ホンダが傾いているらしく

幾つかのニュース記事で、ホンダの四輪販売が低迷しているそうです。というか赤字転落だそうで。
それに輪を掛けて新型車のリコールも多発中だそうで、製造停止や販売延期も。
自分からすると、軽自動車さえこれだけ高価になったのだから、利益は出やすいのかと思っていたのですが、そうでも無いらしく。

自分、四輪も二輪もほぼホンダ党でした。
四輪については尖った性能やデザインが好みで、割り切った部分も許せたり、何より割安で。しかし、今や全て過去形かと。
四輪に求められる安全性能や環境性能のせいで、ホンダが得意としていた大胆な発想も出来なくなってしまったのか。初代のCITYやバモスみたいなモデルは危険過ぎてもう出せなさそうで。
仮に大胆な発想の車を開発したくても、経営陣に止められる様な状況にも思われます。実際、現行車種はトヨタ車の様な特徴の無さで。

親の世代の方から聞いた話ですが、初代シビックが爆発的なヒットをした当時、他のもっと上のグレードに乗っていた人達もシビックに乗り換える現象があったそうです。豪華な装備なんて無くたって、これで十分じゃん的な魅力があったそうで。
それまでの価値観さえ変えてしまった初代シビックだったそうです。

何十年か前に所ジョージさんの車の記事で成る程と思えた内容がありました。
車なんて、ハンドルにエアバッグが付いていても運転によっては事故も怪我もするし、ナイフが飛び出たイカれた改造ハンドルの車でも運転によっては怪我もしないと。(こんな内容だったうろ覚え)
確かに、ほぼ自動運転が完成したテスラでも無茶な運転では死亡事故はあるわけで。

基本的に自分はシンプルな構造の乗り物が好きです。故障率も低そうだし、出来れば自分で直したいし。しかし、世の中そんなモノは許されなくなっています。
二輪にしてもABSの義務化とか、騒音対策でエンジン性能を敢えて抑えたりとか、排ガス対策で高価な触媒を採用したりとか。(環境性能は従うしか無いのですけれど)
以前に乗っていたPCXというスクーターはアイドリングの自動停止機能で燃費を稼いでいたものの、バッテリーの容量が足りなかったのか信号が青になった頃にはバッテリーが上がっていたり。こうなると、バッテリーをチャージしない限り二度とエンジンは掛からず、右折の待機時は死ぬかと思ったり。
根本的な部分が何か変だよなぁと。

冒頭に綴った四輪の新型車のリコールも、簡単な対応策が見つからなくて苦労している状況らしく。電子ブレーキの不具合らしいのですが、構造の大幅な変更が必要そうとの噂でした。
設計段階でフェールセーフな考え方とか、試作車の段階で性能評価とかしっかりやっていれば見抜けそうにも思えるのですが。
このリコール記事のコメントの中には「外注丸投げのマネージメント会社だから」との指摘も。(真偽不明)

四輪の自動ブレーキも義務化されるとのニュースも数日前に見掛けました。将来的には自動運転が当たり前になるのでしょうし、その前段階なのかな。高齢者による暴走事故の影響の方が濃いか。
数日前に見掛けた別の記事では、自動運転が普及すると車の運転免許も要らなくなるとか、車自体所有する必要が無くなるとも。記事のコメントを観ると、公共交通の無い僻地では所有しないと生活できないとの意見も多かったですが。
ちと脱線し過ぎました。

ともかく、自動車業界は二歩ぐらい先を見据えていないと、存続さえ難しい様子です。
八十年代の単車ブームの頃は現在の二十倍くらい新車が売れていたそうです。特に気軽に乗れるミニバイクが牽引していたそうですが。
経済成長中の国ではこういった現象があるそうです。先ずは生活道具として安価な単車が普及し始めて次に四輪が取って変わって。その後の単車は趣味性の高い乗り物扱いだそうで。
更にこの先は四輪の所有も趣味の世界になってしまうのかな?

ホンダに限らず、この先の四輪の進化で脱落するメーカーは出てきそうですが、こんな早い段階でホンダに倒れてほしくなく。

誤解を招く噂

ちと重たい話題が続いていて恐縮です。
昨日のニュース記事で『「報道ステーション」世耕弘成氏VTR編集を謝罪「誤解を招く表現」印象操作の批判に』というタイトルがありました。
事実であっても要約のしようによって全く異なった内容に伝わってしまうことがあったりします。これは報道に限らず、人の噂でもそうだったりです。
後者については、どんな人でも経験したことが一度はあるかと思います。勿論、自分もです。
冗談の延長であっても度が過ぎれば冗談として伝わらなかったり、悪意を持った要約と結果的に大差無く。

被害に遭うのが自分で無かったとしても、聴いていて疑問に思ったら「本当にそうなの?」と自分は聞き返すようにしています。ターゲットにされてしまった方の言動「らしくない」噂って時々あるかと思います。
逆に、変な噂を流す方が疑われてしまうパターンもあったりで。これはプライベートでも仕事上でもあり得ることで。
なので「普段のおこない」は、やはり大切だと思っています。それで救われることもあったので。

報道ステーションは前身のニュースステーションを含めて、誤解を招く報道が過去にもあり、ターゲットにされた地域が風評被害に遭ったり。
まぁ長く続いている番組ですので、ドジの一つや二つはあっても仕方ないのかも知れません。(考えが甘いかな)
同系列の朝日新聞も、何だかなぁと思える問題を抱えており、今回の件は翌日に謝罪できただけまだマシだったとも思えます。慰安婦問題についての謝罪と訂正については十年以上経ってからでしたから。(その間に世界中にニュースソースとして拡散し、もはや収拾つかない状況かと)

話題が交差してしまいましたが、プライベートでそんなことが続いてしまうと、やはり距離を置いてしまっても仕方ないかと。
付き合いを持つか否かの選択肢はこちらにもありますし。つまらぬ心配をしながらの付き合いなど、他に時間を費やした方がマシかと。
なので、自分はSNSでフォローする個人をかなり絞っています。

話が飛ぶのですが「大草原の小さな家」に登場したオルソン婦人。まぁ悪役な立場ですがドラマ上では必要な役柄でもあり。
つまらぬ噂好きであったり、意地悪であったり。主人公なインガルス家からすれば、面倒臭いババアでしかないのですが、稀に善人でもあったりで。
あのドラマの舞台のような過疎地域では、面倒臭いからといって付き合わないワケにも行かないのでしょうけれど。

気を付けねば

自分、知られて困ることがほとんど無いつもりなので、ネット上ではかなりオープン派です。
しかし、しばらく前にTwitterで地元の情報を検索していたところ、気になるTweetが。

自宅から少し離れた集合住宅に住まわれている方の様ですが、Tweetされている内容がかなり怪しく。
どう怪しいかというと詳しくは書きにくいのですが、何らかの被害妄想を毎日の様にTweetしていまして。近隣の方への非難な内容が多かったです。
Profileを読む限り、過去にアカウント凍結も受けていたそうで。
そういえば、他のSNSでもこの近辺の批判をしている人が居たなぁと思い出し、そのページを観たところ、どうやら同じ人の様子でした。
文章力は普通にある方なのですけれど、社会批判に対する「どうして?」の部分が欠けていて。

その集合住宅、夏場に近くを通るとかなりの大音量が響いています。窓を開けた状態で音楽を流していている様子。深夜も構わずです。
苦情が来ないものなのか不思議だったりもしたのですが、その方が載せている動画のTweetが、どうにも大音量の部屋に近い様子。(同じ人なのかは謎)

自分の暮らすマンションや、その周辺ではこういったことが無く良かった良かったと思いつつ、こういった方と関わってしまったら面倒臭いので、個人を察しやすい情報は控えておかねばと。

ここでちょっと思い出しました。
Googleのアカウントで名前を変更すべきかな?と。電子メールはそもそも個人的なやり取りなので実名でも構わないのですが、それ以外のGoogleマップのレビュー(ローカルガイド)等で実名を出すのは危険に思えてしまい。
結果から申しますと、Googleのサービス上で使われる名前は共通らしく、特定のサービスだけニックネームという設定は出来ないそうです。
解決方法としては、別のアカウントを作成するしか無いらしく。それはそれで面倒臭いし、当たり障りのないレビューに徹するのが一番なのかなぁと。(裏アカウントを設けても、自分の場合は使い分けが下手で、逆に何処かでボロが出そう)
個人的にはこのレビュー機能が、目的地へ伺う前の参考になっていまして、自分もなるべく有効な情報を提供したかったもので。

過去に実際にあったことですが、自分のお気に入りのお店のレビューに、酷い評価な書き込みがありました。投稿者の方は実名表記で。
名前を検索してみたところ、地域では社会的立場のある方でちと驚いたり。数ヶ月後にそのレビューは削除されていました。本人もマズいと思ったのか。
そのお店は接客もしっかりしていますし、よほどなことが無ければお店側が怒ることも無く。逆に失礼なことをしたのはお客さん側だったのかなぁと思えてしまい。

HDDの転売事件

最近のニュースで気になった一つがHDDの転売事件でした。
大手企業や官公庁から預かった廃棄予定のHDDを転売していた件です。

管理方法の甘さが主な問題になっています。
過去に自分が関わった仕事でも、似たような案件がありました。
特殊用途のストレージサーバーを販売していた会社なのですが、リプレースで引き取った旧サーバーに内蔵されるHDDは物理的にクラッシュしてから廃棄する契約で。
しかし、上からのお達しでそれを再販する指示があり。そんなの関わっていられないので、試用期間の終了時にサヨナラとなりました。所謂組織的犯罪に当たり。
このパターンですと、バレても指示役はトカゲの尻尾を切るだけだろうと思えてしまい。ただ、実行役だけの問題では社会的に収まらないとも思えました。兎も角、前科者だけはなりなくなく。
試用期間中の社員に指示するのも理解に苦しみましたし、逆に正式採用前に裏面が分かって良かったとも思えましたが、ドブに捨てた三ヵ月になりました。
上記は既に十年以上前の話です。その会社が最近どうなったのか検索したところ、数年前に倒産していました。倒産した原因は不明です。
開発力は高い会社だったのですが、従業員達は今頃どうしているのだか。利益は十分に出ていた会社でしたし、独自技術もあったので、そんなダーティーワークに手を染める必要など無かったと思うのですが。

上記は既に古い話なので、ここに綴っても問題無いだろうと。まだ存続している会社だったら、やはり載せられない話題でした。(話題としては面白いのですが、同様の理由で綴れない案件も自分は幾つかありました)

それ以外に気になった点も一つ。
HDDは長期的消耗品で、五年を目安に自分は交換するようにしています。特にソコソコ稼働率の高いPCですと、HDDの突然のクラッシュは命取りで。
仕事上でも、同じ考え方でした。実際に五年以上使用しているPCで故障原因の過半数はHDDのクラッシュでしたし。
数十年前のPCと比べて、現代のPCは十年くらい使用可能だと自分は思っています。しかし、HDDを除いてという条件付きです。
DELL製のPCを仕事上で扱う機会が自分は多かったです。その中でSeagate製のHDDを積んだモデルは故障率が異常に高かった記憶です。修理の際に用意するHDDはWestern Digital製を好んで採用していました。

現代ではHDDが大容量であってもそれほど高価ではありません。なのに、敢えて中古をオークションで入手する人が居るというのがけっこう不思議です。
それを購入する人は、PCにそれなりに精通しているでしょうから、尚の事不思議です。
元々どんな用途で使っていたのか分からないシロモノですし、ともかく消耗品なのですから。

自宅のPCはHDDの替わりにSSDを使用しています。圧倒的に高速だからです。重要なデータ類は年に数回HDD内蔵のNASに保管しています。
そのNASは年間に十時間程度しか使用していないので、恐らく十年くらいは持ってくれるかなぁと期待しているのですが、ちょっと考えが甘いかもなぁとも思ったり。
万一、台風で近くの江戸川が氾濫しそうな場面があったら、このNASだけは一緒に避難予定でもあります。二十年分の撮影データが全部消えてしまうのは耐え難く。

シンプルなセリフ

過去の人付き合いで、ちょっと不思議に思える現象がありました。
言葉数が極端に少ない人です。例えるならルパン三世に登場する石川五ェ門タイプ。

言葉を発する機会がそもそも少ないのですが、やっと発してもこれが非常にシンプルなセリフで。「美味しい」「楽しい」といった短い形容詞だけのことも。
それでいてコミュニケーションがちゃんと成立してしまうので、かなり要約された重要な一言でした。
ただ、時としてその形容詞に主語が無い為「何に対して」言っているのか分からないことがあり、誤解を招いてしまうこともありました。
当時は電子メールとか無かった時代でしたので、発する言葉だけがそうだったのか文章を書いても似たような傾向だったのかは謎のままです。
何れにしても害のない方々でしたし、仕事も出来たり芸術肌だったり、個人的にはイイ味出している方が多かった記憶です。ボソっと発する一言が妙にユーモアだったり。

出来るものなら自分もこうありたく。(無理)

逆のパターンの方が弊害多かったのも確かです。
マイクを握ったら放さないタイプです。
呑み会や会議でこのタイプにマイクを握らしたら最後。30分予定の会議が二時間になり、費やした時間のほとんどがコイツによるワンマンショー。
それも過去に聴いた話と重なる話題ばかりで、特に役職のある高齢者ほど誰も止められずに参加者は悲惨な思いをします。
聴いてる側も面倒臭くなり「あぁもうこいつの言う通りにするからサッサと終わらせて」と。戦術としたらコレもアリなのかも知れませんが、毎度コレではたまったものでなく。

この流れは生産性を落としてしまいますし、モアベターな案が他にあっても浮上し難く。こんなのは議論でも何でも無く。
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」でも、明治維新直前辺りだったかで似たような会議の場面がありました。かなりの身分の方が竜馬と意に反する意見をダラダラ述べていた場面だった記憶(うろ覚え)ですが、竜馬は「うるせー!」と突然叫び。
一同凍り付くのですが、竜馬は「ハエが飛んでいたから」と弁明。これは見事な返し技だなぁと。

オーストラリア米との闘い

二ヵ月近く前に試しに購入したオーストラリア米がナカナカ減りません。減らない理由は幾つかあります。
第一の理由は普通に炊いたら不味いからでした。パサパサになりがちで、水加減等に神経を使うというか。美味しいお米は炊き加減のストライクゾーンも広い感じなのですが、オーストラリア米はその範囲が狭く。
第二の理由は美味しく炊けても、時間が経つと硬めになってしまいがちで。冷めたら美味しくなく。

あと、これは自分のドジなのですが、このお米を購入したタイミングで電気炊飯器を壊してしまいまして、圧力鍋での炊飯を余儀なくされておりまして。
どうやって壊してしまったかというと、上蓋は外せて洗浄が可能なのですが、その周りのパッキングを無理矢理外したらゴムが千切れてしまいまして。パッキングのゴムは分解出来ない構造だったらしく、修理費は本体の購入価格の半分ほど取られるそうで。
試しにパッキングの無い状態で炊いたところ、ガチガチの御飯になりました。炊いている途中で水分が飛びやすかったのかと思われます。
後から閃いたのですが、釜の上にサランラップをすれば、保温だけなら問題無く使えました。そんなワケで現在は保温専用機になっています。

それと、自分は一人暮らしでパン食の比率も高いので、お米の購入は2㎏にしていました。しかし、このオーストラリア米は5㎏しか売っておらず、それも消費を遅らせている理由の一つです。
何故にこのお米を買ってしまったかというと、ただ単に安かったからです。国産米の多くは5㎏で2000円くらいなのですが、オーストラリア米は1400円程度でした。

三回目の炊飯でどうにかソコソコの炊き具合を見付けたのですけれど、それ以降もバラつきは多い感です。何とか年内には食べ尽くしたいところです。
次回また買うか?と問われたら、たぶん買わないでしょうね。国産の2㎏に戻ると思います。

IKEAのKARLSTAD入手から四年

入手一年後にもレビューしていたのですが、四年経ってのレビューです。
クッションの縮みは落ち着いてきた様子です。ただ、身体の重さが当たる場所は弾力性が失われやすいので、たまにローテーションが必要そうです。

あと、年に数回はクッションを外で干しています。これをしないとカビが繁殖しやすく、干している間は掃除機やファブリーズを掛けたり。
まぁ、この機種に限ったメンテでは無いでしょうけれど。

今のところフレームが壊れた等のトラブルは全くありません。
この様子ですと十年や二十年は問題なく使えそうです。
しかし、重いんですよね。最初から分かっていたことですが。引越しや模様替えが多めな人には向かないとも思えます。
値段や耐久性を考えると、悪くない製品だと思います。