突撃ラーメン

ご馳走様でした
[ ご馳走様でした ]

地元の千歳市にて美味しいラーメンを提供し続けた「突撃ラーメン」さんが、昨年の暮れに閉店されていたそうです。
Webで検索したところ、店主さんが他界されたそうです。
ご冥福、祈っております。

高校卒業までの四年間を過ごした千歳で、突撃ラーメンは自分にとっての御馳走でした。
当時、勤勉な部分もあった自分は、放課後の図書館帰りに突撃で頂けた味噌ラーメンに、その日の充実感を味わっていました。
大学受験が近かった寒い季節は、鼻水垂らしながら頂いたものです。
とっくに常連になっていた学生服の自分に対して、いつも律儀に注文を聞いてくれた店主と、それ以外の会話をしたことがありませんでした。
まぁ、いつでもまた来れると思っていましたし。


店構え
[ 店構え ]

上京してからの自分は、舌が肥えてしまったのか、たまに帰省しても突撃に足を運ぶ機会が少なかった記憶です。
ただ、二年前の出張の際は、自然と足が向かいました。
出張のついで、実家へ寄るべきか迷えていたときでした。
実家ではちょっとしたゴタゴタが続いていまして、自分が会ったところで何一つ解決できないし、いま会ったところで逆効果だとホテルの狭い部屋で考えていました。
当時と比べて変わり果ててしまった中心街を、夜な々々歩いてみたところ、突撃ラーメンは残っていました。
ここだけは、昔とかわらないな..。

 SUKIYAKI: 学生時代、よく食べにきてたんですよ
 店主: 何年前だい?
 SUKIYAKI: 二十年くらい前ですよ
 店主: 街も随分変わっちゃったでしょう
 SUKIYAKI: シャッターの降りた店が増えましたね..
 店主: ここも、随分とお客さんが減ったよ
 SUKIYAKI: 味はかわってないですよ
 店主: いまの若者の口に合わなくなったのかな
 SUKIYAKI: また来ますよ
そんな会話でした

千歳に限らず、地方都市は何処も似たような状況なのかと思います。出張で地方を訪れる度に思います。
何が原因で、どうしたら良いのかなんて、自分にもまだ分かりません。
それが分かったところで、自分に何が出来るのかもよく分かりません。
「あの頃のままであってほしい」という願いが誰しもあるように、自分もそう想っています。

ピンボケですみません
[ ピンボケですみません ]

突撃ラーメン” への19件のコメント

  1. 野菜たっぷりの山盛りラーメンと
    「突撃ラーメン」というアグレッシヴなネーミング
    う?ん、たまりません。
    ところで店舗写真の左側の窓に
    「ラーメン3杯食べたら」と書いてありますが
    3杯食べると何があるんでしょう‥‥
    気になります。

  2. ひげフレディーさん
    確かに、書かれていますネ..。
    うろ覚えですが、「三十分以内に三杯食べたら、タダ」「五杯食べたら、一年間タダ」みたいなルールだった記憶です。
    突撃の味噌ラーメン、かなり味が濃かったのですが、野菜の量で見事に中和されていました。
    嘗て、あの一角にはラーメン屋さんと本屋さんとレコード屋さんが並んでいて、放課後にハシゴしたものだったんですヨ。

  3. もやしが大盛りでおいしそう!
    背景に見えるアルミの灰皿とマッチ箱が懐かしい感じ。

  4. 昔、通ってたお店がなくなると、
    悲しいですよね~
    私も、先日、よく行ってた駅前の中華料理屋が
    突然潰れてて、悲しかったです><
    最近、ラーメン食べてないな~
    食べたい(u??u??)

  5. くみこさんへ
    無事に退院されて、嬉しいですよ。
    ゆるりと参りましょう。
    あやきちさんへ
    小さなコンビニの隣辺りにあったラーメン屋さんでしょうか?
    時々、自分も頂いていたんですよ。
    ラーメン屋さんって、思い出の存在になりがちなんですよね。

  6. はじめまして。
    突撃ラーメン、ふと思い出して検索したところたどり着きました。
    あのご主人亡くなったのですか・・・。
    奥様も交代でお店に出られていましたが、やっぱりご主人の
    ラーメンが美味しかったです。
    私も小さい頃から良く食べに行っていたので、最近閉店したという
    噂を聞き、気にしていた所でした・・・。
    ラーメン3杯で無料、5杯で一年間無料、
    総理大臣が来ても貸し売りはお断りします、でしたよね。
    カレーラーメンが大好きでした。
    ご冥福を祈ります・・・。

  7. おかさんへ
    コメント並びに目に留めて頂いて、ありがとうございます。
    あのラーメン屋さん、沢山の人の思い出が残っていそうですよね。
    自分は満席の店内を一度も見たことが無く、毎度哀愁な気分で味わっておりました。
    日々冷え込むこの季節は尚更だったかも知れません。
    カレーラーメン、ずっと気になっていたのですけれど、ついに一度も口にしませんでした。誰かが頂いていると、そそられる香りだったのに。
    口惜しいです..。
    お店の奥のテレビを嬉しそうに眺めている奥さん、自分もよく覚えていますよ。
    奥さんが作ったときのラーメンは、ちと家庭的な味だった記憶です。
    ふと思い出させるお店、無口な店主さんもニンマリしていることだと思いますよ。

  8. 千歳の突撃ラーメンを思い出して検索かけてここにたどり着きました
    突撃ラーメンについて私の思い出は20年以上前に自衛官だったころ千歳駐屯地に配属になったのですが、その頃一週間に一度、駐屯地の外に出て500円を持って突撃ラーメンの味噌ラーメンを堪能するのが唯一の楽しみと同時に習慣になっておりました。
    ご主人は本当に無口な人だったのを覚えております 
    当時突撃ラーメンのすぐ近くにジョイフル大和というパチンコ屋がありまして
    ときどき暇つぶしに遊びにいくことがあったのですが突撃のご主人も暇な時間帯なのでしょうね 稀にパチンコ台の前に座ってるときがありました。わたしはご主人と会話もしたことがなかったのですが、隣に座るとわたしの顔を覚えていてくれたんだと思いますがパチンコの玉をわたしの台に入れてくれてスッと帰ってしまったことがあります。
    もう二度と戻らない私の青春時代の思い出です
    もうあの味噌ラーメンを味わうことはできなくなったのですね
    一杯500円で私の孤独を癒してくれたラーメンの味と寡黙だけど、どこか暖かいご主人の人柄が大好きでした ご冥福をお祈りいたします

  9. おっさんさんへ
    コメント頂き、ありがとうございます。
    やはり、味のあるご主人だったのですね。
    自分も幾度かパチンコ屋さんで観掛けているんですよ。
    お店の前にあったパチンコ屋さんとかで。
    当時の千歳は街の中心部も明るく、名前に負けない千歳だったと思っています。
    あの頃に戻れるなら、千歳に戻ってもいいよなぁ、なんて時々思い出しています。
    流れ者の街に乾杯中です。
    ガァ

  10. 当時の千歳は米軍基地があり その恩恵にあずかろうとして 全国から流れ者が住み着き町を形成していました さびしい名残りがすこしあるようですが、、

  11. sayitさん
    コメント、ありがとうございます。
    帰りたくなる理由がなかなか見つからなく、既に五年以上経っていて。
    しかし、もりもとのピロシキは恋しいです。
    ガア

  12. こんにちは。突撃ラーメンの検索で見つけました。
    70年代の小中学校、千歳に住んでおりました。
    週末に千歳デパート?だったか、市場のような所に家族で買い出しに行き、帰りによく寄った突撃ラーメンの味が今でも忘れられません。
    カウンター越しに、無言で汗しながらラーメンを作っていたご主人のお顔、今でもはっきり覚えています。お亡くなりになっていたんですね。時の流れを痛感致します。
    店構えやカウンターの赤い色、懐かしいです。中山千夏さんがご来店された時のイラスト入りサインが壁に飾られていました。3杯食べたら云々とういうのも、壁に画鋲の文字になっていた記憶があります。
    私の中では、札幌ラーメンは突撃ラーメンの味だなぁ・・

    あ、あともりもとのパンは’チョコリング’が大好きでした。今はもうないか・・

  13. キムコさん

    こんにちは。
    コメント、ありがとうございます。
    寒い季節ほど、思い出してしまう突撃だったりします。

    検索したところ、全国に突撃系のラーメンが誕生している様子です。ルーツは千歳で。
    千歳の突撃の画像、Web上でも案外残っていないみたいで、普段の生活で見慣れている場面ほど、後になってから貴重なんだなぁと、また思う今宵です。
    こちらの画像も、出張で訪れる機会がなければカメラを持ち出さなかったと思います。

    70年代の千歳というと、千歳デパートも建ったばかりでしょうし、明るい未来が中心街に灯っていたのかなぁと思います。
    甘い系の食べ物は、銀行のあるバス停前のタイ焼き屋さんが好みでした。あと、ミスタードーナツ(こちらも無くなってしまいましたが)。
    せめて、もりもとはしっかり残っていてほしいです。

  14. ふと、突撃ラーメンで検索して拝見しました。私も40年以上前の記憶です。親に連れられて食べた味は、忘れられません。
    父は5年前に他界、私も50半ばでいまは遠く九州住まいです。
    千歳デパートもなつかしい。レストランのカレーは、ルーが専用の金属の器に入っていた。
    もりもとのパン、クリームの入った細長いパンが大好きでした。ビートルって名前でしたっけ、あのお店が全盛の頃、親の転勤で千歳を離れて43年。遠くぼやけてきた記憶がリアルに感じて、心地よい思いができました。ありがとうございました。

  15. とおるさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。
    寒い季節は温かいラーメンが恋しくなります。自分もこの記事を最近読み返したばかりでした。

    千歳デパート、もりもと、ビートル101、どれも懐かしいです。
    ビートルでは高校生の頃にボーイのアルバイトをしていました。そこでローカル番組の取材にで来ていた坂本九さんのサインを頂いています。日航機墜落の前年でした。
    ここの写真も既に十年以上前。時の流れは早いものです..。

    突撃を名乗るラーメン屋さんが全国に何軒かあるようです。千歳の味が源流らしく、一度は伺ってみたいです。

  16. 千歳で生まれました。
    まだ米軍がわずかですが駐留して、左ハンドルの軍用車が走っていました。
    幼少期の商店街の思い出は、おもちゃの「フルキミ」、書店の「井上書店」「あおい書店」、レコードは「博信堂」「金栄堂」、お焼きといえば「甘太郎」(特に白あん)といったところでしょうか?
    贅沢といえば、クリスマスの第一マーケットの「鳥の丸焼き」、もりもとの「かめパン」「ハムフライランチ」でしょうか?
    ラーメンは、「正ちゃんラーメン」、「王将」(今も健在)、そして忘れられない「突撃ラーメン」にだったと思います。
    カレーラーメンか味噌か、いつも悩んでいたと思います。
    残念でなりません・・・。
    しかし、千歳市内で突撃のカレーラーメンにかなり近い味の店があるのをご存じだろうか?
    ANAホテルの近くの「百番」というラーメン店です。
    店は30年以上やっている老舗で、味噌は鳳龍系に近いかもしれません。
    味噌カレーラーメンを試してください!
    わたくしは「思い出しました」

  17. らいぽんさん

    古い記事にコメント頂き、ありがとうございます。
    既に綴ったかも知れませんが、もりもとさんは当時から大好きでした。
    丘の上の高校の昼休み、あれ食べたい。しかし、学校ではルール違反だったようで、先生に時々見つかっては怒られたり。昼休みでも外に出ては駄目らしく。
    それでも懲りず、ピロシキ頂いておりました。どうしてこんなに美味しんだろう?って。

    当時の自分、ビートル101でボーイのアルバイトもしていたんですよ。
    毎年暮れ頃、もりもとさんのパーティーがあり、自分より年少な方がお客さんだったりしました。
    自分も裕福な家庭だったワケではないのですが、それよりも厳しい環境の若手が働いていた様子でした。
    経営者の方、相当な人物だったのだと思います。

    千歳に立ち寄れる機会がありましたら、百番さん寄らせて頂きますネ。
    哀愁の千歳、返信遅れてしまい、申し訳ございませんでした。
    寒い冬がまた近づいていますネ。

  18. 真町の自衛隊官舎に住んでいた小学校1〜2年生の頃、父親に連れて行ってもらったのが「突撃ラーメン」だった。
    父親は突撃ラーメンファン?だったらしく、外で食べるラーメンと言えば、必ずここだった。
    味噌ラーメンのモヤシが多かったのを冒頭の写真で思い出すことが出来た。
    このビジュアル、現代の「メガ盛り」とかに一脈通じるものがあるね。
    正直味は覚えていないが、もう一度食いたい。3杯食べるのにも挑戦してみたい。確か汁まで飲み切るのが、条件じゃなかったっけ?

  19. ルノワール佐藤さん
    確かにあの盛り付けは当時珍しかったかもしれません。
    野菜の量はリンガーハット並で。

    三杯は恐ろしくて挑戦出来ませんでしたよ。スープを飲み干すルールだった記憶です。
    中学生時代は大盛でもキツくて、同級生のS君は余裕で平らげていましたが。
    やはり寒い季節に頂きたくなる突撃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です