九十九里浜へ

image

九十九里浜にて

image
九十九里浜にて

image
赤信号で気付いたインパクトある地名(長生村驚)

image
海ほたるにて

image
海ほたるにて昼食

本日は慣らし運転後半にて九十九里浜へ。
暖かさや時間に余裕があれば房総半島を一周したかったです。
柴又から九十九里浜、木更津までは国道をまったり。房総半島の真ん中を縦断する国道は信号が少なく、適度なカーブを伴った丘はスキーのコースのようで。
重めな車体の体重移動も少し慣れてきたようです。

その後はアクアライン経由の海ほたるで昼食。
アクアラインは風との闘いかと心配でしたが、周りの流れは80km/hで比較的新しい道なのも手伝って、かなり快適でした。
ETC搭載車種は週末の通航料が安いそうで、また使いたいアクアラインです。

そのまま首都高で都心まで戻る途中、Naviを使っていたのに幾度かルートミス。
疲れも出てきたのか、あれ以上無理に距離伸ばさなくて賢明だったかもしれません。
帰宅時のオドメーターは800kmくらい。一ヶ月点検の目標1000kmは何とか手が届きそうです。

くたくたな身体、今宵はよく眠れそうです。

葉山の海へ

20150221a

20160221b

本日は葉山経由で三浦半島を一周。
新調したNAVIは期待以上の性能でした。個人でNAVIを入手したのは初体験。二十年前とかですと、二十万円以上した記憶で。
この週末に入手したCN-GP550Dという機種は、単車のハンドルに付けて丁度良いサイズ。(今どきの四輪では小さいと思えるかも)
もっと安いモデルが他社でありましたが、ジャイロ機能は個人的に必須でして。
本日のトンネル内でも、走行位置をちゃんと追従してくれました。
職場の四輪で利用しているNAVIよりもレスポンス良い操作性ですし、走り始めの位置の誤解も少なく、これで二万円ちょっとの値段というのがまた嬉しく。
地図も昨年の内容で、三年間は無料更新出来るらしく、仕事でもコイツを頼りにしてしまいそうな感です。iPhoneと大差ない大きさですから。

葉山の海は大学生時代から好んで伺っています。近場で一番きれいな海。ちと上品で昔ながらの海水浴場な雰囲気。
しかし、こんかいの訪問は十年ぶり以上だったかもしれません。高速も乗れるエンジン付きの乗り物が十数年ぶりでしたから。オークションで入手したCBR250Rをレストアして、ちゃんと走るようになって以来だったかと。

FORZA Siの高速走行、まだ慣らし運転の途中でしたが、少し早めに試してみました。
90km/hで5600rpmくらいの回転数でした。じんわり加速ならこれくらい許されるかなと。
高速を走った感想は「けっこう怖い」でした。
のけぞり気味の楽なポジションでは風をまともに受け、80km/h辺りが妥当な速度に思えました。
90/km/hはやや戦闘姿勢。帰りルートの最後に試した100km/hはけっこうな戦闘姿勢を強いられ。
動力的にはまだ加速する感覚でしたが、まだ慣らし運転中でしたし、自分の身体がこの乗り物にまだ慣れていなくて。
PCX125に比べて、横風で隣の車線まで流されそうな恐怖感はほとんど無かったです。
身体が受ける風圧がロングスクリーンで改善されるなら、要入手かもしれません。
まぁ、ちょっと厚着気味な普段着で出かけたのも要因だったかも知れず。しばらくはノーマルの外装で。

十数年前にCBR250Rで高速を走った際は、もっと楽だった気がします。二十代の頃VTZで北海道や新潟を往復した際も、ここまで無理なかった気がします。二十代中盤、XR250で新潟を往復した際も、風との闘いだったような。
自分が歳喰ったので、何か弱くなっているだけなのか、比較が難しく。
必要最小限の荷物で旅に出るコンセプトですと、シート下にそのほとんどが収まるFORZA Siは優秀だと思います。

葉山マリーナは思い出深く。大昔、お気に入りの女性と四輪でデートしたり。海水浴に何度も伺ったり。当時とあまり変わらない雰囲気が残っていました。
しかし、軽装で辿り付いたもので、比較的暖かい本日でも体温が奪われていました。身体が半分固まっていて。

その後、三浦半島を一周。三崎漁港の辺りで頂いた鉄火丼、これがプリプリで美味しかったです。何処で獲れて何処で水揚げされたのか謎ですが、マグロは三崎の名物らしく。
暖かい太陽を浴びながらの下道で、やっと心地良さでした。

本日のツーリングは慣らし運転の中盤で、無理は一切捨てていました。実際、まったりなツーリングを今後も楽しむ予定なので、これが基準になるのかもしれません。
二十三区在住ですと、関東近辺のツーリングが妥当なのかと思えました。
十代の頃だったら、所持金の許す範囲で何処までも行ってしまう体力があったんだろうなぁとも。

本日のツーリング、大きな駐車場では大型バイクの集団が目立っていました。過半数はハーレー。身近なハーレー所有者は数年で手放してしまう傾向があるのですが、ハーレーの集団は何かポリシーを感じてしまいます。
まだ寒い時期、予定を立てた集団でツーリングに向かうのは気合が要るかと。それも中高年ばかりで。
愛車の愛しさもありますが、一緒に走って楽しい仲間もあるんだろうなぁと。
車体の新しさとか古さとか関係なく、同じ車体に十年以上乗るライダーは、案外少なく。自分も見習わねば。
FORZA Siは各国で販売されているらしいので、長いパーツ共通を願っています。せめて消耗品だけでも。

次回は房総半島方面を周ってみたいと思っています。山方面はまだ寒いでしょうし。出来れば温泉も寄りたいし。
二月納車で、一ヶ月千キロの慣らし運転。暖かく雨の無い週末を願うのみです。

忘れていました。ヘルメットの件です。
OGKのAVAND-IIのXLサイズを入手しました。
フルフェイスを探していたのですが、自分の大きな頭を無理なく収め、FORZA Siにメットイン可能なのはこの機種くらいでした。
AVAND-II、高速の風切り音はある程度あるものの許される範囲ですし、デザインも好みの範囲。これまで使用していた安いジェットヘルメットとは段違いの(少ない)風切り音です。
FORZA Siのメットインなスペースは前後に二ヶ所ありますが、AVAND-IIはどちらにも収まりました。
ただし、置く位置や向きはかなり限定されます。テキトーに置くと、傷つくこと間違いなし。
ヘルメットに付いてくる布の袋は、収納時に必須だと思います。
ジェットヘルメットのメリットとして、ヘルメット被ったまま飲食出来たり、煙草を据えたり、視野角も広かったり。走行のほとんどが下道なら、このメリットはフルフェイスより大きく多いかも知れず。
高速走行では国産の名のあるメーカーが基準でした。AraiかSHOEIか。しかし、第三のメーカーであるOGKは、なかなか頑張っているヘルメット屋さんだと思います。Webでレビューを読むまで軽視していました。
何たって、自分の頭にここまでフィットするちゃんとしたヘルメット、これまで無かったのですから。逆三角形気味な頭蓋骨な方、一度はこのヘルメットをお試しあれ。

ハンドルブレースのガタつき等

20160214c

20160214d

ハンドルブレースにガタつきがあり、本日の慣らし運転の戻りルートでゴムワッシャーを入手しました。
ブレースと留め金の間に平行でない隙間が出来てしまい。(前回投稿の写真で確認できると思います)
現在、走行中にガタガタ音を立てたりしませんが、指で少し力を入れて触ると、ブレースは微妙に動いてしまいます。NAVI等をココに取り付けたら、このままでは落ち着かないかも知れず。

金属のワッシャーの購入も考えたのですが、適当な厚さが見当たらず。そもそもどれくらいの厚さが妥当か分かりませんし、隙間は平行じゃないし。
ゴムワッシャーも妥当な大きさが分からず、2種類購入しました。(4mmと5mm)
結局5mmが丁度良かったようです。

4枚入りのワッシャーは今のところ計2枚の使用で丁度良さそうです。
上記の写真でハンドル周りが写っているのはゴムワッシャーの取り付け後です。(ブレースが短く、ハンドルの根元寄りに装着しています)
あと、このゴムワッシャーはホームセンターのビバホームさんで1セット百円くらいでした。

本日は午後から晴れてくれて助かりました。朝から晴れていたら、三浦半島方面へ伺いたかったです。
13時くらいから走り出し、昨日距離を稼げた外環を三郷から和光まで。
その後、以前短期間暮らしていた高島平方面でラーメンを頂き。
戻りルートは国道4号線で途中ホームセンターとバイク用品店へ。
海外ブランドのヘルメットは頭蓋骨の形状が合わず、試す価値も無いかと思ったものの、BELLのフルフェイスは自分の頭に合いました。もちろんXLですが。
お店が混んでいたので試着までで、メットイン出来るかの確認までは出来ませんでした。
XLサイズでも、色々並べてみると帽体の大きさはけっこう違いがありました。
慣らし運転が終わるまでに、妥当なフルフェイスを見つけてみたいです。

あと、FORZA Siのインプレッションは色々なサイトで観ていましたが、確かにヘッドライトは暗いですネ。
LEDのヘッドライトに交換してみたいですが、名のあるメーカー製は、これまたけっこうな値段。
名の無いメーカーのは数千円で入手出来るようですが、短期間で壊れるとか、冷却ファンから油が飛び散るとか。
家庭用のLED照明も数年でどんどん安くなっているので、気長に値下げを待ってみます。

FORZA Siの小物類

20160214

昨日の納車後、バイク用品店で色々と品定めをしていました。
特に気になったのがフルフェイスのヘルメット。

現在の自分が所有しているヘルメットはジェットヘル。
VespaやPCXに乗っていた頃から愛用していますが、80kn/h以上では風切り音が激しく。ほぼ轟音。
FORZA Siは高速道路での走行を意識して、ETCまで取り付けていますので、ヘルメットも静音なのにしたく。
しかし、大きな問題が。
自分の頭は大きく、基本XLサイズです。頭蓋骨の横が凸っていまして。

Web検索ではSHOEIのQWESTというモデルが自分には適している様子でした。
Araiの方がブランドとして好きですが、AraiですとXLでも自分の頭には入らず。
予算的に出来れば三万円以内で購入したく。

店頭で試着してしてみたところ、SHOEIのQWESTは無理なく被れました。第一関門突破。
第二関門は、FORZA Siのメットインに入るかどうか。
店員さん同行で試させて頂いたところ、メットインは出来たものの、シートが閉まりません。
シート下のヘルメットを置けるスペースは前後二ヶ所にあり、色々な角度を試して、どれも駄目。
XLよりも小さいサイズなら入るのかもしれませんが、被れないのでは仕方なく。
もう数センチ余裕持った収納スペースであったら..。

ここまでして頂いて何も買わずに去ってしまうのは申し訳なく、ハンドルブレースを一本買いました。
長さ調整が出来るタイプも考えたのですが、振動で緩くなる問題もあるらしく、固定長のにしました。
選んだ一番短いサイズ、帰宅してから取り付けたところ、短過ぎたようですが、根元辺りにどうにか収まりました。
NAVI等を搭載する際、コイツがあると都合良いもので。

他に、イリジウムプラグも探したのですが、FORZA Si用のは見つかりませんでした。
販売されていないのか、調べ方が甘かったのか、謎です。

あとは、サービスマニュアルも欲しく。
二十年くらい前ですと、新品でも六千円くらいで販売されていた記憶ですが、最近のは数万円する様子。
汚れていても構わないので、オークションでそのうち入手予定です。
これが無いと、自分で整備は難しく。

日曜の今日が晴れでしたら、勿論外へ走りに出かけました。慣らし運転をさっさと終わらせたく。
午前中は強風伴う雨。午後に少し期待しています。

FORZA Si納車

20160213a

本日、FORZA Siが無事に納車されました。
関東圏の週末温泉ツーリングを目論んでいたので、純正オプションのETCも取り付けて頂きましたが、ETCの登録が間に合わなかったそうで、数日後に販売店さんへまた伺う必要がありそうです。ナンバープレートとか高速の走行区分とかをETCに登録する必要があるらしく。
この件、納車前日には電話連絡を頂いていたので、大した問題ではありません。

【FORZA Siに乗っってみた感想】
ファースト・インプレッションです。冬の日が続いた中、春のような暖かさがあった本日でした。
以前に乗っていた初代PCXとの比較になりますが、トルクの豊かさとPCXに似たエンジンのスムーズさを感じました。ミッション車で例えると、回さなくてもクラッチが繋がって加速もする感覚。排気量の違いそのものかな。
本日は140km程下道を走ってみました。振動は少なくポジションも楽で、ともかく疲れませんでした。
販売店さんから自宅に辿り付いた後、自宅から6号線経由で柏へ。交差した16号線で埼玉方面へ向かいました。葛飾柴又の自宅を出発したのは16:30くらいでした。
大宮辺りでイップクしながら、そのまま16号線で八王子まで進むべきか考えました。お月さんも雲に隠れてきたので、都心への最短ルートに舵取り変更。
販売店さんのサービスでガラスコーティングしたばかり、コーティングが定着するまで水に濡らしてはマズいらしく。(葛飾エリアに戻ってから小雨が降りだしましたので、体力は残っていましたが、結果それで良かったかと)
川口辺りからは外環の下道で三郷経由の帰宅。外環でたまに現れる信号はほとんど青で、慣らし運転には好適な道かもしれません。ただ、夜の外環は60km/hの速度でも四輪にどんどん追い抜かれます。

1000kmくらいまで慣らし運転の予定です。レッドゾーンの半分くらいで抑えています。平地パーシャルの60km/hでだいたい4600rpmでした。レッドゾーンのほぼ半分です。
急発進急加速、急ブレーキ等しなければ今の新車は大丈夫との意見もありますが、自分自身朝が苦手で、アイドリングに近い時間が必要です。
IT系のデジタルな世界は慣らしなど不要かもしれません。しかし、世の中まだまだアナログに囲まれていると思っています。慣らし重要。

本日は春一番だったのか。大きな横風も時々喰らいました。PCXと違ってFORZA Siは車重が1.5倍近くあり、足元も踏ん張りの利くポジション。恐ろしさみたいなのはありませんでした。
PCXで横風を喰らうと、レーンのキープに必死でした。抑え込まないと隣の車線に流されそうで。
PCXの150やMajesty S等も購入候補の一つではありましたが、初日の下道だけでもFORZA Siを選んで正解だったと思います。それなりの距離で体力を無駄に失いたくなくて。

しかし、街乗りがメインで稀に高速道路な方や、毎日の通勤通学がそれなりに混み合った道路で、そこを縫って走りたい方や、よく使う駐輪スペースがタイトとかいうなら、こんなに大きくて重いのは選択しない方が幸せだと思います。
万能な乗り物など無いと思いますので、目的や用途によるかと。

メーターパネルには燃費計も付いています。
渋滞中の町中を走る場面の燃費は26km/lくらい。
その後、国道16号や外環の下道等流れの途絶えない場面の燃費は31km/lくらいでした。速度はほぼ60km/hをキープ。
一般的な四輪の倍くらい走るので、これで十分かと。
PCXに比べると悪い燃費にも思えますが、PCXの燃費は優秀過ぎです。

【FORZA Siの見た目等】
写真で見るとPCXと大差無さそうですが、実物は先代のFORZAシリーズに近いボリュームでした。
先代FORZAの筋肉質な盛り付け感はありませんが、シャープでいて存在感ありな。
メーター周りの見た目は自分からすると十分な高級感です。ほとんど乗用車。
駐車スペースでの取り回しは、重く鈍くデカく。重量150kg以上の単車を所有した経験が無いからかもしれませんが、自転車も紛れた都心の駐輪場に押し込むには無理ありそうです。
実際、そんな駐車は路駐含めて都心部で十年前から無理ですし、駐車料金を素直に払うのが結果的に安いと思います。
事前にメジャーで計った上でFORZA Siを自宅の庭に置いてみたところ、余裕で置けました。しかし、頭から入れて頭から出すのに慣れが必要です。切り返しが現状三回以上なのです。

この環境は四輪の教習所のコースに近い困難さ。四半世紀近く前に合宿で四輪の免許を取った際、縦列駐車は勢いだけで何故か上手く行き、肝心の試験では前後輪脱輪しています。前代未聞だったそうです。
後部座席で次の試験を控えていた女性は半べそ。試験では最初からまともに運転できなかったそうで、途中中止。
いまでも、申し訳ないと思っています。なので、狭い場所での取り回しは無理していません。

またしてもHONDA

二輪を契約してきました。
候補に挙げていたFORZA Siの白に決めました。
余計な装備は好きじゃないので、ABSの付いていないモデルにしました。
オーディオ等々の豪華装備も自分には不要です。そんな物ほど早く壊れたりで。
大きなスクーター全盛期、無駄に目立つ装備がイメージを落とした気もしていて。

人によってはABS付が好みだと思いますが、これまで二輪でスリップして危ない思いをしたことが無いので。
しっかりグリップするタイヤの方が普段の走りでは大切だと思っています。
遠くないうちに二輪のABS装備は義務化されるそうで、選べるうちにノンABS。

北海道の高校生時代、KAWASAKIのAR50に乗っていました。
雪の積もる冬場でもコンディション維持のため、時々エンジンをかけていました。
折角だからと雪上を走らせてみたものの、2mも進む前にすってん転りん。
あれ以来、路面コンディションの悪い日は無理な運転を避けています。

中古のCBR250R(四気筒)に乗り始めた頃は、山は十分残っていたタイヤだったものの余程硬化していたのか、なんてことないブレーキでもスリップを繰り返していました。
タイヤを新品のバトラックスに履き替えたところ、全くの違いに驚いたり。
ABSの話で引っ張ってしまいましたが、超重量級のゴールドウイングとかだったら、あった方が無難なのかもしれません。慣性の法則がそのまま作用しそうで。

FORZA Zと比較される方も多いようです。
細々な質感ではFORZA Zに軍配ありかも知れません。
写真で比較すると重厚感に違いありますが、横に並べて見比べたとか、どちらか見慣れているかでないと、謎。実写を見るとFORZA Siでも自分には十分重厚。
何店舗かで聴いた話等で、Siの方が高回転までシングルエンジンはスムースらしく。エンジンのマウント方法の違いもありそうです。
長距離移動では、このな振動の違いが大きいです。
東北道を北上するVTZはまだ回るの分かっていても疲れる振動で常用速度が落ちたり、関越道を北上するXR250は風圧と振動で給油前に休み々々。

唯一付けたオプションはETC。
過去に東京と新潟を二輪で幾度か往復しています。
高速の入場券を途中で吹き飛ばしてしまい、出口で面倒をおこした経験がありました。
高速に乗る前に給油していたレシートが残っていたので、それで料金を証明できましたが、高速に乗れる二輪ほどETCは便利だと思います。

他のオプションにも、ちと迷えました。GIVIケースとか。
シート下の収納スペースは十分そうでしたし、キャリアを付けたら取り回しが益々面倒そう。これは必要だったら後付けで良いかと。
ハンドルのヒーターはPCXでも冬場に役立たずで、ハンドルカバーの方が遥かに寒くなく。
慣れない道用のNAVIは、古いiPhoneか安いNAVIで十分そう。

購入店は迷えました。
以前お世話になったHONDAのDREAM店はイニシャルコストも何故か安く、納車後のフォローも万全以上でした。
しかし、昨年の引っ越しで、現在の自宅からは電車経由で一時間以上。今回の見積はちょっと残念な結果。三年以内で手放しそうでしたら、DREAM店が一番安く安心なのは分かっています。
何店舗か見積を取って、過去に乗っていた二輪の話もした上で、職場近くの店舗に決めました。(預かっている二輪の置き方とか、言葉の使い方とか、経験値とか気になり)
整備費等は最低限毎度取られるようですが、イニシャルコストは安く、補償期間終了後も吹っ掛けられる心配が無さそうで。
実際、上野界隈で働く二輪の修理でこの寒い季節でも大変賑わっている店舗でした。
十年以上前の傷だらけのスクーターの整備とか、使い込まれた郵便局の赤カブの修理とか、順番待ち状態な店舗でした。
今回契約したFORZA Siの不具合も正直に教えてくれたのが、最後の決め手でした。(シートのダンパーが弱いそうで、なかなか改善しないらしく)
まぁ、走る上で致命的な問題ではありません。初期型PCXのバッテリー上がりに比べたら、ほぼ無問題です。
何かあったとき復活出来る場所まで手押しするのに200kgは無理ありますし、そんな修羅場は信頼か裏切りかのどちらかです。その点も安心出来そうで。

これまで乗ってきた四輪と二輪、何故かHONDA車が多かったです。
カブ、VTZ250、CIVIC SIRII、XR250、SMX、PCX。あと、CBR250もあったか。
それ以外はAR50、Vespa100、Vespa P125X、初期型のVitz1000。
どれも、もっと長く乗るつもりだったんです。
今回は自宅の庭に停められるので、ずっと乗っていたいです。

あと、気になる乗り出し価格は本体と日本無線の別体型ETCと、サービスのクリアコート含めて福沢さん51枚。自賠責は三年付。
日本無線さんの別体型ETCは車体との相性も良いようです。
愛車を綺麗に乗りたい自分には、コーティングが後々の洗車で助かりそうです。

出不精気味脱出元年。
今年は海にも山にも参りますよ。

EW&Fの思い出

earth

モーリス・ホワイトさんが亡くなられたとの訃報が本日。

数年前に亡くなった兄の披露宴は二十五年近く前。
その際、久し振りに再会したもう一人の兄から頂いたのがアルバム「太陽神」でした。
ポータブルのCDプレーヤーで聴かせてもらったランニンという曲が特にカッコ良くて。

それから、EW&F(以降:アース)のアルバムを順番に揃えてきました。
子供の頃から気になっていたあの曲もこの曲も、このバンドだったんだと。

それ以降、カーステでは好んでアースを流していました。
逃げ出したくなるような嫌な場面でも、絶好調で何もかも上手く行っている場面でも、いつもアースが流れていて。
海外の出張で共通の話題に困った場面でも、EW&Fの曲に救われたり。あのアルバム、こっちの曲の方が好きとかって。

2004年の武道館公演、自分も伺っていたんです。
身体が弱っているらしいモーリスの最終公演になるとの噂で。
これが、元気もりもりなステージで、逆に自分の方が元気を頂けてしまったくらいで。
まだまだイケるじゃん!って。

その武道館公演の際、早めに現地入りしてしまった自分は北の丸公園でボケーっとしていたんです。
武道館は防音効果が薄かったようで、リハーサルの音が外までダダ漏れでした。
夕暮れ時の緑の公園に響いた”After love has gone”のサビ、もうこの時点でノックアウトでした。
武道館の建物が鳴っていたんです。

北海道の知人から誘われて伺ったこのLive、最後まで素敵でした。
出不精な自分、一人では伺わなかったと思いますし、その知人もアースが大好きで。
一人だけでは、ここまで楽しめなかったとも思っています。

これ以上のLiveに出逢える機会はもうそうそうないだろうとも思えてしまい。
あれ以来、機会はますます減ってしまいました。
昨年まで十二年暮らしていた千代田区、武道館からは歩いても帰ってこれたのに。

譜面を入手しても、リズム等々トリッキーで自分じゃなかなかコピーできないアースの名曲達。
いつかは一曲くらい。

沢山の思い出、いつもBGMでもあったアース。
そのバンドのリーダー、モーリスの冥福を祈る今宵です。