8/6今日は何の日

今朝は早めに起きてしまい、テレビのニュースを見ていると「広島平和記念日」とのこと。
広島に原爆が落とされた日。

そこで、以前から気になっていたことを少し検索してみました。
原子力関連の研究の歴史です。
単純な研究の歴史ならすぐに調べがつくのですけれど、自分の知りたいのは「その危険性がどの時点から分かり始めたのか」でした。
これが、Web上で手短にまとまった資料が少なく。

素人向けにある程度まとまった記事は以下でした。
キュリーとベクレル、その呪われし運命 ご存知ですか、「原子力」の原点 すべてはここから始まった」という記事です。
発見者や著名な研究者はその方面の単位に名を残していたりします。当初は自然発光する謎の物質だとか、好奇心で研究が始まったらしく。
実質的には発見当初から「被曝」の歴史が始まっていて、被曝した研究者は身体に被害を受けながらも原因がソレとは認めたくなかったようです。
危険性は途中から認識されるようにはなったそうですけれど、上記の記事でもあまり詳しくは綴られておらず。やはり、専門書を入手しないと駄目なのかな。

原爆の実験中に発生した事故で「デーモン・コア」というキーワードがあります。「安全性を度外視した危険な実験や不注意な取り扱いのために1945年と1946年にそれぞれ臨界状態に達してしまう事故」という内容です。
動画ではこんな感じでした。動画を見る限り、危ないモノを扱っている感は十分漂ってはいるのですけれど。

自分は過去の仕事で様々な分析装置を扱っていて、中には放射線を発生するモノも含まれそうでした。
これを扱うには放射線取扱主任という資格が必要で、結局資格は取らなかったです。どうして取らなかったかというと、当時の自分はまだ三十代で将来は結婚して子供を作る可能性がまだあったからでした。(ちょっと話が飛んでしまう理由ですけれど)
資格を取るための勉強まではしたのですが、勉強の途中で当時在職していた職場では扱い切れないシロモノに思えてしまい。
小さな会社には技術者が数名居て、そのトップは大手メーカーを定年退職した技術士の方でした。頭は良いし経験値も高く行動力のあるお爺さんだったのですが、そそっかしく、物をよく壊してしまい。
好奇心旺盛な故だったのですが、物を分解して壊してしまうとか、そんな場面が多く。駄目だと言っているのに。
放射線を扱う製品でそれをやられたら、たまったものではありません。線源の中には気体のモノもあるでしょうし、そんなのを分解されたら恐ろしく。
近くに居る人は「内部被ばく」してしまうだろうなぁと。「内部被ばく」という言葉は当時まだ専門用語だったと思いますが、311に伴う原発事故で一般人でも知る結果になっていて。(日航機墜落事故で知れ渡った「金属疲労」等、事故で有名になる専門用語って色々ありますよネ)
被曝の影響が本人だけならまだしも、顕著な症状が次の世代に現れるパターンが怖かったです。(放射線以外でも枯葉剤のような化学物質も同様のリスクがありますが)
と、話が逸れました。

その資格の講習会みたいなのにも当時(約15年前)参加したのですが、原発関連の仕事に就いている方も中には居た様子でした。
その方々がお昼休みにしていた会話が印象深く。
「(原発)施設に隣接する海で釣りをするのが楽しみ。伊勢海老がよく釣れるんだよ。これが美味しくて」。そんな会話でした。
廃熱で暖まった海水を海老は好んでいるのかなぁとか勝手に想像したりでした。
事故さえ起きなければ呑気な職場だったんだろうなぁと思えたり。
あの技術屋さん達は、今どうしているのだか。

最初のリンク先の記事の最後のページで同感な文章がありました。
「原発は、危険だと言う人が扱ってこそ、辛うじて安全なものができる。安全だと言う人が扱えば、こんな危険なものはない」。
まさしく、この通りだと思っています。

化石燃料を燃やす発電より、コスト面では恐らく有利なのが原発なのかと思います。
その点ではメリットあるとは思うのですが、建設~運用~廃炉までが全て予定通りの範囲で片付けばという条件下かと。
事故を起こして手に負えない状況下での廃炉は、恐るべき費用と時間が必要そうで。
戦争にならなければ使われない原爆よりも、想定外の事故と隣り合わせの中で運用されている原発の方が恐ろしいのではと思っていたりです。

ブルーライト対策

街の灯りが とてもきれいね ヨコハマ ブルーライト・ヨコハマ。
という歌詞の唄が昔流行っていて、自分も何となく覚えています。
いしだあゆみさんが歌っていたのですネ。自分の世代ですと、北の国からのお母さん。
そんな話題では無くて、ブルーライトについてです。

ここのところ視力の低下が激しく、どうにもスマホの使い過ぎかと思われて。
何かの拍子にスマホを使えないタイミングがあると、それほど視力が低下していませんし、朝起きた直後も同様で。
加齢による部分も多々あるかと思っていたのですが、昨日読んだニュース記事では若年層でも視力の低下が顕著らしく。

対策は色々とあるようですが、どれも現実的ではなく。
その対策に使えそうなサイトを幾つか見て面白かったのが、某製薬会社。他のサイトでは無かったサプリを推奨していました。ちゃっかり商売上手というか。
問題に対しての対処法は色々とあると思うのですが、問題の根源を減らすのがベターかと思っています。影響が出てからの結果に対する対策というのは何かと無理がありそうで。
例えば、お酒の飲み過ぎで色々と不調になったとして、サプリで対策よりはお酒の量そのものを減らすのが当然だと思います。

ブルーライトを減らすには、ブルーライト対策された眼鏡を使うという手法もあるようで、デスクワークの長い仕事の際には自分も使っていました。これは結果的にナカナカ効果があった感でした。
ただ、デスクワークという限られた環境では眼鏡もかけやすく。元々眼鏡を使用していなかった自分にとって、眼鏡は邪魔ものでしかなく。
また、モニターから目を離すのも有効だそうです。ブルーライトの成分に限らず、エネルギーというものは距離の二乗か三乗で強かったりします。
デスクトップのモニターでしたらそれなりに距離を離せそうですが、スマホは近くなりがちです。まして、電車とかの移動中では対策眼鏡を使うのも面倒で。

こうなると、スマホの使用時間を減らすしか無さそうです。
これはかなりの難儀です。

スマホ暦は既に十年以上です。iPhoneの登場前から使っていましたが、当時に比べて相当便利で高機能になっています。
知りたい情報が即座に何処でも知れる恩恵は大きいです。特に無駄な閃きの多めな自分は。
とりあえず、部屋に居る時はスマホでなく、PCをなるべく使うようにしようと思っています。
しばらく前から意識していますが、これだけでもけっこう違いが出てきまして。

と、寝室のデスクトップPCで綴り終えたので、これから布団に入る予定ですが、枕元には相変わらず充電中のスマホが待機していまして。
これを何とかする方が重要なんだろうなぁ。

ZenFone3のピントが合わない件

ZenFone3のピントが全く合わなくなり二日間ほど、ダメもとで端末を完全に初期化したところ復活しました。
カメラのキャッシュのクリアとかそれまで色々試しましたが、全くダメで。手動のピント合わせも効かなかったので、ハード的に壊れたのかと思っていたのですが、上記で直ったのでソフト的に何かが壊れていたようでした。
WebやTwitterで検索すると、ZenFone3のピント問題は多い様子で。その中で「初期化で直った」という記事が結果的に参考になった感です。

ここ数ヵ月程、ピントが合わないタイミングが幾度かあったものの、騙し騙し使えてはいましたが、二日前からは一切の騙しが効かず。
個人的にはスマホのカメラは多用する方ですし、写りも十分なので、デジイチの登場場面がめっきり減っていました。
ちょっとしたスナップショットならスマホで十分でしたし、小さな花を取る場面などはデジイチよりピント合わせが良かったりで。
これが使えなくなると、思ったより不便。

ZenFone3自体、ハード的にはソコソコの性能なものの、二年近く使っていても遅さは感じられない優秀な製品で。
過去に四世代利用していたiPhoneはだいたい一年半を過ぎた辺りで日本語入力等が遅くなってしまい。
ただ、ZenFone3にしてもやはり二年近く使っているとバッテリーの減りが早くなってきた感です。それでもiPhoneよりはマシな気もしますが。

端末の完全初期化で各種アプリの再設定が面倒でしたが、カメラが使えないままよりは意味がありました。
出来ればあと二年くらいは使い続けたいです。

追記:
の後、昼間の屋外等の明るい場所ではピントが合わない症状の再発。
アプリのカメラでデータやキャッシュのクリア後、端末の再起動で正常化しました。
ピントが合わない症状中は、カメラの設定画面上でフォーカス類の設定が消えている様子でした。根本的な問題はここにありそうです。

更に追記:
また全く同じ症状に陥りました。端末を完全に初期化すれば直りそうですが、また数日で元に戻るのは勘弁してほしく。
仕方ないので、しばらくこのままで普段はコンデジも持参する予定です。

Amazonのレビュー一覧が表示されない件

二ヵ月程前からAmazonのレビュー一覧が表示されない状況でした。
上記画像の様な表示で「書き込み履歴: レビュー」「申し訳ありませんが、レビューの表示中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。」。
そのうち勝手に直るだろうと思っていたものの一向に改善されず。

このレビュー機能、自分はけっこう頼りにしていました。何かモノを購入する際の参考になりまして。
長期使用レポート系のレビューは特に参考になりました。「半年で壊れた」とか「一週間で使わなくなった」とか「効果が認められなかった」とか。
入手してすぐには気付かない点って、重要だと思うんです。
ちなみに全く役に立たないレビューは「迅速な配送ありがとうございます」とか「先程ポチりました」でしょうか。
お世話になっている機能ですので、自分も使用感はなるべく載せるようにしていました。
その自分の綴ったレビュー一覧が観れない状況でした。

何かに違反してしまって、まさかブラックリストにでも載ってしまったのかな?と少し心配になったりで。
実際、レビューをマメに行っている人の一部は特典もあるそうで。無料で試供品的な製品を頂けたりするようです。
ただ、レビュアーランキングのかなり上位の方くらいしか対象にならないようで、そこまでは自分も狙っておらず。現在の自分は二千位台ですし。
その上位レビュアーを狙う方らしい一部がインチキを働いていた問題が過去にあったそうで、退場的な対応もあったとか。

軽く検索したところ、しばらく前から一覧が表示されない状態は問題になっていた様子です。
Amazonのサイト側の仕様変更か何かで、表示出来るブラウザが限られてしまった状況らしく。
自分の使用環境はWindows10にChromeの組み合わせです。他にはAndoroidの標準ブラウザとか。
MicrosoftのEdgeなら観れるらしく、試したところあっさり観れました。
何じゃこりゃ。

IEもEdgeも自分は何年も使っておらず、基本はGoogleのChromeでした。現在のブラウザのシェアがどうなっているか分かりませんが、Chromeはソコソコ使われていると思います。
それが動作対象外というのは理解に苦しみます。Amazonさんは何を考えているんだろう。
まさか、スマートスピーカーの競争に巻き込まれたとも思えず。(Amazon EchoとGoogle Homeの競争)
普通の性善説寄りな日本人ですと「まさか、そこまではしないだろう」と思えることが、アメリカ資本の競争原理ではあったりするので、全く考えられないワケでも無いのですけれど。

昨日気になったニュースの一つに「ハーレー、米国外に生産移管へ 高関税に我慢できず」というのがありました。
トランプさんが輸入製品に対して高関税を掛けるという話が飛び火して、各国は関税合戦状況だそうで。
トランプさんは国内産業の発展にも努めていて、生産拠点をアメリカ国内に誘導する政策もしていたのですが。
結果的にアメリカを代表する企業であるハーレーダビッドソン社(アメリカンなバイクを製造)が高関税に最初に音を上げてしまい、国外生産に切り替える予定となってしまったそうです。
かなりの皮肉的結果というか。

「高関税は結果的に誰も得しない」との考え方があるそうですが、その辺のメカニズムは自分もあまり理解しておらず「そうゆうものなのか」程度に考えていました。
ただ、自国にとって都合の良い政策ばかり並べると、結果的にこういった矛盾が生じてしまうんだなぁと。高関税に国内生産では確かに輸出が厳しくなるなぁと。
トランプさんはTwitterで怒りをぶつけているそうです。「あらゆる企業の中で、ハーレーが最初に白旗を揚げようとは驚きだ」「関税はただの言い訳だ。我慢しろ!」。
何じゃそりゃ。潰れてしまうではないか。
企業間の競争と国家間の競争は次元がどうにも異なるんだなぁと。

殺虫剤で失敗

前回の記事で綴った「オルトランDXを入手した」系の記事についての続編です。
結論から申しますと、今後使用自粛予定です。
十年ほど前からニュース記事で「ミツバチが居なくなった」系の内容を見掛けていたのですが、殺虫剤に含まれているネオニコチノイドという成分が影響していたようで、ヨーロッパでは大きな規制が既に入っているそうです。
他にも赤とんぼが居なくなった原因や、まだハッキリしていませんが人体への影響も疑われているそうです。
このネオニコチノイドの成分がオルトランDXにも含まれているそうで。
既に一度使用してしまい、効果はそれなりに認められました。土の中で根を食い荒らす何かが減ったのか、成長中のヒマワリに元気が戻ってきて。

購入した経緯が今考えるとマヌケで、当初はダイアジノンという殺虫剤を購入予定で、事前に自宅で安全性について調べていたのですが、ホームセンターで結局別の製品(オルトランDX)を手にしてしまい。
店頭でスマホを用いて検索すれば良かったのですけれど、その場で目がかすれていて小さな文字を読むのが面倒で。
殺虫剤に限らず、薬系の製品に綴られる注意書きは極端に小さな文字も多く、あれをその場で読む気にもなれず。
危険な物質について、気を付けていた自分としては恥ずかしいです。

ネオニコチノイドの危険性についてはコチラのサイトが詳しいです。
薬害等の記事を知識の無い人が噂だけで綴っている方が世の中にはけっこう居たりするのですが、上記リンク先についてはしっかりされた団体の様子でした。
ネオニコチノイドを検索すると、ヨーロッパでは最近全面禁止になったとの記事も見受けられたり。(真偽は謎です)
いずれにしてもヨーロッパでは大きな規制が既に入っている様子です。

以前に某パンメーカーの製品に含まれる臭素酸カリウムの危険性(発がん性)について綴りました。個人的には水道法で許される含有量以下だから問題ない認識でした。
この件を大袈裟に綴っているサイトが多く、だいたいは含有量についての具体的な記載が無く。恐らく、その辺の知識がそもそも無いのかなぁと思えて。
今回のネオニコチノイドについても、安全範囲の含有量について調べてみたのですが、現時点では妥当な記事が見つからず。
そもそも、土に撒く殺虫剤がどれくらいの割合で花や実に吸収されるかなんて植物の種別によって異なりそうですし、その吸収された花や実をどれくらい接種したらどれだけの影響があるかなんて二次的な影響は、簡単に導けないかなぁと。
殺虫剤の濃度など使用者の手違いで大きく変わりそうですし、大きな実害が分かっていて因果関係も実証されているのなら使用中止が妥当かと思えます。
そして、またしても日本の対応が後手後手っぽく。

数日前のニュース記事で「カネミ油症」の件が綴られていました。そのコメントでサリドマイドの話題に目が留まりました。
自分の子供の頃はサリドマイド児の話題をテレビや新聞で見掛けたものでした。実際に被害に遭われた方も目にしていました。被害に遭われた方は自分より少し年配の方が多く。
サリドマイドについてもヨーロッパでは危険性が疑われた段階で全面使用禁止になっていたのですが、日本は対応が遅れたそうで、その間に被害者が増えたそうで。
その後の薬害エイズも似たような流れかも知れません。

一般人の防御方法については、自分で調べるしかなさそうです。良く分からない薬品を使う際は、Webで検索するくらいでしょうか。
農薬や殺虫剤に限らず、お医者さんで処方される薬も同類なのかも知れません。誰も知らなかったことでしたら仕方ないでしょうけれど、自分だけが知らなかったとか法規制までのタイムラグ期間とかでしたら何とも残念で。
少なくとも農薬や殺虫剤を購入する際は事前によく調べて、店頭では目移りしないことでしょうか。

ネオニコチノイド系殺虫剤の登場は1990年代だそうです。しかし、2000年代初頭には一部で使用規制が既に始まっていたそうです。
やはり、使用実績が半世紀くらいある成分が比較的安全なのかあなぁと改めて思ったりです。影響や問題点も出尽くしているでしょうし。

このサイトのアクセス数

2005年にBlog形式に移行してから13年ほど経過した本サイト、取り留めもない記事ばかりなのですが、時々綴っている技術系の記事はソコソコのアクセス数があるようです。
Linux関連の記事、単車関連の記事、オーディオ関連の記事、あとは既に暖簾を降ろしてしまった店舗関連が古い記事でもアクセスが多い様子です。
特に技術系の記事は、初めて触る対象の設定方法等が分からない方向けに綴っているので、少しは役に立っていそうです。私本人の備忘録にもなってはいます。
自分でもたまにしか触れない技術方面で忘れてしまった部分は、このサイトの古い記事を漁っていたりです。

アクセス数は日によってマチマチですが、一日辺り50~150件程です。個人で流行りに乗っていないサイトとしてはこんなものでしょうか。
過去の最多アクセスの日は500件とかもあったようです。テレビか何かでその話題が紹介され、検索結果で上位に入ったとかな流れかと。

ちとオチの無い記事となりましたが、我ながらよく続いているなぁとは思っています。

Bluetoothキーボードの接続にハマる

これまで十数年HHKBという小型のUSBキーボードを利用していました。自宅でも職場でもWindows端末はコレが基本でした。
自宅で使用していた方が最近不調で、キー入力時の引っ掛かりが激しくなっていました。
十分元は取りましたし、いよいよ寿命の様です。

しばらく前にiPad用に入手したBluetoothキーボードがあったなぁと思い出し、これを接続しようとしたところ全く上手く行かず、一時間以上ハマりました。
パスコードというものを入力する必要があったのですが、入力を数回ミスると表示されなくなり。
仕方なく、Webで検索して色々試したのですが、何をやっても駄目でした。

最終的に上手く行った方法は以下でした。

1)コントロールパネルを開く
2)画面右上の表示方法で「大きいアイコン」を選択する
3)「デバイスとプリンター」をアイコンから開く
4)「デバイスの追加」を開く
5)該当のキーボードが表示されたら、それをダブルクリックする
6)まだ試していないパスコードを四桁くらいでUSBキーボードから入力しEnter(既に使用済の四桁は駄目)
7)デバイスの検索中状況でBluetoothキーボードから上記のパスコードを入力しEnter(このタイミングが重要)

これで上手く行きました、重要なのは上の5と6です。既に試したテキトーな四桁では駄目で、新しいテキトーな四桁が必要なのと、デバイス検索中の状況下でBluetoothキーボードから同じのを入力し、Enterキーまで押す必要がありました。
使用中のOSやドライバ、ハードウエアの組み合わせ等によって挙動は異なるようで、自分の場合はこれで上手く行きました。

ちなみに自分の環境は以下です。
・Windows10
・Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード


接続後のキーボードでこの記事を綴っているところですが、ミスタッチの連発です。非常に効率悪いです。慣れが必要です。
また、日本語入力の切り替えが左上の”~”キーであったり、キートップの刻印と実際の入力が異なっていたり、設定の変更が色々と必要そうです。そもそもこの機種は英語キーなので。
海外の出張ではノートPC持参が基本でしたが、時としてインタアーネットカフェを利用することもあり、英語キーの配列は使っているうちに慣れたものでした。特に@キーの位置とか。
現状は英語キーなのに日本語キーとして認識されているようで、この辺から再設定が必要そうです。

あと、キータッチについてです。HHKBは筐体の高さもあり、それが使いやすかったです。これも慣れただけかもしれませんけれど。
あと、HHKBのキー入力中の音はガチャガチャと大きめでした。職場では周りに迷惑掛けていたかもしれないレベルでした。これが新しい方はカタカタと可愛い範囲かと。タッチは悪くないです。

追記;
設定変更後は英語キーボードとして無事に認識出来ました。日本語入力の切り替えはAltキー”`”の同時押しが必要となりました。このままこのキー配列で慣れるべきかまだ悩めてはいます。
ブラインドタッチに慣れてしまうと、他のキーボードで効率落ちてしまいそうで。
あと、OSの再起動後もキーボードは問題なく即座に認識されていますので、OSのログイン時のバスワード入力も全く問題ないです。
怖いのはセーフモード起動時等のワイヤレス接続出来ない場面です。滅多にあることでは無いのですが、古いキーボードは押し入れの分かり易い場所に残しておくべきでしょうね。