駅前の著名人

p_20161129_135231_vhdr_auto_1

久し振りに柴又駅前を利用したところ、寅さん像の横に源ちゃんが。
二十三区といいながらも、こんなにのどかな地域に著名人さんの訪問や取材が多く。
住んでみてからも不思議です。

源ちゃん、どんな作品でも源ちゃんらしくて大好きです。

インターホンに起こされた

【変な夢を観ていた】
以下は夢の中の話。
秋葉原で著名なメイドさん、町歩き等の下町の繋がりで知り合えた素敵な女性なのですが、自分は何故か籠に乗せられて秋葉原界隈を案内されていました。「お猿の籠や」な状況。
籠の後ろを担ぐのはそのメイドさんで、雨の中なんだか申し訳なく。
大体、籠を含めたら百キロくらいの重さがありそうで。大丈夫かいな?

その後、何かの施設内を案内して頂いていたのですが、籠の前を担いでいた見知らぬ男が不愛想で、嫌な雰囲気。

【謎の訪問者】
そこで、インターホンの呼び出し音が鳴りました。上記の変なストーリーは夢だったと気付きました。
今日はAmazonからの荷物が届く日だったので、それかな?と。
インターホンのモニターに映るのは黒い制服を着た小柄な女性で、郵便局の人っぽくもあり共用部の施錠を解除。

玄関に現れた若い女性は「警視庁の捜査一課のものですが、防犯カメラの映像を観させてほしいのですが」と。
SUKIYAKI:うちの庭のですか?
女性:いえ、このマンションのですが、庭にもあるのですか?
SUKIYAKI:ありますが、何かあったのですか?

何でも、先週のこと線路の反対側でひったくりがあったそうで、その件で調べているそうです。
ひったくり程度で捜査一課(大きな犯罪担当だったか)が動いているのが不思議でしたが、その後大きなことになりかけているらしく。
大体、ここから線路までは500mはありそうですし、こんなに離れた場所まで訪れるとは余程な事件なのか。

柴又周辺は比較的のどかな町で治安も悪くないのですが、十年前に大きな事件がやはり線路の反対側であったそうです。
今回の件もその辺りとのことでした。何だか物騒だ。
そういえば今何時なのか女性に聞いたところ、11:30とのこと。
よく寝たなぁ。

この件、Webで検索しても何もヒットせず、謎が多いです。

11月の花

サザンカ

植物の名前も相変わらず知らないのが多く、今朝咲いた花の名前を検索してみました。
「11月の花」をキーワードに。

サザンカのようでした。
あぁ、妻恋神社でも咲いていたよなぁと。
年末年始の神社のお手伝いの際、寒い中の作業を見守るように咲いていた。

今日は金町駅前まで自転車で伺っていました。
往復5kmくらいでしょうか。たまには身体を使わねばと。
自宅最寄りの柴又駅よりも金町駅の方が栄えていまして、一通りのモノは揃うのですが、単車を停めるのはちと面倒なのもありました。自転車ですと公共の駐輪場に二時間まで無料で停められます。
スーパーマーケット内の百均で清掃用具を揃えた後、お気に入りのステーキ屋さん「ひょうたんや」でハンバーグステーキ200gを頂きました。

百均で入手したのは排水溝の詰まりを取り除くゴム製の「ズッコンズッコン」。これも正式名が分からず検索したところ「ラバーカップ」というそうです。柴又周辺では何処にも売られていなくて、金町では百円で入手可能でした。
素敵だったのが、長い柄の部分まで包められる袋に品物を入れてもらえたことでした。見るからにズッコンズッコンを抱えたまま街中を歩いたり飲食店に入るのは気が引けたと思えて。

帰宅後は引き続き水回りの清掃。
陽気に恵まれ、自転車での移動が気持ち良かったので、時間が許されれば江戸川の土手をもう少し走ってみたいです。

排水溝の汚れとか

写真付きでは載せられない話題です。

数ヶ月前にテレビ番組で観た排水溝の特集がなかなかショッキングでした。
普通に使っていたのでは、排水溝は必ず詰まるような内容でした。
油汚れやらと洗剤の成分が配管にどうしてもこびり付いてしまうそうで、透明な配管で実演していました。

現在の住まいは、年に一度排水溝のクリーニングがあります。マンションの管理費でまかなっているらしいです。(今年は不在日で未実施)
過去に暮らした会社の寮、ワンルームマンションだったのですが、バスルームの悪臭がキツくて排水溝を覗いたところ、ゼリー状の何かが1cmくらい蓄積していました。
あの正体が何だったのかずっと不思議でした。入浴剤が冷えて固まったりしたのかなぁとか。

二十年物のトートバッグがカビてしまい、時間を掛けてだいぶ綺麗にしたところで、上記の件を思い出しました。
検索したところ、「バイオフィルム」というそうです。(検索結果には恐ろしい画像も含まれていました)
「バイオフィルム」は人の口の中でも発生するそうで、身近な存在でもあるようです。(歯磨きを忘れた時の歯のヌルヌル感とかがそうらしく)

パイプの中の汚れを落とす酸性のクリーナー等を過去に使ったこともありますが、上記の件では効果が薄かったような気もしています。
洗剤というか界面活性剤系では逆効果なのかも知れず。(その辺、違いが謎です)
何か良い方法が無いか検索したところ、気になる製品が。


「バイオ 排水管きれい」という製品、微生物の働きでターゲットを分解する仕組みだそうです。
レビューを見ると、概ね効果があるようです。ほとんど効果がなかった例も中にはありますが。効果があり過ぎて、一時的に詰まるパターンも中にはあるようです。
クリーニング系の商品として安くはないですが、ちと期待出来そうなのでポチってしまいました。
姉妹品でクローゼットの中に置いてカビの発生を抑える製品もあるので、こいつは梅雨の時期に試してみたいです。
結果がどうなるか謎ですが、後日レビューをこちらにも載せてみます。

追記:2016/11/20
昨夜早速使ってみました。場所は台所と洗面台とお風呂場と洗濯機の排水溝。
今朝の感じでは、洗面台の排水の流れが少し良くなったような。
お風呂場に行くには洗面台の前を通過するのですが、その辺りに立った際に水回りっぽい生活臭が減ったような気もします。
元々詰まっていたワケでも匂っていたワケでも無いので、前後の違いはそもそも僅かなのかもしれません。
もっと酷い状況になってから試すべきだったのかなぁとも思えますが、それも嫌ですよネ。
取説には当初は数日続けて試すように綴られていたので、もうしばらく頑張ってみます。

Fire TV Stick

20161118a

一年前に入手したAmazonのFire TV Stickにお世話になるこの頃です。
Prime会員ですと、かなりの数の映画が無料で観れます。観たい映画の何割かは有料ですが、それでも無料の数が半端なく。
ただ、Stickモデルは熱暴走か何かの関係で時々妙なブザー音が出ます。出ないときは出ませんが、出だすと頻繁だったりです。
まぁ、自分は発売当初のセールで二千円での入手でしたし、無料のしか観ていないので、あまり気になりません。

ここのところ時間に余裕があるので、気になっていた作品を色々と物色していました。
欲しい作品はレンタルではなく、DVD等のメディアを購入する派でした。しかし、過去に観て良かったものばかりを選んでいました。(TV放映で途中から見て、気になっていた作品も多いです)
ともかく、ハズレを引くのが嫌だし、何度でも観たい作品であれば購入していました。
ただ、メディアの世代が変わったときが悲しいです。VHSやレーザーディスク等で揃えた方は、ソフトは残っていてもハードが壊れたらオシマイで。

自宅近くにレンタルビデオ店が無い環境が十数年続いていて、それも借りない理由の一つだったかも知れません。
数年前から月額性のネットサービスもありますが、映画を観ない期間が数ヶ月もあるので、自分には向かないかと。

そんな中、最近Fire TV Stickで観た作品を幾つか。

【仁義なき戦い】シリーズ。
Jazz系の雑誌のコラムで、昔の学生がハマった映画の話題等で時々登場した作品でした(網走番外地だったかも)。自分の学生時代から興味ある作品でしたが、観る機会が無く、どんなストーリーなのか謎のままでした。
実際観たところ、なかなか面白かったです。しかし、登場人物が多いわりに脇役クラスは短時間で消されてしまう展開で、一度観ただけでは消化しきれない内容でもありました。
元々の事象を存じている方にはすんなり入る作品なのでしょうか。

【松田優作】系
「暴力教室」「蘇える金狼」「野獣死すべし」の三作品を順番に観ました。
「暴力教室」はGパン刑事を彷彿させる流れでした。先の読める単純なストーリーかと思っていたら、それなりのドンデン返しも待っていていたり。
舘ひろしさんの若かりし頃がなかなか新鮮でもありました。最近TV放映された夏目漱石さんのドラマではお爺さん役にまでなっていて。
「蘇える金狼」「野獣死すべし」は立て続けに観てしまい、どちらもハードボイルドでアバンギャルドな路線だったので、各場面がどっちの作品だったかごちゃ混ぜ気味です。
ティーンの頃に観ても理解できない場面が多かったと思います。まぁ、ぶっ飛んだ作品でした。

【東京物語】
学生時代からずっと気になっていた小津作品の代表格でした。町歩きでも時々話題になった古い東京な作品。
戦後数年経った東京の風景、ここは何処だろう?と思わせる場面が多く。
一般家庭には固定電話も普及しきっていなかったり、急な要件は電報を利用したり。
東海道新幹線の開通前なので、広島東京間の移動は二日間必要だったり。
寝床は煎餅布団が基本だったり。集合住宅のお隣さんから一升瓶を借りたり。

そんな社会の変化とは裏腹に、普遍的な家族の在り方が淡々と。
広島の尾道から上京してきた年老いた両親を東京で暮らす子供達がたらい回しにする展開、なかなか考えさせられました。
一番親切に対応したのは今は亡き息子のお嫁さん。要は赤の他人。
この未亡人がとても綺麗な原節子さん。

伝説の女優として気になっていた原節子さんの演技、ちゃんと観たのは初めてでした。
作品自体、大袈裟な演技を誰にも要求していない様子で、原節子さんも控えめな存在でした。
観ようによっては大根役者なのかも知れませんが、作品の中ではバランス取れていると思えました。
上っ面の良い綺麗ごとばかり並べる女性ではなく、たまには冗談も言えたり、従妹の不満に適切な答えを出せたり、いつも明るいのに本音の弱さを最後に出せたり。素敵な女性でした。
お爺さん役の笠智衆さんは終始穏やかで、こんな年寄りに自分もなりたいなぁと。

原節子さんは昨年、95歳で亡くなられるまで公の場から半世紀遠ざかっていたようです。
四十代前半での引退、誰もの記憶は綺麗な姿のままだったんだろうなぁと。
作品中の「私は歳を取らないから」といった冗談や、「私も歳を重ねたら身勝手な人になるハズ」のような台詞は、そうなる前の引退を暗示していたのかなぁと勝手な深読みが入ってしまいました。
他の作品も観てみたいです。

AmazonのPrime会員でしたら入手しておくべきとも思えるFire TV Stick、セールでまた安くなると良いですネ。

お月さんと地震と防災グッズ

昨夜発生したニュージーランドの地震、五年前はそのしばらく後に東日本大震災。
あの時もスーパームーンが近かったか。

しばらく前のニュース記事を思い出してしまいました。
月の引力、大地震と関係か 東大チーム
「月の引力によって海の水位が変わるように、地面の中の圧力にも変化が起きる。」というような内容でした。
お月さんと地震の関係、全く無いワケでは無さそうです。

今宵はスーパームーンだそうで、もう一つ防災グッズを揃えようかなと考えつつの投稿です。
以前から気になっていたソーラーチャージャーが数年前に比べて随分安くなってきたようです。
コストパフォーマンスは数年で倍くらい良くなっていて、まだまだ安くなるとは思いますが、そろそろ射程距離かなと。
このテの商品は事後直後の入手がとても困難で、在庫のある販売店ほど定価以上のボッタクリに化けたりします。


Ankerさんの製品は既に幾つか入手していまして、どれも優れものでした。
シガーソケットからUSBの5Vを取り出すチャージャーに始まり、モバイルバッテリーやBluetoothスピーカー等、どれもしっかりした作りで、期待以上の製品でした。
モバイルバッテリーはそれまでエネループ以外選択肢になかったですし、スピーカーもこのサイズでこの音色は凄いなぁと関心でした。そして、どれも割高に感じない質感と価格で。

防災関連で、去年の年末には薪ストーブも入手しています。
一度だけ試しましたが、火が安定するまでの煙がけっこうな量で、集合住宅の一階での使用はかなり厳しそうです。
非常時にはきっと許されるだろうと願っております。

電気/水道/ガスが止まる程の災害はそうそう無いと思いますが、東日本大震災では決して遠くはない浦安方面で近い状況になっていました。
電気については最低限の情報家電だけ使えれば良いかと思っています。充電可能なバッテリーと各種充電器が要でしょうか。
上水については自宅から徒歩圏に金町浄水場があるので、何とかなりそうです。念のため、アウトドア用の浄水器も入手しています。
下水については、イザとなったら庭の畑で用を足すことになるでしょうか。
ガスについてはカセットボンベと上記の薪ストーブ等揃えています。着火に必要な道具も幾つか揃えています。
寝袋とテントとバックパックは安物ですが随分前から揃えています。
非常食系は一週間持たないので、これは揃えておくべきでしょうか。

何だか、かなりの散文になってしまいました。
徒歩三分の江戸川で魚を捕まえる道具も必要かなとか、空想は膨らみます。

リチウムイオン電池の復活

20161112a

久し振りにハンディな無線機に触れたところ、バッテリーがあがっていました。
東日本大震災後に復活させたアマチュア無線、使用する機会が滅多になくて。
充電を試みたところ、数秒でフル充電。
実際は全く充電されておらず、どうやらバッテリーが駄目になっているようすでした。充電可能な電池は弱ってくるとこの症状です。
水を貯めるべきダムが砂で埋まってしまい、機能を満たさなくなったような症状で。

汎用性の乏しい専用のバッテリーは高価で、何とか復活の方法は無いかと検索してみました。
目立った検索結果は「リチウムイオンのバッテリーは冷凍庫に入れれば復活」。
ホンマかいな?

ダメもとで試したところ、見事復活しました。
これは久し振りの驚きです。

新品当時の容量まで回復しているとは思いませんが、0と1の違いは大きいです。
バッテリーの中で何が起こっているのか不明ですが、化学作用の活性化みたいなものでしょうか。

滅多に使わないバッテリーで弱っているのが他にもあるので、色々試してみたいです。
ただ、手順を守っても危険を伴う作業らしいので、検索するのも実行するのも自己責任で。復活作業をしなくても、ほぼ新品で爆発するようなバッテリーもニュースになる昨今です。
見た目が膨れ上がったようなバッテリーは勿論危ないです。