FT8環境のコピー

FT8環境を別のPCにコピーするのに必要な情報を軽く纏めました。
明日にでもローカル局さんの新しいPCで試す予定です。
運が良ければ細かい設定も引継ぎ出来るかも知れません。特にJTAlertの設定は気が遠い作業でして。

参考にさせて頂いた記事は「My first steps」さんの「WSJT-XとJTDXのログファイルの共有」になります。

WSJT-X :c:\users\%username%\AppData\Local\WSJI-X\
JTAlert :c:\users\%username%\AppData\Local\HamApps\

あとはLoTW(TQSL)周りの設定がちょっと思い出せず。
以前に取得した証明書が再利用出来るのか、それとも新たに証明書を取得すべきなのか。
更に、一枚の証明書が複数のPCで利用出来るのか。

追記:
検索したところ、TQSLの設定周りはこのサイトが詳しかったです。

更に追記:
上記の情報を元に、全て上手く行きました。勢いのあるうちに一気に片付けちゃいましょうと21時を回った時刻にローカル局さん宅へお邪魔しまして。
B4も細かい設定もWSJT-XもJTAlertでも引き継がれましたし、LoTWもすんなりと動作してくれました。
もっと面倒な作業になるかと思っていました。自宅でメインのデスクトップPCも一度クリーンインストールして快適さを取り戻そうかなと。
若しくは、Windows11にしてしまうか。ハードウエアが要件を満たしていない五年前のモデルですが、無償でアップデートが可能なのはあと数日だったかで。(←これは誤情報だったらしく、当面は無償だそうです)

一杯のらーめん

午後を回った頃、庭先で自分を呼ぶ声が。
ローカル局さんでした。
注文したノートPCが届いたそうで、設定でハマってるとのこと。
老眼鏡を持ってご自宅へ伺うことに。

PINコードとは何ぞや?との質問から始まりました。
それにしても、ネット経由の注文から一週間も待たずに届いたとは恐れ入りました。
利用目的はハッキリしていて、HF専用の無線機を追加購入したので、それ専用のFT8向けなPCが必要で。
一台のPCでも設定変更で二台の無線機を利用出来るのですが、切り替える度に幾つもの設定をイジるのは面倒臭いですし、自分でも個別のPCにするだろうなぁと。

そんな流れで、FT8の運用に必要なソフト類をインストールしたのですが、JTAlertのインストールが何故か失敗。何度やっても上手く行かず。
.Net関連が上手く行っていないのか疑ったり、色々と試しても全然駄目で。
そこで一時間以上立往生。

結果的にJTAlert 2.60.2のインストーラーに問題がありました。一つ前のバージョン2.60.1を試したところ、あっさりとインストール出来てしまい。
初回インストール以外は上手く行くのかな?
ともかく、妙なバグにハマらせられました。

これまでメインで利用していたリグはHF~UHFまで利用可能でしたが、新しいリグはHF~50MHzまでのリグで。
144と430MHzは古いリグと古いPCで、それ以外は新しいリグと新しいPCでの運用を想定しているそうで。
細かなセッティングは次回の予定としました。
これまで溜まってきたログデータの移行が必要なので、ある程度は作戦を考えておく必要が事前にあり。
特にB4のファイル(交信済み)の扱いが重要で。
ファイルサーバーにその辺のデータを置いて2台のPCで共有するのがスマートな運用にも思えるのですが、トラブった時が面倒ですし、その辺はシンプルな方が良いだろうなぁと。
ただ、運用開始後は全く別のログファイルへと枝分かれしてしまいます。
その辺の説明をローカル局さんにしたところ、言いたいことはちゃんと伝わっていました。

七十代半ばの年齢で、ちゃんと理解出来るのはやはり凄いです。
そもそも、パソコンを使うようになってまだ五年未満だというのに。
自分も仕事上で色んな世代の方に分析装置や専用ソフトの使い方を伝授してきたのですが、この世代でかなり優秀な呑み込みの速さです。
だいたい、選定されたHPのノートPCも今購入するなら自分も同じのにしたと思います。ともかく嗅覚が元々鋭そうです。

今宵は上記のログファイルが何処にあるのか等、下調べしておく予定です。
ローカル局さんは近いうちにラーメンを一杯奢ってくれるそう。
楽しみ楽しみ。

難局な南極

昨日の夕刻、イップクしようとベランダへ出てみたところ、ローカル局さんが歩道でうちのアンテナを見上げていました。
台風の被害が無かったのか確認に着た様子でした。
新しい無線機を最近購入されたそうで「それ、見せてくださいよ」とご自宅へ伺ってみることに。

ICOM社のIC-7300というリグがシャックに鎮座していました。
FT8の設定で色々とハマっていたそうです。パソコン周りの設定がよく分からなかったそうで。
だったら一言声掛けてくれれば良かったのに。(だからさっき来たのかもですが)

自分より二周り近く年上のローカル局さんには、パソコンの設定関係が優しくない様子でした。
その代わり、無線の技術的な部分は自分なんかより良く理解されていて。ローカル局さんは元々電気工事屋さんだったので、うちのアンテナ周りの資材も色々と提供してくれたりアドバイス頂けたり。
お互い不得意な分野を補完しつつ、いい感じでレベルアップしてこれた関係だったと思っています。
立派なリグが二台揃ったローカル局さん、以前から課題だったPCの新調もいよいよ必要になったので、機種の選定も手伝ってあげたりでした。
御本人が選択された機種はコストパフォーマンスも良く「これなら背中押せます」との流れに。納期も二週間くらいでしたし。

二週間後にタイミングが合えば、PCの設定類で自分も手伝ってあげたいところですが、どうなるのか。自分も何かと瀬戸際でして。
まぁ、上手く設定された後の動きはローカル局さんも十分使い慣れているし、そこまでは辿り着けそうなノウハウもこの10ヶ月で身に付かれた様にも思えます。
運転に慣れていて教習所に通うようなものです。

ローカル局さんはNanoVNAも酷使されていました。筐体は既にボロボロです。
元々はV/UHFのアナログ通信しかしていなかった方ですし、デジタルなFT8を紹介したのは自分で。
オペレーションに慣れたら、英語なんて知らなくとも海外と同じように交信出来るのだからとHFの紹介もしてみたりでした。
自宅のチンケな無線機とアンテナで遠くの海外とやり取りするのも観てもらったり。
ローカル局さんもそれで火が付いた様です。

立派なタワーにHFの立派なアンテナを上げている現在のローカル局さんです。
あんな大きなアンテナも自作されつつ、最新の測定器で色々と試しつつ。
そして、先ほど電波の到達をチェックしてみたところ、南極にも届いていました。

これは凄いです。我が家の設備では絶対に無理。
まだ交信まで至っていないようですが、射程距離に入っています。
我が家からは聴こえもしない南極です。

ローカル局さんは我が家から40mしか離れていないので、どちらかが電波を出したら潰し合いの関係でもあります。低めの周波数の波長よりも短い距離です。
送信に気付いたら、互いに一歩譲っていました。
ともかく、ここまで切磋琢磨出来てきた10ヶ月でした。
これが何だか嬉しく。

特にアマチュア無線ですと、距離の近過ぎるローカル局とはトラブルになることも少なくない様です。
そして、ここに引越してきてやはり良かったと思えます。

SE3X局

数ヵ月前に2つのバンドで交信したスエーデンのSE3X局。
eQSLでのカード交換はされないようなProfileだったのですが、本日何故か2通とも届いていました。
カードのデザインも遊び心があり、大人な局長さんだと思われます。

DXCC

FT8なデジタル通信ばかりですが、昨年の11月に始めてからDXCC(交信した国の数とでもいうのかな)は正式なARRL上にて82ヶ国のままで停まっています。
非正式なQEZ.com上では91ヶ国です。
先月の二度の帰省以降、何故か無線への熱が冷めてしまっていまして。
空のコンディションがイマイチなのもありますが、インターネットやアマチュア無線を使わない対面のコミュニケーションの大切さに改めて気付かされてしまったり。

ここまで綴ったところで、自販機にて冷たい飲み物を入手。
帰り道にローカル局(近隣の無線家)を見掛けたので、ちょいと世間話。

ローカル局さん曰く、母親の他界後の揺さぶりは五年以上続いたそうです。
その間は仕事に没頭し、お金も随分溜まったと。
しかし、五年は随分と長く。友人によっては二年と答えていましたが、それでも長いくらいに思っていました。

忘れるという能力はデメリットばかりじゃないのかもなぁと思えたり。
70代のマンションの管理人さん曰く、ほとんどのキョウダイが既に他界してしまったそうで、長生きもけっこう大変そうなことを言っていました。
ある程度の歳になったら、さっさと見送られるくらいの方が幸せなのかなぁとも。

都内在住で引越しから七年程度の自分ですが、こんな世間話が出来る御近所さんが何人も居て、案外恵まれているのかも知れません。
一人で悩みを抱えている人は多いのでしょうし。

そうそう、無線の記事で綴っていたのでした。
ローカル局さんのDXCCはQRZ.com上で既に100局を超えていたそうです。一ヶ月ほど前までは自分の方が稼げていたのですが、やはりタワーに上げたビームアンテナが威力を発揮している様子。
自分の方はマイペースが続きそうです。

集合住宅のアンテナ

昨夜のこと、21MHzと18MHzのFT8でジンバブエと交信しました。
それなりのパイル状況だったので、無駄かと思いつつ呼んでみたところ案外あっさりピックアップして頂けました。
そして、こちらの信号は意外に強く届いていました。アフリカはこれで三ヶ国目でしょうか。
コロナ禍に無職で楽しめる趣味に、FT8なアマチュア無線がかなり活躍してくれた半年少々です。

昨年の暮れ頃から始めたFT8、季節によって開ける時間帯が随分と変るものだなぁと最近思っています。
夏場の方が飛びやすいのかと思っていたら、それほどでも無かったり。
あと、上級免許しか出られない14MHzはもっと遠方が聴こえるものかと思っていたのですが、コンディション次第では21とか18MHzの方が聴こえてきたりで。
これでは上級資格の意味が無いよなぁと思えたりです。自分は3級の免許しか所有していいないのですが、これで十分に思えてしまい。
実際50W出力でも電波障害は若干ありまして、これ以上の出力は望んでもいませんし。

Twitterで他の局長さんの運用状況をチェックすると、タワーにビームアンテナを乗せられている方はやはり無敵に近い様子です。
自分のアンテナでは全く聴こえもしない海外の局と交信していたり。まぁこればかりは仕方が無いのですが。
ただ、マンション1階というロケーションの中では、自分のアンテナはかなり頑張っている方にも思えます。
バルコニーがある分、アンテナの長さだけはそれなりに伸ばせられるのと、限られた敷地内で目一杯長いアンテナを設計したのは結果的に意味があった様です。
バラン以外の部材はローカル局さんから頂けたものばかりですし、ほとんどお金が掛かっておらず。

以下はうちのダイポールで交信出来た地域や、その特性です。(全てFT8)

【7MHz】
アジア、オセアニア、北米、南米。
50MHzのエレメントの先にトラップコイルを付け、短縮率50%くらいのエレメント。冬場の夜はハイバンドが静かなので、そのタイミングではメインなバンド。国内交信だけで構わないのなら1Wの送信出力で全都道府県カバー出来ると思います。しかし、短縮率が高い為、使えるバンド幅はかなり狭いです。FT8だから許される仕様。雨が降ると中心周波数が大幅に下がり、手動のアンテナチューナーで合わせています。

【18MHz】
アジア、オセアニア、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ。
28MHzのエレメントの先にトラップコイルを付け、ほぼフルサイズに近いエレメント。
21MHzより開けている時間は長く、飛びは21MHzと大差無し。雨にも強し。

【21MHz】
アジア、オセアニア、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ。
フルサイズのエレメントで自分のメインなバンド。モノバンドで行くなら21MHz一択。18MHzよりエレメント長が僅かに短いので、それも集合住宅向けかと。
フルサイズですのでバンド幅はそれなりにあり、音声通信も可能です。

【28MHz】
アジア、オセアニア、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ。
フルサイズのエレメントでたまに利用するバンド。
季節によって癖があり冬場は静かですが、夏場は時間帯によって21MHzよりも元気。

【50MHz】
アジア、オセアニア。
夏場の開けている時間帯にはヨーロッパを呼ぶJAのパイルが見えますが、こちらからヨーロッパは全く見えず。タワーにビームが無いと難しそう。高層階なら何とかなるのかも。

元旦の深夜の雪でダイポールの調子が悪かった際、試しに使った5バンドのモービルホイップ、この7MHzで北米と繋がったのは驚きでした。

過去に幾度か綴りましたが、屋外型ATUは試した結果が残念でした。同調したアンテナには敵いません。下手をするとモービルホイップにも負けるかもです。
雑誌では特集されがちな魔法の箱ATU的な扱いなのですが、最後の最後の手段と考えた方が良さそうです。
リグからすればSWRが下がりますが、エレメント上では送信時にATUの有無は関係無いハズです。例えばATU無しでSWRが4の場合、エレメントから放出される電波は64%くらいかと。SWRが6ですと49%しか放出されません。
また、アースやカウンターポイズの扱いでハマる可能性も大です。

集合住宅の小さなベランダでアンテナを設置するのであれば、自分でしたら市販の多バンドなV型ダイポールを選びそうです。
短縮率が高いので調整はかなりクリティカルだと思いますが、NanoVNAがあればかなり楽に調整可能かと思います。

若しくは市販のバランを利用し、先ずはモノバンドのダイポールを製作するのが良いと思います。
短縮率50%の21MHzなダイポールでしたら、両エレメントで4m未満ですし、工夫すればベランダにも何とか収まるかと。
何れにしてもNanoVNAがあると、何かと重宝します。
しかし、こればかりはその環境で試してみない限り結果が分からなく。給電点やエレメントの末端が建物から少し離れるだけで、SWRだけでも結構違いが出たりで。

費用対効果で考えると、やはり自作ダイポールをNanoVNAで追い込むのがオススメです。
手間と知恵が必要ですが、やり甲斐はあります。

NanoVNAのススメ

某SNSでNanoVNAの質問がありまして、軽く記事にしてみます。
NanoVNAとは小さなネットワークアナライザーで、数年前ならとんんでもない値段だった測定器の機能を持っています。
アマチュア無線の世界では最近かなり注目されており、これまで高根の花だったアンテナアナライザーの機能も持っていて。自分はほぼその機能しか利用していませんが、十分に元は取れています。
それまで一般的だったアンテナアナライザーは五万円以上の値段だったものの、NanoVNAは七千円ほど。
他にもスミスチャートを描けたり、線材の断線ヵ所を特定したりも出来るそうです。
が、市販品のアンテナの調製はアンテナアナライザーの機能を使う程度でも十分かと。
自分の場合はマルチバンドなダイポールのトラップコイルの設計等で共振周波数の確認にも使ったりでした。

ただ、プロ用の数桁高価なネットワークアナライザーに比べると、細かな点ではアバウトな測定器だとは思います。
例えば、付属のダミーロード等で校正が可能なのですが、そのダミーロードも安物のせいかRだけではなくZも持ってしまっているとの指摘も。
ただ、ほとんどのアマチュア無線家には些細な誤差の範囲かと思われますし、ともかくコスパの良さと高性能がこの製品の売りで。

NanoVNAも液晶サイズ等の違いで様々な製品が発売されていますが、自分は一番安い部類で評価も良かった以下の製品を入手しています。

現行のモデルは50KHz~1.5GHzまで対応しています。
自分の場合は430MHzのリグまでしか所有していないので、1GHz以上は使ったことがありません。

【購入に当たって】
個人的には液晶画面など小さくても構いませんでした。とにかく安いのを欲しかったので。
これがワンサイズ大きな液晶でも特別観やすいワケでもなく、老眼鏡は必要でしたし、屋外での機動性を考慮したら小さい方がメリット感じたりです。

Amazonでも色々な製品が販売されていますが、ある程度レビュー数の多い製品が安心感あります。
製品の校正に必要な治具類は全て同封されている様です。

ただ、気をつけるべきなのはSMAからの変換コネクタが別途必要なことです。
自分は手持ちの幾つかの変換コネクタで使用可能でしたが、それらが本体より重い結果に。
後日、秋月さんで一発変換可能なコネクタを250円くらいで入手しました。(製品はSMA-J⇔UHF-J)

他にも屋外使用用途で百均のケースを入手される方が多い様子です。

【製品到着後】
先ずはキャリブレーションが必要です。参考になるサイトは幾つもあるのですが、自分が参考にしたのは以下のサイトです。
「たっぷりな時間を使って老後を楽しもう!」さんによる「安価な NanoVNA と NanoVNA Saver を使って SWR のベスト調整

ただし、上記につきましてはキャリブレーションの完了までで十分だと思います。
PC用のソフトは自分も滅多に使いませんし、ファームウエアのバージョンアップは文鎮化してしまうリスクもあるので、自分はしていません。
また、デフォルトではスミスチャート等の様々な表示が画面に表れるのですが、これが逆にゴチャゴチャして解り難いので、自分はSWRの周波数特性だけを表示する様にしています。
この余計なのを表示させない設定もちょっとハマりました。
また、その設定もメモリーし、次回起動時はSWRを測る開始周波数と終了周波数の入力のみで使える様にしています。
更に、普段は7MHz~50MHzのアンテナしか測っていないので、メモリーの周波数も少し広めな5MHz~60MHzの範囲で起動する様にしています。
最初に大雑把な全体像を確認後、ターゲットの周波数のみを表示させています。

気が向いたら、上記の解説をこの記事でちゃんとしてみたいです。
ともかく、最初の校正と表示設定の変更は、ちと面倒でした。

【実際のSWRの測定】
1)測定対象のアンテナ等を接続
2)起動後に「トップメニュー」→「STIMULUS」→「START」で測定開始周波数を入力。
3)同様に「STOP」で測定終了周波数を入力。
これだけでSWRの周波数特性が測れます。

上記は21MHzのアンテナを測定した例です。
START20MHzでSTOP22MHz、ディップの底は21.080MHzでほぼFT8用。その時のSWRは1.099です。
ディップの始まりは約20.5MHzで終わりは21.8MHz辺りになります。
ディップの底に「1」という表示がありますが、これはマーカーと呼ばれ、複数個のマーカーを表示させることが可能です。例えばディップの始まりや終わりに計三つとか。

【その他】
測定内容にもよるのですが、自分のNanoVNAはフル充電で連続二時間は利用可能でした。
なので、屋外使用でもちょっとした調製でしたら電池の持ちは十分かと思います。
付属のUSBケーブルで充電可能ですので、万一の際にモバイルバッテリーを持参しておけばまず心配は無いと思います。

一般的なアンテナアナライザーですと周波数帯域までのSWR表示は出来ず、それをやろうとしたら何十ポイントも測定してグラフを手書きとかExcelで表示するハメになるのですが、NanoVNAですと一発で目視可能です。
これが無ければ5バンドのダイポールアンテナを作ろうなどと思いませんでした。
また、市販の5バンドのモービルホイップも調整がやたらとクリティカルでしたが、これもあっという間に完了しました。
今月号のトラ技でも特集が組まれていますし、これは図書館で読んで内容が濃ければ購入予定です。(書籍類は引越しの度に手放しがちだったので、滅多に購入していません)