池田坂

御茶ノ水の仲通りに「池田坂」というユルい坂があります。
三十年前の自分は通勤にいつも利用していたルートです。昼間はこの近くの大学で働き、夜は港区の夜間大学で学んでいました。
自分のお世話になっていた昼間の大学は、職員の何割かが勤労学生で自分はようやく一年目の新人。周りは先輩だらけでした。

ある日、仕事を終えてタイムカードを押し、先輩職員二人と一緒に駅へ向かうところで妙な事件に巻き込まれました。
池田坂をテクテク上っていると、歯学部の横を通過した辺りで歩道にしゃがみ込んでいた女性が突然立ち上がり抱き着きそうなポーズで「お兄ちゃん遊ぼー!」と。
先輩二人と自分は互いの目を見つめ合いました。(お互いお前の知り合いか?という感じで)
突進してきた女性は同世代くらいのジャイ子風な見た目で、満面の笑み。

先輩A:やべ、逃げろ!
先輩B:俺、こーゆーの苦手なんだよ!
SUKIYAKI:?

ともかく一目散に逃げ出しました。数十メートル走ったところで振り返ると、まだ追ってきていました。駅前のT字路に差し掛かったところで先輩二人は左へ、自分は右へ逃げることに。この赤いジャンパーが良くないのかな?
聖橋口の改札を通過後に振り向くと、女性の姿はもうありませんでした。

あれはいったい何だったのか?電車の中で考えました。
どっきり系の番組にしてはカメラが無かったし、第一素人を嵌めることなど無く。
「俺、こーゆーの苦手なんだよ!」というセリフがちょっと可笑しくて思い出し笑いしたり。だいたい、こんなのが得意な人などいるのかいな?
あれがもし小泉今日子さんの様な美人だったら一緒に遊べたのか?と考えてみても、やはり自分には無理そうです。
それが刃物を持った暴漢なら闘ったのかもしれませんが、あの満面の笑みで壊れた女性というのは、けっこうな恐怖でした。
何されるか見当もつかず、自分は完全にひるんでいて。

翌朝、職場でその件を伝えたところ、去年も出没したちょっとした有名人だったそうで。
「春になると出るんだよね」「一応、追い掛ける相手は選んでいるみたい」とのことでした。「気をつけなきゃ」と女性職員から言われたものの、こんなの気を付けようが無さそうで。
この界隈は大きな病院が幾つもあって、そこから抜け出してきたのか、地元の住民なのか分かりませんが、後にも先にもそんな経験は自分に無く。

いまでも、御茶ノ水方面に伺った際はあの坂を通過することが多いです。落ち着いた雰囲気の空が青い坂で、下り方面は見晴らしも良く。
その度に、この妙な出来事を思い出したりです。

ガステーブルの清掃

数日前にガステーブルを清掃しました。といっても、魚を焼くグリル部分のみでしたが。
この部分を清掃するのは二年ぶりくらいかと思います。
受け皿になる部分が汚れにくいように、アルミホイルを敷きっぱなしでした。

しかし、取り出してみると恐るべき汚れ。油でベトベトです。
アルミホイルも劣化して求めていた機能以上にへばり付いて最悪。
そもそも、そんなに利用していなかったグリル部分だったのですが、二年も放置していたらこうなってしまうんだろうなぁと。
たまに魚を焼くくらいだったのに。

洗剤とスポンジでいきなり洗う前に、クッキングペーパーで何度も拭いて、油を吸収させて。
こびり付いた油は、一度温めると落としやすかったです。
それでも結果的にスポンジ一個を駄目にしてしまいました。

半年に一度くらいはグリルも清掃すべきでしょうか。バーナー周りは年に一度の大掃除で綺麗にしていたのですが。
あれだけ油が残っていたら、火事になってもおかしくなく。

天気が良かったので

天気が良かったので、ソファーのカバーの洗濯とクッションを干すことに。何ヶ月ぶりだろうか。
単車はクッション干しに使ってしまったので、自転車で江戸川河川敷へ。
自転車も数日前にタイヤに空気を入れたり、錆び錆びのチェーンに油を注いだりしたので絶好調。ペダルが軽いものだから、矢切の渡しの対岸(松戸側)まで伺ってみることに。
先月の台風で矢切の渡しの対岸側は桟橋が崩壊してしまったそう。舟ではまだ着岸出来ないそうで。
ちょっと遠いかな?と思ったものの、自転車では片道十分程度でした。
更に野菊の花の文学碑も観に行こうと。これは自転車で伺って正解でした。徒歩ですと桟橋からけっこうな距離で。
文学碑は畑のど真ん中にあるイメージだったのですが、実際は見晴らしの良い丘の上にありました。
帰りは河川敷の対岸側から我がマンションが観えるものなのか確認。しっかり観えました。
往復十キロ程度のサイクリング、ちょっと汗をかくには丁度良いコースだったかもです。

地域猫のボランティア

自分の暮らす地域には野良猫が程々に生き残っています。
野良猫よりも地域猫と言うべきなのでしょうけれど、野良猫の方が自分にはしっくりきまして。

自分は野良猫が好きです。特に触らせてくれる野良猫が。
理由は幾つかありますが、一番大きな理由は家で飼えないからです。飼えたとしても最後までちゃんと面倒を見切れるか自信が無いですし、独身なので家を空けてしまうこともあったりで。
なので、面倒をみなくても済む、そこら辺で見掛ける猫が貴重な存在です。
全く身勝手な理由なのは分かっています。

野良猫の面倒をみてくれるボランティアさんが、地域には存在しています。皆さん猫好きで、自宅近くにもボランティアのお姉さんが暮らしています。
公園の辺りで暮らしていた猫を最近観掛けなくなったと伝えると、ボランティアの方は詳しい状況を教えてくれます。
だいたいは、去勢手術をした後に里親に貰われていったとの話で落ち着きます。
他にも、最近車に轢かれた猫の話とかも。

ボランティアさんの活動内容の一つは里親探しらしいです。他にも去勢に連れてゆくのもその一つっぽく。
しかし、この活動が完璧になってしまうと、野良猫が地域から全く居なくなってしまうんですよネ。
自分の子供の頃は野良犬が普通に存在していました。そのほとんどは保健所に連れられて行ってしまった様です。全国的に。
猫もそうなってしまうのかなぁ。

鹿やイノシシの大発生も、オオカミを駆除してしまったからとの説があるそうですし、野良猫が居なくなったら、ネズミが大量発生とかも考えられそうで。

猫の外飼いをしている知人が、その写真をSNSに載せたところ、炎上してしまったりも。交通事故のリスクを心配されてしまったそうです。
実家暮らしだった学生時代の自分は、真冬の間だけ野良猫を自宅にかくまっていたりでした。真冬の北海道は寒過ぎて。しかし、持って生まれた性なのか、真冬でも猫は外に出たがるものでして。(結果的に真冬だけとはなりませんでしたが)
まぁ、自分の無責任な希望でしか無いのですが、野良猫と共存できる世の中であってほしく。

今日は寅さんサミット

地元はなかなかの賑わい。
セピアさんにて昼からビールを頂いた帰り道、自宅裏で白マフラーに再会。
久し振りに一眼レフを持っていたので、ちと撮影。
元気にしてたかい?

道案内

ドラマや映画の影響もあってか、平日の柴又も賑わっている様子です。地元のお店にとっては良い事です。
昨日は駅前で買い物帰りに、観光客らしき二人組の御婦人から道を尋ねられました。
お寺を探しているそうですが、自分も分からず。
手にしていた観光パンフレットの地図をお借りしたところ、これが難解な地図で。
駅と目的地の間に目印になりそうなランドマークが、交番と小さな公園しか載っておらず。

ポケットからスマホを取り出し、その地図で確認したところ、ここまでのルートは合っていそうでした。
帰宅ルートから少し外れた程度の場所のようだったので、自転車を降りて二人を案内することに。ここは柴又也。

「この細い道、元々は水路でブラタモリでも紹介されたんですよ」とか、ちょっと知ったかぶりしながら。
「もっと分かりやすいランドマークがあるんですけれどねぇ、あの幼稚園とか」。
「あの地図じゃ、地元の人でも分かりませんよ」。
「そもそも、柴又は斜めに交差する道ばかりで、方向感覚を失ってしまうんですよ」。

その幼稚園を左に曲がった先に、目的地らしきお寺がありました。自分も知らなかった存在でした。何でも、御朱印を頂きたかったそう。
丁寧なお礼を頂き、自転車に乗って帰宅となりました。

柴又には七福神巡りで訪れる方もそれなりにいらっしゃるそうです。そういえば、自分の覚えているお寺は三つも無いなぁと。
帰宅後に、先ほどのお寺をWeb検索したところ、観光客に評価の高い場所でした。
逆に自分の方が勉強になってしまいました。

しかし、あの難解な地図で更に何処かへ向かうのは大変だろうなぁ。まぁ遭難はしないか。
時間のあるうちに、自分も七福神巡りをしておこうかな。

意外に強かった江戸川

スーパー台風等のドキュメンタリー番組で、危険だとターゲットにされる葛飾区や江戸川区や足立区ではありますが、今回の台風19号で被害はほとんど無い様子でした。
これは偶然で無く、様々な治水対策があったからのようです。
地下宮殿であったり、スーパー堤防であったり、八ツ場ダムであったり。どれか一つ欠けても、危なかったのかも知れません。
特に千住地区が浸水すると、地下鉄千代田線ルートで都心まで浸水してしまう説もあるそうで、放っておけない問題だったのかなぁあとも。都心程地下街が発達していますし。

前回の記事にも綴ったのですが、都内でも多摩川方面は被害が大きかったらしく。江戸川方面を含んだ都内の東側より、ハイソなイメージの多摩川方面だったので、治水対策を含めたインフラもしっかりしているイメージだったのですが。
ちょっと意外な結果でした。

ただ、強力な台風が訪れる頻度は増えている様子ですし、都度強力になってもいる様子です。
これが温暖化の影響なのか分かりませんが、海水面も今後は上がる一方だそうですし、河川は海からの流入の対策も必要なんだろうなぁと。河川に限らずでしょうけれど。

随分前に数ヶ月暮らしたオランダは、オランダ国民が作った土地でした。遠浅の海を開拓し、徐々に領土を広げたそうで。
自分が暮らしていたオランダ南部の田舎町には海岸線より内側に幾つもの土手のような道が存在していました。これが過去の海岸線だったそうで、徐々に外側に広げてきたと。
気候の安定したオランダではありましたが、過去には大きな水害もあったそうです。それにより何らかの対策をしてきたそうで。
様々な面でオランダは昔から先進国でしたが、海からの治水対策でも学ぶべき点が多いのかな?と思えるこの頃でした。