柴又のお祭り

大きな台風去りし本日、地元柴又でお祭りがありました。立ち直りの早さは大切です。
御神輿は三年に一度しか担がないと聴いていたのですが、今年は令和元年ということで渡御も。
なかなか見応えありました。

ノーベル賞

ノーベル賞の受賞候補に今年は日本人が含まれていなかった様子でした。しかし、ふたを開けたらそうでもなく。
棚から牡丹餅的な嬉しい今夜でした。まぁ自分が頑張ったワケでは無いのですけれど。

日本人で物理や化学、生物といった理系分野でノーベル賞を受賞される方は圧倒的に国公立大学を卒業されている方が多い感です。(ちゃんと調べていませんが)
国公立大の昔の受験は計七科目の試験が必要でした。理科系だけで二科目で社会系も二科目で。他に国語、英語、数学で。
勝手な解釈ですが、ノーベル賞の理系分野で受賞される方は物理も化学も強くないと突破できない内容が多い感で。生物と化学という組み合わせもあったり。
各科目の境界線辺りをくっ付けたような研究が大きな成果を上げたのかなぁと。

自分の場合、物理は得意科目の一つでしたが、化学は覚えることが多過ぎて受験前に捨てていました。なので、数学と英語と物理の三科目だけで受験できる私立を選んだワケで。
極端な話、漢字が全く書けない奴でも何とかなったワケです。
旧帝大出身者は、自分からすると万能の神の如く何でも知っているのが多かった感です。
実際、北大を卒業した自分の兄はそんな感じでしたし、東北大を卒業したかつての同僚もそんな感じでした。
早稲田の一文を卒業したもう一人の兄も、受験科目が少なかったから入れたと漏らしていましたし、同じ学部を卒業した堺雅人さんも不得意科目が極端に弱かったそうで。
じゃぁお前はどうなんだよ?な自分は、全く何の取柄も無く。

アインシュタインの場合は物理も化学も数学も凄まじい能力だったようです。そうでなければ、ニュートン力学を引っ繰り返すことなど出来なかったでしょうし、(良い悪いは別として)原子力関連も開発されなかったでしょうし。
しかし、二十一世紀の現在、科学方面の最先端な研究は複雑怪奇です。ノーベル賞の受賞内容にしても、それが何の役に立つの?系が多いようにも思えて。
自分の場合、二十世紀の相対性理論についても覚えた当初は難解に思えました。ただ、それを覚えない事には物理系で受験出来ず、十九世紀に生まれてきたら幸せだったなぁとか。
いま現在の受験生は、自分の時代より更に多くの知識を求められているのかな?

ともかく、リチウムイオン電池の登場は画期的でしたし、それが社会に十分普及した点だけでも今回の吉野さんの受賞は分かりやすくて素敵だと思います。

民泊とキーボックスとか

自分の暮らすマンションでキーボックス問題がしばらく前から取り上げられています。共用部の掲示板に貼られていた警告で知りました。
自分の部屋はマンション共用部の出入口にも面していて、そこの排水パイプに以前からキーボックスがぶら下がっていて。これがターゲットにされているそうで。
このキーボックスは自分が引っ越してきた時点から存在していて、自分でも謎な存在でした。恐らく、管理人さんが使っているのかなぁと勝手に想像していて。

しかし、どうやらそうではないらしく、たまたま顔を合わせた管理人さんに聴いてみることに。
現在の管理人さんに交代した昨年から既にキーボックスがあったとの話ですが、自分が引っ越してきた四年前から既にあったので、特に新しい情報は頂けず。
ともかく民泊が疑われているそうです。数年前の管理組合の集会資料では「民泊を認めない」方向でルールは決まっていて。
これを認めてしまうとマンションが荒れてしまい、マンションの価値も下がるという前提らしく。まぁ自分もそう思います。
自分が引越してきてから少しは問題もあったりしましたが、この二年はかなり落ち着いていて、治安の良いマンションだと自分も思っています。
あと、管理人さんの清掃や管理も行き届いていて、築年数の割には綺麗な外観が保たれている感です。
このキーボックスは近日中に撤去されるそうですが、その後何か動きがあるのか気になるところです。

ついでに管理人さんに聴いた話を。
先日の台風15号で被害地域は断水に悩まされたそうなのですが、自分のマンションはどうなっているのか気になり。
高層マンションの場合は揚水ポンプ等の設備が無いと高層階まで水を送る水圧が足りず、自分のマンションは四階建てなので無くても大丈夫な範囲かな?と。
揚水ポンプが設置されるマンションですと、停電になると断水もセットになってしまうし、揚水ポンプが無いマンションですと停電しても断水からは免れる可能性が高く。
管理人さんによると、うちのマンションは受水槽が地下にあるらしいのですが、現在は使われておらず、直接引き込みになっているハズとのことでした。
ただ、本当にそうなのかちょっと自信の無さそうな話ではありました。受水槽の点検みたいな貼り紙を観たような記憶もあって。(そこでちゃんと調べてほしいと言いたかったのですが、切り出せず)

今週末はあの台風15号より破壊力のありそうな台風がやってくる予想だそうです。
バスタブに水を貯めておくべきか、ちと迷えます。

教師間の虐め

神戸で教師間の虐めがあったそうで、そのニュースで色々考えさせられました。
内容的には傷害事件、多かれ少なかれこういったことは教育現場でもあるのは存じていました。しかし、度を越しているというか。
自分はバラエティー番組でお笑い芸人同士の虐めみたいな場面も苦手です。それを観て笑っている人も「どうかしてるんじゃないの?」と思ってしまったり。
子供達まであんな真似して楽しむようになってはオシマイなのになぁと。

この事件、加害者は四人の教師で主犯格は四十代の女性だったそうです。普通、四十代なら社会経験も豊富で人の痛みも知っているだろうになぁとも思えるのですが、教育現場というのもけっこう特殊な閉鎖空間で。
強者に弱者が従う組織の典型でもあり、そんな環境に馴染んでしまうと歳を重ねた方がイカレてしまうのかなぁとも。

Webで検索したところ、加害者四名の実名や顔も公開されていました。ただ、正式な報道経由では無いので、またしてもガセネタな危険性は十分にあります。(ガセでは無かったパターンも勿論ありますが)
しばらく前に話題となった煽り運転の加害者についても同様にガセネタが事前に流れていて。こういった情報を二次的にでも流してしまう方々も何だかなぁと。

話が少し飛びます。
自分は中学二年の終わり頃まで埼玉県で暮らしていたのですが、80年代初め頃のその地域は校内暴力でとても荒れていました。
当時の状況というと、授業は崩壊し習えなかった項目も多く。校内の施設も色々と破壊されていました。トイレは壁が破壊されて大便器同士が向かい合っていたり。
生徒間の虐めは全く洒落にならず、怪我も日常茶飯事。虐められ役がロープで縛られて四階の窓から吊らされる等。
不登校なのは生徒だけでなく教師まで。空手使いの生徒から皆の目の前で叩きのめされた教師はその後精神を病んでしまい、毎日意味も無くニタニタしていて。
その教師は元々体罰の大好きなタイプで生徒から恐れられていたのですが、上記の件が相当ショックだったようでした。気の毒な事に結婚直後で。
荒れ狂った中学校では毎晩遅くまで教師達による会議があったそうです。しかし、これも責任転嫁な流れが続いていたそうです。教師間に信頼関係は無さそうでしたし、教師も保身が精一杯で生徒を助けるどころでは無かった様子でした。

自分が中学二年次の担任は若手の女性でした。女子剣道部の顧問も務める体育会系で、絡んでくる不良生徒とは取っ組み合いの喧嘩もしてしまう変わったタイプで。
ただ、変な理屈など言葉にせず行動に出れる担任は、いつの間にか生徒から信頼を得ていて。逆にその担任は他の教師から干される状況でもあったそうです。
自分はこの担任のことを全面的に信頼していました。そんな教師が身近にいるだけでも幸せな立場だったかも知れません。実際、他のクラスに比べて荒れていなかった様子でしたし。
(その担任は自分達の世代が卒業するタイミングで「やってられるか!」と退職したそうです)

中学二年の終わり頃、自分の家族は北海道に引越したのですが、引越し先の中学校はかなり平和でホッとした感です。
まぁ、転入生という立場だったので多少の虐めは遭いましたが、埼玉の中学に比べたら全然まともな部類で。
もし、引越しが逆のパターン(北海道から埼玉へ)だったら地獄を観ていたんだろうなぁと。だって、埼玉への転入生は尽く虐めに遭って不登校でしたから。

その後自分は希望の高校に進み、平和な日々にやっと入れた感です。
教師も生徒も穏やかで、学業を疎かにしていない雰囲気で、信頼関係もそこそこあったから多少のルール違反は目をつむってもらえたり。勿論、人に迷惑を掛けるような奴はほとんどおらず。
授業自体も画一的なモノでは無く、教師の経験談も面白く。
中学とはこんなにも違うものなのかと。

あれから二十年程経った頃にmixiというSNSが流行しました。埼玉時代の同級生とSNS上で再会することもありました。
しかし、普通の生徒にとっては嫌な思い出が多かったようです。思い出したくも無いという方も居ました。気持ちは良く分かります。
同級生の中には自殺者も多かったそうです。自分の知る限り四人も居て。これが、徹底的に悪事に進んだ者から、地元有数の進学校を卒業しながらも大学受験で挫折した者まで。
自分は幼稚園に入る前からその地域で暮らしていたので、分け隔てなく色々な友達と接していて、亡くなった三人とも何処かの時期に一緒に遊んだものでした。
亡くなった連中は偶然ですが、元々勉強の出来る生徒達でした。色々と考え過ぎてしまったのか。

話を戻します。
この時代の教師がどんなものなのか自分は良く知りません。ニュース記事等を観る限り部活の顧問等の兼務で休む暇もない大変な職業と思う程度です。
子供というのは中学生くらいになると大人の嘘を見破れる感です。自分の経験でいうと、生まれて初めて知った駄目な大人というのが教師だったりでした。
勿論全ての教師を否定するつもりはありませんが、今回の事件が教師の悪い面の縮図ではないかと思ったりです。
当時、自分の世代ではアマチュア無線が流行っていて、埼玉大の教育学部の学生さんとも中学時代の自分は会話をしたことがありました。
その大学生は中学教師を目指していたそうですが「絶対に止めた方が良いです!」と自分は本気で説得してしまい。
あの大学生は今頃どうしているんだろう。

ラグビー・ワールドカップ

昨夜の日本対サモア戦、無事に三連勝の日本となりました。
しかし、細かなルールを全く知らない自分です。特に昨夜の試合はレフリーが厳しめだったらしく「いまのが何故ルール違反なの?」と思える場面だらけ。
特にどちらのチームに偏った判定というワケではなく「いまのサモアのプレーの何処が問題なの?」と思える場面も。試合が止まる度に解説がテレビ画面にも登場するのですが、それでも何だか分からず。
テレビで観戦されていた方も多かったと思うのですが、そこら辺まで理解して楽しまれている方はどれだけ居るのかなぁ?と。

ただ、これだけ厳しいルールというのは、あれだけ激しくぶつかり合う選手の身体を守る役割もあるらしく、意味があるようです。
以前の勤め先にはラグビーチームもあって、同僚に選手も居たりでした。特に三十代辺りの選手は身体中の痛みを抑えてプレーしているそうで。
前回のワールドカップで知名度がグンと上がった五郎丸選手、今大会は出場されていないんだなぁと思いつつ。

iPadOSのアップデート

しばらく前にiPadOSをアップデートしました。iPad専用のOSになったので、アップデートというよりインストールでしょうか。
使ってみた感想としては、ほとんど違いが分からず。アプリの更新方法がちょっと変わったくらいかな?と。

しかし、不具合が待っていました。Googleフォトの同期が上手く行かなくなり。
普段、ちょっとした撮影はAndroidなスマホのカメラを利用する場面が多いです。その写真をGoogleフォト経由でiPadで取り込み、編集後にTwitter等で公開する流れが多く。
ところが、iPadで取り込みが出来なくなってしまい。
Googleフォトの仕様が変更されたのかな?と勝手に思い込んでいました。検索しても原因がよく分からず。
色々試した結果、原因が判明。

以前、仕事用に作成したGoogleのアカウントに紐付けられてしまっていた様子でした。OSのアップデートのタイミングで。
そのアカウントを削除したところ、普段から利用しているプライベートのアカウントに紐付けられました。
やはり、この機能が利用できるのは便利です。

32年前はもっと寒かった

進学で北海道から上京したのは32年前。最初はお風呂も無いボロアパートの生活から始まりました。
昭和の終わり頃、その年の夏はとても暑く、エアコンの無いアパートではずっと汗だく。
しかし、9月の末頃は涼しいというより寒ささえ感じて。
初めての一人暮らしでもあり、自分専用の部屋を持てたのも初めてであり、女性を部屋に誘ったのも初めての経験で。
ともかく、その晩は寒くてストーブを点けた程でした。

今日は10月5日。この暖かさは何であろうかとふと思い出してしまいました。半袖で丁度良く、部屋ではエアコンさえ点けていて。
更に30年後はどうなっているのかなぁと。