ヘッドライトのLED化

Forza siでヘッドライトをハロゲンからLEDに変更してみました。
ファンレスで3800円のLEDライトですが、選定理由等は前回の記事で無駄に長く綴っています。
ヘッドライトを一度でも交換したことがあるのでしたら、作業時間は一時間未満。
事前にタイラップとしっかり切れるカッターを準備のこと。また、直視できない位置での作業のため、スマホのカメラで状況確認しつつが無難かと思います。
また、交換前の各種撮影もやっておいた方が光軸のズレ等チェックが楽です。

届いた本体。

取説。(ラバーブーツは使わない手順になっている)

本体から留め具を抜き取る。(中心部の切り欠きがミソ)

本体にラバーブーツを嵌め込むが、入りきらない。

ラバーブーツの中央部を1cm前後カットして入りきる。(加工しないと上記の切り欠きに突起が届かない)

この状況で留め具が収まるのを確認。

LEDとハロゲンの比較。

留め具のみ先に嵌める。針金状の固定具は赤丸で囲んだ部分を押しながら半時計方向に回せば外れる。(前回はこれが分からず中断)

固定具を外した状況。

ラバーブーツに組み込んだ本体を留め具に押し込んだところ。ヒートシンクが十分に露出し、ラバーブーツが外枠にもしっかり嵌っていること。
動作確認後はブラブラのコネクターをフレームの何処かにタイラップで固定。

向かって右側のみ交換した状況。日中では明るさに顕著な違いを感じないが、とても白い。また、対向車に迷惑をかけるような眩しさでも無さそう。

両方交換したところ。カットラインが出ているか否かは夜にならないと不明。光軸は元のハロゲンとほとんど変わっていない様子。

【追記】
外が暗くなってきたので、明るさ等のチェック。
壁が近過ぎたのかカットラインの確認は出来ませんでしたが、光軸はズレていなそうです。

交換前のLOW。

交換後のLOW。(撮影状況が異なるので写真では比較になりませんが、実際は相当明るくなっています)

交換前のHIGH。

交換後のHIGH。(撮影状況が異なるので写真では比較になりませんが、実際は相当明るくなっています)

交換後のLOW。

交換後のHIGH。

上記から一時間程経ち、外が真っ暗になった状況では十分な明るさが確認出来ました。
Forza siでの夜間走行は暗さ故の不安さがありましたが、その辺がこれで解消されそうです。消費電力も純正のハロゲンより減り、バッテリーにも優しいかと。
後は耐久性ですが、こればかりは時間が経たないと分からないです。製品の見た目はなかなかしっかりしていました。
また、加工してしまったラバーブーツは2つで千円未満でしたので、万一純正に戻す際も痛手にはならないと思います。

ヘッドライトのLED化” への2件のコメント

  1. はじめまして。
    とっても丁寧な文章ですね。
    参考になりました。ありがとう御座います。

    LEDの白さにあこがれる人も多いようですが、私は雨の日も乗るのでハロゲン並みの黄みがあるLEDの発売を期待してます。

    フォルツァSi。
    とってもよくできた移動マシンですよね。試乗したときは軽自動車かと。
    いまの私の用途だと、重量が重い以外はベストです。

  2. やまなかさん
    コメントありがとうございます。
    つたない文章ですが、特にハマった部分を中心に綴らせて頂きました。
    ヘッドライトの交換が初めてだったもので、色による雨天の変化が謎でして。
    LEDはこんなに安くなったんだなぁで、個人的にはオススメの交換部分です。
    ご希望の色が見つかると良いですネ。

    やまなかさんのBlig拝見させて頂きました。ちと他人様と思えぬ感でした。
    自分はVTZ250、XR250等の軽めな単車歴なので、この重さはシンドイ場面があります。
    走り出せば問題無く、流れの速い道ではPCXより安定感あって助かっています。PCXは軽さ故に横風が恐ろしさに繋がり。
    キャンプツーリング、自分も興味ありますので、やまなかさんのBlog参考にさせて頂きますネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です