また一人、逝ってしまった。

高校時代の同級生が他界したとの連絡が本日ありました。
昨日のこと「くも膜下出血」が死因だったそうです。
中学生時代の友人の一人も二十代の終わり頃に「くも膜下出血」で倒れていて、一命はとりとめたものの酷い痛みだったらしく。頭蓋骨を外した傷跡は永遠に残るそうで。何より後遺症のリハビリが何年も続いたと。無茶な仕事っぷりの綺麗な女性でした。

昨日亡くなった同級生(F君)は当時のアルバイト先でも一緒でした。(こんなアルバイトでした。)
人手不足でF君に紹介された総合結婚式場のボーイの仕事でした。
これがお洒落な同世代ばかりで、自分は何かと浮いていて。時々訪れる芸能人さんとかが新鮮で。
何より働いた分の稼ぎにはなり、北海道の体育の授業で必要だったスキーセットとかも余裕で買えました。
気になっていたJazzのCDや、乗りたかった単車も買えたりで。

特に仲が良いわけでも無かったF君は、高校に入るまでは勉強もでき、見た目もハンサムでお洒落でギターも上手で、酒も煙草も女性も単車も車も、誰よりも先に楽しむ男でした。
F君に一度怒られたことがありました。マダムだけの忘年会にて二人でボーイをやっていた場面でした。
見た目からして引っ込み思案そうな女性がカラオケのマイクを渡され、一生懸命歌ってはいるのですが音程もリズムも全くハズしており、おどろおどろしいしい歌声に笑いがこみ上げてしまい。。
F君に「失礼だ」と忠告される前から「笑ってはいけない」と必死にこらえたのですが、どうにも無理でした。

だって、曲名まで「よせばいいのに」でして。。
あまりにもシュールな場面でした。
いつまで経っても、ダメな私ね。。

F君はあっちの世界も一番乗りだったんだなぁ。
痛みが少なければまだ良かったのですが、棺桶に覗ける姿は安らかで、せめてもの救いだったかと。
冥福を祈ります。

iPadを入手


5年ぶりくらいでiPadを入手しました。この文章もiPadで綴っています。
出張や出先で少し長めの文章を綴る際に使えるかなぁと。

5年前に入手したiPadは結局使い道があやふやなままオブジェ化し、引越しの際に手放すことに。
似たようなタイミングで入手したMacBookAirの方が文字入力も楽で、ノートとしては十分に軽くて。このMacBookAirも色々とガタが来て引越しの際に手放していました。

タブレット端末で文字入力を強いられる場面が続くと、結局は外部キーボードが必要になり、それだったらトラックパッドまで付いたノートの方が使い勝手良くて。
まして当時のiPadは微妙に重く。
手元に現在残るノートは10年前のThinkPadのみ。アフリカ出張では大活躍したノートなものの、普段持ち歩く気にはなれぬ重量級。
今回は軽いノートの購入も迷えたものの、自分の求める性能なのは10万円超えばかり。昨年の暮れにデスクトップも10年ぶりに更新したばかりなので、別の選択肢としてiPadにしました。

昨年発売されたiPadはかなり安価で性能的にも5年は使えそうです。実際、店頭で触れた感覚も悪くなく。128GBもメモリー積んでいたら、自分の用途では十分足りそうです。そして当時のiPadよりかなり軽く。
出張先でWindowsが必要な場面は職場のデスクトップをリモートで操ろうかと思っています。手元にWindows端末が必要な出先の場面は少ないでしょうし、その時は会社のノートを借りようかと。

いま、画面を横にして文字入力していますが、案外悪くないです。自分の文字入力にマシンが追い付かない何てことは当面無さそうです。
ともかく今回は使いこなしたいです。

三週間

転職して三週間経ちました。
異業種の転職に社内の書類の回し方等々覚えることが多い中、急ぎの案件を3つ片付け。
世界を周る大型船の通信設備を扱う仕事、修理の依頼が来ても修理できるタイミングが短く場所も限られ。
次に寄る港での修理となるのですが、エンジニアと物の手配をそれまでにアレンジする役割で。
この港が海外だったりで、英文でのメールのやり取りが飛び交い。
技術面も、これまでの経験が全て問われる内容。

これが一つでも欠けていたら、恐ろしかったなぁとか。

現状、英語面が一番弱い自分ですがGoogle先生に毎日お世話になっています。
Googleの自動翻訳の精度が数年前に比べてかなり上がっていて。
意味の通じにくい日本語も、比較的適切な英語に変換してくれて。
変換された英語を逆翻訳してもちゃんと日本語になっていれば、良しとしています。
見た目でもっとメジャーな単語を選択したいのですが、そんな時間は勿体なく。

緊急度が高過ぎる場面では仕方なく電話を使うのですが、やはりこれが難しく。
何が難しいかというと、相手のナマリが凄いのです。
互いに使っている英語は中学レベルなので、ネイティブの発音ならまだ楽なのだと思います。
フィリピン系のナマリとか中国系のナマリとか。
相手からしたら日本系のナマリなんだろうなぁと。
やはり、これは慣れるしかないです。

おかげで毎晩十時には眠れています。
この週末にサイクルを崩さないようにせねばと土曜の朝から綴っています。

と、ここで文章を締めようと思ったのですが、一つ思い出しました。
昨夜のこと19時頃に社長から夕食のお誘いが。
そこで三田の居酒屋へ。

自分のチームは三人体制で、自分以外の二人は自分より一回り以上若い女性。
この二人が凄いのです。英語は発音も文章も相当なレベルで、日々迷い込む急な案件の中でも冷静さを失わず、かつ的確。
まだ慣れぬ仕事の中でジタバタしている自分とは大違い。経験上、十数人の組織で一人居るか居ないかの人材に囲まれて。
そんな話を交わしたところ、社長も同じことを感じていたそうで。
やはり凄いんだなぁと。
簡単に集められる人材では無いでしょうし、偶然にしても凄い巡り会わせです。
ディープな技術面の案件を自分が受け持つ流れ、楽な仕事ではないのですが面白味は感じています。

Forza siでヘッドライトのヒューズを交換

先週末の夕暮れ時から放置していたForza siのヘッドライトが点灯せずの続編です。
先週末の作業では一灯のみをLEDから標準のハロゲンに戻し、動作確認したところそれでも点灯せず。これはヒューズの問題かな?とヒューズ交換も試したかったものの外は既に暗く、翌週末まで持ち越しでした。
今朝は10時頃から交換作業。

作戦としては、ヒューズの切れた原因がハッキリしないので、一番疑われるLEDヘッドライトを二灯とも標準のハロゲンに戻してからの作業としました。これをやってからでないと、運が悪ければ新しいヒューズも一瞬で切れます。
LEDヘッドライトがまともに機能していたら消費電力はハロゲンより落ちるハズで、ヒューズが切れたからには何らかの異常があったかと思われます。だいたい自分は雨天走行しませんので、水による漏電は考えにくく。


ヒューズボックスは右側のグローブボックス内にあります。グローブボックスを開き、写真の赤丸で囲んだ2つのプラスのネジを外せば、上部のカバーも外れます。(少々外しにくいカバーです)

外した上部カバーの反対側から。側面の僅かな凸っぱりが支点になって固定されていました。

カバーが外された上部。右側にヒューズボックスとスペア専用の小さなヒューズボックス。

その後、ヒューズボックスはすぐに見つかります。「HL」と書かれたのがヘッドライト用の10Aのヒューズです。ボックス内にはスペアも1個入っています。

上記の蓋を開けたところ。

切れたヒューズと新品のヒューズを並べると、見た目でも溶断したのが分かりました。(切れようによっては見た目じゃ分からないかも)

文明開化。交換後はヘッドライトがあっさり点灯しました。久し振りのハロゲンの柔らかい光です。

寒い季節の作業ですと手がかじかんでしまい、この小さなヒューズを抜くのがなかなか面倒で。なので、スペア専用のヒューズボックスの中身は未確認です。今後のことを考えるとヒューズセットを入手しておいた方が良いかも知れません。
一年くらいはこのままにするかなぁ。原因をハッキリさせたいところですが、これでも短期間で切れるようならLEDヘッドライトの問題では無いと判断しようかと。

せっかく乗れるようになったので、お昼には松戸のラーメン二郎へ。小薄目野菜少な目にんにく。
いつも美味しいものの、相変わらずの量で撃沈寸前でした。

Forza siでLEDヘッドライトが点灯せず

昨年の二月に交換したLEDのヘッドライトが二灯とも本日点灯しなくなりました。
年始の乗車時は問題なかったと思うのですが、気付いていないだけだったのかもしれません。

これまで全く問題なかったので、ちとびっくり。
ホームセンターへ買い物に行った帰りの15:30頃に自宅近くのコンビニで気付きました。
お店の窓に映る車体の正面でヘッドライトが消灯していて。

この時期は夕暮れが早く、とりあえず元のハロゲンバルブに交換してみることに。
しかし、これでも点灯せず。
となると、ヒューズか?

ヘッドライトのヒューズが何処にあるのか、オーナーズマニュアルを観ても何だか分からず。
メットイン下のボディの中央部にバッテリーがあり、その隣にヒューズボックスがあるとの記載でしたが、メンテナンス性はあまり良くなく。
他にも何ヵ所かヒューズボックスがあるようで、サービスマニュアルを斜め読みしても、何だかよく分からず。
既に日が暮れてきたので、外したものを全て元通りに。
念のため、エンジンがちゃんと掛かるか試すと、エンジンはちゃんと始動。

Webで検索すると、右側のグローブボックスの奥にヒューズボックスがある様子です。
続きは来週末ですネ。どうせ壊れるなら無職の時間があるときに壊れてほしかったです。
しかし、LEDに変更したら本来は消費電力が落ちるハズで、なのにヒューズが切れるとは原因が何なのか気持ち悪いです。

作業効率


半年間非公開にしていたFacebookを昨年末に再開し、時々利用しています。
仕事もプライベートもくっ付いてしまうあの空間は相変わらず馴染めず、プライベート専用のつもりです。
せっかく戻した朝型の生活はこの三連休で早速崩れ始めていて、10時頃に目が覚めるとFacebookにメッセージが。

外神田で暮らしていた頃にお世話になっていた男性から「今日は予定ありますか?」と明け方に送られた様子。
残念ながら午後から予定がある旨伝えると、成人式を迎える娘さんの写真を撮ってほしかったそうで。
娘さんはまだ小さな小学生の頃から存じていて、当時からとびきりの美人でした。
お祭りで御神輿の上に載っていたお人形さんのような姿は今でも目に焼き付いていて。
何も知らない人々は、本気でお人形と見間違えていた様子でしたし。

娘さんは数年前からテレビ番組にも出演していて、事前に知っていたら観るようにしていました。
番組を観ると、周りの芸能人さんに埋もれることの無い存在でした。流石だ。
娘さんのお父さんも含めて、信頼関係のある素敵な家族、前もって知っていたら、撮影してあげたかったのですが。
ただ、ポートレート専門の写真は経験したことが無いので、満足できる撮影になったかは分からず。
集合写真専門みたいな自分でしたので。

いずれにしても、引越しから二年半経った自分のことを覚えていてくれて、嬉しい朝でした。
あれから、町の行事にはほとんどタッチしておらず。
しかし、あんなに小さかった子がもう成人だなんて。

と、タイトルと全く関係ない話題から始まりました。
新しい職場で使わせて頂いているパソコンはごく普通のスペックなのですが、モニターだけが気になっています。
解像度が低過ぎ(1280×1024)で、一部のソフトの表示が困難で。
英文メールが毎日数十通飛んでくるのですが、そのメーラーソフトが解像度の低さで効率が悪く。スクロールを強いられてばかりです。
メールの一覧と本文をそれなりの広さで表示するには現代風な解像度にしたく。

自宅では昨年デスクトップPCが壊れて新調していました。モニターはまだ使えたのでそのままです。
そのモニターは十年近く前に入手したものですが解像度はFull HD(1920×1080)で。
この解像度に慣れていましたし、職場の環境も何年も前からそうしていました。
作業効率も実際高かった感です。というか久し振りに低解像度を使って身に染みた感です。

生まれて初めて自分で入手したパソコンはMacintosh Color Classic IIという機種。
小型の一体型Macで、画面は10インチ。
なかなか可愛い筐体で大好きだったのですが、解像度は640×480にも満たない性能で、一部のソフトでは画面の半分近くが操作系のボタンで埋まってしまい。
そんなのを思い出したり。

で、新しい職場のモニターを交換しようと思い立ち。
しかし、まだ何の実績も無い自分が会社に買ってくれとは言い出し難く、自宅で余っているモニターを持ってくるということで了解を得ました。
実際のところ余っているモニターなどありません。自宅にはそもそも一台しかモニターはありませんし。
モニターをこれから新調し、それまで使っていたのを会社に持っていこうと。
久し振りにモニターの価格を調べてみたところ、Full HDの解像度でも普及価格帯なのは1.3万円程度で入手出来るようです。
パソコンの世界は相変わらず価格競争というか低価格化が激しい様子。こんなのでどうやって儲けを出すのだか。

連休初日に注文すべきだったのですが、本当に買ってしまうべきか迷えてしまい、昨夜の注文。
商品は明日自宅に届くようです。しかし、明日は仕事なので再配達にならない準備が必要そうです。

新しい職場

新しい職場からは東京タワーの眺めがとても良いです。昼も夜も美しい東京タワー、昔から大好きなエレガンスなシルエット。
それまでの職場からはスカイツリーが見えました。やはり東京タワーの方が好きです。