カマキリ再来

20160821b

今年の西瓜はどうにも失敗したようです。
引っ越し後の庭は、少なくとも夏だけはけっこうな日差しでした。(冬はほとんど期待できず)
遅れた梅雨明けが問題だったか、その水に当て過ぎたのが問題だったか、小柄な玉は食べられそうな赤い領域も少なく味も褒められたものでなく。

庭のフェンスに絡んだ西瓜の弦を片付けていたところ、ちと成長したカマキリが飛び出してきました。
ヒマワリの花が咲いていた頃、まだ小さかったカマキリは花の蜜を目当てにする小さな虫を待ち構えていました。
カマキリは飛ぶというより跳ねる感。
来年も頑張らねば。

燃焼不良気味な夏

20160814a

20160814b

公私ともに燃焼不良気味な夏。
しかし、身の回りは熱かった。

昨年の夏まで十二年暮らしていた外神田。
当時の隣人が五輪に出場するとの噂を聴き、珍しく徹夜。
結果は見事金メダル。

久し振りに観た柔道、国外の対戦相手は「はだけた」姿が当たり前。
日本の選手は相反して、掴まれやすくも潔い姿。
それでもしっかり勝ったベイカー選手に大きな拍手を送りました。

以前、イチロー選手が日本の青少年に向けたコーチで、「裾をズボンに入れろ」と言っていました。
昭和四十年代生まれは、裾にズボンを入れるのが当たり前で、現在ではファッショナブルではなく。
ファッション云々ではなく、その競技の姿勢なのかと思います。

今宵は帝釈天の盆踊り。
派手さとは縁遠い、田舎の盆踊り風なのが、何だか懐かしく。
寅さんの故郷ながら屋台の出店は許されないらしく。
普段は閉店の早い参道の店舗も、珍しく営業していました。
夜の方が絵になるなぁと思えたりです。