フィッシングメール

雨の午後、ボーっとしていたところ、久し振りにハンディの無線機から呼び出しが。
電源を入れっ放しのタバコサイズの無線機はローカル局とのやり取り専用です。
ただ、受信が何故か安定していないので、応答からはいつものモービル機で。

急用そうな話題が始まりました。
Amazonの登録内容の変更を催促する様なメールが届いたものの、何か上手く行かないそうで。
話がちょっと噛み合わないし、実際にそのメールを診てみないと判断出来ないので、ローカル局宅へ伺うことに。

これが、実際にパッと見は如何にもAmazonらしきメールでした。送り主のメールアドレスもそれっぽく。まぁ表向き偽装できるのは存じていますが。
しかし、この手のメールはそもそも怪しいですし、あったとしてもプライム会員の期限が切れるタイミングくらいで。
御本人に確認してみたところ、プライム会員では無いらしく。

メールの本文は斜め読みしかしなかったのですが、不自然な日本語でも無く。
認証方法を更新してほしいような内容だったかな。
まぁそんなことよりも、これがインチキか否かの判別が必要で。

同様のメールが問題無いのかTwitterで検索したところ、数日前の投稿を見つけました。
リンク先が明らかに怪しいそうです。
メールが促すリンク先のURLを確認したところ、Amazonとは似ても似つかないアドレスでした。
これは真っ黒毛。

しかし、なかなか巧妙なメールでした。
他のリンク先はAmazon本家の本物っぽく。
敵ながらも、とても良く出来ていました。

先ずは、勝手に何かを購入されていないかを確認。これは問題無かったです。
次に支払い方法のカード情報を全て削除。
更にAmazonのアカウントも削除。

よく判らないメールのリンクは踏むべきでないとか、よく判らなかったら事前に一報入れてほしい旨伝えました。
ただ、いつもの周波数で自分を幾度か呼んでも応答が無かったそうです。
だったら確実に届く電子メールにしてほしいと。ローカル局さんはキーボード入力が苦手であっても、短文くらい何とかなるでしょうと。

ともかく、あれは自分も実物を診ないと判断がちょっと難しいフィッシング詐欺でした。
北海道に帰省しているタイミングじゃなくて良かったです。

フィッシングメール

本日は怪しいメールが二通も届きました。
メインでは利用していないYahoo!メール宛てでした。
ちょっと珍しかったのは、普段なら怪しいメールは自動で迷惑メールのフォルダに振り分けられていまして、そのフィルターが二度も機能しなかった点です。
性能が落ちたのかな?

画像までは表示させなかったものの、試しに本文を診てみたところ、なかなか巧妙な見た目でした。
斜め読みしかしませんでしたが、老眼の目で見る限り日本語も不自然でなく。
ただ、Amazonを語りながら差出人のメアドがヨドバシだったりで。
あり得ない組合せで、これはギャグか?と。

プライム会員は何ヶ月も退会したままですし、五万円を超えるような買い物はAmazonで未経験ですし。
騙そうとするなら、もうちょっとあり得そうな釣りにしてほしいです。

仮想通貨の暴落

昨夜のこと、久し振りに仮想通貨の暴落が。ほぼ全てのコインで。
無暗に暴落という言葉は使うべきじゃないかもしれませんが、数時間で20%の大幅下落は暴落と表現しても過言ではないかと。

八月上旬から自分も主にイーサリアムを所有していました。この一ヶ月でピークは35%の含み益。
なかなか順調に上がった今回の相場でしたが、八月下旬ごろから一部の方が「バブル警告」を出していました。仮想通貨歴が五年以上の方々のTweetでした。
仮想通貨で五年以上生き延びている人というのは、多くが「逃げの上手い」人かと思っています。そうで無ければ「もう見たくも無い」人になりがちなので。(ストロングホールドな人も居るのですが、これはかなり僅かで)
こういった警告は早過ぎても遅過ぎても説得力が無いのですが、九月に入ってからもけっこうな上昇がありました。

バブル警告については複数人の方から出てきまして、自分も警戒していたところ、昨日の午後辺りから第一波らしき下落が。
この時点で4%程度の下落でしたが、一部のコインだけでなく全面的な下落。嫌な予感がしたので18時頃に全てのコインを現金に戻しました。
早とちりだったかな?とチャートを時々チェックして五時間後、第二波が。今度は20%の下落が襲い掛かってきました。
恐ろしや。

下落の予兆に気付いたとき、3つのパターンがあるかと。
・そのままロング継続
・一旦現金に戻す
・ショートを仕掛ける

自分は現金に戻すだけにしました。ショートを仕掛ける自信も無く。
結果的にはショートを仕掛けたら20%の利益を短時間で出せたのですが、まぁそれは贅沢というもので。損失を出さなかっただけで十分で。

不幸な方は暴落のボトムで手放した方かと。その後一時的にリバウンドしていたので。だいたい半値戻しでした。
まぁ何処まで落ちるかなんて、その後のチャートを観なければ分からないのですが。

今回の相場の始まりは七月下旬頃からで、かなりの上昇を示すチャートでした。20万円辺りから始まり43万円辺りで終わりました。
自分は「頭と尻尾はくれてやれ」なスタイルなので、様子見後に31万で乗りました。20万から乗っていた人は相当上手いと思います。一時倍以上の含み益だったのですから。

今回の暴落はサラリーマンが仕事から帰ってくる時刻に逃げ場があっただけ、まだ親切だった感です。
仕事中や寝ている時間ですと対処不能なので。
あと、ビットコインとイーサリアムは結果的に10%の下落で済んでいます。その他のアルト系コインは軒並み20%の下落で。
アルト系は短期の値動きが激しいので自分は敬遠しています。あと、これだけ値動きのある仮想通貨でハイレバな取引はやはりリスキーだなぁと。

次をどうするか、ぼんやり考えています。
そもそも、今回の暴落の原因がよく分かっておらずでして。テクニカル面での警告は幾つか事前にありましたが、トリガーとなった要素が不明で。
一部の国が法定通貨にビットコインを採用という記事があったのですが、それが関連したのかな。以前から囁かれていた話題が現実に移り「材料出尽くし」的な。ともかく謎です。
とりあえず、暫らくは現金に戻したまま様子見となりそうです。

その他諸々

ここしばらく投稿数がやたらと減ってしまった我がBlog。
暇な時間に仮想通貨のチャートを意識し過ぎているのが理由の様です。プライベートでやるべきことがあるのに、何やってるんだというか。
その仮想通貨の方ですが、先月末にビットコインからイーサリアムに乗り換えて中々順調な滑り出しでした。ビットコインの方は上値が重い展開で、ホールドしたままでしたら赤字。
対してイーサリアムは五割近い上昇。単にタイミングが良かっただけかもしれませんけれど、市場の下落場面でも復活が速く、仮想通貨の中では安定した値動きに思えます。
ただ、上昇率は驚異的なのでそこがちょっと怖かったりです。半年で二倍程度で十分ですので。
それでも、広がる実用性や環境問題にもなっているマイニングをやめる展開は、他のコインと比べ物にならないポテンシャルかと。
投資関連の儲け話は顰蹙を買う傾向かと思っていますので、程々に。

入社から半年経った仕事の方は一喜一憂な日々です。午前の仕事が上手く行ってちょっと気が緩んだのか、午後の仕事で大ドジを踏んだり。
特に昨日が落差の激しい展開で、まさしく自己嫌悪。あれだけのドジを踏んだので、もっと怒られてしまうと思っていたのですが、自分の落ち込みようが目に留まったのか、案外皆さん親切で。
これまでに短期間で見切りをつけた会社の多くは、溺れる犬を棒で叩くような風潮だったので、この違いは大きいです。
目下の課題は夏を乗り越えられるか否か。炎天下の屋外作業はかなりキツいそうで、手に入るうちに上着に装着できる電動ファンを入手しておいた方が良さげです。

今日は早起きで、週末の洗濯も既に完了。マックか何処かで朝食を取って、その足でワークマンでも行ってみようかな。
追記:上記は空調服というそうですが、服が嵩張らない「ネッククーラー」というのが評判良い様子です。こんなのがあるんだな。

NFTとか

2017年頃にビットコインの取引をしていました。
結果は大失敗でした。
当時は時間もお金もある無職で、自由に使えるお金の何割かを仮想通貨で運用していたのですが、値動きの上下が激しくて振るい落とされた終わり方でした。
自分には向いていないという結論で数週間で撤退していました。
その頃に利用していた仮想通貨の取引所ではサイト内のチャットにログインしたらボーナスを頂けるサービスがありました。
そのボーナスは極僅かなビットコイン。
幾度かログインしていたら、数千円分程度のビットコインが溜まっていました。
そのうち、取引所にログインする機会もほぼ無くなり、僅かなビットコインは放置。

それが、昨年末辺りからビットコインが上昇し始めたそうで、今年に入って久し振りのログイン。
放置してあった僅かなビットコインも数十倍の値段になっていました。
まぁ無視出来ない額でした。

そこで、改めて貯金の一部でビットコインを購入することに。
だいたい四年て十倍になる計算、十年放置しておいたら百倍にもなり得るかと。
勿論、その間にはこれまでのような大暴落は幾度もありそうです。
なので、今回は消えても痛手が少ない程度の額で。

二月くらいからの運用だったと思いますが、最大で四割の利益が乗りました。
ただ、その後に暴落が目に見える展開だったので利益が二割くらいに減ったところで一旦利益確定。
様子見してまた上がりそうなタイミングで再度購入し、今度は三分くらいのところで利益確定。またしても暴落しそうな気配だったもので。
ただ、これでは当初の予定と全然ことなりまして。ずっと放置の運用予定でした。
結果的にどの取引も勝てていたのですけれど、これを繰り返すと色々と問題があったりです。

まず第一に税金関連です。
年間二十万円以上の利益が乗ってしまった場合は課税対象になるそうで。利益が乗っていても現金化しなければ課税対象にはならず。
もう一つは、値動きを気にしていると、仕事やプライベートで集中力に欠けてしまいまして。
どちらも大きな問題です。

そんなワケで、長期投資のスタンスをちゃんと考え直してみることに。
仮想通貨というと真っ先に思いつくのはビットコイン。
その辺から考えを改めました。

結論から申しますと、イーサリアムに乗り換えました。
メリットは幾つかありました。
1)ビットコインに比べて値動きが緩やか
2)ビットコインのホルダーがイーサリアムに流れている
3)単価がまだ手の届く価格帯
4)NFTの基軸になっている

値動きが緩やかなのは助かります。
実際に、他の仮想通貨が暴騰している場面でもイーサリアムだけ取り残されているデメリットもあったりです。
これはとても歯がゆい場面なのですが、後からちゃんと追従しているので実質問題無しで。
逆に、他の仮想通貨が下落している場面でも案外踏ん張っていたりイーサリアムだけ上昇していたりも。

ビットコインの単価が600万円辺りになってしまったのも、ちょっとした問題かと。
少し買ってみたいと思っても、現時点では小数点が幾つも連なる数値でしか購入できず。
要は計算が面倒で。
その点、現時点のイーサリアムは単価33万円程度です。
イーサリアムは技術的な運用面も進化しているそうで、ビットコインが抱える問題点にも対応しているそうで。

そしてNFT。
自分も先週知ったばかりの単語でした。
デジタルアートの売買に必要な技術だそうです。
その売買ベースにイーサリアムが利用されているそうで。
仮想通貨そのものはほとんど実態が無いと思っています。現金もそれに近いのですけれど、現金があれば基本的に何でも買えます。
ビットコインでも買い物は出来るのですが、これが酷いレートだったりで。第一に価格の上下動が激し過ぎてビットコインで買い物などする気になれません。

NFTはNHKの朝のニュースでその存在を知りました。
写真にしても絵画にしても、デジタル化されてしまえばコピーは容易なのですが、そのオリジナリティを保証するような制度というか。
作者にちゃんとした利益がもたらされるそうで。
ニュースではどの仮想通貨が利用されているのかまでは紹介されていませんでしたが、それはイーサリアムらしく。

一部の仮想通貨に実態が伴ってきたというのは喜ばしいことです。
デジタルアートに限らず、デジタルな各種コンテンツにも応用可能な技術っぽく。
音楽にも動画にも応用が期待されます。

実態を伴ったモノの売買に利用されるというのが、まさしく通貨で。
根を張り安心感ももたらす感です。
ただ、チューリップバブルと一緒で、衣食住に不要とも思えるモノへの値付けが精一杯なのかなぁとも。
文学、音楽、映画、どれが無くても生きては行けます。
ただ、潤いとか幸せとかはその辺に影響力あったと思える自分です。
人には良い刺激が必要で。

PCの諸問題

三週間ほど前に入手したノートPCで、ちょっとした問題がありました。
Photoshop ElementsとPremiere Elementsをインストールしたのですが、どちらもライセンス認証で弾かれまして。バージョンはどちらも14で数年前にヨドバシで入手した正規品です。
二台のPCまで入れられるライセンスで、実際に自宅のデスクトップPCとこのノートでした使用しておらず。
恐らく、過去に他のPCで入れたライセンスとバッティングしたのだろうなぁと。特に、デスクトップPCは数年前に買い替えていて、古い方のPCでライセンスを抜かなかった記憶です。

Adobeのサイトでその辺を確認したのですが、過去の紐付けを解く方法は見つからずでしたし、製品のサポート期間もとっくに切れていました。
Web上で検索したところ、メーカーに直接連絡したら何とかなったとのレポートが幾つか。
面倒くさかったのですが、これを自分も試してみました。

しかし、平日の日中しか連絡が付かないAdobeのサポート。仕事のお昼休みに連絡を取ってみることに。
チャットでの対応でしたが、20分ほどのやり取りで過去の紐付けを解いてもらえました。
ありがたや。

昨日、このノートPCのSSDを交換した際は、上記どちらのソフトともライセンス認証を事前に外しました。
そのお陰で、再インストール時は全く問題なくライセンス認証を通りました。
同じトラブルを抱えている方は、それなりに居るかと思います。

あと、職場でたまに使用しているノートPCが非常に重く。
一年少々前に会社が購入したDynabookなのですが、特に起動が遅く、使っている最中も異常に重くなったり。
タスクマネージャーで確認したところ、ディスクアクセスが100%でへばり付いた状況が長い様子でした。CPUもRAMも貧弱なものの、使用率はそれほど高くなく。
色々と試してみました。起動時に読み込まれる機能を減らしたり、速度優先の設定に変更したり、余計なサービスを停止したり。
ある程度の効果はあったのですけれど、それにしても遅く。

残された問題はNortonのセキュリティソフトが邪魔をしているか、メモリーの増設か。4GBのメモリーしか積んでいなかったもので。
昨日は秋葉原でプライベートなノートPCのSSDを入手したついでに、会社のノートPC用のRAMも入手。4GBで2300円程度でしたし、仕事の効率化には安い買い物かと。
しかし、結果的にRAMの増設でもそれほど改善はしませんでした。

残る手はNortonのアンインストール。
社内でこれまでシステム管理を担当されていた方はNorton推奨派でした。自分もセキュリティ系のソフトの中ではNorton信者です。
しかし、Windowsが標準で持っているセキュリティ機能だけでここ数年は全く問題が無かったです。サードパーティーのセキュリティソフトを入れても重くなるだけですし、Windows標準のセキュリティ機能で自分は大丈夫だと思っています。Windowsのサポート期間内でしたら無料で使えますし、管理も楽ですし。

Nortonをアンインストールしたい自分なのですが、会社のPCで勝手にそれをしてしまっては問題になってしまうリスクもあり。
実際、それをやった後にウイルスに感染とでもなったら、全部自分の責任でしょうし。
とりあえず、短期間だけでもアンインストールを試してみたく、週明けに担当者に同意してもらえたらなぁと。

少し話が逸れますが、この重さ対策で数週間前にWindowsのアップデートを掛けたところ、ダウンロードやインストールで八時間ほど拘束されました。
週末に自宅に持ち帰っての作業でしたが、これを職場でやっていたら、ネット回線も細いので恐ろしいことになっていただろうなぁと。恐らく、二日間ぐらいは掛ったかと。
このPC、同時期に会社がもう一台購入していて、症状は全く同じでした。
ともかく、コンピューターの方が人より遅い動作で人が待たされるなんて、何か矛盾していると思いますし、時間の無駄でしかなく。
さっさと片付けたい問題の一つです。

気を付けねば

自分、知られて困ることがほとんど無いつもりなので、ネット上ではかなりオープン派です。
しかし、しばらく前にTwitterで地元の情報を検索していたところ、気になるTweetが。

自宅から少し離れた集合住宅に住まわれている方の様ですが、Tweetされている内容がかなり怪しく。
どう怪しいかというと詳しくは書きにくいのですが、何らかの被害妄想を毎日の様にTweetしていまして。近隣の方への非難な内容が多かったです。
Profileを読む限り、過去にアカウント凍結も受けていたそうで。
そういえば、他のSNSでもこの近辺の批判をしている人が居たなぁと思い出し、そのページを観たところ、どうやら同じ人の様子でした。
文章力は普通にある方なのですけれど、社会批判に対する「どうして?」の部分が欠けていて。

その集合住宅、夏場に近くを通るとかなりの大音量が響いています。窓を開けた状態で音楽を流していている様子。深夜も構わずです。
苦情が来ないものなのか不思議だったりもしたのですが、その方が載せている動画のTweetが、どうにも大音量の部屋に近い様子。(同じ人なのかは謎)

自分の暮らすマンションや、その周辺ではこういったことが無く良かった良かったと思いつつ、こういった方と関わってしまったら面倒臭いので、個人を察しやすい情報は控えておかねばと。

ここでちょっと思い出しました。
Googleのアカウントで名前を変更すべきかな?と。電子メールはそもそも個人的なやり取りなので実名でも構わないのですが、それ以外のGoogleマップのレビュー(ローカルガイド)等で実名を出すのは危険に思えてしまい。
結果から申しますと、Googleのサービス上で使われる名前は共通らしく、特定のサービスだけニックネームという設定は出来ないそうです。
解決方法としては、別のアカウントを作成するしか無いらしく。それはそれで面倒臭いし、当たり障りのないレビューに徹するのが一番なのかなぁと。(裏アカウントを設けても、自分の場合は使い分けが下手で、逆に何処かでボロが出そう)
個人的にはこのレビュー機能が、目的地へ伺う前の参考になっていまして、自分もなるべく有効な情報を提供したかったもので。

過去に実際にあったことですが、自分のお気に入りのお店のレビューに、酷い評価な書き込みがありました。投稿者の方は実名表記で。
名前を検索してみたところ、地域では社会的立場のある方でちと驚いたり。数ヶ月後にそのレビューは削除されていました。本人もマズいと思ったのか。
そのお店は接客もしっかりしていますし、よほどなことが無ければお店側が怒ることも無く。逆に失礼なことをしたのはお客さん側だったのかなぁと思えてしまい。