作業効率


半年間非公開にしていたFacebookを昨年末に再開し、時々利用しています。
仕事もプライベートもくっ付いてしまうあの空間は相変わらず馴染めず、プライベート専用のつもりです。
せっかく戻した朝型の生活はこの三連休で早速崩れ始めていて、10時頃に目が覚めるとFacebookにメッセージが。

外神田で暮らしていた頃にお世話になっていた男性から「今日は予定ありますか?」と明け方に送られた様子。
残念ながら午後から予定がある旨伝えると、成人式を迎える娘さんの写真を撮ってほしかったそうで。
娘さんはまだ小さな小学生の頃から存じていて、当時からとびきりの美人でした。
お祭りで御神輿の上に載っていたお人形さんのような姿は今でも目に焼き付いていて。
何も知らない人々は、本気でお人形と見間違えていた様子でしたし。

娘さんは数年前からテレビ番組にも出演していて、事前に知っていたら観るようにしていました。
番組を観ると、周りの芸能人さんに埋もれることの無い存在でした。流石だ。
娘さんのお父さんも含めて、信頼関係のある素敵な家族、前もって知っていたら、撮影してあげたかったのですが。
ただ、ポートレート専門の写真は経験したことが無いので、満足できる撮影になったかは分からず。
集合写真専門みたいな自分でしたので。

いずれにしても、引越しから二年半経った自分のことを覚えていてくれて、嬉しい朝でした。
あれから、町の行事にはほとんどタッチしておらず。
しかし、あんなに小さかった子がもう成人だなんて。

と、タイトルと全く関係ない話題から始まりました。
新しい職場で使わせて頂いているパソコンはごく普通のスペックなのですが、モニターだけが気になっています。
解像度が低過ぎ(1280×1024)で、一部のソフトの表示が困難で。
英文メールが毎日数十通飛んでくるのですが、そのメーラーソフトが解像度の低さで効率が悪く。スクロールを強いられてばかりです。
メールの一覧と本文をそれなりの広さで表示するには現代風な解像度にしたく。

自宅では昨年デスクトップPCが壊れて新調していました。モニターはまだ使えたのでそのままです。
そのモニターは十年近く前に入手したものですが解像度はFull HD(1920×1080)で。
この解像度に慣れていましたし、職場の環境も何年も前からそうしていました。
作業効率も実際高かった感です。というか久し振りに低解像度を使って身に染みた感です。

生まれて初めて自分で入手したパソコンはMacintosh Color Classic IIという機種。
小型の一体型Macで、画面は10インチ。
なかなか可愛い筐体で大好きだったのですが、解像度は640×480にも満たない性能で、一部のソフトでは画面の半分近くが操作系のボタンで埋まってしまい。
そんなのを思い出したり。

で、新しい職場のモニターを交換しようと思い立ち。
しかし、まだ何の実績も無い自分が会社に買ってくれとは言い出し難く、自宅で余っているモニターを持ってくるということで了解を得ました。
実際のところ余っているモニターなどありません。自宅にはそもそも一台しかモニターはありませんし。
モニターをこれから新調し、それまで使っていたのを会社に持っていこうと。
久し振りにモニターの価格を調べてみたところ、Full HDの解像度でも普及価格帯なのは1.3万円程度で入手出来るようです。
パソコンの世界は相変わらず価格競争というか低価格化が激しい様子。こんなのでどうやって儲けを出すのだか。

連休初日に注文すべきだったのですが、本当に買ってしまうべきか迷えてしまい、昨夜の注文。
商品は明日自宅に届くようです。しかし、明日は仕事なので再配達にならない準備が必要そうです。

空気清浄機を導入

カビ臭対策を色々試し、最終兵器に空気清浄機を導入しました。
カビ臭の元はだいぶ絶ったつもりでいます。(クローゼットの中だけは換気だけで未着手ですが..)
シーツやカーテンの洗濯もし、エアコンも洗浄し。
その後は毎日数時間の換気を続けていたものの、やはり嫌な臭いが残り。

再就職も決まったので、自分祝いに空気清浄機を導入。
シャープのプラズマイオン対応モデル「FU-F51-W」です。
このプラズマイオンは二年前に購入したトイレ用の小型な空気清浄機でも威力を発揮していまして。


引越前にも安い空気清浄機を利用していましたが、当時は室内で煙草を頂いていたのであっという間に能力が落ちていました。
実際、洗ってはいけない高価なフィルターを無理やり洗ったところ、茶色いヤニが酷くて。
現在の住まいでは室内禁煙にしていますが、高価なフィルターを少しでも長持ちさせたく、合わせてプレフィルターも装着しました。
メーカー純正のプレフィルターは在庫が無かったので百均の汎用品を選んでみました。
本来はエアコン用らしいですが、サイズもピッタリで。

導入してみた感想になります。
使用開始から四時間ほどで室内の臭いは半減。リビングと寝室を区切るドアは開けっ放し。
朝起きたら更に半減。
外出し、四時間後に帰宅したところ、ほとんど無臭な部屋になっていました。
これはナカナカ素晴らしいです。

Amazon EchoとGoogle Home miniの消費電力

安物アンプの消費電力を確認したついでに、Amazon EchoとGoogle Home miniの消費電力もワットチェッカーで測ってみました。

Amazon Echoは待機時に1.7Wで、使用時に2.7Wでした。
Google Home miniは待機時に1.4Wで、使用時に1.6Wでした。
使用時はどちらもラジコで普通そうな音量の音楽を流した際の消費電力でした。
ちなみに、音声命令を出している際はどちらも更に0.5Wほど消費電力が上がっていました。そのタイミングですと本体も少しは脳みそ使っているのかも知れませんネ。
音声認識の処理のほとんどはネットワークの向こう側にあるサーバーが担当していると思っていましたが、ローカルでもそれなりに何らかの処理をしているのかな?

いずれにしても、全く大した消費電力ではないので、常時電源ONで大丈夫かと思います。それが普通の使い方ですし、よく設計されていると思います。
しかし、安物アンプの0.8Wという消費電力は低過ぎな感です。

ついでに、小型のサーキュレーター(リビングの温風を寝室に送る小型の送風機)を小で動かしたところ、消費電力は約18W。
まぁ、こんなものでしょう。
やはり、待機時の消費電力が38WのSONYのAVアンプは基本設計が変だと思います。冬場はちょっとしたヒーターになるかも知れませんが、夏場は無駄に室温上げるだけでしょうネ。実際、待機時も天板が温かく。

安いアンプを入手

何年か使用していたSONYのAVアンプが待機時でも電気を食い過ぎで、しばらくコンセントから抜いていました。
テレビの音声を外部スピーカーで鳴らせない日々がどうにも不満で、サイバーマンデーの始まったAmazonで昨日安いアンプをクリック。

製品は本日午前中に到着し、早速接続。
手のひらに乗る小さな製品ですが、音量も音質も十分でした。
やはり、テレビ内蔵のスピーカーと外部スピーカーでは比べようのない差がありました。

製品の肝心の消費電力については0.8W。使用時も待機時も0.8Wです。ほとんど電気を食っていない値ですので、常時ONでも問題なさそうです。
ただ、海外製の安物なので火災はちょっと心配です。

Bluetoothでも接続出来るようで、先日入手したAmazon Echo経由でも音声を出力出来ました。
しかし、テレビとAUX経由で接続している際はBluetoothがOFFになる仕様のようで、テレビ専用になってしまいそうです。

Google Home miniの使い勝手

Google Home mini(以下mini)の使い勝手についてです。
耳が慣れてきたのかスピーカーのエージングが進んでいるのか、miniの音も許せるようになってきました。
明後日くらいまで半額で入手出来るので、けっこうオススメな製品だと思います。
定価ですと無理にはススメません。

特にオススメの使い方はGoogle Play Music(無料会員の方)にUploadそて、Play Listに好きな曲を入れておく方法です。
寝る前にPlay Listを再生し、「1時間後に音楽を停止」と伝えておけば、かなり便利です。
特に布団に入ってからは小さな音なのでステレオである必要はありませんし、音質の粗もほとんど気になりません。
布団に入ってからスマホを触る機会も、これで随分と減りました。

Google Home miniを入手

結局、Google Home mini(以下mini)も購入してしまいました。将来的にも半額セールはあるかもしれませんが、3千円で気になる存在だったもので。
数日使ってみたAmazon Homeは予想以上に満足な出来でした。居間の寝室寄りに置いた製品はベッドから声を掛けても答えてくれたし、ベッドにも良い音を届けてくれました。
しかし、この季節の夜は寝室だけ暖房を入れているもので、ドアを開けているのが非効率で。
そんなこともあり、寝室にも一台でminiにしました。

単車で7kmくらいの場所にビックカメラ系列なコジマ電気さんがあり、ちょいとひとっ走り。
お店に伺ってみると、miniは「レジにお持ちください」な札に「ご予約承り中」の文字も。
叩き売りで在庫切らしているのかな?と思ったものの、近くの店員さんに確認してみると「白ならあります」とのこと。
黒が欲しかったのですが、どうしてもというワケでも無かったので、そのまま購入。

帰路の途中でリンガーハットのちゃんぽんを頂き帰宅。
早速のセットアップは取説不要でスマホから5分で完了。
Wi-Fiのセットアップに至ってはAPのパスワード入力も不要。恐らく、スマホが覚えているパスワードを渡してくれたのだと思います。

気になる音質については、ノイズの無いトランジスタラジオレベル。まぁ、音質については何も期待していませんでした。(音楽ではなく音声については逆に聴きやすい特性にも思えます)
最近、イコライザー機能が追加されたとのニュースで低音と高音を上げてみると、高音については少しマシになりました。(低音は存在感無し)
音楽を真面目に聴くようなレベルのシロモノではなく、何となく鳴っている系ではありますが、寝る前に何となく鳴らしている分には耳に優しい音質とも言えます。耳に刺さらない音質というか。
この程度のスピーカーしか載せていない製品ほど、Bluetoothスピーカーに出力出来る機能があっても良さそうなのですが。

Radiko系のアプリはEchoより優秀かもしれません。
というのもEchoの場合はRadikoのスキルを呼び出した先で放送局の選択というような手順が必要でしたが、miniではいきなり放送局を呼び出せまして。

あと、一番やりたかった手持ちの音源の再生です。ズバリほぼ出来ました。
Google Play Musicにアップロードした楽曲をプレイリストで紐付けするという手順で可能でした。「ゆきの野望」様のサイトが詳しく、その手順で上手く行きました。
Google Play Musicは有料会員でないと大したこと出来ないかな?と心配していましたが、無料会員でも聴きたい音源さえ所有していれば何ら問題なく利用可能です。(その辺の説明や情報がメーカーサイドで公にしていないのが残念で)

と、ここまでひとまず二時間ほど。
奥深い機能の検証についてはまだまだですが、概ね直感的に使えるminiでした。
これだけ使えて3千円程度の値段は実質タダみたいなものかと。
しかし、音質面で誤解を招きやすいかも知れません。「スマートスピーカーなんてこんなもんか」と。
その点でAmazon Echoを最初から触れられたのは幸いだったかも知れません。音の出口の質が高過ぎでした。
miniでは無くGoogle Homeも今なら半額の7千円程度でしたし、miniではなくそちらを買うべきだったのか?とも思えます。
ただ、この柔らかく小さな筐体に何か許せてしまう愛着が既にわいたりもしています。
とりあえず、暖まった寝室でまたAzymuthを聴きながらです。今回はちゃんと「アジムス」と発音してくれました。

Google Homeも、ちと気になりだした

スマートスピーカーなAmazon Echoで色々試している中、ライバルのGoogle Home系も気になりだし始めました。
面白いものを一つ知ってしまうと、他も知りたくなるのは世の常。(常かどうか謎ですが、自分はその傾向)
似たようなモノを揃えてしまう傾向、過去に幾度かあって反省はしているのですけれど。
特にポケットマネーで買えてしまう製品は要注意で。

Amazon Echoの国内販売が好調で、国内では先に展開していたGoogleも気合を入れてきたようです。
Google Homeの半額セール中らしく。

何故にライバル製品に興味沸いたかと言いますと。
・Googleの既存サービスが色々と利用できそうな気配(地図やメール等々)
・Play Musicというサービスは自分の所有している楽曲をGoogleのサーバーに無料でUpload出来る(昨日知りました)
・Amazon系がライバルになるので、Googleの美味しいサービスがEchoでは利用出来ない

自分のように既に沢山のCDを所有しているなら、使わない手は無さそうです。
ただ、気になる点もあります。
・Googleの嘗ての新規サービスは失敗も多い(特にSNS系)
・自分の個人情報の多くをGoogleに握られてしまう
・Google Homeのハードウエアそのものが中途半端な仕様

とりあえず、iTUnesに溜め込んだ楽曲をPlay Musicにアップロード中です。音質劣化の無いm4a形式で保存していたファイルはトータルで80GB近くの容量があるので、完了まで数時間掛かりそうです。
Play Musicのサーバーは無料会員でも5万曲まで置けるそうで、普通ならほとんど無制限の容量。サーバー上では自動でMP3ファイルに変換してくれるようです。ローカルでMP3に最初から変換しておけば、Uploadの時間は短縮できそうですが、それが面倒くさく。

一番安いHome miniは三千円程度で購入できるセール中です。
うーん、どうしよう。