Gmailなかなかやるな

今朝、Gmailで添付ファイル付きのメールを送ろうとしたところ、警告が。
『メッセージに「添付いたします」と書かれていますが、ファイルが添付されていません。このまま送信しますか?』

かなり感動しました。
このドジけっこう踏みがちで。後から再送が必要になった場面もしばしば。
世の中、何気に進化していますネ。

HDDの転売事件

最近のニュースで気になった一つがHDDの転売事件でした。
大手企業や官公庁から預かった廃棄予定のHDDを転売していた件です。

管理方法の甘さが主な問題になっています。
過去に自分が関わった仕事でも、似たような案件がありました。
特殊用途のストレージサーバーを販売していた会社なのですが、リプレースで引き取った旧サーバーに内蔵されるHDDは物理的にクラッシュしてから廃棄する契約で。
しかし、上からのお達しでそれを再販する指示があり。そんなの関わっていられないので、試用期間の終了時にサヨナラとなりました。所謂組織的犯罪に当たり。
このパターンですと、バレても指示役はトカゲの尻尾を切るだけだろうと思えてしまい。ただ、実行役だけの問題では社会的に収まらないとも思えました。兎も角、前科者だけはなりなくなく。
試用期間中の社員に指示するのも理解に苦しみましたし、逆に正式採用前に裏面が分かって良かったとも思えましたが、ドブに捨てた三ヵ月になりました。
上記は既に十年以上前の話です。その会社が最近どうなったのか検索したところ、数年前に倒産していました。倒産した原因は不明です。
開発力は高い会社だったのですが、従業員達は今頃どうしているのだか。利益は十分に出ていた会社でしたし、独自技術もあったので、そんなダーティーワークに手を染める必要など無かったと思うのですが。

上記は既に古い話なので、ここに綴っても問題無いだろうと。まだ存続している会社だったら、やはり載せられない話題でした。(話題としては面白いのですが、同様の理由で綴れない案件も自分は幾つかありました)

それ以外に気になった点も一つ。
HDDは長期的消耗品で、五年を目安に自分は交換するようにしています。特にソコソコ稼働率の高いPCですと、HDDの突然のクラッシュは命取りで。
仕事上でも、同じ考え方でした。実際に五年以上使用しているPCで故障原因の過半数はHDDのクラッシュでしたし。
数十年前のPCと比べて、現代のPCは十年くらい使用可能だと自分は思っています。しかし、HDDを除いてという条件付きです。
DELL製のPCを仕事上で扱う機会が自分は多かったです。その中でSeagate製のHDDを積んだモデルは故障率が異常に高かった記憶です。修理の際に用意するHDDはWestern Digital製を好んで採用していました。

現代ではHDDが大容量であってもそれほど高価ではありません。なのに、敢えて中古をオークションで入手する人が居るというのがけっこう不思議です。
それを購入する人は、PCにそれなりに精通しているでしょうから、尚の事不思議です。
元々どんな用途で使っていたのか分からないシロモノですし、ともかく消耗品なのですから。

自宅のPCはHDDの替わりにSSDを使用しています。圧倒的に高速だからです。重要なデータ類は年に数回HDD内蔵のNASに保管しています。
そのNASは年間に十時間程度しか使用していないので、恐らく十年くらいは持ってくれるかなぁと期待しているのですが、ちょっと考えが甘いかもなぁとも思ったり。
万一、台風で近くの江戸川が氾濫しそうな場面があったら、このNASだけは一緒に避難予定でもあります。二十年分の撮影データが全部消えてしまうのは耐え難く。

AIの怖い部分

昨夜観たドキュメンタリー番組で「AIの怖さ」みたいなのが紹介されていました。

しばらく前に、某就職サービスで「内定辞退者予測サービスを企業に提供していた」件が問題になったのですが、売られた情報はサービス利用者の学生の言動を調査して導かれた結果だったっそうです。
「過去の同レベルの学生が幾つもの企業から内定を頂いた場合、選ばれるのはこの企業」等の情報をストックし、本人の行動パターンから内定辞退を予測してしまうそうで、その情報によって企業から門前払いもあり得るそうで。
100%の保証は無い情報だと思いますし、好みというのは人それぞれなのですから「その他」な例外的な人も居ると思うんです。たぶん自分もその一人だと思いますし。
チャンスを取り上げてしまうようなサービスは、どうにも好きになれません。
企業にとっては採用の効率も大切なのでしょうけれど。

もう一つ気になる例が紹介されていました。
一部の就職サービスでは、本人のSNSアカウントを特定し普段の素行を調べられてしまうそうで。
裏アカウントもキーワードや交友関係で探し出し、そこの本音がけっこう重要だそう。
裏アカウントで綴られた言葉の中にネガティブなものが多いと、評価が下がるそうです。(ダークワードリストと一致する言葉がどれだけあったかとか)
膨大なデータの中から一瞬で結果が導かれるそうで、人間業ではとても敵いません。
就職サービスに限らず、例えば家のローンを借りる際とか婚活サイトとかでも使われてしまいそうな機能です。

人は誰でも表裏が多かれ少なかれあると思います。コンピューターとは違うのですし、それが全く無いのはそれこそコンピューターのような味気ない奴になってしまいそうです。
ただ、表裏があり過ぎるというのはやはり問題なんだろうなぁとも。
就職試験の中には適性試験というのもあるのですが、「正直に回答せよ」と言われても善人を装うことも出来てしまうワケで。普段の素行から正体見たり!は、案外理にかなっていますし、裏で悪い事をする人が減るキッカケにもなるのかな?
街中に監視カメラが溢れたり、車にはドライブレコーダーが搭載されて結果的に犯罪の抑制にも繋がっていますし。
お天道様はお見通しだよと。

しかし、「裏アカウントのダークワードに本性を観る」なんてことは、誰だって思い尽くし、鍵の掛かった日記を盗み見るようなもので。
AIの本質はもっと難解なブラックボックス経由で回答を導くイメージでした。どういったアルゴリズムで計算しているのか人間には分からないイメージでした。
去年辺りに観たAI関連のドキュメンタリー番組では「少子化を食い止めるヒント」みたいな計算結果で「どうしてこれが?」と思われるキーワードが幾つか導かれていました。
そうすると、今回の番組はAIとあまり関係無いのかな?とも思えてしまい。計算方法が人にも解りやす過ぎるからです。

昨日は似たようなニュース記事も観掛けていました。「クッキー情報収集、公取委規制へ」というタイトルでした。
ブラウザーの閲覧や検索履歴から、訪問先サイトの広告欄におすすめ商品が勝手に表示されるパターンとか。あぁいった現象は端末にクッキーと呼ばれる履歴が残っているせいで。
何処かのサーバーにはそれと紐づけた膨大な量のデータが残っていて。
こういった情報収集活動への規制が入るらしく。
まっとうに生きている人には関係無いのかなぁとも思えたりですけれど、人が勝手に点数化されているような部分はちょっと悔しくもあり。

しばらく前、水害にあったタワーマンションの情報を自分は検索していました。どんな被害になるのかなぁと。
しかし、その後は様々なサイトで高級マンションの広告がポコポコ表示されています。
あんなに高価なモノ、自分に勧めても全く無駄なのに。
現在の住居にも満足していますし。

iPadOSのアップデート

しばらく前にiPadOSをアップデートしました。iPad専用のOSになったので、アップデートというよりインストールでしょうか。
使ってみた感想としては、ほとんど違いが分からず。アプリの更新方法がちょっと変わったくらいかな?と。

しかし、不具合が待っていました。Googleフォトの同期が上手く行かなくなり。
普段、ちょっとした撮影はAndroidなスマホのカメラを利用する場面が多いです。その写真をGoogleフォト経由でiPadで取り込み、編集後にTwitter等で公開する流れが多く。
ところが、iPadで取り込みが出来なくなってしまい。
Googleフォトの仕様が変更されたのかな?と勝手に思い込んでいました。検索しても原因がよく分からず。
色々試した結果、原因が判明。

以前、仕事用に作成したGoogleのアカウントに紐付けられてしまっていた様子でした。OSのアップデートのタイミングで。
そのアカウントを削除したところ、普段から利用しているプライベートのアカウントに紐付けられました。
やはり、この機能が利用できるのは便利です。

おサイフケータイを入手

昨日の記事で散々な評価を下したシャープのSH-M08というスマホを結局入手してしまいました。
昨日の記事を綴った後にもう一度量販店へ伺ってしまい、まぁコレで良いかと。
これまで使用してきたスマホより動作は重いものの、まぁ許される範囲だし、安いから失敗しても許される範囲だし、何よりおサイフケータイ機能が使えるからと。

自宅で色々とセットアップして、早速おサイフケータイ機能を使ってみました。GW期間中にセブンイレブンで70%還元のあるメルペイを使ってみたく。
還元額の上限は二千五百円だそうで、三千円くらいまでの買い物に有効となるのですが、コンビニでそんなに大きな「買うモノ」が自分には無く。
仕方ないのでamazonの三千円のポイントカードでも買ってみようとレジに持って行ったところ、メルペイでは買えませんでした。たしかに、これが許されてしまったら世の中滅茶苦茶なことになってしまいそうです。
仕方なく、煙草とお酒を買ってみることに。これはちゃんと買えました。
しかし、この夜の買い物は日付をまたがった時刻だった為、ポイント還元がされるのかは明日にならないと分からな状況です。たぶん、大丈夫だとは思いますが。

しかし、おサイフケータイによる買い物はかなり便利でした。一々アプリを起動しなくてもレジで「メルペイで」と伝えてスマホをリーダーにかざすだけ。
スマホのバッテリーが完全に切れていたら使えないものと思われますが、これまで完全にバッテリー切れをしてしまった経験は一度も無く。まぁ新しく入手した今回の機種ではどうなるのか分かりませんが。
逆に、スマホを紛失してしまったときの為の対策が事前に必要そうです。チャージ額は最低限にしておいて、自動チャージには何らかの認証を必要とさせるとか。

まだ使い始めて半日程度ですが、動作の遅さもそれほど気にならなく。全く気にならないワケではありません。例えば画面が切り替わった時の遅さがネックで、僅かにスクロールしてしまい関係無いボタンをクリックしてしまったり。
しかし、意外に便利な機能もありました。起動時の顔認証がかなり便利で。現在では当たり前の機能なのでしょうが、こんなに便利だったとは。
非力前提でもソコソコ使えそうなのは、過去に重宝していた京ポンに近い感覚かも知れません。現代版京ポンであろうか。

手に持った感触や大きさ重さはこれまで利用してきたNova lite2とだいたい同じくらいでした。カバー類は本日の午後に届く予定ですが、高級機種を並べて見比べなければ十分な質感があります。
アルミボディの製品で色はシルバーを選んだので、ゼロハリのスーツケースに近い質感も感じられて。注文したケースはクリアータイプなので、その辺の質感も伝わりそうです。

ヨドバシで購入したのですが、ポイント還元を含めると二万七千円程度の買い物となりました。他にもメルカリの二千五百円ポイント還元や楽天カードの七千円ポイント還元等を入れると更に一万円安く購入出来たとも考えられて。
しばらく使ってみて問題が無いようでしたら、Nova lite2は手放すことになりそうです。

おサイフケータイを探しに

本日はおサイフケータイの実機を探しに秋葉原へ。おサイフケータイを落としたとかではなくて、買おうかどうか迷っている機種を触れに伺いました。
第一候補はSH-M07という機種で、昨年の6月頃に発売されたモデルです。性能はごく普通らしく。性能は現在使用中のNova Lite 2と同程度らしく。
第二候補はSH-08という機種で、昨年の12月末に発売されたモデルです。廉価版らしく性能は中の下。上記の機種よりは性能が下がるそうです。
第三候補はiPhone XRの128gb。昨年の10月頃に発売されたモデルです。販売価格は十万円と、とても高価ですが性能はかなりしっかりしています。しかし、Appleのフラッグシップ機種では無いので、カメラ等は少々スペックダウンされている様子です。

SH-M07について触れてみた感想としては、現在使用中のスマホよりちょっともっさりした感触でした。使用中のNova Lite 2が安い端末なのに優秀過ぎるせいもあります。一万七千円くらいで昨年の秋に入手したのですが、Huaweiの低価格端末は相当頑張っているというか。
色々なアプリをインストールしたりで動作が重たくなったりもしていましたが、チューニングをある程度したので、普段使いでもっさり感はほぼ無く。
せっかく当たらしいのを買うのに基本スペックが同じようでは勿体ない感もあります。そして、SH-M07については量販店で既に在庫を切らしていまして、キャリア系でしか入手難らしく。バッタ屋さん系では入手できるものの、注文から届くまでに時間が掛かる様です。

SH-M08については、動作が重くて買う気になれませんでした。新しく買うのに今より遅いのは避けたく。在庫はどの店舗でも豊富ではあったのですけれど。

iPhone XRについてはほぼ満足な触り心地でした。ともかく動作が機敏でヌルヌル。手振れ補正はないものの、カメラは十分な性能でした。
しかし、これは高価過ぎます。Appleが歴代のiPhoneで初めてコケた製品でもあるそうで、生産予定に達せずの減産で、それによる世界経済にも悪い指標となったくらいで。
モノは悪くないのですが、いかんせん高価過ぎです。原価は半額以下なのでしょうし、これが七万円くらいだったら買っても良かったかなぁと。

ヨドバシさんで他の機種も色々触れてみたのですが、高価な機種は見た目も良く出来ていました。まさしく価格相応。
ただ、安い機種も並べて見比べたりしないとそんなに酷くも無かったです。
単におサイフケータイを入手してみたい目的だけでの本日の秋葉原でしたが、おサイフケータイを搭載していない海外の格安モデルの頑張りよう感心したりで。

おサイフケータイの要であるFelicaチップを海外の格安モデルも積んでくれたら、相当売れそうな気がします。もちろんSIMフリーで。
Felicaは日本独自の機能に近く、将来性があるのか謎ですけれど、少なくとも電子マネーの王道は日本でしばらく続きそうですし。
そんなワケで迷いに迷った自分は本日何も購入せずに帰宅しました。

幾つまでハンドルを握れるか

数日前に池袋で高齢者の運転による暴走事故がありました。
ここ何年か似たような事故が多いのですが、その度に「自分もいつかはハンドルを握れなくなるんだよなぁ」と考えがちです。
今回の事故で運転していた方の弁は「アクセルが戻らなかった」とのもっともらしい理由なのですが、ニュース記事のコメントを読む限りドライバーの年齢に目が向く方が多かったです。自分もそうでした。

現在の自分は四輪を持っていません。二十代の頃から幾度か新車を所有していましたが、都内の一人暮らしでは所有しているのが無駄に思えてしまい。
維持費が年間十万円未満なら考えても良いのですが、現実はその数倍。サラリーマンで通勤に四輪を利用していなければ、月に一度か二度程度しかハンドルを握らず。
結果は趣味で時々遠出するときくらいしか使っていませんでした。

北海道や愛知の地方暮らしの頃は公共交通が発達しておらず、生活の足が四輪だったので、
かなり重宝していました。維持費も駐車代がほとんど掛からなかったですし、かなり安かった記憶です。
まぁそんなワケで、欲しいけれど不要なモノの一つが四輪な現在です。

仕事では毎日の様にハンドルを握っています。若い頃に比べて自分も随分と安全運転になったなぁと思いつつ。それは自分の反応が若い頃に比べて遅くなったり、夜の運転の視界が悪くなったり、沢山の事故を目の当たりにしたり、ヒヤリと思った場面が積み重なってきたりが理由で。

定年後は長閑な地方でのんびり暮らしたいし、そのときは四輪があった方が便利だろうなあとは思っています。ただ、その歳からあと何年ハンドルを握れるかが課題で。
八十歳辺りから高齢者の事故率が上がっている様子なので、それまでの十五年くらいは大丈夫なのかな?とか。
ちなみに、自分が乗りたいのは軽トラックです。庭仕事を楽しみたいので、それに使える道具を遠慮なく荷台に積めるのが便利そうですし、四人も載る機会はこれまで少なかったからです。
理想は「ポツンと一軒家」の一歩手前辺り。

将来的にはEVがもっと安価に普及して、安全面の電子制御も発達するんだろうなぁと思っています。特に地方住まいの高齢者の方は普段の足としての四輪が重要な移動手段に変わりなさそうですので、その辺が上手く噛み合えばなぁと。
一般道で時速60km/hも出せれば十分でしょうし、一度の充電で200㎞くらいの距離が走れれば問題無さそうで。現在の軽自動車は高性能になり過ぎたので、四輪版の原付のような存在で維持費も限りなく安ければ。
ちとぼんやりした文章になってしまいましたが、360㏄規格だった頃の軽自動車がそれに近い存在だったかも知れません。