜よりは安全なのかも知れません。
最低限の農薬使用であれば、メリットの方がやはり多いのかと思えてきました。

他にも、マリーゴールドの葉は途中で乾燥茶葉のような状態になりがちでした。虫に食べられているのか枯れてしまっているのかよく分からない症状でした。
これもちゃんと調べてみたところ、ナメクジ等に食べられる危険性が高いそうで。実際、自宅の庭には時期によってナメクジが多いです。
これも対策予定です。

追記:
届いた品を早速試してみました。
本来はもっと寒い季節で芽や若葉が出る前の使用が良いようです。


箱の中の粉末が入った袋に綴られた使用方法の説明はシンプルで分かりやすかったです。かなりのピンボケ写真、お許しの程。

庭の木の対策

一昨年入手した桃の苗木は残念なことに枝の上の方が枯れてしまい、かろうじて下の方だけ花を咲かせたこの春でした。
その花の周りには歯も生えてきたのですが、これがまた縮れていまして。
調べたところ、縮葉病のようでした。

そういえば、裏庭に元々あった梅の木も歯が縮んでいななぁと。
その梅の木は夏になるとアブラムシだらけ。
何とも残念な園芸状況です。
これでは枯らし名人で。

対策方法を調べると、石灰硫黄合剤というのが万能で効くそうです。
しかし、これが一般人には入手難。
以前は五百ミリリットルとかでも入手できたそうですが、現在は十リットルとかの大容量では入手可能なのですが、そんなに大量には要らなく、余ってしまったモノの処分も楽ではない性質かと思われて。

どうして入手困難になってしまったかというと、十年ほど前からしばらくの間に自害目的で入手された方が多かったそうで、販売の自主規制みたいな状況になったそうで。
硫化水素を発生させるのに利用されたそうでした。元々はムトウハップという入浴剤が利用されていたそうですが、上記の事件が増えて販売停止となり、ほとんど同じ成分の石灰硫黄合剤が利用されるようになったそうで。

農薬とか除草剤とかは成分によって危険なモノも多いようです。
短期間の利用で大きな効果があったりですが、その後も自然界では分解されない成分が含まれていたりだそうで。
ベトナム戦争の枯葉剤とかが分かり易い例です。食物連鎖で体内に吸収されて、本人には大きな影響が無くても生まれてきた子供に影響があったり。
化学的に分解されるというのはとても重要で、石灰硫黄合剤はちゃんと分解される部類らしく。
実際、梅も桃も育てたのを自分で美味しく頂きたいですし。

石灰硫黄合剤は七倍の希釈で使われる場面が多いそうです。(あまりちゃんと調べてはいませんが)
自宅の環境ですと、年に三百ミリリットルでも十分そうです。そんなのを十リットルも入手したら三十年でも使い切らないのでしょうし。
使い切る前に沈殿してしまったり組成も変わってしまいそうでもあり。

だいたい、そんな中途半端な規制をしたところで、焼け石に水かと思うのですが。
分解されるのか分かり難い農薬に頼るのは避けたく。

可哀想なことをしてしまった

庭の桃の木についてですが、ここ何ヶ月か気になっていた状況でした。
枝が枯れているような状況で。

そろそろツボミが出てきてもいいのになぁと思っていたのですが、木の下の方の枝に僅かに出てくるのみ。
去年は上の方の枝にも沢山のツボミがあったハズだったのにと去年の記事を確認したところ、やはり上の方の枝は枯れているようです。

>>木が乾きによって上部から枯れてくるのを業者間では「下る」と言います。
という文章が質問系のサイトの回答にあり、どうやらコレが原因っぽく。

原因を調べてみたところ、暑い夏場に全く水やりをしていなかったのが問題だったようで。逆に水やりのし過ぎが良くないくらいに思っていまして。
地植えなら、地面から水分を吸収して耐えられたのかもしれません。しかし、地植えでは巨大になってしまいそうで鉢植えにしていました。
引越し早々に小さな畑を耕した際、元々あった切り株等の撤去で相当骨が折れまして。木の根は想像以上に伸びているもので。
実際、剪定しないで放置していたら地上で育つ部分も恐ろしく成長してしまうのが木で。

白桃と白鳳の二種類の木、白桃はまだ症状がマシですが、白鳳はかなり重い症状です。
そんなワケで、今年の春はちと寂しい桃の開花になってしまいそうです。

庭の剪定

一昨日、マンションの庭に剪定が入りました。
裏庭(B面)で鬱蒼と茂っていた梅の木等も手入れして頂けるとの話でした。
聞いていた予定は一昨日だけ。

自分が引っ越してきたのは一昨年の秋で、剪定が入るのは初めてかもしれません。
マンションを囲む木々はその間伸び放題でした。
自分の部屋を取り囲む木々は出来る範囲で手入れをしてきたつもりですが、夏季の成長は想像以上でした。
葉の落ちた昨年の秋、自分ではけっこう大胆に剪定したつもりの梅の木も現在は伸び放題。
まして、現在はアブラムシだらけで近付くのも恐ろしい状況。葉の落ちた季節にまたやろうと思っていた矢先にプロが手入れしてくれるそうで。
マンションの修繕積立金だか管理費だかで賄ってくれるそう。これは助かります。

一昨年の引越し早々、庭に生えていた幾つかの木を自分は根元から抜いていました。畑として使えそうな領域、余計な木はどかしたく。
この作業がなかなかの苦労でした。切株を抜く作業がとても厄介で、ともかく地面下で伸びる根は想像以上で。
やっと抜けた切り株や太い根の処分にも困りました。とりあえず、B面の目につかないところに放り込んでおきました。十年くらいで土に帰るだろうと。
昨年入手した桃の苗木は地植えにしたかったのですが、後々の処分まで考えると恐ろしく、鉢植えにしている状況です。

他にも謎の木が自分の部屋周りで育っているのですが、マンションで最初から植えられていた木なのか、先住民が個人的に植えた木なのか分らず。
しかし、謎の木の一つは金木犀でした。昨年の秋にあの素敵な香りが漂い、判明しました。
自分は金木犀の香りが好きで、危うくそれを処分してしまうところで。

一昨日の剪定は、植木屋さんの職人が三人がかりで作業されていました。マンション全体を取り囲む木々の剪定が主でした。
自分の部屋のA面側の剪定もやって頂けました。
職人さん曰く、この毛虫は刺されると凄く腫れるから気を付けた方が良いと。そんなのが一杯いたりでした。
夕方には作業を終えたようです。

残念なことに、自分の部屋のB面は未着手なままでした。
他にもマンションの中庭で成長中のイチョウ(?)か何かの木も未着手。この中庭は日当たりが悪く、シダ類らしき謎の植物も地面を覆っていて。
しばらく前に気になりマンションの管理人さんに確認したのですが、自分の部屋に以前住まわれていたお婆ちゃんが、ボランティア的に手入れをしていたそうです。しかし、申し送りはされていませんでした。
マンションで最初から植えられていた木なのか先住民のお婆ちゃんが個人的に植えた木なのかは謎で。
ともかく、もはや成長し過ぎで自分には手に負えない状況でした。
葉が落ちる季節に自分が手入れするしかないのかな?

そして昨日。朝からパキパキ音が聞こえてきました。
どうやら、B面も剪定して頂けている様子で。これは助かります。
早速挨拶に向かってみました。
梅の実を楽しみにしていたものの、アブラムシだらけで残念な状況だった旨を伝えると、アブラムシ対策用の薬品をあとであげるからと。
地面に撒くと木に吸収されてアブラムシを寄せ付けない薬、ペットボトルに分けて頂けました。
その他、色々と教えて頂けました。

自分、昨日の日中は外出しておりまして。帰宅すると、中庭の大きな木もB面の木もスッキリしていました。
何より感動したのが、B面の地面に放ってあった切株や根の残骸まで処分して貰えていて。
目の届かない場所まで手入れして頂けるとは。自分が汚していたのに。
植木屋さんは近くにお住まいらしいので、個人的にお礼に伺わねばと思っております。

マンションの入り口にはマンション名が彫られた金属製のプレートがあります。
これも成長した葉に埋もれていたのが蘇っていました。
「昭和63年3月竣工」の文字がありました。自分がハタチの頃です。昭和は翌年の1月に終わったんだよなぁと。
そして、平成ももう少しで終わってしまうんだよなぁ。