ここ数日で観た映画

ほとんどメモがわりな記事です。

【オーケストラ!】
全く知らない作品でした。前半はドタバタだらけで、展開も今一つ面白みに欠け。
しかし、ロシアからフランスへ渡航の場面辺りから釘付けでした。
チャンスをネコババし三十年ぶりの演奏を迎えたオーケストラ、関係者も演奏者も上手く行くわけないと諦めていました。リハーサルさえもほとんどの楽団員にすっぽかされて。
演奏が始ると案の定最悪な音。聴衆からは嘲笑のどよめき。
しかし、一部の楽団員と指揮者は真剣でした。バイオリンのソロが始ると、雰囲気は一変。
その後は感動の展開に涙でした。
時間が惜しい人はクライマックスの30分辺りから観ると良いかも知れません。

【グレン・ミラー物語】
もう何度も観ている秀作です。
ジェントルのさり気なさとか、ユーモアとか、努力とか感じる作品です。
空爆にひるまぬ楽団。

【アメリカ交響楽】
ガーシュインの自伝的作品でした。存在さえ知らない作品でした。
終戦直後の白黒映画、ストーリーは詰め込み過ぎにも思えました。特に、ラプソディ・ブルーが誕生するまでの苦悩や無茶な本番はもう少しドラマティックであるべきかと。
しかし、ガーシュインが好きなら観ておいて損無し。当時の大衆曲含めて代表曲は網羅されていました。

【黒部の太陽】
石原裕次郎主演の佳作。まぁ当時はこんなものか。ブラタモリでも黒部ダムを扱っていたなぁと。
裕次郎を全面に押し出し過ぎにも思える作品、当時のヒーローでアイドルで憧れの存在ではあったと思います。しかし、ストーリーに意外さが少なく。三十二小節先まで読める展開というか。
ダム好き、日本の土木の栄光、裕次郎好きな方にはオススメ。
しかし、当時のアイドルであったと思われる裕次郎は美男子とは別次元に思えます。
安定したオッサン感な「太陽にほえろ」のボス役は、既にこの頃完成していたとも思える青年でした。

上記の作品は何れもAmazonプライムにて無料で観れました。今月下旬で解約予定のプライムですが、世に知られぬ佳作もけっこう埋もれているんだなぁと。
世に知られぬというより、自分が無知なだけかも知れませんし、元々観たかった作品は追加料金が必要なのばかりでこれまで不満を綴ってきたのですけれど、検索結果をもとにした推奨作品で評価が高いのは、意外に面白い作品が多かった感です。
こんな出会い方もあるんだなぁと。

Jekyll & Hyde.Together Again

映画「Jekyll & Hyde.Together Again」という作品について。
過去に観たおバカ系作品の中で、突出したバカ具合でした。「ジキルとハイド」のパロディ作品なのですが、オリジナルを自分は知らないので、何処をパロっているのかは謎でした。
自分が観たのは一度だけ、それも途中からで高校時代の深夜にテレビ放映されていたタイミングでした。

あまりの馬鹿馬鹿しさに最後まで観てしまったのですが、翌日の学校では友人も観ていたそうで「何じゃありゃ?」的な感想ばかり。
最初からもう一度観てみたかったりなものの、その機会は訪れず、作品名さえも覚えておらず。
数年前に検索して作品名は判明し、部分的にはYoutubeで公開されていて懐かしいなぁと。80年代テイストに溢れていまして。特にゲームセンターでのパックマンの効果音とか。
驚いたことに、制作された本国アメリカでもけっこうな評価を得ていたそうです。主演のMark Blankfieldさんは現地で人気番組を持つコメディアンだったそう。

「The Kentucky Fried Movie」は70年代を代表するコメディ映画、これも今観ると当時の流行や世相を感じ取れて面白かったりですが、作品は小道具含めてホンモノ感溢れていました。この作品の方が日本での知名度は圧倒的に高く。
特にこのショートが自分は好きでした。当時のコメディ系は実際、差別用語とか多かったり。また、当時はこんなアドベンチャー系ヒーロー番組があったよなぁと。

「Jekyll & Hyde.Together Again」については、作りがともかくチープで、そこがまた面白く。しかし、音楽等で妙に拘っている部分もあったり。このギャップがまた面白く。
この作品を覚えている日本人はかなり少なそうですし、日本語でのレビューもかなり少なく。合衆国からブルーレイを輸入したかったりですけれど、リージョンコードでまた苦労しそうなので控えておきます。

悔い改めよ

時々見掛けるキリスト教の看板が子供の頃から不思議でした。
ちょっと寂しい路地を歩いていて「悔い改めよ」の看板に出くわしたりすると、怖いものがあったり。
何処の誰がその看板を設置しているのか考えたことも無かったのですが、宮城県の宗教団体が全国行脚の旅をしつつ設置いるそうでした。ニュース記事はコチラです。

自宅近くの立派な家の壁にもこの看板が残っています。自宅周辺は元々畑が占めていて、恐らく半世紀以上前から暮らされている農家だと思われます。
それが、屋敷稲荷のほぼ真裏の辺りに看板が設置されていて、ちょっと不思議でした。
記事によると基本的に許可を頂いて設置しているそうなのですけれど、ある面日本らしいなぁとも思っています。

池田坂

御茶ノ水の仲通りに「池田坂」というユルい坂があります。
三十年前の自分は通勤にいつも利用していたルートです。昼間はこの近くの大学で働き、夜は港区の夜間大学で学んでいました。
自分のお世話になっていた昼間の大学は、職員の何割かが勤労学生で自分はようやく一年目の新人。周りは先輩だらけでした。

ある日、仕事を終えてタイムカードを押し、先輩職員二人と一緒に駅へ向かうところで妙な事件に巻き込まれました。
池田坂をテクテク上っていると、歯学部の横を通過した辺りで歩道にしゃがみ込んでいた女性が突然立ち上がり抱き着きそうなポーズで「お兄ちゃん遊ぼー!」と。
先輩二人と自分は互いの目を見つめ合いました。(お互いお前の知り合いか?という感じで)
突進してきた女性は同世代くらいのジャイ子風な見た目で、満面の笑み。

先輩A:やべ、逃げろ!
先輩B:俺、こーゆーの苦手なんだよ!
SUKIYAKI:?

ともかく一目散に逃げ出しました。数十メートル走ったところで振り返ると、まだ追ってきていました。駅前のT字路に差し掛かったところで先輩二人は左へ、自分は右へ逃げることに。この赤いジャンパーが良くないのかな?
聖橋口の改札を通過後に振り向くと、女性の姿はもうありませんでした。

あれはいったい何だったのか?電車の中で考えました。
どっきり系の番組にしてはカメラが無かったし、第一素人を嵌めることなど無く。
「俺、こーゆーの苦手なんだよ!」というセリフがちょっと可笑しくて思い出し笑いしたり。だいたい、こんなのが得意な人などいるのかいな?
あれがもし小泉今日子さんの様な美人だったら一緒に遊べたのか?と考えてみても、やはり自分には無理そうです。
それが刃物を持った暴漢なら闘ったのかもしれませんが、あの満面の笑みで壊れた女性というのは、けっこうな恐怖でした。
何されるか見当もつかず、自分は完全にひるんでいて。

翌朝、職場でその件を伝えたところ、去年も出没したちょっとした有名人だったそうで。
「春になると出るんだよね」「一応、追い掛ける相手は選んでいるみたい」とのことでした。「気をつけなきゃ」と女性職員から言われたものの、こんなの気を付けようが無さそうで。
この界隈は大きな病院が幾つもあって、そこから抜け出してきたのか、地元の住民なのか分かりませんが、後にも先にもそんな経験は自分に無く。

いまでも、御茶ノ水方面に伺った際はあの坂を通過することが多いです。落ち着いた雰囲気の空が青い坂で、下り方面は見晴らしも良く。
その度に、この妙な出来事を思い出したりです。

コンビニの仕事

コンビニの仕事というのは未経験ですがレジ打ちだけを考えてもけっこう大変な内容に思えます。
レジ打ちだけでなく、税金等の支払い手続きや、自賠責保険の加入手続きや、宅配の手配や、チケットの発券や。他にも商品の陳列や回収や、もっと色々ありそうです。
小さな会社の総務部門より守備範囲が広いのでは?と思えていたりです。

更に店長ともなると、アルバイト店員を指導するからには上記を知っていて当然でしょうし、アルバイトの管理や仕入れ支払い等々も仕事の範囲でしょうし。
店員が足りない場面では店長がレジを打つのも普通でしょうし。

某巨大コンビニチェーンでは休暇を取れない店長との揉め事もしばらく前に問題になりましたが、昨日のニュースでは「店舗のオーナー不在時に無断発注 セブン―イレブンで横行」というのも表面化。
これ、もう救いようのない事態にも思えます。893さんもビックリというか。
オーナーが店長とは限りませんが、店長は期限内に売りさばける量の商品しか発注しないでしょうし、売れ残ったら赤字でしょうし、それを本部の担当者が勝手に発注とは。

過去にTwitterで見掛けた心温まるニュース系では「誤発注でとんでもない量を仕入れたケーキ、何とか完売させたいので助けてください」なTweetが元で、見事に売り切った話題がありました。
今回のは誤発注でなく、上からの圧力でしか無く。
記事のコメント欄を観ると、けっこう前から横行していたらしく、コンビニ業界に限らない問題でもあるそうです。

フランチャイズ系の独立はどんなものなのか?と一時期自分も検索したことがありましたが、こんなに駄目だったのは知りませんでした。
物流系のドライバーとかも似たようなものなのでしょうか。フランチャイズ契約ですと。

今回の記事はスマホで観たのですが、コメント欄を読み進んだところ同一のページで妙な宣伝記事が。凄いオチだ。

ガステーブルの清掃

数日前にガステーブルを清掃しました。といっても、魚を焼くグリル部分のみでしたが。
この部分を清掃するのは二年ぶりくらいかと思います。
受け皿になる部分が汚れにくいように、アルミホイルを敷きっぱなしでした。

しかし、取り出してみると恐るべき汚れ。油でベトベトです。
アルミホイルも劣化して求めていた機能以上にへばり付いて最悪。
そもそも、そんなに利用していなかったグリル部分だったのですが、二年も放置していたらこうなってしまうんだろうなぁと。
たまに魚を焼くくらいだったのに。

洗剤とスポンジでいきなり洗う前に、クッキングペーパーで何度も拭いて、油を吸収させて。
こびり付いた油は、一度温めると落としやすかったです。
それでも結果的にスポンジ一個を駄目にしてしまいました。

半年に一度くらいはグリルも清掃すべきでしょうか。バーナー周りは年に一度の大掃除で綺麗にしていたのですが。
あれだけ油が残っていたら、火事になってもおかしくなく。

生きてこそ

昨日観たもう一本の作品は「生きてこそ」でした。十年位前だったかテレビ放映を途中から経験済みでした。
ウルグアイ空軍機571便遭難事故を題材にした作品、究極の選択を迫られる場面がしばしば。

二ヵ月に渡る雪山の遭難期間、途中で食料は尽き人肉を選択する流れ。特にキリスト教徒な遭難者達には究極の選択だったかと。(それ以外の宗教であってもそうでしょうけれど)
飛行機が墜落したのはアンデス山脈奥地の標高4200m地点。富士山の山頂よりも遥か上。
まぁ細かい紹介はWikiにて

十年前の記事にも綴ったのですが、テレビ放映で途中から観ると「何じゃこりゃ?」な作品です。あり得ない景色と場面の重ね合わせというか。
墜落時、山肌に持って行かれた尾翼や大気に吸い込まれる後部座席と乗客、主翼も激突して吹き飛び、機首と胴体のみ残った飛行機は芋虫。それがソリのように山肌を滑り落ち。

何とか生き残った人々も幾度かの絶望に追い込まれます。救助でやってきたと思われた飛行機に発見されたと大喜びし、残りの食糧を食べ尽くしてしまったり。
小型ラジオで受信した放送では「救助活動は終了」の一報であったり、無線機の電源に必要なバッテリーは遠くの山に落下した尾翼にあったり。
次に雪崩に巻き込まれて更に死人が出たり。

自分がその立場だったらどう振舞うんだろう?と思える場面もしばしばでした。しかし、日本ではそんなに高い山が無いですし、国土もそんなに広くは無いので発見までは早いだろうなぁと。
海外旅行では「あり得るよなぁ」と。過去の記事にも綴りましたが、ヨーロッパに向かう飛行機は広大なロシア大陸を長い時間飛ぶワケで。それにしてもあんな高山は無さそうですけれど。
映画の事故現場は、最悪の条件が重なったんだなぁと。
遭難者達の多くがラグビー部員だったのも、肉体的には恵まれていたのかも知れません。しかし、それよりも弱いのは精神面だったようです。

生き残るための最後の手段は、数名を下山させて救助を呼ぶという流れでした。
二ヵ月以上雪に囲まれた山しか無かった場面、幾つもの山や谷を超えて、緑と水の流れる麓に辿り着け。(あの山の向こうには人の営みがあるに違いないと幾度も裏切られ)
次に地元の人と接触するのかな?と思われる展開だったものの、その場面は無く、雪山に残された遭難者達に現れた2つのヘリコプターでした。
もう一度観ておきたい作品となりました。

追記:
救助を求める最後の遠征については、こちらの記事の12/12辺りからが詳しかったです。映画とほぼ同じ展開ですが、麓に降りてから地元の人と接触し、救助のヘリが訪れるまでの流れが分かります。これはこれで感動的でした。