真夏の教習所

Twitterでしばらく前に知り合った女性が自動二輪の免許を取得中だそうです。
アマチュア無線の資格取得関連で偶然知り合った女性なのですが、まだ若いのに無線や単車といった興味の対象が自分と似ていて。
無線の資格は無事に取得出来、次は無線機を購入されるのかと思ったところ、イニシャルコストが掛かり過ぎるそうで、ちょっと躊躇っている様子。
その後は単車にも興味を持たれたのですが、これも同様イニシャルコストが掛かり。ただ、単車は旦那さんと共有出来るだろうからと教習所へ通う流れに。

しかし、教習の実地が厳しいらしく。
教習所自体が単車の人気で混雑しているそうですが、実地を二時限予約すると休憩時間も水分補給の時間も無いそうで。
おまけに単車自体が全く初めての経験らしく、既に補習を余儀なくされているそうで。

詰め込みの内容とはいえ、いまだに教習所がそんなに厳しいとは、ちょっと驚きでした。
自分が中型二輪の免許を取得したのは昭和の終わり頃。東京に上京して初めての夏でした。
夏と言っても真夏の時期で、アスファルトの上は熱く。

初めての実地で、教官からいきなり頭を叩かれました。
「おまえまだそんなことやってるのか!こんなんだから落ちてばかりなんだ!」と。
この教官は炎天下で狂ってしまったのであろうか?
「まだ」も何も自分は初めての実地だというのに。

それまで原付に乗っていた癖で、単車に跨ってからサイドスタンドを片足で上げる癖が自分には残っていて、これが良くなかったそうで。
プロレスラーを小ぶりにしたような教官は、しばらく後に別の生徒と勘違いしたのに気付いて、一言詫びてきました。ヘルメット越しで分からなかったのかも知れません。
それにしても、叩くことは無いだろうに。

原付といえども、クラッチ付きにそれまで乗っていたのはメリットもありました。
やはり乗り慣れていたお陰で、補習も最低限で済み、無事に免許を取得出来。
しかし、通っていた教習所は山手線沿いの都会な立地、場末の教習所じゃあるまいし、それでもこんな体育会系な指導では、他所などもっと厳しかったんだろうなぁと。

その数年後、大学卒業の年に自分は四輪の免許をやっと取得しました。
教習代が高かったり、まとまった時間が必要だったりで、最終年次に合宿免許で夏休みに取得したのですが、ここでの実地もちょっとイカレていました。
教官は平気で叩いてくるし、途中でキレてしまった学生が、教官を車外に引っ張り出してボコボコにし、そのまま退学した例もあり。

当時の自分は勤労学生で、この合宿免許の数週間が唯一学生らしい日々でもあって、楽しい思い出も沢山残っているのですが。
機会があったら、その時の思い出も綴りたく。

しかし、今時の教習所も相変わらず厳しいものなんだなぁと。

間違った音読

Twitterでたまたま知った情報なのですが、最近の小さな子供はラジオの音を聞き取れないとか。

これはちょっと驚きでした。
ただ、声がちょっと聴きとり難い例はあったりです。

場面が異なるのですが、自分は若い頃にそれなりに本を読んでいまして。現在は老眼が進んでしまい、かなり億劫です。
そして、見慣れない漢字の誤読というか間違った脳内音読が少なくなく。
どんな場面で間違いに気付くかというと、テレビのニュース等でテロップの文字とアナウンサーの声が異なった場面です。
アナウンサーが読み間違えたのではなく、ほとんどは自分の認識違いで。
これ、日常生活でも時々使っていたであろう誤読で、聴いていた相手は気を遣ってくれていたのかなぁと。出来れば指摘してほしかったのですが。
自分の場合は失敗から覚えることの方が多かったので。一時的な恥は大した問題で無く。

更に話が飛ぶのですが、世の中には本を全く読んだことの無い人も居るらしく。
勿論学校の教科書は読んでいるのですが、プライベートで本を読むことが全く無かった人が居まして。
それに魅力を感じなかったのだと思うのですが、人生の何割かをつまらなくしてしまっていそうで勿体なくも思えます。
映画やアニメや漫画も作品としての魅力は勿論あるのですけれど、言葉だけで情景が浮かぶ発想力みたいなのは、とても大切に思えていて。
また、映像化されていないような文学も少なくなく、本でしか知れない世界はあって。

自分の場合は文章を読み進む速度がとても遅いです。これが辛い時が幾度もありました。
最悪に近かったのが漱石の草枕の序盤で。何を言っているのか解らない表現が多くて、何度も同じ行を読み返す必要があり。
なので、センター試験の模試で現代文については酷い有様でした。
ただ、そんな試験で登場した文章が気になって作品を図書室で借りてみたり。
試験問題に登場した三島由紀夫の「真夏の死」は、海水浴に行った家族が溺死したらしき電報が突然届く場面、短い電報は解釈に逃げ道もありそうな。
その後の展開が気になってしまって、試験の直後に図書室へ走ってしまい。

何かの記事で読んだのですが、自分と同じように読みが遅い人の相談記事があり。
何処かの作家の回答は「作家としてはちゃんと読み取ろうとしている大切な姿勢がむしろ有難い」とのことでした。
まぁ考えようによってはそうだよなぁと、自分も少しホッとしたりでした。

仕事で技術マニュアルを綴る機会が多く、文章の書き方についての本を一時期何冊か読んだりしました。
基本的に流れの良い文章が好まれるらしく、自分もそれは意識しています。(意識していないと「が」を連発してしまう癖は抜けていませんけれど)
実際、素人の文章ですと流れが悪い以前に、どっちのことを言っているのかよく判らない系も少なく無かったりで。プロの文章ではそんなことが無いのですが。

あと、一時期「速読」にも興味を持ちました。司馬遼太郎さん等、著名人の方でも猛スピードで呼んでしまう方が居て。
速読を身に付けるための本も読んだりしたのですが、全く駄目でした。まず、脳内音読をやめられず。

ヴァンゲリス

Twitterのタイムラインで知ったのですが、ヴァンゲリスさんが他界していたそうで。
バブル全盛期の80年代終わり頃、乗りに乗った東京でJ-WAVEが開局し、週末の夕刻の番組でOPにヴァンゲリスの曲が採用されていました。
曲は映画「ブレードランナー」のテーマだったのですが、重たく響いていた記憶です。
あの映画はあの演奏が引き立てた部分も多々あったかと。

当時、自分もベスト盤のCDを入手し、その後も愛聴し続けた一枚となりました。
自分、鍵盤楽器を嗜むものの、シンセサイザーの音色に反応する機会はそれまで少なかったです。冨田勲さんくらいだったか。
それが、ヴァンゲリスさんの作品に登場するシンセサイザーはどれも神々しく。
ギリシャ出身の謎めいた奏者だったのもあり、育った環境も影響しているのかなぁと。

ヴァンゲリスさんを初めて知ったのは80年代初頭のベストヒットUSAにて。
映画「炎のランナー」のテーマがヒットし、それが何故かロックの番組で紹介され。
どうでも良いのですが「ブレードランナー」に「炎のランナー」。たまたまですがランナーが好きだったのかな?(そんなワケ無いのですが)

ご冥福をお祈りいたします。

頭がカタいのか

自分は頭がカタいのか、コイツは許せないと思ったらトコトン駄目で。
昨夜のニュースで気になった一つが、某芸能人の参院選出馬表明でした。
著書「五体不満足」の作者でもあり、努力家であることも知ってはいるのですが、過去の浮気が残念過ぎて。その相手は一人二人で収まらず。
障害を持つ身体で、奥さんは相当献身的な支えであったハズなのに。
それまでのテレビ出演ではポジティブな物事の考え方とか、穏やかで明るい口調に好感を持っていただけに、尚更残念というか自分まで騙された感でもあり。

自分は浮気の経験が無く、もしそれをするなら全てを失う覚悟が必要くらいに思っていて。
しばらくの謹慎期間後にメディアにまた登場し始めたあの方を観ると、それだけで気分が悪くなりチャンネルを変える程になってしまい。
周りの人達も、あんな人をよく許してしまうなぁと不思議なくらいです。

それが参院選出馬とは。
なんじゃそりゃです。
普通なら恥ずかしくて表に出れないと思うのですが。
こんな人に国政など任せられないですし、全く信用出来ず。
自分が厳し過ぎるのかな。

送金問題

世間では誤送金問題が日々のニュースで続いています。
「フランダースの犬」の終盤でネロが地主の落とした大金を拾う場面があるのですが、貧しい生活でいよいよ窮地に立たされたネロは大金を地主にちゃんと届けていて。
もし、ネコババして何処かに逃走したら、それはそれでハッピーエンドだったかもと思うのですが、視聴者は許さないだろうなぁと。

ロシアがウクライナへ侵攻した二月下旬、その直後にウクライナではアマチュア無線の利用が禁止されてしまいました。
大きなコンテナ船の乗組員の方とアマチュア無線で幾度か交信していました。ウクライナの方で、QSLカードのデザインがちょっと面白くて記憶にはしっかり残っています。
その方の交信記録を確認したところ、二月下旬からパタリと止まったままです。

どうしているのかなぁと昨日検索したところ、Twitterでちょっとした話題になっていました。
御本人は家族への送金が困難な状況だそうで、家族へのカンパを募っていたそうです。
一部の方にダイレクトメールで助けを求めていたそうで。
普通であれば、そんなメールが届いても怪しまれるだけだと思うので、誤解を恐れず相当な覚悟があったのかと思います。

早く戦争が終わってほしいです。

ホッとした夜

昨夜のこと、50MHzのFT8を何となく覗いてみたところ日本中の局が溢れていました。
7MHzといった短波帯では当たり前の現象ですが、波長の短い周波数帯では珍しい現象で。
夏場の50MHzはお空の電離層の影響で遠くまで飛ぶのですが、自分はFT8を始めてまだ半年程度でして。
これは初体験に近く。

先ずは九州でCQを出す信号の強い局を呼んでみました。
これが一発で交信完了。
うちの50MHzのアンテナは特に貧弱で、聴こえてはいても飛んでくれない場面が多く。

次に北海道の局が居ないかな?と。自分の出身地は特別でして。
一瞬強く入感した局を呼んでみました。
そして、直ぐにシグナルレポートが返ってきました。
しかし、73(交信終了の合図)がなかなか届かず。
コンディションが変ってしまったのか、恐らく再送はされていそうで、何度も送信し直し。

うちのアンテナがショボいので、電波では無くメッセンジャーでお詫びの連絡を綴っていたところ、逆に相手から先にメッセージが届きました。
「73を送っています」と。
これには感動しました。

北海道が50MHzで入感する機会などナカナカ無く、関東の雑魚な自分に再送し続けるより、日本中の局を稼げるのに。
そして、お互い「73」で交信完了の挨拶が出来ました。
電波ではなかなか上手く行かないものの、裏画面で開いたインターネットのメッセージ機能では余裕で会話が出来ていて。
敢えて「何でこんな面倒なことをやっているんだ?」と自分でも思ったりなのですが、「それが面白い」としか。

お相手して頂いた局とは、その後もメッセンジャーでやり取りが続きました。
道東方面で海を守る仕事をされてきた方らしく。遊覧船の事故で捜索機が今日も飛んでいたとのこと。
さっきの交信はまるで漂流中の自分の様で、見捨てられずにずっと探し続けてもらえて。
そして、相手局の情報を調べたところ、1KWの設備保有者な方でした。
人柄も含めて、凄い方だったんだなぁと。

最近、無線の繋がりが少々億劫になりがちだったので、心洗われた感です。
FT8は定型文のやり取りでしか無いのですが、交信完了までにちょっとしたドラマがあったり、相手によってはメッセンジャーで気遣いの言葉を頂けたり。

その後にTwitterで今夜の50MHzのコンディションを綴ったところ、久し振りに返信を頂けた方が。
自分がFT8を始めたばかりの頃から、時々やり取りされていた方なのですが、この方の言葉遣いも毎度温かく。
ちょっと、ホッとした夜となりました。

ハンバーグを作ってみた

久し振りにハンバーグを作ってみました。半年ぶりくらいになるかもしれません。
最後に作った際の出来がいま一つだったのも、時間が開いた原因でした。
失敗した原因は恐らく、業務スーパーの冷凍挽肉を使ってしまったからかと思われます。
あれはどうにも脂身の割合が高い様子で。

今回はスーパーで挽肉が安かったので、たまには作ってみるかと。
しかし、タマネギが残念な値段でした。ひと玉200円に迫る値段で。
しかし、業務スーパーのみじん切りな冷凍タマネギがまだ残っていたので、それを使えば良いと。

それと、しばらく前に知った裏技を今回は使ってみたく。
自分はチェーン店の爆弾ハンバーグがけっこう好みです。あの肉汁たっぷり感と表面の焦げ具合が大好きで。
どうやったらあんな焼き方が出来るのか?と検索したところ、練った状態で水を少し入れるのがコツだそうで。
そして、レシピ通りに作ってみることに。

最近のニュースで、御飯にハンバーグを乗せただけの食べ方が流行っているらしく、それも真似してみました。
久し振りに焼いたハンバーグは、練った状態ではけっこう平べったかったのですが、焼き上がりはかなり丸っこく。
中までちゃんと焼けているのかやや不安だったものの、箸で突いてみると、見事な肉汁。
そして、中までちゃんと焼けていて。

そして、これがなかなか絶品な味。
下手なファミレスのランチより、よほど美味しく。これは金町の「ひょうたんや」を超えたかも知れません。
一食二百円程度でけっこう大盛で、しばらくこればかりになりそうです。