禁煙宣言から100時間後

禁煙宣言から五日経ちました。相変わらず頭痛に似た症状があるのですが、Twitterで検索したところ「頭がぎゅっと締め付けられているような感覚」というのがありました。そっちの方が上手く表現していると思います。
キツメのヘルメットで全般的に締め付けられているような感覚です。実際に小さめなヘルメットを被ると、締め付けられるのは頭蓋骨の凸った部分がほとんどだと思います。
禁煙による頭の締め付けられ感はそれと違って満遍なく締め付けられている感で。
ニコチンが抜けて血管が柔らかくなるなら、締め付けられるよりも解放されるような感覚になりそうなのですが、実際は逆というか。
それがちょっと不思議ですが、感覚というのは必ずしも想像と同じ方向では無かったりします。

あと、朝起きたらまずはイップクの欲求があったのですが、これが半減したというかかなり薄れました。
吸わないことが癖になったのもあるのかな。夜お酒を頂いているときにツマミがわりに煙草を吸いたい感覚も半減したようです。
ただ、吸いたいという感覚は時々襲ってきます。

昨夜は咳や痰が普段より多かったです。喫煙による慢性的な気管支炎が収まろうとしているのかな。実際、禁煙から五日目辺りで出てくる症状だそうです。
新型コロナが騒がれている中で、この咳と痰は大いに誤解を招きそうです。

あと、Twitterで検索したところ、4月1日から禁煙を始めた方はやはり多そうでした。
条例等が厳しくなるのと、キリの良い日だったのと、志村けんさんの他界と、理由は皆さん似たようなものなのかな。

何日間禁煙が出来たら成功したといえるのか、自分なりに考えてみました。
人それぞれでしょうけれど、一ヶ月も止められたら成功したといえそうかなぁと。
煙草を吸わない習慣としては一ヶ月で充分かなぁと。
現在の自分は無職期間なので、仕事面のストレスが皆無です。それが禁煙を習慣化させるのに上手く働いた気もしています。コンチクショーと思う場面がほとんど無く。
喫煙の何割かはストレス発散だったよなぁと思えたりです。
なので、これから禁煙を始めたいという方は無職期間が絶好のタイミングかも知れません。

もし、禁煙が上手く行ったのなら、お酒の量も減らしてみようかと思っていたりです。
完全にお酒を止めてしまうと人付き合いにも問題出てきそうですので、一人吞みは止めるくらいにしておこうかな。
お酒の量はなるべく抑えるようにしていますが、煙草とお酒で月に三万円近く出費していた様です。年間で36万円。
夜、単車に乗らなくなった理由の一つは、飲酒運転の罰則が厳しくなったからでもありました。乗りたいけれどもう飲んじゃったしという場面が時々あったり。
これが、飲まなくなったら自由が広がるだろうなぁと。

禁煙宣言から70時間後

禁煙から50時間ほど経った頃に、新たなる症状が現れました。
後頭部というか耳の後ろの辺りに痺れが現れました。これ、麻痺するような痺れとかでは無くて、数分間の正座で足が軽く痺れた程度に近い感覚で。
頭痛という程でも無く。
過去に似たような痺れを経験しています。風邪の引き始め等に後頭部の痺れがあったりでした。もしくは風邪で調子の悪い時に煙草を吸った時にも似たような症状が。

禁煙でこんな症状が出るものなのか検索したところ、人によってはあるようです。何でも「ニコチンによる血管の収縮と拡張」とやらで。
ドラマや映画に登場する麻薬の禁断症状のような幻覚や幻聴、妄想の類は無いのですけれど、ニコチンやら何やらの有害物質は神経系に色々と悪さをしていたんだなぁと。
禁煙開始から48時間経つと「ニコチンが身体から完全に抜ける」らしく、その症状の一つがこれなのかな。
オカルト映画でエクソシストだったかな。悪魔の除霊みたいな場面が恐ろしく。勿論あんなぶっ飛んだ世界ではありません(首が180度回転してゲロ吹っ掛ける場面とか、幼少期恐ろし過ぎました)。

ついでにカッコ悪い話です。
ここまで幾度も煙草を吸いそうになりましたが、辛うじて手を出さずに済んでいます。
そこでズルい手をちょっと思いつきました。ビジネス用の鞄のポケットに携帯灰皿を入れたままだったんです。
煙草を吸いたくなったとき、この灰皿の臭いを嗅ぐと、けっこう気が紛れます。細かい事を言ったら僅かでもニコチンを補充してしまっているのでしょうけれど、この臭いは相当の悪臭でして。灰皿に溜まった吸い殻の悪臭そのもので。
身体は拒絶反応をしているので「これは嫌いな敵の臭い。毒の臭い」と身体が学習してくれたら良いのですが。
冗談抜きに、この臭いを嗅いだら吸いたい欲求が消えたりしました。
過去に「いまここで吸えたら、さぞや美味しいだろうなぁ」と思って無理して吸った場面、これがぜんぜん美味しくないどころか不味かった場面って愛煙家にはあると思うんです。それに近く。

あと、煙草を美味しそうに頂く映画を一つ思い出しました。
ATGのサードです。
少年院だかの施設内で吸殻を見付けた少年が、トイレの電気で火を起こして、仲間達と美味しそうに煙草を頂く場面。
80年代に東京12チャンネル系でやたらと放映されていたATG作品の一つです。エロな場面はお約束。
あの喫煙シーンはかなり野性的だったなぁと。

それと、禁煙して良かったことをもう一つ。
このご時世だから気付いたのでしょうけれど、使い捨てじゃないマスクの臭いがかなり和らいだ感です。
禁煙前はマスクが煙草臭で酷かったんです。マスクは数日に一度手洗いしていましたが、臭いも完全に落ちていなかった様子で。半日使っているだけでも、一時的にマスクを外してまた口に当てるとけっこうな悪臭でした。
それがかなり無臭になりまして。

喉の慢性的なイガイガ感や痰の絡みは昨日よりも更に改善しています。
何が原因で何処のタイミングでメゲてしまうか分かりませんが、もう一日頑張ってみます。
明日は何が起こるのであろうか。

禁煙宣言から48時間後

二日目も夜になってから喫煙願望に襲われました。
どうにも、お酒を呑むと煙草をつまみにしたくなる傾向で。
その後、駅前のコンビニで煙草を買ってしまいそうになり。これはグッと堪えました。

正直、一本だけ吸ってみたいです。それで欲求は十分満たされそうで。
ただ、その一本だけで済むハズは無いんだろうなぁ。
煙草の多くは20本売りです。これが煙草屋さんで1本単位で販売されていたら買ってしまったかと思われます。

芸能人が薬物等で幾度も逮捕されるニュース、日本では禁止されている薬物なので捕まって当然なのですが、煙草をやめられない一般人も中毒患者という点で似たようなものだよなぁと。
合法が否かの違いだけで。まぁその違いが大きいのでしょうけれど、駄目な奴に変わりなく。

大昔の「太陽にほえろ」で、デンカが麻薬中毒にさせられたストーリーがありました。
普段二枚目でスマートで優しいデンカが、犯人達に麻薬中毒にされてしまい、救出後の中毒を抜く作業が可哀そうで。
牢獄に入れられたデンカは禁断症状で暴れまくったり、普段のキャラクターとは全く異なる演技で。
それを見守る仲間も心を鬼にするしか無かったんだろうなぁと。麻薬が抜けない事には普段の生活にも戻れないし。
自分は再放送で大昔に幾度か観たストーリーでしたが、あの回はかなりインパクトありました。検索したところ「第79話 鶴が飛んだ日」だそうです。

これを綴っているのは禁煙開始から48時間後です。
体調の変化としては、喉のイガイガ感と痰の絡みが半減した様子で。これはなかなか嬉しいというか気持ち良い傾向です。
あと、味覚と嗅覚が敏感になった様子です。いつもの喫茶店へ伺ったところ、店内の香りに気付いたり(これまで全く気付きませんでした)。あと、ホットコーヒーの香りも楽しめて、何度もクンクンしたり。
気のせいかもですが、睡魔もちょっと増えたような。

48時間を過ぎると「ニコチンが身体から完全に抜ける」そうです。これがどんな症状に現れるのか気になります。
身体がニコチンを益々欲す症状が現れるとしたら、ちょっと恐ろしくもあり。

とりあえず、いまのところ一本も吸っていませんが、ギリギリのことろで守られている感です。30分後に吸っていても何も不思議では無く。
宣言を出す直前に残りの煙草をゴミ箱に捨てていなければ、残りを吸っていたと思うので、捨てたのは正解でした。(徐々に減らすというのはほぼ失敗するイメージもあり)
あと、手元にMINTIAがあるのも助かっています。

禁煙のサイトでは48時間後の症状で「臭いと味の感覚が復活し始める」がだいたい紹介されています。
現在はそれが楽しみです。そうでなければ、とっくに一本吸っています。

禁煙宣言から24時間後

禁煙をすると数々の効能があるそうです。
しかし、24時間以内に体感できるものはほとんど無し。
味覚や嗅覚もほとんど変わらず。ただ、咳き込んだり喉に痰が絡むような症状はそれなりに減りました。
48時間以降を楽しみにしています。同じものが美味しくなるなんて、最高じゃないですか。

これまでの24時間、煙草を吸いたいタイミングは勿論幾度もありました。
現状、敵が自分な我慢比べ状況です。

以下は禁煙マラソンさんの記事。

1分禁煙するとタバコのダメージから回復しようとする機能が働き始める。
20分で血圧は正常近くまで下降する。
脈拍も正常付近に復帰する。
手の体温が正常にまで上昇する。
8時間で血中の一酸化炭素レベルが正常域に戻り、血中酸素分圧が正常になって運動能力が改善する。
24時間で心臓発作の確率が下がる。
48時間で臭いと味の感覚が復活し始める。
48~72時間でニコチンが体から完全に抜ける。
72時間で気管支の収縮が取れ、呼吸が楽になる肺活量が増加し始める。
2週~3週で体循環が改善する。歩行が楽になる。
肺活量は30%回復する。
1~9ヶ月で咳、静脈鬱血、全身倦怠、呼吸速迫が改善する。
5年で肺ガンになる確率が半分に減る。
10年で前癌状態の細胞が修復される。口腔癌、咽頭癌、食道癌、膀胱癌、腎癌、膵臓癌になる確率が減少する

禁煙宣言

4月1日。エイプリールフールな日ではありますが、自分にとっては過去に特別な一日でもありました。
大ボラになる危険性が大ですが、禁煙を始めてみます。生まれて初めての禁煙宣言です。
禁煙については過去にも綴っています。迷っているだけで宣言に至らずの日々でした。

今日からは条例等々で公の場所での喫煙が益々厳しくなったり、それを見越してマンションの管理組合でも半年ほど前からベランダでの喫煙も禁止していまして。
他にも色々と事情がありますが、健康面でも年中妙な咳をしていたりで昨今の新型コロナな状況では誤解も招きそうで。

そして何よりも、志村けんさんの他界が説得力あった感です。
新年度が始まるし、このタイミングを逃してはいけないと。
キッカケが重なりました。

大風呂敷を広げただけとなるかも知れません。
出来ない約束はなるべくしない性質でしたが。
守れなくても大目に見てくださいね。

最後のイップクは駅の近くのセブンイレブンででした。
箱に残った煙草を一気に吸ったら気持ち悪くなり。
全部吸う必要も無いので、残りはゴミ箱にポイ。

今日の出来事

午後に目が覚めてニュース記事を確認したところ、志村けんさんが昨夜他界されてしまったらしく。
数日前のニュースで、入院されているとは聞いていました。恐らく、知名度や社会的影響力もあって最高の医療が提供されていたと思います。
それでも救えなかったとは。

今夜は都知事の緊急会見も予定されていて、いよいよロックダウンか?とその放映を待機していたりでした。
結果的に当たり障りのない内容しか無く、そんなので事前に告知するなよと思いつつ。

会見に先立ち、地元のスーパーへ寄ってみると今夜は肉類が売れていた様子です。保存の効く食料品は既に皆さんそれなりに備蓄されたのかな。
自分も鶏の胸肉を2パック入手。下ごしらえして冷凍庫に入れました(その前に一時冷蔵中ですが)。
恐らく、三週間分くらいの食料はこれで揃ったと思います。

あと、袋マスクの販売を一ヶ月ぶり以上で見掛けました。駅前のドラッグストアに入荷していました。
10枚入り税込み550円だったので、単価55円。中国製で聴いたことも無いメーカーの品でした。
まぁネット通販で入手するよりはまだ割安だと思います。巷に少しは出回ってきたのでしょうか?

その後の21時のニュースでは、また気になる話題が。
現在の東京での感染グラフが二週間前のニューヨークとかなり似ているそうで。ニューヨークはその後に感染者が激増したと。
ニューヨークでは既に死者の収容もパンクしており、病院には亡骸を納める為に冷蔵のトレーラーが横付けされているそうで。

今日は知人友人から同様のメッセージが幾つも届きました。
「SUKIYAKI、煙草ヤメロ!」。
もうちょっと迷わせてくださいネ。

かなりどーでもいー話題

Twitterにも綴ったのですが、備忘録な記事です。
アマビエが誰かに似ていると思ったら、山下達郎さんでした。
自分だけそう思っているのかな?と検索したところ、既に指摘されているTweetもチラホラ。
ロングヘアのせいもあるのかな。あと、目元と輪郭も微妙に入っているというか。

もう一つは元スペクトラムの新田一郎さんが80年代の笑っていいとも「テレフォンショッキング」に出演された際の場面を思い出しまして。
御本人曰く「学生時代はチクり魔だった」と。他にもタモリさんのラッパの音色を評価しているとの話も。当時はまだ「今夜は最高」も放映していたのかも。
テレフォンショッキングで次の紹介は坂上忍さんだった記憶で、電話越しの坂上氏は「新田さんずいぶん太ったね」みたいなことを言っていたような。
かなりうろ覚えだったので検索したところ、出演の順番は合っていた様です。

新田さんの音楽性について、ソロの活動は自分もよく分かっておりません。悪くも無いのですが、あえてCDを購入するほどでもないかなと。
自分の高校時代にホーン・スペクトラム名義で発売されたSAGAというアルバムをレンタルレコードで借り、それくらいしかちゃんと聴いていないのですけれど。
新田さんはスペクトラムという集合体で威力を発揮できる演奏家なのかなぁと思っています(復刻版のライナーノーツで本人も同様の事を綴られていて、スペクトラムあっての新田だったと)。
プロダクション業を主にされて以降の演奏も僅かに耳にしています。カシオペアのライブでラッパを吹いたり、爆風スランプの録音にもそれらしき音が入っていたり。
ミュージシャンとしては一流と思っていますが、バンドの纏め役やプロデュース役、経営者としてはイマイチだったのかなぁと。
たまたまなのか、爆風スランプやカシオペアの末期に新田さんは関わっていて、どちらも解散していて。スペクトラムが短い期間で解散したのも同様の問題があったのかなぁと。
実際のところは謎なので、勝手な想像でしかありません。

1991年にスペクトラムのCDが復刻発売された際、ラジオ番組で新田さんのトークを久し振りに聴けたりでした。
スペクトラムについては(メンバーが多いからか)お金が掛かり過ぎるので、復活は難しいとの趣旨を伝えていたような。
2000年代に入りWebサービスが一般家庭に普及し始めると、新田さんのソロ復活みたいな案内が嘗てのファンクラブ経由で流れてきたそうです。
しかし、復活祭的なイベントのチケットが高額過ぎてファンからの不満の声があがり、結局ソロ復活な話も消えてしまい。
社長を務めていた代官山プロダクションも倒産。関係者らしき方々の裏事情みたいなのも某巨大BBSで見掛けたりで、苦労は多かった様子です。
ただ、どれも匿名サイト系の話なので、信ぴょう性は謎です。

その頃、スペクトラムのトリビュートバンドのコンサートに自分は幾度か伺っています。
自分よりも遥かに情報通なファン達が毎度集まっていました。スペクトラムの現役時代からライブで触れていたりファンクラブの会報も全て揃えていたり。
皆さん親切な布教家のような方々で、珍しいものを頂けたりも。
そこで永年の謎だった部分も教えて頂けたり。自分としては短期間でも構わないのでスペクトラムの再結成を期待しているのですが。
バンドのメンバーもそろそろよい歳ですし、(踊りは抜きでも)演奏だけでも大変だろうなぁと思えて。