難民とか

以前の仕事で小さな商社で勤めていたことがありました。
特殊な分析装置を輸出入する会社で技術を自分は担当していました。それなりの実績を残せて、立場も築けていたのですが、会社の経営が傾いてしまい社内で一番若かった自分が早期退職を選ぶことに。

その会社でベトナム出身の少し年上の社員Tさんが居ました。日本語はだいたい通じたものの、時々通じていないことがあったり発音に癖があって別の意味で伝わってしまう事もあったりでした。(ネイティブの発音に近かったのかも知れませんが、キャンペーンという単語がケンベンに聴こえてしまった時は、自分も失笑してしまい)
しかし、Tさんは人柄がとても良く、特に自分が仕事に慣れていなかった入社時は色々と助けて頂けて。

会社の平均年齢は高めでした。大手の商社やメーカーを定年退職された方が輸出入の英文担当だったり、技術士だったりで。この高齢者の方々が一癖あったりでした。
元々は悪い人では無かったのでしょうけれど、思ったことを直ぐに口にしてしまい。元々それなりの立場だったのもあったようで、遠慮やブレーキが効かない傾向で。
特に、上記のTさんに対して意地悪ともとれる場面が時々あり。これがネチネチしつこくて。

自分はこういった行為が大嫌いで、あまりにもしつこいと「もうそろそろ」と止めに入ることがしばしばありました。
しかし、あまりにも度を越えた際にTさんも怒ってしまいまして、大声で反撃に。自分はTさんを宥める羽目に。
その場はどうにか収まりましたが、何というか日本人として情けなく。
オヤジギャグというのも加齢によりブレーキが効かなくなったオッサンの脳が、思ったことをそのまま口にしてしまう傾向があるとその後知りましたが、こういった意地悪も似たようなものなのかなぁと。

ベトナム出身のTさんが何故日本に居たのかというと、七十年代のベトナム戦争で難民として日本に渡って来たそうです。所謂難民船でやってきたそうで。
Tさんのお父さんはベトナム政府で教育に関わる重職だったそうで、そのまま国に残れば皆殺しの対象だったらしく。実際にご家族の何人かはそれで他界しています。
何とか乗れた難民船も酷い状況だったそうです。かなり運良く日本に保護されたらしく。
その後、夜間大学を卒業し、何かの機会でこの会社に入社出来たそうです。会社の会長は第二次世界大戦を経験していた堅物で、人としてTさんを惚れ込んだとも聴いています。

何かのお酒の席で、いつも温和なTさんに「怒ったことはあるのですか?」と聴いたことがありました。もちろん有るとの答えでした。
学生時代に難民仲間とドライブに出かけた際、何処かの不良どもに絡まれたことがあったそうです。仲間がボコボコにされそうになり、Tさんは車から大きな工具を取り出して反撃したと。
ちょっと信じられない話にも思えましたが、十分にあり得る場面、生きるか死ぬかの場数が普通の日本人とは違うんだなぁと。
数々の意地悪を日本で経験してきたと思われますが、基本的に人として扱ってくれた日本に感謝の念は忘れていないTさんでした。

自分の送別会の際、Tさんは非常に残念がっていました。最後は握手の手をなかなか放してくれず。そのTさんも数年後に退職されたそうです。

ベトナムで反日教育みたいなのは無かったそうです。また国民性は基本的に穏やかだったそうですし、Tさんのような前向きな方が基本だったんだろうなぁと。
話が飛ぶのですが、昨今の日韓関係を観ていると、結果的に大量の難民が押し寄せる可能性が否定できない状況にも思えてしまい。
もしそうなったとしたら、ベトナムやカンボジアから当時やってきた難民の数とは比較にならないかと。
飛行機やまともな船での移動なら防ぎようもありますが、小さな船で大量に押し寄せたらどうにもならないかと。
Tさんのときでも受け入れ施設がパンクしていたそうですし。
何より、日本の道徳観とかに慣れて頂けるのか謎です。

弾き語り

数日前の事、かなり久し振りにカラオケへ。海外から一時帰国していた方との飲み会ででした。カラオケはもう十年以上やっていなかったと思います。
自分、唄にぜんぜん自信が無く。無駄に力んでしまったり、勝手にビブラート(震え?)が入ってしまったり。

若い頃は幾度か弾き語りも経験していました。ただ、これも二十五年くらい前に演ったのが最後でした。
身内の披露宴でカラオケを頼まれて、どうせなら弾き語りにしようと鍵盤楽器を持ち込んで。
演奏自体は問題なく片付いたのですが、緊張してしまい折角の美味しい料理がほとんど喉を通らず。とても勿体ないことをしてしまいましたし、もう二度と演らん方が身のためと思っていて。

たまに酔った勢いで演奏を録画してみるのですが、やはり納得の出来では無く。
時間の許されるうちに、少しは練習してみた方が良いのか。そもそも演ってみたい曲が難しいのばかりで、それがまたよろしく無く。

ひまわり開花とか

一昨日のこと、庭のひまわりが開花してくれました。ひまわりを育て始めて今年で五年目、なかなか満足の咲きっぷりでした。

他にも綴りたい話題があるのですが、ちとデリケート。所謂日韓関係についてです。
これを綴ると無駄に長くなってしまいがちですし、過去に同じようなことを幾度か綴っていそうですし。

結論から言ってしまうと「仮に現在韓国側が取り上げている徴用工問題に対して日本政府が100%譲歩して謝罪と賠償を行って丸く収まったとしても、これまでの流れでは何年かしたらまた同じ問題が掘り起こされるだけでしょうし、今後を長い目で観ても意味が無い」です。
ここ十年以上の日韓関係はとても友好国と思えぬ状況でしたし、それは双方同感だと思います。であれば優遇された立場のホワイト国から除外されても何ら問題無いかと。信頼関係が無いのですから。
今回の流れは、もう落ちるところまで落ちて、底についてから修復すべきかと思っています。双方一旦言いたいことを全て伝えるべきで。
無限ループから脱出するにはそれが一番良いのかなと。

韓国の一般庶民の中には日本に対して友好的な方も確かにいました。韓国内の反日ムードや不買運動に対して異を唱えている方も居るようです。ただ、そういった方々が国内で迫害されないことを祈るのみです。
逆に日本で韓国寄りの意見を出される方が居ても、言論の自由まで奪われていません。集団でヘイトスピーチを行うような場面が日本であれば、それは国内問題として冷静に対処してきたと思えますし、日本国内で不買運動なんてほとんど聴いたことも無く。
そんな点だけでも、日本で生まれ育ってきて良かったなぁと自分は思っています。

あと、これが出来ない限り韓国は変わらないかな?と思える部分についてです。内政干渉にもなってしまうのですが。
まず一つ目は、小中高の反日教育です。こんなことをやっていたら、何時まで経っても両国間に信頼関係など生まれないかと。

二つ目は以前に綴った「法の不遡及」の徹底です。法令の効力はその法の施行時以前には遡って適用されないという法の一般原則です。これがなっていないと何の約束も意味が無くなってしまうので。
他にも幾つかあるのですが、民族的な思想とか個性の範囲なのかなぁとも思えています。

韓国政府は日本政府に対して何故にここまで好き勝手な行動を取れるのか不思議でもありました。韓国は常に日本より優位な立場なのだから、日本に対しては何をやっても許される的な。
最近気付いたのですが、李氏朝鮮時代の両班に近い立場だと思っているのかなぁと。下の身分に対しては略奪でも何でも許されてしまう身分だったそうです。

来年は東京オリンピックの年ですし、下手をすると今回の件が影響を及ぼしそうなムードでもあります。
不買運動に続いて不参加運動が始まっているそうで。これに対し、ネット上の特にSNS上の意見を観ていると、日本の右寄りの方々は大喜びしている状況です。
1980年のモスクワオリンピックは東西の分裂で大きなボイコットがあったりでしたが、今回はどうなるのかなぁ。一国だけ不参加とか。

柴又が紹介された記事

柴又が紹介された記事が、ちょっと癪に障ったのでこちらに綴ってみることに。
代官山からガチな「下町」へ引っ越した、イラストレーターの私が「得たもの」と「失ったもの」』という記事です。

まず、「おしゃれで文化的なもの以外は何でもある」という表現がどうにもスッキリせず。この方が気付かれていないか視野が狭いかだけかと。
そもそも「お洒落」とは何ぞや?になってしまうのですが、お洒落とか流行とかは時代によって変わるものですし、お洒落の流行が去った直後はカッコ悪さの代表格にもなったり、忘れられた頃にリバイバルしたり。(帝釈天が流行った江戸時代の一時期はおしゃれで文化的な町だったかも知れず)
また、文化的なものについては柴又にも色々残っていると思いますし、活動されている方も多い感です。着物文化を広めようと活動される海外の方や、昭和レトロをこよなく愛する方や。
巣鴨のとげぬき地蔵にしても、柴又の帝釈天参道にしても何がキッカケてお洒落と見直されるか分かりませんし、ひょっとしたら今年の年末に公開される「男はつらいよ」で柴又は大ブレークするかも知れません。若い人には新鮮でしょうし寅さんな服装が全国的にブレークするのかも知れません(流石にそれは無さそうですが)。
どうにもお洒落な町から引越してきた的な、上から目線臭漂う文章だなぁと思えてしまい。

あと、「下町」という表現についてです。
これも自分は神田で十数年暮らしていたので、下町という言葉の扱いは慎重だったりです。
何代も神田で暮らしている方にとって、「下町」とは江戸時代から続く城下町神田の代名詞であって、それ以外の土地の者が無暗に下町だと名乗ると笑われてしまったり。
人によっては「城下町」が下町の語源だと言い張る方も実際に居ました。
神田の町歩きを手伝っていた頃は「本郷もかねやすまでは江戸のうち」何て言葉を幾度も聴いたり。
他にも、柴又の歴史を紹介されていた文章が何処かのサイトにあったのですが、どうにも見つからず。ここでも神田の人に気を配られていた記憶です。

と文句ばかり綴ってしまいましたが、それ以外の部分は概ねそんな感じかなと思います。
記事に登場する幾つかの写真が自分の行動範囲と重なっていたので、何処かですれ違っていた作者さんなのかも知れません。

追記:
記事中に柴又を連想させる写真が幾つかありましたが、本文で柴又とは一言も触れられておらず。
ちとトリッキーというか、消防署方面からやってきた消火器売りに近いというか。
なんじゃこりゃ。

法の不遡及

ここしばらくの隣国系のニュースがちと気になっております。
どうしてまた片付いた古い話を蒸し返すのかなぁと。ここ数十年の流れを思い出しても、どうにも違和感を覚えておりまして。
最近気付いたのですが、法の不遡及がなっていないんだなぁと。
人によっては聴きなれない言葉ですが、法令の効力はその法の施行時以前には遡って適用されないという法の一般原則です。

例えば、三十年以上前であれば駅のホームで煙草が吸えましたが、法や条例が出来てから当時の喫煙をとがめることは出来ないとか。
このルールが徹底されていないと、気に入らないからといって後からルール変更して過去の出来事が幾らでも罪に出来てしまいます。
極端な話、スポーツのドーピング問題も昔はルールが無かったですし、ルールの無かった過去に遡ってメダルの剥奪を始めたら滅茶苦茶なことになりそうです。

世界中で隣国同士仲が悪かったりします。これは日本に限らずだと思います。ただ、法の不遡及がなっていない国は隣国に限らず、どの国とも上手く行かない感です。
好き勝手にルールを変えられてしまうのですし、約束さえも意味をなさなくなってしまうので。法治国家でも何でもないです。
隣国は日本に対して過去に遡ったルール違反を幾度もしている状況です。

ただ、隣国の国民全体を否定しているつもりはありません。国の方針がそうである以上、従うしか無いのですし、反論をしたら罪に問われてしまうのですし。
普通なら、何処かで矛盾が生じてしまうでしょうし、気付いたら是正されるのかと思うのですが、これがずっとそのままで。
恨みといった感情が法より優先されるのは個人レベルであったりしますが、それが何世代も後まで引き継がれるのは考え物だと思うんです。赤穂浪士で戦った子孫達が未だにいがみ合うようなことは無いワケで。
隣国の過去の大統領に至っては「千年後も恨む」とか平気で言ってしまったり。これはほとんど病気に近いかと。壊れた一般人が言うのならまだ分かりますが、一国のトップの発言として何じゃこりゃです。
既に片付いた問題を幾度も蒸し返したり、当時は当たり前だったことを批判したりな国と上手付き合って行くには、先ずは相手国のルールを変えてもらわない事には何も解決していのでは無いかなぁと思うこの頃です。

隣国から日本へやってくる観光客の中には親日派の方も実際に居るワケで、日本の文化に触れては嬉しそうな表情だったりします。
これが帰国してから大っぴらに語れない状況というのも気の毒に思えて。
逆に、小中高と半日教育を受けた中で、教えに背いてまで来日する方に敬意を表してしまったりです。勿論、悪い事をやりに来る方は論外ですけれど。

過去の旅行記でも綴りましたが、自分が訪れた海外で日本人だったから良い思いをした場面は幾度もありました。自分が認められたとかではなくて、先人の善行の恩恵でしかなく。
隣国についても、四十年近く前であればここまでヘンテコな関係では無かった記憶です。どうしてそうなちゃったの?な感です。