災害後の略奪

昨日の朝のニュースで知ったのですが、インドネシアの大地震や津波の後は略奪行為が多過ぎて警察も止められない状況と。
その件についてTwitterで自分もボヤいたのですが。何度も大地震に襲われている日本ではほとんど略奪が無いのに、何処で違いが生まれるのか。
海外暮らしのフォロワーさん曰く「教育の差」では?との指摘でした。
ただ、特別な教育を受けた記憶は無いですし、大人達の振る舞いを代々受けて継いできたからなのかなぁと自分は思っていて。
まぁ、教育は教室の中に限ったワケでは無いでしょうし、広義には教育なのかも知れません。

その件についてYahooニュースのコメント欄を確認すると「日本のように貯金や備蓄が無い国なのだから生きるためには多めに見てあげよう」的な書き込みも。
一理あるとは思ったものの、納得しきれない意見でした。
江戸時代の都市は幾度も大火に襲われ、その日暮らしが普通だった時代、庶民は助け合って復興に励んだそうですので。
日本で大震災が発生する度に略奪がほとんど起こらない件は、海外からも注目されているらしいのですが、やはり日本が特殊なのかなぁ。

勿論、日本でも全く略奪が無かったワケでは無いですが、その機会に略奪をしてしまうような人は普段から犯罪に近いことを平気でやっていそうで。
ごく普通に暮らしていた人が変貌してしまう様なことは少ないかと。

話が少し飛びます。これもTwitterでボヤいた話です。
東欧にはフェイクニュースの村がある」的なドキュメンタリー番組を数ヵ月前に観ていて。
フェイクニュースをサイトに掲げてアクセス数を増やすと、莫大な広告費が手に入るそうで。儲かるものだから親まで協力的だったり、村にはフェイクニュースの先生まで居るそうで。
日本では考えられないことだよなぁと。親が知ったら叱って普通だと思うんです。
「騙される方が悪い」的な考えが根底にあるらしく。ここに大きな違いがあるのかなぁと。
実際、そんな考えが当たり前になってしまったら、社会が成立しないのでは?と思いつつも上記の村は成立している様子。
日本で云う「当たり前だろ」が全く異なるというか。

日本人は「お人好し」と馬鹿にされてしまう風潮もあったりですけれど、自分はそんな日本の方が好きです。
そうでないと、何もかも疑いながらの日々になってしまいますし。

更に話が飛んでしまいますが、パソコンのハッキングが世の中に無ければセキュリティーソフトも不要で、パソコンの動作はもっと快適になるのになぁと。
特に古めのパソコンから最新のセキュリティソフトをアンインストールすると、あれだけモッサリしていた動作が劇的に改善したりで。
疑い前提の処理が裏で走っているから、資源を無駄に消費している一例かなぁと。

地震と電離層

昨日の深夜に大地震関連の番組が再放送されていました。以前にも観た番組でしたが、今回はたまたま途中から観ることに。
しばらく前の地震の予知関連の記事で自分も触れたのですが、この番組の最後の辺りで地震と電離層の関係について触れていました。
録画していなかったのでうろ覚えですけれど、「大地震発生の数十分くらい前から電離層の状態に大きな変化が確認された」との内容で「近年の巨大地震の13個のうち10個で確認された」との確率。
百発百中の精度ではありませんが、予知には十分使えそうではあります。特に数十分前から現れる現象に着目すると。

番組では北大の日置幸介教授の説として上記が紹介されていました。
Wikipediaで電離層のページを確認したところ、地震と電離層の関連性の項目でもこの教授の紹介がされていて。
ただ、発生メカニズムについては不明としているようです。真面目な研究者ほど、やはり慎重だなぁと。

一般的には「太陽活動の状況によって電離層が変化する」と考えられているハズですが、「地磁気(地殻?)の変化によっても電離層が変化する」場合もあるようで、これが地震の予知に使えるのかなぁと思えたりです。
実際、どれだけの変化なのか分かりませんが、「太陽活動による電離層の変化」よりも「地磁気による電離層の変化」の方が十分に大きな場合は、異常に気付きやすいのかも知れず。

【アマチュア無線と電離層】
電波というのは周波数によって波長が異なり、HF(短波)はかなり遠くまでの通信が日常的に可能だったりします。上空の電離層でこの波長が反射しやすいからで。しかし、HFは波長が長い故にアンテナも大きくなりがちで。
VHF(超短波)やUHF(極超短波)では波長が短過ぎて電離層を突き抜けてしまい、基本的に見通し範囲までしか電波が届かず。
アマチュア無線で50Mhz帯の通信が個人的に好きです。VHF帯なので普段は見通し範囲しか通信が出来ないのですが、夏場の日中に発生しやすいEスポ(電離層のスポラジックE層)のお陰で遠距離通信が可能な場合があり。
50Mhzのアンテナは持ち運び出来る程の短さで、昔からハンディー機(持ち運び可能な無線機)でも人気があります。
Eスポの発生時は東京から北海道、九州との通信も可能だったりで自分も経験しています。運が良いと日本からアメリカと通信出来た方も過去には居たそうで、それもタワー上の立派なアンテナとかではなく、ハンディー機からだったとか。

インターネットが普及するまでは「趣味の王様」とも言われたアマチュア無線ですけれど、現在は不人気で。遠方との通信手段としてのアマチュア無線は上記の様に確実性が足りませんし、携帯電話の普及等も影響していそうです。
東日本大震災で孤立した地域では、非常用の通信手段としてアマチュア無線が活躍した場面もあったそうです。十数年離れていた趣味に自分が戻ったのもこの影響でした。
アマチュア無線を非常通信用途に考えられている方は停電時の電源もちゃんと用意されているそうですけれど、自分はそこまで至っておりません。
まぁ、ちょっとお金の掛かる趣味ではあります。。

予知能力

いきなり胡散臭いタイトルです。地震の予知についてです。
体感で地震を予知出来る能力など自分は持っていないので、定量化出来そうな現象と地震の関連性について、勝手に考えてみました。

【動植物の行動】
過去に好きだった漫画の一つに、さいとう・たかをさんの「サバイバル」というのがありました。
洞窟探検に友人達と出掛けた少年が、そこで大震災に遭い、一人だけ生き残ってしまうストーリーです。山の中に出掛けたのですが、地上に戻ると周りは海に囲まれていて。
僅かな道具だけで孤島でのサバイバル生活が始まります。フィクション的要素もあったと思いますが、それなりに役立つ知識も含まれていました。
その中で興味深かったのがネズミの行動でした。作中で紹介されていたのですが、笹の花というのは六十年くらいの周期で開花するそうです。その年は笹の実も大量に採れるそうで、結果的にネズミが大量発生するそうで。
不運にも主人公はこの現象でネズミの被害に悩まされます。せっかく貯蔵した食料を食べられてしまったり。
猛禽類と共同生活を始めてからは、生活していた穴倉からネズミは減ったものの、その猛禽類もネズミの襲撃に遭い、またしてもネズミに悩まされる日々。
主人公もネズミに噛まれ、何かのウイルスに感染し、いよいよ人生も終わりかと思っていたところ、ネズミは群をなして突然海に飛び込むことに。
その後、またしても巨大な地震が。

まぁフィクションですので、地震の前にネズミが大量に自殺してしまうのかは分かりません。
ただ、大きな地震の際にカラスがやたら騒いでいた経験は自分もあります。地震で驚いただけかも知れませんし、その直前から騒いでいたのかは覚えていません。
鳥の帰巣本能的に、人には備わっていない何らかの能力が動植物にあれば良いのですけれど、ハッキリとした相関関係はまだ分かっていない様子です。
ブラックジャックでも、何の役にもたたない馬鹿犬が突然吠え出した直後に大地震があり、主人公が救われた場面がありました。まぁあの作品は創作的要素が多く。
暫く前、東京湾に迷い込んだクジラも関係しているのかな?微妙なタイムラグがありましたが。

【天候】
自分の経験範囲では、全て晴れの日の地震でした。統計的にどうなのかは知りません。
初めての大地震は北海道に引越した直後でした。修学旅行で東北方面に訪れた先は晴天の弘前公園で昼のお弁当を頂いているときでした。その晩は水洗トイレも流れないし最悪。
帰りの青函連絡船も動いているのか良く分からず、親御さん達も相当心配していた様子です。
あとは東日本大震災。あの日もよく晴れていました。
その前ですとニュースでしか知りませんが、阪神淡路大震災も晴れだった記憶です。
地震の直後に雨が降ったりはあるそうです。

【地鳴り】
地震の前に地鳴りが続いたりあったりするそうなのですが、残念なことに自分は気付いた場面がありません。

【星の位置】
星といっても月に限った話ですが、月の位置は関連性がありそうです。
実際、潮の満ち引きにも影響していますし、重力や引力にも影響していそうで。
月が地球に近いと地面が引っ張られてもおかしくありません。

【太陽活動】
アマチュア無線の世界では知られているEスポット関連です。上空には目に見えない電離層というのがありまして、この電離層の状況により電波の到達度が変わったりします。
主に短波帯での話ですが、電離層の状況によって電波の反射具合が変わりまして、見通し範囲以外の遠距離まで通信が可能だったりします。(周波数が低い中波帯は電離層に電波が吸収され、周波数が高いVHFやUHFは波長が短過ぎて電離層を突き抜けてしまうそうです)
その電離層のコンディションと太陽活動には相関関係があります。
時間帯や季節によっても電離層のコンディションは変わるのですが、本来電離層での反射が弱い時間や季節なのにこれが強かったりすると、地震が多かったりするそうです。
太陽活動との関連は謎で、地殻の変化による疑いがあるそうです。
実際、地震の前後に雷が鳴ったりしますし、地殻の変化が上空に影響を与えていそうです。(地殻のズレで、地殻中の金属成分が上空に影響を与えている説)
これに近い話題は最近の報道番組でも登場していました。

【地軸のズレ】
昨日、元職場の同僚から聞いた話です。地軸がズレてきているそうで、それが地震を増やしていると。
これは初めて聴いた話でした。車でもそうですが、等速運動を続けている限り車体の歪みも少ないですし、乗車していても加速感や減速感はありません。
昔あった地球ゴマも等速回転中は安定感ある持ち応えで軸を変えることは力が必要で。
ただ、地殻の歪みで地震が増えるにしても、それで直前の予知には繋がらず。

【気圧】
低気圧で潮位が変わるくらいですから、地殻に影響あってもおかしくないかも知れません。
一昨日の北海道の地震も、台風による低気圧が通り過ぎた直後でした。

【臭い】
特に山に近いエリアでは地震に限らず地滑り前に土臭さがあるそうです。五感に訴えてくる点で、これは分かり易いかも知れません。

【断層のズレ】
最も関連がある古典的な領域で、疑う余地なし。しかし、直前の予知には繋がらなさそうです。そろそろ危ない程度でしょうか。

【預言者】
知っている範囲で、誰も当てていません。
1999年に終わったのは世界でなくてノストラダムス説だったかと。

まぁ、上記のほとんどがハッキリしない因果関係です。ただ、そういった条件が重なった時は危険度が高いのかもなぁと。
何も検索せずに綴った記事ですので、同様の指摘をされている方も既にいらっしゃるかも知れません。

使えそうな防災グッズ

今回の北海道の震災で、久し振りに防災袋の中身を確認してみました。袋の中から拝借したまま戻してなかった道具とかけっこうあったり、充電器はあってもそれに接続するケーブルが無かったり。
中身の確認はたまにでも大切そうです。
で、イザという時に使えそうな製品を紹介してみます。宣伝のつもりはありません。(カッコ内の数字は五段階評価)

・発電機付の防災ラジオ(5)
・USBバッテリー(5)
・iPad(4)
・ソーラーバッテリー(4)
・アウトドア系浄水器(4)
・カセットガスが使える小型ガスコンロ(4)
・アウトドア用のクッカー(4)
・アウトドア用のスプーンセット(4)
・マグライト(4)
・水の要らないシャンプー(3)
・単三のエネループと充電器(3)

上記は写真に残した通りです。
特に、停電で携帯電話やスマホが充電出来ずに身内と連絡取れなくなる場面が今回の災害で多かった様子です。
ですので、そういった製品を充電できるツールは大切そうでした。発電機付の防災ラジオは特に重要そうです。
USBバッテリーも持っていて当然かと思いますし、これは普段使用でも便利です。
iPadを何故紹介しているかというと、バッテリーの持ちが驚異的だからです。バッテリー消費を意識していたら充電しなくても数日間利用可能ですし、本来は無料でない通信会社のWi-Fiも災害時は無料で開放してくれたりですので、安いWi-Fiモデルでも持っていると心強いです。
ソーラーバッテリーについては、晴天の日中くらいしか使い物にならなかったりですけれど、それ未満の場面でも発電してくれそうです。実際、ソーラーバッテリーで助けられた方も今回いらっしゃいました。
アウトドア系浄水器については、小便さえも飲料水にしてくれる性能があったりです。特にフィルターを逆洗出来る製品はとんでもない交換容量を誇っています。水道は生きていても震災後は異物が混じっていることも多いので、あった方が良いかと。
カセットガスが使える小型コンロについては、畳むとともかく小型でコブシ大、かなりイケています。また、コンロを囲める折り畳み式の囲いも熱効率が一気に上昇するので必須かと。
アウトドア用のクッカーやスプーンも、上記と一緒にあると良さそうです。
マグライトはトップを外せばランタン替わりにもなります。
水の要らないシャンプーは頭の痒さから解放してくれます。
単三のエネループと充電器はそれに対応したラジオやマグライトの使用に重要だったっりです。

最低限の衣類や寝袋、食料、ナイフ、ティッシュ等は勿論必要ですし、備わっていて当然ですが、上記の品は震災直後に品薄になったり高額になったりです。
また、全く無名のメーカーの製品はなんちゃって系も実際多いので、ある程度名の通ったメーカー製の、レビューもしっかりした製品をオススメします。
実際、上記を全て揃えると数万円掛かってしまいますが、所有していることでの安心感はあります。
自分は下駄箱の上にトートバッグを置き、その中に全て入れています。
震災後に自宅を利用できるにしても、公共施設へ避難できるにしても、野宿を強いられるにしても、あったら助かる系かと。

以下に商品のリンクを貼っておきます。





















上記のほぼ全ては自分もAmazonで購入しています。
上記の製品の合計額は暗算で平時六万円くらいでした。

殺虫剤で失敗

前回の記事で綴った「オルトランDXを入手した」系の記事についての続編です。
結論から申しますと、今後使用自粛予定です。
十年ほど前からニュース記事で「ミツバチが居なくなった」系の内容を見掛けていたのですが、殺虫剤に含まれているネオニコチノイドという成分が影響していたようで、ヨーロッパでは大きな規制が既に入っているそうです。
他にも赤とんぼが居なくなった原因や、まだハッキリしていませんが人体への影響も疑われているそうです。
このネオニコチノイドの成分がオルトランDXにも含まれているそうで。
既に一度使用してしまい、効果はそれなりに認められました。土の中で根を食い荒らす何かが減ったのか、成長中のヒマワリに元気が戻ってきて。

購入した経緯が今考えるとマヌケで、当初はダイアジノンという殺虫剤を購入予定で、事前に自宅で安全性について調べていたのですが、ホームセンターで結局別の製品(オルトランDX)を手にしてしまい。
店頭でスマホを用いて検索すれば良かったのですけれど、その場で目がかすれていて小さな文字を読むのが面倒で。
殺虫剤に限らず、薬系の製品に綴られる注意書きは極端に小さな文字も多く、あれをその場で読む気にもなれず。
危険な物質について、気を付けていた自分としては恥ずかしいです。

ネオニコチノイドの危険性についてはコチラのサイトが詳しいです。
薬害等の記事を知識の無い人が噂だけで綴っている方が世の中にはけっこう居たりするのですが、上記リンク先についてはしっかりされた団体の様子でした。
ネオニコチノイドを検索すると、ヨーロッパでは最近全面禁止になったとの記事も見受けられたり。(真偽は謎です)
いずれにしてもヨーロッパでは大きな規制が既に入っている様子です。

以前に某パンメーカーの製品に含まれる臭素酸カリウムの危険性(発がん性)について綴りました。個人的には水道法で許される含有量以下だから問題ない認識でした。
この件を大袈裟に綴っているサイトが多く、だいたいは含有量についての具体的な記載が無く。恐らく、その辺の知識がそもそも無いのかなぁと思えて。
今回のネオニコチノイドについても、安全範囲の含有量について調べてみたのですが、現時点では妥当な記事が見つからず。
そもそも、土に撒く殺虫剤がどれくらいの割合で花や実に吸収されるかなんて植物の種別によって異なりそうですし、その吸収された花や実をどれくらい接種したらどれだけの影響があるかなんて二次的な影響は、簡単に導けないかなぁと。
殺虫剤の濃度など使用者の手違いで大きく変わりそうですし、大きな実害が分かっていて因果関係も実証されているのなら使用中止が妥当かと思えます。
そして、またしても日本の対応が後手後手っぽく。

数日前のニュース記事で「カネミ油症」の件が綴られていました。そのコメントでサリドマイドの話題に目が留まりました。
自分の子供の頃はサリドマイド児の話題をテレビや新聞で見掛けたものでした。実際に被害に遭われた方も目にしていました。被害に遭われた方は自分より少し年配の方が多く。
サリドマイドについてもヨーロッパでは危険性が疑われた段階で全面使用禁止になっていたのですが、日本は対応が遅れたそうで、その間に被害者が増えたそうで。
その後の薬害エイズも似たような流れかも知れません。

一般人の防御方法については、自分で調べるしかなさそうです。良く分からない薬品を使う際は、Webで検索するくらいでしょうか。
農薬や殺虫剤に限らず、お医者さんで処方される薬も同類なのかも知れません。誰も知らなかったことでしたら仕方ないでしょうけれど、自分だけが知らなかったとか法規制までのタイムラグ期間とかでしたら何とも残念で。
少なくとも農薬や殺虫剤を購入する際は事前によく調べて、店頭では目移りしないことでしょうか。

ネオニコチノイド系殺虫剤の登場は1990年代だそうです。しかし、2000年代初頭には一部で使用規制が既に始まっていたそうです。
やはり、使用実績が半世紀くらいある成分が比較的安全なのかあなぁと改めて思ったりです。影響や問題点も出尽くしているでしょうし。

自作の毒入りカレー

何だか危ないタイトルですが、犯罪の話ではありません。ジャガイモの毒についての話題です。
ジャガイモの芽の部分に毒が含まれているというのは子供の頃から何故か存じていたのですが、緑色に染まった部分に毒が含まれているというのを大学二年まで自分は知らなくて。

大学時代の前半は特に貧乏学生だったもので、週末に時間が許されれば自炊する機会が多かったです。キッチンが小さなワンルームの部屋だったので、鍋一つで出来るような料理が主でした。
ある日、スーパーの安売りでジャガイモを入手したのですが、皮を向いたところ新鮮な緑色でした。これは余程鮮度が高いのかな?と思いつつそのままカレーが出来上がりました。
これが、食べたところ妙に苦く、口に入れた瞬間から違和感があり、呑み込んでもやはり違和感。苦い不味い。
しかし、大食いが基本の自分にとって残すのは恥ですし、盛ったものは責任持って食べるべきで。
ともかく平らげたのですが、体調がジワジワ悪くなるはお腹は痛いは気持ち悪いは。幾度もトイレを往復し、週末は蒼い顔して寝込むことに。

いつもと違ったのはあのジャガイモ。調べたところ、ジャガイモの緑の部分は毒だそうで、上記で経験したような症状が起こるそうです。酷い場合は亡くなってしまうことも。
自作の毒入りカレーはそのまま処分することに。身をもって勉強になりました。
あれ以来、自炊する際にはジャガイモの緑色に特に気を付けています。自炊の機会が減ったものの、二十回くらいの購入で一度は緑色のジャガイモを見掛ける確率です。
正直、店頭では見分けのつかない場合がほとんどでした。台所でピーラーを使って皮を剥き始めて初めて発覚する場面が多く。

数日前のこと、友人夫婦の奥さんの方が小さな娘さんとジャガイモ堀に行った写真を送ってきました。
自分もジャガイモは数年前に屋上で栽培した経験があり、その写真をお送り返してあげたり。
そんなやり取りの中で、ジャガイモ栽培でジャガイモは土から顔を出さないように育てないと緑の毒が発生しちゃうから気を付けるように伝えました。
しかし、友人の奥さんの方はそれを知らなかったようで、冗談かと思ったものの本気で知らないようで、リンク先も含めて参考サイトを紹介しました。

本日のこと、その件の続きのメッセージが届いたのですが、奥さんの職場の人達も知らなかったそうで。(気の毒だから話合わせてくれてるだけなのかなぁ)
先方では「自分が北海道出身だからそんなレアな情報知っているのでは?」という流れの話になったそうで。(なんじゃそりゃ)
更に「緑色のジャガイモなんか観たこと無い」とまで言われてしまい。(ほんまかいな?)
気付かなかったか、ジャガイモを好まないからほとんど買ったことがないかくらいしか原因が浮かびません。恐らく、何処かで食べているとは思いますし、耐性が付くものとも思えず。

知らなかった人がどれだけ居るものなのか検索してみたところ、それなりに居るようです。
知らなかった方のTweetが面白かったです。「親にどうして教えてくれなかったの?」と尋ねたところ、親も知らなかったとか。本人は恐らく食べさせられていただろうと。
自分は一人暮らしの若いうちに痛い経験をしておいて良かったです。集団で頂いてしまったらトイレの奪い合いになってしまったでしょうから。

帰国してからの方が危ない


海外でハンドルを握ると現地でしくじるのはウインカーの出し方。
ハンドル周りのレバーはウインカーとワイパーが逆で、ウインカーを出そうとする度にワイパーが動き出し。
数時間で慣れるのですが、気をつけていないと直ぐに戻り。

西海岸では配車ミスにより破格の安さでオープンカーを借りれたのですが、これは晴れ続きの土地で快適でした。
しかし、一方通行で逆走してしまった際は正面衝突しそうな場面があり、互いの急ブレーキで発生したタイヤのゴムの香りがモロに漂ってきました。オープンカーならではでした。
でも、死ぬかと思った。

そして、帰国。
我が祖国。
もう大丈夫だ。

三ヵ月のヨーロッパから戻り、空港近くのパーキングに預けていた愛車をスタートし、大きな幹線道路から自宅へ戻ろうと。
何も考えずにウインカーは右に出せた。上出来だ。
走り出すところで、死ぬかと思った。

「やばい逆走だ」

解説:
駐車場から大きな幹線道路に出る際、多くの場合その国の通行方向しか曲がれません。左側通行の日本なら左で欧米の多くは右です。
帰国直後など緊張感の欠片も残っちゃいません。
写真は1999年に現地で借りたムスタングのコンバーチブル。幸か不幸か予約していた安い車がロサンジェルスの大停電で配車されませんでした。